海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:湘南ベルマーレ

    1: スズムシのなく頃に ★ 2019/08/24(土) 13:14:00.69
    2019年8月24日 11時0分 文春オンライン
    e9171_1386_3995c441da72813496ab22b816fd1cec
    https://news.livedoor.com/article/detail/16974507/

    J1の湘南ベルマーレに激震が走っている。8月12日、者貴裁(チョウキジェ)監督(50)による選手・スタッフへのパワハラ疑惑が浮上。Jリーグによるチームへのヒアリング調査が決まったのだ。

    湘南は、者監督の下で「湘南スタイル」という言葉を掲げ、アグレッシブなサッカーを志向。昨年はルヴァンカップも制覇している。

    「在日韓国人の者監督は早大卒業後、柏、浦和、神戸でプレーし、引退後はドイツの大学でサッカーの指導を学んだ。05年にコーチとして湘南に入団し、12年に監督に就任しました」(スポーツライター)

    ピッチ上では喜怒哀楽を全身で表現する“激情型”の監督として知られる。

    「普段は気さくで明るいオジサンです。記者の嫌な質問にも冷静に答え、言葉に力もある。一方、泣き虫としても有名です。シーズン終了後のミーティングでは、移籍する選手たちにメッセージを送りながら涙を流すこともしばしば。昨年のルヴァンカップ制覇の時には、ピッチ上で人目を憚らず号泣していた」(同前)

    ただ、チーム一丸となって走り抜くスタイルを作り上げた背景には、厳しすぎる指導もあったようだ。

    3人の選手が精神的に追い詰められ……
    「練習でサボっている選手がいれば、監督から激しい叱責がバンバン飛んでいた。掲げるスタイルを築いていくため、『是か非か』をハッキリさせてチームを導いていた」(スポーツ紙記者)

    その指導の中で、昨年には3人の選手が練習場に通えなくなるほど精神的に追い詰められ、同年のオフに退団。さらに2人のスタッフもクラブから離れた。

    「練習中に、多くの選手の前で1人を個人的に説教することは日常茶飯事。気に入らないプレーがあれば『ピッチから出て行け』と怒号が飛ぶ。衝突して痛がる選手には『助けるな』とコーチを制止し、プレーを続行させる場面も。全体ミーティングの際にはミスをした選手を反論のできない状況を作った上で激しい口調で責め、扇風機やクーラーボックスを蹴飛ばすこともあった」(チーム関係者)

    その一方で、今季から湘南に期限付きで移籍していた武富孝介(28)は、「監督の指導には愛情があった」と語り、「監督が指揮を執れないなら」と、浦和への復帰を発表している。

    現在、Jリーグの調査終了まで、者監督は指導・指揮を自粛するよう指示されている。チームの幹部は今後についてこう語る。

    「現在、監督の処遇はJリーグ預かりとなっていますが、チームとしては基本的には監督を続けてほしい。ただ、パワハラに厳しいこのご時世ですので、調査結果がどうなるか心配です」

    「湘南スタイル」の継続なるか、結論が注目される。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年8月29日号)

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/17(土) 21:06:57.07
    J1湘南は17日、平塚市内でサポーターとの意見交換会「第46回 ベルマーレクラブカンファレンス」を行った。

    真壁潔会長と水谷尚人社長が出席し、曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)に選手・スタッフらへのパワハラ疑惑騒動について謝罪した。

    問題が発覚後初の公式戦となる鳥栖戦(BMWス)の試合開始5時間前の午後2時から開始。試合会場のBMWスタジアムがある平塚市総合公園内の体育館の会議室で開催予定だったが、年2~3回ペースで行われる通常の同集会の約3倍の600人以上のサポーターが集まったため、急きょ同体育館の武道場に場所を移して行われた。

    問題発覚後初めてサポーターの前に立った真壁会長は冒頭、今回の騒動について「大変、皆さんにご心配かけて申し訳ないと思います」と謝罪した。具体的な日付は明かさなかったが、今月12日に曹監督のパワハラ疑惑が報じられる以前にJリーグから「調査をしなければいけない案件があると通知を受けた」と明かした。リーグから公式には調査内容は聞かされていないという。

    曹監督が13日からJリーグの調査が終わるまで指揮・指導を控えるに至った経緯についても説明。会長、監督をはじめ、クラブの選手・スタッフが調査対象となっており「(曹監督が)推定重要参考人なのであれば、選手たちを守るために、彼が選手に接触する時間を放置してしまうわけにはいけないという私の判断で、彼に頭を下げて『来ないでほしい』とお願いした。彼もお願いを受けてくれて、現在の体制になった」と話した。

    約9分間のあいさつの最後に「目の前に突きつけられた現実をしっかり受け止めて、ベルマーレ一丸となって結果を出したい。ご理解よろしくお願いします」。集会の最後にも「ご心配をかけますけど、信じてください」と呼び掛け、サポーターから大拍手を浴びた。

    また、水谷社長は曹監督のパワハラ疑惑について「中身が分かってないことがたくさんある」とし、「ちゃんと結果を出して、しっかり向き合って先に進んでいきたい」と決意を語った。

    8/17(土) 17:43配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000134-sph-socc
    no title

    続きを読む

    1: カメハメハ大王 ★ 2019/08/15(木) 11:27:29.41
    パワハラ疑惑の行方とは――。J1湘南の曹貴裁監督(50)に浮上した疑惑についてクラブ側は厳しい選択を迫られている。

    湘南は13日、Jリーグによる調査終了まで曹監督の指揮および指導の自粛を発表した。当面は高橋健二コーチ(49)が指揮を執るが、今後、指揮官の去就問題に波及するのは避けられない状況だ。ソウ監督が築き、サッカー界を席巻した「湘南スタイル」は終焉を迎えそうで、チームは崩壊の危機に直面している。

    パワハラ疑惑が浮上した曹監督の活動自粛が発表となり、この日のトレーニングから高橋コーチがチームの指導に当たり、17日の鳥栖戦(BMWス)の指揮も執る。真壁潔会長は「公正な調査のため、監督とも合意の上で措置を決めた」と広報を通じてコメントした。

    今回の件についてはパワハラを受けたとされる選手、スタッフ、関係者の話や、曹監督の指導法を疑問視する声が出る一方で、その指導を愛情と捉える向きもあり意見はさまざま。今後、クラブ側はJリーグによる調査結果を待って曹監督への対応を協議することになるが、すでに去就問題に発展することは避けられない見通しだ。

    特に親会社のライザップは曹監督のパワハラ行為を否定しているものの、疑惑が表面化したことで企業イメージの悪化は避けられないという事情がある。クラブ側は、他のスポンサーやサポーターへの対応を含め、問題を一刻も早く払拭するために、今後は指揮官の処遇についても本格的に検討せざる得ないはずだ。

    そんな中、曹監督をよく知る日本代表OBの一人はクラブの行く末を案じている。「パワハラは断じてあってはならないこと。どんな理由であれ、それを肯定することはない」と前置きしつつも「湘南のスタイルは曹監督が築き上げたもの。他の監督にはまねできないし、曹監督の指導があって初めて成り立つ。

    その過程で厳しいやりとりがあって当然」と説明。実際に練習を見学した際にも、厳しい指導を行っている姿を見たことがあるという。

    8/15(木) 0:11配信
    2019-08-15_12h14_22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000000-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/14(水) 07:37:53.75
    サッカーJ1湘南の曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)にパワーハラスメント(パワハラ)疑惑が浮上している問題で、同監督が辞任の意向を周囲に伝えたことが13日、複数の関係者の話で分かった。自身の責任は重いとして、リーグの調査結果を待たず進退の意思を固めた形。クラブ側は慰留するとみられる。また、Jリーグは湘南の全選手・スタッフ約50人に近くヒアリング調査を行うことがJリーグ関係者の話で判明。クラブはこの日、調査終了まで同監督が指導を控えると発表した。

    曹監督が辞任の意向を周囲に漏らしていることが判明した。クラブ側は同監督の進退について、Jリーグの調査結果が出てから判断を下す方針だが、同監督は調査開始を待たずして辞意を固めた。今季で就任から8年目となる同監督はこれまでも退任を示唆しながら契約を延長したことがあったが、今回の件については責任を重く受け止めているようだ。クラブ側は慰留するとみられる。

    Jリーグは曹監督によるパワハラ疑惑の徹底解明に打って出る。調査を行うJリーグ関係者によると、同監督やクラブ幹部だけでなく、クラブに所属する全36選手と現場スタッフの総勢50人ほどがヒアリング対象で、異例の大規模調査が行われるという。

    進捗(しんちょく)状況を見極めながら調査対象者を増減し、複数回に分けて慎重に調査を進める。聞き取りは弁護士によって行われる見通しだという。

    Jリーグ側には被害を訴える関係者やその目撃者から、複数の証言が届いているとみられる。リーグ側はそれらをもとにヒアリング調査を行い、必要に応じて過去に所属していた選手やスタッフにも現在の所属先の協力を得ながら、調査の範囲を広げていく。

    リーグ2連勝中で11位のクラブはこの日、調査結果が出るまで曹監督が指導・指揮を控えると発表した。Jリーグによる調査が終了するまでは、高橋健二コーチ(49)が暫定的に指揮を執り、次戦のJ1第23節鳥栖戦(17日・BMWス)でも采配を振る見通しとなっている。

    スポーツ報知の取材によると、2018年2月から今年7月まで、少なくとも3人の選手と2人のスタッフが同監督からの高圧的な態度や罵倒行為から生じた精神的苦痛とみられる症状でチームを退団していたことが判明している。クラブ側の広報責任者は11日の段階で取材に対して「クラブ内で問題にしているようなことは全くありません」と話したが、12日にはクラブの公式ホームページで「Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行う」と発表している。

    8/14(水) 6:04配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000316-sph-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/13(火) 19:02:32.32
    湘南ベルマーレがチョウ・キジェ監督の“パワハラ疑惑報道”に揺れる中、過去に同クラブに在籍したAC長野パルセイロGK阿部伸行が自身のツイッター(@dfrf44a4)で意見を述べている。

    現在35歳の阿部は流通経済大からFC東京を経て、2011年に湘南へ加入。チョウ監督が就任した2012年にプロデビューを果たすと、同シーズンはJ2リーグ戦37試合に出場し、湘南のJ1昇格に貢献した。その後、2014年までの4年間にわたり、同クラブでプレー。2015年に北九州、2017年に現在所属する長野に完全移籍した。

    阿部はチョウ監督のパワーハラスメント疑惑に関する報道があった12日、自身のツイッターを更新。「受け取った人の主観だから1つの大切な意見」と前置きした上で、「ただおれには愛にしか感じなかった!」と綴った。

    恩師の報道に対するものとは明言していないが、タイミング的に今回の件を受けてのツイートだと思われる。ファンからは「ありがとうございます」「愛のあるお言葉」「これ以上の言葉はない」といった趣旨のコメントが寄せられた。

    湘南は今回の報道を受け、12日にクラブ公式サイトで「記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と表明。翌13日には、Jリーグの調査が終了するまで、チョウ監督が現場での指揮および指導を控えることも発表している。

    8/13(火) 17:36配信ゲキサカ
    2019-08-13_21h41_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-43470462-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/13(火) 06:40:08.51
    J1湘南で、2018年2月~19年7月まで、少なくとも3人の選手と2人のスタッフが曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)からの暴言などによる精神的苦痛とみられる症状でチームを退団していたことが12日、複数の関係者への取材で分かった。Jリーグは同監督が所属選手やスタッフに対してパワーハラスメント(パワハラ)を行っていた疑いがあるとして、今月中にもクラブや本人へヒアリングなどによる調査を行うことを決めており、クラブ側は第三者委員会を設置する方針だ。

    曹監督の言動による精神的苦痛から、少なくとも3人の選手と2人のスタッフがチームを去っていたことが判明した。

    複数の関係者によると、3選手はいずれも昨季限りで退団。精神的に追いつめられ、それぞれ別の時期に1~2か月間、練習場に通うことができなくなり、通院して治療を受けた。同監督の高圧的な態度や罵倒行為が原因だったとされる。スタッフ2人も同監督から「どれだけ無能なんだ」などといった人格否定の言葉を受け、メンタル面の異常を訴えてシーズン中にチームを離れた。指揮官が視界に入るだけで吐き気を催したり、過度なプレッシャーから公式戦の試合前に嘔吐(おうと)してしまう選手もいたという。

    昨オフに16人もの選手が一斉に退団したが、中には指揮官の指導方法に疑問を感じたことが理由の選手も多くいたという。他クラブに移籍した選手の1人は、スポーツ報知の取材に「ベルマーレのことが好きでも、監督の言動に耐えられず、チームを去らなければいけない選手はたくさんいる。仲間が罵倒されているのを見て心が痛まない選手なんていない」と証言した。

    クラブの広報責任者は11日、「(パワハラにあたる事案は)全くありませんし、クラブ内でも問題にしていることはありません」などと否定。湘南はこの日、練習はオフで、ホームページで事実関係を調査する意向を示したが取材には応じなかった。クラブ側は監督の言動を「指導・教育の範囲内」としている。

    Jリーグは被害者や目撃者、関係者らから匿名で報告を受けており、月内にもクラブや本人から事情を聞く方針を固めている。関係者によると、11日の磐田戦終了後にクラブ幹部が遠征に帯同した選手に対し、Jリーグからヒアリング調査が行われることを説明。クラブとしては、当事者以外の有識者を集めた第三者委員会を設け、対応にあたる意向を説明したという。

    チームは13日からJ1第23節鳥栖戦(17日・BMWス)に向けて再始動する。当初公開予定だった練習は非公開に変更となった。

    ◆田嶋会長見守る

    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(61)が12日、Jリーグが調査に乗り出す湘南の曹貴裁監督のパワハラ疑惑について「具体的なことは何も聞いていない。情報も入っていないので、話せることはない」と話すにとどめた。都内で行われたイベントに出席後、取材に応じた。「しっかりと結果を聞いてから対応したい」と推移を見守る考えだ。

    ◆ライザップ調査に協力

    親会社のライザップグループは12日、パワハラ行為の疑いについて公式サイトに声明文を発表。一部報道は否定したが、Jリーグの調査に協力する姿勢を示した。

    8/13(火) 5:03配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000018-sph-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/12(月) 17:34:23.10
    湘南の経営権を持つライザップが声明文を発表 出向職員への“パワハラ”について説明
    no title


    J1湘南ベルマーレの経営権を取得する
    RIZAP(ライザップ)が12日、曹貴裁監督のパワーハラスメント疑惑について公式ホームページで声明文を発表した。「一部報道について」と題し、ライザップからクラブへの出向職員が曺貴裁監督にパワーハラスメントを受けたと報道された件を「事実とは異なる内容」と説明している。

    同日朝、クラブの公式サイトに「湘南ベルマーレの監督である曺貴裁がパワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載されております。クラブとしましては、記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、緊急声明を掲載。これを受け、経営権を握るライザップもコメントを発表した。

    「当社グループにおきましては、各種法令順守などを含めたコンプライアンス経営の強化を進めております。パワーハラスメント行為についても、『断じて行ってはいけない行為』であり、選手やスタッフ・従業員等は、このような行為から守られなければならない存在であると位置付けております」とし、「今回の記事内容については、湘南ベルマーレとの連携のもと、Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、湘南同様、調査を進める方針を示した。

    また、今回の報道でライザップから出向したスタッフが“パワハラ”を受けたとされたことに触れ、「RIZAPより出向したスタッフが精神的に追い込まれチームを離れたという記載がありましたが、事実とは異なる内容となっております」と真っ向から否定。「RIZAPから湘南ベルマーレに対する支援体制は都度見直しを行っており、本年6月までRIZAPから湘南ベルマーレに出向していたスタッフ1名は、当社の研究開発方針に基づき、RIZAP Lab(ライザップ ラボ)の体制強化のためRIZAP株式会社に帰任しております」と現状を明かした。

    8/12(月) 17:11 フットボールマガジンゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00210143-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/12(月) 06:50:26.50
    <明治安田生命J1:磐田2-3湘南>◇第22節◇11日◇ヤマハ

    湘南ベルマーレの曹貴裁監督(50)が電撃退任することが11日、濃厚になった。コーチングスタッフや選手へのコンプライアンス(社会的規範やモラルの遵守)の問題が浮上。今後、Jリーグの調査も入るという。

    12年から当時J2の湘南を指揮し、走る「湘南スタイル」を確立。降格、昇格を繰り返しながらも昨季はルヴァン杯のタイトルを手にしたクラブの象徴がピッチを去ることになる。チームはこの日、アウェーでジュビロ磐田に3-2で逆転勝ちし11位へ浮上した。

        ◇    ◇    ◇

    湘南を指揮して8年目、曹監督が退任することになりそうだ。複数の関係者によると、昨季から曹監督の指導を受けたコーチングスタッフや選手がメンタル面の支障をきたす事案が続いていた。情報はJリーグにも入っており、調査が入る予定になっている。

    チームは11日、アウェーで磐田に3-2で逆転勝ちを収め11位に浮上。2年連続J1残留も現実味を帯びてきた。ただ、試合後の会見で自身について触れることはなかった。その裏で電撃退任となれば、クラブを揺るがす大事態となる。

    曹監督は12年に当時J2の湘南の監督に就任。同時期に、クラブはベテラン選手獲得でなく、若手を1から育てる方針へと転換した。走力と精神力を鍛える育成方針で、MF遠藤航(シントトロイデン)、MF永木亮太(鹿島)ら無名選手が日本代表へと羽ばたいた。主力選手が他クラブに引き抜かれる影響で2度の降格も経験したが、高卒、大卒の新人を積極的に起用することで、有望な若手を次々と育て上げた。昨季は東京オリンピック(五輪)世代のDF杉岡大暉らを軸にルヴァン杯のタイトルを獲得した。攻守にわたるハードワークが持ち味。そんな「走る湘南スタイル」を定着させたクラブの象徴的な存在だった。

    最近では、ロッカールームで各選手が声を荒らげて本音をぶつけ合うミーティング映像などを収録したDVDが異例のヒットとなった。だが今後の調査次第となるが、昨今はコンプライアンス違反が世間で厳しくなっているだけに、事実が認定されれば社会的な問題へと発展することになる。クラブの大きな功労者で看板となる人物が、まさかの事態でシーズン途中の退任を避けられなくなった。

    8/12(月) 2:00配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-08111068-nksports-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/08/07(水) 20:58:20.54
    [8.7 王者決定戦 湘南0-4A・パラナエンセ BMWス]

    ルヴァンカップ王者と南米のコパ・スダメリカーナ王者が激突する『王者決定戦』が7日、Shonan BMWスタジアム平塚で行われ、湘南ベルマーレとアトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)が対戦した。終始圧倒された湘南は大会史上最多得点差となる0-4で敗れ、1995年のアジアカップウィナーズカップ制覇以来の国際タイトルを逃した。

    ホームの湘南は4日前に行われたリーグ前節の鹿島戦(○3-2)から先発9人を変更。MF松田天馬とDF鈴木冬一のみ続けて先発に入り、今夏からチームに加わったMF山田直輝(←浦和)、DF毛利駿也(←金沢)が新天地デビューを果たした。対するA・パラナエンセは元新潟のFWホニが先発に並んだ。

    試合はA・パラナエンセが優勢を保った。左サイドのホニを中心に押し込んだ前半3分、欧州強豪クラブから注目を集めるMFブルーノ・ギマランエスのシュートは鈴木がブロック。6分には左サイドを抜け出したホニのシュートが枠内を襲ったが、今季初出場のGK松原修平が鋭い反応で防いだ。

    湘南は単発の攻撃でゴールに迫ろうと試みるが、前半17分、鈴木のフィードを競り合ったFW指宿洋史のプレーはオフサイド。29分にもホニのシュートが松原を襲うと、セットプレーで押し込まれた41分、MFウェリントンのクロスをFWマルセロ・シリノに決められ、先制点を献上した。

    湘南は前半44分にビッグチャンス。左サイドに開いたFWトカチの横パスから松田がダイレクトの右足シュートで狙ったが、惜しくも枠を外れた。A・パラナエンセはそこから立て続けにチャンスをつくったが、ゴール前での決定力を欠き、前半は1点リードにとどまった。

    湘南はハーフタイム明け、一挙3枚替えを敢行。鈴木、山田、DF岡本拓也を下げてMF齊藤未月、MF古林将太、DF杉岡大暉を起用した。すると、すぐさま右サイドが活性化し、古林とDF小野田将人の果敢な攻撃参加から、相手を押し込む場面も。さらに9分、指宿に代わってFWクリスランを投入した。

    それでも後半11分、A・パラナエンセに追加点。齊藤のパスミスからボールを奪われ、左サイドに展開されると、巧みな胸トラップで受けたホニに豪快なカットインシュートを叩き込まれた。A・パラナエンセはここで2枚の交代カードを使うと、湘南は16分、トカチに代わってFW梅崎司を入れた。

    ところが後半18分、湘南は右サイドからの小気味良いパスワークでゴール前を崩されると、最後は途中出場MFトニー・アンデルソンに3点目を決められ、スコアは0-3。21分には松田を下げ、桐生一高から特別指定選手登録されているU-17日本代表FW若月大和を起用した。

    そのまま相手に押し込まれ続ける湘南はなかなか敵陣に攻め込むことができず、時間ばかりが過ぎていく。すると後半40分、スルーパスに抜け出したMFブライアン・ロメロに決められて4失点目。そのまま試合は終了し、15年にG大阪がリーベル・プレート(アルゼンチン)に喫した0-3を上回り、史上最多得点差での敗戦となった。
    2019-08-07_21h43_40
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-43470232-gekisaka-socc


    41'マルセロ シリノ   (A・パラナエンセ)
    56'ホニ         (A・パラナエンセ)
    63'トニー アンデルソン (A・パラナエンセ)
    85'ブライアン ロメロ  (A・パラナエンセ)
    https://www.jleague.jp/match/j_conmebol/2019/080701/livetxt/#live

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/07/20(土) 14:56:53.73
    札幌 5-2 湘南
    [得点者]
    18'進藤 亮佑     (札幌)
    21'ジェイ       (札幌)
    36'大野 和成     (湘南)
    71'ジェイ       (札幌)
    80'アンデルソン ロペス(札幌)
    84'チャナティップ   (札幌)
    90+4'野田 隆之介   (湘南)

    スタジアム:札幌厚別公園競技場
    入場者数:9,055人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/072001/livetxt/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ