海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:横浜Fマリノス

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/20(日) 20:50:16.53 ID:CAP_USER9.net
    8/20(日) 20:26配信
    SOCCER KING

    吉田監督の神戸、連敗を3でストップ…横浜FMは無敗記録を13に伸ばす

    明治安田生命J1リーグ第23節が20日に行われ、ヴィッセル神戸と横浜F・マリノスが対戦した。

    ネルシーニョ監督解任に踏み切った3連敗中の神戸は、吉田孝行暫定監督の初陣となる。左サイドバックの位置には、松下佳貴を5試合ぶりのスタメンに抜擢した。対する12試合負けなしと好調の横浜FMは中澤佑二や齋藤学ら、前節と同じ11名で臨む。

    神戸は17分、藤田直之のクロスに渡部博文がヘディングで合わせるが、GK飯倉大樹が好セーブ。前半は両チームともにスコアレスで折り返す。

    後半に入り79分、横浜FMはエリア内に侵入したマルティノスの折り返しに、途中出場の富樫敬真が合わせるも枠を捉えられず。

    試合は0-0で終了。神戸は連敗を3でストップ。対する横浜FMは無敗記録を13に伸ばした。

    次節、神戸はアウェイでジュビロ磐田と、横浜FMはホームでFC東京と対戦する。

    【スコア】
    ヴィッセル神戸 0-0 横浜F・マリノス

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00630255-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/04(金) 21:00:03.71 ID:CAP_USER9.net
    横浜Mは4日、新潟戦(5日、デンカS)に向け横浜市内で非公開で調整を行い、3日に加入が発表された元U―18ロシア代表MFイッペイ・シノヅカ(22)がチームに合流した。

    シノヅカは7月中旬のリーグ中断期間に行われた、マリノスの新潟合宿に練習生として参加。対外試合でポスト直撃のシュートを放つなどアピールし、正式契約にこぎつけた。「ロシアの代理人には(合宿参加先が)横浜FCと言われていました…」と“横浜違い”のハプニングがあったエピソードを明かし「一段落してホッとした気持ちです」と胸をなで下ろした。

    新潟合宿参加前にはドイツ3部やラトビアのクラブの練習に参加していたが、前所属・Sモスクワは5月に全日程が終了していたため、コンディションは万全ではない。「早くチームになじんで、ちょっとずつでも試合に出て、インパクトを残せればいいなと思います」と意気込んだ。
    2017-08-04_22h47_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000194-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/03(木) 18:44:09.42 ID:CAP_USER9.net
    J1の横浜F・マリノスは3日、MFイッペイ・シノヅカの加入が決定したことを発表した。

    シノヅカは父が日本人、母がロシア人のハーフで、現在22歳。今年5月までロシア2部のスパルタク・モスクワIIでプレーしていた。2013年にはU-18ロシア代表の試合に出場した経験もある。

    日本での復帰が決まった同選手は、「横浜F・マリノスという日本の偉大なチームの一員になれることを大変誇りに思います。ロシアでのサッカー経験を活かし、自分の武器であるドリブルで、少しでも早くチームに貢献できるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」と、クラブの公式サイトでコメントした。

    8/3(木) 18:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170803-00224823-footballc-socc

    写真



    「今回加入させてもらう事になりましたイッペイ シノヅカです。横浜F・マリノスという日本の偉大なチームの一員になれることを大変誇りに思います。ロシアでのサッカー経験を活かし、自分の武器であるドリブルで、少しでも早くチームに貢献できるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。」

    ◆ポジション:MF◆出身/生年月日:千葉県/1995年3月20日(22歳)◆国籍:ロシア◆身長/体重:177cm/67kg◆経歴

    2013年~2017年5月

    FC Spartak-2 Moscow(ロシア2部リーグ)

    ◆代表歴

    2013年

    U-18 ロシア代表

    横浜Fマリノス公式
    http://sp.f-marinos.com/news/detail/2017-08-03/180000/183349
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/30(日) 13:49:59.37 ID:CAP_USER9.net
    横浜F・マリノスに所属するポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラが、今夏の移籍を示唆するコメントを残した。

    リーグ戦6ゴールを挙げ、チーム内得点王のウーゴ・ヴィエイラは、29日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の清水エスパルス戦で先発メンバーから外れた。富樫敬真がスタメンに名を連ね、背番号7のエースは2-2になった終盤から途中出場。結局見せ場はほとんど作れずドローのまま試合終了となった。

    開幕直後から先発出場とベンチスタートを繰り返していたが、最近はエースとして定着。リーグ中断前は5試合連続で先発メンバーに入っていた。そこから突如外され、ウーゴ・ヴィエイラは「ケイマンはとてもいい選手だと思うが、この試合になぜ出られなかったのか自分でもよくわからない」と不満げな表情を見せた。

    「コンディションはいいし、点も決めていて、流れも良かった。今に始まったことではないが、調子のいい時に外される。今の僕の気持ちはとてもストレスが溜まっている感じ」

    シリアスな調子で現状への疑問を語るウーゴ・ヴィエイラは、「この数週間で違うチームに行くかもしれない。それはちょっと考えなければいけないと思っている」と移籍を検討する姿勢を見せた。

    「ケイマンや伊藤といった僕と競争している選手たちは素晴らしい。ただ、今自分が出られていないことは気持ちよくない。違うクラブからも話は来ているので、それをちょっと進めていこうかなと思っている。マリノスにはすごくリスペクトがあるし、素晴らしいサポーターもいる。マリノスにいたい気持ちはすごくある。ただ、選手としては試合に出られる環境に行った方が自分のためになると思う」

    ウーゴ・ヴィエイラは移籍をちらつかせつつも、頭を切り替えて「アウェイでの新潟戦は勝利、そして勝ち点3しか考えていない」と次節に向けた意気込みも述べている。
    20170730_hugo_getty-560x373
    7/30(日) 12:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170730-00224122-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/18(日) 20:01:12.26 ID:CAP_USER9.net
    ■FC東京 0-1 横浜FM [味スタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/061801/livetxt/#live

    [横]天野純(88分)

    2017明治安田生命J1リーグ第15節が18日に行われ、FC東京と横浜F・マリノスが対戦した。

    最初にチャンスを作ったのはFC東京。5分、ペナルティエリア内左で受けた大久保嘉人がシュート性のパスをゴール前に送ると、抜け出した東慶悟がダイレクトで合わせてネットを揺らす。しかし、惜しくもオフサイドの判定となった。

    一方の横浜FMは20分、右サイドから齋藤学が上げたクロスにウーゴ・ヴィエイラが頭で合わせたが、枠の右に逸れた。

    前半終了間際の44分、FC東京は中島翔哉からのスルーパスでエリア内左に抜け出したピーター・ウタカがボールをキープし、中央へラストパス。フリーの大久保が左足で合わせたが、シュートは枠の右に外れてしまい、決定機を逃した。このままスコアレスでハーフタイムを迎える。

    FC東京は75分、カウンターを仕掛けると、右に流れたウタカがクロスを放り込み、大久保が頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートはわずかにクロスバーの上に外れた。

    このままタイムアップかに思われた終盤の88分、横浜FMが待望の先制点を奪う。エリア手前でパスを受けた天野純がワンタッチで富樫敬真に預けると、リターンパスを右足ダイレクトでシュート。これがゴール左下に吸い込まれた。

    試合はこのまま1-0で終了のホイッスルを迎え、横浜FMが3連勝を飾った。一方のFC東京は4試合ぶりの黒星となった。

    次節、FC東京は25日にアウェイでジュビロ磐田と、横浜FMは同日にホームでヴィッセル神戸と対戦する。
    2017-06-18_20h56_00
    サッカーキング 6/18(日) 19:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00602004-soccerk-socc

    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆エルゴラ紙
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_goal_ranking&game_kind_id=2

    ◆DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/27(土) 16:03:07.28 ID:CAP_USER9.net
    ◆清水エスパルス 1-3 横浜Fマリノス[
    IAIスタジアム日本平スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052701/livetxt/#live

    [横]松原健(15分)
    [清]白崎凌兵(50分)
    [横]ウーゴ・ヴィエイラ(52分)
    [横]ウーゴ・ヴィエイラ(90分+4)


    ◆サンフレッチェ広島 0-0 ジュビロ磐田[エディオンスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052702/livetxt/#live

    2017明治安田生命J1リーグ第13節が27日に行われ、清水エスパルスと横浜F・マリノスが対戦した。

    15分、横浜FMはスローインから扇原貴宏がクロスを上げる。ヘディングで一度はクリアされるが、こぼれ球を拾った松原健が切り返しから左足を振り抜く。このシュートがゴールネットに突き刺さり、アウェイの横浜FMが先制する。前半は横浜FMの1点リードで折り返す。

    追いかける清水は後半に入り50分、右サイドから攻撃を仕掛けると鄭大世のパスから最後は白崎凌兵がゴールに流し込み、1-1の同点とする。

    しかし、その2分後の52分、マルティノスのクロスに途中出場のウーゴ・ヴィエイラがダイレクトで合わせ、すぐさま勝ち越す。さらに後半アディショナルタイム、抜け出したウーゴ・ヴィエイラがとどめの一発を決め、試合終了のホイッスル。

    試合は1-3で終了。清水は公式戦2連敗で、公式戦11試合勝ちなしに。対する横浜FMは公式戦2連勝となった。

    次戦は31日、清水は2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第7節でFC東京と、横浜FMはサンフレッチェ広島と、それぞれホームで対戦する。
    2017-05-27_17h29_14
    SOCCER KING 5/27(土) 15:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00593195-soccerk-socc

    俊輔不在の磐田、“もう1人の天才”をトップ下起用も広島とスコアレス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-01640203-gekisaka-socc


    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com

    ◆DAZN for docomo
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/07(日) 19:00:01.52
    ◆サガン鳥栖 1-0 横浜Fマリノス [ベアスタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/050703/livetxt/#live

    [鳥]鎌田大地(13分)

    2017明治安田生命J1リーグ第10節が7日に行われ、サガン鳥栖と横浜F・マリノスが対戦した。

    ホームの鳥栖は前節の鹿島アントラーズ戦からスタメンを3名変更。右サイドバックには、古巣対決となる小林祐三が移籍後初スタメンに名を連ねた。対する横浜FMは喜田拓也に代わり、扇原貴宏がボランチの位置に入っている。

    13分、横浜FMのボール回しを奪った鎌田大地が落ち着いて決め、ホームの鳥栖が先制に成功する。前半は鳥栖の1点リードで折り返す。

    追いかける横浜FMはウーゴ・ヴィエイラ、山中亮輔、遠藤渓太と攻撃的な選手を次々に投入。85分には伊藤翔に決定機が訪れるも、ポストに嫌われゴールネットを揺らすことができない。

    試合は1-0で終了。鳥栖はリーグ戦2試合ぶりに勝ち点3を獲得。一方の横浜FMはリーグ戦3試合連続無得点3連敗となった。

    次戦は10日、2017JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第5節でアウェイでサンフレッチェ広島と対戦。横浜FMは14日、J1第11節でヴァンフォーレ甲府をホームに迎える。
    2017-05-07_19h44_19
    SOCCER KING 5/7(日) 18:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00584384-soccerk-socc

    DAZN
    https://www.dazn.com

    ◆DAZN for docomo
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/04/30(日) 18:57:55.16 ID:CAP_USER9.net
    ◆横浜Fマリノス 0-1 ガンバ大阪 [日産スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/043008/livetxt/#live

    [G]堂安律(64分)

    2017明治安田生命J1リーグ第9節が30日に行われ、横浜F・マリノスとガンバ大阪が対戦した。

    横浜FMは伊藤翔が5試合ぶりのスタメンで最前線に入った。一方のG大阪は赤崎秀平と堂安律が2トップを組み、ボランチには倉田秋と井手口陽介。遠藤保仁はベンチスタートとなった。

    横浜FMは30分、セットプレーのチャンスを得る。ダビド・バブンスキーのFKに中澤佑二が頭で合わせたが、シュートはGK東口順昭にキャッチされた。前半はともに決定機はなく、スコアレスで勝負は後半へ。

    後半に入り51分、伊藤のループパスに齋藤学が抜け出すが、飛び出してきた東口に阻まれる。先制点を狙うG大阪は59分に泉澤と赤崎に代えて、長沢駿とアデミウソンを投入する。すると64分、左サイドを駆け上がった藤春廣輝のクロスを長沢がワンタッチで流すと、最後は堂安が押し込み、アウェイのG大阪が先手を取る。堂安は公式戦3試合連続得点となった。

    この得点が決勝点となり、0-1でG大阪が勝利。G大阪はリーグ戦2連勝、横浜FMは2連敗となった。また、G大阪は2009年以来、日産スタジアムで横浜FMから勝利を挙げた。

    次戦、横浜FMは3日に2017YBSルヴァンカップグループステージ第4節でヴァンフォーレ甲府とアウェイで対戦。G大阪は5日のJ1第10節で清水エスパルスをホームに迎える。
    2017-04-30_19h15_16
    SOCCER KING 4/30(日) 18:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00581979-soccerk-socc

    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com

    ◆DAZN for docomo
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

    【サッカー】<J1第9節>鹿島アントラーズ、昌子のヘッド弾で鳥栖に逆転勝ち!甲府4試合ぶり白星!急失速の神戸、痛恨3連敗…©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493543196/

    【サッカー】<J1第9節>最下位・大宮アルディージャ、首位・浦和レッズ撃破!FC東京、広島を完封!磐田と札幌ドロー©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493539248/

    【サッカー】<J1第9節>柏レイソル、手塚康平のFK弾を守り切り3連勝!決定力欠いたアルビレックス新潟は連敗...
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493535602/

    【サッカー】<J1第9節>ベガルタ仙台がアウェイで快勝!クリスラン弾(5戦5発)など後半3ゴールで清水エスパルス下す..,
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493532212/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/16(日) 19:08:29.06 ID:CAP_USER9.net
    ■サンフレッチェ広島 0-1 横浜Fマリノス[エディオンスタジアム]

    [横]中澤佑二(4分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/041608/livetxt/#live

    横浜F・マリノスはアウェーでサンフレッチェ広島に1-0で競り勝ち、今季2度目の2連勝を飾った。前節のG大阪戦(1-0)で今季初勝利を挙げた広島だが、連勝ならず、今季ホーム初勝利も逃している。

    横浜FMは前半4分、左サイドでFKを獲得すると、MF天野純が左足でゴール前にピンポイントクロス。ファーサイドに飛び込んだDF中澤佑二が右足ボレーで合わせ、先制点を奪った。

    中澤の今季初ゴールで立ち上がりに均衡を破ったが、広島も反撃に出る。前半24分、PA内左の深い位置まで進入したMFフェリペ・シウバのクロスにMFアンデルソン・ロペスが頭で合わせるが、クロスバーの上へ。同38分には左クロスに合わせたMF高橋壮也のヘディングシュートが左ポストを直撃した。

    広島は前半アディショナルタイムにもMF清水航平の左クロスからセカンドボールをMF柴崎晃誠が左足ミドルで狙うが、GKの正面。1点ビハインドで折り返した後半立ち上がりから攻勢を強めるが、後半3分、フェリペ・シウバのドリブル突破から横パスを受けたアンデルソン・ロペスの左足ミドルも枠を捉えられなかった。

    後半11分にはフェリペ・シウバに代えてMF青山敏弘を投入。柴崎がボランチから2シャドーの一角にポジションを上げると、同15分にFW工藤壮人のスルーパスに反応した柴崎が右足を振り抜いたが、これもゴール右に外れた。

    再三の同点機を生かせない広島に対し、横浜FMもなかなか追加点を奪えない。後半22分、スルーパスに抜け出した天野がPA内右から利き足とは反対の右足でシュートを打ったが、左ポストを直撃。跳ね返りに詰めたFWウーゴ・ヴィエイラのシュートも大きくクロスバーを越えた。同24分には右サイドからドリブルで切れ込んだMFマルティノスのシュートがPA内でMF丸谷拓也の手に当たったように見えたが、主審の笛は鳴らなかった。

    勝利を決定づける2点目を取り切れない横浜FMだったが、広島も後半38分、青山の右足ミドルがGK飯倉大樹に阻まれるなど最後まで1点が遠かった。広島は今季4度目の零封負け。早くも5敗目を喫し、順位も新潟に抜かれて17位に後退した。
    2017-04-16_21h05_34
    ゲキサカ 4/16(日) 19:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-01638839-gekisaka-socc

    DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/08(土) 23:32:28.50 ID:CAP_USER9.net
    [4.8 J1第6節 横浜FM2-1磐田 日産ス]

    慣れ親しんだスタジアムで、昨季までの声援ではなく、ブーイングを受けた。のべ13シーズン在籍した横浜F・マリノスから今季、ジュビロ磐田に加入したMF中村俊輔の“凱旋試合”。トリコロールではなく、サックスブルーのユニフォームに袖を通した背番号10は「負けは負けだけど、チャンスはあったから。勝てた試合だから」と、1-2での敗戦に悔しさをにじませた。

    「僕は勝ち点3を取りに来た。周りの人には違和感があるかもしれないけど、勝負事なので、そこに集中していた」。磐田の名波浩監督が“俊輔ダービー”と名付けた注目の一戦。試合中は俊輔がボールを持つと、ゴール裏の横浜FMサポーターからブーイングが飛ぶこともあった。

    報道陣からそのことを聞かれると、「いいことじゃないですか。毎試合、アウェーのチームでキーマンに(ブーイングを)するのはいいこと」と表情を変えずに答え、「中(横浜FMのクラブ内)で起きたことを知っている人がいれば、また変わったかもしれないけど」と、含みを持たせた。

    テレビインタビューでは「横浜FMのサポーターの中には『複雑だけど俊輔にも頑張ってほしい』という声もあった。そういう声を聞いてどう思うか」との質問に、言葉を探す場面もあった。「どうしよっかな」と苦笑いを浮かべると、間を空けて「勝ちたかったですけどね」と一言で応じた。

    「いいたいことだって黙ってジュビロに来た」。その後のミックスゾーンでインタビューのやり取りについて聞かれても、古巣への思いは飲み込んだ。最後まで胸の内は語らず、磐田の一員として90分プレーした一戦を終え、「負けたからこその反省の仕方がある。試合が終わったあともシーンとならず、各々が思ったことをしゃべって、次につなげようとしていた。シーズンを通して成長していけるチームだと思う」と、前だけを見据えた。
    2017-04-09_01h18_06
    ゲキサカ 4/8(土) 22:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-01638554-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ