海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:酒井宏樹

    1: 久太郎 ★ 2019/07/13(土) 11:10:29.57
    マルセイユ新監督の信頼を早くも掴む?酒井宏樹が親善試合で初アシスト!

    マルセイユDF酒井宏樹がプレシーズンマッチに出場し、アシストを記録した。

    フランスの名門マルセイユでの4シーズン目に向けて、準備を進める酒井。これまでリーグ・アン95試合に出場し、昨季はファンの選ぶ年間最優秀選手に輝くなど、愛される存在となっている。

    マルセイユは成績不振により、昨季限りでリュディ・ガルシア前監督が退任。新たに就任したアンドレ・ビラス=ボアス体制で新シーズンに臨むが、酒井はポルトガル人指揮官の信頼を早くも掴んだのかもしれない。

    アクリントンとの親善試合に出場した酒井は、右サイドを駆け上がって正確なコントロールからクロスを送り、フロリアン・トヴァンのゴールをアシスト。クラブ公式HPでは「OMは1-2で敗れたが、トヴァンのおかげでいつものように名誉を回復した。彼の友人ヒロキ・サカイによる素晴らしいアシストで…」と伝えている。

    また、酒井も自身のツイッターで「今季最初のアシスト」と綴り、喜びを示している。トッテナム移籍の可能性も伝えられた29歳DFだが、来季もフランスでプレーを続けることになりそうだ。

    昨季は5位で終わり、欧州カップ戦出場権を逃したマルセイユ。失意のシーズンから挽回を期す2019-20シーズンだが、酒井は主力としてチームをけん引することになるようだ。
    2019-07-13_15h54_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00010004-goal-socc

    動画

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/06/15(土) 18:56:53.99
    フランス1部のマルセイユは15日、ファン投票で選ばれるクラブのシーズンベストプレーヤー賞「オリンピアン・ドゥ・ラ・セゾン」に日本代表DF酒井宏樹が選出されたことをクラブ公式サイトおよびSNSで発表した。

    投票はクラブのインスタグラムアカウントで行われていた。酒井は最終的に、2017/18シーズンの同賞受賞者でもあったフランス代表FWフロリアン・トバンを抑えてベストプレーヤーに選出された。

    酒井は2018/19シーズンのマルセイユでリーグ戦27試合を含む公式戦32試合に出場。右サイドだけではなくチーム状況に応じて左サイドバックとしても貢献し、5月のトゥールーズ戦ではリーグアンでの自身初ゴールも挙げた。チームとしてはリーグ5位で来季の欧州の大会の出場権獲得を逃す悔しいシーズンとなったが、その中でも酒井の見せた奮闘は評価された。

    「何よりも彼の戦う力がこのトロフィーの獲得に繋がった」とクラブは酒井を称え、「酒井宏樹は決して諦めない選手。その献身性と闘争心で(本拠地)ベロドロームのファンのお気に入りの選手となった。同じポジションではトップリーグ最高の選手の一人」と評している。
    20190513_sakai_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00326211-footballc-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/10(月) 18:58:46.01
    6/10(月) 18:35配信
    日本代表DF酒井宏樹にトットナム移籍の可能性浮上 「強い興味を抱いている」と英報道

    サイドバック強化に向けて「ポチェッティーノ監督の求める選手像に一致する」と指摘

    フランス1部の名門マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は今季、リーグ戦27試合出場1得点を記録し、チームの中心選手として継続的な活躍を見せた。そんな酒井にプレミアリーグのトットナム移籍の噂が浮上している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

    酒井は2012年に柏レイソルからハノーファーに移籍。ブンデスリーガで評価を高めると、2016年にマルセイユに加入し、同クラブでこれまで122試合に出場してきた。本職の右サイドバック以外でも起用され、チームに欠かせない存在として活躍している。

    欧州9年目を迎える来季に向けて、プレミアリーグ挑戦の可能性が浮上した。「スカイ・スポーツ」は「トットナムがマルセイユの右サイドバック酒井宏樹の獲得を考えている」と見出しを打って報道。「トットナムは強い興味を抱いている」と伝えつつ、同時に「29歳という年齢が不安材料になっているようだ」としている。

    また、「日本代表の右サイドバックは、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の求める選手像に一致する」として、酒井が指揮官の求めるタイプに合致することを強調する一方、クラブ方針として23歳以下の選手を好んでいることも指摘。さらにクラブの現状を踏まえ、次のように続けている。

    「ポチェッティーノ監督は両サイドバックを強化したいと考えており、DFキーラン・トリッピアーとDFセルジュ・オーリエへのオファーがあれば、聞き入れる構えだ。スパーズの補強が思い通りにいかなければ、マーケット終盤になった時、酒井はより真剣なターゲットとなるだろう」

    今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で決勝に進出し、新スタジアムも完成するなど、近年の進境著しいトットナム。酒井は今夏、その一員となるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00195203-soccermzw-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/05/19(日) 12:42:23.54
    リーグ・アン第37節が18日に行われ、DF酒井宏樹が所属するマルセイユはDF昌子源が所属するトゥールーズと対戦し、5-2で勝利を収めた。酒井と昌子は共にフル出場を果たした。

    1-1で迎えた50分、ルーカス・オカンポスの落としに反応した酒井が左足を振り抜き、勝ち越しゴールを記録。同選手にとってこれがリーグ・アン初ゴールとなった。さらに、2-2で迎えた61分には、右サイドからグラウンダークロスを入れると、クリントン・エンジがワンタッチでゴールへと流し込み、再び勝ち越しに成功した。その後も追加点を挙げたマルセイユは、1ゴール1アシストを記録した酒井の活躍もあり、敵地でトゥールーズに勝利した。

    最終節となる次節は24日、トゥールーズは敵地でディジョンと、マルセイユはホームでモンペリエと対戦する。

    【スコア】
    トゥールーズ 2-5 マルセイユ

    【得点者】
    1-0 26分 アーロン・レヤ・イセカ(トゥールーズ)
    1-1 29分 モルガン・サンソン(マルセイユ)
    1-2 50分 酒井宏樹(マルセイユ)
    2-2 61分 マックス・グラデル(トゥールーズ)
    2-3 76分 クリントン・エンジ(マルセイユ)
    2-4 90分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
    2-5 90+1分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
    2019-05-19_13h57_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00938534-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/05/02(木) 07:42:00.54
    酒井宏樹のマルセイユ、7月末に初来日へ…名古屋・G大阪と親善試合

    日本代表DF酒井宏樹(29)の所属するフランス1部の強豪マルセイユが、今夏に日本で親善試合を行う計画があることが1日、分かった。Jリーグが中断期間となる7月末で相手は名古屋、G大阪で調整中。今夏にはバルセロナ、チェルシー、マンチェスターCが日本で親善試合を行うが、日本人選手が所属しているクラブはない。マルセイユが来日するのは初めてとなる。

    マルセイユはフランス1部で9度の優勝を誇り、92―93年にはフランス代表監督として18年ロシアW杯を制したMFディディエ・デシャンらを擁して欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制覇。現在は元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)や、元フランス代表MFディミトリ・パイエ(32)ら実力者が居並ぶフランス屈指の名門クラブだ。

    近年、国内リーグでは今季2連覇を決めたパリSGに覇権を奪われており、今季はここまで6位。欧州CL出場圏内の3位・リヨンまで残り3試合で勝ち点差8と厳しい状況だが、酒井はチームの中で欠かせない存在となっている。16年6月にドイツ1部ハノーバーから加入し、本職の右サイドバックだけでなく、時には左サイドバックとしてもプレー。クラブはレギュラーとして活躍する酒井の母国・日本での知名度アップの狙いもあるとみられる。

    試合数の多いJ2は中断期間がないため、酒井の古巣・柏との対戦は実現しなかったが、欧州の名門でレギュラーとして戦い続ける酒井の“凱旋”に注目が集まる。

    ◆オリンピック・マルセイユ 1899年設立。本拠地はマルセイユ。フランス1部リーグで優勝9回、欧州CLで優勝1回(92―93年)の名門。かつては元フランス代表MFカントナ、同FWパパン、同MFリベリ(現バイエルン)、元ユーゴスラビア代表で名古屋でもプレーしたMFストイコビッチら名選手が所属。04―05年には日本代表も率いたトルシエ監督が指揮し、MF中田浩二が所属した。クラブカラーは水色。リュディ・ガルシア監督(55)。
    2019-05-02_11h46_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000193-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/26(金) 23:53:03.43
    マルセイユは26日、所属する日本代表DF酒井宏樹が、国際スポーツ研究機関(CIES)のランキングに入ったことを伝えた。

    スイスにあるCIESは国際サッカー連盟(FIFA)の傘下にある研究機関。個人とチーム全体での動きから、ピッチでのパフォーマンスを独自の算出方法により導き出してランキングにしている。

    前節のみの結果で、酒井はリーグアンのサイドバック部門で首位に立った。20日に行われた前節、第33節のギャンガン戦では久々の右サイドバックでプレー。フル出場で約1か月半ぶりの連勝に大きく貢献した。

    さらに酒井の凄さが現れているのがその安定感だ。このランキングは前節、1か月間、3か月間、半年間に分かれている。

    酒井は1か月間の括りでは3位に、3か月間では4位に、過去半年間のランキングでも2位に位置していた。この半年間で上位5位以内に入り続けているのは、酒井のみになる。

    昨年6月にW杯で活躍した酒井は、帰国後もシーズン序盤からフルスロットル。昨冬にはアジア杯で再び1か月間クラブを離脱したが、

    現在リーグ戦は22試合、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(仏リーグ杯)は1試合、ヨーロッパリーグは4試合に出場している。3年目のリーグアンで酒井は着実にその成長を見せつけていた。

    4/26(金) 22:59配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-43466370-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/21(木) 08:43:26.55
    日本代表DF酒井宏樹は2016年にマルセイユに加入して以降、クラブ内で確固たる地位を築いてきた。本来は右サイドバックながら、今では左サイドバック、時にはセンターバックでも起用され、常に期待に応え続けている。日本代表監督として酒井を指導し、現在はナントの指揮を執るバヒド・ハリルホジッチ監督はフランスメディア「Le Phocéen」のインタビューに答え、「モンスター級のフィジカルを持っている」と称賛した。

    日本代表時代に3年間、酒井を指導したハリルホジッチ監督。酒井に対する印象を問われると、「彼は愛すべき青年で、絶対に問題は起こさない」と紹介し、続けてサッカー面での特徴に言及した。

    「柔軟さと度量があって、申し分のない選手だ。マルセイユのファンなら誰もが知っていることだろう。その完璧さとアスリート能力の高さによって、ルディ・ガルシア(監督)の目から見て代えの利かない存在となっている」

    さらにピッチ上での詳細を問われたハリルホジッチ監督は、「彼はモンスター級のフィジカルを持っている。天性のクオリティーだね」と語り、酒井の現状に対する持論を展開している。

    「今は左サイドでのプレーが多くなっているが、明らかに右サイドのほうが効果的にプレーできるだろう。守備での貢献度が非常に高い一方、彼は攻撃でも多くのものをもたらしてくれるからだ。唯一、不満を述べるとすればやや積極性に欠けることだが、それもマルセイユでの経験を通じて日に日に改善していると感じている」

    かつては代表監督と選手、今は対戦相手という関係だが、ハリルホジッチ監督は酒井への愛情を隠さない。“教え子”の成長には誇らしさを感じているようだ。

    3/21(木) 6:25配信 フットボールゾーン
    2019-03-21_09h22_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190321-00177690-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/12(火) 10:50:53.05
    [3.10 リーグアン第28節 マルセイユ1-0ニース]

    フランス・リーグアンは10日に第28節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでニースと対戦し、1-0で勝利。FWマリオ・バロテッリが古巣相手に決勝弾を決めた。酒井は左サイドバックで起用され、フル出場している。

    酒井がアジアカップから帰還してからマルセイユは調子を上げ始め、5試合無敗(4勝1分)で一気に4位まで浮上。今冬加入のバロテッリがチームに順応したことも飛躍の大きな一因となっている。この試合でもバロテッリは先発出場。酒井は前節と同じく4バックの左SBを務めた。

    前半を0-0で折り返すと、マルセイユは後半17分に先制。酒井のパスを受けたMFルーカス・オカンポスが左サイドからクロスを上げ、バロテッリがヘディングシュートを叩き込んだ。“背番号9”は加入後5得点目。前節はスマートフォンで自撮りを行うゴールパフォーマンスを見せたが、今節はピッチに座り込み、満面の笑みでMFフロリアン・トバンとじゃんけんを行った。

    マルセイユは1点を守り切り、1-0で試合終了。3位リヨンが引き分けたため、4位マルセイユは勝ち点差を3に縮めた。次節は17日、首位パリSGとのダービー“ル・クラスィク”となる。
    2019-03-12_11h50_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-37059151-gekisaka-socc

    参考動画

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/04(月) 13:18:18.98
    [3.3 リーグアン第27節 マルセイユ2-0サンテティエンヌ]

    フランス・リーグアンは3日に第27節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでサンテティエンヌと対戦し、2-0で勝利。酒井は左サイドバックとしてフル出場している。

    前半5分、サンテティエンヌのカウンターを防ぐために酒井が素早くブロック。しかし主審にファウルをとられ、イエローカードを提示された。マルセイユは同12分に先制。右CKをMFフロリアン・トバンが蹴り込み、PA内のFWマリオ・バロテッリが豪快な右足ボレーを叩き込んだ。

    ゴールを決めたバロテッリはカメラマンからスマートフォンを受け取ると、その場で自撮りを実行。チームメートと喜びを共有した。

    マルセイユは前半21分、PA内で相手のハンドを誘発してPKを獲得。トバンが冷静にPKを決めて追加点を奪い、前半を2-0で折り返した。後半に入ってもマルセイユは相手の得点を許さず。そのままリードを守り切った。

    マルセイユは5位からヨーロッパリーグ圏内の4位に浮上している。
    news_267766_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-34592914-gekisaka-socc


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/17(日) 05:30:20.90
    【マルセイユ 2-0 アミアン フランス・リーグアン第25節】

    フランス・リーグアン第25節が現地時間の16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属する6位マルセイユが16位アミアンと対戦し、2-0で勝利を収めた。

    酒井は右サイドバックでプレーし、アジアカップから合流後3試合連続スタメンフル出場となった。42分にはシュートブロックで失点のピンチを防ぐなど、守備で貢献した。

    マルセイユは今冬の移籍市場でニースから加入したFWマリオ・バロテッリが2トップの一角として入った。また、MFディミトリ・パイエが怪我から復帰し、ベンチ入りしている。

    ホームのマルセイユが試合を動かす。19分、相手陣内でDFブバカール・カマラがボールを奪うと、バロテッリ、マクシム・ロペズと繋ぐ。そして、左サイドの空いたスペースに走り込んできたFWフロリアン・トバンにロペズがパス。トバンは左足でファーサイドに決め、マルセイユが先制に成功した。

    続く25分、自陣のFKをマルセイユGKスティーブ・マンダンダが大きく蹴ると、オカンポスがヘディングで競り勝つ。そのボールを受けたバロテッリがワントラップして半身でシュート。これが決まり、マルセイユが2点リードとなった。これでバロテッリはマルセイユに加入後、4試合で3得点となった。

    さらに、マルセイユがチャンスを作る。左サイドのペナルティエリアやや手前の位置からのFKのボールをトバンが頭でフリック。そのボールが相手DFに当たり、ファーサイドにいたバロテッリの元へ。これをバロテッリが頭で押し込んだ。3点目が決まったかのように思われたが、主審がここでVARを確認。

    すると、トバンがフリックした時点でバロテッリがオフサイドポジションにいた為、オフサイドの判定。バロテッリの今季4ゴール目とはならなかった。この直後、バロテッリはMFルイス・グスタボと交代した。

    その後も、マルセイユは何度もアミアンゴールに襲い掛かるが、追加点は生まれず、試合はこのまま終了。2-0でマルセイユが勝利し、今季初となるリーグ戦3連勝となった。

    【得点者】
    19分 1-0 フロリアン・トバン(マルセイユ)
    25分 2-0 マリオ・バロテッリ(マルセイユ)
    7faa8bee7e6840571c77408dc8b424f4-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00309772-footballc-socc
    2/17(日) 2:54配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/896790
    酒井 成績

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ