海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:浦和レッズ

    1:豆次郎 ★:2017/11/19(日) 10:40:15.91 ID:CAP_USER9.net
    「雪崩のような攻撃を耐え凌いだ」「小さくないアドバンテージ」AFC公式が浦和レッズの戦いぶりを激賞!

    2017年11月19日 10時0分
    [ACL決勝 第1戦]アル・ヒラル 1-1 浦和/11月18日(日本時間19日未明)/リヤド(サウジアラビア)

    自慢の堅守を発揮して、敵地リャドでの苦しい第1レグを1-1で乗り切った浦和レッズ。アジア・サッカー連盟(AFC)の公式サイトがアル・ヒラル戦をレポートし、アウェーチームの戦いぶりを称えた。

    「浦和は開始8分、集中力を欠いたアル・ヒラル守備陣のミスをまんまと突いて、ラファエル・シルバが先制点を挙げた。アル・ヒラルは猛然と反撃に打って出て、18分に攻撃の要であるカルロス・エドゥアルドが負傷交代を余儀なくされたものの、お構いなしにチャンスの山を築いた」

    しかし、ここでブレーキになったのが、今季のACLで9得点を叩き出して得点ランクでトップに立つシリア代表FWオマル・ハリビンだ。3度のチャンスを決め切れず、同サイトは「シュートを撃つたびに(浦和GKの)シュウサク・ニシカワを輝かせ、ホームサポーターをヤキモキさせた」と記し、「(ハリビンは)前半のうちに1ゴールを挙げて溜飲を下げたが、結果的に1点しか奪えなかったことが試合に大きな影響を及ぼした」と論じている。

     一方で、好セーブを連発した守護神・西川を筆頭に、浦和守備陣の組織的ディフェンスを評価。「前半にあった雪崩のようなアル・ヒラルの攻撃を凌ぎ切り、後半はゲームをある程度落ち着かせることに成功した。敵に前半ほどのチャンスを与えなかったのだ」とし、「逆に試合終了間際に勝ち越しの絶好機を迎えたがモノにできなかった。アル・ヒラルは(今季ACLでの)無敗記録が止まるかと冷や汗をかいたはずだ」と書き綴った。

    1週間後に埼玉スタジアムで開催される第2レグに向けては、「困難なタスクを担うことになったのがアル・ヒラルだ。なにせあのスタジアムで結果を掴まなければいけないのだから。一方で浦和は意気揚々とホームに凱旋し、アウェーゴールという小さくないアドバンテージを活かしながら、試合を優位に進められるだろう」と展望した。
    1f761_1429_eb74d0b7_ce3eaf11
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13911663/
    続きを読む

    2017-11-19_07h42_59


    1:プーアル ★ :2017/11/19(日) 03:16:03.17 ID:CAP_USER9.net
    アル・ヒラル:ハルビン(37分)
    浦和:R・シルバ(7分)

    AFCチャンピオンズリーグ決勝・第1戦が18日にサウジアラビア・リヤドで行われ、アル・ヒラル(サウジアラビア)と浦和レッズが対戦した。

    試合は1-1のドローで終了。第2戦は25日に浦和のホーム・埼玉スタジアムで行われる。

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2017111810
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/05(日) 16:00:14.05 ID:CAP_USER9.net
    ■鹿島アントラーズ 1-0 浦和レッズ
    [県立カシマサッカースタジアム]

    [鹿]レアンドロ(80分)

    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/110520/live/#live


    引き締まった好ゲームは、首位の鹿島アントラーズが勝負強さを見せて優勝に王手をかけた。5日のJ1第32節、浦和レッズをホームに迎えた鹿島は、後半35分の決勝ゴールで1-0の勝利を収めた。

    浦和がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝に進出し、この試合のみ本来の18日から前倒しでの開催になった。両チームとも現状のベストメンバーを揃え、白熱の一戦になった。

    最初のチャンスをつかんだのは浦和だった。前半5分にDF遠藤航が右サイドから上げたクロスに得点ランキング首位のFW興梠慎三が合わせたが、ボールはクロスバーを越えた。一方の鹿島は同9分、右サイドのFKでMF遠藤康が意表をつきニアサイドを襲うシュートを直接放ったが、ゴールポストに嫌われてゴールならず。すると試合はその後、膠着状態に陥った。

    鹿島は両サイドの低い位置を起点にFW金崎夢生やMFレアンドロが斜めの動きでゴール前に入り込もうとしたが、浦和の最終ラインや中盤も最後までマークを外さずにフリーでシュートを打たせなかった。一方の浦和も自陣からのビルドアップでは鹿島のプレスをかいくぐったが、ラスト30メートルでは最終ラインを崩せず。そのまま0-0でハーフタイムを迎えた。

    後半に入ると7分、鹿島は速攻で左サイドに展開すると、最後はFW土居聖真がゴール正面から強烈なミドルシュートを放った。しかし、浦和GK西川周作が鋭く反応してボールを弾き出してゴールならず。

    浦和は同26分にアンカーのMF青木拓矢が足を痛め、自ら交代を要求するアクシデント。堀孝史監督はFWズラタンを投入してMF長澤和輝をアンカー、興梠をインサイドハーフに下げるという策に出た。一方の鹿島は同33分に交代の切り札であるFW鈴木優磨を土居に代えて投入し、ホームでの勝利を狙う姿勢を見せた。

    そして、ラスト10分となった同35分に遂に均衡が破れた。鹿島のDF西大伍が右サイドから大きなクロスを上げると、ファーサイドから入ってきたMFレアンドロが合わせてゴール。これが決勝ゴールとなり、鹿島が1-0で勝利して勝ち点を70に伸ばした。

    これにより、18日のゲームで勝ち点7差の2位川崎フロンターレがガンバ大阪に敗れると、2試合を残して鹿島の優勝が決まる。浦和は18日のACL決勝第1戦、敵地アル・ヒラル(サウジアラビア)戦に向け、青木の負傷が気がかりな状況になった。
    2017-11-05_16h23_47
    11/5(日) 15:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00010014-soccermzw-socc


    ◆Jリーグ公式サイト:順位
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/10/31(火) 16:44:54.28 ID:CAP_USER9.net
    10/31(火) 16:37配信
    ハリル監督、ACL決勝控える浦和から5人招集「いろんなことを考えています」

    日本サッカー協会(JFA)は31日、11月に行われる欧州遠征のブラジル戦(10日、フランス・リール)とベルギー戦(14日、ベルギー・ブルージュ)に臨む日本代表25人を発表。J1浦和からGK西川周作、DF槙野智章、MF遠藤航、長沢和輝、FW興梠慎三の5人が選ばれた。しかし、欧州遠征後すぐにアルヒラル(サウジアラビア)とのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦が控えている。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は「いろんなことを考えています」と、浦和に対してしっかり配慮していることを強調した。

    来月18日にACL決勝第1戦が控える浦和。欧州遠征はその直前で、14日にベルギー戦が行われる。浦和から5人の選出について質問が飛ぶと、ハリルホジッチ監督は「浦和さんの方とはいろいろと話はしている。彼らもそのことが気になっているだろうが、私も気になっている。私もこの試合(決勝)を見に行きますが。詳細な答えはここでは、控えさせていただきます」とコメントした。

    そして「なぜかと言うと私の“お家”はA代表。JFAにサラリーを頂いています。A代表が何をすべるきかという判断に基づいて、私は仕事をしています。私は自分の家を考えるべきだと思っています」とA代表に重きを置いていることを自宅に例えて説明した。

    その上で、「私がクラブで監督しているときに『A代表には行くなよ』という考えもありました。でも私は今、A代表の監督です。だから考えがまったく真逆になりました」と考えが変わったことを明言しつつ、「日本のことを考えると浦和のファイナルは絶対に大事で、誇りに思っています。浦和だけでなく、浦和の背後に日本という国が隠れていると思います」とACL決勝の大切さを理解していることも力説した。

    ハリルホジッチ監督は「移動距離はそこまで激しくないと思いますから、そこはしっかり理解してもらいたいです。それ以外のことはもちろんありますが。どういうディスカッションをしているか詳細は話したくはないです。ただ頭ではしっかり浦和さんのことを配慮しています」と話すと、「いろんなことを考えています。いろんなことを考えています」と浦和に対して配慮していることを改めて述べた。

    最後に「ただ、A代表は私の“お家”です。みんなをリスペクトしています。ただ、私の大きなリスペクトはA代表。それは私の権利でもあります」と、A代表が一番重要だということを再び強調した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000551-sanspo-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/25(水) 00:22:15.50 ID:CAP_USER9.net
    2017年10月18日、網易体育は、サッカーAFCチャンピオンズリーグ準決勝で上海上港と対戦した浦和レッズのサポーターの応援ぶりに「震撼した」とするコラム記事を掲載した。

    記事は、「浦和はホームの埼玉スタジアム2002でここまで中国スーパーリーグのクラブに負けていない。これには、浦和サポーターの応援が直接関係している」と指摘。浦和は18日の上海上港戦も1?0で勝利し、同大会の決勝進出を決めた。

    記事は「浦和が再び中国のサポーターに『魔のホーム』の雰囲気を味わわせた。試合前、現場の浦和サポーターはおそろいのコスチュームを着ている。旗が振られ、スタンド全体のサポーターが跳びはねながら高らかにチャントを合唱する。

    中国のサポーターはほんの数秒しか跳びはねないが、浦和サポーターは長い時間跳び続けるのだ」と浦和が醸し出す独特の会場の雰囲気を評している。

    そして、「中国のクラブでは上海申花の応援が傑出しているが、浦和とはまるで比べものにならない」と主張。「2007年の同大会決勝で、上海申花がホームで浦和と対戦した際、3000人の浦和サポーターがやってきた。

    そしてこの3000人が、本物の応援とはどういうものかを中国のサポーターに知らしめた。

    上海申花サポーターの声は3000人の浦和サポーターの声援にかき消され、浦和の大きな旗が試合開始から終了まで揺れ続けていた。

    それから10年、中国サポーターによる応援の威勢は相変わらず今ひとつ。かたや日本のサポーター文化はさらに大きく成長した。この点について、われわれは確かに多くを学ばなければならない」と論じた。

    サッカーでサポーターは「12人目の選手」と言われ、ホームでの試合の方がアウェーより勝率が高くなる傾向がある。サポーターはまさにチームにとっての大事な戦力と言えるだろう。

    2017年10月19日(木) 21時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b194281-s0-c50.html

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/23(月) 06:42:54.78 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1・第30節 浦和3―3G大阪(2017年10月22日 埼玉ス)

    浦和FW興梠が得点ランク単独1位に再浮上した。後半28分、DFラインに抜け出し柏木のパスに反応、右足で流し込んだ。キャリアハイとなる通算20点目、浦和の日本人では97年の福田正博以来となる大台突破に左手で「2」、右手で「0」を示すパフォーマンスで喜びを表現した。

    「大きな目標だった。陽介が得点王を獲らせようと思ってくれている。それをかなえたい」と振り返った。視察した日本代表のハリルホジッチ監督も「興梠は興味深い状態にある。選手として進化している」と絶賛。興梠は「ありがたく思います」と照れくさそうに話した。

    10/23(月) 6:01配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000010-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/22(日) 19:07:24.94 ID:CAP_USER9.net
    ■浦和レッズ 3(終了)3 G大阪 [埼玉スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102215/live/#live

    [浦]ラファエル・シルバ(50分)
    [G]ファン・ウィジョ(54分)
    [浦]ラファエル・シルバ(64分)
    [G]赤崎秀平(67分)
    [浦]興梠慎三(73分)
    [G]呉屋大翔(90分+2)


    J1は22日に第30節2日目を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズとガンバ大阪が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は後半に激しく動き、両チームともに2点ずつを奪い合って迎えた後半28分にFW興梠慎三の得点で浦和がリードするも、後半アディショナルタイムにFW呉屋大翔がネットを揺らしてG大阪が追い付き、3-3の引き分けに終わった。

    ここ4戦負けなし(1勝3分)の浦和は18日のACL準決勝第2戦上海上港戦(○1-0)から先発1人を入れ替え、FWズラタンらを先発起用。一方、ここ5戦未勝利(1分4敗)で3連敗中のG大阪は14日のJ1第29節新潟戦(●0-1)から先発4人を入れ替え、FW赤崎秀平、MF倉田秋、DF初瀬亮、今季初先発となるMF中原彰吾らがスターティングメンバーに名を連ねた。

    序盤から浦和がボールを保持して試合を進めるが、G大阪守備を崩し切るには至らずになかなか決定機を創出できない。前半21分にはDF遠藤航の鋭いパスから完全に抜け出したFWラファエル・シルバが、GK東口順昭の動きを確認してループで狙ったものの、ボールは枠上に外れてしまう。さらに同34分にはDF槙野智章の縦パスをPA内で受けたMF長澤和輝が左足で狙うが、シュートは東口の守備範囲に飛んでしまった。

    一方のG大阪は前半35分、左サイドでパスを受けたFWファン・ウィジョが巧みなトラップで遠藤航をかわすと、そのままドリブルでPA内まで強引に持ち込んで右足シュートを放ったが、GK西川周作に弾き出されてネットを揺らすには至らなかった。

    スコアレスのまま後半を迎えると、同5分に浦和が先制に成功する。中央を豪快に突破したMF青木拓矢が、FW興梠慎三とのワンツーでPA内に進入して放ったシュートは東口に阻まれるも、こぼれ球に反応したR・シルバが落ち着いて流し込み、スコアを1-0とした。だが同9分、初瀬が蹴り出したFKをファーサイドのMF遠藤保仁が折り返すと、ファン・ウィジョがヘディングで押し込んで、G大阪が試合を振り出しに戻した。

    しかし、後半19分に浦和の背番号8が再びゴールを陥れる。右サイドから中央に切れ込んだ長澤からPA左でボールを呼び込んだR・シルバが、鮮やかな軌道を描く右足シュートでネットを揺らして浦和がリードに成功。だがG大阪も食い下がり、同22分に倉田が右サイドから送ったクロスを赤崎が巧みにダイレクトボレーで合わせてネットに突き刺し、すぐさま同点に追い付いた。

    激しい打ち合いとなった試合は、後半28分に浦和が三度リードに成功。自陣でボールを奪ったDFマウリシオが柏木につなぐと、ドリブルで運んだ柏木のスルーパスを興梠が右足で沈めて勝ち越しゴールを記録した。だが、このまま試合は終わらない。同アディショナルタイムにCKから呉屋がヘディングで同点ゴールを叩き込み、試合は3-3の同点に終わった。

    ゲキサカ10/22(日) 19:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-01645406-gekisaka-socc

    写真



    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/22(日) 16:13:12.69 ID:CAP_USER9.net
    野球評論家の張本勲氏(77)が、2017年10月22日放送の「サンデーモーニング」(TBS系列)で、浦和レッズについて言及したことにツイッター上では「ふざけんな」などと批判の声があがっている。

    浦和レッズが18日のアジア・チャンピオンズリーグ(以下、ACL)準決勝第2戦で、上海上港に1-0で勝利し、日本勢としては10年振りの決勝進出を決めたことに対し、張本氏は「優勝したら莫大な金額が手に入る」と発言した。

    ■「優勝したら莫大な金額が出るからね」

    同試合のVTRが放送され、コメントをする場面で張本氏は

    「浦和はこれを目標にしていたんじゃないの。Jリーグは勝てないから。これ(ACL)が優勝したら莫大な金額が出るからね」

    とコメント、「勝ってもらいたいな」と締めた。

    21日の日刊スポーツによると、ACLの優勝賞金は約3億3000万円、大会規定のボーナスに加え、日本サッカー協会から8000万円のボーナスがあるとされ、合計で約4億8000万円もの賞金が出るという。

    浦和レッズはJ1で22日現在、勝ち点45で7位。2017年は残り5試合だが、1位の鹿島アントラーズとは19点差があり、優勝は不可能とされる。

    ツイッター上では、張本氏の今回の発言に対し、

    「張本にカツ!だ」
    「張本はサッカーについて一切コメントするな!」
    「張本がいかに知ったかぶりかがわかるなw」

    などと批判の声があがっている。
    2017-10-22_16h54_30
    10/22(日) 15:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000007-jct-ent
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 06:25:00.07 ID:CAP_USER9.net
    ACLで決勝に進んだ浦和に、日本サッカー協会から8000万円のビッグボーナスが支給される。20日に田嶋会長が「(前会長の)大仁さんの時から決まっているが、勝ち進んだチームに渡していく」と話した。

    規定では16強=1000万円、8強=3000万円、準決勝進出で4000万円の支給を定めており、4強を決めた時点で浦和は合計8000万円。

    準々決勝で敗退した川崎Fも総額4000万円を得る。決勝進出ボーナスは設定されていないが、これはアジア・サッカー連盟(AFC)が優勝に300万ドル(約3億4000万円)、準優勝でも150万ドル(約1億7000万円)の高額賞金を支払うため。

    さらに優勝チームはクラブW杯にも出場でき、昨年実績では最下位でも50万ドル(約5700万円)の賞金がFIFAから支給される。田嶋会長は「決勝に行ってくれというニンジン」と狙いを明かした。

    ボーナスの使い道については「原則として選手に行くように」とクラブに要求済み。うれしいボーナスを得た浦和イレブンは10年ぶりのアジア王者を目指し準備を続けていく。

    10/21(土) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000012-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/20(金) 08:56:05.22 ID:CAP_USER9.net
    ■人気も実績も資金力も、中東随一の名門クラブ

    圧巻のチームパフォーマンスで強豪・上海上港を下し、アジアチャンピオンズ・リーグ(ACL)の決勝に到達した浦和レッズ。10年ぶりにアジアの盟主の座を奪取すれば、年末にUAE・アブダビで開催されるクラブワールドカップの出場権を得る。レアル・マドリーや本田圭佑を擁するパチューカとの対戦が見込め、期待は膨らむばかりだ。
     
    ホーム&アウェー形式のファイナルで浦和を待ち受けるのが、サウジアラビの名門アル・ヒラルだ。いったいどんなクラブなのだろうか。
     
    サウジの首都リャドに本拠地を置く。クラブが産声を上げたのは1957年で、ちょうど今年で60周年。メモリアルなシーズンにアジア制覇をと、クラブもサポーターも気合いが入っている。サウジ屈指の名門で、ACL優勝2回、サウジ・リーグ優勝14回(最多)など国内外大小の獲得タイトル総数は、驚愕の57個! 実績では、国内のみならず中東の覇権をも争うライバル、アル・イテハド、アル・ナスル、アル・アハリ(ともにジェッダが本拠地)の3クラブを凌駕する。
     
    その資金力も中東随一だ。サウジ国営の通信会社『Mobily』のスポンサードを受け、その広告収入だけでも年間およそ7000万リヤル(約224億円)。国内での人気とサポーター数はダントツの一番で、全国各地にクラブショップがあるという。埼玉スタジムにも相応の応援団が駆け付けるものと見られる。
     
    2017-18シーズンのスカッドは、攻守両面でタレント揃いだ。外国籍選手は6人。MFカルロス・エドゥアルド(ブラジル)、FWマティアス・ブリトス、MFニコラス・ミレシ(ともにウルグアイ)、FWジェルミン・リーバス(ベネズエラ)、FWオマール・クリビン(クウェート)、そしてGKアリ・アル=ハブシ(オマーン)と国際色豊かだ。中国スーパーリーグのクラブのように“爆買い”などはせず、世界的な知名度こそないものの、確かな実力を持つ助っ人を迎え入れている。一番人気は、やはりアラブの英雄アル=ハブシ。かつてプレミアリーグで活躍した守護神で、アル・ヒラルでは第2GKを務めている。35歳になった。
     
    国内組は新旧のサウジ代表がずらりと居並ぶ。現代表チームには常時10名前後の選手を送り出しており、9月のW杯予選・日本戦にも出場したCBオサマ・ハウサウウィ、GKアブドゥラ・アル・ムアイフ、右SBヤセル・アル・シャハラニ、ボランチのサルマン・アル・ファラジ、アブドゥラ・オタイフなど、レギュラーを多く抱える。10番を背負うのは元サウジ代表の天才プレーメーカー、モハマド・アル・シャルフーブ(36歳)で、前線の大黒柱にしてキャプテンのヤセル・アル・カフタニ(35歳)も健在だ。
     
    そしてチームを率いるのは、アルゼンチン人のラモン・ディアス監督(58歳)。Jリーグで主題得点王に輝いた、伝説的なストライカーだ。2016年10月に就任すると、ソリッドな守備を軸としたダイレクト志向の強いサッカーを徹底。外国籍選手と自国選手を上手く融合させ、いきなりクラブに6年ぶりのリーグ優勝をもたらした。ACLでは圧倒的な攻撃力を示して中東のライバルをなぎ倒し、堂々のファイナル進出。17年ぶりの戴冠を狙う。
     
    ちなみにディアス監督は決勝進出を決めた際、「なんとかアジアを制してクラブワールドカップに進み、リーベルと戦いたいね」と希望を語った。南米代表を決めるコパ・リベルタドーレスは10月下旬に準決勝が開催される。ディアス監督が現役時代に長くプレーし、監督としても黄金期を築いたリーベル・プレート(アルゼンチン)は、同国のラヌースと雌雄を決する。

    10/20(金) 6:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00031369-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ