海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:鎌田大地

    1: Egg ★ 2019/04/22(月) 18:54:11.41
    森保ジャパンの“ベルギーコンビ”が今夏にステップアップを果たしそうだ。先週末に行われたベルギー1部のプレーオフ第5節で日本代表FW鎌田大地(22=シントトロイデン)とMF伊東純也(26=ゲンク)が揃って活躍。欧州各国のクラブからの評価がうなぎ上りの2人は今夏移籍の可能性が高まっている。特に熱心なのがイングランドのあの2クラブだ。

    鎌田は20日に行われた中位プレーオフの敵地オイペン戦に出場し、後半4分に先制ゴールを決めて今季15得点目をマーク。試合は1―1の引き分けに終わったが、退場者も出す中で貴重な勝ち点1獲得に貢献した。伊東は上位プレーオフのスタンダール戦(19日)にフル出場。鋭いドリブル突破と豊富な運動量で攻撃をけん引して3―1の勝利を呼び込んだ。

    鎌田は抜群の得点力を遺憾なく発揮。伊東は優勝を争う強豪で主力として活躍し、ベルギーのみならず欧州主要リーグからも注目を集める存在になっている。ともに今夏の移籍市場でステップアップしそうだが、特に2人に熱視線を注ぐのがイングランド・プレミアリーグのウルバーハンプトンとレスターだ。

    欧州事情に精通する関係者によると「ウルバーとレスターは(MF中島)翔哉(24=アルドハイル)の獲得を狙って結果的に実現しなかったが、引き続き日本人選手に強い関心を持っている。欧州でやれるメドがついた鎌田や伊東には熱心と聞く」。両クラブが日本人選手に注目する理由は、ともにアジア系のオーナーという背景がある。

    ウルバーハンプトンは中国の投資会社「復星集団」が実質的なオーナー。日本でも積極的に事業を展開していることもあり、日本人選手の獲得を狙っている。また、レスターは名物オーナーだったタイの実業家ウィチャィ・スリバッダナプラバ氏が昨年10月に不慮の死を遂げたが、副会長で息子のアイヤワット氏が後継者となった。父同様に親日家ということもあり、2015―16年シーズンの優勝の立役者で今季終了後に退団と報じられたFW岡崎慎司(33)に続く日本人選手の獲得を視野に入れている。

    鎌田はドイツ1部Eフランクフルトから、伊東はJ2柏からともに期限付き移籍中だが、ウルバーハンプトンとレスターは完全移籍での獲得に向けてリストアップ。さらに両クラブともJの若手にも興味を示している。2人以外にも、来季は新たにイングランドでプレーする選手が増えてもおかしくな
    い。

    4/22(月) 16:31配信 東京スポーツ
    2019-04-22_19h33_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000038-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/21(日) 07:15:51.33
    現地時間4月20日、ベルギーリーグのプレーオフ2(PO2)の第5節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はアウェーでオイペンと対戦。1-1で引き分けた。

    プレーオフ2(PO2)は、レギュラーシーズンの7~15位と2部の3チームを加えた計12チームをA、Bのふたつのグループに分け、6チームが総当たり戦を実施。日程を終えた後、プレーオフ2Aとプレーオフ2Bの1位同士が対戦し、勝者にはヨーロッパリーグ(EL)予選の参戦権を賭けたプレーオフ1チーム(4位)との対戦権が与えられる。

    ここまで3勝1分でPO2のAグループの首位に立つSTVVは、6位のオイペンと対戦。鎌田大地、関根貴大、遠藤航、冨安健洋が先発し、木下康介はベンチスタートとなった。対するオイペンは豊川雄太が先発している。

    鎌田は開始早々に関根との連携からDFの裏に飛び出るなど積極的に攻勢を仕掛ける。20分を過ぎたころには遠藤とのパス交換からFWママドゥ・シラの好機をおぜん立て。41分には自らがペナルティエリア右からシュートぎみのクロスでファーのゴール左隅を狙うが、惜しくも枠から外れた。

    後半49分、サイドチェンジのフィードをペナルティエリア左外で受けた関根が、ドリブルでエリア内に侵入。DFとGKを引き付けておいて、マイナスのパスを中央に送る。それをフリーとなっていた鎌田が受け、冷静にゴールに押し込んで、アウェーで先制に成功する。

    だが54分に、ゴール前の混戦からアレクシス・デ・サールがオイペンのカストロ・モンテスにボールを奪われ、そのままモンテスが豪快なミドルシュートでネットを揺らされ、1-1と振り出しに戻している。

    勝利が欲しいSTVVだが、69分、CKからのプレーでDFジョルジ・テイシェイラが、腕でボールをはじくプレーで一発レッド。オイペンにPKが与えられたが、今日がラストゲームとなる38歳主将ルイス・ガルシアがこれをポストに当てるミス。STVVは九死に一生を得る。

    そこで、CB中央が退場となってしまったSTVVは、ボランチの遠藤のポジションを下げて3バック中央に配置。さらに、10人と数的不利な状況ながらも、攻撃的なポジションのヨアン・ボリ、エルトン・アコラトスを相次いで投入。守備を固めながらも、1点を奪いに出る。

    人数が少ないSTVVは、オイペンの息の合った攻撃には苦しめられたが、全員守備、そして遠藤、冨安ら急造の最終ラインとGKルーカス・ピラードの好セーブでしのぎ切った。

    さらに、鎌田は今季の総ゴール数を総計15ゴールに伸ばし、ベルギーリーグの得点ランキングで暫定3位に浮上。プレーオフ中のゴールもシーズン中に換算されるため、得点王の可能性をまだ残している。

    他会場でPO2A2位のオーステンデも引き分けたため、STVVが首位をキープ。次節は現地時間4月28日、アウェーでベールスホットと対戦する。

    4/21(日) サッカーダイジェスト
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=57505

    写真
    2019-04-21_10h19_05
    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/07(日) 09:21:28.79
    [4.6 ベルギー・リーグ2A第3節 ウェスターロ2-2シントトロイデン]

    ベルギー・リーグのプレーオフ2A第3節が6日に行われ、シントトロイデンは敵地でウェスターロと対戦し、2-2で引き分けた。MF鎌田大地が一時逆転となる2ゴールを挙げたが、終盤に同点弾を献上。連勝は2でストップした。

    シントトロイデンはDF冨安健洋、MF遠藤航、鎌田、FW木下康介が先発出場。3-3-2-2でスタートし、9試合連続スタメンの冨安が3バックの右に入った。復帰から3戦連続で先発出場した遠藤は中盤のアンカー。前線は鎌田が3試合連続スタメンの木下と2トップを組んだ。

    前半15分にPKのピンチをしのいだシントトロイデンだったが、同23分に折り返しから流れたボールをウェスターロのFWイェンス・ナーセンスに決められ、先制を許す。

    それでも後半3分、FWジョルダン・ボタカのシュートがGKに弾かれ、その跳ね返りを鎌田が頭でプッシュ。鎌田にとっては4試合ぶりのゴールとなった。同20分には木下に代えてMF関根貴大、負傷した遠藤に代えてFWママドゥ・シラがピッチへ送られる。

    関根の投入が実ったのは後半23分。PA内左のこぼれ球に関根が反応すると、右足で蹴ったボールがウェスターロMFニコラス・ロメンスの手に当たり、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経てPKの判定となる。

    後半25分にPKキッカーを務めたのはボタカ。しかし、右足のシュートはGKに止められる。さらにセカンドボールをつないで関根が右足でゴールを狙い、これもGKにセーブされるが、PA内左でこぼれ球を拾った鎌田が左足で切り返して右足でシュート。GKの手を弾いてネットを揺らし、逆転弾を奪った。

    鎌田は得点ランク3位タイとなる今季14ゴール目。しかし、後半32分に冨安がクリアし切れなかったボールをウェスターロのFWクルト・アブラハムズに蹴り込まれ、2-2のドローに終わった。

    4/7(日) 7:15配信 ゲキサカ
    2019-04-07_09h53_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-43465641-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/04(木) 08:49:10.56
    現地時間3日にジュピラープロリーグ・プレーオフの試合が行われ、シント=トロイデンはベールスホットと対戦。

    シント=トロイデンに所属する鎌田大地、冨安健洋、遠藤航、木下康介の4人の日本人選手が先発出場を果たした。試合開始して10分に失点するも、29分に鎌田からパスを受けた木下がゴールを決めて同点に。

    58分にはペナルティーエリア内でベールスホットのプリチネンコがハンドしPKを獲得。このPKをジョルダン・ボタカが決めてシント=トロイデンに追加点が入った。そのままリードを守り切ったシント=トロイデンが2-1の逆転勝利をおさめている。

    4/4(木) 8:29 フットボールチャンネル
    20190211_kinoshita_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00316407-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/27(水) 12:49:03.12
    日本代表は26日のキリンチャレンジカップ・ボリビア戦に1-0で勝利し、3月2連戦を1勝1敗で終えた。新戦力を融合させることでベースアップを図った今シリーズのテーマの一つが、FW大迫勇也(ブレーメン)への依存脱却だった。1トップにはFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、FW鎌田大地(シント=トロイデン)、MF南野拓実(ザルツブルク)の3人が起用されたなか、最も長いプレー時間を得た鎌田は今後、エース不在時のオプションとなるのか。選手、監督の声から可能性を検証する。

    森保一監督は26日のボリビア戦でスタメン11人を変更。A代表初選出の鎌田を1トップとして送り出した。途中出場した22日のコロンビア戦(0-1)では、「本当はもっとボールに触りたいけど、一番前のポジションなので我慢しないといけないと思った」と語ったように、中盤まで下りず、最前線で裏への抜け出しを意識していた。しかし、ボリビア戦では中央で相手を背負いながらボールをはたくだけでなく、サイドのスペースに流れてパスを受ける、あるいは中盤まで下りて組み立てに加わるシーンが何度も見られた。

    後半13分にはMF乾貴士(アラベス)のスルーパスを受けてGKと1対1になったが、相手の好セーブに遭いゴールネットを揺らせず。MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)、南野、MF堂安律(フローニンゲン)の“2列目トリオ”が入って迎えた後半35分には堂安のクロスに飛び込んだが、わずかに合わなかった(結果はオフサイド判定)。

    鎌田は結局、後半38分までプレー。後半34分から途中出場したコロンビア戦と合わせて計94分間のプレータイムは、鈴木(計72分間)、南野(計14分間)を上回り、今シリーズで1トップとして起用された選手のなかで最長だった。

    監督から与えられた役割について鎌田は、「得点も求められていたけど、周りを上手く使って生かす、時間を作ることも求められていたと思います」と語り、後者に関しては「徐々にボールも触れるようになって、良い受け方を見つけて収められるようになったので、今日の1試合で成長できた」と初挑戦のポジションに対して手応えを覗かせていた。

    森保監督もボリビア戦後の記者会見で、「技術が非常に高い選手でコンビネーションも時間を追うごとに良いプレーをしてくれた。素早く背後に出たわけではないですけど、GKと1対1の場面を作った抜け出しは、2トップでも1トップでも変わりない彼の良さを出してくれたと思います」と一定の評価を与えている。

    3/27(水) 12:15配信 全文掲載

    フットボールゾーン
    2019-03-27_18h19_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00179206-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/26(火) 22:03:45.11
    ◇国際親善試合キリンチャレンジカップ

    ○日本1-0ボリビア●(26日、神戸・ノエビアスタジアム)

    22日のコロンビア戦で日本代表デビューし、この日が代表初先発となった鎌田大地(シントトロイデン)だが存在感を示すことはできなかった。

    合宿招集までは「やったことがない」という1トップで起用され、慣れないポジションに悪戦苦闘。「ペナルティーエリアの近くでボールに触れたらチャンスは作れると思うので、できるだけボールを触りたい」と語っていたが、前線で起点を作ることも、ボールに絡むこともできなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000092-mai-socc
    3/26(火) 21:34配信

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/19(火) 22:03:32.09
    ベルギーで点取り屋として覚醒 「クロスの入り方とかはFWっぽくなれているかなと」

    日本代表の森保一監督は、3月22日のコロンビア戦(日産スタジアム)、26日のボリビア戦(ノエビアスタジアム神戸)に向けたメンバー23人に、4選手を初招集した。そのなかで、大きな注目を集めるのがFW鎌田大地(シント=トロイデン)だ。ベルギーの地で、パサーから点取り屋へと進化した新進気鋭の22歳は、「目に見えた結果が欲しい」と貪欲にゴールを狙う姿勢を示した。

    鎌田はサガン鳥栖3年目の2017年6月、元日本代表MF長谷部誠も所属するドイツ1部フランクフルトへ完全移籍。開幕戦でリーグデビューを飾ったが、その後は思うように出番を得られず、海外挑戦1年目はリーグ戦3試合の出場にとどまった。2年目の逆襲を誓うなか、18年8月末にシント=トロイデンへの期限付き移籍が決定。これが快進撃のきっかけとなる。

    鳥栖ではトップ下やサイドハーフ、ボランチで起用され、パサーとしての役割が多かった鎌田だが、マーク・ブライス監督率いるシント=トロイデンでは2トップの一角やウイングが主戦場。そのなかで3試合連続弾を含むチームトップタイの12ゴールを積み上げ、得点ランキングでも堂々のリーグ5位タイにランクインした。

    鎌田自身は「自分としてはそこまで変わったイメージはない」と前置きしたうえで、ゴール量産の理由について分析する。

    「何よりもペナルティーエリアの近くでボールを触れているのが大きい。鳥栖の時よりも一つ前のポジションをやっているので、どちらかと言うと点が取れている。ゴール前の最後の部分とかはあまり変わっていないと思います」

    ただ、自身でも“前線でプレーする”ことへの免疫はついてきたと感じているという。

    「前(のポジション)をやっているので、よりゴールに近い位置でプレーできている。クロスの入り方とかはFWっぽくなれているかなと。ボールを受ける前の動きだったり、身体の入れ方だったりは日本にいた頃よりはできるようになったと思います」

    3月シリーズではFW大迫勇也(ブレーメン)やFW武藤嘉紀(ニューカッスル)のロシア・ワールドカップ組、FW北川航也(清水エスパルス)らは招集されておらず、FW登録はリオデジャネイロ五輪世代の鎌田とFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)しかいない。1トップ起用に対しては「やったことがないので分からない」としつつも、鎌田は結果に対して貪欲な姿勢を見せる。

    「日本代表は上手い選手が多いし、細かくパスを回せるので、チーム(シント=トロイデン)でやるよりもやりやすいかなと。上手くはまれば全然やれると思います。前で使われるなら目に見える結果が欲しい。それ以前の攻撃の部分はなんでもできる。得点以外にも起点になれたらいい」

    “FW”鎌田がポジション争いに食い込んでくれば、森保ジャパンは新たなオプションを手にすることができるかもしれない。

    3/19(火) 20:10 フットボールゾーン
    20190319_5356

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190319-00177424-soccermzw-socc&p=2

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/14(木) 21:16:37.97
    日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバーを発表。香川真司、昌子源が2018 FIFAワールドカップ ロシア以来の復帰を果たした他、安西幸輝、畠中槙之輔、鈴木武蔵、鎌田大地ら4名が初選出された。

    準優勝に終わったAFCアジアカップUAE2019、露呈したのは“大迫依存”だった。不動の1トップを務めた大迫勇也は初戦で2得点をマークするも、ケガの影響でグループステージ第2節から準々決勝を欠場。すると、日本の攻撃は歯車が噛み合わなくなり得点力不足に陥った。

    森保一監督も「大迫頼みの攻撃については私も質問されたり見聞きしてきました。彼は日本代表にとって重要な選手であることは間違いない。誰が抜けてもそのときのメンバーでベストな戦いをすることを常に考えていきたい」と、大迫不在時の対応をチームの課題として考えている。

    一方で、その問題を解決するべく指揮官が期待を寄せる選手がいる。今シーズン、シント・トロイデンで躍進を続ける鎌田大地だ。

    「期待することは得点です。まずは得点を獲ってもらいたいし、局面にも絡んでほしい。ベルギーで得点という結果を残しているし、去年視察した際にも鎌田は攻撃の起点・核として機能していた。それを代表でも生かしてほしいと思っています」(森保監督)

    ベルギーで結果を残し、日本代表に上り詰めた『鎌田大地』とは何者なのか? 22日のコロンビア戦に先駆けて基本情報をおさらいする。

    [鎌田大地プロフィール]
    鎌田大地(カマダダイチ)
    生年月日:1996年8月5日(22歳)
    出身地:愛媛県伊予市
    血液型:B型
    所属:シント・トロイデン(ベルギー)
    ポジション:フォワード
    背番号:15
    利き足:右足

    “大迫依存”脱却へのキーマン!? 日本代表初選出の鎌田大地ってどんな選手?

    ユース年代からプロ入りまで
    小学校6年生のときに全国制覇を経験すると、中学では故郷の愛媛県を離れ、ガンバ大阪ジュニアユースに入団した。

    ところが、ケガの影響もありユースへの昇格は叶わなかった。それでも、東山高校(京都)サッカー部ではユース年代の最高峰、高円宮杯プレミアリーグウエストで活躍。

    複数のJクラブが興味を示すまでに成長し、2015年にサガン鳥栖に入団した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00916639-soccerk-socc
    3/14(木) 19:15配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10020945
    成績

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/ranking/
    得点ランキング 

    no title
    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/11(月) 06:12:08.32
    シント=トロイデンのFW鎌田大地が今シーズンの12ゴール目を奪った。

    シント=トロイデンは10日、ジュピラーリーグ第29節でロイヤル・エクセル・ムスクロンと対戦。鎌田、冨安健洋は先発、関根貴大と木下康介はベンチ入りした。

    試合は15分に動く。シント=トロイデンのジョルダン・ボタカが右サイドを突破するとクロス。これに合わせたのは鎌田。5試合ぶりとなる今季11得点目を奪い、先制点を手にする。

    しかし、前半のうちに追いつかれてしまう。後半に入ると、相手は2人の退場者を出し、数的優位に立ったトロイデンだが、再度勝ち越すことはできず。試合は1-1で終了している。

    レギュラーシーズンは残り1試合となったが、トロイデンはここに来てプレーオフ1出場圏内の6位以内から転落し、7位となっている。

    3/11(月) 5:50配信 GOAL
    2019-03-11_09h07_22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010007-goal-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/05(火) 05:51:43.92
    3/5(火) 5:00配信
    ベルギー1部シントトロイデンのFW鎌田大地(22)が、日本代表に初招集される方針であることが4日、分かった。

    関係者によると日本協会は、3月に行われる国際親善試合キリンチャレンジ杯コロンビア戦(22日、日産)、ボリビア戦(26日、ノエスタ)の2試合で招集の可能性があることを伝える文書をクラブに送付。日本協会側は招集に前向きだという。

    鎌田は20歳でブンデスリーガのフランクフルトから才能を見いだされ、移籍金約3億円で鳥栖から完全移籍。昨年9月に期限付きで加入したシントトロイデンの主力として、現在リーグ11得点とゴールを量産している。1月のアジア杯UAE大会では落選したものの、好調を維持したことでチャンスが巡ってきた形だ。

    新たなストライカーの台頭は森保ジャパンの重要課題となっている。エースFW大迫は負傷によるコンディション不良のため、3月の代表戦には招集されない見通し。“大迫頼み”から脱却するためにも、この2試合は新戦力を見定める貴重なテストの場にもなる。2日のクラブ・ブリュージュ戦後に「もちろん入りたいところ」と代表への思いを語っていた22歳にかかる期待は大きい。
    2019-03-05_09h48_12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-03040723-nksports-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ