海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:清武弘嗣

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/27(水) 13:40:34.66
    リーガに挑んだ日本人(10)

    エイバルでの乾貴士の成功は、日本人選手のルートを確実に広げた。

    2016年6月、ハノーファーでプレーしていた日本代表MF清武弘嗣(現セレッソ大阪)が、約8億円と言われる移籍金で、スペインの南にあるアンダルシアの名門セビージャと契約を結んでいる。ドイツ、ブンデスリーガからリーガ・エスパニョーラへ。攻撃的MFの移籍の経路は、前年の乾と同様だった。

    清武は入団早々、首脳陣から高く評価されていた。

    「清武はポリバレントな選手だったよ。知性を感じさせた。球際で戦うこともできたしね」

    当時、セビージャでヘッドコーチを務め、その後はヴィッセル神戸を指揮することになるフアン・マヌエル・リージョの清武評である。

    事実、清武は開幕に向けた前哨戦、UEFAスーパーカップ(セビージャは前シーズンのヨーロッパリーグ王者)でレアル・マドリードと戦った試合でも、堂々の先発出場を果たしている。
    ホルヘ・サンパオリ監督の信望も厚かった。攻め続ける戦術システムのキーマンになるはずだったのだ。

    では、なぜ清武の挑戦は半年で終わってしまったのか?

    清武のスペインスタートは、格別だった。リーガ開幕戦、本拠地サンチェス・ピスファンにエスパニョールを迎えて先発出場。6-4というド派手な勝利に、1得点を決めて花を添えた。大久保嘉人(東京ヴェルディ)と同じく、リーガデビューと同時の初ゴールだった。

    第2節のビジャレアル戦、代表戦を挟んで第4節のエイバル戦でも先発。順調な始まりだ。

    「清武は、左右のサイドハーフ、トップ下、攻撃的なMFのポジションはどこでもできる。ドリブルしながら、壁パスを使ってスペースを作る、入る動きが秀逸。ボール技術は図抜けて高いが、エゴイストではない」

    長年、日本代表の戦いを分析してきた元レアル・ソシエダ強化部長のミケル・エチャリもスカウティングで賞賛していたほど、清武のポテンシャルは申し分なかった。

    しかし、ある選手の移籍を境に状況は一変した。移籍期限ぎりぎりで新入団した元フランス代表MFサミル・ナスリ(アンデルレヒト)が、第5節以降はトップ下のポジションをつかんだ。

    これで、戦術システムも4-2-3-1で固定されることが多くなった。サイドの選手としては、逆足で突破力に優れ、機動力のある選手が序列を上げ、中盤の底はフィジカル的に大きく強い選手のポジションになったのだ。

    万能性を買われていた清武だが、適性のあるポジションが消えた。トップ下のナスリとの争いは、アーセナルなどで実績を積んできた名手を前に、後塵を拝した。ナスリの前半戦の出来が目覚ましかったことも、向かい風になった(実はシーズン後半、完全に失速するのだが)。

    清武はサイドアタッカーとしてはスピードやパワーを武器とせず、ボランチとしては屈強さや高さが足りなかった。第5節以降、年末までのリーグ戦出場はたった1試合。チャンピオンズリーグではディナモ・ザグレブ戦で残り数分のみの出場。スペイン国王杯はフォルメンテーラ戦に出場したが、レアル・マドリード戦はベンチで過ごし、敗退した。

    当時のセビージャは、名選手のコレクションのようなチームだった。

    慧眼と言われたモンチSD(スポーツディレクター)が、最高の素材を集めていた。結果、ブラジル代表で10番をつけたことのあるガンソ(フルミネンセ)でさえ、試合出場がままならなかった。外国人枠を使う清武は、放出候補に入らざるを得なかったのである。

    事実、アルゼンチン人MFワルテル・モントーヤ(クルス・アスル)の獲得と入れ替わりで退団することになった。2017年2月、清武は呆気なくセレッソ大阪へ完全移籍している。

    アンダルシアという地域も関係しているかもしれない。

    アンダルシア人は、陽気であざとく、安定より刹那的な生き方を美徳とする。フラメンコや闘牛など、日本人にとってのステレオタイプなスペインは、アンダルシアにある。一方で失業率は22%、若者の失業率は5割近い。よくも悪くも、"お気楽な土地柄"と言える(その分、バルセロナを中心にしたカタルーニャが経済的な負担を強いられていたことが、近年の独立運動を激化させる一因になった)。

    ここでは一般的な日本人の勤勉さや真面目さのようなものは、あまり評価されない。
    2020-05-27_18h38_45
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e955d2c392493f68d25538610f7142336948410b
    5/27(水) 6:20配信

    https://www.youtube.com/watch?v=bsi_EzU0BQU


    真島昌利 / アンダルシアに憧れて

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/05/14(木) 00:10:22.69
    大阪府の吉村洋文知事がサッカー選手からの応援メッセージに感謝のツイートをした。

    吉村知事はセレッソ大阪のMF清武弘嗣やガンバ大阪のMF井手口陽介、FC東京のDF室屋成、横浜F・マリノスのMF扇原貴宏らが登場する動画付きで自身のツイッターを更新し、
    と感謝をつづった。

    清武は動画内で「清武弘嗣です。ここ大阪で今、サッカーをさせてもらっている中で、少しでも皆様のサポートをしていきたいと思っています。僕も頑張ります。皆さんも共に頑張っていきましょう」とコメント。井手口は「井手口陽介です。まだまだ大変な状況ですけど、みんなで心を一つにして乗り越えていきましょう」などと語っている。

    5/13(水) 13:15配信
    2020-05-14_21h00_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-01069417-soccerk-socc

    続きを読む

    burning-3088905_640

    1: 風吹けば名無し 2020/02/14(金) 12:38:20.01
    プレイの質が違ったわ
    ”贋作”の久保や小野や堂安なんかとは違う
    ボール持ってナンボよ

    2: 風吹けば名無し 2020/02/14(金) 12:38:39.95
    香川以外は盆栽で終わった

    3: 風吹けば名無し 2020/02/14(金) 12:39:14.63
    柿谷って海外挑戦でどこ行ったんだっけ?

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/23(月) 11:46:26.04
    セレッソ大阪は23日、MF清武弘嗣(30)と2020年シーズンの選手契約更新に合意したことを発表した。

    清武は2017年にセビージャ(スペイン)からC大阪に復帰。今季はキャプテンを務め、J1リーグ戦27試合で1得点を記録したほか、ルヴァン杯では1試合に出場した。来季は復帰4年目のシーズンとなる。
    2019-12-23_14h56_22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-43475700-gekisaka-socc
    12/23(月) 10:22配信

    続きを読む

    2d694e74-s

    1: 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 01:39:23.31
    プレイの質が違ったわ
    ”贋作”の久保や小野や堂安なんかとは違う
    ボール持ってナンボよ

    4: 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 01:40:33.66
    家長「ワイやぞ」

    7: 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 01:41:37.18
    ジーニアス(迫真)

    11: 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 01:41:56.02
    香川だけやったな

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/24(日) 22:32:35.62
    トルコ1部ベシクタシュの補強リストにC大阪MF清武弘嗣(29)の名前が挙がったと、24日付トルコ・サバハ紙が報じた。

    日本代表MF香川真司(30)が所属するベシクタシュのオルマン会長は先週、アジア諸国へのスポンサー獲得などを目的に日本へ出張した。そこで数人の日本の経営者と会談を行ったという。香川とともに人気、実力のある日本人選手として、清武もベシクタシュに推薦できるとの話が出たという。

    清武は海外リーグでのプレー経験も豊富。香川と清武がベシクタシュに所属するとなれば、ユニホームの売り上げも見込めるとした。今後、オルマン会長のアジア出張の詳細が明らかにされていくという。

    (オルムシュ由香通信員)
    2019-03-24_22h57_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-03240876-nksports-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/19(火) 05:06:51.60
    2/19(火) 5:01配信
     22日に開幕する明治安田生命J1を前に、神戸にC大阪から完全移籍で加入した元日本代表MF山口蛍(28)が18日までに報道各社の合同インタビューに応じ、新天地に懸ける思いや移籍の理由などを語った。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得を目指し、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)ら大型補強を敢行した神戸は、22日にC大阪との開幕戦(ヤンマー)を迎える。山口にとっては、いきなり古巣との対戦となる。

    沖縄の暖かな気候の下、山口は新天地での日々に胸を躍らせていた。沖縄県金武町での2次キャンプ。MFイニエスタ、FWビジャ、ポドルスキといったW杯優勝を知る世界的名手とパスを交換し、プレーのイメージを共有した。

    「単純なボール回しでもすごいと感じることがたくさんある。自分は今、すごく貴重な時間を過ごしている」

    イニエスタとの連係は円滑で、米国1次キャンプ中に行われたロサンゼルスFCとの練習試合では、加入したばかりとは思えない良好な関係を披露した。

    「アンドレス(イニエスタ)からは『思っているようにやっていい』と言われた。自分がボールを持ったら常にパスコースを作ってくれる。そこは本当にやりやすさを感じる」

    卓越した技術で見る者を魅了する“魔術師”のプレーに、山口はC大阪時代の同僚で無二の親友でもあるMF清武弘嗣の姿を重ねる。

    「アンドレスの方がドリブルが多いのでリズムの作り方は違うけど、ポジション取りや間で受けることに関して2人はすごく似ている。僕の中で今はキヨ君が一番ですけど、一、二を争うくらいのやりやすさはある」

    神戸では中盤の底に位置するアンカーやボランチを担う。自身にとって初というスペイン人指揮官、リージョ監督から多くを学び取ろうとしている。

    「『味方に寄るな、(パスを)出したら離れろ』ということをすごく言われている」

    サポートのため味方に近寄りすぎることで、相手も一緒に引き連れてしまうと指揮官は厳しく指摘する。

    「小さい時からやってきたことと全然違うので今は必死に取り組んでいる。幅の使い方や選手の距離感など、監督はすごく高いレベルを求めている」

    開幕戦では昨季までの本拠地で古巣C大阪と顔を合わせる。

    「どう考えても仕組まれたんじゃないかと思いますけど(笑)。僕の中でも予感はしていたので、やっぱりかという感じ。あのスタジアムでアウェーのロッカーに入って行くのは初めてなので、そこは変な感じではある」

    独1部ハノーバーに移籍した半年間を除き、中学生から過ごした愛着あるクラブを去った。C大阪復帰の際には「クラブに必要とされる限りできるだけ長くセレッソでプレーしたい」と語っていた。

    「帰ってきた時は間違いなく、そう思っていた。ただ、何年かたって自分の立場や心境も含めて変わった中で新たな挑戦としてチャンスが巡ってきた」

    自らも予想し得なかった国内移籍。「心境が変わった」と、山口を決断に踏み切らせた最大の要因は、尹晶煥監督の退任だった。

    「自分にとって尹さんとの2年間はすごく良いものだった。だから尹さんがセレッソの監督をしていないというのが、やっぱり自分の中では移籍にあたって大きなものだった」

    昨季ホーム最終戦のあいさつで、山口は思わず声を詰まらせた。不覚の涙だっただろうが、それほどまでに慕った指揮官への思いを再び口にした。イニエスタとのプレーに憧れたばかりではない。「それが大部分を占めてるかというと、そうではない」と否定した。

    心は既に前を向いている。背番号も慣れ親しんだ6番から5番に変え、新たな決意をにじませた。29歳となる今季、選手としてベテランの域に足を踏み入れつつある。W杯に2大会連続で出場し、一昨年には2冠も勝ち取った。持てる経験を、いまだタイトルを知らないチームに還元しようとしている。口数は少ないがチームを語る時、言葉はいつも核心を突いていた。

    「穏やかな空気での練習が多いかなという気がする。そういう雰囲気は嫌いじゃないが(C大阪で)結果が出ていた時は練習から厳しくやっていた。もう少しバチバチいく雰囲気はあってもいいかな。これだけの選手がいて、個性も強い。一つにまとまることの大切さはすごく感じる」

    神戸を高みに導くことができれば、ロシアW杯を最後に遠ざかっている日本代表への復帰にもつながる。

    「もちろん、また目指したい気持ちはあるが、まずはしっかり神戸で活躍することを掲げてやっていきたい」
    2019-02-19_08h44_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000001-dal-socc

    続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/05/18(金) 20:26:57.29 ID:CAP_USER9
    日本サッカー協会(JFA)は18日、今月30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に臨む日本代表メンバー27名を発表した。

    惜しくも選出されなかったセレッソ大阪のMF清武弘嗣が、自身のインスタグラムを更新し、現在の心境を綴った。

    「今日、日本代表のメンバーが発表されました!!僕は選ばれる事ができませんでしたが、名古屋戦で怪我をしてしまい、発表前には治らない怪我を、チーム、スタッフ、そしていろいろな人のおかげで発表の日を、復帰した元気な姿で迎える事ができました。本当に感謝しています」

    「もちろんサッカー選手としては悔しいですが、やれる事は全てしたのかなと後悔はないです。ロシアW杯は今まで戦ってきた仲間を全力で応援したいと思います。セレッソからは蛍が選ばれたので、いつも通り頑張ってくれることでしょう!これかも僕は前を向いて進んでいきます!!いつもありがとう!!!!
    そして、頑張れ日本」

    SOCCER KING
    2018-05-19_13h25_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00760271-soccerk-socc

    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/05/02(水) 20:07:11.03 ID:CAP_USER9.net
    C大阪・清武弘嗣が負傷交代 左ふくらはぎを故障か
    5/2(水) 19:41配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/soccer/2018/05/02/0011219230.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000115-dal-socc

    <名古屋・C大阪>前半、自らピッチを出て左足を気にする清武(左) Photo By スポニチ



    「明治安田生命J1、名古屋-C大阪」(2日、パロマ瑞穗スタジアム)

    2トップの一角として先発出場したC大阪MF清武弘嗣(28)が負傷交代した。前半20分過ぎにプレーを止め、左ふくらはぎを押さえながらベンチ前へ向かった。一度はプレーを再開したが、左足でパスを出した直後にピッチに座り込み、前半23分にMF山村和也(28)との交代で、左足を引きずりながらピッチを後にした。

    清武は開幕前に右腓腹筋を負傷し、全治6週間と診断されていた。4月11日の川崎戦で実戦復帰。同月25日の仙台戦で先発復帰し、2得点を挙げていた。負傷が長引けば、ロシアW杯の日本代表メンバー入りへ影響を及ぼす可能性もある。
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/11(水) 23:21:04.24 ID:CAP_USER9.net
    [4.11 J1第7節 川崎F1-2C大阪 等々力]

    ハリルジャパンから離れている間に電撃解任が決まった。昨年から負傷が相次いだMF清武弘嗣はW杯イヤーとなる今季も2月10日の富士ゼロックススーパー杯後、右腓腹筋筋損傷で離脱していたが、川崎F戦で復帰。試合後、バヒド・ハリルホジッチ監督の解任について言及した。

    ハリルから信頼を得ていた清武はW杯アジア最終予選5試合に出場。しかし、昨年6月25日のJ1第16節・仙台戦で負傷。左ハムストリング筋損傷で全治8週間と診断され、負傷の影響で日本代表から遠のいた。約9か月ぶりに招集された昨年12月のE-1選手権も脳震盪で無念の負傷離脱となり、ハリルジャパンから離れているうちに指揮官の解任が決まった。

    「ハリルさんになって、僕は結構(日本代表に)呼ばれている方だった。Jリーグを見ても、デュエルの部分を植え付けてくれた。今回こういう風になってしまって残念な気持ちはもちろんある」。大会2か月前での監督解任は異例。W杯出場切決定後の更迭は日本サッカー史上初となり、この逆境に世界中のメディアも注目している。

    「これを覆すには日本代表が結果を出さないといけないと思う。西野さんになるのでチーム作りも正直、短期間になる。選手一人ひとりが意識や責任感を今まで以上に持たないと。僕はブラジルW杯にいっているので、そのときみたいにはならないと思うけど、繰り返したくはない。いい結果を出して、もう一回、巻き返したい気持ちがあります」

    W杯ブラジル大会はグループリーグ3戦未勝利(1分2敗)で予選敗退。2大会連続のW杯を目指す清武はW杯の舞台に戻り、ピッチに立ちたい気持ちを強く抱いてきたが、この緊急事態を受けて自身の中にも“変化”があった。

    「今回、こういうことが起こったので自分の中でも変化があって、これを日本サッカー界が全体として受け止めないといけないと思う。23人に選ばれた人は絶対に結果を出さないといけない。そういう気持ちを持たないと日本サッカーは発展しないと思う」

    より俯瞰した位置から解任劇を見つめ、サッカー界全体の問題として警鐘を鳴らした清武。「もちろん自分は出たいけど、これからのことを考えると絶対に結果が必要。僕は選ばれようが選ばれまいが、しっかりと結果を求めてこれからの世代につなげていかないと日本サッカーはいい方向に進まないのかなと思います」と力説した。
    2018-04-12_00h35_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-01652573-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ