海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:酒井宏樹

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/29(木) 18:33:30.24 ID:CAP_USER9.net
    合格点を与えられるのは、加入1年目を戦った日本人フルバックのみ。少なくともフランスのスポーツ専門メディアがそのように綴っている。

    長野県中野市に生まれ、その高速クロスとダイナミズムから“日本版ダニエウ・アウベス”と形容された経験もあるマルセイユの日本代表SB酒井宏樹。昨夏より参戦したばかりのリーグアンでは確かな実力が備わっていることを存分に証明し、チームメイトのフランス代表MFフロリアン・トヴァンからは「僕のハイパフォーマンスは酒井が居たからこそ」といった称賛も受けている。

    そしてマーケットが盛んになるであろう7月を前にして、仏スポーツメディア『blasting news』もその価値を認識しているようだ。「マルセイユもリヨンも弱点はDFラインにあり」と題した同メディアは、フランスリーグを代表する名門2チームが「いずれも最終ラインに大きな問題を抱えている」と指摘。しかし、“例外”も存在したと綴っている。

    「シーズンを通して最終ラインのDF陣は平均レベルだったが、唯一日本人の酒井宏樹だけは例外で素晴らしいプレイをしていた。彼は今や新天地におけるファンの人気者であり、ピッチ上での成功を夢見ている」

    先日はマルセイユ指揮官リュディ・ガルシアが、同じ右サイドを主戦場とするバカリ・サニャやマテュー・ドゥビュシーの獲得を考慮していると報じられたものの、同メディアはしっかりと日本人DFによる貢献を評価。“並みの守備陣”において、素晴らしい仕事ぶりがあったと主張している。来季も日本のアウベスがさらなる飛躍を遂げられるよう期待したい。
    2017-06-29_19h25_43
    6/29(木) 17:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170629-00010004-theworld-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 20:29:08.57 ID:CAP_USER9.net
    加入初年度の働きぶりは決してチームにおける“不動の地位”を約束するものではないようだ。昨夏よりフランスのマルセイユでプレイし、素晴らしい活躍を披露していた日本代表DF酒井宏樹がベンチへと追いやられる可能性もあるという。

    2016年6月に4年間を過ごしたドイツのハノーファーを離れ、異国の地で新たな挑戦に望んでいた酒井。ダイナミックな攻撃参加と粘り強い対人守備で監督からの信頼を勝ち得ると、チームメイトからの称賛や週間ベストイレブン選出など、実りある1年目を過ごしていた。

    しかし、仏『BUZZ SPORT』は「指揮官リュディ・ガルシアの超冷酷な大ナタ」と銘打ち、順風満帆な酒井の立場も危ういだろうと指摘している。

    「酒井宏樹はマルセイユでの1年目で素晴らしい大成功を収め、多くの人間を驚かせた。しかし指揮官のガルシアやスビサレッタは彼の能力を疑い、今夏のマーケットで迷いを見せている。

    当初、日本の人気者である酒井との契約はアジア市場におけるマーケティングが狙いだと全員が思っていた。実際、マルセイユに来るまで酒井宏樹という人間を知っていた者は居ないが、彼の1年目は真の成功といえるだろう。リーグアンにおける戦術的な要求にきちんと適応し、右サイドに彼の持つエネルギーを注入した」

    だが、同メディアは2年目には異なる展開が待っているかもしれないと綴った。

    「最高の順応と明らかな進歩を遂げたにも関わらず、酒井は夏の補強で犠牲となるかもしれない。実際、指揮官もマーケットで積極的に右SBを探している。獲得の噂されるマテュー・ドゥビュシーやバカリ・サニャがやってくれば、酒井はベンチへ降格となるだろう。このような冷酷無比な状況はピッチ上で結果を出してきた日本人には相応しくないものだ」

    2015-16シーズンのリーグアンを13位で終え、スランプに陥っていたマルセイユだが、バフェティンビ・ゴミスやフロリアン・トヴァン、そして酒井などの活躍もあり、ここまで順調な改善を見せてきた。大きな変化を加えず、継続路線で来季の戦いに望んでほしいところだが。
    GettyImages-646136416-min-1
    http://www.theworldmagazine.jp/20170621/01world/137405
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2017/06/09(金) 21:20:27.20 ID:CAP_USER9.net
    img_3072a568be81262f6ed439715275d0c8212631
    五郎丸が目にした酒井宏樹の素晴らしさとは?

    「ピッチで観た彼の動きは、素晴らしかった。サッカーについては詳しくはないけれど、彼の存在感を感じる瞬間が何度もあった。なるほど、これならレギュラーを張れるわけだ――と納得した。そして何より、ピッチで躍動する酒井選手の姿が、眩しく見えた。カッコよかった」

    全文:http://number.bunshun.jp/articles/-/828204?utm_source=headline.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=directLink
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/04(日) 12:37:33.06 ID:CAP_USER9.net
    日本代表は6月3日、千葉県内でトレーニングを実施。その練習中、興味深い一幕を目撃した。
     
    「少し右足に痛みがあるので、大事をとった」と明かした酒井宏樹はこの日、別メニューで調整。軽いランニングで汗を流していると、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に呼び止められる。ふたりはピッチにおける右サイドの位置で話を始めた。
     
    会話が終わると、ハリルホジッチ監督は日本代表の練習着と同じ色である赤いビブスを着て、右ウイングのポジションへ。酒井宏を右サイドバックの位置に立たせて、ボールを要求した。
     
    パスを受けたハリルホジッチ監督は左足で中へタッチ。同時に酒井宏に外を回るように指南する。同じことをもう一度繰り返し、今度は右足で外へコントロール。すると、中を走るように指示をして、そのまま身振り手振りをしながら、ゴールへ向かうようにコーチングをした。
     
    酒井宏はこれまで、日本代表の右サイドで主に本田圭佑とコンビを組んでいた。レフティーの本田が左足でボールを持って中央へ切り込み、その背後を酒井宏がオーバーラップをするシーンが多かった。
     
    しかし、その右ウイングではここ最近、成長著しい久保裕也が台頭。そう考えればこの日の一連の指導は、中へ切り込む傾向が強い左利きの本田ではなく、縦にも仕掛けられる右利きの久保を意識してのマンツーマントレーニングに見えなくはなかった。
     
    全体練習後、酒井宏が個別指導の内容を説明した。

    「やれというわけではないが、こういうオプションもあるということで(個別指導があった)。フランスのサイドバックを見ても、中に切り込んでいける選手が多く、モナコ(今季はリーグ・アン制覇)の選手はあれで点になったりしている。前の選手の動きがあっての行動ではあるので、順序は変えずにスペースが空いたからいくというプレーにしたい」
     
    この件について、右サイドで相棒になる可能性の高い久保は次のように語っている。

    「そういうプレーもあり。ピッチの中で話し合ってできればいい。タイ戦は上手くいったと思う。でも、右サイドの経験が浅いぶん、もっとボールを受けて、もっと良い状況でチャンスを作れる感じはする。周りの選手とどうやって点を取るか合わせ、積極的に仕掛けてゴールを目指したい」
     
    ここ数試合の鮮烈な活躍で、本田が君臨していた右サイドの牙城を崩した久保。そのパフォーマンスはUAE戦で挙げた先制点(アシストは酒井宏)が示すように、酒井宏との連携が鍵になっている。それでもさらなる進化を目論み、ハリルホジッチ監督が新たなエッセンスを加えた右サイドが、どんなプレーを披露してくれるのか楽しみだ。
     
    取材・文:志水麗鑑(サッカーダイジェスト)
    2017-06-04_14h00_37
    6/4(日) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170604-00026430-sdigestw-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/01(木) 08:02:41.63 ID:CAP_USER9
    日本代表DF酒井宏樹は、右サイドでコンビを組むことが多い久保裕也と本田圭佑について言及した。

    マルセイユで充実したシーズンを送った酒井は、フランスで大きな成長を遂げたというよりは、毎日ベストを尽くすことを徹底できていたことに達成感を感じているようだ。また、話を日本代表の右サイドでコンビを組む久保、本田に移し、それぞれについてこのように語っている。

    「プレースタイルも違いますし、利き足も違うので、相手の切るコースとかも変わってきますし、相手の守備の仕方も変わってきますよね。僕の場合はそれを見て相手がどういうふうに守備してくるかでサポ―トの形も変えてきますし、試合によって変わるので、そこは随時、しっかりチェックしてポジショニングを取ってますけど」

    ヘントでブレークした久保は、日本代表では酒井のアシストからUAE戦で初ゴールを挙げている。酒井はベルギーで活躍するストライカーについてこう評価する。

    「やっぱりフィニッシュの精度が高いですし、右足左足両足打てるところが彼のストロングポイントだと思います。得点能力は日本代表にとって必要なところだと思うので、よりそこに集中してあげられるように守備のところは負担を減らしてあげることが僕の仕事かなと思います」

    さらにミランで満足な時間を過ごせたとは言えない本田については「絶対的な存在」と話して、以下のように続ける。

    「ボールが集まるし、みんなそこに信頼を寄せているので、途中から出た時にはなるべく使って、一人で突破するタイプではないので、そこは裕也の時よりはちょっと高めの位置を取ってサポートしたりとか、中に行きやすいポジショニングを取るようにしています」
    2017-06-01_10h18_30
    GOAL 6/1(木) 7:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000040-goal-socc

    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/05/31(水) 14:38:47.27 ID:CAP_USER9.net
    欧州主要リーグも多くがシーズン終了に。

    そこで今回は、2016-17シーズンにおける海外日本人選手の出場時間をランキング形式でまとめてみようと思う。

    対象とするのは、秋春制を採用している欧州1部リーグでプレーする日本人の中で、今回のワールドカップ予選に予備登録されている選手。

    該当22人の出場時間を見ていこう。

    ※リーグ戦のみを集計(プレーオフを含む)
    ※データは『tranfermarkt』参照
    ※2017年5月29日現在

    22位:内田 篤人(シャルケ)
    出場時間:0分
    出場試合数:0試合
    成績:0得点0アシスト

    21位:本田 圭佑(ミラン)
    出場時間:221分
    出場試合数:8試合
    成績:1得点0アシスト

    20位:宇佐美 貴史(アウクスブルク)
    出場時間:437分
    出場試合数:11試合
    成績:0得点0アシスト

    19位:川島 永嗣(メス)
    出場時間:450分
    出場試合数:5試合
    成績:0得点0アシスト

    18位:長友 佑都(インテル)
    出場時間:1019分
    出場試合数:16試合
    成績:0得点0アシスト

    17位:武藤 嘉紀(マインツ)
    出場時間:1019分
    出場試合数:19試合
    成績:5得点2アシスト

    16位:南野 拓実(レッドブル・ザルツブルク)
    出場時間:1140分
    出場試合数:21試合
    成績:11得点4アシスト

    >>2以降につづく
    2017-05-31_20h32_26
    2017年5月30日 6時50分 Qoly
    http://news.livedoor.com/article/detail/13130821/
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/05/23(火) 12:21:28.49 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガのレギュラーシーズンが終了した。最後の最後まで予断を許さなかったのは降格争いだ。入れ替えプレーオフの可能性が高かったハンブルガーSVは最終節、自力で残留を決めた。すでに降格が決まっているインゴルシュタット、ダルムシュタットのほか、ヴォルフスブルクが16位でプレーオフに回る。

    一方、上位争いのほうは、あえて言えば途中で白けてしまった。バイエルンの優勝はもちろん、ライプツィヒの2位も早々と決まり、3位ドルトムント以下の不甲斐なさが目立った。

    そんな中でブンデス1部に所属する日本人選手は、一時期のような華やかな活躍こそなかったものの、コンスタントに戦い続けていた。彼らの今シーズンを振り返るとともに、今オフの移籍の可能性を探ってみた(採点は10点満点。平均は6とする)。

    ■香川真司(ドルトムント)

    出場21(先発13)、得点1、採点6。シーズン序盤に代表戦でケガを負い、戻ってきたときにはラファエル・ゲレイロやウスマン・デンベレらが台頭していた。出場機会が激減し、明らかに表情から余裕が消えた。ただしシーズン後半戦は出場機会を取り戻し、存在感を見せている。

    だが、香川本人が言うように「得点に絡むこと、ゴール前で変化をつけられること」がプレーヤーとしての特徴なのであれば、わずか1ゴールは不満と言わざるをえない。チームが2連覇した時代の主力選手であり、サポーターのみならず番記者からの評価もあいかわらず高い。しかしトーマス・トゥヘル監督の動向次第で、香川自身の去就も注目される。

    ■大迫勇也(ケルン)

    出場30(先発27)、得点7、採点8。チームは5位フィニッシュ。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得という大躍進に貢献した。中盤での起用が続いたのは、フィジカル、技術だけでなく、個人戦術力が高く評価されたからだとポジティブに解釈すべきだろう。途中、膝の負傷なども乗り越えての7得点は、評価に値する。

    「チャンピオンズリーグ(CL)なんかに出ちゃったら、このチームは崩壊しちゃいますよ」と、大迫は控えめにチームを評価していたが、CLよりもさらに過酷なELで、どんな活躍を見せてくれるだろうか。

    ■原口元気(ヘルタ・ベルリン)

    出場31(先発23)、得点1、採点6。序盤の活躍はどこへやら、最後は失速した印象が強い。原口の調子に合わせるようにチームも勢いを失い、6位で終えられたのは奇跡的といってもいい終盤の戦いぶりだった。
    2017-05-23_14h33_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170523-00010004-sportiva-socc
    webスポルティーバ 5/23(火) 12:02配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/21(日) 10:13:10.95 ID:CAP_USER9.net
    フランス・リーグアンの最終節となる第38節が現地時間の20日に行われ、日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユはホームで最下位バスティアに1-0の勝利を収めた。

    前節ボルドー戦を累積警告で欠場した酒井も先発に復帰して90分間フル出場。後半にFWバフェタンビ・ゴミスが挙げた1点が決勝点となり、マルセイユは第28節以来11試合連続の無敗でシーズンを終えた。

    13位に低迷した昨季から大きく持ち直し、マルセイユは5位でシーズンを終了。この結果、来季ヨーロッパリーグ(EL)の予選3回戦からの出場権を獲得している。リーグ順位によりEL出場権が与えられるのは本来4位のみだが、リーグカップで優勝したパリ・サンジェルマンはリーグ2位でチャンピオンズリーグ出場権を獲得しているため、リーグカップ優勝チームに与えられるEL出場権がリーグ5位チームへ移る形となる。

    ハノーファーから今季マルセイユに加入した酒井は、開幕戦から不動のポジションを確保してシーズンを戦い抜いた。途中で監督交代もあったが立場が揺らぐことはなく、38試合中35試合(先発34試合)に出場している。

    リーグアン公式サイトで公開しているデータによれば、今季の酒井の出場時間「3012分」はレギュラーGKのヨアン・プレに次いでチーム2位。フィールドプレーヤーでは最長の出場時間となった。出場試合数では全38試合出場のFWフロリアン・トバンが最多だが、時間数では酒井が上回っている。
    20170521_sakai_getty
    フットボールチャンネル 5/21(日) 9:27
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170521-00010014-footballc-socc

    マルセイユが5位で来季のEL予選出場権を獲得…酒井宏樹は最終節もフル出場
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000005-goal-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/05(金) 12:30:43.23 ID:CAP_USER90505
    クラブ公式FacebookでFWトバンが酒井への感謝を語る
     
    マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は加入1年目ながらレギュラーの座をがっちりと確保しているが、チームメートからも評価は非常に高まっている模様だ。フランスのサッカー情報サイト「FOOT SUR 7」が伝えている。

    昨夏ハノーバーからフランス屈指の名門であるマルセイユに加入した酒井。ドイツからフランスに新天地を求めたことで環境への適応が難しいと見られたがレギュラーを確保した。第35節終了時点で33試合出場、先発出場は32試合、出場時間も2953分と完全に右サイドバックの定位置を確保している。

    その酒井のプレーぶりを評価しているのは、同じ右サイドでプレーしている24歳のFWフロリアン・トバンだ。各年代のフランス代表に招集された経歴を持ち、3月には念願のA代表にも初招集された逸材。

    現在16ゴールとチーム得点王、リーグアン全体でも得点ランキング5位につけるアタッカーが、クラブの公式Facebookアカウントで“右サイドの相棒”である酒井への感謝を語ったという。

    「彼は何でもやってくれる選手だ。それを言うことが全く恥ずかしくないよ。攻撃参加してくれるし、守備もしてくれる……。僕は彼と一緒にプレーできてとても幸せだし、愛しているよ。彼は僕にとっての“戦士”だね! 僕は彼を今年見つけ出したけど、自己犠牲の精神があり、偉大な選手だ。サンキュー、ヒロキ。僕は君のファンだよ!」

    仏メディアも両者のコンビネーション評価

    このように大絶賛されている。同サイトの記事では「今季のマルセイユで最高の選手であるトバンは、右サイドでともにプレーするヒロキ・サカイに感謝している。彼のプレーがなければ、自らの活躍がなかったかもしれないとしている」と両者のコンビネーションを評価している。

    日本代表でも3月のUAE戦で久保裕也の先制ゴールをアシストするスルーパスを送るなど、成長の跡が見られる酒井。ドイツに比べて日本人選手に馴染みがないフランスでの活躍は、現地でも認められているようだ。

    Football ZONE web 5/5(金) 12:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170505-00010007-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/18(火) 13:11:26.86 ID:CAP_USER9.net
    昨年6月にハノーファーからリーグアンのマルセイユに移籍した日本代表DF酒井宏樹。

    現地時間16日に行われたサンテティエンヌ戦でもスタメン出場を果たし4-0勝利に貢献した。この試合で、マルセイユファンが日本語横断幕を掲げていたようだ。18日に仏メディア『laprovence』が報じている。

    マルセイユに加入して以降、ほとんどの試合でフル出場を果たし、この日はチーム3点目となるフロリアン・タウヴィンの得点をアシストした。

    同メディアによると、すっかりマルセイユファンの心を掴んでいるようで、フランス人のファンが「SAKAI 我々の侍」という横断幕を掲げていたとのこと。

    これに対して酒井は自身のツイッターで「4-0で直接対決勝利。

    たくさんのサポーターがスタジアムに来てくれて最高の雰囲気でした!」と、語ると共に「#サポーターが段幕つくってくれました#やっぱり寿司か侍なんだね笑 #3点目はアシストってことで」といったタグをつけて喜びを表した。

    フットボールチャンネル 4/18(火) 12:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170418-00010013-footballc-socc

    写真



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ