海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司


    2017-06-24_14h40_51
    2017-06-24_14h40_33
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 20:16:20.93 ID:CAP_USER9.net
    日本の10番に高評価

    今夏の移籍市場ではレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドが古巣マンチェスター・ユナイテッドに戻ってくる可能性が噂されたり、今季苦しい時間を過ごしたFWガレス・ベイルを同じくマンチェスター・ユナイテッドが狙っているなど、プレミアリーグへのカムバックを期待させる話題が多い。

    英メディア選出の「欧州で大活躍したアジア人選手7名」に日本人が4名

    そこで英『Express』は、「プレミアリーグに戻ってくるべきスター選手10人」と題し、もう一度プレミアリーグでプレイして欲しい選手をリストアップしている。

    そのうちの2人はもちろんロナウドとベイルだが、何とこの10人にはドルトムント所属の日本代表MF香川真司も選ばれているのだ。香川は2012年にマンUに加入したが、指揮官デイビッド・モイーズの戦術に合わなかったこともあって思うような活躍ができなかった。結局ドルトムントに戻る決断を下したが、同メディアは香川のことを「テクニックのある魔術師」と紹介しており、そのクオリティを認めている。

    その他に選ばれたのも豪華な選手ばかりで、香川と同じくマンUで満足なキャリアを築けなかったアンヘル・ディ・マリア、チチャリートことハビエル・エルナンデス、マンチェスター・シティでゴールを量産したエディン・ジェコ、マンCで才能を活かしきれなかったDFジェローム・ボアテング、今夏リヴァプール移籍が確実視される元チェルシーのモハメド・サラー、チェルシーでは出番の限られていたファン・クアドラード、最後の1人はトッテナムで異彩を放っていたルカ・モドリッチだ。

    いずれも世界を代表するスターばかりで、そこに香川が入っているのは何とも誇らしい。今季はベンチで時間を過ごすこともあったが、ドルトムントで輝きを放っていた。プレミアリーグでもチームスタイルさえ合えば十分に活躍できるはずだ。
    GettyImages-689232910-compressor-2
    http://www.theworldmagazine.jp/20170621/01world/germany/137521
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/19(月) 18:16:48.08 ID:CAP_USER9.net
    自身の代表入りについて「まずはチームで結果を出す」と語る。
     
    オランダ1部リーグのヘーレンフェーンに所属するMFの小林祐希は6月17日、江東区で開催されたKLMオランダ航空主催の「フットサルKLMカップ」に出演。イベント中に取材に応じ、海外でプレーする日本人選手について言及した。
     
    16-17シーズンはミランの本田圭佑が8試合出場(先発2)、ドルトムントの香川真司が21試合出場(先発13)、インテルの長友佑都が16試合出場(先発11)と出番が激減。苦しんだ選手が多く不安の声も挙がったが、ヘーレンフェーンでレギュラーを張った小林は同じ海外組としてこの批判に異を唱える。
     
    「ACミランで、じゃあプレミアリーグ王者のチーム(レスター)で、ドルトムントで試合に出られるかどうかって普通の話じゃないですか。そこに入っただけで凄いのに、そこで毎試合出ろっていう。いや、もちろん出れたらもっと凄いです。

    だけど、各国の代表選手が集まっているチームで、じゃあ例えば年間40試合あって20試合出ているだけでも半端じゃないですよ。それをなぜ日本人は分からないか、その残念さはあります」
     
    ミランで出場機会を失い苦しんだ本田だが、13日のワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦に先発フル出場。CKから大迫勇也の先制ゴールをアシストするなど、酷暑のアウェーゲームで試合勘の欠如を感じさせないパフォーマンスを見せた。
     
    「結局まったく試合に出てなくたって、イラク戦じゃあ一番誰が頼りになったかっていったら、僕らはもう何も言えないです。もう言葉はいらないし、これで見えたと思います。関係ない。あそこ(ミラン)に行っているだけで凄い。多分みんなミランやドルトムントに行っても何もできないです。(香川)真司君だって(本田)圭佑君だって、普通に練習しているじゃないですか。積み重ねてきたものが違うと思います」
     
    自身の代表入りに関しては、「もちろん代表に選ばれることは嬉しいし、日の丸を背負ってプレーしたいっていう気持ちは持っている」と前置きした上で、「代表を目標にしてチームでプレーするのはおかしい。チームが優勝を目指す、そこは一緒にやらないといけないし、そのおまけで代表があるという感覚でいたいと思います。

    まずチームでやるべきことをやる、そこにフォーカスしてやりたいと思います」とチームで結果を残すことを優先すると語った。
    2017-06-19_18h45_25
    サッカーダイジェスト6/18(日) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00026931-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/16(金) 16:57:25.11 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは15日、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」の浦和―ドルトムント(ドイツ)戦(7月15日、埼スタ)、鹿島―セビリア(スペイン)戦(同22日、カシマ)に向けたトークイベントを開催。7月15日の試合がフジテレビ系で全国生中継されることが発表された。

    公式戦ではないJクラブの試合を民放キー局がゴールデン帯(午後7時10分開始)に地上波生中継するのは異例だが、この裏にはドルトムント所属の日本代表MF香川真司(28)の存在がある。

    4年前には同じ7月にJ1横浜Mが当時香川が所属していたマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)と対戦。TBS系列でゴールデン帯に生中継され、平均視聴率は12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高い数字をマーク。“香川は視聴率が取れる選手”が実証されているからだ。

    一方で、香川の来季去就は流動的。そこで今大会の放映権を持つフジテレビ側は生中継を行う条件として「香川の参加」を突き付けたという。

    J関係者も「香川の出場が確定しない場合、生中継ではなく深夜帯の放送になる」と話していた。この日、地上波生中継が確定したことは、同時に香川の来季ドルトムント残留が決定的になったとも言えそうだ。

    Jリーグの原博実副理事長(58)は香川について「ケガがね。でも大丈夫だと思うよ」と太鼓判。現在香川は日本代表で負った左肩脱臼のリハビリ中だが、ドルトムントが15日時点で発表した来日メンバーに名前が含まれており、日本のファンにも雄姿を見せてくれそうだ。
    2017-06-16_17h19_17
    6/16(金) 16:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000036-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 22:09:25.78 ID:CAP_USER9.net
    ボルシア・ドルトムントは日本代表MF香川真司との契約を延長することを希望し、この夏の優先事項として交渉に取り組もうとしているようだ。独誌『キッカー』が報じたとして、8日付の地元紙『レヴィア・シュポルト』が伝えた。

    リーガでの3位確保やDFBポカール(ドイツ杯)優勝に貢献した香川。現在の契約は2018年夏までであり、このまま来シーズンの終了を迎えればドルトムントはフリーで香川を失うことになる。

    先日ピーター・ボス新監督の就任を発表したドルトムントは、すでに新シーズンに向けて4人の新戦力獲得を決めている。一方でエースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンの去就などに関して不確定要素もあるが、在籍選手の契約延長にも取りかかろうとしており、香川はその中でも「優先順位のリストのトップ」に位置すると報じられている。

    「香川をより長く我々のクラブに留めることが目標だ」とミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)もコメント。香川との契約延長を望むクラブの姿勢を明確にしている。

    ドイツでのシーズンを終え日本代表に合流した香川だが、7日に行われたシリア代表との親善試合で左肩を脱臼。13日のロシアW杯アジア最終予選イラク戦には出場せずにチームを離れ、来シーズンに向けて療養することになった。
    20170608_kagawa_getty-1
    6/8(木) 20:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00215544-footballc-socc
    続きを読む

    2017-06-07_23h58_32

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 09:42:44.68 ID:CAP_USER9.net
    ◇キリンチャレンジ杯 日本1―1シリア(2017年6月7日 味スタ)

    香川の代役に本田急浮上。日本代表のFW本田圭佑(30)が7日、親善試合シリア戦で途中出場。右FWから右インサイドハーフにポジションを変えると、停滞していた攻撃を活性化させた。負傷交代した香川が13日に行われるW杯アジア最終予選のイラク戦に欠場することが濃厚となり、代わって先発出場する可能性が高くなった。

    凡戦の中でも、光明はあった。後半開始から右FWに入った本田が、18分からハリル体制で初めて右インサイドハーフへとポジションを変えた。ボールを引き出しながら、巧みにキープしてリズムをつくる。積極的に飛び出した29分には、利き足と逆の右足で強烈なシュート。無得点に終わるもチームに落ち着きをもたらした。97年の「ジョホールバルの歓喜」の再現ユニホームで出場した国際Aマッチ89戦目。その数は今野とともに三浦知良(現J2横浜FC)らと並んで歴代9位となった。

    「仮想イラク」と位置づける一戦で引き分け。悔しさからか試合後の取材エリアでは報道陣の問いかけにも無言で通過した。それでも、場内のインタビューでは「僕は左利きなので右サイドに入れば、周りがよく動きだし、パスを出してくれる。FWや逆サイドの選手にも(パスの)準備しておいてくれと伝えた。久々の中盤なので、感覚を取り戻す意味では良かった」と手応えを口にした。

    左肩を負傷した香川の状態次第では“インサイドハーフ本田”が新オプションになる可能性もある。ザッケローニ体制でプレーしたトップ下を「わが家」と自ら形容。ミラノでハリルホジッチ監督と会った際には、中盤でのプレーを直訴していたほどだった。ともにプレーした倉田は「あそこでキープしてくれると周りがやりやすい」と首を縦に振る。イラク戦でコンビを組む可能性もある今野は「頭のいい選手。受けるのがうまい。自分も頭を使って90分、やる必要がある」と連係のイメージを膨らませた。

    「選手全員がこの結果に満足していない。これをポジティブに受け止めてイラク戦に臨みたい。勝つしかない」。右FWでは久保に先発を譲るが“新境地”で輝きを放った。


    6/8(木) 9:40配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000078-spnannex-socc
    続きを読む

    2017-06-08_07h50_02

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 11:09:28.93 ID:CAP_USER9.net
    6/8(木) 11:02配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000039-asahi-spo
    7日のサッカー国際親善試合で左肩を負傷して途中交代した日本代表のMF香川真司が8日、アジア最終予選のイラク戦(13日、イラン・テヘラン)に臨むチームから離脱することになった。左肩の脱臼のため。同日、日本サッカー協会が発表した。

    香川は7日に東京・味の素スタジアムであったシリア戦に先発。序盤にドリブルする相手と競り合った際に左手を打ちながら地面に倒れた。ピッチ外に運ばれ、そのまま前半10分に交代した。香川は日本協会を通じ、「残念かつ申し訳ないが、こればかりは仕方ない。1日でも早く治すことに集中したい。勝利を信じて、戦ってきてほしい」などとコメントした。

    日本は13日にあるアジア最終予選のイラク戦に向けて、8日に日本を出発予定。イラク国内の政情不安の影響で、試合はイラン・テヘランで行われる。
    続きを読む

    1:プーアル ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 00:56:44.80 ID:CAP_USER9.net
    シリア戦で左肩を痛め、前半10分で交代した日本代表MF香川真司(28)=ドルトムント=は
    試合後、都内の病院で検査を受けた結果「左肩関節前方脱臼」と診断された。

    このまま代表を離脱する可能性も出てきた。
    2017-06-08_07h50_02
    http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20170608-OHT1T50028.html
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/06/07(水) 22:21:11.82 ID:CAP_USER9.net
    シリアMFと球際で競り合い、左手をついた際に左肩を負傷
     
    日本代表のナンバー10がいきなりのアクシデントに襲われた。MF香川真司(ドルトムント)が7日の国際親善試合シリア戦で試合開始早々に左肩を痛め、わずか10分での負傷交代となった。負傷の詳細は不透明ながら、脱臼の可能性も浮上している。

    前半7分のことだった。シリアMFマハムード・アルマワスとの球際の競り合いの際、香川はもつれ合ってピッチに倒れ込み、左手をついた際に左肩を痛めて苦悶の表情を浮かべた。ピッチに突っ伏した香川は苦悶の表情を浮かべ、チームスタッフが駆けつけ必死の応急処置を行ったものの、10分にMF倉田秋(ガンバ大阪)と交代となった。

    所属するドルトムントでは終盤戦にレギュラーポジションを奪回した香川だったがまさかの負傷交代。13日のロシアワールドカップアジア最終予選イラク戦に向けても大きな不安要素となった。

    6/7(水) 19:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170607-00010017-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ