海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:湘南ベルマーレ

    2019-11-03_18h06_53
    1: 久太郎 ★ 2019/11/03(日) 17:55:54.58
    湘南 0-3 G大阪
    [得点者]
    10'小野瀬 康介 (G大阪)
    45+1'宇佐美 貴史(G大阪)
    50'宇佐美 貴史 (G大阪)

    スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
    入場者数:13,570人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/110310/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/28(月) 17:49:44.04
    台風19号の影響で冠水したサッカーJ1湘南ベルマーレの練習拠点、馬入ふれあい公園サッカー場(平塚市)で、重機を使った懸命の復旧作業が続けられている。相模川から大量の堆積物が流れ込んだピッチは「過去最悪の状態」(クラブ関係者)。J1残留を懸けたリーグ戦が最終盤を迎える中、所有者の平塚市も本格的な支援に乗り出した

    河川敷に2面あるサッカーコートは、冠水から約2週間たった今も泥などに覆われたまま。一部に緑も見えるが、作業員の亀井和也さん(44)は、ため息交じりに言う。「あれは泥を貫いて芝が生えてきた部分。あの下も泥まみれ」。荷台に堆積物を積んだトラックが行き交い、除去作業を見詰める市内在住のサポーター、岩崎律子さん(53)は「できることがあれば手伝いたいけど…」と途方に暮れた。

    これまでも風水害にさらされながら、有志のサポーターらがスコップなどでかき出し難局を乗り越えてきた。

    だが、クラブの指定管理統括マネジャー関野敏樹氏(44)は「今回は人手で解決できる規模じゃない」と頭を抱える。視察した職員が膝元まで泥につかり、助けを呼ぼうか、というほど状況は深刻だった。

    Jリーグのシーズン終了が12月上旬に迫る中、市も復旧費用を負担。2面のうち1面に絞って重機で作業を進めている。ただ、天然芝の保護のためパワーショベルによる掘削はできない。固まった泥を水で溶かし、アーム型の重機で挟んだ角材をとんぼのように地面にはわせて押し流す。21日に始まった地道な作業は11月上旬に終了予定で、亀井さんは「この泥の多さは今までにない。千立方メートルはある」と汗を拭った。

    市総合公園課によると、流れ込んだ泥などの堆積物は産業廃棄物に当たるため、処理には「莫大(ばくだい)な費用がかかる」(小嶋賢司課長)という。市財政課の試算では、復旧費用は1億円を超える見通しだ。

    泥の撤去が終わっても、冬用の芝の種を再びまき直す必要がある。関野さんは「シーズン中に復旧させたいが現状は厳しい」。選手は本拠地のShonanBMWスタジアム平塚を借りて練習する日々。使用頻度が高いとスタジアムの芝も傷むが、小嶋課長は「市とベルマーレは支え合ってきた。背に腹は代えられない」と全面的にサポートする。

    ベルマーレは現在18チーム中16位。下位2チームがJ2に自動降格する。作業に当たる亀井さんは平塚市出身で「監督が交代して、J1残留に向けてチームも踏ん張り時。少しでも力になりたい」と思いを込めた。

    10/28(月) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000004-kana-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/08(火) 16:44:32.05
    no title

    J1湘南のチョウ貴裁監督

    J1の湘南は8日、チョウ貴裁(キジェ)監督(50)が同日付で退任すると発表した。後任監督は決まりしだい発表するとしている。また、水谷尚人社長(52)と坂本紘司スポーツダイレクター(SD、40)は50%の減給3カ月、無報酬の真壁潔会長(57)は水谷社長と同額を一般社団法人に寄付する。

    チョウ監督は選手やスタッフへのパワーハラスメント行為があったと告発されたことを受け、8月中旬から指導を自粛。今月4日にJリーグがパワハラと認定し、Jリーグからチョウ監督に公式戦5試合の出場資格停止など、対応が不十分だったクラブには制裁金200万円などの処分が科されていた。

    真壁会長とチョウ監督のコメントは以下の通り。

    ▼真壁潔会長 この度のパワーハラスメントの問題につきまして、まずは被害に遭われた皆様に深く謝罪をいたします。大変申し訳ございませんでした。また、応援して下さる皆様、ご支援いただいている皆様には、ご心配、ご迷惑をおかけし重ねてお詫び申し上げます。クラブとしての責任を重く受け止めるとともに、二度とこのような事態に陥らないために再発防止に努めて参ります。チョウ貴裁監督には、トップチームでは2012年より、またアカデミーでの指導を含めると2005年より15年間、アカデミー選手の育成、トップチームの強化、そしてクラブの発展に大きく貢献していただきました。湘南のスタイルを築き、有形無形の財産を残していただき心より感謝しております。今後に向け、クラブに関わる全ての人間が一層気を引き締めて、皆様に夢や感動をお届けできる湘南ベルマーレであり続けられるよう精進して参ります。何卒引き続きのご支援賜りますと幸いです。

    ▼チョウ貴裁監督 湘南ベルマーレに関わる全ての関係者の皆様に改めて深くお詫び申し上げますとともに、本日をもって監督の職を辞することを報告致します。これはクラブ側と重ねて協議をさせて頂いた上での結論であります。今回のJリーグ裁定にて処分が決定し、関係者の皆様のご心情に触れ、改めて自分の指導者として、人としての力の無さを痛感致しました。この反省からもう一度初心に立ち返り、受け手が感じる気持ちに深く寄り添い、共に歩んでいける真の強さを身に付けなければいけないと思います。トップチームの監督を含めた15年間このクラブの関係者の皆様に本当にお世話になり、感謝の念に堪えません。辛いこと、嬉しいこと、たくさんの経験をさせて頂きました。このような長年の歩みに関わって頂いた選手、スタッフ、サポーター、スポンサー、株主の皆様、トップチームを夢見る子どもたち、全ての方々に御礼を申し上げますとともに、このような形での退任となりましたことを心よりお詫び申し上げます。

    10/8(火) 16:25配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000153-spnannex-socc.view-000

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/08(火) 06:01:20.31
    no title


    選手・スタッフへのパワーハラスメント(パワハラ)行為がJリーグの調査によって認定され、けん責と5試合の活動停止処分を受けた湘南の曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)が、クラブからの現場復帰要請を固辞し、辞任する意向を固めたことが7日、分かった。複数の関係者が明かした。

    湘南はJリーグに科せられた処分をすでに終えたことから、クラブ内での処分を行わず、指揮・指導を自粛中の同監督に対して現場への復帰を要請。同監督は態度を保留していたが、この日までにクラブ側に対して辞任の意向を伝えたとみられる。一連の騒動の責任を重く受け止め、自ら身を引く決断をした形だ。

    7月2日に日本サッカー協会の内部通報窓口に対して、同監督にパワハラ行為が疑われ、クラブ内で解決に至らなかったことが匿名の相談で寄せられ、Jリーグ側が調査に乗り出した。騒動が明るみとなった8月13日にはクラブが同監督の指揮・指導の自粛を発表。10月4日にJリーグが会見を行い、4人の弁護士で構成された調査チームが「お前はチームのがんだ。他(の選手)にうつるから出ていけ」「お前なんかけがしてしまえ」と同監督が所属選手に対して発言したことなどが記された調査報告書を公表。Jクラブでは初となるパワハラ行為が認定されていた。

    ◆曹 貴裁(チョウ・キジェ)1969年1月16日、京都府生まれ。50歳。洛北高から早大を経て、91年に柏の前身である日立製作所に入団。JリーグではDFとして柏―浦和―神戸でプレーし、97年に引退。2000年に川崎アシスタントコーチ、04年にC大阪ヘッドコーチを経て、05年から湘南へ。ジュニアユース監督、ユース監督、ヘッドコーチを歴任して12年に監督に就任。18年にルヴァン杯のタイトルを獲得した。

    10/8(火) 4:03配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000329-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/07(月) 07:58:27.10
    選手らへのパワハラ行為で活動自粛中の曹貴栽監督に代わり監督代行を務めている湘南ベルマーレの高橋健二コーチが、この日限りで代行を終えることが6日、濃厚となった。

    複数の関係者によると、曹監督はメンタル面で早急な復帰が困難なため、チームは暫定措置として新たな指揮官の招聘(しょうへい)に動きだした模様だ。

       ◇   ◇   ◇

    湘南がついに決断した。川崎Fに0-5と大敗。前節ホーム清水戦(●0-6)に続き2戦連続で5失点以上と、Jリーグ歴代ワースト1位の不名誉な記録に並んでしまった。球際に厳しくアプローチする“湘南らしさ”を見せながらも、不用意なパスミスが多い上にシュートの精度が低く、ピッチ外での動揺がそのまま投影されたような内容。曹監督が活動を自粛して以降、リーグ戦2分け4敗と勝ちなしの悪い流れを断ち切るべく、暫定的に新たな指揮官を迎える方向だ。

    試合後、曹監督をめぐる騒動が試合に影響したかを問われた高橋監督代行は「練習も手を抜かないでやっていると思うけど、メンタルのところは(影響は)なくはないかと思う」と率直に明かした。この日の敗戦により、16位鳥栖と勝ち点31の得失点差マイナス18で並んだが、総得点の差でなんとか降格圏を免れているという苦しい状況だ。それでもMF梅崎は「周りが騒がしいけど、振り回されている僕らが弱いと思う。この状況をサポーターは諦めず、ずっと声を出してくれている」と前を向いた。痛みとともに湘南は立ち上がり、前に進もうとしている。

    no title
    10/7(月) 5:00配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-10061369-nksports-socc

    続きを読む

    12686

    1: 久太郎 ★ 2019/10/06(日) 20:55:50.14
    湘南 0-5 川崎
    [得点者]
    15'オウンゴール(川崎)
    21'中村 憲剛 (川崎)
    26'阿部 浩之 (川崎)
    35'小林 悠  (川崎)
    81'長谷川 竜也(川崎)

    スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
    入場者数:13,084人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100616/live/#live
    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/05(土) 07:27:20.77
    湘南ベルマーレが曺貴裁監督のパワーハラスメント疑惑に関する会見を行い、曺貴裁監督、真壁潔会長、水谷尚人社長が出席した。

    Jリーグは4日に会見を行い、曺貴裁監督の疑惑に関する調査結果を報告。パワーハラスメントの事実があったことを認めていた。曺貴裁監督は会見の冒頭で今回の騒動について陳謝。クラブ関係者やパワーハラスメントを受けた選手、プロを目指していく子どもたちへの謝罪を行った。

    「Jリーグ、ベルマーレに関わる関係者の皆様、そして僕の問題で苦しい思いをされた全選手、スタッフの皆様、そして将来プロを目指していく子どもたち、その他大勢の人に自分の至らなさでこういった問題を引き起こしてしまい、そしてご心配をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」

    「今回出たJリーグの裁定を真摯に受け止めるだけでなく、受け手の人たちがどう感じたかっていうものにもっと思いを寄せて、自分自身、指導の教訓にしないといけないと思いますし、皆様からご指摘やお声を自分自身が突っ走ってきた指導者人生の中で、本当に振り返る大きなきっかけにしなければいけないと思います」

    また、曺貴裁監督の去就について質問が飛ぶと、真壁会長は「曺監督のサッカーは選手やスタッフのパワーもそうだが、曺自体のパワーが生まれてこないと指揮を執れないと私は考えています。今回の通知を受け、また難しい状況の中、向き合って検討していきたいと思っています」とコメント。曺貴裁監督は自身の進退について「選手との関係性やスタッフとの一体感を大事にしてきたつもりなので、自分のマネジメント力の低さや、先見性の無さとか、指導者としての浅はかさを自分の中で痛切に感じている今、湘南ベルマーレやどこのチームなどと考える立場にないというか、『こうしたい』、『ああしたい』とこの場所で申し上げてもまったく説得力がないと思います」と即答を避けた。

    曺貴裁監督の行き過ぎた指導を会長や社長が直接注意する機会があったのか問われると、真壁会長は「少なくとも私の目の前では過度の𠮟責は見たことがございませんし、2016年10月から曺の勧めで試合後のロッカーに入ることはあり、怒ることはありましたが、ハラスメントと捉えられるような怒り方をしたことは私の前ではございません」と明かした。

    10/4(金) 22:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00986268-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/04(金) 15:21:38.88
    Jリーグの村井満チェアマンが4日、都内のJFAハウスで会見を行い、所属選手・スタッフへのパワハラ疑惑が浮上していた湘南の曹貴裁監督に対し、パワハラ行為を認定した。裁定結果は後ほど発表される見通し

    【調査によって明らかになった事項】

    物事が自身の思い通りにならないときや感情が高ぶったときなどにスタッフに対し、その多くは威圧的または尊大な態度で罵声を浴びせたり、厳しくかつ執拗にダメだししたり、理詰めで追求するなどを多数回繰り返してきたと認められる。

    具体例〈1〉2019年7月に行われた福島キャンプにおける練習中に、曹氏が練習中のボール拾いや水分補給等の業務を通常通り行っていたスタッフらに対してその仕事ぶりに特段問題がなかったと多くの関係者が感じていたにも関わらず、「本当に使えねえな」「お前ら何年やってんだ」「お前らは遊んでる。遊ぶんだったら外にいろ」などと怒鳴る。その後、曹氏は当該スタッフらのうちの1人に対して「二度と顔見せるな」「お前の代わりはいくらでもいる」「お前はここにいる意味がない」などと叱責した。

    具体例〈2〉2019年7月中旬頃、曹氏はクラブハウスにおいて、通常通りミーティングに加わろうとしたスタッフの1人に対し、理由を伝えることなくまた本人の自覚もない中、他スタッフの前でいきなり「おい、お前。出てっていいわ、部屋から」「お前ミーティングやんなくていい。来なくていいわ」「あっちに戻って勝手に映像でも見てろ」などと発言した。

    具体例〈3〉2019年中(詳細不明)、曹氏はスタッフミーティングの際にメディカルスタッフから自らの意に沿わない見解を述べられたり報告を受けたりしたときなどに、メディカルスタッフに対し「メディカル全員替えてもいいんだぞ」「うちのメディカルじゃなくて他で治せばいい」「お前むかつくんだよ」「お前の報告は暗いんだよ」などと発言した。

    具体例〈4〉2018年4月頃、曹氏はホームでの公式試合のハーフタイム中、他の選手はスタッフがいるロッカールームにおいて、前半のプレーで精彩を欠いたと同氏が感じた選手に対して「お前はチームの癌だ。他(の選手に)移るから出て行け」などと怒鳴った。当該選手はロッカールームから出て行った。

    具体例〈5〉2018年夏の福島キャンプの際、曹氏は周囲に関係者がいる状況において、精彩を欠いたプレーをしたと同氏が感じた複数の選手とのやりとりの中で水の入ったバケツを蹴り飛ばした上で「お前なんか怪我してしまえ!」などと怒鳴った。

    また上記以外にも「お前は無能だ」「お前は本当にダメだ」「お前は嘘つきだ」「お前とは一緒に戦えない」「お前のせいで負けた」「チームが負けたのはお前のせいだ」「お前の代わりはいくらでもいる」「(期待を)裏切るのか。これからの人生どうするよ。ヤバイよ」などと発言したことが明らかとなった。

    10/4(金) 14:04スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00000086-sph-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/01(火) 20:02:58.96
    サッカーJ1湘南が、パワハラ疑惑で8月13日から活動自粛中のチョウ貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)の現場復帰を検討している。

    9月29日に平塚市内でサポーター向けの臨時報告会を行い、会場には750人が集まり超満員。少女ファンから「監督は元気でいるんですか?」という質問も飛び、サポーターに人気のあったチョウ監督の復帰を要望する決起集会の様相だった。

    真壁潔会長(56)も、「Jリーグの一定の調査は終わっており、中ぶらりんのまま(自粛期間が)45日間にもなっているのは社会的にどうなのか」と活動自粛の解除をJリーグ側と折衝しているという。

    今回のパワハラ疑惑は7月初旬に日本サッカー協会に電話と手紙で匿名の通報があったという。通報者は「フロントに訴えたが、誰にも聞いてもらえなかった」と訴えたというが、真壁会長は「うちのフロントは数も多くないが、そんな事実はない」と話している。

    湘南はJリーグの裁定には従う方針だが、真壁会長は「どんなスポーツでもアイスボックスを蹴り上げる監督を見ないことはない」「怒る指導者がいなくなったら同好会でやればいい」とチョウ監督を支持する意向。この日の報告会で「改めてチョウ監督は人気があるんだなと思った」と手応えありげだった。

    10/1(火) 16:56配信 夕刊フジ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000006-ykf-spo
    no title

    続きを読む

    62765_ext_04_0

    1: Egg ★ 2019/09/29(日) 22:50:48.52
    サッカーJ1湘南は29日、曺貴裁監督が選手らに暴言などのパワーハラスメントをした疑いがあるとし、Jリーグの調査を受けている問題について、神奈川県平塚市内でサポーターとの意見交換会を開いた。真壁潔会長は「曺監督は長期離脱で精神的に疲れている。『自分がやらない方がいいのでは』と話している」と明かした。

    再発防止策については、選手らのための相談窓口の設置や監督、選手らの調整役である強化部の増員などを盛り込む方針を説明。真壁会長は「窮地をしのいで(疑惑発覚前日の)8月11日に戻れるようにしたい」と話した。

    Jリーグは調査結果をもとに10月上旬に裁定を下す見通し。【福田智沙】

    9/29(日) 22:35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000054-mai-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ