海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:欧州スーパーリーグ

    1:Egg ★:2018/11/08(木) 11:46:03.26 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は7日、構想中の欧州スーパーリーグに出場した選手をワールドカップ(W杯)などの大会から除外する可能性があると警告した。

    先週、ドイツメディアによりスペイン1部レアル・マドリードやイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)などが、欧州の強豪16チームによるスーパーリーグを立ち上げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に置き換える構想があるとレポートされた。

    インファンティノ会長は「サッカーを保護し、クラブや世界のサッカー界にとって有益な解決策を考え出すことは、私たちの責任だ」と述べ、24チームへの拡大が検討されているクラブW杯がその回答であると述べた。

    欧州スーパーリーグ構想に含まれているクラブの所属選手には、アルゼンチン代表リオネル・メッシやブラジル代表ネイマール、フランス代表キリアン・エムバペ、ポルトガル代表クリスティアノ・ロナルドら有力選手が含まれている。

    11/8(木) 9:05配信 ロイター通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000024-reut-spo

    写真

    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1:Egg ★:2018/11/03(土) 22:00:21.56 ID:CAP_USER9.net
    独誌シュピーゲルが2日、強豪クラブによる「欧州スーパーリーグ」という構想について報じた。

    ユベントス、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリード、バルセロナ、マンチェスター・シティー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、ACミラン、チェルシー、リバープール、パリサンジェルマンの11クラブが創始クラブとなる。最初はドルトムント、アトレチコ・マドリード、マルセイユ、インターミラン、ローマがゲストとして参戦するという。

    これについて、3日の独紙ビルトは「この構想はありえない。11クラブは20年間降格しないことが約束されているという。これはスポーツへの裏切りだ。昇格への希望、残留への不安。それがなくなってしまってはサッカーの死だ」と報じた。シュピーゲル誌の報道では創始11クラブは降格しないとなっていた。

    また、Bミュンヘンはブンデスリーガからの離脱も考えていると報じられている。ビルト紙は「そうなったら終わりの始まりだ」と主張。かつてBミュンヘンのへーネス会長は「どの選手よりもクラブの方が大事だ」と話した言葉を引用し、同じことはリーグにも言えることで「どのクラブよりもリーグの方が大事だ」とした。

    2日の夜、Bミュンヘンは公式ホームページで見解を発表。代表取締役のカールハインツ・ルンメニゲ氏は「すべての内容について私は否定する。その構想についてBミュンヘンは何も知らない」とコメントしたという。

    11/3(土) 21:26配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00381692-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/03(土) 13:01:59.41 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグの代わりとして開催される可能性がある、ヨーロピアン・スーパーリーグの草案がドイツ『Der Spiegel』によりリークされた。

    以前からヨーロッパのエリートクラブ同士による新規トーナメントの構想が表面化しており、歴史的に名高い主要クラブが主導する形で交渉は進められてきた。そして2日、同メディアは2021年よりグループステージ及びノックアウトステージにより構成される新規大会が開催され、ヨーロッパのトップ16クラブが参戦すると報じた。

    ドイツメディアの報道によると、スペイン2強のレアル・マドリーとバルセロナ、プレミアリーグのトップクラブであるマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、リヴァプール、チェルシー、アーセナル、セリエAのユヴェントスとミラン、そしてパリ・サンジェルマンとバイエルン・ミュンヘンを加えた11クラブが創設メンバーにあたる。

    この11クラブにゲストとして参戦する5クラブ(現状ではドルトムント、アトレティコ・マドリー、マルセイユ、インテル、ローマ)を加えた計16チームが最初に参戦するクラブとされている。なお、先の11クラブには今後20年間のシード権が与えられ、ゲストにあたる5グラブはシーズンごとに下部リーグへの降格があるようだ。

    しかし、この新規大会にはまだまだ不透明な部分が多々ある。現行のチャンピオンズリーグに代わって執り行われるものなのか、それとも参加するクラブが国内リーグから脱却してこの大会に参戦するのかは現段階で定かになっていない。

    11/3(土) 11:49配信
    2018-11-03_15h44_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000001-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ