海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:長谷部誠

    2017-09-21_07h09_43

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/21(木) 03:26:36.30 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第5節

    ケルン 0-1 フランクフルト

    22分 ハラー(PK)

    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/fc-cologne-vs-eintracht-frankfurt/1-2543949/

    鎌田はベンチ入りも出番なし

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/16(土) 11:22:10.09 ID:CAP_USER9.net
    ひざのケガで前節欠場したフランクフルトの日本代表MF長谷部誠が今節の試合には間に合うようだ。ドイツ紙『フランクフルト・ルントシャウ』が15日に、「司令官マコト・ハセベが復帰目前」という見出しで伝えている。

    8月31日の日本代表対オーストラリア代表戦後にひざのケガで帰独し、前節を欠場した長谷部。だが、彼が復帰することで、ニコ・コヴァチ監督は再びメンバー構成を変える必要がありそうだ。同紙は「ハセベはサッカーインテリジェンスでチームメイトの大半を凌駕している。戦術的にも、技術的にもベストな選手だ」と評価した上で、どのポジションで使われるのか予想している。

    コヴァチ監督にとって、前節好パフォーマンスでブンデスリーガ初勝利に貢献した3バックの一角を崩すのも難しいが、同紙は「引いた相手に対して、視野が広くボールを落ち着かせられる」長谷部の存在をベンチに置くのも難しいと見ている。

    守備的MFにいるスイス代表ジェルソン・フェルナンデスの位置に入ることも考えられるが、彼も「運動量豊富な潰し役」としてこれまで安定したパフォーマンスを見せている。タイプの違う長谷部を入れるようなら、戦い方を変える必要があり、ダブルボランチにする場合は4バックにする必要があるという。コヴァチ監督にとっては嬉しい悩みが試合直前まで続きそうだ。

    16日に行われるリーグ第4節のアウクスブルク戦、20日の第5節ケルン戦と試合が続くなか、日本人選手を指揮官がいかに起用するのか、注目だ。
    2017-09-16_14h14_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00643028-soccerk-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/09(土) 08:36:31.05 ID:CAP_USER9.net
    フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠は、9日に行われるブンデスリーガ第3節のボルシアMG戦を欠場する。ニコ・コバチ監督が試合に向けた会見で明かした。

    先月31日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦ではフル出場を果たした長谷部だが、ひざの痛みで今月5日のサウジアラビア戦の前に代表チームから離脱。しかしどうやら痛みはクラブに戻ってからも治まっていない模様で、ボルシアMG戦を見送ることになった。

    長谷部を “リベロ”として起用するコバチ監督は8日、「マコトはオーストラリア戦後、ひざに痛みを感じたようだ。トレーニングへの参加も試みたが、無理だった。

    我々はリスクを冒ししてはいけない」と同選手の欠場を明言。

    また「数日間で済む可能性、より長くかかる可能性といずれもあり得る。様子を見なければいけない」と慎重な様子で続けた。

    なお地元メディア『ヘッセンシャウ』によると、長谷部が今回痛みを訴えているのは今年3月に手術を受けた右ひざではなく左ひざだという
    2017-09-09_10h06_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000029-goal-socc
    9/9(土) 7:58配信
    続きを読む

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/09/02(土) 01:20:56.64 ID:CAP_USER9.net
    6大会連続のW杯出場を決めたサッカー日本代表が2日、W杯アジア最終予選のサウジアラビアとの最終戦(5日、ジッダ)に備え、羽田空港からチャーター機で同国ジッダに向かった。

    同空港で、3月に手術した右膝に腫れが出たMF長谷部誠が離脱。1日午後には、MF香川真司も離脱しており、27人から主将と背番号10が外れ25人でサウジに向かった。大量招集しており、追加招集はないとみられる。

    チャーター機に乗り込む前のJALのセレモニーでは、ハリルホジッチ監督と選手を代表し、長谷部に代わる主将として期待されるDF吉田麻也に花束が贈られた。
    2017-09-02_08h03_01
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-01881423-nksports-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★@\(^o^)/:2017/08/24(木) 19:43:16.58 ID:CAP_USER9.net
    フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が新加入MFケビン・プリンス・ボアテングとの“過去の因縁”について振り返り、わだかまりは全くないことを強調している。ドイツ『キッカー』が伝えた。

    両者の間に事件が起こったのは、2009年5月12日に行われたブンデスリーガ第32節・ボルフスブルク対ドルトムント。当時ボルフスブルクに所属していた長谷部が途中出場直後のボアテングに頭部を蹴られ、裂傷の怪我を負った。

    ボアテングはこのプレーで一発退場。危険な場面となってしまったが、長谷部は「たった11針縫うくらいで済みましたけどね」と冗談を交えて当時を回想し、試合後にボアテングがロッカールームへ謝罪しにやってきたエピソードも明かした。実際は周囲が思うような遺恨は残っておらず、長谷部自身も「良い奴ですよ。彼はその経験を生かし、チームを引っ張る選手の一人になると思います」と加入を歓迎しているようだ。

    フランクフルトは26日のブンデス第2節で、その長谷部が当時所属していたボルフスブルクをホームに迎える。日本代表キャプテンは「5年半プレーしましたし、僕にとって非常に特別なクラブです。対戦が楽しみですね」と古巣対戦を心待ちにした。
    2017-08-24_21h55_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-01643319-gekisaka-socc
    続きを読む

    2017-08-21_07h44_02

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/21(月) 03:39:43.27 ID:CAP_USER9.net
    [2017年8月21日0時54分]

    <ブンデスリーガ:フライブルク0-0フランクフルト>◇第1節◇20日◇フライブルク

    フランクフルトの日本代表MF長谷部誠(33)と、今夏に鳥栖から加入したMF鎌田大地(21)が、アウェーのフライブルク戦に先発出場した。長谷部は3バックの中央で、鎌田は2トップの一角でプレーした。

    長谷部は3月22日に右膝軟骨損傷の手術を受けて長期離脱していたが、オフの期間も週6日のペースでリハビリに励み、目標の開幕先発にこぎつけた。日本代表ハリルホジッチ監督は19日に「(長谷部の)膝が少し腫れているという報告も来ている」と心配そうだったが、激しい球際の競り合いを制するなど不安を一掃し、フル出場した。

    鎌田は前半21分にペナルティーエリア左からのパスに反応してシュートを放つなど存在感を発揮した。無得点で後半22分で交代したが、上々のリーグ戦デビューとなった。

    https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/1875235_m.html?mode=all
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 00:21:45.73 ID:CAP_USER9.net
    DFBポカール1回戦が12日に行われ、エルンテブリュック(4部)とMF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトが対戦した。長谷部と鎌田は先発出場。エルンテブリュックには栃木SCに所属する西谷和希の双子の兄弟であるFW西谷優希がスタメン入りした。

    序盤はフランクフルトが鎌田と長谷部の連携からチャンスを作る。10分、鎌田のパスを受けた長谷部が前線へスルーパス。セバスティアン・ハラーが抜け出すが、ゴールにはつながらない。16分にも、長谷部のロングパスに反応した鎌田がエリア内右に抜け出し、ダイレクトで折り返すが、中央のハラーには合わなかった。

    すると今度はエルンテブリュックの西谷がフランクフルトを苦しめる。22分、西谷が長谷部のパスを受けたセンターバックのダビド・アブラームからボールをカット。するとアブラームに後ろから倒されてFKを獲得。このプレーでキャプテンのアブラームにはレッドカードが提示され、一発退場となった。

    エルンテブリュックは24分、このFKで浮き球パスを受けた西谷がエリア内中央で左足ボレーシュートを放つが、惜しくも枠の上に外れた。フランクフルトは、長谷部がキャプテンマークを受け取り、ボランチから最終ラインに変更となった。

    数的不利となったフランクフルトだが、35分に先制に成功する。タレブ・タワサが右サイドからクロスを入れると、こぼれ球に反応したチャンドラーがエリア内左で右足をダイレクトで振り抜き、強烈なシュートでゴールネットを揺らした。

    1点リードで折り返したフランクフルトは57分にピンチ。エリア内中央でチャンドラーが足を滑らせると、西谷がこぼれ球に反応。だがシュートはGKルーカス・フラデツキーがブロックし、ピンチを凌いだ。61分にも、西谷が20センチ差以上あるマルコ・ルスとの競り合いで、倒されながらもボールをキープし、シュートまで持ち込む。これは枠を捉えられなかったが、観客を沸かせた。

    フランクフルトは72分に追加点を奪う。左サイドの鎌田からハラーを経由してパスを受けたミヤト・ガチノヴィッチが、個人技でエリア内右に突破。冷静に右足を振り抜いて、ゴールネットを揺らした。

    直後の73分にフランクフルトは鎌田を下げてイェトロ・ウィレムスを投入。すると76分、長谷部からのロングパスを受けたウィレムスが左サイドからスルーパス。エリア内中央に飛び出したハラーが右足で合わせてリードを3点に広げた。

    試合はこのままタイムアップ。フランクフルトは10人となったが、3-0で勝利を収め、2回戦に駒を進めた。長谷部は途中からゲームキャプテンを務めてフル出場。鎌田は先発でドイツ公式戦デビューを飾り、73分までプレーした。エルンテブリュックの西谷もフル出場した。

    【スコア】
    エルンテブリュック 0-3 フランクフルト

    【得点者】
    0-1 35分 ティモシー・チャンドラー(フランクフルト)
    0-2 72分 ミヤト・ガチノヴィッチ(フランクフルト)
    0-3 76分 セバスティアン・ハラー(フランクフルト)
    2017-08-13_08h07_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00625977-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/09(水) 01:43:54.14 ID:CAP_USER9.net
    8日放送の「グッと!スポーツ」(NHK総合)で、サッカー日本代表キャプテンの長谷部誠が、初めてキャプテンに就任した当時の状況について語った。

    番組では、スタジオゲストに長谷部が登場し、司会の嵐・相葉雅紀とサッカーやプライベートについて語った。

    その中で、相葉が「何人もの日本代表の監督にキャプテンやれって、それってスゴいことじゃないですか?」と、長谷部へのキャプテン指名について触れた。

    長谷部は「ありがたいことに」としながら、最初のキャプテン指名は、2010年南アフリカワールドカップ直前、岡田武史監督だったことを明かした。

    当時の長谷部は26歳で先輩選手も多かったため「言ったら僕は、中堅より下でした」「プレッシャーどころじゃなかった」「急に若い僕がやって…」という。

    先輩選手の中には、長谷部のキャプテン就任をよく思っていない選手もいたとか。岡田監督に「言いに行った人もいた」「そういう方もいた」と、

    異論を唱えに行った先輩選手がいたことを明かしたのだ。

    そんな長谷部は、キャプテンとして監督と選手の間のコミュニケーションを重視したのだと説明し、キャプテンの役割については「中間管理職です」と語っていた。

    2017年8月8日 22時40分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/13448870/

    写真

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/31(月) 23:18:09.55 ID:CAP_USER9.net
    南チロルでの8日間におよぶトレーニングキャンプを終えるフランクフルト。実際にチームを見ていた人たちは、おそらく今シーズンの新戦力はなかなか面白いと感じたのではないだろうか。そのなかの1人が、今夏にサガン鳥栖から移籍金200万ユーロ(約2億6000万円)で加入したMF鎌田大地である。ドイツ誌『kicker』日本語版が31日に伝えた。

    先日行われたウディネーゼとのテストマッチでアピールに成功した鎌田。ただ、あくまで選手たちには疲労が蓄積しており、精彩を欠いたプレーを露呈してしまうのはこの時期では珍しくはないため、決して過大に評価すべきではないのは確かだ。

    それでも、180センチの日本人MFは、ここまでの準備期間を通じてチームを納得させるパフォーマンスを見せている。両足を使え素早さも兼ね備えた同選手は、フランクフルトの攻撃を活性化させる存在となるかもしれない。

    ニコ・コヴァチ監督は中盤よりもアウトサイド寄りに考えている模様で、3バックを採用した場合にはウイングとの間に入る形で起用されているが、4-2-3-1のシステムを採用したベネヴェント戦ではウイングとしてプレーしていた。

    そんな鎌田について、指揮官は「ボールを扱うテクニックに関してはとてもいいものがあるね。それに軽快さも見られているし、読みがとても良く、視野も広い」と称賛。「どのタイミングでボールを受け取り、そして危険な状況から抜け出すためにどのタイミングでダイレクトに繋がなくてはならないか。そのことを理解している選手だよ」と話した。

    ポイントとなるのは、Jリーグで65試合に出場してきた20歳の若者が、果たして即座にブンデスで通用するだけのフィジカルを持ち合わせているかということにある。特にコヴァチ監督は、非常にアグレッシブなディフェンスを好むタイプだ。だが、このことについて指揮官は「彼の走力は国際レベルに達している」と賛辞を続けた。

    そのため、むしろ問題は言語ということになりそうだが、幸運にもフランクフルトにはドイツ語を話すMF長谷部誠が在籍している。コヴァチ監督も「マコトが彼を助けてくれるだろう」と期待感を口にした。あとは実際にチームの助けとなれるのか。そのポテンシャルは全て持ち合わせているようだが、それがどれだけ早く発揮できるかは様子見といったところだ。
    2017-08-01_08h14_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00619814-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/21(金) 08:17:01.64.net
    フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠に第一子が誕生したようだ。クラブの日本語版公式ツイッターが伝えている。

    長谷部は昨年7月9日、モデル・タレントの佐藤ありささんとの入籍を発表。そして今年5月下旬、佐藤さんがインスタグラムにて妊娠を報告していた。

    そして19日、フランクフルトの日本語版公式ツイッターにて「長谷部 選手がお父さんになりました!おめでとう、長谷部選手!」と第一子誕生が発表された。同ツイートは、クラブドイツ語版公式ツイッターを引用する形でつづられている。

    引用元のツイートでは、フランクフルトの選手たちが“ゆりかご”ダンスで長谷部誠の第一子誕生を祝福。「パパ マコト!数日前に長谷部誠がパパになりました チームみんなからのお祝いです」と記されている。

    新シーズン開幕を前に嬉しい知らせが届くこととなった長谷部。さらなる活躍に期待がかかる。
    GettyImages-672939410
    7/21(金) 8:13配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00615703-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ