海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:釜本邦茂


    1:Egg ★:2018/04/09(月) 16:23:58.10 ID:CAP_USER9.net
    検証は必要だが、解任決定は支持したい

    写真


    ハリルホジッチ監督の解任には驚いたね。これまで何度か監督交代のタイミングはあっただけに、ワールドカップ本大会まで約2か月と迫ったこの時期に、決断するとは本当に「びっくりした」の一言だ。これで結果が出れば大英断ということになるけど、悪い言い方をすれば突破ができなかった時に、「準備期間が足りなかった」という新監督の言い訳ができたとも言える。
     
    だから、そうした“言い訳を作らない”という意味でも西野技術委員長が監督になったのは、世間にも分かりやすいかもしれない。
     
    ただ私は、ハリルホジッチ監督にこのまま任せて本大会に行ったとしても、決して周りの期待に応えるような結果は残せなかったと思っている。タイミングとしては遅すぎるという批判はあるだろうが、私はこの決定自体は支持したいと思う。
     
    監督交代をなぜこのタイミングまで引っ張ってしまったのか、協会はしっかり代表監督やチームをコントロールできていたのか、という議論については、大会後に改めて検証すればいい。まずは、間近に迫ったワールドカップ本大会をどう戦うか――。それを考えるのが先決だし、世論もまずはそっちのほうに目を向けてほしいね。

    本田の個の強さは最前線でこそ活かしてほしい

    写真



    大会まで2か月あるとはいえ、実際の準備は5月下旬に始まるワールドカップ直前合宿からで、本当に時間は限られている。ハリル監督のもとでは、誰が代表チームのベストメンバーなのか全く見えなかったが、新監督は、まずそうしたチームの骨格作りから始めなければならない。それがないからチームもブレたんだ。アジアでは勝てても、ヨーロッパでは勝てなかったのも、そこに原因があると思う。
     
    短期間ながら、いかに機能するチームを作るか。その課題に対して、以前から言ってきたことがひとつある。それは、「本田圭佑をトップで起用する」ということだ。これまでアギーレ時代から、右ウイングで使われ続けてきた本田だけど、このポジションには彼以上に適性のある選手が出てきている。一方で、中央のセンターフォワードとなると、大迫や岡崎、杉本といるが、どうしてもフィジカルの強さ、高いキープ力のある本田には見劣りしてしまう。
     
    やはり世界での戦いでは、どうしても個の強さが必要になってくる。ハリル監督も言っていたけど、局面での戦いを避けてはゴールを奪うことも守ることもできない。そういう意味で、最前線では本田が個の強さを存分に活かして、チームを支えてほしいと思う。

    つづく

    4/9(月) 16:10配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00038515-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/28(水) 06:07:01.13 ID:CAP_USER9.net
    打開力のある個人がどれだけ躍動できるかがポイント。

    写真


    ウクライナ戦は槙野の同点ヘッドでいったんは追いついたものの、サイドから完全に崩されて決勝点を献上してしまった。終盤は中島が起点となって惜しいチャンスも作ったが、全体を通して見れば、1-2での敗戦は妥当な結果と言えるかもしれない。
     
    第1戦のマリから見れば、東欧勢のウクライナは日本にとって多少くみしやすい相手に見えた。マリ戦の反省を踏まえて、闇雲にロングボールを放り込むこともなく、しっかりつないで崩そうとする意図は見えた。もちろん、パスミスは多かったし、1対1で劣勢に立たされてチャンスを潰してしまう場面も目立ったけれど、少なくとも自分たちの置かれた立場を顧みて、変化しなければいけないと感じていたのかもしれない。だから、1戦目よりも2戦目の方が、どこかチームらしさを感じ取れた。
     
    ただ、このチームのポイントはやはり、打開力のある個人がどれだけピッチ上で躍動できるかにあると思う。当然、パスを丁寧につないで攻め込んだり、相手の隙を突いてその背後にロングボールを送り込んだり、といったチーム戦術も重要だが、「パス、パス、パス」では相手もそのリズムを読んで対応しやすくなってしまう。実際、マリ戦も、ウクライナ戦も中島翔哉が途中から出てきてドリブルで攻撃のバリエーションを広げると、敵のディフェンスラインもズルズルと下がらざるを得なくなった。そうなると、味方が押し上げる時間もでき、ゲームを支配する時間も長くなってくる。
     
    日本には、中島以外にも原口元気や宇佐美貴史、そして香川真司と足もとの技術に長けた選手たちがいる。そうした選手たちがもっと輝くようになってくれば、チームもより多くの場面でゴールに近づけるようになるはずだ。
     
    逆に言えば、日本の攻撃は「個」が弱いから、なかなか敵の脅威になりにくい。1対1あるいは1対2の局面で勝負して打開するくらいの強さ、積極性がなければ、ワールドカップに出てくるような相手は、そうそう隙を見せないと思うよ。

    3/28(水) 5:28配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00037845-sdigestw-socc
    続きを読む

    o

    1:名無し募集中。。。:2018/03/24(土) 19:47:40.94 ID:0.net
    釜本とかは人気あった?
    2:名無し募集中。。。:2018/03/24(土) 19:51:21.00 ID:0.net
    誰も注目しなかった
    3:名無し募集中。。。:2018/03/24(土) 19:51:59.39 ID:0.net
    釜本いなくなってから低迷が始まった印象
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/24(土) 17:24:42.84 ID:CAP_USER9.net
    ベルギーで行われた国際親善試合のマリ戦(23日)が、試合終了間際のFW中島のゴールで1―1のドロー決着に終わった後、ハリルホジッチ日本代表監督が「いろいろな情報を得られたが、ポジティブではないモノも多かった」と言えば、主将MF長谷部は「個人技でもチームとしてもやられた。このままでは(ロシアW杯は)苦しい」と表情をゆがめた。

    今回の対戦相手のマリは、日本がW杯グループリーグ2戦目で戦うセネガルの仮想敵国。もっとも「指揮官自ら言っているように選手個々のフィジカル、スピード、アイデアなどセネガルの方がレベルは断然上です」と現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

    「マリはレギュラー8人が不在。しかも20代前半までの選手が半数を占めており、日本に付け入る隙は十分にあった。しかしマリの方がコンビネーションがとれており、日本代表の完成度の低さが目についた試合でした」

    マリ戦の前、指揮官は「選手をたくさん試したい。発掘の場にしたい」と言いきった。W杯開幕まで3カ月を切った段階でチームの軸を定められず、少なくない日本サッカー協会やJリーグ関係者から「W杯が始まってもテスト、テストと言い続けるのでは? ハリルに任せて失敗だった」という声が聞こえてくる。

    ■ロシアでの勝ち点は厳しい

    しかし――。この日の日本選手の不甲斐ないプレーを見た日本サッカー界のレジェンド釜本邦茂氏が「ついついハリルホジッチに同情したくなった」とこう言うのだ。

    「惨敗だった14年ブラジルW杯から、日本サッカーは進歩したのか? 答えは否? 本田などベテラン選手は往年の力、存在感を発揮できず、テストの場でアピールした若手もいない。特に気掛かりなのは<攻撃のスイッチを入れる選手>が見当たらないこと。マリ戦に出場した攻撃系選手のFW大迫、FW宇佐美、FW久保、MF森岡、そして本田を含めて彼らがボールをキープしても<ゴールの予感>が漂ってこない。選手を固定できないハリルが悪いのか、頼りになる選手不在が悪いのか、いずれにしてもロシアで勝ち点を得るには非常に厳しい状況にあると言わざるを得ない」

    スポーツマスコミは「中島劇的同点弾!」と大騒ぎするが、そんな場合ではないのである。
    2018-03-24_20h31_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00000021-nkgendai-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/29(月) 23:15:21.47 ID:CAP_USER9.net
    「国際レベルのヒーロー」として遠藤が選出、伝説的FWの釜本氏も名を連ねる

    現代のサッカー界では、優れた選手が欧州に集うという情勢が当たり前のようになっているが、欧州でプレーしない名手も少なくない。

    英メディア「sportskeeda」は欧州でプレー経験のないアジア人トップ5を特集。日本人選手が二人選ばれ、往年の名ストライカーも名を連ねた。

    特集の中で筆頭とされたのが、J1ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁だった。2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)のデンマーク戦で鮮やかな直接フリーキックを決めた遠藤は、10年近くに渡って日本の攻撃を司るコンダクターとして君臨。特集でも「国際レベルのヒーロー」として高く評価された。

    そして、4位には1968年メキシコ五輪で銅メダルに輝いた日本チームの伝説的なストライカーである釜本邦茂氏が選出されている。日本代表として国際Aマッチ76試合75ゴールを決め、日本サッカーリーグのヤンマーディーゼルでは202ゴールを決めた。特集では「そうした輝かしい記録も、ヨーロッパでのプレーにはつながらなかった。そのような時代だった」とされている。

    他では、元サウジアラビア代表FWで“砂漠のペレ”の異名を取ったマージェド・アブドゥラーや、同代表のGKとして1994年アメリカW杯で神がかり的なセービングを連発したモハメド・アル・デアイエ、イラク代表として1986年メキシコW杯に出場したFWアーメド・ラディが選出されている。

    現在は日本など東アジアだけでなく中東からも多くのプレーヤーが欧州でプレーしている。遠藤こそ近年のサッカー界で活躍した選手だが、釜本氏などが「そのような時代だった」と触れられているように、生まれた時代が違えばアジア出身として欧州のトップクラブでプレーしてもおかしくない名選手になっていたのかもしれない。

    1/29(月) 22:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180129-00010020-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/27(土) 02:52:19.60 ID:CAP_USER9.net
    25日、フジテレビ「アウト×デラックス」では、元サッカー選手、釜本邦茂氏と前園真聖氏がゲスト出演。「サッカー選手になったことを後悔しているサッカー界のレジェンド」と題し、釜本氏はサッカー選手不遇の時代をぼやいたほか、番組では現在の日本代表にも言及している。

    まず話題になったのは、釜本氏が1968年のメキシコ五輪開催後に行われたブラジル対世界選抜の招集を断ったことについて。その理由を「遠いじゃん」と言い放ち、矢部浩之らを慌てさせた同氏は、「メキシコのオリンピックが終わって3日か4日後だった。はよ帰りたいじゃん、メキシコから」と続けた。

    また、ハリルホジッチ監督が率いる、現在の日本代表について訊かれるや、「言っていい?」と前置きした釜本氏は「多分ダメでしょ」とバッサリ。「試合の戦い方っていうのは、もうちょっと守備を固くしないと。そんなボール持って、攻めていったらやられますよ」と持論を展開すると、隣の前園氏も「ほぼ釜本さんがおっしゃった通り」と苦笑いを浮かべた。

    さらに、本題となる「後悔」について話を振られると、釜本氏は「僕がプロって言われたのは監督の時だけですよね。ヤンマーで監督になった。そこまでずっとアマチュアでしょ」と切り出し、「会社入る時の初任給3万2千円ですよ。手取り2万8千円。野球の人(選手)が年俸3000万円で一流って言われた頃じゃないですか。いいですよね」などと語った。
    2018-01-27_07h22_31
    2018年1月26日 11時0分 Sports Watch
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14212280/
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/16(木) 06:35:54.69 ID:CAP_USER9.net
    「奪いに行く」守備はまずまずできていた日本だが…。

    欧州遠征の第2戦、ベルギー戦は結果こそ0-1の惜敗で、「善戦」という言い方もできるけど、内容的に差があったのは事実で、そこに目を向けないわけにはいかないだろう。
     
    まずはディフェンスだ。FIFAランクで5位のベルギーを相手に最少失点に抑えたんだから、評価すべきだという声もあるかもしれないが、その失点の仕方がまずかった。

    密集地帯をドリブルでスイスイ突破されて、最後は高さのあるルカクに注文通りのヘディングシュートを決められた。このシーンで日本の選手たちは、突破を仕掛けたシャドリをあまりにも自由にさせ過ぎていた。
     
    日本は立ち上がり、ブラジル戦と同様に相手のシステムにうまくはめ込む形で、激しいプレッシングを仕掛けた。

    それがハマった時には高い位置でボールを奪って、そのまま相手ゴールに向かうという攻撃もできていた。つまり、前線から「奪いに行く」守備はまずまずできていた。
     
    一方で問題なのは、自陣に押し込まれた時の対応だ。

    「奪いに行く」守備と違って、簡単に飛び込んでかわされるわけにもいかないから、しっかりと身体を寄せて、「前を向かせない、遅らせる」ことが必要になる。日本はこの守備がきっちりとできずに隙を作ってしまった。失点シーンは、それを象徴するものだった。
     
    「奪いに行く」守備というのは、読みの鋭さや俊敏な動きが要求される。これは日本の選手も得意とするところだけど、逆に「前を向かせない、遅らせる」といった守備は素早い寄せと同時に、しっかりと身体をぶつけていくというフィジカル的な要素も求められる。これがやはり日本の選手が苦手とするところだ。
     
    もちろん、フィジカルの差はもともとの体格差もあるし、簡単に埋まらないことは分かっているが、3、4人の選手がしっかり揃っているところをあっさり抜けられてしまうのは、それ以前の問題でもあるだろう。

    個のぶつかり合いや高さで不利を強いられるのであれば、やはり個々が局面できっちりと戦うとともに、組織でも粘り強く対応していかなければならない。このふたつが揃って、良い守備ができるんだ。
     
    もう、何十年とずっと言われ続けてきた当たり前のことだけど、この状況が変わることはないんだから「鉄則」を緩めてはいけないよ。
    2017-11-16_07h53_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00032617-sdigestw-socc
    11/16(木) 6:00配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 00:18:33.20 ID:CAP_USER9.net
    ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア戦は、両者のモチベーションの違いが結果にも表われる形になったと思う。

    サウジアラビアは、オーストラリアの結果を受けて自分たちは1点を取って逃げ切れば、ワールドカップ出場が決まると分かっている。だから、攻撃にしろ、守備にしろ、局面での球際の争いではサウジアラビアの選手が一歩、二歩勝っていたように感じるよ。そうした小さな積み重ねが明暗を分けたように感じた。

    それでも前半は、高温多湿の環境や凄まじいアウェーの雰囲気のなかで、しっかり能力の高さを見せてくれた選手もいたし、まったく収穫がなかったわけではなかった。

    とくに、原口は豊富な運動量をベースに攻守両面で効果的な働きを見せていた。自分が担当するエリアではきっちり相手を抑え込んでいたし、チャンスと見るやどんどんスペースへ出て行った。欲を言えば、もう少しフィニッシュに絡んでいってほしかったけど、本大会でも期待が持てそうなパフォーマンスを見せてくれたよ。

    中盤でも山口が惜しいミドルを放つなど、積極性があった。あるいはスペインで好調を維持する柴崎やオーストラリア戦で豪快なミドルを放った井手口も、決定的な仕事は少なかったけど、中盤で相手の攻撃の起点を潰したり、スルーパスでチャンスメイクをする場面も見られた。

    ただ、後半に入ると、日本の良さは徐々になくなっていった。勝利が必要なサウジアラビアがどんどん圧力をかけてきて、その勢いをさばけなくなったからだ。現地の暑さも尋常じゃなかったようだから、選手たちは相当厳しかっただろう。

    そういうなかで、60分過ぎに岡崎に代えて杉本を1トップに投入したわけだけど、彼が最前線で効果的に機能したとは言い難かっ

    日本の選手には、かなり疲れが見えて、サポートも遅く、ミスも多くて、杉本にはちょっと酷な状況だったと思う。もちろんチーム内の序列というものがあるのだろうが、できればロシアへの布石として、こういう切羽詰まった“本気の”相手に対して新戦力がどれだけやれるのか、スタートから見てみたかった気がするよ。

    つづく
    no title
    2017年09月06日  サッカーダイジェスト
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=29692
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/06/14(水) 07:42:55.61 ID:CAP_USER9.net
    ◆経験の浅いダブルボランチの顔ぶれはベストな組み合わせだったのか。
     
    ワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦で、日本は“なんとか”1-1で引き分けることができた。最後の最後で本田に決定機があったけど、同点に追いつかれた後は、本当にゴールが遠くて、まずは負けなくて良かったと言える内容だったよ。
     
    日本は先に1点を取ったはずなのに、先制した後はいくつかのチャンスをフイにすると、1点リードしていることをまるで忘れてしまったかのようなサッカーに終始してしまった

    過酷な暑さや高地でのゲームという厳しい条件があったにせよ、日本は守りに入るようなプレーが多かった。とりわけ攻撃面では中盤から前線になかなか効果的なボールが入らなくて、イライラするような展開が続いていた。
     
    こういうサッカーになってしまった最大の原因は、やはり監督の選手起用にあったんじゃないかと思っている。シリア戦で不運にも香川が負傷離脱してしまったけれど、その穴を補うためにすごくチーム編成をいじってしまったよね。

    スタメンの顔ぶれといい、システムまでも3月に2連勝した時のアンカーを置いた4-3-3から
    ダブルボランチの4-2-3-1へと変えてしまった。
     
    イラク戦ではA代表2試合目の井手口をボランチとして先発に抜擢し、そのパートナーには久々にボランチで出場する遠藤が起用された。果たして、この組み合わせはベストな選択だったのか? 正直、疑問に思わざるを得ないよ。

    結果次第ではオーストラリア戦で断然優位に立てる大事なゲームなのに、中盤の最も軸になるべきところを経験の浅いふたりに任せて良かったのか。結局、井手口にアクシデントがあったとはいえ、61分からは今野を起用している。なんで最初から経験豊富な選手を使わなかったのか理解に苦しむよ。
     
    遠藤も井手口も要所では身体を張って、体格のいいイラクの選手相手にも健闘していたようには見える。でも、ボールを奪ってから素早く前線につなぐという点ではもたつく場面が目についたし、それによってイラクにひと息つく余裕を与えてしまった。前半の途中からは、相手のリズムでサッカーをやっていた気がするね。

    >>2以降につづく
    no title
    サッカーダイジェスト 6/14(水) 6:00配信
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=26788
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/15(土) 11:12:36.09 ID:CAP_USER9.net
    W杯最終予選のオーストラリア戦(11日)でFW本田圭佑が、先発としては12年10月のブラジル戦以来となる1トップに起用された。

    ハリルホジッチ監督は「サプライズ」と話していたが、10年南アW杯で岡田武史監督が本田を1トップに置いて16強に進出したし、ボクも「スピードと突破力のない本田を使うのなら、1トップで先発させてフィジカルの強さを生かすべき」とゲンダイ紙上で何度も指摘してきた。

    なのにサプライズとコメントするハリルホジッチ監督。「芸がないなぁ……」とつぶやいてしまった。結局、本田は後半になって疲労がたまったのか、完全に精彩を欠いて同39分にFW浅野拓磨と交代したが、ハリルホジッチ監督には「タイミングが遅い」と声を大にして言いたい。

    そもそもハリルホジッチ監督は、代わり映えしない選手を招集し、いつも通りの選手を起用する傾向が強い。すべて「無難なやり方」しかできないタイプに思える。予選4試合を消化してB組3位の日本が、これから順位を上げていくのにプラス材料はあるのか、不安になってしまう。

    W杯予選で3試合連続ゴールのFW原口元気は「伸びしろ」を感じさせる。アドバイスさせていただくとしたら、DFとの駆け引きを覚えて欲しい。

    スピードもあるし、突破力もある。6日のイラク戦のように右足ヒールでのシュートは点取り屋らしいアイデアが詰まっていたし、オーストラリア戦のシュートはストライカーならではの冷静さが伝わってきた。あとはDFの予測を裏切るような動きとか、死角に入ってからの飛び出しといった「抜け目のない」プレーを身に付けて欲しい。

    大いに気になる点がある。終盤になるとハリルホジッチ監督は、上背のある選手を相手ゴール前に配して、ロングボールを放り込む「パワープレー」を仕掛けてくる。

    しかし、代表メンバーにオランダで結果を残している身長193センチFWハーフナー、G大阪の192センチFW長沢駿、鳥栖の185センチFW豊田陽平といった空中戦に強いJリーガーを呼ばず、DFの吉田麻也や丸山祐市をパワープレー要員にしている。

    パワープレーに適したFWを呼び、短期間で代表チームに馴染ませ、勇気を持って試合で使って結果を残す――。これが代表監督の仕事である。

    もしかしてハリルホジッチ監督には、無理な注文なのだろうか?

    (日本サッカー協会顧問)
    2016-10-15_12h44_41
    日刊ゲンダイDIGITAL 10月15日 9時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00000014-nkgendai-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ