海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/15(日) 16:41:14.96 ID:CAP_USER9.net
    独『シュポルト・ビルト』誌が、ブンデスリーガでプレーする外国人選手のドイツ語習熟度を査定し、一部を現地時間14日のオンライン版に掲載した。バイエルンのウリ・ヘーネス会長が同誌のインタビューで「ロッカールームでドイツ語を」と話したことがきっかけだ。

    ヘーネス会長は前週、同誌に対し「チーム意識を高めるためにも、選手はロッカールームではドイツ語を話すべきだ。そうでないと、小さなグループに分かれてしまう」とコメント。共通言語を1つに絞ることで、派閥や分裂が生じるのを避けたいと述べた。

    そこで同誌は今回「そもそも、外国人選手はどのくらい流暢にドイツ語を話しているのか、クラブの取り組みはどうなのか」をチェックしたという。下記は、そのなかから習熟度の項目に絞り、抜粋したもの。なお、( )内は同誌がジョークを交えて記した寸評。

    ●バイエルン(ビダルはストライキ)
    ロッベン、レヴァンドフスキ、シャビ・アロンソ、ラフィーニャは非常によく話せる。居残り勉強が必要なのはビダル、コーマン、サンチェス。

    ●ヘルタ・ベルリン(助けが必要なのはアランだけ)
    ヤーステイン、シェルブレット、ペカリク、ダリダ、イビシェヴィッチは完璧に話せ、カルーはよくできる。原口、ドゥダはよく理解できる。ブラジル人のアランだけが英語に頼っている。

    ●ドルトムント(香川はボイコット)
    バルトラ、デンベレ、パクはほとんどできない。香川もいまだに話せない。オーバメヤン、ソクラティスはブロークンだが話せる。

    ●ケルン(モデステが通訳)
    全選手、通訳がつきっきりではない。モデステが同郷のギラシの通訳を引き受けている。大迫はすべて理解できるがめったにドイツ語を話さない。

    ●マインツ(シュミットが4カ国語を話す)
    監督が独仏英の3カ国語を完璧に話し、イタリア語も多少知っているため、通訳不要。選手が必要に応じて仲間に訳す程度。

    ●シャルケ(ナウドが翻訳責任者)
    ナスタシッチ、ベンタレブ、コノプリャンカ、ディ・サントはドイツ語を理解できるが、英語での会話を好む。スタンブリは熱心に勉強中。内田のドイツ語は不十分。ナウドが同郷のカイサラを手伝っている。

    ●ハンブルガーSV(ロッカールームに通訳待機)
    ブラジル人のサントスには通訳がついている。エクダルは指示を理解できるが、ほとんど話せない。主将の酒井高徳、ジュールーは流暢なドイツ語でコミュニケーションがとれる。

    以上はあくまでオンライン版に掲載されていたもの。なお、アウクスブルクではドイツ語のクラスが必須ではないものの、ク・ジャチョルを含め、非常によく話せる選手ばかりとのこと(宇佐美への言及はなし)。なかでもフィンボガソンは、半年でドイツ語のインタビューに応じられるようになったという話だ。また、フランクフルトについては新戦力とブラジル人アンデルソンに言及があったのみで、長谷部らそのほかの選手には触れられていない。
    2017-01-15_19h05_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000015-ism-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/13(金) 13:25:24.60 ID:CAP_USER9.net
    スペイン合宿のスタンダール・リエージュ戦、香川は後半18分までプレー
     
    ドルトムントの日本代表MF香川真司はスペイン・マルベージャでの合宿中に行われたスタンダール・リエージュとのテストマッチに先発出場し、後半18分までプレー。いまだ故障者が多いチームの中でアピールを続けている。

    ドルトムントはエースのガボン代表FWオーバメヤンがアフリカ・ネーションズカップに参加するため後半戦序盤を欠場するなか、前半戦インパクトを残したMFデンベレが練習中に負傷。MFマルコ・ロイス、MFベンダー、MFゲッツェ、MFサヒン、MFセバスティアン・ローデ、GKロマン・ビュルキも負傷のために欠場した。

    香川はMFカストロと並び、攻撃的MFの位置でプレー。前半5分には左サイドを駆け上がったMFラーセンへの絶妙なスルーパスでチャンスを演出した。同15分、右サイドの高い位置でパスを受けたDFピスチェクは香川とパス交換して中央をルックアップ。ゴール前のスペースへ絶妙なラストパスを供給すると、走り込んだMFプリシッチがダイレクトで蹴り込み先制した。

    後半に入るとドルトムントは香川とラーセン、そして前半途中に交代出場していたDFバルトラ以外の8選手を総入れ替えした。後半10分には右サイドをトップスピードで駆け抜けたラーセンが、シュートをゴール左へ突き刺して追加点を奪った。

    香川は後半18分にMFゲレイロと交代。その5分後にゲレイロはゴール前のこぼれ球を詰めてチーム3点目をゲット。11月から2カ月に渡って長期離脱中だったレフティーが復活をアピールした。

    21日の敵地ブレーメン戦からリーグ再開

    試合はドルトムントが3-0で快勝。しかし、独地元紙「ルール・ナハリヒテン」によれば、トーマス・トゥヘル監督は試合後に「負傷者があまりに多い。それも同じ選手が何度も負傷している」と語ったという。前半戦からベストメンバーの揃わない試合が続き、フラストレーションを溜めているようだ。

    足首の負傷を抱えていた香川も7日のPSVとのテストマッチで新年初ゴールを奪うなど完全復活の兆しを見せていた。21日に再開するリーグ、敵地ブレーメン戦に向けていい状態をキープできるだろうか。

    Football ZONE web 1/13(金) 11:40配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170113-00010007-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む


    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/08(日) 11:31:21.07 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガの前半戦で出場機会に恵まれたなかったドルトムントMF香川真司やアウクスブルクFW宇佐美貴史、怪我により離脱していたマインツFW武藤嘉紀が、後半戦に向けてアピールした。なお、ブンデスリーガは今月20日に再開する。

    7日、ドルトムントは親善試合でPSV(オランダ)と対戦。ここまでリーグ戦7試合の出場にとどまっている香川は、先制して迎えた前半40分、MFウスマン・デンベレのパスをPA左で受け、ニアに右足シュートを流し込み、追加点。前半のみの出場に終わったが、PKを獲得するなど4-1の勝利に大きく貢献した。

    今季アウクスブルクに加入もベンチ外の日々が続き、5試合の出場にとどまった宇佐美は、7日に行われたAZ(オランダ)との親善試合に先発出場。前半21分、MFジョナタン・シュミットの折り返しを右足で流し込み、先制点を決めた。チームは1-1の引き分けに終わり、宇佐美は後半22分までプレーした。

    また、昨年9月29日のヨーロッパリーグ(EL)ガバラ戦で内側側副靭帯を損傷し、前半戦は怪我に苦しめられた武藤は、6日にADOデンハーグ(オランダ)との親善試合で先発出場し、前半19分にFWジョン・コルドバの先制点をアシスト。ハーフタイムで交代したが、後半戦に向けて指揮官に猛アピールした。なお、ADOデンハーグのFWハーフナー・マイクはベンチ外だった。
    news_slider_207414_1
    ゲキサカ 1/8(日) 10:35配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-01635606-gekisaka-socc

    ドルトムント香川真司、新年に好調なスタート…PSV相手に1ゴール&PK獲得
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000003-goal-socc

    香川、先発で1G! ドルトムントはPSVに4発快勝
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000010-ism-socc

    宇佐美、テストマッチでゴール!アウクスブルク2017年初ゴールでアピール
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000000-goal-socc

    アウクスブルク宇佐美 練習試合でゴール 逆襲だ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-01762374-nksports-socc
    続きを読む

    7b7b51865124f59cf00420bfce12998a
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/02(月) 11:22:50.82 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントの日本代表MF香川真司(27)が、シャルケのDF内田篤人(28)の軽率な発言にクレームをつけた。

    クリスマス休暇を終えて所属クラブに合流するため、2日に渡欧。日本代表の数少ない独身は、昨年末に内田から「(香川)真司のアモーレ探しでもしようかな」と“アシスト”を宣言されていたが

    「内田からはまったく連絡がなかった。話題作りのために、ああいうことを言うのはやめてほしい」と連絡がなかったことを明かし「本来なら店やセキュリティーを含めたオーガナイズまでやってもらいたい」と冗談交じりに語った。

    無類のうどん好きを公言する中、大晦日は年越しそばを食べてリラックス。「うどんではなく、そばです。浮気しました」と苦笑いした。年越しもうどんを食べるくらいの一途な姿勢を見せれば、内田からアモーレを紹介してもらえる可能性も高まりそうだ。

    スポニチアネックス 1/2(月) 11:13配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000043-spnannex-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/01(日) 01:16:14.99 ID:CAP_USER9.net
    年越しそばを食べて、(こたつに入って)「ゆく年くる年」でも見ながら除夜の鐘が鳴るのを静かに待つ。

    大晦日を過ごす日本人の“王道”とも言えるスタイルだが、この男の場合は違うらしい。



    https://twitter.com/S_Kagawa0317/status/815147128997560320

    「うどん大好きキャラ」で知られる香川真司!

    「やっぱり一年の締めはこれでしょ笑」と綴っており、彼はそばではなくうどんで年を越すようだ。

    香川は兵庫出身で、関西地方では年越しにうどんを食べる例もあるのだとか。しかし、Wikipediaの「年越し蕎麦」の頁には、『香川県でも、「うどんを食べた」という人もいるが、年越し蕎麦の43%に対して22%であった』とある。

    少数派なのは間違いないが、香川のうどん県うどん愛は本物のようだ。

    今年上半期(つまりシーズン後半)の香川はドルトムントでゴールを量産したが、下半期(今季前半)はポジションを確保できておらず、日本代表でも清武弘嗣にトップ下の座を明け渡しつつある。2017年は巻き返しの年としてほしいものだ。

    http://qoly.jp/2016/12/31/kagawa-udon-hys-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/27(火) 17:57:50.39 ID:CAP_USER9.net
    2016-12-27_19h26_14

    ウインターブレイクに入り、日本に帰ってきている香川真司。

    連日様々なイベントに出席してはオフを楽しむという生活をしているようだが、このほどあの俳優と会っていたようだ。



    香川と一緒に写るのは…小栗旬さん!

    両者は2012年、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナーである「新・食わず嫌い王決定戦」に出演。

    この時香川は「もし僕が勝ったら、長澤まさみさんと3人で食事をお願いします」と言っていたが、結局は小栗さんにウニの軍艦巻きが嫌いであることを当てられ敗れていた。

    あれから4年が経過するが、どうやら両者は交流を深めていたよう。香川はTwitterで「shunkun(旬くん)」と綴っている。

    香川の公式ブログによれば、小栗さんとのエピソードについては後日明かされるようだ。




    香川は他に、梅崎司や酒井高徳とも会っていたそう。

    ちなみに、香川と梅崎は2007年に開催されたU-20ワールドカップの日本代表メンバー。香川にとって梅崎は2歳年上にあたり、「梅さん」と呼んでいるようだ。

    http://qoly.jp/2016/12/27/shinji-kagawa-and-shun-oguri-twitter-20161227-kwm-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/23(金) 21:51:50.47 ID:CAP_USER9.net
    イングランドを除く多くの欧州リーグではすでにクリスマス休暇に突入。

    海外で活躍する選手たちは続々と日本に帰ってきているが、ドルトムントの香川真司もその一人だ。

    年内最後のゲームとなったアウクスブルク戦は1-1のドロー。

    香川自身はウスマヌ・デンベレにアシストを供給したのだが、チームは勝利することができず3戦連続引き分けという微妙な成績で2016年の戦いを終えた。

    そんな香川は日本に到着し、ドライブに出かけたそうだ。
    2016-12-24_06h55_47
    https://www.instagram.com/p/BOUQFftAVJw/

    高級車として知られるベンツに乗り、2時間ほどハンドルを握ったという香川。ここはどこかのサービスエリアだろうか。

    香川といえば、以前神戸の繁華街で黄色のベンツに乗っている写真を投稿していた。相当なベンツ好き?

    http://qoly.jp/2016/12/23/shinji-kagawa-instagram-20161222-kwm-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/22(木) 09:58:21.74 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ1部ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(27)が22日、シーズンの中断期間を利用して、羽田空港着の航空機で一時帰国した。

    右足首に骨挫傷を発症した影響で、年内最終戦となった20日のアウクスブルク戦は11月22日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)レギア・ワルシャワ(ポーランド)戦以来となる公式戦出場、国内リーグ戦では10月29日のシャルケ戦以来7試合ぶりの出場となった。後半2分に同点アシストを記録するなど同26分までプレーしたが、今季リーグ戦初ゴールはお預けとなった。

    空港で取材に応じた香川は16年を振り返り「個人としても代表においても、結果という意味では物足りない数字なのは明らか」と話し、「結果が出ないことでいろんなことと向き合えた。いい時間を過ごせたというのを17年に証明したい」と来年の奮起を誓った。また、痛めている右足首については「完璧には治っていないので、この期間でケアできることはして、自分の体としっかり向き合って調整したい」とした。

    日本での予定を問われ「クリスマスは別に予定はないけど、年末の雰囲気はすごく好きなので、ゆっくりしたい」と話し、笑いを誘った。

    昨年5月には内田篤人(28)=シャルケ=が、7月には長谷部誠(32)=フランクフルト=がモデルの佐藤ありさ(28)との結婚を発表。長友佑都(30)=インテル・ミラノ=は女優の平愛梨(32)との結婚が秒読みとなるなど、代表の主力選手に結婚が相次いでいる。21日に帰国した内田が「オフは真司のアモーレ探しでもしようかな」と話していたことを振られた香川は、「いい出会いがあればいいですけど、まだサッカーでいいかな」と結婚は遠いことをうかがわせた。
    2016-12-22_10h59_30

    デイリースポーツ 12/22(木) 9:19配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000053-dal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/21(水) 18:33:47.76 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのドイツ1部・シャルケに所属するDF内田篤人が21日、リーグ戦の中断期間を利用して一時帰国した。昨年6月に長年痛みを抱えていた右膝の手術を受け、8日の欧州リーグのザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりに実戦復帰。中期離脱によるリバウンドも軽めで「紅白戦は外れることもあるけど、想定外のことはないかな」と語った。

    来季につなげていきたい」と語った復帰戦を経て迎える17年への決意は強い。「サッカー選手として、一番脂の乗った2年を捨てたので。仕事であるサッカーをやらなかったわけですから」。年末年始も、体を休めることはなく、右膝の強化を図る筋力トレーニングや、チームから渡されているメニューもこなす意向だ。

    ただ帰国中は3日間で計4回、友人や知人の結婚式に参加する予定があるという。自身も15年5月に結婚を発表。「自分もそういう年になったね。俺も乗り遅れなくて良かった」とした上で「1人乗り遅れているけどね。このオフは(香川)真司のアモーレ探しでもしようかな」と話し、周囲の笑いを誘った。

    また、古巣である鹿島の話題にもついて言及。開催国枠として出場したクラブW杯では、欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)と激闘を繰り広げたが、延長戦の末に敗れて準優勝。大健闘ともいえる戦いぶりを見せたが「鹿島にいた選手としては、勝ってほしかったですね。相手がどこでも、どんな大会でも。遠藤選手から『(レアルについて)聞かれたので、メールはしました。

    僕は普段サッカーの話をしないんですけど、珍しく長文で返しました」と鹿島イズムを見せた上で「ああいうチームとやれる機会はない。僕もレアルと対戦したことはありますが、本当に良い選手がいて、良いチーム。それを日本でやれるのは、うらやましいなと思っていました」と話していた。
    2016-12-21_19h01_37
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000083-dal-socc
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/21(水) 14:47:08.47 ID:CAP_USER9.net
    MF香川真司の所属するドルトムントは20日、ホームでMF宇佐美貴史の所属するアウクスブルクと対戦し、1-1で引き分けた。右足首の負傷の影響で欠場が続いていた香川だが、リーグ戦7試合ぶりに先発復帰すると、後半2分に同点弾をアシストした。香川は後半26分までプレー。宇佐美もベンチ入りしていたが、出番はなかった。

    上々の復帰戦を飾ったかにみえる香川だが、現地メディアの評価は厳しいものとなっている。大手の『ビルト』は失点に絡んだDFマルク・バルトラと並ぶ最低点タイの「5」と評価した。

    また『WAZ』はコメント付きで評価を掲載。「2.5」の数字をつけると、「同点弾をアシストする活躍を見せたものの、後半13分のMFミケル・メリノへのパスをミスしてしまっている。全体的にはきちんとプレーしていたが、なかには怪我の影響を思わせるプレーも散見された」と厳しい指摘をした。
    news_205951_1
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?205951-205951-fl&utm_source=yahoo&utm_medium=referral&utm_campaign=yahoo_ssl

    「うまくいってないし、攻守においてチームとしてやりたいサッカーが連動できていないのかなとは感じた」と振り返る香川は「チームとしてもっと自信を持って、自分たちのサッカー、スタイルを表現していかないといけないのかなと思う。

    今は一人ひとりがネガティブになったり、自信がなかったりしているけど、若い選手も多いので、そういう選手をもっとチームとして生かしながら、躍動感のあるサッカーを見せたい」と、課題を口にした。
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?205956-205956-fl
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ