海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:細貝萌

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/04/11(火) 08:38:51.45 ID:CAP_USER9.net
    本拠地で清水に敗戦 「良いサッカーをして負けるのは良いことだとは思わない」

    柏レイソルの元日本代表MF細貝萌が9日に自身のオフィシャルサイトを更新し、J1第6節の本拠地清水エスパルス戦(0-2)の敗戦について「本気で悔しい」と綴った一方、チーム内での自身の立場について言及した。

    3月24日にドイツ2部シュツットガルトから柏に移籍した30歳の細貝は、同31日にJリーグへの登録が完了すると、第5節の敵地サンフレッチェ広島戦(2-0)で後半42分から途中出場し、7季ぶりとなるJリーグ復帰を飾った。本拠地デビューが期待された8日の清水戦ではベンチ入りしたものの、最後まで出番は訪れず。「僕は出場することはありませんでしたが、ホームスタジアムとなる日立台のピッチの雰囲気を感じることが出来ました。でも、、、昨日は何より勝ち点0だったのが本気で悔しい。。。」と思いを綴っている。

    「僕は、良いサッカーをして負けるのは良いことだとは思わない」と断言する細貝は、ベテランらしく「相手も全力でやってくる分、結果はそう簡単にはついてはこない」と厳しい言葉も投げかけつつ、今後に向けて共闘を呼びかけた。

    「今後も厳しい状況が続いていくかもしれない。けれども、サポーターと同じ方向を向いていくことで良い方向に向かっていくと、僕は信じています」

    「今の選手は本当に上手いし、技術もある」チームに言及した一方、細貝は自身の立場について「ここから僕が出来ることは何か」と自問自答している。

    「今のチームに在籍している選手は本当に上手いし、技術もある。正直言って僕よりも全然上手い」と語り、柏のチームメートが自分よりも技術的に上手いと率直に認めて絶賛している。

    それでも「僕は情熱を持ってガツガツプレーすることしかできないと思うし、今後一つひとつの局面での力強さを見せていくことで、チームに貢献したい」と、自身のストロングポイントを前面に押し出す考えを改めて表明。「今は、その積み重ねが大切だと僕は感じているし、そうすることで結果がついてくると思っています」と、次戦に向けて気持ちを切り替えていた。
    2017-04-11_10h02_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170411-00010002-soccermzw-socc
    Football ZONE web 4/11(火) 8:20配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/08(土) 07:36:21.75 ID:CAP_USER9.net
    ブログでピッチの違いについて言及 「硬さに驚いています」

    元日本代表の柏レイソルMF細貝萌が7日に自身のブログを更新し、欧州とJリーグの“ある違い”について言及。3月24日にドイツ2部シュトゥットガルトからJリーグに復帰したばかりだが、「毎日プレーしていて改めて実感しています」と語っている。

    細貝が指摘した違いとはピッチに関するものだった。「ここ数年ヨーロッパでプレーしていた僕にとって、日本に戻ってきてからはピッチの硬さに驚いています」と、ピッチ状態に驚きを隠せなかったようだ。

    「もちろん日本に移籍してきていた人から、その話しはよく聞いていたのですが、毎日プレーしていて改めて実感しています」と綴っている。

    細貝は1日のJ1第5節の敵地サンフレッチェ広島戦で後半42分から途中出場し、2-0勝利に貢献。試合から一夜明けた2日に、細貝は7年ぶりのJリーグ復帰について「この黄色のユニフォームをまといピッチに立てたことをとても嬉しく思っています!!」と喜びを露わにしていた。

    Jリーグ再デビューを飾り、日々の練習を通してピッチの硬さを再認識したようだ。「そういえば拓磨がStuttgartに来た時、ピッチが柔らかくて驚いていたのですが、改めて日本で毎日プレーしてみるとそれも納得」と明かしている。

    細貝が語る「本当に素晴らしい」もの

    日本代表通算29試合1得点のキャリアを持つ細貝は、長年ドイツと日本を往復してプレーしていたが、「やはり今は代表で少しの期間だけ日本に帰国しプレーする。というわけではないので…」と記し、ピッチへの早急な適応もひとつのポイントと見ている。

    ピッチの違いに多少の戸惑いを感じつつも、「でもこればっかりは徐々に慣れていくと思うので、焦らず前進していきます」と意気込む。ピッチの硬さに言及した細貝だが、その一方で「しかし、日本の芝は本当に綺麗で本当に素晴らしい…!!」と芝の状態を称賛している。

    ドイツの地で7シーズン戦ってきた男の眼にも、手入れの行き届いた日本の芝は美しく映っているようだ。
    2017-04-08_08h49_12
    Football ZONE web 4/7(金) 16:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170407-00010014-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/01(土) 11:36:31.34 ID:CAP_USER9.net
    柏レイソルに所属するFW大津祐樹が3月29日、インスタグラムを更新。ドイツ2部リーグ・シュツットガルトから加入したMF細貝萌の歓迎会を開催したことを報告している。柏は3月24日、細貝の完全移籍を発表。

    2011年に細貝は、浦和レッズから欧州へ活躍の場を移し、アウグスブルク(ドイツ)、レバークーゼン(ドイツ)、ヘルタ・ベルリン(ドイツ)、ブルサスポル(トルコ)を経て、今季はシュツットガルトに所属していた。「#はじくん柏歓迎会」と大津。

    細貝の歓迎会には大津をはじめ、柏のDF中谷進之介も出席。「#はるばる来客者」「#まぁよく喋る笑」と浦和のDF槙野智章、GK西川周作も参加した。「#お互い頑張りましょう」「#楽しかったー」と大津は、5人での写真を投稿している。また、槙野も同様の写真をインスタグラムに掲載。「細貝萌おかえり会!話が尽きないね。半分以上が余計な話なんだよね。でも、それが好き」とコメントをを添え、楽しい時間が流れたようだ。

    ファンからも7シーズンぶりにJリーグに復帰した細貝を歓迎する声が。「萌ちゃんおかえりなさい~!」「豪華メンバー!」「賑やかそうな来客者ですね!笑」「槙野選手が一番喋ってるんやろなぁ(笑)」「楽しそうなメンツですね!ただ歓迎会の主役が端っこ(笑)」「細貝さん主役感ないですね」「細貝くん外側でなんか槙野さんがメインみたいになってますね」「レッズに戻ってきて下さい細貝選手」「萌ちゃんおかえりー! 埼スタで待ってるよ!」などコメントがふたりのインスタグラムに寄せられていた。
    2017-04-01_13h07_46
    http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20170331/Cycle_style_46849.html
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 05:55:24.76 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ2部シュツットガルトのMF細貝萌(30)が柏に移籍することが23日、分かった。関係者の話を総合すると、既に交渉は基本合意に達している。近日中に帰国し、メディカルチェックを経て正式契約を結ぶ運びだ。浦和に所属した10年以来7季ぶりの国内復帰となる。

    今季シュツットガルトでは、リーグ25節終了時点で出場10試合(先発8)しかない。昨年9月に恩師ルフカイ監督の解任後は出場機会が激減。昨年10月の右足小指骨折も重なり、昨年12月18日のビュルツブルガー戦を最後に出番がない。それでも、対人の強さ、ボール奪取能力の高さは健在で、守備的位置ならどこでもこなせる万能性もある。

    細貝は14年10月14日のブラジル戦を最後に日本代表から遠ざかるものの、右膝手術を受けたMF長谷部誠(33=フランクフルト)の離脱もあり、Jリーグで高いパフォーマンスを持続すれば、W杯ロシア大会を目指すハリルホジッチ監督の目にとまる可能性は十分にある。柏の危機を救い、日本代表復帰も引き寄せる。

    ◆細貝 萌(ほそがい・はじめ)1986年(昭61)6月10日生まれ、群馬県出身の30歳。
    前橋育英高から05年に浦和入り。
    11-12年シーズンにアウクスブルクへ移籍し、レバークーゼン、ヘルタ、ブルサスポル(トルコ1部)、シュツットガルトでプレー。
    U―15から各世代の代表に選出され、08年北京五輪出場、11年アジア杯優勝などを経験。国際Aマッチ通算30試合1得点。
    1メートル77、69キロ。A型。
    2017-03-24_10h35_57
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/03/24/kiji/20170323s00002179277000c.html
    2017年3月24日 05:30
    続きを読む

    2017-01-31_22h26_30
    2017-01-31_22h26_41
    2017-01-31_22h26_54
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/29(木) 11:14:52.08 ID:CAP_USER9.net
    “ウッチーファン”悶絶必至のお宝写真が投下された。これを掲載したのは、シュツットガルトMF細貝萌の奥さんである中村明花さん。

    ブンデスリーガの中断期間を利用して日本に一時帰国したシャルケのDF内田篤人と行動をともにする機会があったようで、その様子を26日に自身のインスタグラム(@sayaka_nakamura3)に投稿している。

    中村さんは、内田が新幹線のシートに座りながら細貝の娘を抱く姿をカメラに収め、「新幹線に乗っている間の約1時間半、うっちのお膝でずーっと寝んねしていた娘。居心地が良かったのかな」とコメント。

    この投稿に対してファンからは、「かわいいです!内田さんも娘さんも」「娘ちゃんにも篤人にも癒されました」「うっちーパパみたい」「きゃぁーーーーーーー」「羨ましいです」「いいね100000回押したいぐらい素敵」などと絶賛の言葉が相次いだ。投稿から約2日の時点で12000件を超える『いいね』が押されている。

    ゲキサカ 12/28(水) 23:46配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-01635123-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/21(水) 03:54:32.39 ID:CAP_USER9.net
    [9.20 ブンデスリーガ2部第6節 シュツットガルト2-0ブラウンシュバイク]

    ブンデスリーガ2部は20日、第6節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトはホームで首位ブラウンシュバイクと対戦し、2-0で勝利した。2戦連続先発の浅野は1-0の後半19分に移籍後初アシストを記録し、後半23分までプレー。細貝は4-1-4-1のアンカーで2試合連続のフル出場を果たし、2連勝に貢献した。

    シュツットガルトは立ち上がりから主導権を握り、前半18分に先制に成功する。アレクサンドル・マキシムの左CKがファーサイドに流れてきたボールをDFトニ・シュニッチがヘディングで押し込み、1-0。幸先よくリードを奪った。

    前節のカイザースラウテルン戦(0-1)は2トップの一角で先発した浅野だが、この日は2列目の右サイドで先発出場。スピードを生かしたドリブルで積極的に仕掛け、前半28分にはドリブルからミドルシュートを狙ったが、GKにキャッチされた。

    1点リードで折り返した後半19分、カウンターから浅野が快足を飛ばして右サイドを駆け上がる。自陣からドリブルで独走し、相手PA近くまで持ち上がると、マイナスに戻したパスは相手にカットされたが、こぼれ球を自ら拾ってファーサイドへクロス。これを途中出場のMFケビン・グロスクロイツがフリーで受け、切り返しから右足シュートを突き刺した。

    浅野のドイツ移籍後初アシストで2-0とリードを広げたシュツットガルト。浅野は直後の後半23分に交代したが、チームはそのまま完封勝利をおさめ、2連勝で4勝2敗の勝ち点12に伸ばした。開幕5連勝中だった首位ブラウンシュバイクはこれが今季初黒星となった。
    2016-09-21_07h45_12
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-01631425-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/10(水) 17:05:15.17 ID:CAP_USER9.net
    8日に行われたブンデスリーガ2部開幕戦にフル出場したシュトゥットガルトのMF細貝萌を、ヨス・ルフカイ監督が称賛した。10日、ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

    6万人の観衆が詰めかけ行われた2部開幕戦。降格1年で返り咲きを果たしたいシュトゥットガルトだったが、FW宮市亮所属のザンクトパウリに先制を許す苦しい展開に。しかし、後半は交代策などが功を奏し、逆転で勝ち点3の確保に成功した。

    この試合の70分には、細貝が相手選手のファールを受けて流血するアクシデントも。だが、治療を受けてプレーを続けた細貝はそのままフル出場を果たしている。

    ドイツ紙『ビルト』によれば、試合後にルフカイ監督は「ハッチ(細貝)はまさにファイターのようだったね。代わるかと聞いたら、彼からの返事は『大丈夫です』というものだった」と明かし、「かなり出血したにもかかわらず、そのままプレーし続け、後半ではチームをもり立てていた。チームのために、とても精力的にプレーしていたね」と称賛。

    また、同紙は記事の中で、「シュトゥットガルトのサムライだ」と細貝について評している。

    シュトゥットガルトは次節、11日に敵地でデュッセルドルフと対戦する。
    2016-08-10_19h34_31
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160810-00478425-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/25(月) 21:45:11.58 ID:CAP_USER9.net
    ヘルタ・ベルリンMF細貝萌は、恩師ヨス・ルフカイ監督の下で再びプレーすることになるようだ。ドイツ『キッカー』によれば、細貝はブンデスリーガ2部シュトゥットガルトに移籍することで、基本合意に至ったという。

    ヘルタのパル・ダルダイ監督の構想から外れ、昨季をレンタルによってブルサスポルで過ごした細貝だが、再びドイツでプレーすることになった。古巣の浦和レッズ、ブンデスリーガ1部のダルムシュタットなどからの関心が伝えられていた同選手は、アウクスブルクやヘルタで指導を受けたルフカイ監督の下に向かうことが決定的となった。

    『キッカー』の報道によれば、細貝はシュトゥットガルトとの交渉で基本合意に達したとのこと。同じく2部に所属する1860ミュンヘンから、シュトゥットガルトよりも好条件のオファーを受けていたそうだが、それには断りを入れたという。

    またシュトゥットガルトはヘルタとのクラブ間交渉でも、移籍金70万ユーロ(約8150万円)+ボーナスを支払うことで合意に至ったと伝えられている。

    来月8日に行われるブンデスリーガ2部開幕節で、シュトゥットガルトはFW宮市亮が所属するザンクト・パウリをホームに迎える。いきなり日本人対決が実現する見通しとなった。
    2016-07-25_22h24_09
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-00010001-goal-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/26(水) 21:21:01.21 ID:???*.net
    サッカーのトルコ1部リーグ、ブルサスポルは26日、ヘルタ(ドイツ)の元日本代表MF細貝萌(29)の加入について基本合意したと公式サイトで発表した。同日、入団に必要な身体検査も終えた。地元紙によると期限付き移籍という。

    2011年からドイツでプレーしてきた細貝は13年、同国1部リーグのヘルタ入り。最初のシーズンはレギュラーとして活躍したが、昨季は負傷もあって出番が減っていた。ブルサスポルはトルコのブルサに本拠地を置く中堅クラブで、昨シーズンは1部リーグで6位だった。(共同)
    2015-08-26_22h03_20
    http://www.asahi.com/articles/GCO2015082601001809.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440591661/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ