海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:金崎夢生

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/06/19(月) 20:55:10.93 ID:CAP_USER9.net
    本田がぶっちゃけトーク 岡崎、吉田との“関係”暴露
    2017年6月19日 19:47
    http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/06/19/kiji/20170619s00002014222000c.html



    トークセッションで語る本田 Photo By スポニチ

    日本代表MF本田圭佑(31=ACミラン)がぶっちゃけトークを展開した。19日にFW岡崎慎司(31=レスター)、DF吉田麻也(29=サウサンプトン)、MF阿部勇樹(35=浦和)、FW武藤雄樹(28=浦和)、FW金崎夢生(28=鹿島)とともにミズノ社のトークイベントに出演。

    日本代表で同僚の岡崎、吉田との関係について「仲が良いと思われているかもしれないけど、プライベートではまったく絡みがない」と暴露した。即座に2人から「変わったなー。(昔を)忘れたかー」と突っ込まれたが、苦笑いでスルー。

    初対面の武藤が同じボケを何度も繰り返して笑いを取る“てんどん”ですべると、本田は「(浦和)レッズ(所属の選手)はそういうのあるよね。槙野感出てるわ~」とDF槙野智章(浦和=30)の名前を出して合いの手を入れた。

    司会を務めた吉田は本田について「よくしゃべって(話を)つないでくれたので助かりました」と感謝。その上で「控え室が別だったのはふに落ちない。特別感を出してきましたね」と舞台裏を明かしていた。
    続きを読む

    original-1
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 15:08:37.72 ID:CAP_USER9.net
    エースの“降格”で白羽の矢が立つのは――。

    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)はロシアW杯アジア最終予選のアウェー・UAE戦(3月23日)に向けて所属クラブでの出場機会を重視する方針だ。すでにACミラン(イタリア)で構想外となっているFW本田圭佑(30)のスタメン落ちは確実な状況だが、エースの代役には意外な選手が浮上している。

    本田はミランのビンチェンツォ・モンテッラ監督(42)の構想から外れ、今季の先発出場はわずか1試合。16日のリーグ戦(対トリノ)でもピッチに立つことはなく、今年に入って公式戦3試合連続で出番なし。本田は退団を視野に入れているものの、移籍金が発生するため1月中の移籍は厳しい見通しだ。

    そんな状況にハリルホジッチ監督は業を煮やしている。この状態が続けば本田のコンディションが上がってこないのは確実。3月のUAE戦は最終予選の行方を左右する一戦だけに、指揮官は「代表に入りたいならプレー回数だと本田にも説明した。

    もう代表はプライベートなものじゃない」と断言。さらに「じゃあ、3月(最終予選)はどうなりますかということだ」と話し、先発で起用しない考えを示唆した。

    ハリルホジッチ監督はすでに代役の選定作業にも着手。その筆頭候補はFW金崎夢生(27)だ。

    昨年12月のクラブW杯では左足首捻挫を抱えながら奮闘し、2得点1アシストをマーク。欧州王者レアル・マドリード(スペイン)との決勝でもスペイン代表DFセルヒオラモス(30)を圧倒し、その実力を世界にアピールした。

    A代表指揮官は、昨年8月に金崎が鹿島の石井正忠監督(49)に造反した行動を問題視して代表から追放したが、すでに石井監督とも和解したことから「監督の夢生に対する評価は今でも高い。その件は問題にしていない」と協会関係者。

    代表チーム内では3月で“謹慎期間”が終わるとの認識で一致しており、ハリルホジッチ監督も「金崎が良ければ私も考える。私はこれから良い選手を選ぶ」と復帰にゴーサインを出している。

    日本代表では主に1トップで起用されてきたが、これまで所属したクラブでは右サイドでも多くプレー。ハリルホジッチ監督はその映像も確認済みで、本田に代わる右FWでも十分なパフォーマンスができると判断。
    今季好調のFW大迫勇也(26=ケルン)やFW原口元気(25=ヘルタ)と併用するプランも検討している。

    エースを押しのけて、代役の“問題児”が結果を残せるか。一方の本田はこのままでは日本代表でもベンチが定位置になりかねないが…。

    東スポWeb 1/19(木) 11:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000005-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/14(土) 06:01:51.87 ID:CAP_USER9.net
    スペインの名門レアル・マドリーから2ゴールを奪った選手として、同国での知名度を高めた鹿島アントラーズのMF柴崎岳。しかし、顔まではしっかりと認知されていなかったようだ。

    鹿島は昨年12月のクラブW杯決勝でレアルと対戦。延長戦の末に2-4で敗れたが、柴崎は一時2-1と逆転を導く2ゴールを挙げ、大会後にはブロンズボール賞を受賞した。スペイン『アス』はこの柴崎に対し、リーガ・エスパニョーラ1部のラス・パルマスが獲得に動いていると報道。

    また、昨年夏に2部のヘタフェやラージョが柴崎に興味を示したが、本人が1部でのプレーを希望したため、移籍が実現しなかったことなども紹介した。

    ほかにも柴崎のこれまでの経歴や日本代表での実績などを伝えた同紙だったが、この記事とともに掲載された写真のセンターには、“崎”違いのFW金崎夢生。両脇に写っているのもMF永木亮太とFW土居聖真になっており、完全に柴崎の顔写真と取り違える痛恨のミスを犯してしまったようだ。

    ゲキサカ 1/14(土) 2:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-01635859-gekisaka-socc

    写真



    スペイン紙『アス』  Shibasaki; de golear al Madrid a ser ofrecido a Las Palmas
    http://futbol.as.com/futbol/2017/01/13/primera/1484304476_452595.html


    柴崎岳、スペイン1部へ移籍か…地元紙は金崎の写真を掲載する誤報

    サッカーキング / 2017年1月14日 5時8分
    http://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_541339/
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 16:12:09.87 ID:CAP_USER9.net
    クラブ・ワールドカップでJ王者の力を存分に見せ付けた鹿島アントラーズ。現地での生の声で、彼らの奮闘ぶりを振り返る。

    大金星には、あと一歩届かなかった。しかし、石井正忠監督が前日会見で「アジア(のサッカーレベル)は南米とヨーロッパに引けをとらないと証明したい」と語ったように、欧州王者を苦しめた一戦で鹿島アントラーズはサッカー界に少なくない衝撃を与えた。

    マドリディスタ(マドリーファン)の知人から、次々とSNSアプリの『ワッツアップ』を通じてメッセージが届く。

    「オイ、この鹿島ってチーム、一体どうなってんだ?」

    カリム・ベンゼマの得点で開始早々の9分に失点した鹿島だが、柴崎岳のボレーシュートで前半のうちに追い付くことに成功した。後半、本気のレアルが牙を?く。誰もがそう思っていたはずだ。しかし、後半に入ってスコアを動かしたのは鹿島だった。52分、柴崎がミドルシュートを沈めた。スペイン人のボルテージも上がる。特にDFセルヒオ・ラモスをあわや退場に追い込みかけた金崎夢生はスペイン人の度肝を抜いた。

    「ムウ(夢生)ってのは何者だ? コイツは間違いなくヨーロッパでやれるだろ」

    その知人には、金崎が過去にドイツやポルトガルのリーグでプレーしていたことを伝えた。すると、彼はインターネットで金崎を含む鹿島の選手のキャリアを調べ上げ、ファブリシオが金崎同様ポルティモネンセに所属していたことまで突き止め、再びこちらに連絡を寄越してきた。鹿島に、日本に、日本人プレーヤーに興味を持った外国人が少なくないことを証明できる事例ではないだろうか。

    ある者は「鹿島の選手は絶対に諦めない。1つ1つのボールに対して、なぜあれほど食らいつけるんだ?」と不屈の精神に脱帽し、またある者は「日本のチームの規律は素晴らしい」とスペイン人とは異なるメンタリティーに舌を巻いた。鹿島がここまでやるとは……。想像を超えた世界がそこにはあった。

    最終的には疲労がたたり、延長に入ったところでクリスティアーノ・ロナウドに2ゴールを許して鹿島は力尽きた。だがレアル・マドリーは鹿島のインテンシティーの高さに間違いなく手を焼いていた。試合後のインタビューでは、カゼミーロに真っ先に鹿島のインテンシティーの高さに質問がおよんでいる。「決勝に進んできたチームであることを示した」と話したブラジル人MFの顔には、優勝を果たせた安堵の表情が広がっていた。

    スペインで最も有名な日本人サッカー選手は、おそらく『キャプテン翼』の主人公である大空翼だろう。しかし、この試合では柴崎を大空翼になぞらえたコラージュ画像がネット上で普及し、真の意味で『キャプテン翼』と鹿島がリンクさせられ、その実力が認められた。「彼らは少なくとも引き分けに値した」。トーナメント戦であるクラブ・ワールドカップに引き分けはないと知りながら、あるスペイン人からはそう声を掛けられた。

    ネットを騒がせたコラージュ画像で言えば、スターティングメンバーを11人全員日本人で組んだ鹿島は、スペインの伝統的なあるクラブに例えられている。それはアスレティック・ビルバオ。知る人ぞ知る、バスクに拠点を置く純血主義を貫くクラブだ。彼らはバスク出身の選手だけでチームを構成し、レアル・マドリーやバルセロナと幾度も名勝負を演じてきた。これはスペイン人からの最大級の賛辞である。

    それとは対照的に、鹿島側のリアクションは鈍かった。柴崎は「勝てなかったので悔しいですし、勝てるチャンスはあった」と唇を噛み締め、石井監督は「こういった(ハイレベルな)試合を続けないと世界との差は埋まらない。レアルには近づけない」と選手たちに発破をかけた。現場で戦っていた監督・選手には、善戦したから、では終われない燻るものが心に残っていた。

    鹿島がレアル戦で全世界にインパクトを与えたのは事実だろう。彼らの健闘は我々日本人に勇気を植え付け、誇りを感じさせてくれるものだった。しかし「惜しかった」で終わらせてはいけない。スペイン人が敗戦に怒り狂うまでの、“あと一歩”を埋めに行く必要がある。

    決して簡単に埋められる一歩ではない。しかし「2位も最下位も一緒」(小笠原満男)という勝者のメンタリティを持つ鹿島であれば、その一歩を、世界への一歩を、踏み出すことができるかもしれない。少なくとも彼らはクラブ・ワールドカップの決勝で戦うという経験を得た。準優勝という結果を得た。次に目指していくものは、ただ一つしかないのだから。
    2016-12-19-kashima_rwi1f034z8a417r90txrm4g5v
    文=森田泰史(スペイン在住フリーライター)
    http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2016/12/19/30645492/1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 06:24:06.59 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が、クラブW杯決勝に進出した鹿島のFW金崎夢生(27)の代表再招集を検討していることが15日、分かった。

    クラブW杯は同日、準決勝もう1試合を行い、欧州代表のレアル・マドリード(スペイン)が北中米カリブ海代表のアメリカ(メキシコ)に2-0で快勝。指揮官として日本初上陸のジネディーヌ・ジダン監督(44)は、ホッと胸をなで下ろした。

    前日14日のクラブW杯準決勝で南米代表のナシオナル・メデジン(コロンビア)を破り、アジア勢初の決勝進出を果たした鹿島。Jリーグチャンピオンシップ(CS)から6戦5発と絶好調をキープするエースFW金崎の日本代表復帰の可能性が、急浮上した。

    日本代表のハリルホジッチ監督はCSやクラブW杯での活躍を受けて、実力を再評価。複数の関係者によると、来年3月のW杯アジア最終予選再開まで「あのパフォーマンスを続けてもらえれば」という条件付きながら、代表に呼び戻す考えを示唆したという。

    金崎は8月のリーグ戦・湘南戦で石井監督に途中交代を命じられ、激怒して暴言。チームへの許されざる造反行為と見なされて、ハリルホジッチ監督から日本代表からの“無期限追放”を宣告され、6月7日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦を最後に招集されていない。

    日本代表はアジア最終予選B組で現在、勝ち点10でサウジアラビアに続く2位。本戦進出圏内にいるものの、9月の初戦では格下のアラブ首長国連邦(UAE)に1-2でいきなり黒星を喫するなど、常に首の皮一枚の戦いが続いている。

    勝負強さを見せる金崎を、来年3月23日のUAE戦から再開する最終予選の起爆剤とする考えだ。

    金崎は「俺が悪いから」と日本代表については多くを語らず、鹿島での活躍をステップに再度の海外移籍も視野に入れている。18日のクラブW杯決勝(横浜)で結果を残し、代表復帰と欧州移籍へ弾みをつける。
    2016-12-16_07h58_14
    サンケイスポーツ 12/16(金) 5:00
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000501-sanspo-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 22:20:17.30 ID:CAP_USER9.net
    「行けるところまで行きたい」と上位進出へ意気込む!

    [クラブW杯開幕戦]鹿島アントラーズ 2-1 オークランド・シティ/2016年12月8日/横浜国際競技場
     
    50分に先手を取られた鹿島は、67分に赤崎秀平が同点ゴールを決めて試合を振り出しに戻すと、87分に途中出場の金崎夢生が土居聖真の折り返しをヘディングで押し込んで、逆転勝利を手にした。
     
    チャンピオンシップでも決勝弾を決めてチームを優勝に導いていた金崎は、「聖真から良い折り返しがきたので、上手く入って良かった」と、決勝点を振り返った。
     
    「流れを変えたかった」とピッチに入る際の思いを口にしたエースは、「今日のような情けない試合は開催国代表として戦う限りダメだと思う」とチームを鼓舞した。
     
    中2日で戦うアフリカ王者のマメロディ・サンダウンズ戦に向けては「行けるところまで行きたい。開催国代表として出ているので、しっかりと責任をもってやりたい」と強い意気込みを口にした。
    2016-12-09_07h40_35
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00021080-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/05(月) 22:45:10.34 ID:CAP_USER9.net
    「譲ったというか取られた。そこは攻防だった」

    [JリーグCS決勝 第2戦] 浦和 1-2 鹿島/12月3日/埼玉

    金崎の逆転弾となるPKを獲得したのは、58分から途中出場した20歳の若武者だった。

    「(負傷から復帰して)久しぶりの試合だったんで、試合勘がなくて入るのが難しかったんですけど、こういう難しいゲームでも仕事ができるのが自分の良さだと思っている。PKが取れてよかったです」

    戦列復帰後の初の試合となったCS決勝第2戦をそう振り返った鈴木優磨。ハイライトシーンが訪れたのは79分のことだ。「槙野選手がボールを見て後ろを見ていなかったので、スルーすると分かった。(ボールを奪ってから)あとはドリブルして相手の前に出ていったら、PKになった」
     
    見事な突破で槙野との攻防を制し、PKを獲得した鈴木はその直後、再び“攻防”に直面することになる。キッカーを巡り、エースの金崎とペナルティスポット付近で、しばし言い合いになった。結果、キッカーの座は金崎に譲ることに……。

    「譲ったというか、取られた。そこは攻防だった」金崎がチームのエースだから譲ったわけではない。「(PKは)俺でも決められた」と強気の姿勢を崩さない。

    PKキッカーの奪い合いについて鈴木は、「『絶対決めるから蹴らしてくれ』と言われた。あの人だったら譲ってもいいかなと思いますけど、あの人以外なら譲らなかった」と言う。さらに言えば、「あの人ほど熱意を持って言ってくる人はいないので。譲ったというより取られたという感じ」というのが本音のようだ。

    しかし、先輩ストライカーの金崎は、PKを奪い合うライバルであり、自身の成長に欠かせない目標とする存在でもある。「自分には(金崎)夢生君という良いお手本がいて、1年間見てきたが、盗めるところはこれからもどんどん盗んでいきたい」

    貪欲な姿勢は、さらなる飛躍を予感させる。リーグ優勝で掴んだクラブワールドカップという大舞台での活躍が楽しみだ。

    SOCCER DIGEST Web 12/4(日) 6:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161204-00020998-sdigestw-socc

    写真


    動画

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/24(木) 22:26:48.40 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグチャンピオンシップ(CS)準決勝が23日に行われ、年間勝ち点3位で第1ステージ(S)優勝の鹿島が同2位川崎を1―0で破り、浦和(同1位、第2S優勝)との決勝に進出。決勝弾の鹿島FW金崎夢生(27)は汚名返上に成功した。

    金崎の“みそぎ弾”が試合を決めた。0―0で迎えた後半5分、左クロスから強烈ヘッドをゴールに叩き込んで待望の先制点。この1点をチーム全体で守りきり、勝つしか決勝進出の可能性がなかった鹿島が第一関門を突破。

    「良いところで点が取れた。うれしい」と金崎は喜びを爆発させたが、殊勲のゴールまでには紆余曲折があった。

    8月20日の湘南戦で途中交代を命じられると石井正忠監督(49)に逆ギレ。反抗的態度を取る前代未聞の騒動を起こし、その影響で石井監督が一時休養した。他の選手にも動揺が拡大。第1S覇者にもかかわらず、第2Sは11位に沈んだ一因となった。

    さらに自身も調子を崩し、第2Sはわずか2得点。シーズン終盤は勝負どころでことごとく決定機を外すなど、エースとしての働きが全くできなかった。

    そうした積み重なったモヤモヤを大一番で吹き飛ばす大活躍。「石井さんを中心にチームがまとまって良いプレーができた」と反逆児はすっかり改心し、迷惑をかけた指揮官にV弾をささげた。

    この日、視察に訪れた日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)の心も動かした。金崎が造反騒動を起こしたことを重く見て、代表チームからも“追放”。だが、試合後には「金崎が良ければ私も考える。これからも良い選手を選ぶ」と“処分解除”を示唆した。今後のプレー次第では金崎の代表復帰の可能性まで出てきた。

    同僚のDF昌子源(23)は「これがエース。彼の存在はデカイ。夢生君と監督の衝突もあったけど、それを乗り越えて決勝に行ける」と頼もしい姿を称賛。優等生に生まれ変わったエースが、名門の下克上を力強くけん引する。

    東スポWeb 11/24(木) 16:31配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000035-tospoweb-socc

    写真


    ◇動画ハイライト

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/22(木) 08:50:55.64 ID:CAP_USER9.net
    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)が、鹿島FW金崎夢生(27)の更生具合? を生チェックする。
    21日に東京・本郷のJFAハウスで代表スタッフ会議を行い、今日22日の天皇杯3回戦・鹿島-岡山戦(カシマ)を視察することを決定。長男の結婚式を終えて前日20日夜にフランスから再来日したばかりのため、当初は天皇杯視察を見送る予定だったが、金崎の確認に出向くことにした。

    ハリルホジッチ監督は、先月20日の試合中に金崎と鹿島石井監督が衝突したことを問題視。「ああいう行動を取ると代表には入れません」とW杯最終予選メンバーから追放した。造反問題はクラブ内では解決済みだが、A代表復帰には指揮官の“制裁解除”が必要。直接会場を訪れ、タイミングが合えば対話して現状を見極めたいようだ。手倉森コーチも視察に同行する。
    2016-09-22_09h56_50
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000019-nksports-socc
    日刊スポーツ 9月22日(木)8時3分配信


    【Twitterで話題】監督に交代命じられ激怒する鹿島 金崎 2016/08/20鹿島×湘南【ブチ切れ】
    続きを読む

    no title
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/07(水) 22:13:03.16 ID:CAP_USER9.net
    J1鹿島での“造反行為”などで日本代表から外されたFW金崎に6日、復帰の可能性がでてきた。

    ハリルホジッチ監督は“無期限追放”を示唆していたが、「基準を示しただけ。金崎はチームに謝り、解決したと聞いている。10月の招集は問題ない」と、代表チーム付きの霜田正浩技術委員が6日、説明した。2次予選で2ゴールの金崎。貴重な戦力でもあり、チャンスが与えられそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000019-sanspo-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ