海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:鈴木武蔵

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/24(日) 00:52:27.99
    no title


    0-1で敗戦した22日のコロンビア戦から一夜明け、日本代表はボリビア代表戦に向けた練習を23日に日産スタジアムで行った。

    日本代表初選出で初先発となった北海道コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵はコロンビア戦後に選手たちで話したことについて「後半の立ち上がりの入り方が良くなかったというのと、そこで押し込まれて結果的に失点に結びついて、そこは反省しなきゃいけないところだし、やっぱり前半の決められるところで決められなかったという、良い流れで決められなくて、個人的な反省もあるし、チームとしてもそこはすごく反省しています」と話し、チームとしても個人としても決めきれなかったことを挙げた。

    前半に何度かシュートチャンスがあったものの、試合を通してシュート1本に終わったことに関して鈴木は「やっぱり、ああいう中でも普通にやっていかなきゃいけないし、あそこで得点できるチャンスもあっただけに、そこの前半で点を取れなかったのは本当に悔しいし、FWとしてチームがゼロで終わってしまったということは、本当に申し訳ない」と悔しさを露わにした。

    ディフェンスの背後やスペースで勝負し、シュートまで持ち込めそうな場面があった鈴木は「もっともっとポゼッションしながら、中々味方が良い状況でターンできるシーンとか、外して前向くシーンというのがなかったので、その中でも1個外して起点を作れた時に、いかに前を見てもらうかというところが本当に大事。奪った後とかも絶対に走り出したら負けない自信はあるので、そこのDFとの駆け引きのところで、どの試合も常に考えてやっている。そこは味方との意思疎通、擦り合わせのところが最も大事になると思います。そうしたらもっともっとチャンスは増えると思うし、昨日シュートは実際1本で終わったので、まだまだシュートを打てると思うし、札幌の試合でも1本で終わった試合は1回もないので、シュート数をもっと増やしていきたいですね」と話した。

    自分の持ち味を生かし、ボリビア戦では代表初ゴールを狙う。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16206376/
    2019年3月23日 22時20分 フットボールチャンネル

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/22(金) 21:47:46.30
    <キリンチャレンジ杯:日本0-1コロンビア>◇22日◇日産ス

    日本代表(FIFAランキング27位)がコロンビア(同12位)に善戦及ばず0-1で敗れた。

    「ポスト大迫」として注目された、ジャマイカ人の父を持つFW鈴木武蔵(25)が代表デビューしたが、ノーゴールに終わった。後半20分にMF香川と交代し、65分間でシュートは1本だった。6月南米選手権(ブラジル)に向けた強化の場で、次は26日にボリビアと対戦する。

    鈴木が初めての代表ピッチを駆け抜けた。あこがれの大舞台で、最前線でゴールを狙った。後半20分に香川と交代したが、攻撃の核として攻める姿勢を見せた。

    前半10分にはMF山口のシュートにつながる好機の起点となった。MF堂安が再三シュートを放つも、得点にはならず。鈴木が初めて迎えた決定機は同37分だった。MF中島からのクロスをゴール前右で受けると、頭で合わせた。ゴールを捉えることはできなかったが、会場からは「武蔵コール」が起こり、鼓舞され、後押しされた。

    キャリアハイの11得点をマークした昨季の長崎、今季加入した札幌で、成長を遂げている。長崎の高木元監督からはメンタルを学んだ。「ゴールは練習で入らなければ、試合でも入らない」。ゴール前で力み過ぎず、練習から100%のパフォーマンスを出すことを言われ続けた。札幌のペトロビッチ監督からはゴール前での動き方を指示された。これまで自慢のスピードを生かし、ボールを追っていたが、「動き過ぎるな。我慢しろ」。相手とのタイミングや展開の予測の重要性を説かれた。

    学び、発見があって結果となっている。今季リーグ戦で4試合で3得点。その積み重ねが日本代表デビューのこの日につながっている。森保監督が「Jリーグ序盤ですけど、結果を出している」と明確な選出理由を話していた。与えられたチャンスで期待に応えようと、力を尽くした。「ここがスタート」と、言い切る。鈴木の日本代表としての挑戦は始まったばかりだ。

    ◆鈴木武蔵(すずき・むさし)1994年(平6)2月11日、ジャマイカ生まれ。

    桐生第一高を経て12年に新潟入り。16年リオデジャネイロ五輪出場。18年長崎、今季から札幌でプレー。J通算145試合23得点(J1は130試合21得点)。185センチ、75キロ。利き足は右。家族は妻と1男1女。特技はジャパネットたかた創業者の長崎・高田明社長のモノマネ。

    3/22(金) 21:24配信
    2019-03-22_22h42_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-03221193-nksports-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/14(木) 21:02:47.05
    日本サッカー協会は14日、今月の国際親善試合2戦(22日コロンビア戦=日産スタジアム、26日ボリビア戦=ノエビアスタジアム神戸)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

    昨年6月開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会メンバーだったGK中村航輔(24=J2柏)、DF昌子源(26=トゥールーズ)、MF香川真司(29=ベシクタシュ)、MF宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)がW杯以来となる代表復帰を果たし、森保ジャパン発足直後に招集されながら負傷により辞退したMF山口蛍(28=神戸)も含め5選手が初の森保ジャパン。

    また、準優勝に終わった1月のアジア杯メンバーから13人と大幅に入れ替わってDF安西幸輝(23=鹿島)、DF畠中槙之輔(23=横浜)、FW鈴木武蔵(25=札幌)、FW鎌田大地(22=シントトロイデン)の4選手が日本代表に初選出されるなどフレッシュなメンバーとなった。

    札幌からの日本代表選出は1999年の南米選手権に出場したFW吉原宏太以来20年ぶり2人目。鈴木はクラブを通じて「この度日本代表に選ばれた事を光栄に思います。そしていつもサポートしてくれる僕の周りの方々に深く感謝します」とコメント。「まだまだここからがスタートなので精一杯自分らしく頑張ります」と意気込んだ。

    ジャマイカ人の父を持ち、2016年リオデジャネイロ五輪に出場した鈴木は今季から札幌に移籍。3節を終えたJ1リーグ戦では2戦3発と活躍し、チームの2連勝に貢献している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000182-spnannex-socc
    3/14(木) 17:22配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1200002/276
    成績
    no title
    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=FMTnNSDFL3I


    【公式】ゴール動画:鈴木 武蔵(札幌)2分 浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第2節 2019/3/2

    https://www.youtube.com/watch?v=gW4CNE_20K0


    【公式】ゴール動画:鈴木 武蔵(札幌)27分 浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第2節 2019/3/2

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/02(土) 21:00:35.68
    [3.2 J1第2節 浦和0-2札幌 埼玉]

    ストライカーながらも多くのゴールに恵まれてきたわけではない。12年に桐生一高から新潟に加入したFW鈴木武蔵だが、17年までのプロ6年間でのシーズン最多は14年の3得点。しかし、昨季加入した長崎でキャリアハイとなる11得点を記録すると、今季加入した北海道コンサドーレ札幌でのリーグ戦初先発の試合で自身の存在価値を結果で示した。

    2月23日の湘南戦ではベンチスタートとなったこともあり、「当日までスタメンかどうか分からなかった」ようだが、第2節浦和戦でスターティングメンバ―に名を連ねると、試合開始早々の前半2分にいきなりネットを揺らす。左サイドからMF菅大輝が打ち込んだ横パスをFWアンデルソン・ロペスが最終ライン裏に浮き球のパスを落とすと、「意図した形で、横パスが入ってロペスの位置も確認できた」という鈴木がPA内へ。トラップでボールを落ち着けてGK西川周作の動きを見極めると、左足のシュートを決めて先制点をもたらした。

    これだけでは終わらない。前半27分にはDFマウリシオの縦パスをMFチャナティップがカットすると、「背後のスペースが見えた」と最終ライン裏に走り込んで鮮やかなスルーパスを呼び込む。完全に抜け出すと、再び西川との1対1を制して自身2点目を蹴り込んだ。「ボールを受けるタイミングやどこで背後を取ればいいかというのは、練習のときから(ペトロヴィッチ監督から)言われている」という練習の成果を発揮してのゴールとなった。

    2得点ともに、冷静に西川の動きを見て沈めたゴールだが、ここが一つ成長した部分だと感じている。それは昨季所属した長崎で、当時指揮を執っていた高木琢也監督(現大宮監督)から指導されたもので、「気持ち的な部分で、あまりゴールを取りたいと思い過ぎないメンタルコントロール。それは去年、高木監督から教わったものだし、長崎でやってきたことがすごく生きている」と振り返る。そして、昨季11ゴールという結果を残したことで「自信につながっている」と胸を張った。

    だからこそ、前半39分の決定機逸には悔しさを滲ませた。A・ロペスとのパス交換で右サイドを崩したMFルーカス・フェルナンデスのラストパスで、ゴール前で完全にフリーになるが、「キター!!」と意識して放ったシュートは大きく枠を外れてしまい、「やっぱりダメでしたね。本当に申し訳ない。反省します」と肩を落とした。

    ハットトリックのチャンスこそ逃したものの、移籍後初ゴールを含む2得点を奪って、今季初勝利の立役者となったのは間違いない。「今日はゲーム内容がすごく良かったし、チーム全体で続けていければもっともっと勝利を重ねられる」とゴールを積み重ねて、チームに勝利をもたらしていこうとしている。
    2019-03-02_23h25_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-34056629-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/22(土) 05:14:52.37 _USER9
    札幌が獲得に乗り出している長崎のFW鈴木武蔵(24)の札幌加入が21日、決まった。この日までにクラブ間で大筋合意。近日中にも正式に発表される予定で完全移籍での獲得となる。

    都倉の抜けた穴を埋めるピースの獲得に成功した。

    1メートル85、74キロと都倉にも引けを取らないサイズが魅力で、スピードは都倉以上と素質はずば抜けている。

    まだ粗削りで経験値不足な面はあるが、今季はプロ7年目で初めて2桁となる11得点を挙げるなど飛躍の年となった。

    クラブはまだ24歳と年齢的にも伸びしろの大きい鈴木の成長に期待しており、本人も若手を育成しながら結果を残したペトロヴィッチ監督の下でのプレーを希望。

    以前からリストアップはしていたが、C大阪から長年札幌のエースを務めた都倉に正式オファーが届いた段階で、クラブは流出に備えて成長著しい鈴木の完全移籍での獲得に本格的に動いていた。

    今季札幌で活躍した、川崎FのMF三好の完全移籍での獲得が難しく退団となったが、京都のU―21日本代表FW岩崎に続き、クラブは将来性豊かな期待の若手の完全移籍での獲得に成功した。

    12/22(土) 5:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000003-spnannex-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/15(土) 23:27:32.97 ID:CAP_USER9.net
    長崎FW鈴木武蔵がJリーグ初ハットトリックと大活躍、ファンから祝福コメント殺到

    V・ファーレン長崎が15日のJ1第26節名古屋グランパス戦で4-3と撃ち合いを制した。長崎のFW鈴木武蔵がJリーグ初となるハットトリックの活躍を見せたなか、DAZN公式ツイッターが映像を公開。また長崎公式ツイッターもエースFWの働きを称え、ファンから祝福コメントが殺到している。

    試合は開始8分に動いた。鈴木が先制点を叩き込んで長崎が先制するも、名古屋が前半30分に1点を返して1-1のまま前半を折り返す。後半3分に名古屋が勝ち越すも、ここで存在感を見せたのが鈴木だった。後半8分にヘディング弾で同点に追いつくと、続く11分にスライディングシュートで逆転ゴールを流し込んだ。その後、両軍が1ゴールずつを決めたが、長崎が4-3で競り勝っている。

    主役となったのは24歳のストライカー鈴木だ。DAZN公式ツイッターでは、鈴木のハットトリック映像を公開。さらにクラブ公式ツイッターも「武蔵ハットトリックおめでとう」と記すと、ファンからも「感動した」「覚醒」「森保JAPANはいっちゃえ!」「絶好調」と称賛のコメントが並んだ。

    ジャマイカ人の父と日本人の母を持つ鈴木は、10代の頃から規格外のフィジカルを持つアタッカーとして注目を集めていた。2011年のFIFA U-17ワールドカップに出場し、2016年リオデジャネイロ五輪でも1ゴールを決めているしかし所属クラブでは思うように結果を残せない日々が続き、アルビレックス新潟を皮切りに、水戸ホーリーホック、松本山雅FCと渡り歩き、今季から長崎でプレーしている。

    名古屋戦を含めて、今季リーグ戦23試合9ゴールと自己シーズン記録を更新中。一皮むけた感を印象づけている男は、このまま活躍を続けて日本代表へと上り詰めることができるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180915-00135771-soccermzw-socc
    9/15(土) 21:40配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/ranking/
    得点ランキング



    http://www.football-lab.jp/player/1200002/
    選手データ

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%AD%A6%E8%94%B5



    【ハットトリック】鈴木武蔵(長崎) 名古屋グランパスvsV・ファーレン長崎 明治安田J1リーグ 第26節
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/22(金) 18:16:00.35 ID:CAP_USER9.net
    V・ファーレン長崎は22日、アルビレックス新潟よりFW鈴木武蔵が完全移籍で加入することを発表した。

    現在23歳の鈴木はジャマイカ人の父と日本人の母を持つストライカー。群馬県の桐生第一高校時代には、2011年末に開催された第90回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、初出場のチームをベスト8に導く活躍を見せた。

    2012年よりアルビレックス新潟に加入。2015年夏の水戸ホーリーホック、2017年夏の松本山雅FCへの期限付き移籍を経て長崎への加入が決定した。また、U-16日本代表に選出されて以降、各年代のチームでコンスタントに活躍し、2011年の U-17ワールドカップや2013年にU-20日本代表の一員として出場した東アジア競技大会、2016年のリオ五輪などに出場歴がある。

    今回の完全移籍を受け、鈴木は「この度V・ファーレン長崎に加入することになりました鈴木武蔵です。自分の能力を最大限に発揮し、ゴールそしてゴールに繋がるプレーをしていきたいです。みなさんと1つでも多く、J1での勝利の喜びを分かち合いたいです。応援をよろしくお願いします」と抱負を述べている。

    長崎は今季の明治安田生命J2リーグを2位でフィニッシュし、クラブ史上初のJ1昇格を果たした。

    12/22(金) 17:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000021-goal-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ