海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:酒井高徳

    1: Egg ★ 2019/04/17(水) 22:17:12.19
    ハンブルガーSVに所属するDF酒井高徳が、ドイツの地元メディアに対して日本復帰の希望を明言したことで、今夏に7年半ぶりとなるJリーグ復帰の可能性が浮上した。

    本人は「僕の中で最後は日本でキャリアを終えたいというのは実際にあるので、そこ(復帰希望)の事実に関しては間違ってはいない」と断言。だが「この夏とはハッキリ言っていない」とも話し、あくまでも将来的な復帰を考えていると説明した。

    地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』は、酒井がJリーグへの復帰を望んでいると報道。HSVとの契約が2020年夏までであり、家族もすでに日本へ帰国していることから、今夏の退団を示唆したとして話題になっていた。しかし本人は15日のブンデスリーガ2部第29節ケルン戦後、「(復帰が)『この夏』みたいな雰囲気で報道されていたけど、そういう感じじゃなくて…」と苦笑いを浮かべた。

    「ドイツメディアのインタビューを受けたとき、来年まで契約があるという話になって、僕としては『昇格を目指して頑張る。でも、家族が日本にいて非常に寂しい日々を過ごしているのもあるから、家族に会いたいし、日本に戻りたい感覚はある』と話した。でもそれは『チームが昇格したら』という話で、『いつかどこかのタイミングで日本に行くこともあるかもしれない』というふうに話したら、『この夏』みたいな感じになっていた」

    今はチームの1部復帰を最優先に考えている。HSVはブンデスリーガ2部第29節を終えて勝ち点「52」で自動昇格圏内の2位。首位ケルンとは7ポイント差、3位ウニオン・ベルリンとは3ポイント差だ。チームは現在4試合未勝利で、シーズン残り5試合で激しい昇格争いが待っている。だからこそ、今は目の前の試合に集中している。「ここに残った一つの理由に『昇格』というのが明確にあるので、本当に昇格に対してチームにどれだけ力が出せるか、どれだけやれるかというのが大事だと思っている」とまっすぐな表情で話す。

    昨夏に帰国した家族についても、昨年末に同紙のインタビューで「子供が日本の学校に行くことになりました。これは妻が決めたことです。子供に転校を繰り返してほしくないからで、僕も正しい決断だと思います」と説明。日本復帰に向けた準備と言うより、愛する子供たちの環境を考えてのことだった。

    ただ、Jリーグ復帰への思いはたしかに強い。「僕はまだ日本に伝えることがいっぱいある」。2012年1月からドイツで戦い、HSVではブンデスリーガで日本人初の主将も務めた。これまで培ってきた豊富な経験を還元するという使命感が胸にある。「日本でプレーして、日本に貢献したいという気持ちはすごくある。最後は日本で、Jリーグでサッカーを辞めたい」。

    今シーズン昇格を決めたら、もしかしたら今夏復帰の可能性もあるのかもしれない。でも本人は今のところ日本へ戻るタイミングを明確にはしていないという。「結果次第で、状況やシチュエーションが変わることはあると思う」。まずはなによりHSVの1部昇格。そこが叶った先に酒井の将来が見えてくる。

    4/17(水) 19:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00928837-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/11(木) 06:10:33.59
    ブンデスリーガ2部ハンブルガーSV(HSV)に所属する元日本代表DFの酒井高徳は、今夏にもJリーグに復帰することになるかもしれない。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えている。

    酒井は2012年1月にアルビレックス新潟からシュトゥットガルトに渡り、2015年夏からはHSVでプレー。先月28歳の誕生日を迎えたサイドバックはこれまでドイツの地では公式戦通算225試合に出場。HSVとは2020年までの契約を残すも、『モルゲンポスト』に対して日本に戻る希望を明かした。

    「しばらく前から日本に帰る意思を固めています。どこでプレーするのか、どれほど稼ぐのかは僕にとってもうあまり重要ではありません。一番優先するのは、できるだけ自分の家族に近い場所にいられることです」

    酒井は、昨年春に妻と2人の子供が日本に帰国してから単身に。今夏の日本のクラブへの移籍が実現するのだろうか。

    4/10(水) 19:41配信 GOAL
    2019-04-11_07h48_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00010035-goal-socc

    続きを読む

    2019-03-05_14h38_24

    1: 風吹けば名無し 2019/03/05(火) 11:52:00.19
    酒井高徳が途中出場した選手から監督の指示が書かれたメモを受けとる。読後に相手コーチの足元に投げ棄てた。当然のように拾われて情報が敵に流出した模様。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 22:50:44.21 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ2部のハンブルガーSV(HSV)でプレーするDF酒井高徳は、ワールドカップ出場以上に「1部昇格の方が重要」だとして、
    基本的には代表復帰の意志がないことを強調した。独紙『ビルト』が14日付でインタビューを伝えている。

    酒井高徳はロシアワールドカップを終えたあと、「次のワールドカップを目指すつもりはない」
    として27歳の若さで代表引退を表明。森保新体制のチームには招集されず、1部復帰を目指すHSVでのプレーに専念している。

    独紙のインタビューに対し、酒井は日本代表を「懐かしく思うこともあります」とコメントしている。
    だが、もし再び代表から声がかかったとしても「もう一度自分の決意を監督に説明します」と述べた。

    「もちろん、どうしてもと言われれば自分の国を助けるつもりはあります」と復帰に可能性は残しつつ、「HSVに全力で集中することの方が僕にとってより大事です。
    昇格するためにコンディションを整えたいと思っています」と酒井。ワールドカップ出場より1部昇格の方が重要かとの質問にも「今はそうです」と答え、昇格だけでなく2部優勝も目標とすることに意欲を見せている。

    クラブ初の2部降格を強いられたHSVは、序盤戦こそ苦戦を強いられたものの、その後は復調して首位に浮上。酒井も徐々に調子を上げてきたと評されている。
    「確かに最初はリーグに慣れるために数試合が必要でした。より激しく、タックルの多いリーグですが、2部のリズムに慣れてきました。チーム全体にも言えることです」と酒井は語る。

    昨季まではHSVでキャプテンを務めていたが、今季は元ドイツ代表のMFアーロン・ハントがキャプテンを引き継いだ。「アームバンドがないのは最初は少しおかしな感触でした」と酒井は認めつつ、
    「少しプレッシャーがなくなってホッとした部分もあります。リーダーの一人としてチームを助けたいことは変わらないですし、キャプテンじゃない方が若い選手たちは接しやすいかもしれません」とコメントしている。

    11/14(水) 17:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00297141-footballc-socc

    写真
    20181114-00297141-footballc-000-view

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/09/08(土) 07:06:09.83 ID:CAP_USER9.net
    ハンブルガーSV(HSV)に所属する元日本代表DF酒井高徳は主力選手2人の残留にあたって決定的な役割を果たしていたかもしれない。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が同選手のコメントを紹介した。

    クラブ史上初のブンデスリーガ2部でのシーズンを過ごすHSVだが、酒井と同様、MFルイス・ホルトビーやアーロン・ハントといった主力選手たちがそれぞれ新契約にサイン。その経緯について、酒井はこのように明かしている。

    「2人とはシーズン後に話しましたね。たくさんのメッセージを送り合い、状況について意見交換をしました。僕はクラブに残ることを決めていたので、一緒に2部に行くことを勧めました。アーロンもルイスもものすごいクオリティーを持つ強力なプレーヤーです。ピッチに立てば違いをつくり出してくれる選手たちですからね」

    今シーズンからはキャプテンマークを返上した酒井に代わってハントが新主将に就任。それでもクリスティアン・ティッツ監督が“静かなボス”と呼ぶ酒井は今後もFW伊藤達哉ら若手たちの面倒を見ていくという。

    「若い選手たちとは定期的に話していますよ。サッカーに限らず、色々についてです。年上の選手としては若手をサポートして、助けになってあげなければいけませんからね。このような役割は好きですよ。チームはこのようなことをすることでしか団結しません」
    2018-09-08_11h56_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000027-goal-socc
    続きを読む

    1:豆がーる ★:2018/08/16(木) 05:38:26.97 ID:CAP_USER9.net
    英国の人気サッカーサイト『HITC』が「世界7大陸のナンバーワンDF」を発表した。公式ツイッターによるファン投票を交えながら、アルフィー・ポッツ・ハーマー記者が選定。なんと同メディアが厳選した“アジア最優秀”は、ハンブルガーSV所属の元日本代表SB酒井高徳だった。
     
    同記者はこんな寸評を添えている。
     
    「アジアは全7大陸の中でももっとも選択が難しいエリアだった。イランは伝統的に守備が固く、日本と韓国は個の能力が秀でた守備者が数多い。韓国ならパク・チュホとキム・ジンス、日本ならユウト・ナガトモ(長友佑都)、マヤ・ヨシダ(吉田麻也)、ヒロキ・サカイ(酒井宏樹)の名が挙がって然りだろう。だが私はあえてゴウトク・サカイを選ぶ。ニューヨーク生まれで日本人の母とドイツ人の父を持つサイドバックは、日本代表として42キャップを刻み、ロシア・ワールドカップ終了後に27歳の若さで代表引退を表明した。ディフェンダーとしての汎用性とハードワークが特筆に値する、まさに最高品質のエンジンだからだ」
     
    シュツットガルトで始まったブンデスリーガでの戦いも、今季で8年目。名門ハンブルクを1年で1部に返り咲かせるべく、2018-19シーズンはキャリアを通して初めて2部リーグでの戦いに身を投じている。
     
    南米大陸からウルグアイ代表のディエゴ・ゴディンを、欧州大陸からはスペイン代表のセルヒオ・ラモスを選出しており、単なる独断と偏見のセレクトではないようだ。ただし、7番目の「南極大陸」は問題だろう。ロジャー・フィルンという知る人ぞ知る名手を紹介しているが、正体はペンギンというオチなのである。

    以下が、ハーマー記者の選んだ7大陸のベストDFたちだ。
     
    [アジア大陸]
    酒井高徳(元日本代表/ハンブルク)
     
    [アフリカ大陸]
    カリドゥ・クリバリ(セネガル代表/ナポリ)
     
    [ヨーロッパ大陸]
    セルヒオ・ラモス(スペイン代表/R・マドリー)
     
    [南米大陸]
    ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ代表/A・マドリー)
     
    [北米大陸]
    ジョン・ブルックス(アメリカ代表/ヴォルフスブルク)
     
    [豪州・オセアニア大陸]
    ウィンストン・リード(ニュージーランド代表/ウェストハム)
     
    [南極大陸]
    ロジャ-・フィルン(所属不明)
    2018-08-16_08h04_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00045742-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/06(金) 22:01:12.48 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でベスト16入りを果たした日本代表のDF酒井高徳(27)は6日、出身地の新潟県三条市の同市役所に国定勇人市長を訪ね、地元の応援に感謝するとともに、敗退後に表明した代表引退について「僕の席を若い人に渡したい」と説明し、固い決意を示した。

    1次リーグ第3戦のポーランド戦に酒井はフル出場を果たし、左足でシュートを放つなど果敢な攻撃も仕掛けた。「前回大会は試合に出られず、どんな形であっても出るチャンスがほしかったので良かった」と笑顔で振り返った。

    決勝トーナメント1回戦のベルギー戦後、酒井は4年後のカタールW杯を目指さない意向を表明している。国定市長は「結論を急がないで」と再考を促したものの、酒井は「代表に8年間いても結果を出せなかった。僕の席を若い人に渡したい」と語り、翻意しない考えを強調した。

    報道陣の取材に応じた酒井選手は「選手人生は続いていく。向上心を持って所属クラブを1部に上げられるように全力を尽くす」と言葉に力を込めた。

    2018年7月6日 20時7分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14974346/

    写真

    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/05/13(日) 00:33:32.72 ID:CAP_USER9.net
    ◆ドイツ・ブンデスリーガ最終節 ハンブルガーSV―ボルシアMG(12日・ハンブルク)

    日本代表DF酒井高徳(27)が主将を務めるハンブルガーSVが、クラブ史上初めてブンデスリーガ2部に降格した。

    入れ替え戦枠を争うヴォルフスブルクが勝利。ハンブルガーSV―ボルシアMG戦は発煙筒が投げ込まれて終了間際に試合が中断したが、この一戦の終了を待つことなく降格が決まった。

    ブンデスリーガは63年に創設。ハンブルガーSVはリーグ54年の歴史で唯一、降格したことがないクラブとして知られていた。前節まで勝ち点28で自動降格圏の17位。入れ替え戦へ進む16位ヴォルフスブルクとは勝ち点2差。ヴォルフスブルクが1FCケルンに敗れ、ハンブルガーSVが勝つことだけが、得失点差との関係から残留へ望みをつなぐことができる唯一の条件だった。

    酒井は右サイドバックで、伊藤達哉(20)が左MFで日本勢はダブル先発。ドリブラーの伊藤がトップチームに定着した3月中旬以降、チームは3勝1分け3敗と持ち直し、地元メディアからは“救世主”とも言われていた。伊藤はチーム2点目のゴールをアシストし活躍したが、逆転残留とはならなかった。
    2018-05-13_00h57_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000326-sph-socc
    続きを読む

    1:みつを ★:2018/05/07(月) 01:50:12.60 ID:CAP_USER9.net
    2018-05-07_17h58_08
    http://www.afpbb.com/articles/-/3173546?cx_position=25

    2018年5月6日 13:30 発信地:ベルリン/ドイツ
    【5月6日 AFP】17-18ドイツ・ブンデスリーガ1部は5日、第33節の試合が行われ、ハンブルガーSV(Hamburger SV)は0-3でフランクフルト(Eintracht Frankfurt)に完敗し、1963年のリーグ創設以降、常に1部で戦ってきた唯一のクラブの2部降格が現実味を帯びてきた。

     フランクフルトはマリウス・ヴォルフ(Marius Wolf)とオマール・マスカレル(Omar Mascarell)がゴールを決めると、2014-15シーズンの得点王ながら、今季初出場となる元主将のアレクサンダー・マイアー(Alexander Meier)が交代出場から終了間際に3点目を決め、ファンを喜ばせた。

    敗れたハンブルガーは18チーム中17位にとどまり、残り1節で15位のSCフライブルク(SC Freiburg)に追いつくことは不可能となった。残留への残された道は、2部で3位のチームとのプレーオフに回れる16位浮上のみで、ハンブルガーは2014年と2015年にもプレーオフを制して1部に生き残っている。

    ただし、現在16位のVfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg)とハンブルガーとの勝ち点差は2ポイントだが、最終節の対戦相手はハンブルガーが中位のボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)なのに対し、ボルフスブルクはすでに降格の決まっている最下位ケルン(1. FC Cologne)となっている。

    ボルフスブルクは今節勝利していれば勝ち点を逆転不可能な差に広げることができたが、こちらもRBライプツィヒ(RB Leipzig)に1-4で大敗し、ライプツィヒに公式戦6試合ぶりの勝利を献上した。(c)AFP/Ryland JAMES
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/04/16(月) 21:10:47.10 ID:CAP_USER9.net
    ・英メディア「HITC」が「地球上で最も優れたアジア人選手ベスト7」を選出
    ・2位に香川真司、5位に酒井高徳、6位に武藤嘉紀、7位に岡崎慎司が入った
    ・栄えあるトップは韓国のソン・フンミンとなった

    7位に岡崎が入るなど、日本人選手がベスト7の半数を占める結果に

    現在、欧州トップリーグでは韓国代表FWソン・フンミン(トットナム)や日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)、MF香川真司(ドルトムント)など多くのアジア人選手が活躍している。

    英メディア「HITC」は「地球上で最も優れたアジア人選手ベスト7」を選出した。

    ACミラン時代に10番を背負ったパチューカの日本代表FW本田圭佑、AFCチャンピオンズリーグにも出場する中国代表FWウー・レイ(上海上港)やUAE代表MFオマル・アブドゥラフマン(アル・アイン)など、欧州でも名が知られる選手たちがランク外となったなか、ベスト7の半数は日本人選手が占める結果となった。

    7位にはレスターのFW岡崎慎司がランクイン。2015-16シーズン“奇跡の優勝”を成し遂げた際にクラウディオ・ラニエリ監督の重要な選手の一人だったこと、日本代表で111試合50得点を記録している実績が認められた。

    今季公式戦23試合で9得点を奪っているマインツのFW武藤嘉紀が6位で、「勤勉で多才」と称賛されている。また、5位にはハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が入った。右サイドからの攻撃的な姿勢と危険なクロス、ハンブルガーSVだけでなくシュツットガルト時代の活躍も合わせて評価されたようだ。

    日本人最高位となる2位には香川がランクイン

    4位、3位は一転して日本以外の外国籍選手がノミネート。プレミアリーグのハダースフィールドで30試合に出場し、4得点3アシストの記録を残しているオーストラリア代表MFアーロン・ムーイが4位に顔を出し、3位には韓国代表として65試合に出場して19得点を挙げているドイツ1部のアウクスブルクMFク・ジャチョルが選ばれた。

    2位にはドルトムントのMF香川真司がランクイン。マンチェスター・ユナイテッドでは大きなインパクトを残すことができず、その後ドルトムントに帰還してからも本来のトップフォームに戻ることに時間がかかっていたが、昨年12月にペーター・シュテーガー監督が就任すると状況は一変。現在は足首の負傷で離脱中だが、記事はチームの中でも素晴らしいパフォーマンスを見せているとしている。「攻撃的MFとして多くの才能や冷静さ、トリッキーさを持つ」と表現された。

    栄えあるトップは韓国のソン・フンミンだ。プレミアリーグで最も活躍するアジア人選手の称号を手にした。

    日本人選手は最も多い4人が選出されるも、今回のランキングでは1位に選ばれることはなかった。現在も多くの日本人選手が世界で戦っているが、今後アジア最高の称号を手にする選手は現れるのだろうか。

    (Football ZONE web編集部)
    2018-04-16_23h38_34
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14587861/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ