海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:酒井宏樹

    1: 久太郎 ★ 2020/10/19(月) 20:56:42.57 _USER9
    フランス1部マルセイユの酒井宏樹(30)が、パリサンジェルマンFWキリアン・エムバペ(21)、リヨンFWメンフィス・デパイ(26)らとともに、フランスリーグ・アン第7節で、レキップのベストイレブンに選ばれた。19日付のフランス紙レキップ紙が報じた。

    同紙によると、酒井は3-1で制した17日ボルドー戦(ホーム)で1アシストを記録し、6回のボール回収に加え、敵陣でのパス成功率は88・9%だった。

    同じくベストイレブンに選ばれたフランス代表のエムバペは、16日ニーム戦(アウェー)で2ゴールを決め、オランダ代表のデパイは、18日ストラスブール戦(アウェー)で3アシストに成功していた。(松本愛香通信員)
    2020-10-19_22h51_24
    https://news.yahoo.co.jp/articles/26e715ecc4c953356f676b95d9749c5d4bb351fc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/10/03(土) 21:22:45.32 _USER9
    9月13日に行われたフランスリーグ第3節パリ・サンジェルマン-マルセイユ戦で、ネイマールとアルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言をめぐる騒動について、マルセイユのアンドレ・ビラスボアス監督が、10月2日にコメントを出した。また、所属する日本代表DF酒井宏樹(30)の態度は立派だとほめたと、3日のフランス紙レキップが報じた。

    【写真】ネイマールが酒井宏の頭たたきVTR判定で黄カード

    ビラスボアス監督は「我々は満足し、パリも満足している。我々は続けていく。私は、サッカー界における人種差別とホモフォビア(同性愛嫌悪)に常に反対するつもりだ。アルバロ(ゴンザレス)は人種差別主義者ではないし、ネイマールも人種差別主義者ではないと私は確信している」と述べたという。

    さらに、同紙は、酒井がインスタグラムで、ネイマールから「人種差別発言」の被害を受けていないと説明していたとし、これについて、同監督が言及。

    「酒井は立派な人だ。あなた方はネイマールと彼(酒井)の間の口論の映像を見ましたね。彼の態度を見ると、それはとても人間味がある。我々は彼のこの良い態度に慣れている。彼もまた頭からこの件を離したかったのだと思う。これは彼の立派な行為だ」とほめたたえたと伝えた。

    10/3(土) 20:06配信 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c0e7b76637ca83f69f54b74254df0982ed9b5fd
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2020/10/02(金) 08:20:26.38 _USER9
    10/2(金) 7:17
    配信
    GOAL

    酒井宏樹、ネイマールの処分なしに「何か言われたとしても些細な出来事。差別とは全く関係ない」

    マルセイユDF酒井宏樹が自身のインスタグラムを更新し、同僚DFアルバロ・ゴンザレスとパリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールの処分なしについて自身の考えを示した。

    リーグ・アン第3節で行われた“ル・クラスィク”。1-0でマルセイユが勝利した一戦では、終盤に両チームの選手が入り乱れて乱闘に発展。ゴンザレスを殴って一発退場を命じられたネイマールはその後、マルセイユDFから人種差別を受けたことを告白。しかし、ブラジル代表FWに対しても、ゴンザレスへの同性愛嫌悪発言の嫌疑がかけられていた。マルセイユはネイマールが差別的発言をした場面を捉えた証拠を持ち、これをLFPに提出したと見られている。

    そんな中フランス・フットボールリーグ(LFP)は30日、ネイマールとゴンザレスの件に関して「調査、ヒアリングの結果、試合中のアルバロ・ゴンザレスからネイマールへの、またネイマールからアルバロ・ゴンザレスへの差別的な言動を裏付けるに十分に納得できるだけの証拠がなかった」と処分しないことを発表している。

    なおネイマールにはこの他、酒井への人種差別的な発言があったとスペインメディアを中心に報道が過熱していた。しかし、LFPは今回の声明でこの件には触れていない。

    酒井はLFPの発表後、自身のインスタグラムを更新。「この2週間、中々サッカーに集中できる環境ではありませんでしたが、対象の2人の選手に制裁がなかったことに安堵しております」とし、「今回の件に関してですが、もし仮に何か言われたとしてもお互い熱くなっている試合中の些細な出来事であり、差別とは全く関係ありません」と綴った。

    最後に「もう全て終わった事であり、今回はマルセイユが勝ったというだけの事です。また伝統あるマルセイユとパリの熱いダービーを皆さまにお見せできるよう引き続き努力していきます!」と締めくくっている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/30d290273cdee5faf4a9a84d30779b21b09dfe84
    no title

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2020/10/01(木) 05:54:36.66 _USER9
    フランス・プロリーグ機構(LFP)は9月30日、パリSGのFWネイマールとマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスについて、制裁を科さないことを発表した。十分な証拠がないことを理由としている。

    両選手は合計5人が退場した13日のリーグアン第3節パリSG対マルセイユ(0-1)での言動が問題視されていた。ネイマールは終盤に起きた乱闘の中で、A・ゴンサレスの頭を叩いたとして一発退場。2試合の出場停止処分を受けていた。その一方で、試合中にA・ゴンサレスから人種差別発言を受けたと主張。A・ゴンサレスもネイマールから同性愛者を侮辱する発言を浴びせられたと訴え、一部報道ではネイマールが長期の出場停止処分を受ける可能性も指摘されていた。

    今回の発表でLFPの懲戒委員会は「選手やクラブの代表者の話を聞いた結果、委員会はアルバロ・ゴンサレスが試合中にネイマールに対して差別的な発言をしたこと、またはネイマールがアルバロ・ゴンサレスに対して発言したことを立証するのに十分な証拠がないと判断した。その結果、委員会は制裁の根拠がないと判断する」と説明している。

    なお、ネイマールはマルセイユDF酒井宏樹に対して「クソ中国人」と発言していたことが報じられ、29日にはスペイン『エル・ラルゲーロ』が同シーンの動画を公開していたが、LFPの発表でそれに関する言及はなかった。

    ゲキサカ
    10/1(木) 5:36
    2020-10-01_10h10_14
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d1a343fe2ce5cee063cabd10f8d5713357b169a8

    参考動画
    https://video.twimg.com/amplify_video/1311018381232013312/vid/1280x720/-gRjNZcfFxXp8gHH.mp4

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/23(水) 20:53:50.93 _USER9
    フランス版クラシコで起きた“大騒動”が波紋を広げ続けている。
    no title

    現地時間9月13日に開催されたリーグ・アン第3節のパリ・サンジェルマン対マルセイユは、文字通り大荒れの展開となった。

    【動画】仏版クラシコでネイマールが一発退場処分! 問題のシーンはこちら
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=79567

    これまでも激しくいがみあってきた永遠のライバルである両軍は、後半アディショナルタイムについに衝突。パリSGのレーバン・クルザワとネイマール、マルセイユのジョルダン・アマビは一発レッド。レアンドロ・バレデス、ダリオ・ベネデットは2枚目のイエローカードが出され、計5人が退場者処分となった。

    なかでも最も問題視されているのが、ネイマールとマルセイユの選手たちとの騒動だ。

    試合後、ネイマールはマルセイユのアルバロ・ゴンサレスから人種差別的な言葉を投げかけられたと自身のSNSに投稿。サッカー界から人種差別を一掃することを訴えた。だが、その当の本人が、アルバロに同性愛嫌悪発言をしたり、日本代表DFの酒井宏樹にも「クソ中国人」と人種差別的な言葉を発した疑惑が浮上している。

    ネイマールの一連の言動について、中国メディアの『新浪体育』は、「ネイマールは日本人ディフェンダーのサカイを侮辱し、大きな騒動に身を投じることになった」と糾弾して、中国人ファンのコメントを伝えた。

    「彼は恥ずかしさや知性を知らない」
    「ネイマールの中では日本人は中国人なのか?」
    「なぜもっと日本人は怒らないのか」
    「大きな罰は避けられない。じゃなければ、差別は消えない」
    「差別を反対しているのに、自分はアジア人を侮辱する。感覚がおかしい」
    「どうしようもない男」
    「今回はネイマールに同情の余地はない」

    スペイン紙『AS』によれば、今後フランス・サッカー連盟の調査で、問題発言が正式に認められた場合には、アルバロへの同性愛嫌悪発言により10試合、酒井への暴言に対して10試合と厳しい処分が下される見込みだという。

    9/23(水) 18:42 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/06fee555bc30416549d39c6e6b87cc15a5383698

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/09/22(火) 22:59:53.88 _USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールは、試合中の人種差別的発言などにより、最大20試合という重い出場停止処分を受ける可能性があるという見通しも伝えられている。

    今月13日に行われたリーグアン第3節のPSG対マルセイユ戦では、終了間際の乱闘騒ぎにより両チーム合わせて5人がレッドカードを受ける大混乱が発生。その一人であるネイマールは2試合の出場停止処分を受けた。

    ネイマールはマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴ったことがVARで確認された結果によるレッドカードだったが、それ以前にアルバロから人種差別的な罵倒を受けていたと主張している。実際にアルバロがネイマールに向けて「サル」などと言っていたことが映像の読唇で確認されたとの報道もある。

    だが一方で、ネイマール側もアルバロに向けて同性愛差別的な言葉で罵倒を行っていたとも報じられている。仏紙『レキップ』は、フランスプロリーグ機構(LFP)のレギュレーションにより、両選手がそれぞれ10試合の出場停止処分を受ける可能性があると伝えた。

     しかし、問題はそれだけにはとどまらない。ネイマールはこの試合でたびたびマッチアップしたマルセイユのDF酒井宏樹に向けても人種差別的な罵倒を浴びせていたとして、マルセイユがその映像証拠を保持しているという話も新たに浮上してきた。

    スペイン紙『アス』は、アルバロと酒井に対する2件の処分を合計して、ネイマールが最大20試合の出場停止処分を受けることもあり得ると述べている。LFPの規律委員会は、唾吐き行為が疑われているPSGのMFアンヘル・ディ・マリアに対する処分の可能性なども含めて現在調査を行っており、今後1~2週間で結論を出すことになると見込まれている。
    2020-09-23_10h53_49
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c20197469764c4a5676816989c0036ee4fe3c5c

    続きを読む

    burning-3088905_640
    1: 風吹けば名無し 2020/08/20(木) 19:26:23.00
    ワイは

    3: 風吹けば名無し 2020/08/20(木) 19:27:16.90
    左は長友
    右は酒井ゴリ

    4: 風吹けば名無し 2020/08/20(木) 19:27:37.64
    駒野

    続きを読む

    2020-05-20_23h25_24

    1: Egg ★ 2020/05/20(水) 22:29:00.15
    フランス紙レキップは20日付で、財政困難にあるマルセイユは今夏、選手らを6000万ユーロ(約72億円)分売却しなければならないと報じた。

    新型コロナウイルス問題などによって経営不振に陥り、欧州の市場専門家は「若い選手については、30~50%の価値の下落を予想しなければならない。移籍金1000万ユーロ前後が多く、4000万~5000万ユーロは少なくなることが予想される」と説明している。

    同紙によると、マルセイユのオーナーであるフランク・マックール氏が、6000万ユーロ分の選手売却を望んでいるという。最も商品価値の高い選手は、20歳のDFカマラで、パリ・サンジェルマンが既に興味を示している。

    ビラスボアス監督の去就も選手に影響を及ぼすとしている。14日にクラブは、スポーツダイレクターのズビザレッタ氏の解任を発表し、同氏を擁護してきたビラスボアス監督の退任の可能性がある。(松本愛香通信員)

    5/20(水) 20:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-25200796-nksports-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/06(月) 22:46:41.70
    マルセイユの日本代表DF酒井宏樹が、地元の病院に寄付を行ったようだ。フランス『ラ・プロバンス』が伝えた。

    報道によると、酒井は2万ユーロ(約235万円)をマルセイユの地元病院(パブリケ=オピトー・デ・マルセイユ)へ寄付したとのこと。新型コロナウイルス(COVID-19)と戦う医療従事者への感謝の気持ちを表したとのことだ。

    酒井は、「何できるかを考えました。コロナウイルスと戦っている人々を助けるために、この寄付をしたいと思いました」と病院のスタッフのために記録されたビデオで語った。また「僕はネイマールのようなスーパースターではありません。十分かどうかもわかりませんが、僕ができる最大限のことで助けたいと思います」と語ったとのことだ。
    2020-04-07_01h06_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00372814-usoccer-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/03/18(水) 01:24:55.16
    サッカーのフランス1部リーグ、マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(29)が17日、左足首の手術を受けたことを明かした。

    自身のツイッターで「この期間を利用して長い間痛めていた足首を手術しました。改めてプレーできる痛み出来ない痛みの判断の難しさを実感しました。自分の身体に感謝ししっかり治します!」と説明。地元メディアによると、マルセイユ市内の病院で行われた手術は無事成功し、2カ月以内に復帰できる見通しという。

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、フランスリーグは13日に1部と2部の全試合を中断すると発表。再開時期は未定となっている。
    2020-03-18_10h20_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000201-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ