海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:武藤嘉紀

    1:豆次郎 ★:2018/08/18(土) 22:33:41.59 ID:CAP_USER9.net
    8/18(土) 22:32配信
    途中出場の武藤がPK獲得も…ニューカッスルはカーディフとスコアレスドロー

    プレミアリーグ第2節が18日に行われ、ニューカッスルとカーディフの一戦は0-0で終了した。ニューカッスルの日本代表FW武藤嘉紀は65分から2試合連続で途中出場を果たした。試合終了間際、ドリブルで駆け上がった武藤のクロスが相手の手に当たり、PKを獲得。しかし、これをケネディが決められず、スコアレスドローに終わった。

    【スコア】
    カーディフ 0-0 ニューカッスル

    【スターティングメンバー】
    カーディフ(4-1-4-1)
    エスリッジ;マンガ、モリソン、バンバ、ベネット(83分 パーテルソン);カマロサ(76分 リード);ジョシュ・マーフィー(78分 メンデス・ライング)、アーター、ラルス、ホイレット;ゾホレ

    ニューカッスル(4-4-2)
    ドゥブラフカ;マンキージョ(46分 ヘイデン)、ラスセルズ、クラーク、ドュメット;リッチー(70分 ジェイコブ・マーフィー)、シェルヴィー、ディアメ、ケネディ;ペレス(65分 武藤嘉紀)、ホセル

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00815039-soccerk-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/08/11(土) 22:29:44.45 ID:CAP_USER9.net
    [8.11 プレミアリーグ第1節 ニューカッスル1-2トッテナム]

    プレミアリーグは11日、2018-19シーズンの第1節を行った。日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルはホームでトッテナムと対戦し、1-2で敗れた。今夏マインツから加入の武藤はベンチスタート。後半36分にピッチに入り、プレミアデビューを果たした。

    昨季と同じ相手、スタジアムでの開幕戦(2-0でトッテナム勝利)となったニューカッスル。今夏、武藤やFWサロモン・ロンドン、MFキ・ソンヨンらを獲得したが、先発では起用せず、MFジョンジョ・シェルビーやDFジャマール・ラッセルズ、FWアジョセ・ペレスらがスターティングメンバーに名を連ねた。

    今夏の移籍市場でプレミア史上初の“補強ゼロ”に終わったトッテナムは、フランス代表GKウーゴ・ロリスやベルギー代表DFヤン・フェルトンヘン、イングランド代表FWハリー・ケイン、MFデレ・アリなどロシアW杯組が先発から起用された。

    試合は開始早々に動いた。トッテナム前半8分、MFクリスティアン・エリクセンの右CKからDFダビンソン・サンチェスがヘディングシュート。ゴール直前でフェルトンヘンが頭で合わせ、クロスバー下を当たってゴール外に出たが、ゴールラインテクノロジーにより得点が認められた。

    だが、ニューカッスルがすぐさま追いつく。前半11分、右サイドからMFマット・リッチーが左足に持ちかえてクロスを供給。ゴール前に飛び込んだFWホセルがヘッドでゴール左に決め、試合を振り出しに戻した。しかし、昨季3位のトッテナムが18分に勝ち越す。右サイドからDFセルジュ・オーリエがダイレクトでクロスを上げ、ファーサイドのMFデレ・アリがヘディングシュートを決め、2-1とした。

    1点ビハインドのニューカッスルは、後半の立ち上がりから攻め込み、2分にMFモハメド・ディアメがPA左から放った左足ボレーは左ポストを直撃。11分にはトッテナムに好機も、DFベン・デイビスのクロスからMFムサ・シソコが放った左足ボレーはGKマルティン・ドゥーブラフカの好セーブに阻まれた。

    追いつきたいニューカッスルは後半14分、昨季7ゴールを挙げ、WBAから加入したロンドンを投入。さらに24分にはMFクリスティアン・アツ、そして36分には武藤がピッチへ。トップ下に入った日本代表FWは、果敢にボールホルダーに対してプレッシャーをかけ、入った直後にCKを獲得するなど積極的にプレー。後半42分には、PA左でフリーとなってパスを呼び込んだが、シュートではなくクロスを選択した。

    その後、ニューカッスルはロンドンのクロスバー直撃弾もあったが、追いつくことはできず1-2で敗戦。昨季開幕戦に続いてトッテナムに敗れ、黒星スタートとなった。
    2018-08-11_22h56_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-01662983-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/09(木) 17:04:08.53 ID:CAP_USER9.net
    いよいよ開幕を迎える欧州各国リーグ。今シーズンも、日本人選手が世界最高峰の選手たちとしのぎを削る事になる。ロシア・ワールドカップが終わった今、日本のサムライたちはどのような成長を遂げ、どのような戦いを見せてくれるのだろうか。

    今回『Goal』は、そんなサムライ達を特集する。第1弾は武藤嘉紀。今季から憧れのプレミアリーグで戦う26歳FWだが、新シーズンはどんな戦いが待っているのだろうか。(取材・文=田嶋コウスケ)

    ●立ち位置
    バックアッパーからのスタート
    ●個人への期待、目標
    レギュラー確保。年間10ゴール
    ●ポジション争いのライバル
    サロモン・ロンドン(新加入のベネズエラ代表FW)

    ■迷える古豪を再建するベニテスという監督

    イングランド北部に位置するニューカッスル・ユナイテッドは、過去4度のリーグ優勝を誇る名門クラブである。熱心で情熱的なサポーターを持ち、本拠地セント・ジェームズ・パークは5万2000人を収容。昨シーズンのホームゲームは毎試合ほぼ満席だった。完売にならなくても、常に「来場率98.5%以上」という驚異的な数字を残している。

    しかし残念なことに、こうした人気の高さが成績に結びついていない。4度のリーグ優勝は1904-05、1906-07、1908-09、1926-27シーズンと、いずれも20世紀初頭のこと。1992年のプレミアリーグ開始以降は、1995-96年と1996-97年の2位が最高で、優勝には縁がない。

    特に、2007年に英国でスポーツ用品のディスカウントショップ「スポーツ・ダイレクト」を経営するマイク・アシュリーがオーナーに就任してから、クラブに停滞感が漂うようになった。「北の古豪」と謳われながら、2部降格の屈辱を2度も経験。成績不振を理由に指揮官も頻繁に入れ替わり、その結果、チームパフォーマンスにも一体感がなくなった。

    こうした負の風向きが変わったのは、16年3月にスペイン人のラファエル・ベニテス監督が就任してからだ。就任時はすでに降格が決定的な情勢にあり、チャンピオンズリーグ優勝経験を持つベニテス監督(リヴァプール時代の04-05シーズン)をもってしても降格危機から救えなかった。
    しかし、実直な性格で知られる指揮官は続投を決断。ビッグクラブでの経験も豊富な智将は規律と組織力を植え付け、降格した翌シーズンに2部で優勝に導き、わずか1年でプレミアリーグに引き上げた。

    そしてプレミアリーグに復帰した昨シーズン、迷える名門を10位に導いたのだ。今オフにスペイン代表監督への就任も噂されたベニテスだが、今季もニューカッスルを率いることになったのは何よりの朗報だろう。

    ▪ 知将が武藤に目をつけた理由

    さらなる上位進出を目指す今シーズン、そのベニテス監督が陣容のテコ入れを望んだのがFW陣だった。

    ニューカッスルの昨季得点数は「39」。上位14クラブで下から二番目に少ない数字だ。チーム最高得点者は、8点を挙げたトップ下のスペイン人MFアジョセ・ペレス。一方でアタッカー陣は、ドワイト・ゲイルの6点、ホセルの4点といずれも鳴かず飛ばずだった。

    ニューカッスルは、ショート&ロングカウンターからゴールをねらうスタイルを基本型としている。陣形をコンパクトに保ちながら、中盤付近でプレスを開始。できるだけ高い位置でボールを奪い、素早く攻撃に転じる。ただし、ポゼッション志向も持ち合わせており、相手が守備ブロックを固めてくれば、きっちりと足元につないで好機をうかがう幅の広さも持ち合わせている。
    2018-08-09_18h20_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010001-goal-socc&p=2
    続く
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/05(日) 12:28:06.11 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・プレミアリーグのニューカッスルは4日、セント・ジェームスパークでドイツ1部アウグスブルクと親善試合を行い、0―1で敗戦した。これで親善試合3戦連続完封負けとなった。

    ドイツ1部マインツから完全移籍した日本代表FW武藤嘉紀(26)は英国の労働許可証を取得し、同国でのプレーが可能に。現在はチームを離れているが、あと数日で合流予定。ベニテス監督は11日にホームで迎えるトットナムとのリーグ開幕戦で、武藤の起用について「可能性はある」と語った。

    リバプール、Rマドリードなどで指揮を執った名将は「チーム内に競争をもたらす選手を探していた。武藤はそういう選手の一人。利口な選手で、運動量があり、チャンスを生み出す。最前線からの守備も良い」と高く評価。「1年目の難しさはあるかもしれないが、サッカーに打ち込む姿勢は素晴らしい。会ってみて、サッカーに集中している選手だというのは分かった。練習を見てもポジティブな印象だ」と賛辞を惜しまなかった。

    指揮官は開幕戦について「武藤がチームをどの程度理解しているかが大切。ただ、チーム内に競争をもたらす選手を加えたい。(開幕戦出場の)可能性はある」と明言。さらに「毎年20ゴールを決めることができる選手ではないかもしれないが、でもひょっとしたら20ゴールを達成できるかもね」と活躍に期待を寄せた。

    8/5(日) 12:12配信
    2018-08-05_14h45_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000108-sph-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/08/02(木) 22:43:29.69 ID:CAP_USER9.net
    ニューカッスルは2日、日本代表FW武藤嘉紀の獲得を正式に発表した。契約期間は4年間となっている。


    先月28日にマインツとのクラブ間合意をすでに発表済み。メディカルチェックも済ませており、残すは労働許可証の発行のみとなっていた。

    今回の移籍発表に際し、武藤は「ニューカッスル初の日本人選手として、このような大きなクラブでプレーできることを光栄に思います。良い結果を残せることを願っていますし、それがここでやるべきことです。ニューカッスルの歴史を名を刻みたいと思います」と意気込みを語っている。

    現在26歳の武藤は2014年にFC東京へ加入。同年9月に日本代表に初選出され、Jリーグのベストイレブンにも輝いた。2015年からはマインツでプレー。昨シーズンのブンデスリーガでは27試合に出場し8得点を記録している。2018 FIFAワールドカップ ロシアの日本代表にも選出され、1試合に出場している。
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00805171-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/01(水) 15:00:25.67 ID:CAP_USER9.net
    日本代表FW武藤嘉紀はプレミアリーグの古豪ニューカッスルとクラブ、個人間ともに移籍で合意し、労働許可証が発行され次第、正式発表される予定だ。英メディア「HITC」は、武藤の目標ゴール数を紹介したうえで、クラブのエースとしては物足りない設定だと指摘している。

    かねてからプレミア参戦を熱望していた武藤は、ラファエル・ベニテス監督に請われる形でオファーを受け、移籍金950万ポンド(約14億円)でニューカッスル加入が合意に達している。

    「競争的な環境に身を置けば、選手として成長できると信じています。僕の目標は10ゴールです。この数字は海外でまだ達成したことがないので」

    記事では、夢の舞台で新たなスタートを切る武藤のコメントを紹介。プレミアリーグ挑戦初年度に10ゴールを“ノルマ”を設定しているが、同メディアはこの数字に対して物足りなさを感じているようだ。

    「日本のスターがプレミアで戦うことが決まれば、名高い黒と白のストライプのユニフォームで多大な期待が受けることになる。そのため、10ゴールという目標は、むしろ物足りないものだろう。ベニテスの救世主として求められるものを考慮すれば、だ」

    ベニテス監督の期待値も考えれば、1年目からエース級の働きが求められることになる。チームの命運を託す存在ゆえ、10ゴールは物足りない数字に映ったかもしれないが、いずれにしても武藤に大きな期待が寄せられていることには変わりなさそうだ。

    8/1(水) 14:10 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180801-00125693-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/30(月) 19:32:32.18 ID:CAP_USER9.net
    昨シーズン終盤にプレミアリーグ挑戦願望を公言していた武藤嘉紀。そんな日本代表FWとニューカッスルが、現地時間7月27日、「個人合意に達した」。同クラブの公式サイトは、就労ビザの申請が認可され次第、正式に移籍が完了することも合わせて伝えた。

    晴れて自身の夢を叶えた武藤。その一方でニューカッスルにとってもこの補強は今夏の重要なオペレーションだった。スペイン人監督のラファエル・ベニテスが、「自らの進退を懸けてまで希望した」(『Sky Sports』より)からだ。

    2015-16シーズンに途中就任して以来、その巧みな手腕でチームを立て直してきたベニテスは、残留が当初の目標だった昨シーズンを10位でフィニッシュし、周囲の期待に応えた。迎えた今シーズンは、欧州行きを懸ける1年と位置付けており、そのために「ムトウが必要だった」ようだ。
     
    ベニテスは、武藤獲得の直後に地元紙『Evening Chronicle』の取材に応じ、補強に至った経緯を語っている。

    「ムトウとの交渉は終わったが、今は就労ビザが認められるのを待っているところだ。我々は国際レベルで過去数年に渡って活躍をしているストライカーの獲得を進めてきた。それが叶ったんだ」

    では、具体的にベニテスは武藤のどこに惚れ込んだのか? リバプール時代にフェルナンド・トーレス(現サガン鳥栖)の才能を伸ばした知将は次のように明かした。

    「彼はロシア・ワールドカップで、非常に良いチーム(日本)でプレーしていた。ブンデスリーガでも何度も良いプレーを見せていたね。

    ムトウには、確かなクオリティーがあり、高いエネルギーと素晴らしいアクティブさに加え、我々が必要としているインテンシティーをもたらしてくれる。プレミアリーグ初挑戦への不安? 今の彼には何の問題も見当たらないよ」

    武藤を手放しで褒めちぎり、チームにとって重要な補強を完遂できたことを喜んだベニテス。そんな知将の下で、26歳の韋駄天はいかなるパフォーマンスを見せるのか? 8月11日に行なわれるトッテナムとのプレミアリーグ開幕戦に向けて興味は尽きない。

    7/30(月) 17:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180730-00044807-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/07/30(月) 18:31:25.69 ID:CAP_USER9.net
    森保ジャパンのキーマンに“イケメンストライカー”が浮上した。ドイツ1部マインツからイングランド・プレミアリーグの古豪ニューカッスルに移籍するロシアW杯の日本代表FW武藤嘉紀(26)を、A代表と2020年東京五輪代表を兼任する森保一監督(49)が高く評価。22年カタールW杯に臨むチームづくりの肝となる1トップとして重用する方針という。

    ニューカッスル入りで合意に達した武藤は、メディカルチェックを経て、英国の労働許可証が認められた段階で移籍が正式に決定する運びだ。

    マインツに支払われる移籍金950万ポンド(約14億円)は、日本選手としては元日本代表MF中田英寿氏(41)がローマからパルマに移った際の33億円、ペルージャからローマ(いずれもイタリア)の約18億円、MF香川真司(29)のドルトムント(ドイツ)からマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の約20億円に次ぐ歴代4位の高額移籍となった。

    武藤の欧州市場での評価が表れた形だが、それはクラブに限った話ではない。A代表の森保新監督も武藤の実力を買っているのだ。

    欧州事情に詳しいマネジメント事務所関係者は「森保監督は武藤のストライカーとしての能力に以前から一目置いている。スピードやフィジカル、ゴールに向かっていく姿勢などを高く評価していて『欧州で決定力を見せられるのは素晴らしい』と話している。目指す戦術にもフィットすると考えているのではないか」と指摘する。

    武藤はドイツでプレーした3年間で毎年安定した成績を残し、昨季公式戦では2桁の10ゴールを記録。日本人FWとしてはポルトガル1部ポルティモネンセの中島翔哉(23)やベルギー1部ヘントの久保裕也(24)も昨季2桁得点をマークしているが、イングランド、スペイン、イタリアとともに“欧州4大リーグ”のドイツで示した高い決定力は世界の舞台で通用すると森保監督は見込んでいるようだ。

    特に自身がJ1広島の指揮官時代にベースとしていた3―6―1の戦術では1トップの人選がポイントになるが、最前線で欧州の猛者たちを相手にゴールを量産した武藤はうってつけの人材。ロシアW杯で活躍したFW大迫勇也(28=ブレーメン)を軽視するわけではないものの、スピードやドリブル能力の高さから2シャドーの位置でも適性があり、森保ジャパンで欠かせない選手となることは間違いない。

    武藤は東京五輪にもオーバーエージ枠での出場に意欲を見せており“イケメンストライカー”が森保兼任監督にとって最も重要なキーマンになりそうだ。
    2018-07-30_19h33_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000030-tospoweb-socc
    続きを読む

    GettyImages-952687490-800x533

    1:豆次郎 ★:2018/07/29(日) 09:42:41.68 ID:CAP_USER9.net
    7/29(日) 9:32配信

    ニューカッスルは、マインツから日本代表FW武藤嘉紀(26)を獲得することで合意したと発表した。すでにメディカルチェックを終えており、あとは英国での労働許可証の取得のみ。クラブは来週の後半に正式決定の発表ができる見通しであるという。英メディアによると移籍金は950万ポンド(約14億3000万円)だと報じた。


    武藤は15年からマインツに加入し、3シーズンのリーグ戦通算66試合20得点。ワールドカップ・ロシア大会では1試合の出場にとどまった。リバプールで欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇に導いた名将ベニテス監督の下、8月11日の開幕戦では昨季2位トットナムと対戦。第3節ではチェルシー、第4節マンチェスターC、第5節アーセナルと強豪クラブとの連戦が続く。

    ◆ニューカッスル・ユナイテッドFC 1892年創設。ニューカッスル・アポン・タインの本拠地「セント・ジェームズ・パーク」は、収容約5万2000人。1部リーグ時代(現プレミアリーグ)に優勝4度の古豪。1992-93年シーズンにプレミアリーグが新設して以降、優勝はないもののイングランドの名選手シアラーを擁して95-96年シーズンから2季連続2位など躍進。16-17年シーズンに2部降格も1年でプレミアリーグ復帰。昨季は10位で終えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00283598-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ