海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:浦和レッズ

    1:Egg ★:2018/03/06(火) 17:59:32.67 ID:CAP_USER9.net
    オーストラリア代表の候補メンバーにも選出!
     
    3月5日、浦和レッズは、オーストラリアAリーグのニューカッスル・ジェッツからオーストラリア人MFのアンドリュー・ナバウトを完全移籍で獲得したことを発表した。
     
    加入に際してナバウトは、浦和レッズの公式HPで「日本で最も大きく、誇りある浦和レッズというクラブの一員になれることをとてもうれしく思っています。シーズンを通して、クラブに成功をもたらすことができるようベストを尽くして戦いたい」と強い意気込みを語っている。
     
    そんな25歳のオーストラリア人は、2012年10月に地元クラブのメルボルン・ビクトリーでプロデビューを飾り、2015年12月にマレーシアのヌグリスンビランFAでプレーし、14試合で9ゴールと好成績を残したのちに、2016年7月からニューカッスル・ジェッツに加わっていた。

    主に左右を器用にこなすサイドアタッカーとして活躍してきたナバウト。今シーズンはA・リーグ22試合に出場し、10ゴール・7アシストをマーク。得点ランキングで5位、アシストは4位と、いずれもオーストラリア人としては最高の成績を残していた。
     
    開幕前に得点源のラファエル・シルバが中国2部の武漢卓爾に電撃移籍し、アタッカーの補強が急務となっていた浦和にとっては、願ってもない人材を獲得できたと言ってもいいだろう。そんなナバウトへは、現地メディアの評価も上々である。
     
    豪誌『Four Four Two』は、「怪物的な好調さと多様性のいずれの側面においても、チーム内で傑出している」と綴り、さらに「国内で彼よりも優れたオーストラリア人選手はいない」と褒めちぎった。オーストラリアでトップクラスの成績を残し、日本へのステップアップ移籍を果たしたナバウトを、代表チームが見逃すはずがない。
     
    今年1月に前任者のアンジェ・ポステコグルー監督(現横浜F・マリノス)の後任者として、オランダ人のベルト・ファン・マルバイク監督を招聘したオーストラリア代表は、6月のロシア・ワールドカップに向けてチームを早急に立て直している段階にあり、『Four Four Two』によれば、「ナバウトがその鍵を握る存在だ」という。
     
    ナバウトはこれまでにA代表経験がないものの、現地3月5日にファン・マルバイク監督は3月の親善試合(ノルウェー、コロンビア)を戦う候補メンバー29人の中に選出。あくまで仮登録のため、招集漏れの可能性もあるが、同誌は「オランダ人指揮官が本大会で抜擢する可能性は十分にある」と予想している。
     
    スポーツ専門メディア『Fox Sports』のオーストラリア版が「彼は、自らの人生を構築している。Jリーグのジャイアントクラブへの移籍の夢を叶えたのだ」と記すほどのチャンスを掴んだナバウトは、Jリーグで旋風を起こし、6月のワールドカップ挑戦という夢も叶えられるだろうか。注目したい。

    3/6(火) 16:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180306-00036537-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/05(月) 22:52:36.82 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、埼玉スタジアム2002で浦和レッズとサンフレッチェ広島が対戦した。43分にMF青木拓矢のゴールで浦和が先制するも、広島MF川辺駿が2得点に絡む活躍を見せ、試合はひっくり返る。結果、1-2で浦和の敗戦となった。

    前線でボールを待ち続けたFW興梠慎三は、「攻撃も守備も中途半端」だったと振り返る。「堀(孝史)さんの守備を固めるというのをやりながら、ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ前浦和監督)の魅力的な攻撃的サッカー、もうちょいダイレクトでつなぐような形を、選手たちだけで、やってもいいのかな」と考えている。

    さらに攻撃のパターンに関し、「サイドからうまく崩せればいいですけど、もうちょい誰かが寄っていって、コンビネーションで崩して、フリーで上げる形をもっと多くしていきたい。特にレッズにはそこまで身長が高い選手がいないので、簡単に上げて勝てるかと言ったら勝てない。やっぱり中で崩さないと、うまく行かないのかなという気はします」と分析した。

    興梠の最大の特長は、スルーパスに抜け出す動きと言えるだろう。だが、今季はまだそういったプレーがあまり見られていない。「シャドーがいいポジションでボールを受けられていない、というのもあるし、自分が持ったとしても、ちゃんと動き出せてない。タイミングが合ってないというか。これがずっと続くと、本当に危ない」と危機感を募らせる。

    「早くみんなとコミュニケーションを取りながら、1つひとつ改善できたら」と前向きに語った。

    3/4(日) 21:22配信
    2018-03-06_10h23_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000024-goal-socc
    続きを読む

    1:かばほ~るφ ★:2018/03/05(月) 14:01:53.76 ID:CAP_USER9.net
    【浦和】オーストラリア人アタッカー、ナバウトの加入内定
    2018年3月5日12時4分

    J1浦和は5日、オーストラリア1部ニューカッスル・ジェッツのMFアンドリュー・ナバウト(25)の加入内定を発表した。

    ナバウトはレバノン系オーストラリア人で、178センチ、83キロ。今季は22試合10得点7アシストしている。決定力もあり、チャンスメイクもできる万能アタッカー。

    浦和は今季始動後、ブラジルFWラファエル・シルバ(25)が中国2部の武漢卓爾へ電撃移籍したため、アジア枠を中心に助っ人を探していた。ナバウトは来週に合流する予定で、18日のホーム・横浜M戦(埼玉)で出場できるよう選手登録を急ぐ。浦和には現在、スロベニア人FWズラタン、ブラジル人DFマウリシオ、キュラソー代表MFマルティノスの3人の外国人がいる。ナバウトはアジア枠での登録になるため、4人同時出場も可能。

    ナバウトはクラブを通じ、「日本で最も大きく、誇りある浦和レッズというクラブの一員になれることをとてもうれしく思っています。これからチームメイトになる選手を含め、多くの方々と日本で会えることを楽しみにしています。そして、浦和レッズの素晴らしいファン・サポーターの前でプレーすることを今から待ちきれません。シーズンを通して、クラブに成功をもたらすことができるようベストを尽くして戦いたいと思います。ここまでサポートをしていただいた浦和レッズ関係者の方々にも感謝しています。また、ニューカッスル ジェッツのチームメイトやスタッフには今まで私のことをサポートいただき、このような素晴らしい機会を与えてくれたことに心からお礼を伝えたいです」とコメントした。

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180305-OHT1T50101.html

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/04(日) 18:00:58.83 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、浦和レッズとサンフレッチェ広島が対戦した。

    浦和は主将の柏木陽介がメンバー外となり、中盤に阿部勇樹を起用。広島は前節負傷した千葉和彦に代わって、最終ラインに野上結貴が入った。

    前半終了間際の43分、右サイドから攻撃を仕掛けると遠藤航のクロスを青木拓矢が頭で合わせ、ホームの浦和が先制した。前半は浦和の1点リードで折り返す。

    後半に入り66分、素早いリスタートから川辺駿がグラウンダーのクロスを送る。GK西川周作にブロックされたが、こぼれ球を拾った途中出場の柴崎晃誠が左足でシュートを決め、広島が同点に追いつく。

    続く79分にはパトリックの落としを受けた川辺がドリブルで切り込みシュート。相手DFにブロックされるも、走り込んだ稲垣祥が詰めて広島が逆転に成功する。

    試合は1-2で終了。広島が逆転勝利で勝ち点3を獲得し、開幕2連勝を飾った。

    次戦は7日、JリーグYBCルヴァンカップで浦和は名古屋グランパスと、広島はガンバ大阪と対戦する。

    【スコア】
    浦和レッズ 1-2 サンフレッチェ広島

    【得点者】
    1-0 43分 青木拓矢(浦和)
    1-1 66分 柴崎晃誠(広島)
    1-2 79分 稲垣祥(広島)

    3/4(日) 17:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00723624-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/24(土) 15:57:29.23 ID:CAP_USER9.net
    2018-02-24_16h11_57

    ◆広島 1-0 札幌 [Eスタ]
    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2018022401

    [広]ティーラシン(28分)


    ◆FC東京 1-1 浦和 [味スタ]
    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2018022402

    [F]東慶悟(48分)
    [浦]槙野智章(50分)


    ・Jリーグ公式
    https://www.jleague.jp/sp/standings/

    ・DAZN
    https://www.dazn.com

    ・エルゴラ
    http://blogola.jp/c/egnews
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/01(木) 12:04:45.53 ID:CAP_USER9.net
    J1浦和は1日、クラブロゴデザインを刷新したことを発表した。

    クラブ設立25周年を機に、クラブスタッフ内で協議し決まったもので、これまでの筆記体のものからブロック体の文字に変更。全てのアルファベットに「人」、「街」、「サッカー」を意味する三角形を配した。

    2018シーズンは旧ロゴデザインと併用、2019シーズンから完全移行する。

    ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000062-dal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/21(日) 18:30:38.86 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ誌『キッカー』は、浦和レッズがFWラファエル・シルバ売却により、700万ユーロ(約9億5000万円)を得ることになると報じた。

    浦和は先日、R・シルバに対して武漢卓爾からオファーがあったため、チームを離れ、中国へ向かうことを発表した。

    同クラブは「設定されている移籍補償金を支払う条件となっていること、選手がオファーを受け入れる意思を強く示していることなどから、チーム、クラブはこれを受け入れることといたしました」との声明を明かしているが、やはり小さくない移籍金が入ってくるようだ。

    同時に山道守彦強化本部長が、代役の補強について「外国籍選手かもしれないし、アジア枠の選手なのかもしれないし、提携国枠の選手なのかもしれないし、日本人で海外にいる選手なのかもしれない」と話したことで、ヘルタ・ベルリンに所属する原口元気にスポットライトが当たった。

    『キッカー』は原口が古巣へ帰還する可能性を伝えつつ、浦和がR・シルバ売却で700万ユーロを手にしていることを報じた。

    ヘルタとしては原口を50万ユーロ(約6800万円)で獲得しているだけに、再び浦和への移籍を成立させれば、元を取り返すことができるのはほぼ確実。浦和はR・シルバ売却で手にした移籍金をどのように使うか注目が集まるところだ。

    写真



    1/21(日) 17:02配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000016-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/20(土) 08:14:57.07 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MFの原口元気は、近々にヘルタ・ベルリンを去ることになりそうだ。ドイツ誌『キッカー』によると、古巣である浦和レッズのほか、イングランドやドイツの複数クラブが同選手に興味を抱いているという。

    今冬の放出候補と見られていた原口だが、最近ではヘルタのミヒャエル・プレーツSD(スポーツディレクター)が「必ずしも手放すことを目指しているわけではない」と話すなど、今夏までチームに留まる可能性もある模様。しかし、ここに来て今月中に移籍する可能性が再び高まってきた。

    現地紙『キッカー』によると、ラファエル・シルバを中国リーグ武漢卓爾へと手放す運びとなっている浦和は、その代役として原口の復帰を望んでいるとのこと。加えてクラブ名はそれぞれ明かされていないものの、イングランドの2クラブが同選手の獲得に動き出し、さらにブンデスリーガの1クラブも興味を示していると伝えている。

    昨年の春先、ヘルタからの契約延長オファーを断って以来、コンスタントに出場機会を得ることができていない原口。『キッカー』曰く「お別れの日が近づいている」同選手はワールドカップイヤーに入った今月、今後のキャリアを決定付ける重要な決断を下すことになりそうだ。

    1/20(土) 7:02配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000030-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/18(木) 18:31:55.97 ID:CAP_USER9.net
    浦和レッズの強化本部長を務める山道守彦氏が18日、FWラファエル・シルバのチーム離脱を受け、メディアに対して説明を行った。クラブ公式サイトが同氏のコメントを伝えている。

    浦和は17日に、R・シルバが中国2部リーグの武漢卓爾から獲得オファーを受け、一次トレーニングキャンプ中のチームを離れて中国へメディカルチェックに向かったことを発表していた。

    今回の山道氏の説明によると、浦和はR・シルバを新潟から完全移籍で獲得した際に「億単位の大きさ」の移籍補償金を設定していたが、15日に武漢卓爾から満額で支払うレターを受けたという。
    そして「我々よりも全然よい条件だったようですし、彼自身がやはり家族、親戚一同を養っていかなくてはいけない、という言葉もあった」ことで、チーム離脱を認めるに至ったようだ。

    山道氏は「ACLであれだけ活躍していた選手だったので、中国であればこちらの移籍補償金も出せるという中で、こういうことがあるとは考えていました」と覚悟はしていたが、
    やはり「このタイミングというのは急でしたし、驚きもありました」と本音を明かしている。

    今後の補強については「当然、移籍補償金があるわけですから、それに対して最大限の努力はしますし、選手、チームにも勝つために最大限の努力はすると伝えています」とし、
    国内外の選手を問わず「いろいろな選択肢を考えてやっていきます」とコメントした。

    浦和のJ1リーグ開幕戦は2月24日。山道氏は「そこからの逆算で合流は早いほうがいいですし、かといって、このレベルに満たない選手を数あわせでとっても意味がないです」と慎重な姿勢を示し、
    「急いては事をし損じることになるので、慌てずにやらなければいけないと思っています」と話した。

    1/18(木) 16:56配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-01649620-gekisaka-socc

    写真


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ