no title
インテルは28日に行われたセリエA第5節カリアリ戦に1-4の敗戦を喫した。ワルテル・マッツァーリ監督は、選手たちのコンディションを見誤った自分の選手選択ミスが敗因だったとコメントしている。

インテルは1-1で迎えた27分、DF長友佑都が2枚目のイエローカードを受けて退場。10人での戦いを強いられると、前半のうちに立て続けに3失点を喫し、前節まで最下位の相手にまさかの大敗を喫する結果に終わった。
続きを読む