海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:浦和レッズ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/05(月) 22:57:40.33 ID:CAP_USER9.net
    ロビー、第2戦を埼スタで観戦

    3日に行われた明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦で、浦和レッズは鹿島アントラーズに1-2で逆転負けを喫した。その結果2戦合計スコアが2-2、アウェイゴール差で上回った鹿島アントラーズが8度目のJリーグ王者となり、浦和レッズは目前でリーグ優勝を逃した。

    この試合を埼玉スタジアムで観戦していた浦和レッズOBのロブソン・ポンテ氏は「決勝は、チャンピオンになるためにみんな一生懸命ハードワークして、ひとつになって戦った。来年は浦和レッズが優勝すると思っています」とコメントを寄せた。

    クラブの公式Facebookがメッセージを伝えている。そして「僕個人として、埼玉スタジアムに来れてよかったです。日本に来る度に、浦和のみなさんが親切にしてくれることを感謝しています」と続けた。

    2005年7月にレヴァークーゼンから加入し、5年半にわたり浦和レッズの10番を背負ったポンテ氏は、2006年のリーグ優勝、2007年のAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献し、黄金期のレッズを支えた。

    2010年に浦和レッズを去ると母国のグレミオ・バルエリで現役引退。現在は金崎夢生の前所属でもあるポルティモネンセ(ポルトガル2部)のテクニカルディレクターを務めている。
    今後、レジェンドの橋渡しでレッズとポルティモネンセの関わりが深まっていくかもしれない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/5(月) 7:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00010001-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/04(日) 21:29:35.27 ID:CAP_USER9.net
    CS決勝の激闘から一夜明けた4日、獲得オファーの件について本人が口を開く
     
    浦和レッズの日本代表DF槙野智章が、中国の広州恒大から獲得オファーを受けている件について口を開いた。浦和はすでに天皇杯敗退が決まっており、チャンピオンシップ(CS)決勝の激闘から一夜明けた4日は今季のシーズン最終日。各選手はミーティング後にクラブハウスの整理などを行ったが、その後に槙野は取材に応じた。

    「最近、ヨーロッパのクラブから名前のある選手が中国に行っている傾向はある。お金と思われても仕方ないかもしれないけど、それだけの力が中国全体で上がってきている。

    それはACL(アジア・チャンピオンズリーグ)を見てもそう。いざ、自分がそういうところに名前が挙がるということを考えても、真摯に向き合わなくてはいけない。このクラブで成長してきたものもあるし、ゆっくり話を進めていかなくてはいけない」

    近年は“爆買い”という言葉も飛び交うほど、欧州トップレベルのクラブから中国クラブへの移籍が続いている。話に上がった広州恒大も、今季の開幕に向けてアトレチコ・マドリードからコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスを5500万ユーロ(約62億円)で獲得したとされた。

    これは、浦和の年間収入とほぼ同額となる。それだけの資金力を持つクラブでありブラジル代表を率いてワールドカップも勝ち取ったルイス・フェリペ・スコラーリ監督から直々の指名だともされている。

    「評価してもらえるのは嬉しい」と語るも…
     
    槙野は「選手として評価してもらえるのは嬉しいことだし、今年は実際に広州とも対戦していますからね」としたうえで、慎重な姿勢も見せた。

    「年齢的なこともあるし、自分が何を第一に考えて選択するかということもある。一度ヨーロッパに行って帰ってきている身として、慎重になる部分はある」

    現在29歳の槙野は来季のシーズン中に30歳の誕生日を迎える。2011年にドイツ・ブンデスリーガのケルンに移籍して出場機会を得るのに苦しんだ経験も踏まえ、去就については熟考を重ねるようだ。
    2016-12-04_21h59_25
    Football ZONE web 12/4(日) 20:57配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161204-00010024-soccermzw-socc

    浦和DF槙野がPK献上を悔やむ「跳ね返す力と我慢する力がなかった」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00010004-goal-socc
    続きを読む

    2016-12-03_21h47_49
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 21:27:01.05 ID:CAP_USER9.net
    ◆2016Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦◆観衆:59,837人

    【スコア】
    浦和レッズ1-2 鹿島アントラーズ

    【得点者】
    1-0 07分 [浦和]興梠慎三
    1-1 40分 [鹿島]金崎夢生
    1-2 79分 [鹿島]金崎夢生

    ※第1戦鹿島 0-1 浦和 2試合合計2-2  アウェーゴールの多い鹿島の優勝

    <浦和レッズ>
    GK西川周作
    DF森脇良太、遠藤航、槙野智章
    MF関根貴大(後半16分→駒井善成)、柏木陽介、阿部勇樹、宇賀神友弥
    FW武藤雄樹、興梠慎三(後半26分→ズラタン)、高木俊幸(後半14分→青木拓矢)

    (控え:大谷幸輝、那須大亮、石原直樹、李忠成)

    <鹿島アントラーズ>
    GK曽ヶ端準
    DF西大伍、ファンソッコ、昌子源、山本脩斗
    MF永木亮太、小笠原満男(後半28分→伊東幸敏)、遠藤康(後半13分→鈴木優磨後半43分→赤﨑秀平)、柴崎岳
    FW土居聖真、金崎夢生

    (控え:櫛引政敏、植田直通、伊東幸敏、ファブリシオ、中村充孝)

    ◆Jリーグ公式  ライブトラッキングデータ
    http://tracking.jleague.jp/matches/2016120301/

    ◆明日の試合予定 12/04(日)

    12:30 J2・J3入れ替え戦   富山県総合運動公園陸上競技場
    ツエーゲン金沢対栃木SC

    15:35 J1昇格プレーオフ 決勝
    セレッソ大阪対ファジアーノ岡山 キンチョウスタジアム

    ◆Jリーグ公式
    http://www.jleague.jp/match/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 13:41:41.27 ID:CAP_USER9.net
    先月29日に行われたJリーグチャンピオンシップ決勝、鹿島アントラーズ対浦和レッズの第1戦の主審を担当した家本政明氏が自身のFacebookを閉鎖した。

    当日の57分、家本主審は鹿島の西大伍が浦和の興梠慎三を倒したとして浦和にPKを与えた。このPKによる1点を守り切り、浦和が0-1で勝利を収めた。

    このPKの判定に対して選手・サポーターからは批判的な声があがり、また判定に疑問を投げかけるメディアもあった。しかし、『サッカー競技規則』の12条ファウルには「身体的接触を伴う反則が起きたときは、直接フリーキックまたはペナルティーキックで罰せられる」と明記されている。

    家本氏は「これまで我慢してきましたが、今回のJCS決勝でのあまりにも理不尽な、受け入れがたい記事が多く、また、影響を与えてはならない特定選手や関係者、ファン・サポーターの方々まで悪影響を与える可能性が多分に出てきたため、この度、Facebookを閉じることを不本意ながら決意しました」と書き込み、自らFacebookを閉鎖した。
    20161203_iemoto_Getty-560x373
    フットボールチャンネル 12/3(土) 13:12配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161203-00010017-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 12:43:11.60 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグチャンピオンシップ(CS)決勝第2戦、浦和-鹿島は今日3日、埼玉スタジアムで行われる。

    浦和スタイルを貫き、優勝をつかみ取る。チームは2日、さいたま市内の練習場で約1時間の調整を行った。選手は明るい雰囲気で、時折笑みを浮かべながらボール回しなどで体を動かした。ペトロビッチ監督は「リラックスしているのを見ることができた」と、気負いがない選手に満足感を見せた。

    攻撃時は両サイドも上がって最大5人が前線に出るアグレッシブさが浦和の売り。第1戦はアウェーでPKによる1点を守り切ったが、守り勝つ雰囲気はみじんもない。0-1の敗戦でも優勝できる状況の中、DF遠藤は「相手を押し込む時間を長く作りたい」と、あくまでゴールを目指すチームの姿勢を強調した。連勝で短期決戦にも強い浦和を証明し約6万人のサポーターの前でシャーレを掲げる。
    2016-12-03_14h02_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-01746576-nksports-socc
    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 06:42:49.68 ID:CAP_USER9.net
    微妙なPK判定の波紋が拡大している。11月29日の「明治安田生命 2016Jリーグチャンピオンシップ」(CS)決勝・第1戦(鹿島-浦和)で、後半12分に家本政明主審(43)が下した判定のことだ。

    浦和FW興梠がペナルティーエリア内で、鹿島DF西に倒されたとしてPKの判定。浦和MF阿部が決め、これが両軍合わせて唯一の得点に終わり、浦和が先勝した。

    西は「足もかかっていないし、手も使っていない」と試合後不満いっぱい。鹿島サイドでは他にも、「鹿島に不利なジャッジが多かった」(FW土居)、「(すぐにファウルをとられ)バチバチやり合えなかった」(DF昌子)などと怒りの声が渦巻いていた。

    試合を視察したハリルホジッチ監督は「日本代表でもPKには悪い思い出がある。家に帰ってVTRで確認してみる」と微妙な物言いだった。

    家本主審はJリーグ屈指の有名審判だ。2005年からプロの審判として日本サッカー協会と契約。ただ、不可解なジャッジで06年に1カ月、08年には無期限の担当割り当て停止になった。選手でいうと「出場停止処分」に当たる。

    2/2ページ
    日本協会内では「若くて優秀な主審がたくさんいるのに」(関係者)と、身内からもCS決勝の大舞台で家本主審を担当させたことに疑問の声があがっている。

    家本主審はJ2京都の職員からプロ審判に転身。「年俸1500万円以上が保証され、専属のフィジカルコーチがいて、完璧なトレーニングメニューを作ってもらっている」(別の協会関係者)という恵まれた環境を与えられている。

    日本協会には25万人以上が審判として登録しており年々増加。その頂点にわずか10人のプロ審判がいる。そんな中、家本主審はフェイスブックで1000人以上と繋がり、その中には浦和MF柏木の名前もある。「フェイスブックをやること自体は責められないが、いらぬ勘ぐりをされるのはよくない」(協会関係者)と頭を抱えるばかりだ。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20161202/soc1612021700001-n1.htm

    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/11/30(水) 05:39:30.64 ID:CAP_USER9.net
    ■CS決勝第1戦の決勝点を導くPK奪取

    張り詰めた空気に包まれた試合のなかで、一瞬の駆け引きが勝負を分けた。浦和レッズのFW興梠慎三は、鹿島アントラーズと対戦した29日のJリーグチャンピオンシップ(CS)決勝第1戦で、後半11分にPKを獲得。これをキャプテンのMF阿部勇樹が決め、1-0の勝利を収めた。

    「本当に最高な結果。欲を言えば2-0で勝てればもっと楽だったけど、アウェーで勝てたのは良かった」

    そう振り返ったストライカーが、一瞬の鋭さを見せたのがPK奪取のシーンだった。後半11分、右サイドでMF柏木陽介がボールを持って中央を向き、クロスを上げようとした。その瞬間、興梠は目の前のDF西大伍の前に一気に入り込んだ。ここで両者が交錯し、浦和にPKが与えられた。

    「センタリングを受けようとしてファーからニアに飛び込んだところで体をぶつけられた。ああいうのが一番PKになりやすい。そこはうまく駆け引きができたと思う。大事な試合はガチガチになってシュートチャンスがない試合になる。そこでは、ああいう駆け引きがすごく大事になる」

    興梠はそう振り返った。両者とも決定機はほとんどなく、「お互いに守備にハードワークして、攻撃にあまり力が出ないような状況」を感じていた。だからこそ、数少ないチャンスを生かすかどうかが勝負を分ける。相手の背後、視野の外から一気にコースを変えて先にボールへの進路を取った興梠の勝利だった。

    ■「これを忘れて勝ちにいかないと…」

    この結果、浦和はホームで迎える第2戦で1失点以内に抑えれば、リーグチャンピオンが決まる。それでも第2戦に向けた質問が向けられた瞬間に、興梠の表情はピリッと引き締まった。

    「今日見ても分かった通り、そこまで力の差はない。何が起こるか分からないので、油断はできない。アウェーの1-0はいいアドバンテージになったと思うけど、それを考えながらゲーム運びをしていたら絶対にやられる。これを忘れて勝ちにいかなくてはならない」

    勝負の厳しさを知る男に緩みは微塵もない。鹿島で数々のタイトルを勝ち取ってきた男は、浦和に移籍加入して4シーズン目。かつての本拠地カシマスタジアムで培われた勝負勘を、古巣相手に見せつけた。

    轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada


    Football ZONE web 11/30(水) 1:26配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161130-00010001-soccermzw-socc
    続きを読む

    2016-11-03_15h43_59
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/03(木) 15:28:19.52 ID:CAP_USER9.net
    [11.3 J1第2ステージ第17節]

    浦和レッズ 1 - 1 横浜Fマリノス [埼玉スタジアム2002]
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_detail&id=2016110303

    [浦]柏木陽介(66分)
    [横]マルティノス(85分)

    ◆川崎フロンターレ 2 - 3 ガンバ大阪 [等々力陸上競技場]
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_detail&id=2016110305

    [川]長谷川竜也(6分)、三好康児(18分)
    [G]藤春廣輝(65分)、井手口陽介(66分)、アデミウソン(76分)

    ◆ベガルタ仙台 0 - 1 ジュビロ 磐田 [ユアテックスタジアム]
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_detail&id=2016110301

    [磐]上田康太(4分)

    ◆鹿島アントラーズ 0 - 1 ヴィッセル神戸 [カシマサッカースタジアム]
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_detail&id=2016110302

    [神]ペドロ・ジュニオール(56分)

    ◆大宮アルディージャ 0 - 1 FC東京 [NACK5スタジアム]
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_detail&id=2016110304

    [F]橋本拳人(24分)

    ◆ヴァンフォーレ甲府 0 - 1 サガン鳥栖 [中銀スタジアム]
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_detail&id=2016110306

    [鳥]豊田陽平(76分)

    ◆アルビレックス新潟 0 - 1 サンフレッチェ広島 [デンカビッグスワンスタジアム]
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_detail&id=2016110307

    [広]ピーター・ウタカ(21分)

    ◆名古屋グランパス 1 - 3 湘南ベルマーレ [パロマ瑞穂陸上競技場]
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_detail&id=2016110308

    [湘]山田直輝2(6分、60分)、高山薫(37分)
    [名]シモビッチ(50分)

    ◆アビスパ福岡 0 - 3 柏レイソル [レベルファイブスタジアム]
    http://sp.soccer.findfriends.jp/?pid=game_info_detail&id=2016110309

    [柏]田中順也(7分)、伊東純也(63分)クリスティアーノ(81分)

    ▲得点王ランキング スポーツナビ
    http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/stats/j1

    ▲順位表(年間) Jリーグ公式HP
    http://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/03(木) 00:02:34.38 ID:CAP_USER9.net
    ペトロヴィッチ監督が持論を展開 「外国人選手が増えれば若手の出場機会は減る」

    浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督が、来季から検討されているJリーグの外国籍選手枠の拡大に異議を唱えた。翌日に横浜F・マリノス戦を控える浦和は2日に前日練習を行ったが、その後の記者会見で指揮官は熱弁を振るった。

    現在、Jリーグでは来季から外国籍選手の登録枠を5人に拡大することが検討されているが、Jリーグの外国籍選手枠が拡大されることは日本サッカーの抱える課題の解決に対して矛盾があると、ペトロヴィッチ監督は指摘している。

    「外国人枠が広がるという話が聞こえてきますが、それは本当に日本サッカーにとって良いことなのか、議論が必要だろう。日本では、若い選手をもっと起用すべきだと提言されている。それに対し、外国人枠を広げるというのは矛盾した現象だろう。もちろん、外国人選手が増えれば、日本人選手、特に若い選手の出場機会は減るからだ」

    かねてから日本人選手のクオリティーの高さを評価すべきだと語ってきたペトロヴィッチ監督は、「質の高い外国人選手であれば、ともにプレーする選手が成長すること、チームの結果が伸びるということもあるだろう」とした上で、外国籍選手の獲得に一定の基準を設けるべきではないかと提言している。

    海外のものを“ありがたがる”文化にも疑問

    「海外には代表レベルの選手でなければ獲得できないリーグもある。日本も、なんの制約もなく外国人選手が来られないようにするルールを考えるのも一案なのではないか。私が日本に来た11年前から比べれば、日本サッカーは戦術も技術も進歩している。外国人だからといって簡単に活躍できないようになったのは、Jリーグと日本人選手のレベルアップがあるはずだ」

    ペトロヴィッチ監督は、日本人選手に対して大きなクオリティーの差が見られる外国籍選手のみがJリーグに参戦すべきだと持論を語った。それと同時に、海外のものを“ありがたがる”日本の文化に対しても、一定の疑問を呈している。

    「日本は文化的に、海外から来るものに価値があると感じられることが多いのではないか。最近では様々な分野で自国の良さが評価されるようになってきているように思うが、サッカーもそうなっても良いのではないか? 日本の中で、もっと日本人選手が注目されてほしい。日本サッカーが発展するためには日本人選手の成長だけでなく、注目されるようになることも必要だからだ」

    今季の浦和は、ほぼ日本人選手で構成されるメンバーで戦っている。元スロベニア代表FWズラタンと同DFブランコ・イリッチもプレーしているが、スタメン11人が日本人というゲームが大半だ。それでも3日のリーグ最終戦を前にして、年間勝ち点73でトップに立っている。

    今年はリオデジャネイロ五輪が開催されたことで、23歳以下の選手たちの出場機会に対しても議論がなされた。4年後には自国開催の東京五輪が控えるが、若手選手の出場機会の確保と外国籍選手枠の拡大との関係は必ずしも両立しない面があると、ペトロヴィッチ監督は指摘している。日本で11シーズンを過ごしてきた外国人監督からの提言は、Jリーグ関係者にはどのように響くだろうか。
    2016-11-03_09h04_31
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161102-00010017-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ