海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:横浜Fマリノス

    1: Egg ★ 2019/01/16(水) 13:45:50.65
    J1横浜F・マリノスは16日、神戸で昨季プレーしたDFティーラトン(23)を期限付きで獲得することが内定したと発表した。メディカルチェックを経て問題なければ正式契約となる。

    ティーラトンはクラブを通じ「(加入に)非常にうれしい気持ちでいっぱいです。クラブの勝利のために、日々のトレーニングから自分自身のベストを尽くしていきたいと思います」とコメントした。

    タイ1部ムアントンに所属するティーラトンは現在、タイ代表としてアジア杯に参加している。国際Aマッチ58試合出場、5得点。
    2019-01-16_18h20_50
    1/16(水) 12:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00448355-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/02(水) 15:55:44.04 _USER9
    横浜F・マリノスのMF中町公祐が1月2日、自身の公式インスタグラムを更新し、同クラブからの退団を表明した。

    中町は自身の公式インスタグラムで以下のようにメッセージを投稿。今季限りで横浜FMから退団することを明らかにした。

    「この度私中町公祐は横浜F・マリノスを退団するという決断に至りました。思えばトリコロールのユニフォームを纏い、トリコロールの一員として闘かったシーズンは7シーズンに及びます。Jリーグ開幕当時から、マリノスに憧れ、マリノスのグッズを集めていた少年が、その憧れのチームに足跡を残せたことは自分にとってかけがえのないものになりました」

    「今回、契約最終年である私にチームは2年契約延長オファーを出してくれました。とても愛情を感じます。33歳になり、充分でない今シーズンの試合出場時間からしたらありえない提示でしょう。これまでのマリノスは少なからず、OBやクラブ貢献者に対しての別れ方が上手くなかったように思います。その都度様々な要因があったことは計り知れますが。。ただ今回自分も感じたように、マリノスは良い意味で変化しています。自分が功労者だとは思いませんが、そうやって将来的にマリノスに属した選手やマリノス愛を持った選手がどんな形であれ、マリノスに貢献するという形になっていくことを切に願っています」

    また、中町は投稿内で新天地についても触れている。「プロサッカー選手中町公祐にやれることはなにか」と考えた結果、アフリカ大陸のチームへの移籍を決めたと明かした。

    「そして2019シーズンより、アフリカのチームに移籍をします!!そう、アフリカ大陸のアフリカです(笑)ザンビアという国です。というか移籍する予定です(笑)まだ契約も締結出来てないですし、その契約もどうなるか未知数な部分が多いので、もしかしたら契約が出来なくてフリーになってしまう可能性も大いにあるという。。マリノスには最大限待ってもらったのですが、チーム編成上リミットはあって」

    「沢山の方に出会い支えられ、かけがえのない仲間や一生の付き合いになるであろう友人達にも出会いました。この移籍を支援して頂く企業様もいます。皆様の力を借りながら、自分の可能性を信じ新たなる挑戦にトライしたいと思います!」

    現在33歳の中町は湘南ベルマーレ、アビスパ福岡を経て2012年に横浜FMへ加入。2013年にはJ1リーグ33試合に出場し1ゴールを挙げ、最後まで優勝争いを繰り広げた横浜FMの中心選手として活躍した。同年の天皇杯でも5試合に出場し、クラブの優勝に大きく貢献。2016年には明治安田生命J1リーグ31試合に出場し6ゴールを記録した。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで16試合出場1得点の成績に終わっていた。
    2019-01-02_17h31_20
    サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00885076-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/26(水) 07:33:51.93 _USER9
    横浜が来季新戦力として浦和の元日本代表FW李忠成(33)を獲得することが25日、確実となった。

    複数の関係者によれば、この日までに条件面などで合意し、近日中にも正式発表される。今季チーム得点王のウーゴ・ヴィエイラが契約満了、伊藤翔も鹿島への移籍が決定的な状況となり、FW補強は急務だった。

    今季の李は出場20試合3得点も大半が途中出場。

    季初先発となった最終節のFC東京戦では2得点と気を吐き、J1通算291戦70得点の決定力を見せつけた。

    ピッチ外でも「座禅」に取り組むなど、さまざまなことに挑戦する向上心は若手に好影響を与えそうだ。

    日本代表としては11年アジア杯決勝で決めた左足のボレー弾が有名。

    ルヴァン杯では16年にMVPに輝き、17年はACLで10戦4得点と大舞台での強さも特長だ。頼れるレフティーがトリコロールの一員に加わる。
    2018-12-26_08h48_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000011-spnannex-socc
    12/26(水) 6:00配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/400530/122
    成績

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/21(金) 06:04:32.39 _USER9
    横浜F・マリノスが、浦和レッズの元日本代表FW李忠成(33)の獲得に動いていることが20日、分かった。

    複数の関係者によると、既に正式オファーを出しており、李の返答待ちという。11年アジア杯カタール大会の決勝オーストラリア戦で決勝点を挙げた男は、いまだ健在。今季はリーグ戦20試合3得点にとどまったものの、今月1日のJ1リーグ最終節・FC東京戦では先発し、2得点。3-2の勝利に導き、最終節MVPに選出されていた。

    9日の天皇杯決勝・ベガルタ仙台戦も途中出場し、3季連続のタイトル獲得に貢献。来季2大会ぶりのACL出場権を勝ち取り、史上最多3度目の優勝をチームは目指すが、一方で前日19日に迎えた33歳の誕生日には、公式ブログに「33歳、『謙虚』の気持ちを忘れずに、とんがれるだけ『とんがって』気張っていきたいと思います」と決意をつづっていた。5年間所属した浦和を離れるのかJ1通算70得点FWの決断が注目される。

    また横浜が、川崎フロンターレからコンサドーレ札幌に期限付き移籍している、U-21日本代表MF三好康児(21)の獲得に乗り出していることも判明。既にオファーを出しているセレッソ大阪との争奪戦になっており、こちらも目が離せなくなった。
    2018-12-21_08h26_17
    12/21(金) 5:00配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00424257-nksports-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/02(日) 02:07:58.73 _USER9
    <明治安田生命J1:横浜1-2C大阪>◇最終節◇1日◇日産ス

    横浜F・マリノスのMF久保建英(17)は、シーズン途中の8月にFC東京から途中加入した横浜での約3カ月間半に充実感をにじませた。

    東京ユース所属の16歳だった昨年11月にクラブ史上最年少でプロ契約を果たすも、今季は出場機会に恵まれず8月16日に横浜への期限付き移籍を発表。アンダー世代の代表活動が重なったこともあり、横浜では出場5試合1得点でシーズンを終えた。

    久保は今季について「いいことばかりではなかったですけど、1年、長いようで短かったなという感じ」と振り返った。横浜移籍後については「代表活動もあって思っていた以上にチームにいることはできなかったが、3カ月で1年分の経験を積めたというか。試合にも絡ませてもらってゴールも決めることができて、よかったかなと思います」と話した。

    横浜との契約は今年の12月31日まで。今後については「まだ何も考えてないです」と話すにとどめた。この日も1点を追う後半20分から途中出場すると、トリッキーなボールさばきで中盤のパス回しをつくり、チャンスにつなげた。まだ17歳。来年にはU-20W杯出場も見据える若き才能が、静かにシーズンを終えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00408057-nksports-socc
    12/1(土) 22:40配信

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=YzNUyWfFzK0


    【公式】久保建英がイニエスタの前でJ1初ゴール!ゴール動画:久保 建英(横浜FM)56分 ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第24節 2018/8/26

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/20(火) 18:26:59.21 ID:CAP_USER9.net
    横浜F・マリノスは20日、「当社元社員による不正行為についてのお詫び」と題したリリースをクラブ公式HPに掲載した。

    Jリーグはこの日、横浜FMの元社員がクラブの資金約3300万円を私的流用したとして、同クラブにけん責及び制裁金300万円の処分を科していた。これを受け、横浜FMはクラブ公式HPで一連の不正行為について謝罪。経緯や再発防止策などについて、横浜マリノス株式会社の代表取締役社長を務める黒澤良二氏の名前で記している。

    「誠に遺憾ながら、当社の元経理担当社員が、2012年から2018年にわたる7年間、収入印紙(額面総額約3,300万円)を着服、換金し、私的に流用していたことが判明し、弁護士を起用の上、調査した結果、本人が全てを認めたため、6月11日付で懲戒解雇、9月18日付で当該元社員、弊社間で公正証書を作成のうえ、当該元社員が全額弁済していくことを取り決めました」

    「このような事態を招いた事を深く反省するとともに、ファン、サポーターの皆さま、パートナーの皆さまをはじめ、関係する全ての皆さまにご心配、ご迷惑をおかけする結果となりましたことを、心よりお詫び申し上げます」

    「弊社は、本件の原因究明を図るとともに、業務フローの見直し、チェック機能の強化等、再発防止策を策定・実施致しました。また、管理監督責任を明確にするため、社長の黒澤の報酬の20%を3カ月間減額いたします」

    「また本日、Jリーグより本件に対する制裁として、譴責並びに制裁金300万円の通達を受けましたことをあわせて報告させて頂きます」

    「当社では、今回の不正行為の発生並びにJリーグからの制裁を厳粛に受け止め、コンプライアンス意識の徹底、内部統制の更なる強化に努めて参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」
    2018-11-20_19h54_42
    11/20(火) 17:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00866022-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/28(日) 06:13:47.44 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸が横浜MのFWウーゴ・ビエイラ(30)の獲得に乗り出していることが27日、複数の関係者の話で分かった。浦和や欧州クラブも獲得に興味を示しているという。

    17年に完全移籍で横浜Mに加入したウーゴ・ビエイラは今季リーグ戦でチームトップの13得点を挙げ、2年連続2桁得点を記録。今季で契約満了となるため移籍金は発生しない。23日には自身の「インスタグラム」で退団を示唆していた。

    神戸は今夏にMFイニエスタを獲得したが、リーグ戦5連敗を喫するなど12位に沈む。総得点37、チーム得点王がFWウェリントン、MF三田の5得点とストライカー不在は顕著で、決定力の高いFW獲得を来季の補強ポイントの一つとして、ポルトガル人FWをリストアップした。水面下で交渉を進めてきたが年俸など条件面での隔たりが大きく、交渉の行方が注目される。

    10/28(日) 5:01配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000005-dal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/27(土) 20:20:48.21 ID:CAP_USER9.net
    [ルヴァン杯決勝]湘南1-0横浜/10月27日(土)/埼玉スタジアム2002
     
    「リズムを掴んで試合を運べた時に、相手のファウルがあったり、PKの誤審があった。それはしっかりと変えてもらいたい」
     
    横浜のウーゴ・ヴィエイラは、0-1で敗れたルヴァンカップ決勝後に、そう振り返っている。
     
    疑惑のシーンは79分に生まれた。湘南側のペナルティエリア内で横浜のイッペイ・シノヅカと湘南のDFが接触。シノヅカが倒れたが、主審はノーファウルのジャッジを下した場面である。横浜の選手数名が主審を取り囲み、異議を唱えるも、判定は覆らなかった。
     
    抗議をしていたなかのひとり、H・ヴィエイラは、このシーンを振り返りながら、Jリーグ全体の審判のクオリティに苦言を呈している。
     
    「今日の試合だけではなくて、リーグ戦でも何度も誤審がある。レベルの高い日本のサッカーで誤審が起きるのは残念ですね。映像を見てもらえれば、はっきり分かると思う。これまでも取ってくれない時があって、今日も決勝の舞台でこういうことがあると……。でももう負けてしまったので、ただ悔しいですね」
     
    来日2年目の助っ人FWにとっては、後味の悪い決勝戦となってしまったようだ。

    10/27(土) 20:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181027-00049397-sdigestw-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/26(金) 15:25:27.31 ID:CAP_USER9.net
    2018JリーグYBCルヴァンカップの決勝を翌日に控えた26日、前日記者会見が行われた。横浜F・マリノスからは、アンジェ・ポステコグルー監督とMF扇原貴宏が会見に出席した

    横浜FMにとっては、優勝した2001年以来17年ぶりとなるリーグカップの決勝戦。ポステコグルー監督はまず「同じく本当に長い間決勝に行けずに選手、スタッフも楽しみにしている」と、久々の優勝に向けてモチベーションが高まっていることを強調。そして、試合に向けては以下のように話した。

    「湘南をリスペクトしている。曹貴裁さんを含め素晴らしいと思っています。前回は4-4とゴールが多い展開となってしまって、監督としてはドキドキした展開になりましたが、そのようなエンターテイメントな試合になれればと思います。湘南は強いチームだからこの決勝にきている。ハードワークが出来るチームです」

    またポステコグルー監督は、日本での指導を楽しみながらできているようで、環境への満足感を示した。

    「ここに来て、日本人と働けることが毎日毎日楽しくてしょうがない。ここ最近自分のメソッドがやっと表現されてきたのかな。明日楽しみにしている。サッカーというのは何が起こるかわからない。考えるのは次の試合のことだけ。どう乗り越えるか、明日の試合でタイトルを取れるようにしたい」

    また、扇原は「明日はF・マリノスとしてすごく重要な一戦。新しく監督が変わって攻撃的なサッカーをやれてここまで来たと思うので、明日も攻撃的なサッカーをやりたいと思います」と、チームとして積極的にゴールを狙っていく姿勢を主張。そして、優勝に向けて強い意気込みを示した。

    「明日、このカップを掲げることはクラブにとって大事。クラブ全員で喜べるように頑張りたい。天皇杯の決勝は悔しい思いをしたので、その難しさはよくわかっている。今回の決勝は勝てるように全力を尽くしたい」

    「リーグでも結果が出ない時期でも支えてくれたのはファン、サポーター。そういう人のために明日頑張っていきたい」

    決勝戦は、27日の13時5分から埼玉スタジアム2002でキックオフを迎える。

    10/26(金) 14:14配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00010004-goal-socc

    写真

    続きを読む

    ph_ttl_clubflag01

    1:Egg ★:2018/09/17(月) 19:38:33.94 ID:CAP_USER9.net
    マイクを介した声のトーンが、何の前触れもなくはね上がった。日産スタジアム内の記者会見室。ひな壇に座っていた横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が、メディアから投げかけられた「リスク」という言葉に対して敏感に反応。珍しく感情を露にした。

    浦和レッズに1‐2で競り負けた16日の明治安田生命J1リーグ第26節。オーストラリア代表を率いてハリルジャパンとも対戦したこともある、53歳の指揮官を刺激したのは「野心的なサッカーでチャンスも作っているが、失点のリスクもある――」という質問だった。

    「私たちのサッカーには、まったくリスクはないと思っている。今日も17回のチャンスを作り出し、相手は5回だった。これが20回もチャンスを作られれば、リスクがあると言わざるを得ないが」

    自信満々の言葉とは対照的に、8勝5分け13敗と大きく負け越したマリノスが置かれた状況は、J1残留へ向けて予断を許さなくなりつつある。勝ち点29でサガン鳥栖、柏レイソルと並び、得失点差でかろうじて上回って14位につけているものの、自動降格圏となる17位のガンバ大阪には勝ち点でわずか2ポイント差に追い上げられている。

    Jリーグが産声をあげた1993シーズンから参戦し、鹿島アントラーズとともに一度もJ2への降格経験のないトリコロール軍団を苦しめているのは攻守のアンバランスさだ。総得点でJ1最多の「43」を叩き出している一方で、総失点も同ワースト2位に並ぶ「45」を数えている。

    昨シーズンの第26節終了時の総失点が「21」だったから、マリノスの伝統として謳われてきた堅守がいかに崩壊しているかがわかる。実際、ワールドカップ・ロシア大会による中断から明けた初戦でベガルタ仙台に8‐2で大勝したかと思えば、直後にFC東京に2‐5、サンフレッチェ広島には1‐4と続けて惨敗するなど、大味で不安定な戦いをここまで続けてきた。

    昨シーズンまでとの違いは、就任1年目のポステコグルー監督が導入した斬新な戦術となる。最終ラインをハーフウェイライン付近にまで上げて相手を押し込み、守護神・飯倉大樹(32)もペナルティーエリアを大きく飛び出て広大なスペースをケア。足元の高い技術を生かしながら、11人目のフィールドプレーヤーとしてビルドアップにも積極的に参加する。

    つづく

    9/17(月) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000001-wordleafs-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ