海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:長澤和輝

    2016-01-12_23h06_06
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/12(火) 20:43:45.20 ID:CAP_USER*.net
    2016年の日本サッカー界は、1月13日から中東カタールの首都・ドーハで行われるリオ五輪アジア最終予選で幕を開ける。五輪は23歳以下の選手でチームが編成されるため、日本代表ではなくU-23(23歳以下)日本代表が出場する。最終予選には16か国が集い、上位3か国のみが出場権を得る。五輪は16か国参加のため、W杯に比べると狭き門となっている。そのぶん競争は熾烈だ。

    ■五輪出場のキーマンとなる「遠藤航」
    手倉森誠(48歳)が率いるU-23日本代表で、キャプテンを務めるのが遠藤航(えんどう わたる、22歳)だ。湘南ベルマーレの下部組織で育ち、高校卒業を待たずにJリーグへのデビューを飾った。センターバックを定位置としながらも、サイドバックとボランチでも高次元のプレーを見せ、15年8月にヴァイッド・ハリルホジッチ監督(63歳)のもとで日本代表に初選出された。ロシアW杯アジア2次予選にも出場するなど大きな可能性を示し、新シーズンからJ1リーグの強豪・浦和レッズへ移籍することが決定している。

    U-23日本代表ではキャプテンの腕章を巻くのはもちろん、攻守の要となるボランチとしてプレーする。
    2016年の飛躍が期待されるひとりで、五輪出場のキーマンである。リオ五輪出場を目指すチームには、海外でプレーする選手も招集されている。久保裕也(くぼ ゆうや)と南野拓実(みなみの たくみ)だ。

    ■スイスで活躍するマルチなストライカー「久保裕也」
    22歳の久保は京都サンガの下部組織で実力を蓄え、2012年2月には当時のアルベルト・ザッケローニ監督によって日本代表に選出された。将来性を見越したセレクトだったが、彼の才能はすぐにヨーロッパのクラブが認めるところとなる。13年6月、スイスのヤングボーイズへ移籍することになったのだ。

    スイスで3シーズン目を迎える今季は、12月までに消化されたリーグ戦18試合のうち15試合に先発し、4ゴールをマークしている。豊富な得点パターンを持つマルチなスナイパーだ。ストライカーだけでなくチャンスメーカーの仕事もこなせるが、手倉森監督の構想では得点源として機能することを期待されている。

    ■強豪国の選手としのぎを削る「南野拓実」
    最終予選の期間中に21歳となる南野は、15年1月にオーストリアのレッドブル・ザルツブルクへ移籍した。

    リーグ後半戦からの加入だった14-15シーズンは13試合出場で3ゴールに終わったが、今シーズンは
    前半戦だけで7ゴールをマークした。ブラジルやスペイン、アフリカ各国の選手としのぎを削りながら、得点ランキングで4位に食い込んでいる。ハリルホジッチ監督の日本代表にも、遠藤航とともに選出されている。

    「結果がすべて」と語る20歳の瞳は、ピッチで鋭い輝きを放つ。久保と同じように南野も、攻撃の様々な役割をこなすことができる。U-23日本代表では中盤での起用が濃厚だが、求められるのはゴールでありアシストだ。南野自身も得点につながるプレーをすることで、最終予選突破に貢献することを誓う。

    ■広島のスピードスター「浅野拓磨」
    Jリーガーにも有望なタレントがいる。サンフレッチェ広島の浅野拓磨(あさの たくま)だ。遠藤、久保、南野がJリーグのクラブの下部組織育ちなのに対して、21歳の浅野は高校サッカーの名門・四日市中央工業の出身だ。冬の全国高校選手権では得点王に輝き、複数のクラブから勧誘を受けたなかでサンフレッチェを選んだ。

    昨年は飛躍のシーズンとなった。プロ3年目にしてJ1リーグで初ゴールをマークし、通算でも8得点を
    記録したのだ。そのすべてが、途中出場からである。50メートル5秒台の快足を生かし、“スーパーサブ”として圧倒的な存在感を放った。ハリルホジッチ監督の招集を受けて日本代表でもプレーし、Jリーグのベストヤングプレーヤー賞にも輝いている。

    U-23日本代表では久保、鈴木武蔵(すずき むさし、21歳・アルビレックス新潟)、オナイウ阿道(おないう あど、20歳・ジェフ千葉)らとポジションを争う。スタメンでも途中出場でも結果を残すスピードスターには、手倉森監督も信頼を寄せている。
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452599025/

     
    続きを読む


    2015-05-24_06h42_15
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 05:53:56.01 ID:???*.net
    [5.23 ブンデスリーガ第34節 ケルン2-2ボルフスブルク]

    ブンデスリーガは23日、第34節を行い、FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンはホームでボルフスブルクと対戦し、2-2で引き分けた。

    大迫はフル出場し、1ゴール。3試合連続で先発した長澤は後半25分までプレーし、ともに1部初挑戦のシーズンを締めくくった。

    ケルンは前半3分、MFマルセル・リッセのスルーパスを受けた大迫が左足でゴール右隅に流し込み、先制点。3月8日のフランクフルト戦(4-2)以来、10試合ぶり今季3ゴール目が試合を動かした。

    しかし、ボルフスブルクも前半8分、MFケビン・デ・ブルイネの右CKから最後はMFルイス・グスタボが押し込み、すぐさま1-1の同点に追いつく。

    さらに同15分にはケルンDFドミニク・マローのパスミスをMFダニエル・カリジウリがカット。左サイドを縦に突破し、マイナスのクロスをMFイバン・ペリシッチが左足で流し込んだ。

    あっという間に逆転を許したケルンだが、ホーム最終節で意地を見せる。後半16分、リッセのシュート性のクロスが相手のオウンゴールを誘い、2-2。  

    2位ボルフスブルク相手に勝ち点1を奪い、ホームでは10試合負けなし(3勝7分)として1部復帰のシーズンを12位で終えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00586155-gekisaka-socc

    スコア ハイライト動画
    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627281
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432414436/
     
    続きを読む

    2015-05-17_02h32_37
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/17(日) 00:23:12.07 ID:???*.net
    SOCCER KING 5月17日(日)0時20分配信

    ブンデスリーガ第33節が16日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツと、同代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦した。3選手とも先発で出場している。

    2連敗中のマインツは、残留確定に向けて勝ち点3が欲しいところ。一方、前節のシャルケ戦で勝利したケルンは残留を決めており、1つでも順位を上げるべく連勝を狙う。

    21分、ペナルティエリア手前左でパスを受けた岡崎が相手選手3人に囲まれながらもシュートを放ったが、ゴール左に外れる。25分には、左サイドでスルーパスに抜け出したパブロ・デ・ブラシスが逆サイドに素早いクロスを入れる。走り込んだ岡崎が左足を伸ばすが枠を捉えることができない。

    直後、ケルンはカウンターのチャンスから最後は大迫がループシュートで狙ったが、得点には至らず。38分、左サイドでボールを持った大迫が右足を振り抜くも、ロリス・カリウスに阻まれた。1分後、マインツは大きなチャンスを迎える。クロスボールにエリア内左のユリアン・バウムガルトリンガーがヘディングで合わせたが、相手GKのファインセーブに遭う。互いに決定機を作りながらも得点に繋げることができず、スコアレスで前半を終える。

    後半開始から2分、試合が動く。左サイド、パク・チュホのクロスをエリア内中央の岡崎が相手DFと競りながら頭で落とすと、最後はク・ジャチョルが左足で叩き込み、マインツが先制する。ケルンは55分、長澤に代えてドゥシャン・シュベントを送り込む。

    追加点を狙うマインツは何度もゴール前に迫るが決定機を活かすことができない。すると83分、ピエール・ベングトソンが左サイドをドリブルで駆け上がりエリア内に侵入すると、切り返しから左足シュートを放つ。これはトーマス・ケスラーに防がれるが、こぼれ球に反応したハイロが押し込んだ。そのまま逃げ切ったマインツが2-0で3試合ぶりの勝利を飾った。

    最終節、マインツはアウェーで王者バイエルンと、ケルンはホームでヴォルフスブルクとそれぞれ対戦する。

    【スコア】
    マインツ 2-0 ケルン

    【得点者】
    1-0 47分 ク・ジャチョル(マインツ)
    2-0 83分 ハイロ(マインツ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00313190-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431789792/

     
    続きを読む

    2015-05-11_22h27_44


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 00:26:51.00 ID:???*.net
    ブンデスリーガ第30節が25日に行なわれ、日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンとレヴァークーゼンが対戦した。大迫は先発出場、長澤はベンチスタートとなった。

    前節、MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとスコアレスドローに終わったケルン。
    この日はリーグ戦7連勝と絶好調のレヴァークーゼンをホームに迎えた。

    最初にチャンスを作ったのはアウェーに乗り込んだレヴァークーゼン。9分、CKからキリアコス・パパドプーロスが頭で合わせたが、ここはGKティモ・ホルンの正面だった。

    一方のケルンも攻めに出る。17分、右サイドでスローインを受けたミショ・ブレチュコがペナルティエリアに進入を試みる。ここで倒されてFKを獲得。これをキッカーのヨナス・ヘクターが狙ったが、大きく枠の上へ外れてしまった。

    42分、ペナルティエリア内でドミニク・マロフがシュテファン・キースリンクを倒したとして、レヴァークーゼンにPKが与えられる。しかし、キッカーのハカン・チャルハノールのシュートは、ホルンが横っ飛びでセーブ。大ピンチを凌ぐことに成功する。

    後半立ち上がりはケルンが立て続けにチャンスを作ったが、マティアス・レーマンやマルセル・リッセのシュートは得点には繋がらなかった。

    すると60分、逆にカウンターを食らってしまう。レヴァークーゼンが左サイドからパスワークで崩すと、
    中央でボールを受けたカリム・ベララビがドリブル突破。ベララビが横パスを出すと途中出場のユリアン・ブラントがミドルシュートを叩き込み、レヴァークーゼンが先制した。

    ホームで負けられないケルンは、左CKからアンソニー・ウジャーがヘディングシュートを放ったが、惜しくもゴール右に外れてしまった。83分には長澤を投入し、さらに攻勢を強める。すると直後のロングボールをペナルティエリア内のウジャーが頭で折り返し、途中出場のボルド・フィーネがボレーシュートを叩き込んで、ケルンが同点に追いついた。

    このまま試合終了を迎え、1-1で引き分けた。大迫はフル出場、長澤は83分から出場している。

    次節、ケルンは敵地でアウクスブルクと対戦する。

    【スコア】
    ケルン 1-1 レヴァークーゼン

    【得点者】
    0-1 60分 ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    1-1 83分 ボルド・フィーネ(ケルン

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00306104-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月26日(日)0時22分配信
    2015-04-26_02h03_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00306104-soccerk-socc.view-000
    レヴァークーゼン戦に先発した大迫(中央)

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ger/ger-10627248.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429975611/

     
    続きを読む


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 00:30:34.20 ID:???*.net
    ブンデスリーガ第28節が12日に行われ、日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンとホッフェンハイムが対戦した。大迫と長澤はともに先発出場している。

    4試合ぶりの勝利を目指すケルンは、大迫が5試合ぶりの、長澤が今シーズン初の先発メンバー入りとなった。一方、ホッフェンハイムは前節のボルシアMG戦で大敗。ヨーロッパリーグ出場権圏内を目指すためにも、負けられない戦いとなる。

    試合は先発起用された大迫が攻撃を引っ張る。3分、ドリブルでペナルティエリア右に侵入すると、相手DFキム・ジンスが大迫を倒したが、ファウルとはならなかった。さらに直後の4分にも大迫が右足シュートを狙ったが、ゴール左に外れた。

    一方のホッフェンハイムも攻める。11分、右サイドをナディエム・アミリが駆け上がると、斜めのパスに走りこんだケヴィン・フォラントがキーパーと一対一に。しかし、ケルンGKティモ・ホルンがなんとか防いだ。

    迎えた20分、ホッフェンハイムのエルミン・ビチャクチッチが自陣ペナルティエリア付近でロングボールの処理を誤ると、大迫が見逃さなかった。身体を入れ替えてチャンスになりかけると、ビチャクチッチはたまらず大迫を倒し、ケルンにPKが与えられる。これをキッカーのマティアス・レーマンがしっかりと決めて先制に成功した。

    【スコア】
    ケルン 3-2 ホッフェンハイム

    【得点者】
    1-0 20分 マティアス・レーマン(PK)(ケルン)
    2-0 53分 アンソニー・ウジャー(ケルン)
    2-1 70分 オイゲン・ポランスキ(PK)(ホッフェンハイム)
    3-1 78分 ヨナス・ヘクター(ケルン)
    3-2 88分 アントニー・モデスト(ホッフェンハイム)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00301487-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月13日(月)0時22分配信
    2015-04-13_01h03_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00301487-soccerk-socc.view-000
    ホッフェンハイム戦に先発出場した大迫勇也

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ger/ger-10627231.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1428852634/

     
    続きを読む

    2014-08-01_09h48_41

    1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/08/01(金) 08:45:49.00 ID:???0.net
     プレシーズンマッチが7月31日に行われ、日本代表FW大迫勇也、MF長澤和輝所属のケルンとトルコのトラブゾンスポルが対戦。大迫は先発出場、負傷離脱中の長澤は欠場した。

     ケルンは、7月28日に行われたヴァッカー・インスブルック戦で移籍後初先発を果たした大迫が、チーム2点目を記録。ケルンでの初得点を挙げた。

     2試合連発を狙う大迫は14分、先制点を挙げる。中盤でのパスカットからのスルーパスに反応すると、最終ラインの背後を取ってペナルティーエリアへ進入。相手GKとの1対1を制し、冷静に右足シュートを流し込んだ。

     さらに18分には、中盤でのショートカウンターに大迫が絡み、敵陣に少し入った位置、左サイドからサイドチェンジのパスを供給。右サイドのスペースを突いたマルセル・リッセが
    豪快に右足シュートを決め、2点目を記録した。

     1ゴール1アシストの活躍を見せた大迫は、前半のみで交代。後半は両チームともに得点は生まれず、試合は2-0で終了。ケルンが完封勝利を収めた。

    【スコア】
    ケルン 2-0 トラブゾンスポル

    【得点者】
    1-0 14分 大迫(ケルン)
    2-0 18分 リッセ(ケルン)
    .
    SOCCER KING

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00216586-soccerk-socc
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1406850349/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ