海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:江蘇蘇寧

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/11(火) 22:29:08.73 ID:CAP_USER9.net
    [4.11 ACLグループリーグ第4節 江蘇3-0G大阪 南京]

    AFCチャンピオンズリーグ第4節が11日に行われ、グループHを戦うガンバ大阪は敵地で江蘇蘇寧(中国)と対戦し、0-3で敗れた。G大阪はACL3連敗。勝ち点を12に伸ばした江蘇は決勝トーナメント進出一番乗りを決めた。

    ACLの開幕節、敵地でのアデレード戦を3-0で快勝して白星発進を決めていたG大阪だが、その後の戦いは苦戦。ホームでまさかの連敗を喫し、1勝2敗でグループリーグ後半戦の戦いを迎えた。第4節の敵地戦は3連勝で首位に立つ江蘇だったが、勝ち点を一つでも取って、流れを変えたいところだった。

    FW高木彰人、MF泉澤仁の2人を初先発させるなど、メンバーに変更を加えて流れを手繰り寄せたかったG大阪だが、開始3分にいきなり失点してしまう。中央でMF遠藤保仁がFWアレックス・テイシェイラにボールを奪われると、そのままドリブルで運ばれる。DFファビオの寄せも甘く、簡単にゴールネットを揺らされてしまう。

    さらに前半6分、今度はテイシェイラの打ったミドルがG大阪の選手に当たってゴール前にこぼれる。これに詰めたMFラミレスに押し込まれ、あっという間に2点の先行を許した。

    ショッキングな展開となったG大阪は、思うようにボールが前に運べない。前半のうちに1点でも返しておきたいところだったが、なかなかシュートを打つことも出来ない。すると前半終了間際の43分、致命的な3点目を奪われてしまう。テイシェイラの蹴ったFKを韓国代表DFホン・ジョンホに頭で決められてしまう。助っ人3人に大活躍を許し、G大阪が3点ビハインドで前半を折り返した。

    G大阪は後半に入ると同時にたまらずメンバー交代。DF三浦弦太を下げてDF藤春廣輝を投入。3バックから4バックに変更して、リズムに変化を求める。するとようやくパスが繋がりだし、ゴール前でのチャンスが生まれる。しかし後半13分のこぼれ球を押し込んだDF初瀬亮のシュートもDFに防がれて枠に飛ぶことはなかった。

    G大阪は後半24分にMF堂安律、同33分にMF藤本淳吾と攻撃的なカードを切って勝負に出る。同34分のFWロジェル・マルティネスに打たれたヘディングシュートに対してGK東口順昭がビッグセーブを見せるなど、粘り強い戦いを続けるが、反撃となる得点は奪うことが出来ず。0-3で完敗を喫してしまった。

    グループもう一つの試合では最下位のアデレード・U(豪州)が敵地で済州ユナイテッド(韓国)に3-1で勝利した。このため3連敗で勝ち点3のままのG大阪は最下位に転落した。しかし江蘇は一抜けしたが、2位に浮上したアデレード、3位の済州がともに勝ち点4で、G大阪を含めて団子状態。最下位に転落したG大阪にとっては不幸中の幸いともいうべき状況だ。次節は25日。G大阪はホームにアデレードを迎える。
    2017-04-11_22h46_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-01638666-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/05(木) 23:47:24.46 ID:CAP_USER9.net
    昨年8月のリオ五輪では、ナリジェリア代表のOAとして手倉森ジャパンと対戦
     
    チェルシーのナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが中国1部の天津泰達への移籍で同意したことが明らかになった。英地元紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が報じている。

    昨年8月のリオデジャネイロ五輪にオーバーエイジ(OA)枠で参加し、手倉森ジャパンと戦ったボランチは5日にメディカルチェックを受けているとレポートされている。

    現在29歳のミケルは首位を独走するアントニオ・コンテ体制で出場機会を失っていた。当初、中国行きに難色を示し、レベルの高い欧州でのプレーを希望していたという。

    バレンシア、マルセイユ、インテルと交渉を持ったが、ミケルと年俸面で折り合いが付かなかった。天津とは3年契約で週給14万ポンド(約2900万円)の条件で合意に達しているという。現在より2倍近い高収入を手にする形となるようだ。

    チェルシーから中国行きの選手が続出している。ブラジル代表MFラミレスが江蘇蘇寧に、セネガル代表FWデンバ・バが上海申花に、ブラジル代表MFオスカルが上海上港に移籍している。

    オーナーの石油王ロマン・アブラモビッチ氏のオイルマネーで、世界屈指の名手を買い漁ったチェルシーだが、今やチャイナマネーの猛威に晒されて、戦力を供給する側になっている。

    Football ZONE web 1/5(木) 23:15配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00010031-soccermzw-socc

    写真


    天津泰達
    http://www.tianjinfc.com.cn/index.html
    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/10/22(土) 05:59:35.36 ID:CAP_USER9.net
    日本代表DF長友佑都(30)=インテル=が、中国スーパーリーグ・江蘇蘇寧の獲得リスト上位にあがっていることが21日、分かった。同クラブを経営する蘇寧グループは6月にイタリア1部のインテルを買収。今冬の獲得準備を進めている。日本での市場拡大を図る中国リーグは、日本代表選手の獲得に熱を入れており、上海上港が狙うFW本田圭佑(30)=ACミラン=に続いて長友が“爆買い”のターゲットになりそうだ。

    本田に続いて、長友も中国スーパーリーグのターゲットになった。関係者によると、江蘇蘇寧が2017年1月に日本代表DF長友の獲得に名乗りをあげるという。移籍金は約10億円で、年俸は今と同じ5億5000万円(金額はともに推定)が準備されるようだ。

    江蘇蘇寧を経営するのは中国家電量販最大手の蘇寧電器を持つグループ。今年6月にイタリア1部で長友の所属するインテルを買収した。江蘇には過去にFWエスクデロ(京都)も在籍。今季は強力な攻撃力を武器に2位と好調をキープしている。

    インテルは財務的な問題を抱え、欧州サッカー連盟(UEFA)のファイナンシャルフェアプレー(FFP)制度に抵触。既に今季は罰金とともに欧州リーグでトップ登録できる選手数が「25」から「21」に減らされた。今冬にはイタリア代表DFダルミアン(マンチェスターU)らの獲得に動く模様。FFP制度抵触を回避するには選手の売却が必要で、2019年までの契約を残すが、今季リーグ戦出場2試合の長友が放出対象となる可能性はある。

    中国リーグは日本への放映権ビジネス参入計画がある。さらに、これまでの韓国人を中心としたアジア枠利用を、来季から日本人へとシフトしようとする動きが加速。今夏には「日本人を獲得したい。GKではなく、後ろの選手(DF)が欲しい」(中国スーパーリーグ関係者)と中国サイドが日本代表DF森重(F東京)獲得に動き、実現しなかった経緯もある。

    日本人を獲得したい意向を持つ江蘇サイドと、赤字額を減らしたいインテルの両者の思惑は一致。オーナーも同じため、障害はない。欧州で実績を残した長友なら実力的にも、市場的にも申し分ない。本田とともに長友の動向も見逃せなくなってきた。

    ◆江蘇蘇寧 1994年に江蘇省の南京市をホームタウンとして創立。2009年に中国スーパーリーグに昇格した。15年にはFA杯で初V。昨季のリーグ戦は9位。現在所属する外国人にはブラジル代表経験者のMFラミレス、アレックス・ティシェイラ、FWジョーら。アジア枠にはオーストラリア代表DFセインズベリーがいる。監督は元韓国代表FWで日本の市原(現千葉)、京都にも所属した崔龍洙氏(43)。ホームスタジアムは南京五輪スポーツセンター(6万1443人収容)。
    2016-10-22_10h16_18
    スポーツ報知 10月22日 5時3分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000001-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/12(木) 20:46:24.25 ID:CAP_USER9.net
    ■カップ戦で敗れた武漢が、試合直後に江蘇蘇寧を襲撃!
     
    中国のカップ戦でとんでもない暴動が勃発した。

    今季欧州の移籍市場でトッププレイヤーの“爆買い“で話題をさらった江蘇蘇寧は、11日のカップ戦で3部武漢と敵地で対戦。試合には1-0で勝利したが、試合終了のホイッスルが鳴り響いた後、とんでもない事件が起きた。

    武漢の選手、スタッフが総動員で突如江蘇イレブンを襲撃。テレビ中継されるなか、お構いなしで相手の選手らに殴る蹴るの集団暴行を加えた。観衆もこれに同調し、江蘇の選手にペットボトルなどを投げ込んだ。

    完全なる暴動状態で、江蘇の選手は顔面のあざや、背中や脇腹に刻まれたスパイクによる裂傷など、SNSで映し出している。江蘇イレブンは一方的に攻撃されるばかりで、公安もピッチ上で静止に入るほどの騒動となった。

    カンフーサッカーとも呼ばれる荒々しい中国サッカーだが、常軌を逸脱した事件となった。この試合を欠場したオーストラリア代表DFトレント・セインズベリーは、ツイッターで恐怖のシーンを投稿した。

    「江蘇勝利後にとてつもなく嫌な光景が。チーム全員が襲撃された。スタンドのカメラマンも含めて酷い暴行を受けた」

    「チームメートと全員の無事を今は祈る。欠場して幸せと思える試合だ」と衝撃の発信をしていた。

    ■タレント軍団が思わぬトラブルで被害に
     
    江蘇は今季、チェルシーからブラジル代表MFラミレスとシャフタール・ドネツクからMFアレックス・テイシェイラ、アル・シャバブからブラジル代表FWジョーを、合計125億円の移籍金で爆買いし、世界で話題となっていた。

    だが、ACLではFC東京と同組のグループEに入ったが3位に終わり、決勝トーナメント進出はならなかった。現在リーグ戦では勝ち点20で2位と好調を維持しているが、国内カップ戦ではとんでもないトラブルに巻き込まれた。

    Soccer Magazine ZONE web 5月12日(木)20時29分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160512-00010015-soccermzw-socc

    写真


    動画
    http://sports.sina.com.cn/china/cfacup/2016-05-12/doc-ifxsenvm0298745.shtml
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 22:55:25.91 ID:CAP_USER*.net
     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節が6日に行われ、江蘇蘇寧(中国)とFC東京が対戦した。

     FC東京は、3月15日に行われた第3節で江蘇蘇寧とホームで対戦。攻めこむ時間帯が多かったものの、結局最後まで得点を挙げることができず、スコアレスドローに終わった。現在1勝1分け1敗でグループEの3位。対する江蘇蘇寧は、1勝2分けの負けなしで同2位につけており、決勝トーナメント進出に向けて、両チームにとって大事な一戦となった。

     FC東京は、先発メンバーを前節から2名入れ替えて、米本拓司とハ・デソンを器用。対する江蘇蘇寧は、今冬に“爆買い”したブラジル代表MFラミレス、ブラジル人FWアレックス・テイシェイラ、元マンチェスター・Cの同国人FWジョーらが先発メンバー入りを果たした。

     試合序盤はなかなかお互いにシュートまで持ち込めない時間帯が続いたが、16分にFC東京がチャンスを作り出す。右サイドに抜け出した米本が右足でグラウンダーのクロス。ニアサイドに橋本拳人が飛び込んだが、相手DFに阻まれてシュートを枠に飛ばすことはできなかった。

     30分にFC東京が先制に成功する。左CKを小川が左足でクロスを入れる。相手DFのクリアを拾った米本が左足でシュート。再度相手DFに跳ね返されたボールを森重真人が右足で狙うと、ボールはゴール左に突き刺さった。

     直後の34分、江蘇蘇寧が同点のチャンスを迎える。自陣エリア内左でボールを持った橋本からラミレスがボールを奪いに行く。橋本の足に引っかかって倒れるとファールの判定を受け、PKを獲得。キッカーのジョーが左足でゴール左に落ち着いて蹴り込んだ。

     一気に勝ち越しを狙う江蘇蘇寧は39分、スルーパスに抜け出したA・テイシェイラがエリア内左にドリブルで侵入。左足でシュートを打ったが、GK秋元陽太の好セーブに阻止された。一進一退となった前半は1-1で折り返す。

     後半の立ち上がりは江蘇蘇寧が攻勢に出る。52分、A・テイシェイラが左サイドからドリブルで仕掛けて右足で強烈なシュートを打ったが、ゴール左に外れた。60分には、中央で獲得したFKをリー・アンが左足で直接狙ったが、ボールはゴール左に逸れた。

     ペースを握られたFC東京は立て続けに交代カードを切る。64分、ハ・デソンに代えて阿部拓馬、さらに73分にネイサン・バーンズに代えて河野広貴を投入。77分には、前田遼一を下げて平山相太が入った。すると、直後の79分、エリア外中央でボールを持った阿部が右足でミドルシュートを放ったが、わずかにゴール右に外れた。

     徐々に攻めの回数を増やしていたFC東京が勝ち越しに成功する。83分に獲得した右CKを米本が右足でマイナス気味にグラウンダーのクロス。中央でフリーになっていた森重が右足でゴール右に流し込んだ。

     直後の86分には右サイドでボールを受けた水沼に対してリー・アンが危険なスライディング。一発退場を命じられ、江蘇蘇寧は10人で戦うことになった。

     このまま試合は終了。FC東京は2-1で勝利を収め、グループ首位に浮上した。一方の江蘇蘇寧は3位に転落したが、グループEは混戦となり、4チームが勝ち点3の中にひしめき合うことになった。

     4月20日に行われる第5節で、FC東京はホームで全北現代、江蘇蘇寧はビン・ズオンをそれぞれホームに迎える。

    【スコア】
    江蘇蘇寧 1-2  FC東京

    【得点者】
    0-1 30分 森重真人(FC東京)
    1-1 34分 ジョー(PK)(江蘇蘇寧)
    1-2 83分 森重真人(FC東京)
    2016-04-06_23h03_46
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00428346-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459950851/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 23:44:38.16 ID:CAP_USER*.net
    チェルシーは今冬に江蘇蘇寧へブラジル代表MFラミレスを放出したが、さらにもう一人のセレソン戦士、MFオスカルにも約98億円というアジア史上最高額のオファーが届いていたことが分かった。チェルシーは断固拒否していたが、夏にも再び獲得に動く可能性があるという。英地元紙「サン」が報じている。

     今冬に複数のビッグネームに破格のオファーを送り大型補強に動いた江蘇蘇寧は、チェルシーの背番号「8」にも目をつけていた。レポートによればブラジル代表の中核でもあるオスカルに対し、5750万ポンド(約98億円)というメガオファーを送っていたという。今冬の移籍に関して、チェルシー側が断固として拒否したが、中国の新興クラブは来夏にも再び技巧派MFの獲得に動く可能性があると伝えられている。

     今冬は中国クラブが移籍市場を大いに賑わせた。昨季のACL王者・広州恒大が3日、アトレチコ・マドリードからコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスをアジアサッカー史上最高額の4200万ユーロ(約55億円)で獲得。そのわずか2日後には、江蘇蘇寧がシャフタール・ドネツクのブラジル元U-21代表MFアレックス・ティシェイラを5000万ユーロ(約65億円)で獲得し、即座に記録を塗り替えた。オスカルへのオファーも、実現していれば、記録更新という衝撃のビッグオファーだった。

     ティシェイラやラミレスを獲得していた江蘇蘇寧は、マンチェスター・シティのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレに対しても手取り年俸1500万ポンド(約26億5000万円)の高待遇で獲得を打診するなど、積極的な動きを見せていた。新シーズンはACLに参戦する江蘇蘇寧の野望は、とどまるところを知らないようだ。
    2016-02-06_06h48_34
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160205-00010016-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454683478/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 07:04:08.14 ID:CAP_USER*.net
    中国勢の猛威が止まらない。

    江蘇蘇寧が、リヴァプールとの争奪戦を制した。ブラジル人MFアレックス・テイシェイラの中国移籍がクラブ間で合意に達している。

    シャフタール・ドネツクに所属するテイシェイラは、今シーズンの活躍が多方面から注目を集めていた。

    中でもリヴァプールが獲得に熱心だった模様だが、シャフタールの要求額を出せずに、1月の獲得を断念。すると、ビッグネームを続々に獲得する中国勢が現れた。

    シャフタールのミルチェア・ルチェスク監督のコメントを、フランス『レキップ』などが伝えた。

    「テイシェイラについて、中国のクラブと合意した」

    イギリス『スカイ・スポーツ』は、移籍金が3800万ポンド(約65億円)と伝えている。

    中国勢の“爆買い”はまだ続くかもしれない。

    GOAL 2月5日(金)6時56分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160205-00000034-goal-socc

    江蘇蘇寧
    http://fc.sainty.cn/saintyfootball/index.jsp

    アレックス・テイシェイラ
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454623448/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ