海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:長澤和輝

    1:Egg ★:2017/12/07(木) 07:36:35.36 ID:CAP_USER9.net
    写真



    川崎フロンターレの劇的な逆転優勝で幕を閉じた今季のJ1リーグ。シーズンも残すところ天皇杯のみとなり、Jリーグの各クラブは来る新シーズンに向け、水面下で補強オペレーションを着々と遂行中だ。
     
    そんななか、やはり動向を注視したくなるのが、欧州挑戦をスタートさせそうなタレントたち。米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports Asia』は「欧州を新天地に求めそうなJリーグスター5選手」と題し、大胆な予想記事を掲載した。いずれも日本代表の近未来を担う戦士だ。一人ずつチェックしていこう。
     
    まず最初はセレッソ大阪のエース、杉本健勇だ。J1最終節で川崎の小林悠に得点王の座を奪われたが、堂々の22得点。シーズン中からヘタフェをはじめスペイン方面から関心が伝えられるなど、その実力は欧州でも高く評価されている(残念ながら今回のE-1東アジア選手権は怪我のため戦線離脱となってしまった)。
     
    「長身選手だが、古典的なターゲットマンの枠には収まらない。ディフェンダーにとってはなにをしてくるか分からない、実に厄介な選手だろう。その決定力は図抜けており、世界のどこの国でも結果を出せるタイプのストライカーだ。フィットしそうなのはオランダ・エールディビジか」
     
    続いては、飛ぶ鳥を落とす勢いで声価を高めている川崎の左サイドバック、車屋紳太郎。ここ6~7年、欧州市場に良質なサイドバックを提供してきた日本サッカー界が、次に送り出す人材がこの車屋だと紹介している。
     
    「ユウト・ナガトモ、アツト・ウチダ、ヒロキ・サカイ、そしてゴウトク・サカイ。偉大な先達の系譜に名を連ねそうなのが、このシンタロウ・クルマヤだ。素晴らしいフィジカルとメンタルタフネスを備えており、なによりその左足のキック精度が秀逸だ。ナガトモの後継者だが、(イタリア・セリエAではなく)ドイツ・ブンデスリーガでスタートを切るのが良さそうだ」
     
    日本代表でもレギュラーを張るガンバ大阪の至宝、井手口陽介。こちらは以前からイングランド2部、リーズ・ユナイテッドへの移籍が取り沙汰されているが、同局の見立てはどうか。
     
    「ワールドカップ予選、オーストラリア戦でのファインゴールによって、一躍世界的な知名度を高めたのがイデグチだ。あの落ち着き払ったプレーと勝負強さは、とても21歳とは思えないレベルで、どことなくローマのラジャ・ナインゴランを彷彿させる。将来性豊かな彼にはリーズが獲得の意思を示しているようだが、向いているのはセリエAだろう。次代のケイスケ・ホンダとなり得る」

    つづく

    サッカーダイジェスト12/7(木) 6:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00033423-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2017/11/13(月) 10:43:22.69 ID:CAP_USER9.net
    代表デビューか…主力組入りのMF長澤和輝「持っているものを出すしかない」
    2時間前
    https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20171113/668060.html?cx_top=newarrival



    長澤和輝は紅白戦で主力組入り。ベルギー戦での先発デビューに期待が高まる [写真]=新井賢一

    初招集のFM長澤和輝が主力組に入った。日本代表は12日、ベルギーに移動して初練習を実施。長澤は紅白戦で主力組の右インサイドハーフでプレーし、14日に行われるベルギー代表戦での先発デビューを予感させた。

    「初選出ですし、アピールするしかない」。ロシア・ワールドカップまで試合数が少ない中、長澤は自身の持ち味を発揮してアピールを狙う。

    「監督が求める守備の部分や攻撃に切り替わったときに積極的に自分の持っているものをシンプルに出すしかない。前を向いてボールを持ち運んで、チャンスメイクやゴールにつながるプレーがやれればいい。もちろん、チームのためにプレーするのが最優先だけど、それが個人のアピールにつながればいいかなと思う」

    しかし、初招集ということで「なかなかうまくいかない部分もある」という。紅白戦で主力組は、控え組で構成された3-4-3の“仮想ベルギー”と対戦したが、アンカーのMF山口蛍は、インサイドハーフの長澤とMF井手口陽介を含む中盤3人のプレスについて「あんまりはハマらなかった」とコメント。
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/09(木) 07:51:30.88 ID:CAP_USER9.net
    欧州遠征中の日本代表は8日、リール市内で合宿4日目となる練習を冒頭15分を除いて非公開で行った。A代表初招集のMF長沢和輝(25=浦和)は7日に続き、8日も主力組に入った。新戦力の起用には慎重な姿勢を貫いてきたハリルホジッチ監督だが、強豪国との大一番で代表初選出の25歳が初先発する可能性が高まった。

    シンデレラボーイに即デビューの可能性が浮上した。長沢は7日に続き、8日の練習でも主力組とみられるビブスを着用してプレー。4―1―4―1システムで主力組のインサイドハーフに入ったとみられる。A代表初選出ながら、ドイツ時代から親交のある大迫や吉田らがおり「知っている選手も多くいるので、そこまで気を使うことなく入れた」と自然体で溶け込んでいる。

    ハリルホジッチ体制では15年3月のキリンチャレンジ杯チュニジア戦でDF藤春(G大阪)、国内組主体で臨んだ15年8月の東アジア杯でMF遠藤、武藤(ともに現浦和)が初選出初先発を飾ってはいるが、強豪国との試合で新戦力起用となれば極めて異例。長沢に対する期待感の高さがうかがえる。

    専大から13年12月に当時ドイツ2部だったケルンに加入し、チームの1部昇格に貢献。16年に帰国し、今季から浦和でプレーしている。リーグ戦出場はわずか6試合だが、ACLでの活躍を見たハリルホジッチ監督が「守備も攻撃も運動量豊富。守備の役割もしっかりこなしつつ、攻撃でも何かをもたらせる数少ない選手」と“一目ぼれ”。過去に年代別の代表歴はないが、いきなりA代表に選出された。

    ドイツ語もままならなかったケルン時代は、周囲を認めさせるためにフィジカルでアピールするしかなかった。ひたむきさがいつしか、指揮官が高評価する豊富な運動量やデュエルの強さにつながった。「サッカー選手として代表に行くのはうれしいことでチャンスでもある。自分のプレーができてそれがチームの勝利につながれば」。急展開のサクセスストーリー。ブラジル戦すら序章にすぎないのかもしれない。

    ◆長沢 和輝(ながさわ・かずき)1991年(平3)12月16日、千葉県生まれの25歳。八千代高から専大に進学。13年には特別指定選手として横浜でプレー。13年12月、当時ドイツ2部のケルンに加入。15年末、浦和に完全移籍も、16年はJ2千葉に期限付き移籍。今季から浦和に復帰し、10月29日の広島戦でJ1初得点。1メートル72、68キロ。利き足は右。
    2017-11-09_10h39_41
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/11/09/kiji/20171108s00002014343000c.html
    2017年11月9日 05:30
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/22(日) 22:25:43.00 ID:CAP_USER9.net
    ◆明治安田生命J1リーグ 第30節 浦和 3―3 G大阪(22日・埼玉スタジアム)

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が浦和―G大阪戦を視察し、浦和MF長沢和輝(25)について「いい発見」と絶賛した。

    長沢は今季リーグ戦初先発し、G大阪の日本代表MF倉田秋(28)、同MF井手口陽介(21)らとのデュエル(球際の勝負)で負けず、後半19分にはFWラファエル・シルバの得点をアシストした。

    ハリル監督は「興梠、長沢は非常に興味深い状態にあると見ました。興梠は動きを増やせば、よりいいプレーができるということを理解したようです。守備でもしっかり戻って、大きく進化している。長沢は守備でも攻撃でもボリュームがあり、私にとっていい発見になっている」と収穫を明かした。

    長沢は専大で関東大学リーグ3連覇を達成した後、ドイツのケルンに加入。浦和に移籍した昨季はJ2千葉へ期限付き移籍し、今季復帰した。9月27日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦・上海上港戦(アウェー)でACL初先発。ホームでの第2戦もフル出場し、激しい守備と前への推進力で決勝進出に貢献した。

    長沢はハリルホジッチ監督が称賛したいたことについて「見てくれているのはうれしいですが、とりあえず、このチームで結果を残すのが先です」と話した。

    10/22(日) 21:23配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000149-sph-socc

    写真
    続きを読む

    2016-01-12_23h06_06
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/12(火) 20:43:45.20 ID:CAP_USER*.net
    2016年の日本サッカー界は、1月13日から中東カタールの首都・ドーハで行われるリオ五輪アジア最終予選で幕を開ける。五輪は23歳以下の選手でチームが編成されるため、日本代表ではなくU-23(23歳以下)日本代表が出場する。最終予選には16か国が集い、上位3か国のみが出場権を得る。五輪は16か国参加のため、W杯に比べると狭き門となっている。そのぶん競争は熾烈だ。

    ■五輪出場のキーマンとなる「遠藤航」
    手倉森誠(48歳)が率いるU-23日本代表で、キャプテンを務めるのが遠藤航(えんどう わたる、22歳)だ。湘南ベルマーレの下部組織で育ち、高校卒業を待たずにJリーグへのデビューを飾った。センターバックを定位置としながらも、サイドバックとボランチでも高次元のプレーを見せ、15年8月にヴァイッド・ハリルホジッチ監督(63歳)のもとで日本代表に初選出された。ロシアW杯アジア2次予選にも出場するなど大きな可能性を示し、新シーズンからJ1リーグの強豪・浦和レッズへ移籍することが決定している。

    U-23日本代表ではキャプテンの腕章を巻くのはもちろん、攻守の要となるボランチとしてプレーする。
    2016年の飛躍が期待されるひとりで、五輪出場のキーマンである。リオ五輪出場を目指すチームには、海外でプレーする選手も招集されている。久保裕也(くぼ ゆうや)と南野拓実(みなみの たくみ)だ。

    ■スイスで活躍するマルチなストライカー「久保裕也」
    22歳の久保は京都サンガの下部組織で実力を蓄え、2012年2月には当時のアルベルト・ザッケローニ監督によって日本代表に選出された。将来性を見越したセレクトだったが、彼の才能はすぐにヨーロッパのクラブが認めるところとなる。13年6月、スイスのヤングボーイズへ移籍することになったのだ。

    スイスで3シーズン目を迎える今季は、12月までに消化されたリーグ戦18試合のうち15試合に先発し、4ゴールをマークしている。豊富な得点パターンを持つマルチなスナイパーだ。ストライカーだけでなくチャンスメーカーの仕事もこなせるが、手倉森監督の構想では得点源として機能することを期待されている。

    ■強豪国の選手としのぎを削る「南野拓実」
    最終予選の期間中に21歳となる南野は、15年1月にオーストリアのレッドブル・ザルツブルクへ移籍した。

    リーグ後半戦からの加入だった14-15シーズンは13試合出場で3ゴールに終わったが、今シーズンは
    前半戦だけで7ゴールをマークした。ブラジルやスペイン、アフリカ各国の選手としのぎを削りながら、得点ランキングで4位に食い込んでいる。ハリルホジッチ監督の日本代表にも、遠藤航とともに選出されている。

    「結果がすべて」と語る20歳の瞳は、ピッチで鋭い輝きを放つ。久保と同じように南野も、攻撃の様々な役割をこなすことができる。U-23日本代表では中盤での起用が濃厚だが、求められるのはゴールでありアシストだ。南野自身も得点につながるプレーをすることで、最終予選突破に貢献することを誓う。

    ■広島のスピードスター「浅野拓磨」
    Jリーガーにも有望なタレントがいる。サンフレッチェ広島の浅野拓磨(あさの たくま)だ。遠藤、久保、南野がJリーグのクラブの下部組織育ちなのに対して、21歳の浅野は高校サッカーの名門・四日市中央工業の出身だ。冬の全国高校選手権では得点王に輝き、複数のクラブから勧誘を受けたなかでサンフレッチェを選んだ。

    昨年は飛躍のシーズンとなった。プロ3年目にしてJ1リーグで初ゴールをマークし、通算でも8得点を
    記録したのだ。そのすべてが、途中出場からである。50メートル5秒台の快足を生かし、“スーパーサブ”として圧倒的な存在感を放った。ハリルホジッチ監督の招集を受けて日本代表でもプレーし、Jリーグのベストヤングプレーヤー賞にも輝いている。

    U-23日本代表では久保、鈴木武蔵(すずき むさし、21歳・アルビレックス新潟)、オナイウ阿道(おないう あど、20歳・ジェフ千葉)らとポジションを争う。スタメンでも途中出場でも結果を残すスピードスターには、手倉森監督も信頼を寄せている。
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452599025/

     
    続きを読む


    2015-05-24_06h42_15
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 05:53:56.01 ID:???*.net
    [5.23 ブンデスリーガ第34節 ケルン2-2ボルフスブルク]

    ブンデスリーガは23日、第34節を行い、FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンはホームでボルフスブルクと対戦し、2-2で引き分けた。

    大迫はフル出場し、1ゴール。3試合連続で先発した長澤は後半25分までプレーし、ともに1部初挑戦のシーズンを締めくくった。

    ケルンは前半3分、MFマルセル・リッセのスルーパスを受けた大迫が左足でゴール右隅に流し込み、先制点。3月8日のフランクフルト戦(4-2)以来、10試合ぶり今季3ゴール目が試合を動かした。

    しかし、ボルフスブルクも前半8分、MFケビン・デ・ブルイネの右CKから最後はMFルイス・グスタボが押し込み、すぐさま1-1の同点に追いつく。

    さらに同15分にはケルンDFドミニク・マローのパスミスをMFダニエル・カリジウリがカット。左サイドを縦に突破し、マイナスのクロスをMFイバン・ペリシッチが左足で流し込んだ。

    あっという間に逆転を許したケルンだが、ホーム最終節で意地を見せる。後半16分、リッセのシュート性のクロスが相手のオウンゴールを誘い、2-2。  

    2位ボルフスブルク相手に勝ち点1を奪い、ホームでは10試合負けなし(3勝7分)として1部復帰のシーズンを12位で終えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00586155-gekisaka-socc

    スコア ハイライト動画
    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627281
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432414436/
     
    続きを読む

    2015-05-17_02h32_37
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/17(日) 00:23:12.07 ID:???*.net
    SOCCER KING 5月17日(日)0時20分配信

    ブンデスリーガ第33節が16日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツと、同代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦した。3選手とも先発で出場している。

    2連敗中のマインツは、残留確定に向けて勝ち点3が欲しいところ。一方、前節のシャルケ戦で勝利したケルンは残留を決めており、1つでも順位を上げるべく連勝を狙う。

    21分、ペナルティエリア手前左でパスを受けた岡崎が相手選手3人に囲まれながらもシュートを放ったが、ゴール左に外れる。25分には、左サイドでスルーパスに抜け出したパブロ・デ・ブラシスが逆サイドに素早いクロスを入れる。走り込んだ岡崎が左足を伸ばすが枠を捉えることができない。

    直後、ケルンはカウンターのチャンスから最後は大迫がループシュートで狙ったが、得点には至らず。38分、左サイドでボールを持った大迫が右足を振り抜くも、ロリス・カリウスに阻まれた。1分後、マインツは大きなチャンスを迎える。クロスボールにエリア内左のユリアン・バウムガルトリンガーがヘディングで合わせたが、相手GKのファインセーブに遭う。互いに決定機を作りながらも得点に繋げることができず、スコアレスで前半を終える。

    後半開始から2分、試合が動く。左サイド、パク・チュホのクロスをエリア内中央の岡崎が相手DFと競りながら頭で落とすと、最後はク・ジャチョルが左足で叩き込み、マインツが先制する。ケルンは55分、長澤に代えてドゥシャン・シュベントを送り込む。

    追加点を狙うマインツは何度もゴール前に迫るが決定機を活かすことができない。すると83分、ピエール・ベングトソンが左サイドをドリブルで駆け上がりエリア内に侵入すると、切り返しから左足シュートを放つ。これはトーマス・ケスラーに防がれるが、こぼれ球に反応したハイロが押し込んだ。そのまま逃げ切ったマインツが2-0で3試合ぶりの勝利を飾った。

    最終節、マインツはアウェーで王者バイエルンと、ケルンはホームでヴォルフスブルクとそれぞれ対戦する。

    【スコア】
    マインツ 2-0 ケルン

    【得点者】
    1-0 47分 ク・ジャチョル(マインツ)
    2-0 83分 ハイロ(マインツ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00313190-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431789792/

     
    続きを読む

    2015-05-11_22h27_44


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ