海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:遠藤保仁

    1:Egg ★:2018/04/13(金) 19:10:38.24 ID:CAP_USER9.net
    --西野朗氏(63)が日本代表監督に就任

    清水「彼はオレの1学年下で同じ埼玉生まれだから、よく試合をしたよ。背が高いのにパスも出せるうまい選手だった。とにかくモテたね。西野が出る試合は、ジャニーズのコンサート会場みたいで、あちこちから黄色い声援が飛んでいた」

    「変わるだろうね。ハリルホジッチ前監督のもとで“反乱分子”といわれた本田(パチューカ)、香川(ドルトムント)、岡崎(レスター)は復帰するだろう」

    --前任者へのあてつけか

    「違うよ。この3人には実績と経験がある。3人を軸にチームをつくらないと間に合わない。W杯ロシア大会開幕まであと2カ月。チームとして活動できるのは正味1カ月くらいしかない」

    --サプライズ招集もありそう

    「可能性は高いよな。たとえば38歳の遠藤保仁(G大阪)。西野はG大阪監督時代に、遠藤を気持ちよく働かせて何度も勝ってきたからね。ハリルさんと違って、がみがみいうことは絶対にない。何もいわず選手に任せきることができる」

    --W杯期間中に40歳になる中村俊輔(磐田)が招集されてもおかしくない

    「いや、残念ながらそれはない。本田と俊輔を一緒には使えないことを、西野もわかっていると思うよ」

    --西野氏といえば、1996年アトランタ五輪でブラジルを破った“マイアミの奇跡”

    「若くて鼻っ柱も強かった前園や中田ヒデをコントロールしていた。選手を乗せることができる。やはり西野しかいなかったね」

    --これでW杯も期待できる

    「あのね、W杯は甘くないよ。1次リーグで対戦するコロンビア、セネガル、ポーランドから大量得点を奪って勝つなんて、まずあるわけない。だろ~? 初戦のコロンビア戦は引き分けの勝ち点1狙い。そんなサッカーをするんじゃないかな」

    ■清水秀彦(しみず・ひでひこ) 1954年11月4日、東京都生まれ。ポジションはMF。浦和市立高、法大、日産サッカー部(現J1横浜)で日本一を経験。93年のJリーグ開幕戦で横浜Mを率い勝利を収めたのを皮切りに、Jリーグ4クラブで監督を務め通算134勝を達成。
    2018-04-13_20h05_10
    http://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/180413/spo1804130008-s2.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/28(水) 22:05:53.16 ID:CAP_USER9.net
    ガンバ大阪のチームキャプテン、遠藤保仁。
    クラブのYouTubeチャンネルで提案したある内容が話題だ。

    こちらはシーズン開幕前に公開された「フェアプレーメッセージ」。その後半、遠藤はパナソニックスタジアム吹田で惜しいシーンがあった際、「あ~」ではなく「ウー」という声を出すようサポーターに提案したのだ。

    シュートが外れたり選手がミスをしたりした際、「あ~」というため息が漏れがちな日本人。しかし、海外では言語の違いからか「ウー」という声が出るのが一般的であり、プレーしている立場からするとそちらの方が奮起しようという気持ちになるという。

    遠藤はこの提言を2016年あたりからメディアなどで語っているが、改めてサポーターに伝えたのだ。

    先週末に行われた名古屋グランパスとのJ1開幕戦でも、このVTRがスタジアムで流れていた(04:06から)。サポーターとしても、遠藤という絶対的な存在に提案されることで意識も大きく変わってくるはず。スタジアム環境の向上を目指す上で、他のクラブにとってもいろいろと参考になりそうな提案である。

    2018年2月28日 19時0分 Qoly
    http://news.livedoor.com/article/detail/14367546/

    動画



    【スタジアム密着レポート】2018年2月24日 J1リーグ 第1節 名古屋グランパス

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/29(月) 23:15:21.47 ID:CAP_USER9.net
    「国際レベルのヒーロー」として遠藤が選出、伝説的FWの釜本氏も名を連ねる

    現代のサッカー界では、優れた選手が欧州に集うという情勢が当たり前のようになっているが、欧州でプレーしない名手も少なくない。

    英メディア「sportskeeda」は欧州でプレー経験のないアジア人トップ5を特集。日本人選手が二人選ばれ、往年の名ストライカーも名を連ねた。

    特集の中で筆頭とされたのが、J1ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁だった。2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)のデンマーク戦で鮮やかな直接フリーキックを決めた遠藤は、10年近くに渡って日本の攻撃を司るコンダクターとして君臨。特集でも「国際レベルのヒーロー」として高く評価された。

    そして、4位には1968年メキシコ五輪で銅メダルに輝いた日本チームの伝説的なストライカーである釜本邦茂氏が選出されている。日本代表として国際Aマッチ76試合75ゴールを決め、日本サッカーリーグのヤンマーディーゼルでは202ゴールを決めた。特集では「そうした輝かしい記録も、ヨーロッパでのプレーにはつながらなかった。そのような時代だった」とされている。

    他では、元サウジアラビア代表FWで“砂漠のペレ”の異名を取ったマージェド・アブドゥラーや、同代表のGKとして1994年アメリカW杯で神がかり的なセービングを連発したモハメド・アル・デアイエ、イラク代表として1986年メキシコW杯に出場したFWアーメド・ラディが選出されている。

    現在は日本など東アジアだけでなく中東からも多くのプレーヤーが欧州でプレーしている。遠藤こそ近年のサッカー界で活躍した選手だが、釜本氏などが「そのような時代だった」と触れられているように、生まれた時代が違えばアジア出身として欧州のトップクラブでプレーしてもおかしくない名選手になっていたのかもしれない。

    1/29(月) 22:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180129-00010020-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/06(土) 09:40:48.63 ID:CAP_USER9.net
    1/6(土) 9:00配信
    東洋経済オンライン
    遠藤保仁が「体力B判定」でも活躍できたワケ

    「国際Aマッチ出場数最多記録保持者」「東アジア最多出場記録」など、数々の金字塔を打ち建て、ワールドカップで世界を相手に戦った遠藤保仁選手(新刊に『「一瞬で決断できる」シンプル思考』がある)、実はサッカー日本代表で行われる体力測定の数値は下から数えたほうが早かった。フィジカルが強いほうが有利とされるサッカーで、遠藤選手はなぜ長く第一線で活躍し続けることができるのか? その理由を遠藤選手本人が語ります。

    「先読み」と「シンプル思考」を鍛えるには

    当たり前に聞こえるかもしれませんが、サッカーというスポーツはフィジカルが強いほうが有利だとされています。相対的に体が小さい日本人プレーヤーが、フィジカルの強い外国人と真正面からぶつかれば、分が悪いのが普通です。

    しかし、サッカーのうまさはそれだけでは決まらないというのが僕の持論です。もし、フィジカルで勝敗が決まるのであれば、僕は日本代表に呼ばれることはなかっただろうと思いますし、プロ選手として長くプレーすることも不可能だったはずです。実際、日本代表選手の中でも、僕の体力測定の数値は下から数えたほうが早かったぐらいです。それでも世界の舞台で戦えているのは、つねに「先読み」と「シンプル思考」を心掛けてきたからです。

    サッカー選手としての僕を支えてきたのは「先を読む力」です。そして、「先を読む力」は、個人のセンスに左右される部分もありますが、ある程度は自分で磨くことができると考えています。ふだんの生活の中でも、先読みのトレーニングは可能です。

    身近な話でいくと、僕は車の運転をしているとき、どの車線を走れば前が詰まることなく、スムーズに流れに乗ることができるか、つねに考えています。前方の混雑状況だけでなく、バックミラー越しに映る後方の交通量や道路状況なども考慮しながら、自分が走る車線を選択しています。

    家族と一緒にスーパーへ買い物に出掛けたときも、どのレジに並ぶべきか、いつも予測しながら決めています。単純に列を作っている人の数を見るだけでなく、買い物かごの中に入っている商品の数もチェックしています。並んでいる人の数が多くても、買い物かごの中の商品が少なければ、列は早く進みますからね。

    ベテランの店員さんは手際がいいので、素早くお客さんをさばいていきます。そんな要素を総合的に判断して、自分が並ぶべき列を決めています。
    2018-01-06_11h16_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00202870-toyo-soci
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/23(土) 17:12:33.04 ID:CAP_USER9.net
    12/23(土) 17:00配信
    遠藤保仁&小野伸二&中澤佑二、難関FK企画で日本代表以来のタッグ

    元サッカー日本代表の遠藤保仁、小野伸二、中澤佑二が、来年1月1日放送の日本テレビ系元旦恒例特番『ウルトラマンDASH』(後6:00)に出演し、名物『フリーキック』企画に挑戦することがわかった。サッカー界のレジェンドである3人が2006年のドイツワールドカップ以来約12年ぶりのタッグを結成して奇跡のゴールを目指す。


    これまでも中村俊輔や 清武弘嗣らによって行われてきた同企画では、街中でボールをバスの窓へ蹴りこむ奇跡のような映像を届け、イギリスの一流誌『メトロ』でも報じられたほどその神業で視聴者を驚かせてきた。今回は過去最高の難易度を誇り、3人の名手によるチームワークとテクニックが必須となる。

    舞台は桜の名所・目黒川。自転車に乗った少年サッカーチームの監督・大杉漣が荷台から落とした一つのボールを、通りがかったTOKIO長瀬智也のアイディアのもと、3人の選手が大杉監督のもとへと届ける。

    まず目黒川を挟んで対岸の選手にピンポイントパス、パスを受けた対岸の選手が川沿いを高速ドリブルで駆け上がり、さらに対岸の選手にピンポイントクロスでボールを届け、最後はヘディングで自転車のカゴにゴール…。目標物は 猛スピードで川沿いを走る自転車の荷台、しかし幅30メートルの川、通行人、自転車、ガードレールなどの障害物を避けて100メートル先を走る自転車に ボールを届けるという難関ミッションに“天才的戦術眼の司令塔” 遠藤、“世界がうなった神の足” 小野、“日本が誇る 爆裂ボンバーヘッド” 中澤が挑む。
    2017-12-24_08h32_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000323-oric-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/03(木) 11:43:09.70 ID:CAP_USER9.net
    日本代表選手として歴代最多の国際Aマッチ出場を果たしている遠藤保仁。長きにわたって日本代表の攻撃を操っていたコントロールタワーの目に、現在の日本代表はどのように映っているのだろうか。8月7日発売となる『フットボール批評issue17』で敢行したインタビューで、ガンバ大阪MFは自身の考えを語っている。(取材・文:西部謙司)

    ●現在の日本代表に足りないものを埋めるにはどうすれば

    「間違いなく少ないですね」

    中盤でのタメ、あるいは「遊びのパス」。いっけん無駄にみえて、そこで一呼吸おくことで展開を大きく変えていく組み立て。日本代表にそれが少ないのでは?

    遠藤保仁の答えは予想どおりだった。それにかけてはエキスパートで、それで日本代表を動かしてきた選手なのだ。では、現在の日本代表に足りないものを埋めるにはどうしたらいいのか、何が必要なのか。

    「勇気じゃないですか」

    日本代表選手が臆病だという意味ではない。背景を説明する必要があるだろう。ハリルホジッチ監督の指揮する日本代表は自分たちに“ボールがない”ことを前提としたチーム作りを進めている。堅固なゾーンの守備ブロックを敷いて敵の攻撃を迎撃し、素早くカウンターアタックを仕掛けることを目指している。

    もちろん、これしかやらないわけではないが、流行の言葉でいえば「デュエル」と「縦に速い攻撃」のサッカーだ。一方、遠藤は“ボールがある”ことを前提としたサッカーで能力と存在感を発揮してきた選手である。

    現在の代表に遠藤はいない。本人が招集されていないだけでなく、“遠藤”に該当するMFすらいない。ボランチに要求される仕事が違うからだ。ボールをどう生かすかではなく、敵のボールを奪える能力が優先されている。

    当初、“遠藤”は起用されていた。柏木陽介、大島僚太がいた。しかし最終予選の初戦でUAEに敗れると、ハリルホジッチ監督はチームの性格をはっきりさせた。“遠藤”はいなくなり、“ボールがない”サッカーへと舵が切られた。遠藤的なプレーの減少は必然といえる。

    ただ、全く不要というわけでもない。それが必要とされる場面は何度となくある。それがチームの目指している方向性とは違っていても、サッカーである以上必ずある。しかし、そのときにチームの方向性と違うプレーをやるには「勇気」が要る。

    「(監督の指示どおりにやらないと)試合に出られない雰囲気は、代表に入っていない僕らでも感じますから、代表選手はもっと感じているでしょう」

    つづく
    no title
    8/3(木) 10:20配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170803-00010000-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/14(日) 11:45:08.83
    ◆それはアラウージョでもマグノでもなく。

    2001年の春に万博の地を踏んで、早や16年。いまやガンバ大阪の生き字引にして、生ける伝説だ。
     
    当ウェブサイトの連載シリーズ『黄金は色褪せない』に登場する遠藤保仁。近日公開予定のインタビュー記事のなかから、今回はガンバファンにとってなかなか興味深いパートのみ、先出しでお届けしよう。
     
    訊いてみたのは、ヤットが考える「ガンバ最強助っ人」は誰か。
     
    在籍17年目。その期間に苦楽をともにした外国籍選手は数知れない。やはり印象深いのは、遠藤自身のラストパスに呼応してゴールラッシュを決め込んだ一線級のストライカーたちだ。アラウージョ、マグノ・アウベス、パトリックのいずれかが有力候補で、タイトル奪取の貢献度で推し量るなら、ルーカスかシジクレイも妥当な線。常人離れした思考回路を持つ遠藤だけに、大穴として技巧派のマルセリーニョ・カリオカあたりまでを想定していたが、どれもこれも不正解だった。
     
    「たしかに普通に考えれば、アラウージョかマグノになるんかな。あの決定力は半端なかったし、チームを勝利に導いたってところではあのふたりのどっちかやと思うよ。でも、俺の中での最強は違う。地味やけど、ファビーニョ」
     
    一瞬、頭の中が「???」となったが、遠藤の「ほら、小柄で10番着けてたブラジル人」という一言で思い出した。

    ◆ヤットの攻撃性能を最大限に引き出した職人。

    2002年、西野朗政権の1年目に、1シーズンだけ在籍した黒人のボランチだ。ちなみにその翌年から二川孝広が彼の後を継いでガンバの10番を背負うわけだが、またなんでファビーニョがナンバーワンなのだろうか。
     
    「あんましみんな覚えてないかもしれんけど、俺的にはファビーニョ。まさにね、ザ・ブラジル人ボランチ。ボールをガンガン狩れるし、とにかく無駄がなくて、ミスが少ないうえに、シンプルなことしかしない。で、ボールを奪ったら速攻でボールをくれる。プレーが分かりやすくて正確だから、一緒にダブルボランチを組んでてすごくやりやすかった。このタイミングで渡すの? とか、まったくなかったからね」
     
    2001年シーズン、京都サンガから移籍してきた遠藤の相棒は、稲本潤一だった。強力デュオを形成してすぐさまチームの屋台骨となったが、イナは半年でアーセナルへと旅立ち、シーズン後半はベストパートナー不在のまま、悪戦苦闘を余儀なくされた。

    やがて西野体制となり、入団してきたのが守備職人のファビーニョだ。完全な汗かき役として振る舞い、遠藤の攻撃性能を最大限に引き出した。
     
    ガンバがいよいよヤットのチームになる、その礎を築いたのが2002年シーズン。本人は口にしなかったものの、言うなればファビーニョは“恩人”なのである。
     
    「俺が守ってやるから好きにしろって感じやったね。思い切り自由にプレーさせてもらった。かなり意外でしょうけど、俺にとってはファビーニョが一番。まるで10番っぽくなかったけどね(笑)」
     
    わずか1シーズンの在籍ながら、2005年シーズンに記録にも記憶にも残る鮮烈な活躍を見せたアラウージョのように、遠藤にとってファビーニョは、万博に1年だけ舞い降りた天使だったのかもしれない。
     
    取材・文:川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)
    2017-05-14_12h31_21
    SOCCER DIGEST Web 5/14(日) 10:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00025644-sdigestw-socc
    続きを読む

    9b465_1610_62e6a45f_5c729b00

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/01(月) 08:35:04.69 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1第9節 G大阪1―0横浜(2017年4月30日 日産ス)

    最後まで出番は訪れなかった。G大阪MF遠藤保仁(37)はリーグ戦2試合連続ベンチスタートとなり、出場機会がないままタイムアップの笛を聞いた。ベンチ入りして出場機会がなかったのは横浜フリューゲルスに在籍したルーキーイヤーの98年4月25日・市原戦以来。実に19年ぶりの“珍事”だ。

    「ケガではないですよ。コンディションも悪くない」。機動力のある日本代表MF倉田秋とMF井手口陽介がボランチで起用され、1―0でリードした後はDF丹羽大輝が投入された。戦術的理由、試合の流れで仕方のない面はあったが、内心は悔しくないわけないだろう。

    「また試合に出るためにトレーニングをするだけ。次の試合に向けて準備します」。いつも通り淡々と話をする姿に、遠藤のプライドが見え隠れしていた。

    スポニチ 04月30日 23:49
    https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20170430-0174.html
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/:2017/04/25(火) 23:59:21.20 ID:CAP_USER9.net
    ACLアデレード戦での勝ち越しチャンスで、まさかの“宇宙開発”
     
    ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁が、25日のAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の本拠地アデレード・ユナイテッド戦で、PKの名手らしからぬシュートミスを犯した。ボールがG大阪サポーターの待つゴール裏に吸い込まれる様子を、海外メディアも「シュートを空に放つ」「観衆に打ち込む」と次々に報じている。

    2-2で迎えた後半11分、ペナルティーエリア右で攻撃参加したDFオ・ジェソクが相手マーカーと入れ替わろうとしたところで、マーカーに手で引き倒されてPKを獲得した。このチャンスでキッカーを務めたのは遠藤。相手GKガレコビッチが先に動き出すのを待ったが、相手守護神は動かず。そして、ゴール右隅を狙ったシュートは枠を大きく外し、悲鳴に支配されたゴール裏のスタンドに突き刺さった。

    かつて相手GKをあざ笑うようなコロコロPKを武器にしていた遠藤だが、アメリカのスポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ・フットボール」のツイッターは、「オーノー! 遠藤がPKをミス。ベテランはシュートを空に放ったが、試合はいまだ同点」と、よもやの“宇宙開発弾”を速報した。さらに「なんてミスだ! 遠藤」と、うつむく写真とともに続報をツイートしている。

    その一方で、AFC公式ツイッターも「ミス! 遠藤がペナルティーをミス。観客にボールを打ち込む」と速報している。PKの名手として知られる遠藤は、後半14分に途中交代でピッチを去った。試合も終了間際の失点で3-3のドローに終わっただけに、G大阪にとっては痛恨のPK失敗となってしまった。

    Football ZONE web 4/25(火) 23:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00010024-soccermzw-socc

    写真


    動画



    FOX SPORTS ASIA
    http://www.foxsportsasia.com/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 22:42:57.35 ID:CAP_USER9.net
    ◆ガンバ大阪・遠藤保仁インタビュー

    ガンバ大阪の遠藤保仁は、今季の前半途中から本来のボランチではなく、トップ下のポジションでプレーする機会が増えた。以前も一時期、FWや右MFの位置でプレーしたことがあったが、これほど長くボランチから離れることはなかった。

    遠藤の”指定席”には20歳の井手口陽介が入って、不動のものにしつつある。そうした現在の状況について、遠藤本人はどんな心境でいるのだろうか。

    「正直、ボランチじゃなきゃダメとか、そういうこだわりはないね。それは、気持ちが変わってきたというより、自由にやらせてもらっているから。トップ下のプレーで(長谷川健太)監督に言われているのは、攻守の切り替えや、球際で激しくいくとか、ボールを取られたら全力で取り返すとか、当然やらなければいけないことだけ。特にやってはいけないこともないし、ほんと自由。自分たちがどう攻めるかってよりも、どうしたら相手のバランスが崩れるのかな、ということを意識して攻撃している。(トップ下も)楽しいから、そこでもいいかな、という感じ」

    遠藤のポジションは、配置的にはトップ下だが、チームでは自由に動く”フリーマン”的な役割を果たしていた。

    「ボランチよりも(ポジションが)5m前に出ているだけだけど、景色が違うし、相手のプレッシャーはかなり厳しい。ただ、前に行けば行くほど、ミスをおかしても許される部分があるので、今は楽しんでやれている。それが、大事でしょ。俺は楽しんでサッカー人生を終わりたいんで、最後は別にボランチじゃなくてもいいと思っている」

    遠藤は現在、36歳。年が明ければ、37歳になる(1980年1月28日生まれ)。年齢的に、体力的な衰えなど、若い頃とは違った面で苦労を感じてもおかしくない。さらに今後、監督のサッカーの志向や若手の台頭によって、ベンチに置かれる機会が増えていくかもしれない。ベテランの生き方を、遠藤はどう捉えているのだろうか。

    「(これまでと同様)この年齢になっても、体のケアは特別なことは何もしていない。練習前、ストレッチする時間がちょっと長くなっただけ。基本、ひと晩寝れば、気持ちも、疲れもすっきりするからね。

    まあ、俺らの年齢で大事なことは、変なプライドを持たないこと。『昔はこのプレーができていたのに』って(過去の自分と)比べられたりするけど、それを気にしてもマイナスになるだけ。『あいつ、キレがなくなったな』って言われることもあるけど、そりゃこの年齢になれば、20歳のときとは違うし、キレがなくなるのは仕方がないこと。

    逆に、その当時はできなかったプレーが、今はできることもある。自分の武器を大切にしつつ、まだまだできないことにもトライする。全力でがんばってダメなら、そこは他の選手にカバーしてもらえばいいし、逆に周囲の選手ができないことを自分がやればいい」

    『黄金世代』の同期、小笠原満男(鹿島アントラーズ)や、小野伸二(コンサドーレ札幌)、稲本潤一(札幌)らも、まだ現役で奮闘している。それでも”引退”の足音はヒタヒタと近づいているに違いない。その点の見極めについて、遠藤はどう考えているのか。

    >>2以降につづく
    no title
    webスポルティーバ 12/16(金) 14:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161216-00010003-sportiva-socc&p=1
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ