海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    31daa3ca

    1:風吹けば名無し:2018/04/18(水) 23:16:46.76 ID:LmiTcsX10.net
    小野 岡崎 香川
    3人とも凄過ぎィッ!
    2:風吹けば名無し:2018/04/18(水) 23:17:10.73 ID:sb8hkqp7d.net
    香川は別に
    3:風吹けば名無し:2018/04/18(水) 23:17:26.95 ID:LmiTcsX10.net
    >>2
    えっ
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/04/16(月) 21:10:47.10 ID:CAP_USER9.net
    ・英メディア「HITC」が「地球上で最も優れたアジア人選手ベスト7」を選出
    ・2位に香川真司、5位に酒井高徳、6位に武藤嘉紀、7位に岡崎慎司が入った
    ・栄えあるトップは韓国のソン・フンミンとなった

    7位に岡崎が入るなど、日本人選手がベスト7の半数を占める結果に

    現在、欧州トップリーグでは韓国代表FWソン・フンミン(トットナム)や日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)、MF香川真司(ドルトムント)など多くのアジア人選手が活躍している。

    英メディア「HITC」は「地球上で最も優れたアジア人選手ベスト7」を選出した。

    ACミラン時代に10番を背負ったパチューカの日本代表FW本田圭佑、AFCチャンピオンズリーグにも出場する中国代表FWウー・レイ(上海上港)やUAE代表MFオマル・アブドゥラフマン(アル・アイン)など、欧州でも名が知られる選手たちがランク外となったなか、ベスト7の半数は日本人選手が占める結果となった。

    7位にはレスターのFW岡崎慎司がランクイン。2015-16シーズン“奇跡の優勝”を成し遂げた際にクラウディオ・ラニエリ監督の重要な選手の一人だったこと、日本代表で111試合50得点を記録している実績が認められた。

    今季公式戦23試合で9得点を奪っているマインツのFW武藤嘉紀が6位で、「勤勉で多才」と称賛されている。また、5位にはハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が入った。右サイドからの攻撃的な姿勢と危険なクロス、ハンブルガーSVだけでなくシュツットガルト時代の活躍も合わせて評価されたようだ。

    日本人最高位となる2位には香川がランクイン

    4位、3位は一転して日本以外の外国籍選手がノミネート。プレミアリーグのハダースフィールドで30試合に出場し、4得点3アシストの記録を残しているオーストラリア代表MFアーロン・ムーイが4位に顔を出し、3位には韓国代表として65試合に出場して19得点を挙げているドイツ1部のアウクスブルクMFク・ジャチョルが選ばれた。

    2位にはドルトムントのMF香川真司がランクイン。マンチェスター・ユナイテッドでは大きなインパクトを残すことができず、その後ドルトムントに帰還してからも本来のトップフォームに戻ることに時間がかかっていたが、昨年12月にペーター・シュテーガー監督が就任すると状況は一変。現在は足首の負傷で離脱中だが、記事はチームの中でも素晴らしいパフォーマンスを見せているとしている。「攻撃的MFとして多くの才能や冷静さ、トリッキーさを持つ」と表現された。

    栄えあるトップは韓国のソン・フンミンだ。プレミアリーグで最も活躍するアジア人選手の称号を手にした。

    日本人選手は最も多い4人が選出されるも、今回のランキングでは1位に選ばれることはなかった。現在も多くの日本人選手が世界で戦っているが、今後アジア最高の称号を手にする選手は現れるのだろうか。

    (Football ZONE web編集部)
    2018-04-16_23h38_34
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14587861/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/14(土) 18:46:17.53 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントMF香川真司の去就が騒がしくなっている。イギリス『football.london』が、ウェストハムからの関心を伝えた。

    2012年、当時率いていたアレックス・ファーガソン氏の希望により、マンチェスター・ユナイテッドに加入した香川。イングランドでは2シーズンプレーし、57試合で6ゴールを挙げた。

    その後、2014-15シーズンにドルトムントへ復帰。ブンデスリーガでは通算145試合で41ゴールを挙げる29歳のMFだが、最近ではガラタサライなど多くのクラブが関心を持っていると噂されている。

    そんな中、『football.london』はウェストハムが獲得に乗り出すと伝えた。

    現在指揮を執るデイヴィッド・モイーズ監督は、クラブとの契約は今季終了までになっているものの、延長することが濃厚だという。クラブは今季下位に低迷しているものの、残留を果たした場合には来季に向けてチームの再編成を図るという。

    そして、モイーズ監督は、マンチェスター・Uを率いていた2013年に指導した経験のある日本人MFとの再会を望んでるようだ。ウェストハムは、ドルトムントへ1200万ポンド(約18億円)を提示すると見られている。

    なお、ウェストハムは中盤強化のためにバルセロナMFアンドレ・ゴメスにも興味をいだいているという。しかし、ポルトガル代表MFにはトッテナムも関心を示しており、今夏に争奪戦となるようだ。

    イングランドでは加入初年度こそコンスタントな出場機会を得ていたが、モイーズ体制ではプレミアリーグ18試合の出場にとどまるなど苦しんだ香川。

    それでも、来季はそのモイーズ監督のもと、プレミアリーグでプレーすることになるのだろうか。

    4/14(土) 18:28配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000024-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/04/12(木) 17:30:25.36 ID:CAP_USER9.net
    4/12(木) 17:26配信
    サッカーW杯ロシア大会に出場する日本代表監督への就任が9日に発表された、西野朗新監督(63)が12日、都内のJFAハウスで会見を開いた。

    西野監督は、MF香川真司、FW岡崎慎司、FW本田圭佑ら、代表の中心を担った中心の3人の招集が少なかったり、出番が少ないこと、今後の選考について聞かれ「(3選手が)キャンプに呼ばれない、試合の時間が短いという話がある。現状のコンディションを、しっかり見て話をしないといけない。ケガをして6~8週、出ていないのもある、経験、実績ある選手だけど(ハリルホジッチ)監督も基準を持って、現状のコンディションを気にされていたのは間違いない。ここ1カ月足らずのコンディションも過去の実績、経験に加え、状況を性格に見極めたい」と、ハリルホジッチ前監督が、3選手のコンディションを重視して選考から外していたことを強調した。

    その上で「最高の化学反応が起こるグループになる選手選考を、総力を挙げて選考したい」と語った。
    2018-04-12_18h02_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00177442-nksports-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/04/11(水) 08:42:38.44 ID:CAP_USER9.net
    今週末にはドイツで最も大きな盛り上がりを見せる、シャルケとドルトムントによるレヴィア・ダービー。2010年9月19日に、はじめてこのダービーに参加した香川真司は、ドルトムントの宿敵を相手に2得点をあげる活躍を披露。ファンのこころ一気に鷲掴みにしたが、今回も引き続き負傷により欠場を余儀なくされることだろう。

    第22節のハンブルガーSV戦にて足首を負傷した日本代表MFは、その後のリーグ戦をこれまで全休、さらにELアタランタ戦、そしてザルツブルク戦でも欠場しており、そのELザルツブルク戦では足を保護する靴を装着する姿がみられている。

    先週クラブ公式ページにて、シュテーガー監督は香川真司の状態について「いい感じだよ」とコメント。そして火曜日には個別メニューをこなしたが、すでにかなりのランニングメニューをこなしており、チーム練習復帰を果たす日もそう遠くはないだろう。

    今季の香川真司は、負傷離脱をするまでの第22節までにリーグ戦18試合に出場、5得点、3アシスト、kicker採点平均3.27をマーク。特にシュテーガー監督就任からは好調なパフォーマンスを披露、負傷交代したハンブルク戦をのぞく5試合で、3得点2アシスト、kicker採点平均3と好成績をマークしていた。
    aaa-1513110186
    http://kicker.town/dortmund/2018/04/85172.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/07(土) 06:54:02.00 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントのMF香川真司は足首の負傷による離脱が長引いており、2月10日のブンデスリーガ第22節ハンブルガーSV戦(2-0)を最後に戦列から離れている。

    復帰時期に注目が集まるが、ペーター・シュテーガー監督は「いつトレーニングに戻れるかは断言できない」と語った。ドイツ紙「レヴィア・シュポルト」が報じた。

    ドルトムントはドイツ代表FWマルコ・ロイスやウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコらアタッカー陣に負傷を多く抱えている。

    香川もハンブルガーSV戦で味方にパスを出した着地の際に足を痛めて途中交代を強いられた。そこからすでに2カ月近く離脱が続いているが、復帰時期は不透明な状況だ。離脱前は好調を維持していただけに、日本代表復帰を目指す香川自身にとっても痛恨の負傷となった。

    記者会見に出席したシュテーガー監督は、香川について「まだリハビリの段階。状態は良さそうだけど、いつチームトレーニングに戻れるかは断言できない」と語った。3月の代表戦も欠場し、ロシア・ワールドカップ出場に向けても不安が残る。

    “小さな魔法使い”の異名を取るプレーメーカーがピッチに戻ってくるのは、一体いつになるのだろうか。

    4/7(土) 6:30配信
    2018-04-07_07h53_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180407-00010000-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/06(金) 14:21:52.93 ID:CAP_USER9.net
    日本代表を長年けん引してきたFW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、MF香川真司(ドルトムント)は、6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)の登録メンバー23人入りを果たすのだろうか。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、「日本の三大アタッカーはロシア行きの飛行機に乗る」と大胆予想している。

    本田、岡崎、香川を「ビッグ3」と評する「ESPN」は、ロシアW杯に向けた三人の動向に注目。昨年11月シリーズでブラジル(1-3)、ベルギー(0-1)と対戦した際、ビッグ3は揃って落選し世間の耳目を集めた。

    当時、ハリルホジッチ監督は「前回の合宿であまり評価をしていない。彼ら本来のパフォーマンスを見せるべき。他の選手より良いパフォーマンスを見せてくれれば、ここにいるはず」との言葉を残している。

    ワールドカップイヤーの2018年に入ると、パチューカで結果を残し始めた本田は3月シリーズで半年ぶりに代表復帰を果たした。一方、岡崎は負傷からレスターで戦列復帰も指揮官から声はかからず、香川は左足首の負傷による影響で落選となった。

    三人の中で唯一招集された本田は、マリ戦で後半25分からFW久保裕也(ヘント)に代わって途中出場し、先発したウクライナ戦では後半19分までプレーしたが、2試合とも大きなインパクトを残せずに終わっている。

    「三人の中で誰一人としてスタメンは確約されていない」

    記事では“日本ビッグ3”の現状について「岡崎、香川、本田の三大アタッカーは、過去1年間で何度も日本代表から落選した」と言及。しかし3月シリーズを受けて不安を露呈した日本代表の状況を受けて、最終的には三人が本大会メンバー23人に食い込むと見ているようだ。

    「三人全員がロシア行きの飛行機に乗るだろう。だが、三人の中で誰一人としてスタメンは確約されていない」と、それぞれが置かれた厳しい立場にも触れている。

    岡崎はセンターフォワード、本田は右ウイング、香川は攻撃的MFをそれぞれ日本代表での主戦場としているが、指揮官の信頼を勝ち取っているとは言い難い。次の代表戦は5月30日の国際親善試合ガーナ戦で、翌31日に予定されている23人の本大会登録メンバー発表前のラストマッチとなる。

    果たして“ビッグ3”は、最後に揃ってメンバー入りを果たすのか。今後のパフォーマンスがより一層注目を集めそうだ。

    4/6(金) 11:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180406-00010004-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/04/05(木) 22:18:47.17 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、今夏に大幅に選手を入れ替えるかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』は、同クラブが大規模な戦力整理に着手することを予想している。

    毎年のように主力選手たちの流出に悩まされてきたドルトムントだが、その穴を埋める新戦力の確保に失敗したことが今シーズンはより明確に表れていると言われている。ブンデスリーガでは昨シーズンの同時期と勝ち点では2ポイントしか変わらないものの、チャンピオンズリーグでは未勝利でグループステージ敗退、ヨーロッパリーグではレッドブル・ザルツブルクに敗れて敗退が決まった。

    ペーター・シュテーガー監督の下ではブンデスリーガ12試合負けなしを維持するも、下位チーム相手でも以前観衆を魅了していたような情熱がこもったサッカーは見せられず、白星の多くは辛勝だ。そして先日、相手はバイエルン・ミュンヘンとは言え、0-6と大敗を喫したことで、ついに今夏までの契約を結んでいたオーストリア人指揮官とは新契約に至らない可能性が報じられるようになったところだ。

    クラブはまた、監督に加えて複数の選手たちを手放すことを検討中とのこと。『シュポルト・ビルト』によると、とりわけMFゴンサロ・カストロやDFエリック・ドゥルムの放出が濃厚とされ、さらにDFソクラティス・パパスタソプロスやMFヌリ・シャヒンを売却することも考えられるようだ。さらに昨夏に加わったばかりのDFジェレミ―・トルヤンやFWアンドリー・ヤルモレンコも次期監督次第で放出候補になるかもしれない。

    半年の期限付きで加わっているFWミヒ―・バチュアイはチェルシーの今後の構想に入っていることから退団はほぼ決定と見られる一方、アレクサンダー・イサクに関してはレンタルに送り出される可能性が浮上している。なおGKロマン・ヴァイデンフェラーはシーズン後の現役引退を表明しており、最大9人、既存メンバーのうち約三分の一が来シーズンにはドルトムント選手ではなくなる可能性が伝えられている。

    GOAL
    2018-04-05_23h50_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000022-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/05(木) 13:38:40.05 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントに所属する29歳の日本代表MF香川真司に対し、エバートンやウェスト・ハムなどプレミアリーグの2クラブが興味を示しているようだ。4日に英メディア『ガーナサッカーネット』が報じている。

    同メディアはタイトルに「ドルトムントの香川を熱望している2つのプレミアリーグ」とつけて、「エバートン(昨年夏にも調査を行なっていた)とウェスト・ハムがターゲットにしている」と報じた。

    また、トルコメディア『フットボールアリーナ』によれば、トルコ1部のガラタサライを率いるファティ・テリム監督が、経営陣に香川の獲得をリクエストしているとのこと。ガラタサライには日本代表DF長友佑都も所属している。ドルトムントとの契約は2020年6月まで残しているが、夏の移籍市場で獲得に乗り出すクラブが現れるかもしれない。

    4/5(木) 11:58配信
    kagawa_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00264041-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/03(火) 13:36:36.41 ID:CAP_USER9.net
    ガラタサライ(トルコ)は、ドルトムント(ドイツ)のMF香川真司に興味を示しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

    今季、国内リーグで首位を走っている同チーム。来季のチャンピオンズリーグ出場を視野に入れ、今夏は香川の獲得に注力する可能性があると伝えられている。香川は今季途中に就任したペーター・シュテーガー監督の下、高い信頼を勝ち取っていたものの、ケガで再離脱。現在は欠場を余儀なくされている。

    ガラタサライは今冬にはインテル(イタリア)から日本代表DF長友佑都をレンタルで招き入れたこともあり、日本にとってなじみ深いクラブとなっている。

    さらに、以前から日本代表FW中島翔哉の獲得を試みているとも伝えられ、日本人アタッカー獲得のうわさが絶えない。長友の完全移籍もクラブは望んでおり、来季は日本人選手がそろってトルコで戦う姿が見られるかもしれない。

    4/3(火) 11:57配信
    2018-04-03_14h49_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00000004-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ