海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:清水エスパルス

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/05/18(土) 17:56:43.91
    大分 1-1 清水
    [得点者]
    34'ドウグラス(清水)PK
    47'岩田 智輝(大分)

    スタジアム:昭和電工ドーム大分
    入場者数:11,563人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/051805/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/05/12(日) 19:22:08.58
    [ 2019年5月12日 19:07 ]

    降格圏17位に低迷する清水は12日、ヤン・ヨンソン監督(58)が退任すると発表した。当面は篠田善之コーチが代行を務める。

    清水は第11節を終えて2勝2分け7敗の勝ち点8で17位。開幕からリーグ戦6試合未勝利と苦しみ、その後磐田、C大阪に2連勝したものの、そこから3連敗。この日行われた川崎F戦でも0―4と大敗した。
    2019-05-12_19h56_03
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/05/12/kiji/20190512s00002179334000c.html

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/28(日) 18:02:32.05
    清水 0-2 浦和
    [得点者]
    73'マウリシオ (浦和)
    90+7'興梠 慎三(浦和)
    スタジアム:IAIスタジアム日本平
    入場者数:18,246人

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    “平成最後のJ1”は試合巧者・浦和に軍配!マウリシオ&興梠ダメ押し弾で仙台との連勝対決制し3連勝

    明治安田生命J1リーグは28日に第9節が行われ、IAIスタジアム日本平では清水エスパルスと浦和レッズが対戦した。

    開幕から2勝2分け4敗で14位に沈むものの、直近のリーグ2試合で連勝と浮上の気配を見せている清水だが、現在はMF石毛秀樹と主将MF竹内涼が離脱中。3連勝がかかる今節に向けては、FW鄭大世やMF中村慶太、MF六平光成が先発起用された。

    対する浦和は、ここまで4勝2分け2敗の8位につけており、仙台と同じく連勝中。3連勝を争う今節に向けては、FW興梠慎三やFW武藤雄樹らがスタメンとなった一方、MF柏木陽介と前節負傷交代していたMF橋岡大樹がメンバー外となっている。

    試合の序盤、守備時に[5-4-1]のブロックを敷き落ち着いて対応する浦和に対して、清水は人数をかけて崩そうとするが、なかなかフィニッシュまでは至らない。

    それでも35分には、カウンターの流れからボックス手前右でボールを持った北川がクロスを供給。しかし、ボックス内で反応した鄭大世のヘディングシュートはミートせず、枠を捉えることができない。

    試合は見せ場を欠く展開のまま折り返し。“平成最後のJ1”の行方は残りの45分間に委ねられることとなる。

    後半に入っても、立ち上がりの展開は大きくは変わらず。浦和はポゼッションこそ勝るものの、後方での繋ぎからアタッキングサードに持ち運ぶことができず、決定機を手にすることは叶わない。

    51分、清水が浦和ゴールに迫る。ディフェンスラインの立田が浦和のボックス内にロングボールを蹴り込むと、鄭大世がボックス左に抜け出してうまく収める。しかし、そのまま左足で放ったシュートはGK西川に弾き出された。対する浦和も、55分にボックス手前中央でボールを持ったエヴェルトンがミドルシュートを放つ。しかし、これは枠を右に外れていく。

    61分、仙台のベンチが動きを見せる。鄭大世に代えてドウグラスを送り込み、攻撃に変化をつけていく。対する浦和は72分に選手交代を敢行し、武藤に代えてドリブルが持ち味の汰木を起用し、打開を図る。

    直後の72分、左CKの流れから山中が左サイドからクロスを上げ、ボックス内浅い位置の興梠が身体を倒しながら左足でボレーシュートを放つ。すると、GK六反が一度は弾いたが、ボックス内でこぼれ球に反応したマウリシオが難なく押し込み、浦和が先制に成功した。

    結局、その後の清水の反撃も実らず。試合終了間際の97分にカウンターから汰木の折り返しに合わせた興梠が浦和の2点目をマークしたところで試合が終了。この結果、清水はリーグ3試合ぶりの敗北を喫することに。対する浦和は、リーグ3連勝を飾っている。

    ■試合結果
    清水エスパルス 0-2 浦和レッズ

    ■得点者
    清水:なし
    浦和:マウリシオ(73分)、興梠慎三(90分+7分)
    2019-04-28_19h07_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00010046-goal-socc

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/04/14(日) 17:00:40.48
    磐田 1-2 清水
    [得点者]
    36'鄭 大世 (清水)
    58'北川 航也(清水)
    71'ロドリゲス(磐田)

    スタジアム:エコパスタジアム
    入場者数:31,144人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/041403/live/#live



    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    2019-02-25_12h12_18
    1: Egg ★ 2019/02/25(月) 07:17:57.30
    中国2部・長春亜泰から獲得オファーを受けていたJ1清水エスパルスのFWドウグラス(31)がチームに残留することが24日、決定的となった。複数のJリーグ関係者が明かした。

    優良助っ人が今季も清水の一員として戦う可能性が極めて高くなった。関係者によると、長春亜泰側は違約金を満額支払う用意があることを伝え、ドウグラスに高額のオファーを提示。「本人は心臓のこと(不整脈)もあって魅力的な話に悩んだようだが、最終的には清水に残ることを決断した」という。大榎克己GM(53)は22日の練習後、報道陣に対し、オファーが届いたことを認めた上で
    「全力で慰留に努める」と説明していた。清水側の誠意ある交渉が実った模様だ。

    今後は不整脈の治療を進めながら練習、戦列への復帰を目指していくことになる。関係者によると、回復が順調なら3月から屋外で体を動かせる見込みだという。昨季15戦11発の大砲がラインアップに加われば、一気に攻撃力が増すことは間違いない。

    清水は23日の開幕・広島戦(Eスタ)は1―1のドロー。次節は3月2日にホーム開幕・G大阪戦を迎える。チームとして完成度を上げながら、助っ人の完全復活を待つ。

    2/25(月) 6:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000230-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/24(日) 12:11:30.04
    華麗なパスワークからの北川の先制ゴールは「Jリーグでの素晴らしい“ティキタカ”」

    22日に開幕した今季のJリーグは、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとFWダビド・ビジャを擁するヴィッセル神戸、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスとMFイサック・クエンカを擁するサガン鳥栖などスペインにゆかりある選手や指導者が多いこともあって、現地でも注目を集める機会が多いが、スペインとは縁のない清水エスパルスが「日本版ティキタカ」として「スポルト」紙で紹介されている。

    【動画】「Jリーグで素晴らしい“ティキタカ”」とスペイン紙も称賛! 華麗なパスワークから生まれた清水FW北川の開幕戦ゴール
    https://www.football-zone.net/archives/172305/2

    同紙が注目したのは23日に行われたサンフレッチェ広島との開幕戦の前半30分、日本代表FW北川航也が決めた先制点のシーンだ。自陣内でボールを回収した清水は、広島の最終ライン裏を狙った北川へとロングパスを送る。その北川は右サイドにいたMF金子翔太に展開すると、金子はチームメートの攻め上がる時間を作りつつ中央へパス。そこから細かなパスワークでFW中村慶太がパスを送り、金子がダイレクトですらす。それに反応した北川が抜け出し、相手GKの動きを見極めた左足シュートでゴールネットを揺さぶった。この一連の流れについて、同紙は動画付きの記事でこのように紹介している。

    「日本版バルサ? Jリーグでの素晴らしい“ティキタカ”はとどまらず、より良い形でフィニッシュした。日本のサッカーの試合に完璧なプレーは存在している」

    「ティキタカ」とは、イニエスタや元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス(現アル・サッド)が所属した当時のバルサやスペイン代表の精緻なポゼッションを、時計の音になぞらえて表現されたものだ。人もボールも連動して動き、幅と深さも有効活用したパスワークということで、今回の北川のゴールが強く印象に残ったようだ。

    2/24(日) 9:20配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190224-00172305-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/22(金) 05:26:21.20
    J1清水エスパルスのFWドウグラス(31)に中国2部・長春亜泰から獲得オファーが届いていることが21日、分かった。複数のJリーグ関係者が明らかにした。

    開幕2日前、エスパに今季最大級の激震が走った。「清水史上最強助っ人」の呼び声高いスーパー助っ人が中国2部に移籍する可能性が出てきた。関係者の話を総合すると、すでに相手側から具体的な提示を受けているという。

    ドウグラスは昨夏、トルコ・アランヤスポルから入団。デビュー戦となった7月22日のG大阪戦でいきなりゴールを決めると、圧倒的な身体能力を生かしてその後も得点を量産し、15試合で11得点を挙げた。献身性も光り、コンビを組んだFW北川の能力も引き出して、チームの8位躍進に大きく貢献した。

    今季も攻撃の軸として期待されたが先月中旬、不整脈が発覚。ブラジルに一時帰国して検査、治療を受け今月15日に再来日した。以降はチームとは別調整しながら治療も進めていた。移籍が正式に決まれば、今季5位を目標に掲げるチームにとって計り知れないダメージとなりそうだ。

    2/22(金) 5:06配信
    2019-02-22_08h28_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000203-sph-socc

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/10/20(土) 13:46:38.95 ID:CAP_USER9.net
    2001年当時の清水のユニフォームがノミネート 「全くもって上手くいかなかった」

    世界各国では毎年のように各クラブで新しいユニフォームが制作されている。そんななか、海外スポーツメディア「BeSoccer」は「サッカーの歴史上で最も醜いユニフォーム」のワースト10を特集し、2001年の清水エスパルスのユニフォームがノミネートされている。


    清水は2001年シーズンのJ1リーグを年間4位で終え、翌年元日の天皇杯で優勝を飾るなど好成績を残した。当時のチームにはDF三都主アレサンドロやDF森岡隆三ら日本代表戦士が在籍し、2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)にも選手を送り出している。

    一方、当時の清水のユニフォームが辛辣な評価を受けている。“史上最も醜いユニフォーム”のワースト10の一つとして選出した海外スポーツメディア「BeSoccer」は、その選考理由を次のように説明している。

    「2001年のユニフォームは黄色と2種類のオレンジ色で構成されているが、上部に地球儀がプリントされており、胸部に広告が入っている。この色とアイデアの混合は、全くもって上手くいかなかった」

    世界から10枚のユニフォームを選出しているなか、清水のユニフォームを真っ先に紹介している。同メディアにとっては、それだけ強い印象を受けたデザインだったのかもしれない。

    海外スポーツメディア「BeSoccer」が選出した「史上最も醜いユニフォーム」のワースト10は以下の通り。

    清水エスパルス(2001/日本)
    ボーフム(1997-98/ドイツ)
    ノルウェー代表(1995)
    チアパスFC (メキシコ)
    マンチェスター・ユナイテッド(1990/イングランド)
    アーセナル(1990/イングランド)
    メキシコ代表(1994)
    ロルカFC(-/スペイン)
    コロラド・カリブス(-/アメリカ)
    アスレティック・ビルバオ(2004年/スペイン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00142539-soccermzw-socc
    4:名無しさん@恐縮です:2018/10/20(土) 13:47:57.07 ID:peQdKHKo0.net
    そんなにひどい?

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/11(木) 06:12:43.13 ID:CAP_USER9.net
    清水エスパルスは10日、一部の清水サポーターの行為を謝罪した。7日の明治安田生命J1リーグ第29節磐田戦の試合後、一部の清水サポーターが磐田の勝利時の歌を歌う行為を行ったという。同試合は5-1で清水が勝利を収めている。

    清水は公式サイト上で「これは相手に対する挑発行為であることは明らかであり、スポーツマンシップにも反し、クラブとして到底容認できる行為ではありません。今後、二度とこのようなことが行われないよう、クラブといたしましても厳正に対処して参ります。

    ご来場いただいたジュビロ磐田サポーターの皆様はじめ、ジュビロ磐田関係者の皆様に、不快な思いをさせてしまいましたことに対し、深くお詫び申し上げます」と声明を発表した

    10/10(水) 19:18配信
    2018-10-11_07h54_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00845626-soccerk-socc
    続きを読む

    489: U-名無しさん 2018/06/11(月) 16:41:21.23 ID:gFZrtVoe0
    姫野れみ(23歳)
    https://twitter.com/remi_himeno/status/1006063180450131968
    DfZBHR6V4AAyTKi
    私事で大変恐縮ですが、この度 清水エスパルス所属石毛秀樹選手と入籍いたしました!
    どんな状況でもひたむきに努力し、サッカーに本気で打ち込む彼を見てきて 力になりたいと思うようになりました。
    変わらず活動は続けていきます!
    まだまだ未熟者ではありますが温かく見守っていただけたら幸いです。

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ