海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:浦和レッズ

    1:きゅう ★@\(^o^)/:2017/06/05(月) 05:18:47.10 ID:CAP_USER9.net
    2017-06-05_07h26_38
    5月31日に埼玉スタジアムで行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦、浦和ー済州で起きた両チームの選手、スタッフによる乱闘騒ぎで、野球評論家の張本勲氏(76)が4日放送されたTBS系報道番組「サンデーモーニング」で、浦和の選手らの振る舞いを「マナー違反」と批判したことがネット上で物議を醸している。

    サンデーモーニングに出演した張本氏は両チームに「喝」を出した上で、「浦和はね、勝ってるから(試合を)遅らす。これはありがちなことだけど、態度が良くない。やっぱり韓国の選手からみたらね、何だというような態度をとっちゃいけないんです」と述べ、観客席に向かって喜びを爆発させた浦和の選手たちを責めた。

    また「日本人はエチケット、マナーを教えるじゃないの。だから世界中どこへ行っても礼儀正しい民族だと…。今はそんなことないな。昔はダメなら親が教えたり、ダメなら先輩が教えたりしたんですよ」と今どきの若者に苦言。

    司会の関口宏氏(73)が「じゃあ、日本チームに悪いところがあった」と付言すると、それに応じる形で「扇動するような、肩から上にガッツポーズしたりね、俺はおまえをやっつけたんだという態度をとったらダメよ」と述べた。

    http://www.sankei.com/entertainments/news/170604/ent1706040012-n1.html
    http://www.sankei.com/entertainments/news/170604/ent1706040012-n2.html

    関口氏が「「負けた者のマナーも必要だが、勝った者のマナーも求められる」と試合後に語った済の趙城煥監督(46)のコメントを紹介すると、張本氏は「この監督の談話がね、これが本当の韓国人の気持ちなんですよ」と話した。傍らに座っていた野球評論家の田尾安志氏(63)も「日本の監督からこういうコメントがほしかった」と述べ、張本氏に同調した。

    5月31日の試合では、試合終了間際に両ベンチから遠いサイドで小競り合いが起きると、済州の控え選手がピッチを横切って浦和のMF阿部勇樹の顔に肘鉄を食らわせ、レッドカードを受けた。試合後も含め、一連の騒動で済州の計2選手にレッドカードが出された。

    張本氏は、番組内で済州の選手が浦和の選手に暴行を加えたことの是非には触れなかった。

    ネット上ではスレッドが乱立し、賛否両論が飛び交う事態となっている。これまでにも韓国のチームは対日本が関わった試合でたびたび問題を起こしている。(WEB編集チーム)
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/04(日) 20:57:24.92 ID:CAP_USER9.net
    ■柏レイソル1-0浦和レッズ[柏]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/060409/preview/#live

    [柏]中川寛斗(45分+1)


    2017明治安田生命J1リーグ第14節が4日に行われ、柏レイソルと浦和レッズが対戦した。

    7連勝で暫定首位に立った柏は、前節の大宮アルディージャ戦からスタメンを1名変更。FIFA U-20ワールドカップ韓国2017にU-20日本代表として参加した中山雄太がスタメンに名を連ねた。対する浦和は森脇良太が3試合ぶりにスタメンに復帰。前線は興梠慎三、李忠成、高木俊幸という組み合わせになった。

    17分、左サイドでボールを持ったクリスティアーノがトリッキーなドリブルで森脇を翻弄する。グラウンダーのクロスに中川寛斗が飛び込んだが、GK西川周作のブロックに阻まれた。対する浦和は36分、李の落としを森脇が左足ボレーで狙う。しかし、今度はGK中村航輔が横っ飛びでセーブを見せた。

    すると前半アディショナルタイム、右サイドを駆け上がった小池龍太がクロスを送ると、武富孝介が折り返し中川が頭で押し込む。Jリーグ最小155センチの中川のヘディング弾で、前半は柏の1点リードで終える。

    後半開始早々の48分、中谷進之介がエリア内でハンドを犯し、浦和にPKが与えられる。しかし、興梠のキックは枠を外れ、同点のチャンスを逃してしまう。73分にも興梠に決定機が訪れたが、シュートはまたしてもGK中村に防がれた。

    試合を終わらせにかかる柏は82分、手塚康平に代えて古巣対決となる細貝萌を投入する。最後まで浦和に得点を許さず、試合は1-0で終了。

    柏はリーグ戦8連勝を達成し、首位の座をキープ。一方の浦和はリーグ戦2試合勝利なしとなった。

    次節、柏はアウェイでヴァンフォーレ甲府と、浦和はホームでジュビロ磐田と対戦する。
    GettyImages-692141570
    サッカーキング6/4(日) 20:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00596400-soccerk-socc

    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j2/

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む



    ri8RHzTv_original

    1:チキン ★@\(^o^)/:2017/06/04(日) 09:37:57.36 ID:CAP_USER9.net
    張本氏、大荒れの浦和と済州に喝!「おまえをやっつけたんだという態度を取っちゃだめ」/ACL

    野球評論家の張本勲氏(76)が4日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。

    5月31日に行われたサッカーアジア・チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦で済州韓国)に延長の末、2戦合計3-2で勝った浦和DF槙野智章(30)が試合後、済州の選手らに追い回されたことについて触れ、「浦和は勝っているから、遅らす(時間稼ぎ)のはありがちなことだけど、その態度がよくない。韓国の選手が『なんだ』と思うような態度を取ったらいけない」と苦言を呈した。

    浦和が3-0(合計得点3-2)でリードした後のCK。浦和はボールをキープして時間稼ぎに出たが、これに済州の選手が激高。もみ合いに発展した上、突如、控えDFがビブス姿のまま乱入し、主将MF阿部の顔面にジャンピングエルボーを見舞った。

    試合終了後も済州側の興奮は収まらず、観客席に向かって喜びを爆発させた浦和の選手に乱闘を仕掛けた。体当たりをしたり、ペットボトルを投げる暴挙の数々。数人にしつこく追いかけられた槙野は、必死になって入退場のゲートに逃げた。済州には試合後も含めてレッドカード3枚が出された。

    張本氏はさらに「日本人はおぎゃーと生まれたらエチケットとマナー、礼儀を教えるじゃない。世界どこにいっても礼儀の正しい民族だと。いまの若い人はそんなことはないね」と指摘。「ガッツポーズしたり、おまえをやっつけたんだという態度を取っちゃだめ」と強調していた。

    http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20170604/jle17060409230007-s.html
    続きを読む

    1:ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/:2017/06/03(土) 21:37:28.04 ID:CAP_USER9.net
    フランスにも轟いた済州の愚行、「すでに醜悪な雰囲気だった済州は…」
     
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、浦和レッズと済州ユナイテッド(韓国)の第2戦で起こった済州による前代未聞の退場劇や暴力行為という蛮行は海外メディアも伝えているが、ついにフランスにも韓国チームの愚行が轟いてしまった。フランスの衛星放送「ビーイン・スポーツ・フランス」は「ACL2017 浦和と川崎が準々決勝に進出」と特集している。

    敵地初戦で済州に0-2で負けた浦和は、第2戦で延長戦にまでもつれ込む死闘を演じ、3-0勝利で8強逆転進出を決めた。

    「浦和レッズは済州ユナイテッドとの韓国での初戦に0-2で敗れるというハンディキャップを背負っていた。だが、レッズは埼玉スタジアムを燃やした。森脇の延長戦ゴールで勝ち上がりを意味する3-0勝利を飾った」

    特集では浦和の華麗な逆転劇をこうレポートする一方、済州の蛮行についてもクローズアップしていた。

    「韓国人選手たちのあからさまな状況は特筆する必要がある。すでに醜悪な雰囲気だった済州は2枚のレッドカードを受けた。言い訳の余地もない無様なものだった」

    「バスティア対リヨン戦と酷似」と指摘

    特集ではフランスを震撼させた事件との類似性を指摘している。4月16日に行われたバスティア対リヨン戦では 、サポーターの一部とスタッフが試合前やハーフタイムにリヨンの選手を襲撃し、試合は中止となっていた。

    バスティアの蛮行はフランスサッカー界の汚点として刻まれたが、韓国チームの異常行動も同じレベルで語られている。

    浦和戦で済州が起こした暴力行為はイギリス、アメリカ、ドイツ、スイス、イタリアの各メディアがすでに報じている。ドイツメディア「SPOX」は「アジアサッカーの宣伝にならない」と伝え、アジアサッカーの看板に泥を塗る行為として酷評していたなか、フランスにも済州の蛮行はついに伝わることになった。
    2017-06-01_19h10_36
    フットボールゾーン:
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170603-00010016-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/:2017/06/03(土) 09:17:16.64 ID:CAP_USER9.net
    「日本では狂気の光景」と伊メディア特集 韓国チームの異常行動をクローズアップAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、浦和レッズと済州ユナイテッド(韓国)の第2戦で起こった済州による前代未聞の退場劇や暴力行為という蛮行はいまだに波紋を広げている。ヨーロッパでも「本物の人狩りを始めた」「深刻なまでに反スポーツ的な態度」と断罪されている。イタリアの海外サッカー専門サイト「トゥットカルチョ・エステーロ」が報じた。

    試合後のレポートで韓国チームの蛮行を批判していた同メディアは「AFCチャンピオンズリーグ8強 アブドゥルラフマンはスーパーなアル・アインを牽引し、広州と上海は問題なし 日本では狂気の光景」と改めて特集している。

    敵地初戦で済州に0-2で負けた浦和は、第2戦で延長戦にまでもつれ込む死闘を演じ、3-0勝利で大逆転での8強進出を決め、「浦和レッドダイヤモンズの偉大な挑戦」と称賛された。だが、またしてもクローズアップされたのは試合後の韓国チームの異常行動だった。

    「3-0になった後、試合はナーバスなものになった。ベンチからフィールドに飛び出して阿部の顔面を強打したペク・ドンギュが退場処分となった。状況は収束したかに見えたが、試合終了のホイッスル後、浦和が喜ぶ間、韓国人たちはまたしても襲撃に出た。本当の人狩りだ」

    特集では済州の韓国人選手の浦和の選手、スタッフに襲いかかるという蛮行を「人狩り」と断罪している。「済州の選手は怒りに任せて追いかけた」

    浦和は2戦合計3-2とする勝ち越し点を奪った後、敵陣コーナーフラッグ付近でボールをキープ。ファウル後に済州ボールとなったが、済州の選手が浦和FWズラタンとFW興梠慎三に突進してもみ合いに発展した。仲裁に入ったMF阿部勇樹に対し、ベンチからサブの選手であるDFペク・ドンギュがビブス姿でピッチに乱入すると、80メートルをダッシュした後、阿部にジャンピングエルボーを見舞い退場となった。

    試合終了後には済州の選手だけでなく、スタッフまでピッチ上で浦和の選手やスタッフに襲い掛かった。浦和DF槙野智章をターゲットにしたDFクォン・ハンジンは、浦和スタッフに飛び膝蹴りを食らわせ、試合終了後にも関わらずレッドカードを提示されている。済州は3人の退場者を出すなど、信じられない醜態を晒してしまった。

    「森脇と興梠が特に標的にされていた。そして、警備にエスコートされながらドレッシングルームに選手は引き返した。済州の選手は怒りに任せて彼らを追いかけた。AFCは韓国人が深刻なまでに反スポーツ的な態度により罰せられることになるだろうと声明を出している」

    特集ではこう報じられ、ヘディングで先制点を決めたエース興梠と決勝点を決めた森脇良太も標的にされたと指摘している。

    韓国サッカーに対する根強い疑惑

    イタリアサッカー界は韓国に対して苦い思い出がある。2002年日韓共催ワールドカップの16強韓国戦で疑惑の判定のオンパレードで延長戦の末に敗退を喫した。エースのフランチェスコ・トッティが2枚のイエローカードで退場に追い込まれ、延長戦では明確なゴールがオフサイドで取り消された。韓国びいきの判定がイタリアで社会問題となり、韓国人選手をセリエAのクラブが獲得しないという状況が続いていた。

    韓国サッカーに対する疑惑の根強いイタリアでは、今回の衝撃的な蛮行に対して一層怒る気持ちが強いのかもしれない。
    2017-06-03_10h19_00
    フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170602-00010023-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/06/02(金) 22:29:34.25 ID:CAP_USER9.net
    済州の乱闘事件、韓国紙が理不尽な批判。浦和MF阿部勇樹へのエルボーは「偶発的」
    2017年6月2日 13時19分
    フットボールチャンネル
    d2bd7_1374_944c7a99_b8f43b67
    浦和の選手たちと衝突した済州ユナイテッド【写真:Getty Images】

    先月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の浦和レッズ対済州ユナイテッドの試合で、済州の選手が起こした乱闘騒ぎについて一部の韓国紙が理不尽な批判を展開している。

    事の発端は、済州のDFペク・ドンギュが浦和のMF阿部勇樹にエルボーを食らわせたシーンである。

    2戦合計スコア2-2の状況で迎えた延長後半、浦和はDF森脇良太が決勝ゴールを奪う。その後、浦和は相手陣内でボールをキープして時計の針を進めた。

    このプレーをきっかけに済州は浦和の選手たちと衝突。控えだったペク・ドンギュはビブスを着てベンチに座っていたはずだが、全力疾走でピッチを横断し阿部の顔面にエルボーを食らわせた。試合出場のなかったペク・ドンギュには、当然レッドカードが提示されている。

    韓国紙『ブリッジ経済新聞』は「浦和が被害者のコスプレ。済州の一方的な暴行ではない」と報じている。

    同紙が伝えているところによると、ペク・ドンギュが阿部にエルボーを食らわせたのは「偶発的」なのだという。浦和のFWズラタンと済州の選手が口論していたところを仲裁に入ろうとしたペク・ドンギュは、「スピードをコントロールできず阿部とぶつかった」という言い分だ。

    映像を見る限り、ペク・ドンギュはズラタンには見向きもせず一目散に阿部目がけて走っていることがわかる。明らかに肘を前に出して阿部に顔面に直撃させているため、「偶発的」とは言い難い。

    だが同紙は「済州の選手と衝突した原因を引き起こしたにもかかわらず、浦和は被害者のコスプレを続けている」と、あくまでも衝突の原因は浦和側にあると主張している。

    また、決勝ゴール後の浦和のボールキープにも苦言を呈した。通常、リードしたチームが相手陣内でボールをキープすることは世界のサッカーにおいて常套手段だが、「普通ではなかった」と、これにも批判的な論調だった。

    済州のチョ・スンファン監督は「ファンにはいい試合といいマナーを見せることができず申し訳なく思う」と謝罪の言葉を述べた一方で、「浦和の選手が我々のベンチに向かって勝利を喜んだことで選手たちを刺激した」とも発言していた。

    韓国メディアの多くはこの乱闘事件を冷静かつ客観的に報じ、済州を批判するメディアもあったが、『ブリッジ経済新聞』は浦和に対して批判的に報じている。

    しかし、どんなに試合がエキサイトしようと暴力は絶対に許されるべきではない。激しさの中でもフェアーにプレーし、互いをリスペクトするべきだろう。

    text by 編集部
    http://news.livedoor.com/article/detail/13148084/
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/06/02(金) 20:15:08.36 ID:CAP_USER9.net
    ACLのベスト16で済州ユナイテッド相手に大逆転した浦和レッズ。

    試合後には乱闘騒ぎもあったが、0-2という状況から3点を奪って勝ち上がったという事実は評価されるべきだろう。試合は延長にまでもつれこみ、まさに死闘となった。

    そんなACLの翌日、浦和の選手たちは昼食を共にしていたようだ。口にした料理は…
    2017-06-02_21h17_01
    https://www.instagram.com/p/BUyMNsrlTdA/

    豪華なうな重!

    浦和選手たちがよく訪れることで知られる「むさし乃」というお店で鋭気を養ったようだ。

    集まったメンバーは矢島慎也、長澤和輝、宇賀神友弥、槙野智章、西川周作、阿部勇樹、田村友、菊池大介、武藤雄樹、高木俊幸の10名。済州戦で肘打ちを受けた阿部も確認できる。無事で良かった!

    死闘を制した浦和は今週末、J1の舞台で首位を走る柏レイソルと対戦する。

    http://qoly.jp/2017/06/02/tomoaki-makino-instagram-20170601-kwm-1
    続きを読む


    20170601s00002000466000p_view
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/02(金) 17:22:22.69 ID:CAP_USER9
    31日に行われたサッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦の浦和―済州(韓国)で、試合後に両チームの選手やスタッフが乱闘騒ぎを起こした件について、アジアサッカー連盟(AFC)が経緯の調査に動くことがわかった。

    事実関係を確認した上で関係者の処分を検討することにしているが、前代未聞の暴挙で大会の品位を大きく損なった済州に対しては、来季以降の大会出場停止を含めた厳罰が下される可能性が高い。

    試合終了間際にボールキープしていた浦和の選手をめぐって、両チームの選手がもみ合いとなり、済州のサブ選手がMF阿部勇樹(35)にエルボーを食らわせ乱闘に発展。試合後も済州の選手がDF槙野智章(30)を追い回すなど、サッカーの試合とは思えない光景が繰り広げられた。

    試合後の会見で済州の趙城煥監督が「浦和の選手が(ベンチ前で)刺激するようなセレモニーをした」と浦和側の挑発が原因と話したが、VTRを見る限りでは済州のMF権純亨がもみ合いの中で浦和FWズラタン(33)に頭突きをしたのが発端。

    済州の愚行には韓国のメディアも「見苦しい敗戦」(ソウル新聞)、「ゴールもマナーもない」(京郷新聞)など一斉に批判記事を掲載した。会場にいたAFC関係者も済州の「バッドルーザー」ぶりに閉口しており、残した印象は最悪だ。

    関係者の一人は「最悪、済州は来季以降の大会追放。そこまでいかなくても、1000万円前後の罰金は確実。AFCが韓国のクラブに甘いという過去の事例が気になるところだが、全世界にこの話は広まってしまったし、AFCの権威を示すためには大甘裁定はないでしょう」。8年ぶりに8強に1チームも残れなかった韓国勢は、最後に大きな汚点を残した。

    6/2(金) 16:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000014-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: @Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/02(金) 16:06:43.08 ID:CAP_USER9
    タレントの土田晃之(44)が2日に放送されたフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で、31日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦、浦和―済州(韓国)戦(埼玉)で起きた乱闘騒動にコメントした。

    試合では延長後半終了間際に済州のベンチにいた控え選手がピッチを横断して浦和MF阿部勇樹(35)に肘打ちするなどしたほか、試合後にはDF槙野智章(30)が済州の選手に追いかけ回されるなど大混乱となった。

    かつて浦和サポーターであることを公言していた土田はサッカーに詳しくない人に向けて「(レッドカードが)3枚でよく済んだなって話」「キャプテンの阿部君は、選手を守っていた」と解説。そして済州の行動について「絶対にやってはいけない行動。世界中から叩かれているし、1年以上の出場停止とかでも全然あり」との見解を示した。

    また済州の行動が韓国メディアからも批判されている点について、前宮崎県知事の東国原英夫氏(59)は「歴史上ずっと因縁の戦いで負けたくないというのは分かる。韓国の新聞が自国のチームをこんなに厳しく評価するというのは珍しいことなので、よっぽどマナー違反ってことでしょうね。厳しいペナルティーが必要でしょうね」と話していた。

    2017年6月2日12時55分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170602-OHT1T50093.html

    写真
    no title

    続きを読む

    1: (ヽ´ん`) ★@\(^o^)/ 2017/06/02(金) 09:38:51.13 ID:CAP_USER9
    済州、HPで乱闘騒動謝罪「マナー見せられず残念」
    6/2(金) 8:02配信

    浦和レッズは1日までに、5月31日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦第2戦の済州戦(埼玉)での乱闘騒ぎを受け、主管のアジア・サッカー連盟(AFC)に「抗議書」を提出する方針を固めた。

    済州のホームページには「いい試合といいマナーを見せられずに残念。フェアプレー精神を守れず申し訳ない」という内容のサポーターへのメッセージが掲載された。韓国の京郷新聞は「ゴールもマナーも守れなかった」の見出しで、2-0からの逆転負けと試合後の騒ぎを批判した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-01833503-nksports-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ