海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:長友佑都

    1: Egg ★ 2019/06/12(水) 20:14:22.75
    日本代表DF長友佑都(32)が、9日のエルサルバドル戦で衝撃A代表デビューを飾った久保建英(18)に関して報道陣に“異例のお願い”を出した。

    長友は12日、都内で行われた住宅・不動産ポータルサイト「LIFULL・HOME’S」などの企画運営を行う「LIFULL」のイベントに登場。その席で南米選手権にも出場する“クボえもん”について問われると、神妙な面持ちで「クボえもんね…。彼が活躍してから取り上げて欲しい」と切り出した。

    久保は同エルサルバドル戦で、ベンチに座っていた際やアップ時にも常にカメラに追いかけられ、試合後に「(周りのチームメートに)気まずかった」と漏らした。長友は「それが彼の本心だと思う」とし「活躍してから持ち上げて欲しい。南米選手権で活躍したら持ち上げて欲しい」と集まったメディアに対して“異例のお願い”。

    さらに長友自身もエルサルバドル戦後に「アイデアとか引き出しが多い。何を出すのか分からない」と、4次元ポケットから次々と道具を取り出すキャラクター・ドラえもんを引き合いに出していただけに「僕もドラえもんと言いましたけど、次の日にYahoo!のトップで、やっちゃったなと思いましたね」と猛省していた。

    また長友は、9月から始めるW杯2次予選で、本田圭佑監督率いるカンボジア代表と対戦する可能性を聞かされ「絶対勝つでしょ!。本田圭佑には負けられない。しっかり勝ちたいと思います。それだけです」と闘志を燃やしていた。

    6/12(水) 17:51配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000162-spnannex-socc

    no title

    続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 19/06/11(火)15:16:53


    2019-06-11_18h18_24

    炎上したら手を差し伸べるぐう聖

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/09(日) 22:50:29.90
    DF長友佑都がデビューしたMF久保建英を「ドラえもん」と表現し、称賛した。「アイテムとか引き出しが多すぎて、何が出すか分からない。すごい才能です」。

    守備選手として左利きのアタッカー封じを得意としているが、久保については「ドリブルだけでなくパスも出せる。縦にもいける持ち方をする。敵だったら嫌」とし「でも負けませんよ」とベテランの意地を見せていた。

    6/9(日) 22:35配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-06091130-nksports-socc

    no title
    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/07(金) 22:36:14.49
    日本代表は7日、ひとめぼれスタジアム宮城で9日のエルサルバドル戦に向けた公開練習を実施した。5日のトリニダード・トバゴ戦に先発し軽めのメニューで調整したDF長友佑都(32)=ガラタサライ=は、無得点に終わった試合を振り返り、今後の課題を明確にした。

    日本代表の課題はどこにあるか。日の丸を背負って117キャップを積んだ長友の言葉はシンプルで、だからこそ説得力があった。

    「日本人選手の特性として、人とボールを見過ぎて、ゴールへの意識が途切れてしまう。目的地がゴールなので、そこに向かう空間の認識を共有できないと」

    世界基準に近づくために、プレーに先立つ認識の転換を口にした。怒涛(どとう)のシュート25本を放ったが、無得点に終わった一戦。長友はゴール前に至る過程にこそ改善の余地があると示す。「海外の選手はゴールを取るためのポジショニングを取り、ゴールを取るためのランニングをする」。ボールを回すことこそいいサッカーだという考えも「そう勘違いしている方もいると思うが、そうじゃない」と否定した。

    試合翌日の6日には森保監督、MF堂安らと話し込み、ピッチ内外の認識をすり合わせた。この日もランニングで先頭に立ち、鳥かごでも率先して声を出して盛り上げた長友は「意識ひとつで行動全てが変わる」と、思考の面でも代表戦士たちへ指針を示す。代表が次のステージへ進むためにも、惜しみなく自身の蓄積を伝えていく。

    6/7(金) 20:59配信 サンスポ
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000549-sanspo-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/05(水) 23:30:13.60
    決定力不足は「根性論だけでは解決できない」
    no title

    [キリンチャレンジカップ2019]日本 0-0 トリニダード・トバゴ/6月5日/豊田スタジアム
     
    森保体制下で初めて3-4-2-1システムで臨んだトリニダード・トバゴ戦は、前半から押し気味に試合を進めながらも肝心のゴールを決めることができず、スコアレスドロー。後半途中から引いて守っていた相手のDF陣を攻略する場面もあったが、GKのファインセーブもあり勝利を飾れなかった。
     
    打っても、打っても入らない。相手にがっちり守られてゴールから遠ざかってしまう光景はワールドカップ・アジア予選でも見られるが、トリニダード・トバゴ戦の結果を受けて左ウイングバックを務めた長友佑都も次のように振り返っている。
     
    「初めてのシステムである程度上手くいった部分もあるけど、ちょっと課題というか、結局ノーゴールなのでね。そこは重く受け止めないといけない。
     
    攻め込み、そして決定機もありながら、しかし入らない。そういうもどかしさを払拭し、勝利を掴むためには何が必要なのか。
     
    そう問われた長友は間髪入れずに「神様に聞きたいぐらい」と返答。続けて「何がと言われても、ひとつの答はないと思いますね」とコメントした。
     
    長友曰く、いわゆる決定力不足は「根性論だけでは解決できない」。
     
    「気持ちといっても、みんな勝ちたい気持ちはあるし。そんなことよりもやっぱり、精度を上げるための努力を一人ひとりがしないと。あれだけチャンスを作って、無得点というのは……。
     
    トッププレーヤーなら決めています。クリスチアーノ・ロナウドだったら何点決めているんだって話でしょ、結局は。そこまでのレベルになれとは言わないですけど、一人ひとりが厳しい環境のなかでどれだけのクオリティを発揮できるか。そういう意識を持たないと厳しいと思います」
     
    ビッグクラブでのプレー経験もあるからこその長友の見解だろう。振り返れば、トリニダード・トバゴ戦では、大迫勇也も、堂安律も、そして中島翔哉も最終局面で小さなミスを連発していた。そのミスをなくしていくことが、ひいては得点力アップにつながるはずだ

    6/5(水) 23:18配信 サッカーダイジェスト 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190605-00059633-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/06/03(月) 10:02:24.86
    トルコ1部リーグのガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)にタイからサプライズのオファーが届いていると、トルコのアスポル電子版などが報じた。

    今季ガラタサライの左サイドバックとしてリーグ優勝に貢献した長友の元へ、思いもかけないアジアの国からのオファー、どうやらタイリーグからのオファーであるようだ。オファー金額が500万ユーロ(約6億2500万円)であれば、ガラタサライは長友の移籍に対してゴーサインを出すとしている。

    中国リーグのような“爆買い”市場への突破口を探るタイは、欧州でプレーをしているアジアの選手に目を向けているようだ。来シーズンで契約が満了する33歳の長友。その去就について、既に動きが始まっている。(オルムシュ由香通信員)

    日刊スポーツ 6/3(月) 9:47
    2019-06-04_00h23_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-06030211-nksports-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/03(月) 18:46:15.40
    6/3(月) 16:42配信
    久保建英はA代表でも上々の始動!長友佑都も「久保さんがボールを持ったら、僕は走りますよ」と全力サポート宣言

    久保と長友の良好な関係は、A代表の舞台で再び実現されそうだ

    緊張の初合流、という感じではなかったようだ。
     
    6月4日に18歳になる久保建英が、日本代表の一員として始動した。合流前日のJ1リーグ14節・大分戦では、プロ入り後初の1試合・2得点を挙げ、堂々チームを勝利に導いた。現在首位を走る首都クラブの、紛れもなく中心選手である。
     
    「(初めての代表は)緊張すると思います。代表はそういう場所でもあるでしょうし」
     
    招集が決まった時にはこう話していた。実際はどうだったか。初日の動静を見ていると、言葉とは裏腹に久保は自然体だった。
     
    練習前に集まった子どもたちには、一人ひとり大きな声で「こんにちは!」と挨拶。笑顔で元気なお兄ちゃんぶりを見せた。練習前には橋本拳人や室屋成など同じFC東京の選手たちと和んでいたが、トレーニングが始まると真剣な表情で円陣の輪に加わり、多くの選手と言葉を交わしていた。

    SNSで久保とのツーショット写真を披露し、話題になった長友佑都。ふたりはかつて、サッカー解説者としても知られる中西哲生氏の下で個人トレーニングを積んでいた仲だ。中西氏は以前、中村俊輔のプレー構築に関わるなど、これまで長年技術指導を理論的に体系立ててきた。永里優季や現在レアル・マドリーの下部組織でプレーする中井卓大も指導する。
     
    そんな長友が、久保との再会について語る。
    「最初に会ったのは彼が小学5、6年生のころ。こうして代表でまた会って、嬉しいのか、彼を誇りに思うのか、僕自身もやってきたことが間違いないと自信を持てるのか。いろんな感情が巡る。彼は元々うまかったし、そこにフィジカル能力も圧倒的に変化してきている。試合では『久保さん』がボールを持ったら、僕は走りますよ(笑)昔、俊さん(中村俊輔)に走るタイミングが悪いと怒られていたので、若い久保くんには怒られないようにします」

    笑いを交えながら嬉しそうに話した長友。実際に昔ともに練習をした時には、久保が実践できて長友ができなかった技術的なメニューがあったという。長友は素直に久保を褒め、久保も現役の日本代表選手からの嬉しい言葉に自信を深めた――。そんな良き関係が、今度はA代表の舞台で再び実現されそうである。
     
    久保の周辺は、6月に入り移籍話が沸騰中だ。今夏の欧州挑戦は濃厚と言われるなか、古巣のバルセロナとの交渉難が報じられ、パリ・サンジェルマンやレアル・マドリーといったビッグクラブも触手を伸ばすなど、騒々しさを増す。

    そんな喧騒にも、本人はいたって泰然と代表に合流している。5日に行なわれるトリニダード・トバゴ戦でのデビューに向けて、まずは上々のスタートを切っている。
     
    取材・文●西川結城(スポーツジャーナリスト)
    2019-06-03_19h39_40
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00059517-sdigestw-socc
    no title

    続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/06/01(土) 21:44:03.84
    トルコ1部のガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が1日に自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。「自身が1万円を払って教える」企画において、不適切なリプライがあったことに怒りを表していたが、そのリプライをした本人から謝罪があったことを報告した。

    同企画は、元日本代表の本田圭佑が29日にツイッター(@kskgroup2017)で「僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか?」という仰天の発想でつぶやいたことから始まった。本田のツイートは瞬く間に話題となり、長友はその本田のツイートをなぞる形で「僕が10000円払うので、僕にフィジカルトレーニングを教わりたい人っていますか?」と30日に投稿。1万を超えるリツイートを記録するなど、こちらも話題となっていた。

    しかし、この長友の提案に対して某有名大学のサッカー部員を名乗るアカウントから「僕が1万円払うので、(妻の平)愛梨とフィジカルトレーニングしていいですか?ただ、僕のワールドカップを初優勝させてもらいます」と不適切なリプライが届いた。さらに同アカウントからは「これ俺が選ばれるやつやん(笑い)」と、長友の提案を小馬鹿にしたような投稿も続いた。

    すると長友はこのリプライに「名門○○大サッカー部の人間がこれか。だせーな」と不快感を露わに。特定の個人に対して返信した長友の対応には、賛否両論が集まった。

    怒りが収まらないのか、長友は1日に「何事もスルーして見て見ぬ振りすることは簡単で楽なんだよ。でもその人やその周りに伝えたいメッセージがあるときは、どう思われようと俺は伝えるよ」と、いわば“公開処刑だ”という批判に対して反論。そのうえで「気づきで人は変われるから。あと家族や愛する人を侮辱する人には立ち向かうよ」と毅然とした態度を明らかにした。

    そのツイートから6時間後、長友はこの件に関して進捗があったことを報告。不適切ツイートを行った人間から謝罪があったことを明かした。

    「彼が謝罪に来てくれた。誰だってミスや過ちはある。名門サッカー部の看板を背負っているという誇りと責任を胸に、後輩たちの見本となる人間になってほしい」とし、最後は「彼の今後を応援します!」と締めくくった。
    2019-06-01_22h18_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00010030-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/30(木) 09:07:06.41
    サッカー日本代表DF長友佑都(32)=ガラタサライ=が29日、自身のツイッターを更新。元日本代表でメルボルンVを退団することを発表したMF本田圭佑(32)が「僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか?」とツイートしたしたことに応じた。

    本田は「僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか?」と“愛弟子”を募集。「ただ条件があって本気でワールドカップを優勝したいという人に限り、そして僕が教えたい人を好きに選びます!」と条件を提示し、「僕がお金を払って教えます!」と宣言した。

    これにともにW杯を戦ってきた長友が呼応。「長友佑都です!よろしくお願いします!」と応募し、弟子入りを志願した。

    5/29(水) 23:57 スポーツ報知
    2019-05-30_11h14_22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000353-sph-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ