海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:浦和レッズ

    2017-07-25_08h07_55

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 13:42:06.14 ID:CAP_USER9.net
    サッカーに関するツイートで炎上した“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(34)が25日、TBS系情報番組「ビビット」に生出演した。

    上西氏は、J1浦和とドルトムントの一戦(15日)に関するツイートをきっかけに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とサポーター批判を展開。すると、浦和サポーターと思われる人物から殺害予告が届き、19日に警視庁麹町署に被害を相談した。22日には、浦和ファンを名乗る人間が大阪にある上西氏の事務所に押しかけたため、上西氏が「くたばれレッズ」と怒りのツイートをし、再び炎上した。

    上西氏は公設秘書の笹原雄一氏と並んで出演。上西氏は「くたばれ」発言について「事務所に押しかけてくるような一部の人へのもので、サポーター全員に言っているわけではない」と説明。笹原氏は「ミュージカル、映画にもなった『くたばれヤンキース』から来た発言。そんなにキツい言葉ではないというのが上西事務所としての共通見解です」と補足した。

    これに対し、MCの国分太一(42)は「その説明がないと(発言の真意は)分からないですよ」と指摘。同じくMCの真矢ミキ(53)が「アイドルとマネジャーのように、発信する前にチェックしたりできないんですか?」に尋ねると、笹原氏は「彼女の持ち味が消えてしまう。(炎上を)フォローするのが私の仕事」と放任する考えを示した。

    納得できない漫画家の倉田真由美氏(46)から「一部の人に向けたというけれど、くたばれ発言で傷ついた人は多い。その人への謝罪はないんですか」と聞かれると、上西氏は「私が言われた言葉からしたら、くたばれなんてそんなにキツい言葉ではない」と答えた。

    さらに上西氏は一連の発言について「個人の自由だし、(サッカーの)専門家ではないし、こんなに注目される理由が分からない」「いい試合、悪い試合というのは自由に言わせてほしい」「当たりさわりのない言葉を使うのは簡単だけど、伝わらない。政治の部分ではもっと過激な言葉を使う」などと持論を展開。政治活動では「伝えるためだったら、何でもします」と言い切った。

    そして、一連の炎上騒動について「私みたいな議員は“お騒がせ”ばかり取り上げられがちですけど、国会質問に何度も立たせていただいております。仕事はきっちりさせていただいている。お騒がせばかりがメディアに取り上げられるのは、私の努力不足なので、もっと前にいかなければと思います」とコメント。「サッカーに対して、これ以上私が発言することはないが、レッズさんとはお話する環境をつくっていただきたい」と浦和側に改めて要求した。

    また、政治家としての今後について「今は高度成長期と違っていろんなところにお金をばらまけるわけではない。それを国民にしっかり伝える。お金を使う優先順位をつけていくことが大事だと思う。国際貢献の名のもとに多額のお金が外国に流れていますが、それでは日本国内で大変な思いをしている人が報われない。国際貢献は、結局返ってくるという人もいますが、あれはお金持ちのための仕組みなんです。それをぶっ壊していかなければいけないと思います。官僚にだまされないで、しっかり自分の意見が言える政治家として、これからも頑張っていきたい」と述べた。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000005-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/24(月) 23:53:10.82 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・J1浦和レッズなどのサポーターの反発を招いて大炎上した衆院議員の上西小百合氏(34)が、今後のスタジアム突撃などの行為は見送り、騒動の幕引きを図る方針であることが24日、分かった。
    議員事務所によると、今後は積極的に浦和レッズ関連の新たなツイッター投稿も行わない方針だという。

    上西氏の事務所は、上西氏が今後はレッズ関連のツイートを控える方針と説明。浦和サポーターとの直接対話を希望して浦和レッズに協議を申し込むも門前払いを食らい、球団HPで上西氏の騒動を「関われる案件ではございません」と掲載されたことを挙げ、サポーターとの強行接触も見送るとした。「サッカー協会にも迷惑をおかけすることになる」とし、撤退モードに入った。

    ただし、上西氏がサポーターの反発を招いた「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」「くたばれレッズ!」など一連のツイッター投稿に関しては、撤回や謝罪は行わないとした。

    また議員事務所に「殺す」「さらう」などと書かれた、殺害予告ともとれるファクスやメールが届いた件については、警視庁に被害届を出すという。上西氏は、この日は地元・大阪での政務のほか、読売テレビのバラエティー番組の収録にも参加した。
    2017-07-25_08h07_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000114-dal-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/24(月) 15:31:12.32 ID:CAP_USER9.net
    18試合を終わって、首位との勝ち点差9ポイント。8位と低迷する浦和レッズにとり、首位セレッソ大阪との一戦は大きな意味を持っていた。スルガ銀行チャンピオンシップの出場のため、7月22日に先立って行われたJリーグ第22節。3万人を超える観客が見守るなか、キックオフされた。

    「絶対に勝たなくちゃいけない試合だった。その試合で、この失点の仕方は……ひどい」

    柏木陽介が振り返るように、浦和は6分、8分と続けざまにセレッソ大阪の杉本健勇にゴールを決められてしまう。

    18分にズラタンが得点するも、27分に山口蛍、35分丸橋祐介の追加を許す。前半ロスタイムにラファエル・シルバが1点返したものの、守備を固めたセレッソのゴールを破ることもできずに、2-4のまま浦和の今季8敗目が決まった。失点数は34点に増加。1試合多いとはいえ、リーグワースト3の数である。

    「学生のようなイージーなミスからの失点が多い」

    昨季リーグ最少失点を記録した浦和の堅守はどこへ行ってしまったのだろうか。Jリーグでの無失点試合は2度だけで、カップ戦を含めてもACLと天皇杯で一度ずつあるだけだ。

    それでも監督自らが進退を掛けた新潟戦、天皇杯の熊本戦に勝利し、ドルトムントとの親善試合でも敗れたものの善戦した。

    そして、優勝争いに食らいつくために絶対に落とせないはずのセレッソ戦で、前半に4失点という大失態を晒したのだ。しかもそれらの失点は、相手に圧倒されて失ったものではない。ペトロビッチ監督も試合後に語っている。

    「失点が多い試合が続いているが、その失点の形は学生チームの失点のようなイージーなミスからの失点が多い」と。

    柏木陽介は「恥ずかしい」と繰り返した。

    試合後のミックスゾーンに姿を見せた柏木は、深いため息を交えながら言葉を発した。彼が発する落胆のオーラは、自らの不甲斐なさを恥じているものだった。

    「なんてことのない失点だった。スペースを消しておけば、マークについてれば、防げたはずの失点だった。2点目も俺のミスから始まっているし、そういうところは集中していかなくちゃいけない。3点目も誰かがでていかないといけないところでの失点。4点目も普通にクロスがかぶっただけ。こんな感じだと、勝てるはずはない。

    ドルトムント戦でいい試合ができたなかで、今日はなんで守備があんなにうまくいかなかったのか。誰もそんなつもりじゃないんだろうけれど、ひとりひとりがモチベーションの部分で、よくなかったのかもしれない。だから、立ち上がりの失点で、相手を勢いに乗せてしまった。いろんな部分で……ただ、恥ずかしいの一言。

    今のサッカーをやっていて、監督に申し訳ないし、サポーターに申し訳ない。やっている選手たちも懸命なんだけど、自分たちがなんとかしないと何も始まらない。前の選手がしっかり守備をするとか、後ろの選手も安い失点をしないとか。中盤の選手はしょうもないミスをして取られないとか。そういうシンプルなところに関して、今日は欠けていたのかもしれない。

    つづく
    2017-07-24_18h39_52
    7/24(月) 12:21配信 number
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170724-00828523-number-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/22(土) 21:01:52.42 ID:CAP_USER9.net
    ■セレッソ大阪 4-2 浦和レッズ [ヤンマースタジアム長居]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/072201/live/#live

    [C]杉本健勇(6分)
    [C]杉本健勇(8分)
    [浦]ズラタン(18分)
    [C]山口蛍(27分)
    [C]丸橋祐介(35分)
    [浦]ラファエル・シルバ(45分+1)

    2017明治安田生命J1リーグ第22節が22日に行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦した。

    8月15日に開催される「スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA」に浦和が出場する関係で、他カードに先立って行われたこの試合。C大阪は山村和也や柿谷曜一朗、杉本健勇らが先発メンバーに名を連ねた。対する浦和は遠藤航が出場停止から復帰。前線にはズラタン、ラファエル・シルバ、興梠慎三が入っている。

    試合は6分にいきなり動く。C大阪は右CKの流れから水沼宏太のクロスを杉本が右足で合わせて先制。さらに8分、C大阪は柿谷のクロスを杉本がヘディングで合わせて早くも2-0とする。杉本はこれで今季リーグ戦10得点目となった。早々に2点ビハインドとなった浦和も18分、興梠のシュートがC大阪GKキム・ジンヒョンに弾かれたところをズラタンが詰めて1点差に迫る。

    27分、再びC大阪が突き放す。中盤で山口蛍がボールを奪うと、そのまま持ち込んで右足を一閃。強烈なシュートが決まり、点差を再び2点差に広げた。35分には右から水沼がクロスを入れると丸橋祐介が胸トラップからシュートを沈め、早くも4-1とする。前半アディショナルタイム1分、浦和はR・シルバが遠目からミドルシュートを決めて点差を2点に。前半から両チーム合わせて6点が生まれる荒れた展開となった。

    後半開始から浦和は森脇良太と宇賀神友弥を下げ、那須大亮と駒井善成を投入。反撃を目指す。60分、浦和はC大阪のバックパスをR・シルバが追いかけると、GKキム・ジンヒョンのクリアをブロック。ボールは無人のゴールへと向かっていったが、ゴール手前でDFにクリアされ、得点とはならない。

    後半は3バックに変更して守るC大阪を浦和が攻め立てたがスコアは変わらず、4-2で試合終了。首位を走るC大阪が浦和に快勝した。

    次戦、29日の第19節でC大阪はガンバ大阪と、浦和は北海道コンサドーレ札幌と、それぞれアウェイで対戦する。
    2017-07-22_21h21_18
    7/22(土) 20:59配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00616307-soccerk-socc

    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/07/22(土) 17:03:28.38 ID:CAP_USER9.net
    サッカーの浦和レッズを巡るSNS上での発言が物議を醸している衆議院議員の上西小百合氏(34)が22日、ツイッター上で「くたばれレッズ!」と浦和レッズへの批判を展開した。またこの日、上西氏の事務所に浦和レッズファンを名乗る人物が押しかけてきたことも明かした。デイリースポーツの取材に対し、上西氏の関係者も、“浦和レッズのファン”が乗り込んできたことを認めた。上西氏は事務所でテレビの取材を受けていた最中で、居合わせたが無事だった。

    上西氏は22日、ツイッターで「本日、私の大阪事務所に浦和レッズファンを名乗る人間が押しかけて来ました」と報告。「正直なところ浦和レッズ関係者がこれを黙認するのならば私にも考えがあります」とつづった。

    関係者によると、22日午後、浦和レッズのファンと名乗る中年男性2人が上西氏の事務所に押しかけてきたという。上西氏は事務所内でテレビの取材を受けており、秘書らが主に対応。居合わせた上西氏は周囲に「怖かった」と話しているという。

    騒動が拡大する中、上西氏は浦和サポーターとみられる人物からの脅迫等があったことなども踏まえ、浦和側との直接対話を希望していた。しかし20日夜、上西氏は浦和レッズ広報部からメールで「わざわざお越しいただくのも大変恐縮」との連絡があったとツイッターで説明。上西氏は「勿論これが本音ではなく、面倒な仕事を持ち込むなということでしょうが、日本を代表するビッグクラブの
    対応だとすれば、お粗末と思います」と不快感を示していた。
    2017-07-22_17h30_07
    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00000090-dal-ent
    続きを読む

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/07/22(土) 16:04:13.92 ID:CAP_USER9.net
    衆院議員の上西小百合氏(34=無所属)が22日、自身のツイッターを更新。「くたばれレッズ!」と暴言を吐いた。

    上西議員は15日に埼玉スタジアムで行われたサッカーJ1の浦和とドイツの強豪ドルトムントの国際親善試合で浦和が2―3と逆転負けを喫した後に「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートしたことをきっかけに、浦和サポーターを中心とするサッカーファンから非難を受けてツイッターが炎上。その後、議員事務所に「ぶっ殺す」「刺し殺す」などの殺人予告が届いたとして、警視庁麹町署に被害届を提出している。

    その一方で、浦和サポーターとの直接対話をクラブに要求。20日のツイッターでは「先程、浦和レッズ広報部より連絡がありました。私との面会を辞退するとの事でした。理由は”わざわざお越しいただくのも大変恐縮”との事でした。勿論これが本音ではなく、面倒な仕事を持ち込むなということでしょうが、日本を代表するビッグクラブの対応だとすれば、お粗末と思います」と申し入れが断られたことを明かし、「レッズ側は上西の炎上商法に付き合う気はないという事でしょう。ただ話をしないというのは怠慢です。私がレッズサポーターと揉めて得する事はない。会社がサポーターに追い付いていないんでしょう。百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブなのに、フロントがそれなら百年かかりますね」と挑発的なつぶやきを行っていた。

    こうした流れを受け、大阪事務所にはこの日「浦和レッズファンを名乗る人間が押しかけ」来たそうで、「たまたまテレビ取材中だったのて、何人かいたので帰らせる事ができましたが、正直なところ浦和レッズ関係者がこれを黙認するのならば私にも考えがあります」と上西氏。週刊誌から浦和の試合観戦を企画としてもちかけられ断っていたが「レッズサポーターがこの程度の低レベルなら行ってもいいと思う」とし、さらに「くたばれレッズ!」と続けた。
    2017-07-22_16h47_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00000123-spnannex-ent
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/07/22(土) 02:29:56.77 ID:CAP_USER9.net
    2017-07-22_07h45_20
    低迷する浦和にセルジオ越後が疑問「ひと言でいえばマンネリなのかもしれない」
    7/20(木) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170720-00088312-playboyz-socc

    ひと言でいえばマンネリなのかもしれない。今季のJリーグ優勝候補に挙げられていた浦和が低迷している。

    18節終了時点で9勝2分け7敗、首位C大阪とは勝ち点差9の8位。1-4で大敗した川崎戦(7月5日)後には、怒ったサポーターが選手バスの出口を封鎖。ペトロヴィッチ監督が出ていき、「ここから連勝できなければチームを去る」と発言した。続く18節の最下位・新潟戦ではなんとか逆転勝ちしたけど、やはり内容はよくなかった。

    今季の浦和はとにかく失点が多すぎる。ここまで30失点は18チーム中5番目に多い。リーグ最少失点(28)だった昨季の数字を早くも超えている。


    ここ数年の浦和のサッカーといえば、ボールをキープして試合の主導権を握り、細かくパスをつなぎながらチャンスをつくろうという攻撃的なもの。そして今季は、敵陣で試合を進める時間をさらに延ばそうとした。

    でも、それがうまくいっていない。最終ラインをやみくもに押し上げては、その裏をカウンターで狙われ、簡単に失点を許している。何年も同じメンバーで同じサッカーをしているから、さすがに相手に研究されてきた。それに対して、ペトロヴィッチ監督が有効な手を打てていないというのが現状だ。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/21(金) 21:34:26.53 ID:CAP_USER9.net
    21日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、土田晃之が炎上問題の渦中にいる上西小百合衆議院議員に対して痛烈な批判をした。

    番組では、殺害予告にまで発展した上西氏の騒動を取り上げた。発端は、15日に開催されたサッカー国際親善試合にある。ドルトムント(ドイツ)に敗戦した浦和レッズとサポーターに対して、上西氏がTwitterに投稿した発言が騒動となったのだ。

    司会の坂上忍が、大のサッカーファンである土田に騒動に関する意見を求めた。土田は殺害予告をした人間が「悪い」と断言した上で、「バカ相手にしてもしょうがない」と上西氏を相手にすべきではないと意見する。さらに、東国原英夫氏が上西氏を「当たり屋」だと称したことに賛同して「スルーすべき」だとコメントしたのだ。

    また、同番組が上西氏に発言真意を聞くために直撃インタビューをしたことも「意味がわからない」と切り捨てた。上西氏を取り上げること自体が、「当たり屋」である上西氏を喜ばせてしまうというのだ。

    さらに土田は、上西氏を「一回も賢いと思ったことがない」とも語り、対立するサポーターを含む一般人からの税金で生活している上西氏の立場に触れながら「自分の立場とか、本当に分かっていない」と最後まで批判を繰り返していた。
    2017-07-21_22h40_00
    2017年7月21日 17時45分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13368231/
    続きを読む

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/07/21(金) 12:25:33.02.net
    ツイッター炎上騒動で話題の上西小百合衆院議員(34)=無所属=が21日、TBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)に生出演し、サッカーの浦和―ドルトムント戦に関連したツイート問題について自身の主張を繰り広げた。

    今回の騒動の火に油を注いだのは「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」というツイートだった。上西議員は「サポーターが私の感想に注目するのは想定外」などと主張した。

    それに対し、熱狂的な巨人ファンで知られる演出家のテリー伊藤氏(67)が「スポーツに、みんな人生乗っけてるんじゃないですか。見ている方は。野球でもサッカーでも、自分がやりたかった、でもできない。そういう夢を選手に、人生を託す。例えば病院で見ている人は今日(選手やチームが)がんばっている。よし(自分も)頑張ろう。それって自分の人生を乗っけているんです。そこはどう思いますか?」と問い詰めた。

    すると上西議員はしばらく考えた上で
    「どうして、いち観客として感想を書いたことにカチンときた」
    「スポーツは基本的に暴力沙汰とは無縁でなければならない」
    「それに対して殺すぞとかそういう発言が出てくるのはダメと思った」
    「誹謗中傷をしてきた過激なサポーターに向けた」
    などと持論を展開して、テリー氏の質問をはぐらかしていた。
    2017-07-21_15h06_41
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000050-sph-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/21(金) 10:37:03.50.net
    今回レッズ及びサッカー・ファンを愚弄するかのようなツイートで炎上した挙げ句、レッズ・ファンとの直接対話の場を要求してきた上西小百合議員に対し、レッズは彼女との面会を辞退したということだ。彼女のいわゆる炎上商法に巻き込まれる必要はなく、レッズの対応こそが大正解というべきだろう。

    これまで上西議員が何度炎上しようが、興味もなければ関心もなかった。だが自分が長年携わり、愛してきたスポーツ界に矛先が向けられたのであれば話は別だ。初めてツイッターの公式アカウントを閲覧し、一連の騒動をネットでチェックさせてもらった。そこで結論に至ったのが、上西議員が如何に否定しようとも、SNS上の炎上を巧みに利用し彼女の政治活動に繋げているのが明らかな以上、炎上商法以外の何ものでもない、ということだ。

    今回も自分のツイートが炎上した途端、周囲の反応ツイートを次々にリツイートし、さらには220万という自らのツイートの反応度を報告するなどして騒動の拡散を狙っている。その上で「浦和で街頭演説をやりたい」とか「レッズ・ファンと直接対話しないと解決できない」などと主張することで、メディアと人々の関心が集まる中で自分の意見を披瀝する場を設けようとしているのだ。もしそれが実現できれば、政治家として下手な集会を開催するよりも影響力絶大な発言機会を容易に得ることができてしまうのだ。紛れもなく政治活動の一環と言っていいだろう。

    しかし今回の一連のツイートを見てもわかるように、上西議員はものの本質を見抜く能力がなければ、最適な言葉を選ぶ知性にも欠けている。そんな人物に発言する場を与えても何の意味もない。レッズ・ファンと直接対話しても火に油を注ぐだけだ。今回のレッズのように関わらないようにするのが得策なのだ。レッズ・ファン、サッカー・ファンも彼女のやり口に応じる必要は無い。SNS上のことはSNS上でやりとりすればいいだけの話なのだ。ましてや殺人予告やカッターナイフを送りつけるのは以ての外だ(もちろんサッカー・ファンがやった行為だとは思っていないが…)。

    スポーツは極上のエンターテイメントの1つだと思っている。誰もが様々な観点から楽しんでいいものだ。そういう意味では上西議員もどんな意見であろうと主張していいし、他のファンと議論を戦わせても一向に構わない。だが姑息な手段で自分の政治活動にスポーツを利用するのは断じて許すことはできない。

    そもそも上西議員に容易に主張の場を与え続け、こんな手法の政治活動を編み出させてしまったのはメディアの責任もあるだろう。彼女が炎上を繰り返す度に面白がって追いかけるから、増長してしまったように思えて仕方がない。

    今後上西議員の炎上商法をスポーツ界に拡散させないためにも、チーム、選手、ファンを含めレッズのような冷静で大人な対応で臨むべきではないか。SNS上以外で彼女に応対する必要はまったくないのだ。自分もこれを最後に関わるつもりはない。
    2017-07-21_11h16_13
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170720-00073532/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ