海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    1:Egg ★:2018/10/16(火) 01:14:22.78 ID:CAP_USER9.net
    パナマ戦でトップ下に入り2試合連続弾の南野、ポジションを争う香川について言及



    日本代表は16日の国際親善試合でFIFAランキング5位の強豪ウルグアイを埼玉スタジアムで迎え撃つ。ここまで2試合連続ゴールの活躍を見せ、新エース候補に名乗りを上げているMF南野拓実(ザルツブルク)が、ロシア・ワールドカップ(W杯)でトップ下に君臨したMF香川真司(ドルトムント)に言及。ポジションを争うなか、自分のプレーに対する矜持を口にした。

    9月のコスタリカ戦(3-0)で、森保一体制の第一号となるゴールを決めた南野は、続く12日のパナマ戦でも1ゴールをマーク。MF伊東純也(柏レイソル)と同様、新体制で2試合連続ゴールと強烈なインパクトを残している。

    パナマ戦ではFW大迫勇也(ブレーメン)が最前線に入り、南野は時に2トップのような形を見せながらもトップ下でプレー。MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)からの縦パスを受けると、鋭いターンで中央を突破し、鮮やかに先制ゴールを叩き込んだ。

    「満足していない。チームメイトに信頼してもらえるように、結果だけじゃなく、チームを助けるプレーをやっていきたい」

    結果に貪欲なアタッカーは2試合連続ゴールもどこ吹く風で、「サバイバルのなかで勝ち残っていきたい気持ちがある」と熾烈な競争に危機感を強めている。トップ下と言えば、ロシアW杯で10番を背負い、コロンビア戦で1ゴールを決める活躍を見せた香川の存在を外せないだろう。香川は9月と10月シリーズで未招集となっているが、森保監督はいずれ招集に踏み切るはず。その際に、ライバルの一人となるのが南野だ。

    南野が“前を向くプレー”にこだわる理由とは? 香川との類似性と両者を比べる評価ポイント

    「僕は新顔の選手ですし、まずは思いきりプレーしようと。考えすぎると自分の良さが消えてしまう」と強調した南野。ポジション争いにおいて香川は脅威となるが、南野は秘めたプライドを垣間見せている。

    「真司くんのプレーをそのままマネするわけじゃない」

    それは強がりでもなければ、変にかしこまったわけでもない。南野はあくまで自身のプレーを追求し、ストロングポイントを最大限に発揮することだけに集中しているという。「常にアクションを起こして自分の周りのスペースを活性化させたい」と語っており、なかでも“前を向くプレー”にこだわりを見せる。その理由は明白だ。

    「監督も、顔を出して、前を向くプレーをチームのためにできる選手を必要としていると思う。そういうところは自分の長所でもあるので、そのために呼ばれているところもある。自分の特長をしっかり生かしたい」

    森保監督が招集している理由を熟考し、「そのために呼ばれている」と自覚している南野は「動きながらボールを受けるのは常に意識している」と明かす。身長174センチと決して大柄ではないため、相手を上回る敏捷性がカギとなる。その点は175センチの香川と似た状況で、狭い局面でいかに脅威を与えるプレーができるか。守備の貢献といった要素もあるとはいえ、当面は両者を比べるうえで、そこが評価ポイントと言えるだろう。

    つづく

    10/15(月) 20:55 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00141514-soccermzw-socc
    続きを読む

    ac01e59b-s

    1:風吹けば名無し:2018/10/15(月) 02:20:18.97 ID:RQ26JYjfd.net
    冷静に考えてやばすぎやろ
    2:風吹けば名無し:2018/10/15(月) 02:20:38.49 ID:6jZod+Z90.net
    セビージャ清武!
    4:風吹けば名無し:2018/10/15(月) 02:21:55.02 ID:kzC6r7Rh0.net
    ミランの背番号10を日本人が背負うなんて今後現れることないやろなぁ
    6:風吹けば名無し:2018/10/15(月) 02:22:55.14 ID:rM7LcPZ20.net
    >>4
    背負ったところでそう価値はない
    続きを読む

    d309b_1419_8b10b260719a93bbf4da827ff611c8e5

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/15(月) 22:41:48.459 ID:uyMyJFgT0.net
    覚えてる?
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/15(月) 22:42:20.813 ID:ADX3f/3Z0.net
    長友だけ覚えてる
    3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/10/15(月) 22:42:44.380 ID:uyMyJFgT0.net
    セレッソ乾とか鹿島大迫とかレイソル酒井宏樹とかグランパス吉田麻也とか覚えてる?
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/10/13(土) 17:15:18.97 ID:CAP_USER9.net
    10/13(土) 17:00配信
    南野を持ち上げ過ぎるべきではない。トラップやターンの質はまだ香川のほうが上だ

    ピッチの外から試合を観察していた長友佑都が「(攻撃面で)ちょっとチグハグな部分があった」と言うように、パナマ戦の日本はどこか組織美を欠いていた。
     
    スコアこそ3-0だが、内容的にはまだまだというのが正直な感想だ。確かに、2ゴールに絡んだ南野拓実は結果を出した。しかし、衝撃的というほどの活躍ぶりではなかった。
     
    例えば先制点のシーン。「イメージ通りではなかったけど、なんとか前を向いてゴールにつなげられて良かった」と南野自身が認めるとおり、トラップのところで少しミスをしているように見えた。
     
    4-2-3-1に近いシステムでトップ下を担った南野は「前を向いてリズムを作る必要があった」と話していたが、その点に限れば十分ではなかったのではないか。
     
    なにより気になったのは、トラップのクオリティ、そしてCFの大迫勇也にそこまで効果的なスルーパスを入れられなかった点だ。「僕が前を向いて迫君が動き出した時にスルーパスを増やせれば」という南野のコメントからも、改善の余地があることは明確だ。
     
    走った状態でのトラップやターンの質は、現状で南野よりも香川真司のほうが上ではないだろうか。


    香川は足もとに入ってくるボールの処理が抜群に上手い。それを動いたままでもかなり正確にボールを収めて、スムーズに味方へとつなぐ香川に比べると、この日の南野は仕掛けや崩しの局面でスムーズさをあまり出せなかった。だから、現時点で南野を持ち上げ過ぎるべきではない。
     
    ポイントのひとつは次のウルグアイ戦(10月16日)。南米の強豪を相手にどんなパフォーマンスを披露できるか。森保ジャパンで確固たる地位を築くには今後、チャンスメイクの部分で香川以上の輝きを示す必要がありそうだ。
     
    取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00048613-sdigestw-socc

    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/10/04(木) 18:42:09.93 ID:CAP_USER9.net
    10/4(木) 18:30配信 GOAL
    香川真司は今夏レアル、バルサ、アトレティコへの移籍を望んでいた?ドイツ誌報道


    ドルトムントMF香川真司は、今夏スペイン3強への移籍を望んでいたようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

    今季ルシアン・ファーブル監督のもと、開幕から4試合で出場がないなど苦しんでいる香川。直近2試合は足首の問題でベンチ外と伝えられているが、その間にマルコ・ロイスが香川の主戦場であるトップ下の位置で結果を残しており、ますます厳しい状況に追い込まれている。

    そんな香川だが、ブンデスリーガ開幕前にさかんに移籍の噂が報じられていた。トルコのベジクタシュなど具体的なクラブ名も上がっていたが、結局ドルトムントに残留することとなっている。

    しかし、クラブ側は放出を容認していたという。『キッカー』は「カガワは8月に逃したオプションを嘆く」とし、ドルトムントが他クラブと放出に向けて話し合う準備ができていたと伝えている。だが、選手本人は「スペインの3大クラブ」への移籍を望み、移籍先を絞り込んだようだ。結局、香川が望む移籍先は日本人MFを必要とせず、クラブに残留。今現在はドルトムントでチャンスを待っている、と伝えている。

    一般的に見れば、「スペインの3大クラブ」と言えばレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリードだろう。報道が事実であれば、香川は欧州の舞台で覇権を争うメガクラブへの移籍を希望していたということになる。

    ミヒャエル・ツォルクSDは、香川の態度を「完璧なプロフェッショナル」とし、さらに「多くの優秀な選手が必要だ」と語っている。『キッカー』は、ファーブル監督がロイスに休養を与える際、香川が再び必要になる可能性があると綴っている。

    それでも、クラブ内の序列は決して高いとは言えない状況。次の移籍市場は1月に開幕するが、29歳MFはどのような決断を下すのだろうか。
    2018-10-04_18h51_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00010010-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/04(木) 13:57:41.11 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドは2012年、当時若手の注目株だったベルギー代表MFエデン・アザールの争奪戦に名乗りを上げていたが獲得は実現しなかった。英紙「デイリー・ミラー」は、当時のアレックス・ファーガソン元監督がアザール獲得を見送った理由について当時のコメントに注目し、同年に獲得した日本代表MF香川真司を高く評価していたことなどを報じた。

    今季開幕から絶好調で、各方面から称賛が集まっているアザール。2012年にフランス1部のリールからチェルシーへ移籍したが、当時はチェルシーやユナイテッド、さらにレアル・マドリードやマンチェスター・シティなどビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた。

    ユナイテッドは有力候補の一つだったはずだが、ファーガソン元監督は自身のアザールに対する評価とリールの要求額とを天秤にかけたうえで、獲得を見送っていたという。12年当時の発言として次のように伝えられてる。

    「ユナイテッドにとって、それが良い契約になるかどうかを判断するための境界線がある。私は選手たちの評価を見る。例えばアザールだ。私にとっては、非常に高額だった。彼は良い選手だが、3400万ポンド(現在のレートで約50億円)だって? なんにせよ、我々が見ているのはトップ選手を買う際の状況だ。移籍金だけでなく、給料やエージェントフィーは今やばかげたものになっている」

    「アザール獲得が上手くいかなかったとしても、我々が心配することはない」

    ファーガソン元監督は、アザールは“高すぎる買い物”だと判断していたようだった。複数の要素から至った判断であり、「(チェルシーを)羨んではいない。我々はアザールの価値を言われていたよりも低く置いていた」と振り返っていたという。

    そして、その年のユナイテッドは攻撃的MFとしてドルトムントで異彩を放っていた香川を獲得。その移籍金はアザールの半額以下の1500万ユーロ(約20億円)で、ファーガソン元監督は日本のプレーメーカーを高く評価していた。

    「(アザール獲得が)上手くいかなかったとしても、我々が心配することはない。我々はカガワが良い価値を持っていると考えているからね」

    2013年に引退するまでユナイテッドを27年間率い、数々のトップ選手を指導してきた伝説の指揮官は、後に「世界最高」と評価されるまでになるアザールよりも香川の獲得が実現したことに満足感を示していた。

    10/4(木) 11:20配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00139102-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:真実は一つ ★:2018/10/02(火) 21:18:54.48 ID:CAP_USER9.net
    ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は負傷離脱を強いられるようだ。現地時間3日のチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節モナコ戦を前に、ルシアン・ファーヴル監督が会見で明かした。

    先月18日、CL前節クラブ・ブリュージュ戦(1-0)で新体制の下で初のメンバー入り、そして途中出場を迎えた香川だが、続いて22日のブンデスリーガ第4節ホッフェンハイム戦(1-1)、26日の第5節ニュルンベルク戦(7-0)にも出場。しかし、29日のレヴァークーゼン戦(4-2)では再びメンバーから外れることになった。

    モナコ戦に向けた記者会見で香川のCLでの出場可能性について問われたファーヴル監督は、「残念ながらカガワはケガをしている」と返答。負傷の詳細、その理由でレヴァークーゼン戦の遠征メンバーから外れたのかについては明かさなかったものの、モナコ戦の欠場は決定的となっているようだ。

    主将マルコ・ロイス、若手ジェイドン・サンチョやヤコブ・ブルーン=ラーセン、新加入FWのパコ・アルカセルら攻撃陣が絶好調のドルトムントは前節ブンデスリーガの首位に躍り出たところ。ポジションを争う香川にとって、この時期の負傷離脱は大きな痛手と言わざるを得ない。
    2018-10-02_22h26_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000028-goal-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/30(日) 05:17:58.60 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第6節が29日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイでレヴァークーゼンに4-2で2連勝を飾った。香川は公式戦4試合ぶりにベンチ外だった。

    ドルトムントは、前半の内にミッチェル・ヴァイザー(9分)とヨナタン・ター(39分)の得点でレヴァークーゼンに2点先行を許す。だが、後半に入って65分にヤコブ・ブルーン・ラーセン、69分にマルコ・ロイスが決めて同点に追いつくと、パコ・アルカセルが86分に逆転ゴール、後半アディショナルタイム4分にダメ押しゴールを挙げ、逆転勝利を収めた。ドルトムントは2連勝で4勝2分とし、首位に浮上。レヴァークーゼンは3試合ぶりの黒星で、2勝4敗となった。

    次節、ドルトムントは10月6日にホームでアウクスブルクと、レヴァークーゼンは7日にアウェイでフライブルクと対戦する。

    【スコア】
    レヴァークーゼン 2-4 ドルトムント

    【得点者】
    レヴァークーゼン:ヴァイザー(9分)、ター(39分)
    ドルトムント:ラーセン(65分)、ロイス(69分)、P・アルカセル(86分、90+4分)

    【スターティングメンバー】
    レヴァークーゼン(4-2-3-1)
    フラデツキー;ヴァイザー(70分 イェドヴァイ)、ター、S・ベンダー、ウェンデル;コール、L・ベンダー;フォラント、ハフェルツ、ブラント(79分 パウリーニョ);アラリオ(70分 ベイリー)

    ドルトムント(4-2-3-1)
    ビュルキ;ハキミ、アカンジ、ザガドゥ、ディアロ;ヴィツェル、デラネイ(46分 ダフード);プリシッチ(68分 サンチョ)、ロイス、ラーセン;フィリップ(63分 P・アルカセル)

    SOCCER KING
    2018-09-30_08h26_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00840065-soccerk-socc
    9/30(日) 3:23配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ger/ger-11157738.html
    試合スコア
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/27(木) 06:07:32.73 ID:CAP_USER9.net


    9.26 ブンデスリーガ第5節 ドルトムント7-0ニュルンベルク]

    ブンデスリーガ第5節2日目が26日に開催され、MF香川真司が所属するドルトムント(2勝2分)がFW久保裕也が所属するニュルンベルク(1勝2分1敗)と対戦し、7-0の完封勝利を収めた。前節ホッフェンハイム戦で今季初先発を飾った香川はベンチスタートとなったが、後半17分から途中出場。開幕4戦連続先発フル出場中の久保は、この試合でもスターティングメンバーに名を連ねて後半41分までプレーしている。

    前半9分に試合を動かしたのはホームのドルトムントだった。左サイドから切れ込んだMFクリスティアン・プリシッチの巧みな浮き球のパスからPA内に走り込んだFWヤコブ・ブルーン・ラルセンが、飛び出したGKファビアン・ブレドロウよりも先にボールに触れると、鮮やかな軌道を描いたループシュートがネットを揺らしてスコアを1-0とした。

    1点のビハインドを背負ったニュルンベルクは前半14分、CKの流れから右サイドでボールを受けた久保が果敢に右足シュートを狙うも、GKロマン・ビュルキの正面を突いてしまう。すると同32分、FWマキシミリアン・フィリップのパスに走り込んだFWマルコ・ロイスがPA外から放ったシュートが相手選手に当たってコースが変わりながらもネットに突き刺さり、ドルトムントがリードを2点差に広げた。

    2-0とドルトムントがリードしたまま後半を迎えると、同4分にニュルンベルクのCKからドルトムントがカウンターを発動させ、ボールを運んだMFマルコ・ロイスのラストパスからDFアクラフ・ハキミがネットを揺らして3点目。さらに同13分にはラルセンとの鮮やなワンツーからロイスがゴールを陥れ、リードは4点差に広がった。

    すると後半17分にドルトムントベンチが動き、ロイスに代えて香川、MFアクセル・ビツェルに代えてMFユリアン・バイグルが同時にピッチへと送り込まれた。その後は同29分にDFマヌエル・アカンジ、同40分にMFジェイドン・サンチョ、同43分にバイグルがゴールを奪い、ドルトムントが7-0で快勝した。

    9/27(木) 5:22フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-02124255-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ