海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:酒井宏樹

    1: Egg ★ 2019/03/21(木) 08:43:26.55
    日本代表DF酒井宏樹は2016年にマルセイユに加入して以降、クラブ内で確固たる地位を築いてきた。本来は右サイドバックながら、今では左サイドバック、時にはセンターバックでも起用され、常に期待に応え続けている。日本代表監督として酒井を指導し、現在はナントの指揮を執るバヒド・ハリルホジッチ監督はフランスメディア「Le Phocéen」のインタビューに答え、「モンスター級のフィジカルを持っている」と称賛した。

    日本代表時代に3年間、酒井を指導したハリルホジッチ監督。酒井に対する印象を問われると、「彼は愛すべき青年で、絶対に問題は起こさない」と紹介し、続けてサッカー面での特徴に言及した。

    「柔軟さと度量があって、申し分のない選手だ。マルセイユのファンなら誰もが知っていることだろう。その完璧さとアスリート能力の高さによって、ルディ・ガルシア(監督)の目から見て代えの利かない存在となっている」

    さらにピッチ上での詳細を問われたハリルホジッチ監督は、「彼はモンスター級のフィジカルを持っている。天性のクオリティーだね」と語り、酒井の現状に対する持論を展開している。

    「今は左サイドでのプレーが多くなっているが、明らかに右サイドのほうが効果的にプレーできるだろう。守備での貢献度が非常に高い一方、彼は攻撃でも多くのものをもたらしてくれるからだ。唯一、不満を述べるとすればやや積極性に欠けることだが、それもマルセイユでの経験を通じて日に日に改善していると感じている」

    かつては代表監督と選手、今は対戦相手という関係だが、ハリルホジッチ監督は酒井への愛情を隠さない。“教え子”の成長には誇らしさを感じているようだ。

    3/21(木) 6:25配信 フットボールゾーン
    2019-03-21_09h22_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190321-00177690-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/12(火) 10:50:53.05
    [3.10 リーグアン第28節 マルセイユ1-0ニース]

    フランス・リーグアンは10日に第28節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでニースと対戦し、1-0で勝利。FWマリオ・バロテッリが古巣相手に決勝弾を決めた。酒井は左サイドバックで起用され、フル出場している。

    酒井がアジアカップから帰還してからマルセイユは調子を上げ始め、5試合無敗(4勝1分)で一気に4位まで浮上。今冬加入のバロテッリがチームに順応したことも飛躍の大きな一因となっている。この試合でもバロテッリは先発出場。酒井は前節と同じく4バックの左SBを務めた。

    前半を0-0で折り返すと、マルセイユは後半17分に先制。酒井のパスを受けたMFルーカス・オカンポスが左サイドからクロスを上げ、バロテッリがヘディングシュートを叩き込んだ。“背番号9”は加入後5得点目。前節はスマートフォンで自撮りを行うゴールパフォーマンスを見せたが、今節はピッチに座り込み、満面の笑みでMFフロリアン・トバンとじゃんけんを行った。

    マルセイユは1点を守り切り、1-0で試合終了。3位リヨンが引き分けたため、4位マルセイユは勝ち点差を3に縮めた。次節は17日、首位パリSGとのダービー“ル・クラスィク”となる。
    2019-03-12_11h50_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-37059151-gekisaka-socc

    参考動画

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/04(月) 13:18:18.98
    [3.3 リーグアン第27節 マルセイユ2-0サンテティエンヌ]

    フランス・リーグアンは3日に第27節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでサンテティエンヌと対戦し、2-0で勝利。酒井は左サイドバックとしてフル出場している。

    前半5分、サンテティエンヌのカウンターを防ぐために酒井が素早くブロック。しかし主審にファウルをとられ、イエローカードを提示された。マルセイユは同12分に先制。右CKをMFフロリアン・トバンが蹴り込み、PA内のFWマリオ・バロテッリが豪快な右足ボレーを叩き込んだ。

    ゴールを決めたバロテッリはカメラマンからスマートフォンを受け取ると、その場で自撮りを実行。チームメートと喜びを共有した。

    マルセイユは前半21分、PA内で相手のハンドを誘発してPKを獲得。トバンが冷静にPKを決めて追加点を奪い、前半を2-0で折り返した。後半に入ってもマルセイユは相手の得点を許さず。そのままリードを守り切った。

    マルセイユは5位からヨーロッパリーグ圏内の4位に浮上している。
    news_267766_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-34592914-gekisaka-socc


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/17(日) 05:30:20.90
    【マルセイユ 2-0 アミアン フランス・リーグアン第25節】

    フランス・リーグアン第25節が現地時間の16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属する6位マルセイユが16位アミアンと対戦し、2-0で勝利を収めた。

    酒井は右サイドバックでプレーし、アジアカップから合流後3試合連続スタメンフル出場となった。42分にはシュートブロックで失点のピンチを防ぐなど、守備で貢献した。

    マルセイユは今冬の移籍市場でニースから加入したFWマリオ・バロテッリが2トップの一角として入った。また、MFディミトリ・パイエが怪我から復帰し、ベンチ入りしている。

    ホームのマルセイユが試合を動かす。19分、相手陣内でDFブバカール・カマラがボールを奪うと、バロテッリ、マクシム・ロペズと繋ぐ。そして、左サイドの空いたスペースに走り込んできたFWフロリアン・トバンにロペズがパス。トバンは左足でファーサイドに決め、マルセイユが先制に成功した。

    続く25分、自陣のFKをマルセイユGKスティーブ・マンダンダが大きく蹴ると、オカンポスがヘディングで競り勝つ。そのボールを受けたバロテッリがワントラップして半身でシュート。これが決まり、マルセイユが2点リードとなった。これでバロテッリはマルセイユに加入後、4試合で3得点となった。

    さらに、マルセイユがチャンスを作る。左サイドのペナルティエリアやや手前の位置からのFKのボールをトバンが頭でフリック。そのボールが相手DFに当たり、ファーサイドにいたバロテッリの元へ。これをバロテッリが頭で押し込んだ。3点目が決まったかのように思われたが、主審がここでVARを確認。

    すると、トバンがフリックした時点でバロテッリがオフサイドポジションにいた為、オフサイドの判定。バロテッリの今季4ゴール目とはならなかった。この直後、バロテッリはMFルイス・グスタボと交代した。

    その後も、マルセイユは何度もアミアンゴールに襲い掛かるが、追加点は生まれず、試合はこのまま終了。2-0でマルセイユが勝利し、今季初となるリーグ戦3連勝となった。

    【得点者】
    19分 1-0 フロリアン・トバン(マルセイユ)
    25分 2-0 マリオ・バロテッリ(マルセイユ)
    7faa8bee7e6840571c77408dc8b424f4-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00309772-footballc-socc
    2/17(日) 2:54配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/896790
    酒井 成績

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/02/09(土) 11:39:00.76
    現地時間8日、リーグ・アン第24節ディジョンvsマルセイユが行われた。この試合で酒井宏樹は先発出場を果たしている。

    試合はホームのディジョンが先行する流れに。前半18分、ミドルシュートをGKスティーヴ・マンダンダが弾くものの、そのこぼれ球をディジョンのジョルダン・マリエが押し込んで1-0に。

    試合はディジョンの1点リードでハーフタイムを迎え、後半に入りここからマルセイユが巻き返す。58分、CKのチャンスにマルセイユがハイボールを放り込むとニアに飛び込んだフロリアン・トヴァンが頭でコースを変え、ファーにいたマリオ・バロテッリがダイレクトで押し込んでスコアは1-1に。バロテッリはこれでマルセイユ加入後、3試合2得点となった。

    73分にはジョルダン・アマヴィの縦パスを受けたルーカス・オカンポスがカットインから右足でファーのネットを揺らし、1-2とマルセイユが逆転。試合はこのままフルタイムを迎え、マルセイユがアウェーで逆転勝利を飾った。酒井宏樹はフル出場を果たしている。

    マルセイユはこの勝利で勝ち点を37に伸ばし暫定5位に浮上。一方のディジョンは勝ち点20のままで16位となっている。
    2019-02-09_13h09_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00010000-goal-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/01/30(水) 00:30:53.89
    1/30(水) 0:21配信
    酒井宏樹は異常なし、遠藤航はクラブで再検査へ

    日本サッカー協会は29日、UAE・アブダビの病院で検査を受けた日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)について、検査の結果、異常なしと診断されたことを明らかにした。

    一方、28日のアジアカップ準決勝イラン戦(○3-0)で左太腿裏を痛めて途中交代したMF遠藤航(シントトロイデン)もアブダビの病院で検査を受けたが、所属クラブに戻ってから再検査を受けることになり、全治などの詳細はクラブでの検査を受けてから発表されることになった。

    イラン戦の後半15分に担架で運び出された遠藤は試合後、足を引きずりながらも自力で歩き、取材エリアで対応。「たぶん次は厳しいと思う」と決勝の欠場を示唆する一方、チームを離脱するかどうかについては「(検査を受ける)明日次第。僕は残りたいですが」と話していた。

    酒井はイラン戦の前半25分にMFバヒド・アミリの激しいファウルを受け、右足首あたりを抑えて倒れ込むシーンがあった。後半1分にハンドでイエローカードを受けていたこともあり、後半28分に途中交代。その状態が心配されたが、決勝への出場は問題なさそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-23264819-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/28(月) 02:50:34.37
    勝利のみを目指して戦う。日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)は28日のアジアカップ準決勝・イラン戦に向け、「面白い試合になると思うし、決勝に進めるように全力を尽くしたい」と意気込んだ。

    ここまで5連勝で準決勝まで駒を進めてきたが、その5試合すべてが1点差勝利。決勝トーナメントに入ってからはサウジアラビア戦、ベトナム戦と1-0での勝利が続いている。練習前に行われた監督会見では海外メディアから「守備的な戦いで、2004年のギリシャのような戦い」との指摘が出るなど、その試合内容は決して高く評価されるものではない。

    それでも酒井は「トーナメントなので勝つことがすべて。それ以外もそれ以上もない」と力説。「内容も結果も大事なのは4年後。(チームを)つくっている段階で課題が出るのは当たり前だし、勝たないと自信もつかない」。MF堂安律やDF冨安健洋といった20歳の選手もレギュラーに抜擢される中、チームとして勝ちながら成長できているとの実感もある。

    イランの左サイドでは今大会3ゴールのMFメフディ・タレミ(アルガラファ)が累積警告のため出場停止。代わってMFサマン・ゴッドス(アミアン)の起用が予想されるが、酒井とゴッドスはともにフランス・リーグアンでプレーし、昨年11月25日に行われた試合でも両者フル出場している(結果はマルセイユの3-1勝利)。出場停止のタレミについて「すごくいい選手だった」と指摘した酒井はゴッドスが代役となる可能性について「どちらにしても強いと思うし、いい準備をしたい」と冷静に話していた。
    2019-01-28_09h31_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-22628841-gekisaka-socc
    1/28(月) 1:52配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/24(木) 00:46:30.05
    日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは23日、FWマリオ・バロテッリを今季終了時までの契約で獲得したことを公式発表した。
    バロテッリは所属していたニースとの契約を解除しており、フリートランスファーでの加入となる。

    これまでインテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リヴァプールなど名だたるビッグクラブでプレーしてきたバロテッリは、
    2016年の夏にニース入り。今シーズンは、パトリック・ヴィエラ新監督の下でリーグ戦に10試合に出場。

    しかし、ここまで無得点と結果を残せず、先月には交代の際に手袋を投げつけるなど、かつて多くの問題を起こしてきた“悪童”は、
    28歳となった現在も精神的な脆さを抱えていることが指摘されていた。

    バロテッリが加入するマルセイユは今シーズン、リーグ・アン第20節を終えて9勝4分け7敗の7位に位置。

    現在は日本代表としてアジアカップ2019に参戦しているが、酒井も在籍。同選手のクロスからバロテッリがゴールを挙げ、
    共にセレブレーションをするような場面などを見せてくれることを期待したいところだ。

    1/24(木) 0:29配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00010000-goal-socc

    写真
    20190124-00010000-goal-000-view

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/25(火) 12:11:47.21 _USER9
    マルセイユDF酒井宏樹が、フランス紙『レキップ』の2018年ベストイレブン候補にノミネートされた。

    2016年にマルセイユへ加入した酒井。加入直後からレギュラーの座をつかむと、2017-18シーズンには公式戦通算50試合に出場した。リュディ・ガルシア監督の信頼を完全に掴み、本職の右サイドバックだけでなく、左サイドバックやセンターバックとしてもプレー。クラブのヨーロッパリーグ決勝進出やリーグ戦4位フィニッシュに大きく貢献した。

    今季もここまで公式戦17試合に出場する酒井だが、その活躍から『レキップ』の選ぶ2018年ベストイレブンの右サイドバック部門でノミネートされている。

    寸評では「決して努力を怠らない。この日本人はマルセイユのピッチ上で少なくとも良いプレーを見せている。右サイドと同様、左サイドでも機能する」としている。

    なお、その他トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン)やラファエル(リヨン)、酒井と同僚のブナ・サールなど10選手がノミネート。読者による投票は、フランス時間28日の20時まで行われている。
    2018-12-25_15h39_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00010006-goal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/11/30(金) 10:21:02.17 _USER9
    【EL結果まとめ】南野のザルツブルクと乾のベティスが突破決定。長谷部のフランクフルトは首位通過

    現地時間29日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節の24試合が各地で開催された。

    南野拓実が交代出場したザルツブルクは“姉妹クラブ”であるRBライプツィヒに1-0の勝利を収め、今大会5戦全勝でグループ突破決定。乾貴士もオリンピアコス戦に交代出場し、1-0の勝利を収めたベティスは決勝トーナメント進出を決めた。

    長谷部誠がフル出場したフランクフルトはマルセイユに4-0で快勝してグループ首位通過が確定した。すでに敗退が決まっているマルセイユの酒井宏樹は出場せず。同じく敗退決定済みのアンデルレヒトは森岡亮太が先発で出場したが、スパルタク・トルナバと0-0のドローに終わった。

    前節時点でグループ突破を決めていた7チームに加え、ザルツブルクとベティスの他にゼニト、ディナモ・キエフ、フェネルバフチェ、スポルティングCPが決勝トーナメントへ進むことが決まった。今回行われた24試合の結果は以下の通り。

    レバークーゼン 1-1 ルドゴレツ
    FCチューリッヒ 1-2 AEKラルナカ
    ローゼンボリ 0-1 セルティック
    ザルツブルク 1-0 RBライプツィヒ
    ボルドー 2-0 スラビア・プラハ
    ゼニト 1-0 コペンハーゲン
    アンデルレヒト 0-0 スパルタク・トルナバ
    フェネルバフチェ 0-0 ディナモ・ザグレブ
    カラバフFK 1-6 スポルティングCP
    ボルスクラ 0-3 アーセナル
    ミラン 5-2 F91デュデランジュ
    ベティス 1-0 オリンピアコス
    スパルタク・モスクワ 1-2 ラピッド・ウィーン
    レンジャーズ 0-0 ビジャレアル
    アポロン・リマソール 2-0 ラツィオ
    フランクフルト 4-0 マルセイユ
    マルメ 2-2 ヘンク
    サルプスボルグ08 2-3 ベジクタシュ
    クラスノダール 2-1 アクヒサル
    スタンダール・リエージュ 1-0 セビージャ
    アスタナ 0-1 ディナモ・キエフ
    FKヤブロネツ 0-1 レンヌ
    BATEボリソフ 2-0 ビデオトンFC
    チェルシー 4-0 PAOK
    20170825_el_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181130-00299353-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ