海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/30(金) 20:25:24.53 _USER9
    ラ・リーガ2部のサラゴサと契約を解除して以降、香川真司はひとりトレーニングに励みながら、新たな所属先が決まるのを待っているが、新シーズンが開幕してかなりの日時が過ぎた今なお、その時はやって来ていない。

    ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッドでプレーし、世界レベルで高い評価を受けた31歳の日本代表MFが、いまだ浪人状態であることについて、ポーランドの総合サイト『GAZETA.PL』が「このようなことになるとは、10年前には想像もできなかった」と言及している。

    同国のジャーナリストであるアントニ・パルトゥム氏によるこの記事の中で、10年前、香川について同国のコメンテーターであるロマン・コルトン氏が「ダイヤモンドだ。素晴らしい才能である」と絶賛すると同時に、「“彼”にもそのような才能を持ってほしい。香川は素晴らしいが、彼はそうではない」と語ったことが紹介されている。

    この「彼」とは、ロベルト・レバンドフスキのことだ。今や押しも押されもせぬ世界レベルのストライカーであり、今年、バロンドールの選定がコロナ禍で中止にならなければ、間違いなく受賞したといわれる彼も、10年前はレフ・ポズナンからドルトムントに加入したばかりの22歳で、途中出場に甘んじていた。

    一方の香川は、レバンドフスキと同じ年にドルトムントの一員となり、こちらはいきなり主役として国内外の舞台で活躍。年明けのアジアカップで骨折して後半戦の大部分を棒に振ったものの、ブンデスリーガの年間ベストイレブンにも選出されている。

    パルトゥム氏は「10年前、誰もレバンドフスキが世界最高のストライカーになるとは思っていなかったし、香川が31歳で所属クラブを失い、より良い明日を期待できない状態になるということも、誰もが予測できなかった」と綴る。

    「21世紀になっても、欧州サッカーを“征服”した日本のサッカー選手は多くない。セリエAで200試合近くプレーした中田英寿が開拓者で、現在は19歳の久保建英、21歳の冨安健洋、25歳の南野拓実といった人気者がいるが、本当に素晴らしいキャリアを持ったのは香川だ」
     
    こう断言するパルトゥム氏は、香川が素晴らしいテクニック、ゲームのビジョン、視野の広さ、コンビネーションプレーのセンスの持ち主であり、ドルトムントで数々のタイトル獲得に貢献したこと、2012年にマンチェスター・ユナイテッドに「わずか1600万ユーロ」で売却されたことなど、彼の輝かしいキャリアを紹介している。

    しかし、一方で「赤い悪魔」では本領を発揮できずにドルトムントに復帰し、その後、構想外となってトルコのベジクタシュにレンタル移籍、スペインのサラゴサでは給料削減にも同意したのに契約を解除されたこと、そして現在、数々の噂が上がりながらも実現していないことなど、キャリアのネガティブな部分にも言及した。

    香川の今後については「オランダのクラブを探すべきではないだろうか?」と提案。「同国には、かつて香川がドルトムントで魅惑のデュオを組んだマリオ・ゲッツェ(PSV)が新たなスターとして加入した。プレースタイルが似ていて、同じくキャリアの再建を誓う者同士という共通点がある」と理由を挙げた。

    そして、この記事は「一方のレバンドフスキ――かつてルーカス・バリオスの代役だった男は今、クリスチアーノ・ロナウドやリオネル・メッシと争っている」と締められている……。

    移籍したバイエルンで絶対的な存在となって欧州王者にも輝いた、かつてのチームメイトとの好対照ぶりを強調されることとなった香川。厳しい現実を突きつけられる格好となったが、まだ諦めていない日本の「ダイヤモンド」がここからいかなる“反撃”を見せるかに期待したい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd340918ae7774c10fcb012d06e248a255a070b0
    no title

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2020/10/20(火) 12:21:21.15 _USER9
    サラゴサとの契約を解除し、所属先がまだ決まっていないのが香川真司に、驚きの新天地候補が浮上した。本田圭佑が所属するブラジルのボタフォゴだ。スペイン・メディア『El Desmarqu』のサラゴサ版が、現地時間10月19日に報じている。

    「カガワの未来はブラジルにあるかもしれない。ボタフォゴは彼の署名のために立ち上げる」と題した記事の中で、このリオデジャネイロのクラブが日本人MFとの署名に「非常に興味を持っている」と伝えている。

    記事によれば、スペインでのプレーを望む香川は、ギリシャのPAOKやドイツ2部のハンブルクからのオファーを拒否。ただ、ともにスペイン2部のサバデルやテネリフェが選択肢に挙がっていた国内移籍は停滞しているようで、「彼の将来は、私たちの国(スペイン)から遠ざかっている」と伝えている。
     
    そして、「ボタフォゴが彼に提供するものは、日本人の考えを変える可能性がある」と指摘。かつて、元オランダ代表のクラレンス・セードルフを獲得するなど、南米出身以外の“ベテランのスター”を救うのが好きなチームだとし、最近でもアリエン・ロッベンやジョン・オビ・ミケルとの契約に動いた、説明している。

    もし、香川と本田の共闘となれば日本人にとっては「夢のデュオ」の誕生となるが、はたして――。
    2020-10-20_19h14_12
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d94ce2451b2a5fe5c08175de7e9c1f569a12b14

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/16(金) 06:49:48.91 _USER9
    元日本代表MF香川真司(31)がイタリア2部ブレシアに移籍する可能性が出てきた。

    地元メディア「TCM24」によると、2部に降格したブレシアは周囲の信頼を回復するため、ドイツ1部の強豪ドルトムントやイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属し、現在フリーになった香川に注目しているという。「(ブレシアは)重要な名前と考えている。日本人のエンゲージメントが高いため、交渉は容易ではないが、努力する準備ができている」と報じた。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5854654a5e4d8154850ab53b00e4da567dffeef
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/10/06(火) 22:50:55.98 _USER9
    レアル・サラゴサのラロ・アランテギSD(スポーツディレクター)は、MF香川真司の退団は同選手を戦力としていなかったことが唯一の理由であり、金銭面は無関係だと主張した。スペイン紙『マルカ』などが同SDのコメントを伝えている。

    香川は今月2日にサラゴサと双方合意のもとで契約を解除したことが発表された。昨季のスペイン2部で期待されたほどのパフォーマンスを見せられなかったことに加えて、チーム内で最高クラスの年俸がクラブにとって負担となっていたことも一因だと盛んに報じられていた。

    だがアランテギSDは6日の会見で、金銭面は理由ではなかったと主張。「彼には(昨季)プレーオフ最終戦の1週間後にスポーツ面で戦力外だと考えていることを伝えた。それ以外の理由はない」と振り返っている。

    香川には中東のクラブなどから好条件のオファーが届いているとも報じられていた。「サラゴサは彼のために動き、複数のオファーを受けていたが、全て断る結果となった。1ヶ月を経て契約を解除しなければならなくなったのは驚きだ」とアランテギSDは語る。「今のチーム内にはシンジほどの過去(実績)はなくとも、もっと良い現在と未来があり前進の可能性がある選手たちがいると考えている」と続けた。

    香川はスペイン国内の他クラブに加入することを希望しているようだが、新天地は未決定。サラゴサは香川にクラブの練習施設を提供し、コンディション維持のためトレーニングを行うことを認めたと説明されている。

    10/6(火) 22:41配信
    2020-10-07_10h11_51
    https://news.yahoo.co.jp/articles/05a2cdc8e9e7ad179b95c8daedd9166eb45d0421

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/10/04(日) 00:37:29.31 _USER9
    スペイン2部サラゴサは2日、元日本代表MF香川真司との契約を双方合意の上で解除したと発表した。香川は3日、スポーツ報知などのオンライン取材に対して「自分としては望んでいた形ではなかった。予期していた形ではないお別れになったのが心残り。こうなるとは予想していなかった。今はこれから考えなきゃいけない自分の未来について整理しているところ。一歩踏み出していかないといけない」と心境を明かした。

    香川は昨季、2年契約でサラゴサに加入。負傷に苦しめられながらも4ゴールを挙げたが、チームは1部復帰を逃した。今季は外国人枠の問題もあり、リーグへの選手登録メンバーから外れていた。香川は去就について「起こってしまったことなので、後悔しても時間は返ってこない。具体的にはまだ何もない。一歩踏み出していかないといけない」と話した。

    香川の一問一答は以下の通り。

    ―契約解除を聞いての心境は。

    「正直、最初は受け入れられなかったし、登録を外れることは考えてなかったのでそこは残念ですし、受け入れ難かった事実でした。志半ば。言葉にできない」

    ―スペインでのプレー続行は。

    「やはり自分が去年2部を選んだのを見てもわかるように、スペインでプレーしたいという思いがあった中で、この状況は予想外だった。自分でも複雑だけど、あまり時間をかけすぎても良くないので、自分の中で新たな挑戦に向けて進んでいきたい。具体的には言えないが、こういう形で終わったことに対する悔しさはある」

    ―契約解除になった最大の理由は。

    「僕が聞きたいですね。わからない。僕は2年契約でもともとここにきたわけで。2年契約の終了時に延長されないのであれば、それはプロの世界ですけど、契約がある中でこうなるのは正直、理由がわからないし、たしかに数字という意味では満足いかなかったけど、今年はもっとやれる手応えと自信を感じていたし、日々のトレーニングでサラゴサのために尽くしてきたつもりだった。今となっては事は終わったので、そこを問い詰めるよりは次のチャレンジに向けて進まないと」

    ―サラゴサでの思い出は。

    「ここ数日こういうことが起きて、いろんな人からメッセージをもらった。サラゴサに関わる人、選手やサポーターが温かいメッセージを送ってくれて、救われた部分がありました。ここ数日でより仲間の存在を再確認できた。あとは、入団時のスタジアムでの風景は想像以上だった。彼らが自分に対して示してくれた愛情は忘れることができない。これを続けられない複雑さがある」

    ―クラブ、ファン、街の印象。

    「サッカーを愛し、サラゴサを愛しているファン、そんな歴史をここにきて感じることができた。サラゴサというチームはこの街にとって大きな意味をもっている。1部で戦わなければいけないクラブだし、今シーズンはそれをチームメイトに託して自分は応援していきたいと思います」

    ―昨季終盤に好パフォーマンス。現在の状態は。

    「昨季終盤のあの状態が自分にとって平均にならないといけない。自分は今さらにコンディションが上がっていい状態であると思っているし、キャリアにおいても進化している。その自信しかない」

    ―これまで多くのクラブでの経験が生きる。

    「そうですね。起こってしまった事で、誰がどうとか後悔しても時間は返ってこない。それはキャリアでも感じている。大事なのは今。自分のマインドをコントロールしてどう状況に打ち勝っていくか。それが去年一番学んだ事。どうなろうが、そこに向けてまた絶対負けないぞという気持ちでいる」

    10/3(土) 22:45配信
    2020-10-04_12h06_46
    https://news.yahoo.co.jp/articles/27dd7f629986a06b6a3c8cd7f12122477edce877

    続きを読む

    1: れいおφ ★ 2020/10/03(土) 14:20:51.67 _USER9
    「トゥヘルとは一言も話さなかった」名古屋の守護神ランゲラック、ドルトムント時代&Jリーグを語る!「日本のサッカーはカガワ15人分の…」

    2020年10月03日 11時00分 サッカーダイジェストWeb

    Jリーグの名古屋グランパスで活躍中のオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラック。今年6月には新型コロナウイルスの陽性反応が判明し、1週間ほど入院する事態となったが、今季も安定したセーブで君臨している。

    そんな守護神が、ドイツ・メディア『SPOX Redaktion』の取材に応じ、2010年から15年まで在籍したドルトムント時代を振り返った。さらに、Jリーグの印象なども明かしている。

    32歳のベテランGKはまず、「クロップに会ったときのことを鮮明に覚えている」と語た。

    「加入した時はブンデスリーガのことを余り知らず、彼のことも良く分かってなかった。けれど、エージェントは彼がドイツで次の世代を背負うコーチになるだろうと、しかも誰もが彼を愛しているという。実際に会うと、その理由が良く分かった。『プレーが悪かろうがミスをしようが関係ない。日々努力してトレーニングしていれば何も問題ないんだ』と言われた。今でも忘れられないよ。異国の地で過ごす最初の指針をくれた人物だ」

    当時、ランゲラックはローマン・ヴァイデンフェラーに次ぐ二番手ながら、頼れるバックアッパーとして黄金期を支えた。しかし、2015年にクロップが退任し、新たにトーマス・トゥヘルが就任したタイミングで、クラブを離れた。

    驚くべきことに、ランゲラックはトゥヘルと一言も会話を交わさなかったという。

    「新監督が就任して、新しいGK(ロマン・ビュルキ)と契約を結んだ。それを聞いて、ここでプレーし続けることは難しいとエージェントに伝えたんだ。すべて休み中に手続きを行なったので、トゥヘルとは喋ってないし、ビュルキにも会っていない。ミヒャエル・ツォルクSDに話して、彼は悲しんでくれ、そして理解してくれた」 

    その後はシュツットガルト、スペインのレバンテを経て、「素晴らしいオファーをくれた」名古屋への移籍を決断する。

    「僕にとって、サッカー面でも生活面でも完璧な、良い決断だった。日本はオーストラリアにも近いしね。サッカーも素晴らしい。ヨーロッパのサッカーはフィジカルの強さが重視されるけれど、日本のサッカーは技術とスピード、ショートパスに重点が置かれている。

    皆が良く知っているシンジ・カガワで例えるなら、ピッチ上ではカガワ15人分のテクニックを武器に敵に立ち向かうような感じだ。ドイツのサポーターがJリーグを観戦したらとても驚くと思う。実際、日本のリーグを観ているスカウトはたくさんるし、対戦するとヨーロッパの選手より優れている、と感じることもある。今後も欧州に行く日本人プレーヤーは、増えると思うよ」

    そして、2021年1月に終了する名古屋との契約については、このように述べた。「今のところ何も決まっていないけれど、ここで続けられたらいいなと思っている。どうなるかはこれからだ。皆と同じように、指をくわえて待つよ」

    親日家の守護神は、日本でのプレー継続を望んでいるようだ。
    2020-10-03_16h59_26
    https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12289-813627/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/10/03(土) 01:08:19.22 _USER9
    サッカー・スペイン2部のサラゴサが現地時間の2日、香川真司との契約解除を公式ウェブサイトなどで発表した。

    スペイン2部は、EU域外の選手を2人までしか登録できず、この枠からはじき出された形の香川は去就が注目されていた。

    クラブの公式ウェブサイトでは、双方合意の上の契約解除であることが伝えられている。

    10/3(土) 0:31配信
    2020-10-03_11h31_36
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a8932dd1e471a8375de21c856e43aa79c3452de

    続きを読む

    1: ひかり ★ 2020/09/30(水) 23:20:59.26 _USER9
    スペイン2部サラゴサのMF香川真司(31)の移籍先候補に浮上したスペイン2部サバデルについて、香川にオファーできる年俸はわずか10万ユーロ(約1230万円)前後になる見通しと、30日付の地元ニュースサイトのデスマルケが報じた。

    香川は昨夏にドルトムント(ドイツ)から2年契約でサラゴサに加入しており、契約が残っている今季の年俸は60万ユーロ(約7380万円)。当初クラブがその全額を3年間の分割で支払うことで契約を解除すると報じられていたが、その後の退団交渉の結果、香川の新天地での年俸が60万ユーロに満たなかった場合に、その差額分だけを補償する条件で合意したという。つまり、サバデルが香川に支払うのが10万ユーロの場合、サラゴサは50万ユーロを香川側に支払うことになる。サラゴサは近く正式に香川の退団を発表するとみられている。

    カタルーニャ州バルセロナ近郊を本拠地とするサバデルは、6季ぶりに2部へ昇格してきた地方の小クラブ。地元紙アスによるとサラリーキャップ制による今季チームの年俸上限は420万ユーロ(約5億1660万円)。2部の中でも最低水準にあり、香川に支払える残り予算は極めて限られている。ちなみにJリーグにあてはめると、2019年度のJ2で22チーム中14番目の山口(約5億2700万)とほぼ同規模となる。

    地元メディアによると、香川は米MLS、トルコ、カタールなどからの好条件オファーは拒否しており、スペインでのプレー続行にこだわっているという。香川のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、ドルトムント時代の年俸は600万ユーロ(約7億3800万円)とも伝えられており、かつての自身の年俸よりも総年俸が低い小チームでで再出発を図るのか、その去就に大きな注目が集まりそうだ。

    スポニチ
    2020-10-01_10h13_04
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/09/30/kiji/20200930s00002020474000c.html

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/28(月) 22:17:11.16 _USER9
    レアル・サラゴサからの退団が決定的となっているMF香川真司(31)だが、新天地が間も無く決定するようだ。スペイン『El Periodico de Aragon』によると、サラゴサと香川は28日か29日にも残りの契約について合意に至るとのこと。さらに、サバデルへの移籍で決着がつく見通しのようだ。

    香川は、高額な給与がネックとなり、今夏の退団候補に挙げられていた。本人がスペインでのプレー、特にサラゴサでのプレーを望んだこともあり去就が決まらない状態が続いていたが、新指揮官のルベン・バラハ監督の構想外に。さらに、チームはEU圏外枠をウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスとブラジル人ウインガーのFWライ・ナシメントに与えることを決定。この結果、香川のサラゴサでの居場所がなくなることとなった。

    カタールやサウジアラビア、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やトルコからもオファーがあった香川だが、スペインでのプレーを希望。一方で、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のログロニェスからのオファーは拒否。レガネス、ラージョ・バジェカーノ、フエンラブラダからのオファーも進展していない状況だった。

    サバデルはセグンダ・ディビシオンに所属しており、今シーズンは現在22チーム中20位。開幕から連敗を喫している。かつてはFW指宿洋史(湘南ベルマーレ)やMF田邉草民(アビスパ福岡)らがプレーしたこともあり、日本人実業家の坂本圭介氏がオーナーを務めていた時期もあった。

    香川は、2019-20シーズンにドルトムントからサラゴサへ完全移籍。セグンダ・ディビシオンで31試合に出場も4ゴール1アシストと期待通りの活躍はできず。また、チームも終盤失速し昇格を逃していた。夏の移籍市場が残り1週間となった中、新たに浮上した新天地。今回の契約がまとまるだろうか。

    9/28(月) 21:56配信 超WORLDサッカー
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5f781ea62d161a33f93bd17f0c82ee08a9769637
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/27(日) 22:47:50.20 _USER9
    スペイン2部サラゴサで選手登録を外れ、事実上の戦力外となったMF香川真司(31)が、クラブとの退団交渉で合意に達したと27日付の地元紙アスが報じた。

    香川は昨夏にドルトムント(ドイツ)から2年契約で加入した。サラゴサとの交渉であと1年残っている契約を解除し、今季分の年俸55万ユーロ(約6765万円)を今後3年間の分割で受け取ることで合意。近く正式にサインし、発表される見通しという。クラブは高額年俸の香川を放出することで、サラリーキャップ制でクラブ年俸総額の規定オーバーを回避することができる。

    また、サラゴサにとってはEU圏外選手枠もネックだった。スペイン2部の同枠は2。サラゴサは25日までに香川を外し、ブラジル人FWライー(22)と、今夏にセルタから期限付き移籍で加入したFWガブリエル・フェルナンデス(26)の2人を登録する決断を下した。ライーとフェルナンデスは26日に今季初戦のラスパルマス戦(2―2)でともに途中出場した。

    これで今後の焦点は、新天地を見つけられるかどうか。アス紙によると、スペイン2部からは有力なオファーが届いていない。一方で、カタールのクラブからは税引き後で年俸300万ユーロ(約3億6900万円)という高額オファーを提示されているものの、香川はスペインでプレーし続けることを熱望しているという。

    9/27(日) 21:14配信
    2020-09-27_23h20_47
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5e3e658b544c3dfecb26b29565ce2213a6576f8

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ