海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:長谷川健太監督

    1:豆次郎 ★:2017/11/18(土) 20:25:55.04 ID:CAP_USER9.net
    11/18(土) 20:21配信
    G大阪・長谷川健太監督、今季限りでの退任に「選手たちが付いてこなかったら…」

    明治安田生命J1リーグ第32節が11月18日に行われ、等々力陸上競技場では川崎フロンターレとガンバ大阪が対戦した。試合は0-1でG大阪の敗戦。試合後、G大阪の長谷川健太監督が現在の心境などを語った。

    「今日は勝つ可能性は限りなく少なかったなあという試合でした」と試合を振り返る長谷川監督。川崎Fの猛攻を受け続ける展開となったが、「彼がいなかったら、あと2、3点は取られててもおかしくなかった」と好セーブを連発したGK東口順昭に称賛の言葉を送った。

    長谷川監督は、川崎Fの攻守の切り替えが早く「前線でタメが作れなかった」「攻撃の起点を潰される回数が多かった」ことを敗因として挙げ、46分にFW赤﨑秀平、52分にFW長沢駿を投入したのも、前線を改善するためだったと明かした。

    G大阪は9月7日、長谷川監督との契約を今シーズンで終了し、更新しないことを発表している。今季限りで退任が決まっている状況で監督を続けていることに関して、長谷川監督は「正直、難しい時期はありました。何とか良い形で次の監督に渡したいという思いもありましたし……選手たちが付いてこなかったら辞めようとは思ってたんですけど」と心の内を明かした。

    「今日も、本来ならば、1点取られた後に諦めてしまう選手が出てもおかしくないような展開でしたけど、最後まで戦う姿勢を、それはプロとして当たり前のことですけど、それを最後までやってくれたことは彼らに感謝してますし、だからこそ、自分自身で最後までやり切るというところは、最低限の自分の務めとしてやっていければなと思ってます」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000024-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 18:52:52.27 ID:CAP_USER9.net
    ガンバ大阪は、長谷川健太監督との契約を今季で終了することを明らかにした。

    G大阪の公式ホームページは、2013年から監督に就任し、チームを率いた長谷川監督との契約を更新しないことを発表している。本人からの要望で長谷川監督のコメントは掲載されておらず、後任の監督についても明らかになっていない。

    長谷川監督は、13年に明治安田生命J2リーグに降格したG大阪を1年で立て直しJ1へ復帰させた。勢いそのままに昇格1年目にして、リーグ優勝の偉業を成し遂げている。その後J1で好成績を残していたが、今季いっぱいでチームを離れることが決まった。

    山内隆司代表取締役社長がホームページ上でコメントを残している。

    「長谷川監督には、ガンバ大阪がJ2に降格した翌年、13シーズンに就任して頂きました。J1昇格を義務付けられた難しいシーズンでしたが、優勝して一年で復帰することが出来ました。そして、何より復帰した2014シーズンには、後半から驚異的に勝ち星を重ね、J1リーグで優勝を飾るだけでなく、ナビスコカップや天皇杯も優勝し、昇格即3冠という偉業を成し遂げることが出来ました。15シーズン以降は、アジアの舞台で再び戦いながら、国内でも常に優勝争いにチームを導き、15シーズンの天皇杯優勝など、素晴らしい指導力を遺憾なく発揮して頂きました。」

    「また、16シーズンのベストヤングプレーヤー賞を受賞し、日本代表にも選出された井手口陽介選手や、U-20ワールドカップ2017で日本代表の中心選手として活躍した堂安律選手など、若手選手を積極的に起用し、チーム力の底上げにも大きく貢献していただきました」

    「しかし、クラブとしては、今、新たなステージに向けてステップを踏み出す時と考え、熟考のうえ、長谷川監督からの卒業はこのタイミングだと判断しました。この5シーズンの間、J2に降格して厳しい状況だったガンバ大阪を救い、さらにリーグ戦、カップ戦も含めた4度の優勝へ導いて頂いた長谷川監督には心より感謝申し上げます」

    「今シーズンも全てのタイトルを狙う姿勢に変わりはありません。ファン・サポーターの皆様も残りのシーズン、引き続き熱い応援をいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします」

    9/7(木) 18:15配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00639301-soccerk-socc

    写真



    長谷川健太監督の契約について
    http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/6586/

    ガンバ大阪は、長谷川健太監督との契約を今シーズンで終了とし、来期の契約を更新しないことを決定いたしましたので、お知らせ致します。なお、後任は現時点で未定です。
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/16(日) 07:56:39.02 ID:CAP_USER9.net
    3年ぶりの大阪ダービーが16日、ヤンマースタジアム長居で行われる。

    2試合連続無得点中のG大阪は15日、大阪・吹田市内で最終調整したが、長谷川健太監督(51)がサポーターの言葉に激高。どなり声で反論し、一触即発の事態となった。

    大阪ダービー前の恒例の“儀式”で事件は勃発した。約70人のG大阪サポーターが練習場に集まって花道を作り、最終調整を終えた選手とハイタッチやハグを交わして激励した。長谷川監督も大きな拍手で出迎えられた。ところが、あるサポーターの一言にブチ切れた。

    「(しっかり)やれよ!」。上から目線のような言葉を吐いたサポーターに、普段は温厚な指揮官が詰め寄った。「『やれよ』って、やってるよ!」。一触即発の事態に、その場は騒然となった。別のサポーターが「当日は任しといて。雰囲気は俺らがつくるから」と、鬼の形相の長谷川監督をなだめ、最後はサポーター全員で「やるぞ!」と声を張り上げた。指揮官も「よろしくお願いします」と頭を下げて協力を要請。何とか丸く収まった。

    公式戦2試合連続無得点で2連敗中。サポーターにも長谷川監督にもフラストレーションがたまっていたのかもしれない。落ち着きを取り戻して取材に応じた指揮官は「言い方がね。『やれよ!』って。選手はみんなやっている。クラブのプライドを懸けてやらないといけない試合だと思っている」と、全力を尽くすことを改めて誓った。

    3年ぶりとなる大阪ダービーへの期待感が思わぬ事件となってしまったが、ライバルに負けたくない思いはクラブもサポーターも同じだ。「今週の練習はみんな気持ちを出してやってくれた。サポーターも来てくれて、そういう雰囲気をつくってくれた。皆さんの期待に応えられるような試合をしたい」と、長谷川監督は勝利を届けることを約束した。雨降って地固まる、となるか。(伊井 亮一)

    スポーツ報知 4/16(日) 6:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000037-sph-socc

    激高してサポーターになだめられるG大阪の長谷川監督


    セレッソVSガンバ、3年ぶり大阪ダービー全席完売
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1806680.html

    2017年4月16日(日)14:00KO ヤンマー
    http://www.jleague.jp/match/j1/2017/041605/ticket/
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 00:11:56.89 ID:CAP_USER*.net
    天皇杯決勝が元旦に行なわれ、ガンバ大阪は浦和レッズと対戦し2-1で優勝を果たした。

    G大阪の長谷川健太監督は試合後のインタビューで「もう少し嬉しさが込み上げてくるかなと思っていましたが、ホッとした感じでした」と心境を語った。

    特殊なシステムを採用する浦和レッズとの対戦となったが、長谷川監督は「ペトロヴィッチ監督の十八番のシステムだった。しかし、川崎フロンターレ、サガン鳥栖、サンフレッチェ広島と戦ってきたので、相手の特徴とケアしなければいけないというのは予想できていた」と事前に分析を重ねていたことを明かした。

    決勝ゴールとなったCKからのパトリックのゴールについても、「セットプレーが鍵になることは選手に話していた」と事前の準備が勝利に繋がったことを強調している。

    「攻守において分析した結果が決勝点に繋がったのかなと思います」

    G大阪は明治安田生命Jリーグチャンピオンシップでは広島相手に、ヤマザキナビスコカップでは鹿島アントラーズに、それぞれ決勝で敗北した。ラストチャンスである天皇杯を優勝したことで無冠を回避している。2位だけで終わることとの価値の差について聞かれると「全くわからない。とにかくホッとしています」と安堵の気持ちを語った。一方で、「10個の銀を集めても金にはならない」とタイトルを獲得できたことを喜んでいる。

    三度目の正直で大一番に勝利を収めたG大阪。最後に長谷川監督は「自分はいい仕事をしているか」という質問に「そうは思いませんけどね」と照れくさそうに笑った。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160101-00010017-footballc-socc

    動画
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennouhai/movies/movies.html

    写真
    20160101_Hasegawa_getty-560x373
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451661116/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ