海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:横浜Fマリノス


    2014-04-15_22h01_56
    [4.15 ACLグループリーグ第5節 横浜FM2-1全北現代 日産]

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は15日、グループリーグ第5節を行い、G組の横浜F・マリノスはホームで全北現代(韓国)と対戦し、2-1で勝 利した。前半7分に先制された横浜FMだったが、後半18分と20分にMF齋藤学が立て続けにゴールを奪い逆転に成功。その後は体を張った守備で全北の反 撃をしのぎ切り、勝ち点3を獲得した。

     ここまで1勝1分2敗で最下位に沈む横浜FMは、引き分け以下に終われば他会場の結果次第でグループリーグ敗退が決まる状況に追い込まれていた。自力で最終節に望みをつなぐには、もはや勝利しか残されていなかった。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00134452-gekisaka-socc
    続きを読む

    1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2014/01/21 08:44:25
    俊輔の新ユニ「10」バカ売れ1日1500着
    [2014年1月21日7時11分 紙面から]

     横浜の今季の新ユニホームが、発売初日の19日だけで約3000着も売れたことが20日、分かった。そのうち半分の約1500着が、MF中村俊輔(35)がクラブで12年ぶりに背負うことになった背番号10のユニホーム。すでに昨年売り上げた合計1250着を、はるかに上回っている。

     昨年までのレプリカの販売を中止し、素材やデザインが選手と同じオーセンティック型(1万500円~)のみを販売。
    中村が「マリノスの歴史を受け継いで上位に食い込みたい」と語った栄光の背番号を、ファンも買い求めた形だ。ウェブ受け付けの他に店頭でも売られ、19日に新体制会見で中村の背番号が発表された直後、みなとみらいのグッズショップには長蛇の列ができた。2月22日の富士ゼロックススーパー杯・広島戦(国立)で、スタンドが「10」に染まりそうな勢いだ。

    http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/p-sc-tp1-20140121-1246742_m.html?mode=all

    続きを読む

    1: れいおφ ★ 2014/01/09 16:55:59
    日本代表DF吉田麻也(25=サウサンプトン)にJ1横浜M移籍が浮上した。
    欧州メディア「EATSLEEPSPORT・COM」は「麻也、移籍の準備」との見出しを掲げ、
    1月中のJリーグ復帰に向け現在、横浜Mと交渉中と伝えた。

    吉田は今季ほとんど出場機会がない。
    このままでは日本代表として臨むブラジルW杯で試合感の低下などが懸念されている。
    ドイツ下位クラブへの移籍や古巣のJ1名古屋への復帰もささやかれており、
    吉田本人も今月中旬までに去就について最終決断を下す方針を示していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000020-tospoweb-socc

    関連記事
    出場機会増えない吉田麻也 レンタルで古巣・名古屋へ?
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000015-tospoweb-socc

    続きを読む

    20101107174257e19

    1: 真・ソニック ◆zRjjuglb6U @S_SONICφ ★ 2013/12/30 18:59:56
    【横浜】俊輔決勝前は「ガキの使い見る」

     横浜MF中村俊輔(35)が30日、聖地・国立競技場での天皇杯決勝(対広島、1月1日)に備え、横浜市内で調整を行った。

     タイトルをかけて臨む大一番の相手は、リーグ戦で逆転優勝を許した広島。今季、リーグでは2勝している相手だが、中村は「決勝では何が起きるか分からない」と警戒した。

     31日の大みそかは、チームは会場に近い都内のホテルに宿泊し、元日決戦に備える。中村は「『ガキの使い』見るよ」と、年末恒例のお笑い番組を見てリラックスするつもりだ。

    [2013年12月30日18時5分]
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20131230-1237964.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ