海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:青山敏弘

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/05/24(木) 18:28:45.24 ID:CAP_USER9.net
    青山敏弘、右ひざ負傷で無念の日本代表離脱…2大会連続W杯出場は絶望的に
    5/24(木) 18:13配信 GOAL

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00010007-goal-socc

    無念の負傷離脱となった青山敏弘(C)J.LEAGUE



    サンフレッチェ広島MF青山敏弘が右ひざ負傷のため、日本代表から離脱することとなった。

    青山は20日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節のセレッソ大阪戦で負傷。代表チームのドクターの診断により右ひざ負傷の診断を受け、全治まで1カ月半以上を要する見込みとなった。

    青山は30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に臨む日本代表メンバーに選出。約3年ぶりに代表入りが実現し、ロシアW杯本大会メンバー入りも期待されたが、間際で代表を離脱することとなった。

    青山は日本サッカー協会(JFA)を通じて「しばらく代表を離れていて本番直前のチャンスをもらえたなか、チームにも入れずケガで断念することになり非常に残念です。チームのみんなには日本のために頑張ってほしいです。僕も一日本人サッカー選手として日本代表を応援します」とコメントしている。

    青山は2014年のブラジルW杯に出場。このロシアW杯で2大会連続出場を目指していたが、無念の離脱を余儀なくされている。
    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/05/18(金) 16:57:42.10 ID:CAP_USER9
    日本サッカー協会は、日産スタジアムで30日に行われるガーナとの国際親善試合に臨む日本代表を発表。

    西野 朗監督は、代表から遠ざかっていた青山敏弘(MF)を招集した。

    その理由について、西野監督は、「今のチーム事情を彼が作っているといっても言い過ぎではない。現在の広島のサッカーを象徴するキャプテン、中心選手であり精神的支柱。過去にも代表経験もあり、その貢献度も高く評価している。過去の実績、現状のパフォーマンスを考えあわせ、その力を代表チームに(生かしてほしい)と思った。間違いなく、今最高のパフォーマンスをしている選手の1人」と説明した。
    2018-05-18_18h46_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180518-00392303-fnn-soci

    続きを読む

    jpg small
    W杯ブラジル大会に出場する日本代表はグループリーグ2試合を終えて1分1敗。もはや自力の 予選突破は不可能となったが、僅かな望みを懸け25日のコロンビア戦に必勝を期する。すると、22日放送、テレビ朝日「やべっちF.C.」では元日本代 表・田中マルクス闘莉王が同一戦について展望を述べた。

    「予想スコアは1-0なんですけど」と日本の勝利を予想した闘莉王は「コロンビア のスタメンがどうでるか」とも。「コロンビアのスタメンがベストメンバーであれば、多少のモチベーションは突破できたことで下がってきている。そこに唯一 日本のチャンスが出てくる」と補足した。

    また、闘莉王は「10番の選手が要注意。ロドリゲスがキーマン。攻撃になったときにいち早く飛び 出す選手。いち早くゴールの前に存在を表す選手なのでカウンターを喰らったとしてもロドリゲスを遅らせて一発で行かれないような形が出来れば守れる確立は 上がる」とディフェンス面でアドバイスを送ると、勝つための選手起用として青山敏弘の名を挙げた。

    「どうしても勝たなきゃいけないと。走 り勝つこともそうですし、前にパスを出す人を考えるんであれば青山君がJリーグの中でも結果を出してますし、ディフェンスの前だけでボールを動かすんでは なく、ディフェンスの裏をつくようなパスも持っている」とその理由を説明した闘莉王は「僕が先発を決めるなら使いたい」と改めて推した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8966689/
    続きを読む

    2014-06-12_12h55_30

    卓球大会は香川がV=サッカー日本代表〔W杯〕

    日本代表は10日、米フロリダ州での直前合宿を通じて初の休養日を過ごした。選手は宿舎で卓球大会を開催。練習要員の17歳2人も参加してトーナメント方式で争われ、決勝で香川が大久保を破って優勝した。

     本田が以前から計画したもので、ひそかに練習を積んでいた選手もいたという。2回戦でカットマンの森重に敗れたGK西川は「非常にいい時間になった。今ちゃん(今野)や(川島)永嗣もうまかった」と話した。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140612-00000042-jij-spo
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ