海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:田嶋幸三会長

    1:Egg ★:2018/07/27(金) 12:19:58.29 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(66)が、日本サッカー協会(JFA)を相手取り、東京地裁に名誉毀損(きそん)による慰謝料1円と謝罪広告の掲載などを求める訴訟を起こした裁判の、第1回口頭弁論が27日、東京地裁で開かれた。

    ハリルホジッチ氏は今回の裁判で、田嶋幸三会長(60)が4月9日の会見で「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れた」となどと説明したことが、監督としての評価を低下させ、名誉を毀損していると訴えている。弁護を担当する金塚彩乃弁護士は口頭弁論後、取材に応じ「解任の事実ではなく、後に行われた記者会見を問題視しています。JFAどうこうより、会長の発言を問題視しています」と説明した。

    JFA側は

    (1)コミュニケーション問題の不足という田嶋会長の発言後、ハリルホジッチ氏には監督就任のオファーが届いており、評価は低下していないし名誉毀損(きそん)には当たらない。提訴に理由がないとして請求などを退ける棄却

    (2)ハリルホジッチ氏とJFAとの契約には、仲裁合意が含まれており、契約に関する仲裁は国際サッカー連盟(FIFA)が行うことになっている。そのため、そもそも東京地裁が裁判を管轄するべきなのかということを問い、申立て自体が不適法であるとしての却下

    の2点を主張しているという。

    金塚弁護士は「本人(ハリルホジッチ氏)は誠意を一番、求めている。どういうところを見せていただけるかにかかっている。何が何でも裁判で…というのは、求めていなかった」などと説明した。【村上幸将】

    7/27(金) 12:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00281778-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/21(土) 08:41:14.96 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)が21放送のフジテレビ系「週刊フジテレビ批評」(毎土曜・前5時半)に出演し、今年4月に日本代表のハリルホジッチ監督を解任した理由を明かした。

    田嶋氏は、常に危機管理を考えていたことを前提に、昨年12月の東アジア選手権でも監督交代について「議論になったのは事実」と明かした。ただ、当時は今後の修正されることを期待していたという。しかし3月のベルギー遠征で「修正がうまくいかなかった。ハリルホジッチさんも全力を尽くしてやってくれていて、私達も彼の努力を認めます。でも、ここでは監督を交代させることが、もっといい、1%でも勝つ確率を上げたい、と申し上げたんですけど、まさにそのための選択をしました」と振り返った。

    W杯開幕2か月前の選択に「その時は日本のサッカーにとって何が1番いいのかっていうことでしか考えていませんでした。我々は日本のサッカーがより強くなって、多くのお子さんや多くの方が見ていただける。そういう風に日本のサッカーをしたいと考えています。そのためにはW杯で少しでもいい成績を残すことが大切だと。ここは代えなければいけないと、ある意味信念を持って、確信を持ってやった。

    ある程度、批判はもちろん覚悟の上です」と当時の心境を語った。そして、決断は「最終的には自分自身で決めました。それしかないですよね。もちろん西野さんとは物すごくたくさん話をしましたし、いろんな方の話を聞いたのも事実ですけど、だからと言って、それを鵜呑みにはできない。自分が1番責任を取らないといけないですし」と話した。

    技術委員長だった西野朗氏に後任に指名したが「技術委員長は監督を評価してサポートする立場の人です。その人が監督になるっていうことは、必ずしも健全ではない。それは2か月前という直前だからこそ、私が決めたということで言うしかない状況になった」。

    そして、「西野さんしかなかった、2か月前で。まったくチームに関わっていない人をそこで持ってくるわけにはいかなかった」と西野氏を後任に据えた理由を説明していた。

    7/21(土) 8:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000096-sph-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/10(日) 09:36:37.36 ID:CAP_USER9.net
    <国際親善試合:日本0-2スイス>◇8日◇スイス・ルガノ

    サッカーワールドカップ・ロシア大会に出場する日本(FIFAランク61位)がスイス(同6位)に0―2で完敗した。これで西野朗監督(63)の就任後2連敗。海外組も加わった国際Aマッチは昨年10月のニュージーランド戦の勝利を最後に7戦勝ちなしとなった。

    日本協会・田嶋会長 西野監督がやろうとしているサッカーが見えてきた。いい形で守備していたし、中盤もMF大島を中心に速いテンポでつないで崩そうという意図が見えた。非常に良かった。あと10日間あれば、コロンビア戦に向けた準備は十分だと思います。

    日刊スポーツ 2018年6月10日8時2分
    https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806100000155.html

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/26(土) 07:43:40.62 ID:CAP_USER9.net
    日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(66)が日本協会の田嶋幸三会長の会見で名誉を傷つけられたとして、慰謝料1円と新聞などへの謝罪広告を求め、24日に提訴したことについて田嶋会長は25日、「訴状は見ていないし、名誉毀損したつもりはありません」と話した。

    日本代表の合宿中の提訴については「残念です」と述べた。

    スポーツ報知 5/26(土) 7:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000445-sph-socc

    写真
    続きを読む

    20180414-00083968-roupeiro-000-3-view

    1:Egg ★:2018/05/17(木) 06:52:02.04 ID:CAP_USER9.net
    日本協会の田嶋幸三会長が都内で開催されたシンポジウムに出席。

    講演の中で日本代表監督を交代した件について触れ「1%でも勝つ確率を上げたい。批判は承知で、座して死を待つことはしたくない」と決断理由を改めて明かした。

    また、W杯出場チーム数の拡大が26年大会から22年カタール大会からに前倒しされる可能性が浮上したことについては「反対するのはドイツなど、次のFIFA総会で決まる」と話した。

    スポーツニッポン 5/17(木) 6:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000054-spnannex-socc
    続きを読む

    1:THE FURYφ ★ :2018/04/27(金) 23:58:21.23 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は27日、渡欧する羽田空港でハリル会見を受けて発言した。「全く違うこともおっしゃっていたのもありますが、それを今さら言っても仕方ない。それで彼の気が晴れるならそれでいいと思います」と述べた。

    「水掛け論になる」と話しつつ、ハリル発言に対して反論も述べた。技術委員会が機能しなかったという点には「西野は頑張ったと思います。間違いない」とキッパリ。解任通告の面会が5分で終わったという点には「彼は5分に感じたかもしれないけど、その10倍は話していました」。さらに、「選手たちは日本のサッカーのことを考えている。1人や2人が反乱しているというのは失礼」と訴えた。

    「彼が頑張ってくれたことは評価しています。信頼がなくなっている。コミュニケーションが取れていない。それだけで(解任理由として)十分だと思います」と強調した。「とにかく私たちは次に進んでいる」。すでに新体制もスタート。ハリル問題は過去のことと位置づけた。
    2018-04-28_00h32_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000156-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/27(金) 22:51:30.04 ID:CAP_USER9.net
    ハリル氏は「どの選手とのコミュニケーション不足か」と聞いたが…

    今月7日に日本代表監督を解任されたハリルホジッチ氏が27日、日本記者クラブで記者会見を開いた。再三に渡って「選手との信頼関係に問題はなかった」と繰り返した同氏は、解任を通達された際の田嶋幸三会長とのやり取りについても、以下のように明かしている。
     
    「4月7日に会長にパリへ呼ばれ、私は何のことかわからずホテルへ出向きました。挨拶をして腰をかけて、そして『ハリルさん、これでお別れすることになりました』という話があったんです。最初はジョークだろうと思いました。そして、1分経って会長に『なぜか、おっしゃっていただけますか』と聞きました。田嶋会長は『コミュニケーション不足』だと。私はそこで、もっと怒りが湧き立ってきました。『どの選手とのコミュニケーション不足か』と聞くと『全般的に』という答でした」
     
    そう捲し立て、さらに田嶋会長と別れた後の行動についても言及。「私は5分後にその部屋から出ました。動転して何が起こったか分からず、コーチたちに電話をしたんです。一人はイングランドにいましたし、もう一人はドイツで試合の視察をしていました。彼らには『家に帰りなさい、終わったから』と伝えました。この時のコーチたちの反応がどうだったかは、皆さんでご想像ください」とスタッフ陣に説明したという。
     
    同氏にとっては、あまりに突然で受け入れがたい解任劇だったのだろう。改めて「監督をしていた人間へのリスペクトがないのではないか。私と一緒にやってくれたコーチ仲間に対してもリスペクトがないのではないかと感じました」と協会の対応に不満を示していた。

    4/27(金) 22:02配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00039522-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/18(水) 19:07:53.71 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は17日、日本代表監督の交代劇における“イレブン陰謀論”に不快感を示した。

    日本オリンピック委員会(JOC)常務理事会後、取材に応じた田嶋会長は「なんかいろいろ(報道が)出ているね、選手たちのこととか」とバヒド・ハリルホジッチ前監督の解任に複数の代表選手たちが関わっていたとする一部報道に苦言を呈した。その上で「選手うんぬんというより自分が決めたということ。そういうふうに(選手を)巻き込みたくない」と監督交代はあくまで協会トップである自らが下した決断で、あたかも選手が裏で糸を引いたような“印象操作”は本意ではないと強調した。

    西野ジャパンの発足に伴って新体制となった技術委員会が23日に初めて開催されるが「技術委員会には最初出たい。いろいろ説明をしなきゃいけないし」と出席する意向。ロシアW杯後のA代表監督選考において従来の基準を一部見直す考えを改めて示し「変更は今までもしてきている。その時、その時に合った選考基準を作ることは決して悪いことではない」と語った。

    4/18(水) 16:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000029-tospoweb-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/09(月) 16:29:48.43 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は9日、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任を発表した。会見に出席した田嶋幸三会長は、ハリルホジッチ監督解任の理由について語った。

    「ハリルホジッチ監督は、非常に真面目で多くの時間をサッカーに割いてくれて、ピッチの上では熱い気持ちを選手にぶつけてくれました。しかし、W杯出場を決めた後は、難しい時期を過ごしていました」

    「試合に勝った負けたで更迭を決めたわけではありません。選手や様々な人の意見を聞きましたが、それだけで決めていません。マリ戦とウクライナ戦の後、選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れてきていました。そして今、総合的な判断をして、今回の決断に至りました」

    また、西野朗技術委員長の監督就任の理由も語った。

    「新しい監督には内部からの昇格しかないと考えていました。W杯までたった2か月しかない。内部で一番、このチームを見てきた西野氏を監督に決定しました。西野技術委員長は、つねに日本代表を考えてきて、選手のために考えを巡らせてきていました」

    「このタイミングだから西野監督になりました。残り2カ月しかない状況なので、この決断をしました。他のタイミングなら、彼ではなかったかもしれないです」

    4/9(月) 16:22配信
    2018-04-09_16h52_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00740348-soccerk-socc
    続きを読む

    no title
    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 06:47:43.55 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 9月4日 6時6分配信

    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(58)が3日、アジアサッカー連盟(AFC)主催のW杯予選など公式戦で、他大陸の連盟の審判団に判定してもらうよう提案する意向を示した。

    1日のUAE戦では、UAEの隣国であるカタール人のアルジャシム主審が不可解な判定を連発。「欧州や他の大陸の審判を呼んでくるのも考えないといけない」と話した。親善試合は他大陸の審判団を招く場合があるが、公式戦は大会を主催する連盟の国の審判が笛を吹くのが規定だ。

    この日は都内のJFAハウスで「リスペクトFC JAPANシンポジウム」に出席。4種(小学年代)をテーマに討論した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000055-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ