海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    1:Egg ★:2018/08/30(木) 00:28:59.37 ID:CAP_USER9.net
    「クロップ元監督時代の生き残り」 香川の新天地候補はスペイン、フランス、トルコ
     
    ドルトムントはブンデスリーガ開幕節でRBライプツィヒに4-1と勝利したが、日本代表MF香川真司とトルコ代表MFヌリ・シャヒンはベンチ外となった。現地時間8月31日に移籍市場は最終日を迎えるなか、英メディア「90MIN」は「ドルトムントが移籍市場最終日にカガワとシャヒンを売却」と記し、香川の電撃移籍の可能性を伝えている。

    今夏、香川の移籍報道が過熱し、トルコの強豪ベジクタシュをはじめ、かつて日本代表MF清武弘嗣(現セレッソ大阪)が所属したスペイン1部セビージャ、さらに日本代表DF酒井宏樹が所属するフランス1部マルセイユが候補として挙がってる。

    英メディア「90MIN」は「ドルトムントは欧州の移籍最終日に、シンジ・カガワとヌリ・シャシンをスペイン、フランス、トルコのクラブなどに売却しようとしてる」と報じた。「二人とも、ユルゲン・クロップ元監督時代の生き残りだ。カガワはマンチェスター・ユナイテッドで2年過ごしてから戻って来た」と記している。

    ドルトムントは今夏、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルやデンマーク代表MFトーマス・デラネイを補強。中盤の争いが一気に激化し、22歳のMFマフムード・ダフードも成長を遂げており、記事では「ルシアン・ファブレ監督の下、若いチームで再出発を図ろうとしている」と指摘している。

    シャヒンにもトルコの強豪フェネルバフチェが関心を示しているとされる。新天地候補への移籍はいずれも31日が最終日となる。今夏のロシア・ワールドカップで日本代表の10番を背負った香川は、新たなチームでスタートを切るのか。31日の“電撃移籍”に海外メディアも注目を寄せている。

    8/29(水) 21:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180829-00131859-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/29(水) 01:37:59.97 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ1部ドルトムントの日本代表MF香川真司(29)の去就に新たな動きが出てきた。

    香川は20日のドイツ杯1回戦フュルト戦に続き、リーグ開幕戦となった26日のライプチヒ戦でもベンチ外。これを受けて27日のドイツ紙「ビルト」は、香川とともにメンバー外となったMFヌリ・シャヒン(29)の2人を「ポジションはないだろう。移籍は十分あり得る」と構想外と分析した。ルシアン・ファーブル監督(60)は24日の会見で「シーズンは長いし、週の半ばの試合もある。いずれの選手も重要だ」と語ったが、厳しい立場に変わりはない。

    31日の移籍市場の閉幕を前に香川をめぐるさまざまな動きが表面化してきており、スペインメディア「デスマルケ」は同国1部の強豪セビリアが獲得に動く可能性を報道。さらに複数のフランスメディアが、同国1部で日本代表DF酒井宏樹(28)も所属する名門マルセイユも興味を示していると報じている。

    さらにあのビッグクラブまで“参戦”する可能性も浮上。欧州事情に詳しいマネジメント事務所関係者は「バイエルンも関心を持っているようだ。今後の状況次第では(オファーも)あるのではないか」とドイツ1部で6連覇中のバイエルン・ミュンヘンの動きを注視している。

    香川はバイエルンを相手に活躍する試合が多く、もともと同クラブからの評価は高い。さらに今季就任したニコ・コバチ新監督(46)は昨季まで指揮したEフランクフルトで元日本代表MF長谷部誠(34)を重用するなど日本人選手の特長を把握しており、香川の実力も買っているという。

    ドイツで覇権を争う両クラブ間の選手の移動は“禁断の移籍”と呼ばれるが、近年はドルトムントから流出したFWロベルト・レバンドフスキ(30)やDFマッツ・フンメルス(29)の例もある。果たして香川の電撃移籍はあるのか。

    8/28(火) 16:45配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000027-tospoweb-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/28(火) 00:51:21.37 ID:CAP_USER9.net
    マルセイユがローマからストロートマンを獲得すれば「日本人のプレーメーカーをセビージャで見られる可能性が高くなる」。

    MF香川真司は今夏、セビージャに移籍するのだろうか。スペイン『フトボリストス』によれば、同クラブはボルシア・ドルトムントで出番を失っている日本代表MFの獲得に乗り出す構えを見せているようだ。

    先日、スペイン『エル・デスマルケ』の報道により急浮上した香川のスペイン行き。これまではマンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシャルやパリ・サンジェルマンMFユリアン・ドラクスラーの獲得を狙っているとされたセビージャだが、新たな報道によればその内一人を連れてくるのも「現時点において実現不可能」との判断に至ったようだ。

    そこで『フトボリストス』曰く、セビージャはマーケット閉鎖までの補強を、香川一択に絞り込みつつあるという。そのため同じく香川を獲得候補とするマルセイユの動きに注目しているようだ。マルセイユはローマMFケヴィン・ストロートマンを獲得の第一候補としており、同選手を獲得できない場合に香川にアプローチするとみられている。

    『フトボリストス』は、鍵を握るのがセビージャの名物SDとして名を馳せ、現在はローマで働くモンチ氏と指摘。「モンチがオランダ人選手をマルセイユへと手放せば、今シーズン、日本人のプレーメーカーをセビージャで見られる可能性が高くなる」と伝えられている。

    ドルトムントが26日に臨んだブンデスリーガ開幕節、RBライプツィヒ戦で招集外となった香川。ドイツ紙『ビルト』によれば、ルシアン・ファーヴル新監督の下ではMFヌリ・シャヒンとともにチームの構想に入っておらず放出対象になっているとのことだが、合計6シーズンで通算公式戦212試合に出場したクラブを去り、新たな挑戦に臨むのだろうか。

    8/28(火) 0:36配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00010000-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/27(月) 15:29:57.22 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントは現地時間26日、ブンデスリーガ開幕戦においてRBライプツィヒを相手に4-1と快勝を収めた。同20日に行われたドイツカップ1回戦でベンチ外となっていた香川真司だが、この試合でも引き続きベンチに入ることはなかった。ルシアン・ファブレ新監督の戦術に香川はマッチしないのか? 現地在住記者が現状を読む。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

    ●中盤は守備的なトライアングルに

    8月26日に行われたブンデスリーガの開幕戦。ボルシア・ドルトムントは、RBライプツィヒに4-1で勝利した。香川真司は、20日に行われたDFBポカールの初戦に引き続き、2戦連続でベンチ外となった。

    24日に行われた会見で、ルシアン・ファブレ監督は、香川のポジションを「9.5番、10番として考えている」と語ったが、ライプツィヒ戦での背番号23の起用については明言しなかった。

    実際、対ライプツィヒ戦でファブレ監督が採用した[4-3-3]の布陣においては、香川のようなタイプの選手が居場所を確保するのは難しかったと言えるだろう。中盤は、アクセル・ヴィツエル、トーマス・ディレイニー、マフムート・ダフートの3枚で構成。

    基本的にはヴィツェルのワンボランチ、インサイドハーフにディレイニーとダフートが並ぶ逆三角形の形だが、試合中に3人の選手は流動的にポジションを取った。ダフートにボールを預けてヴィツェルが前に行くことがあれば、ダフートが下がってビルドアップに参加することもあった。

    もっともビルドアップの際に、例えばダフートがSBとCBの間に降りてきてボールを貰い、前を向いてパスを配給する、といったプレーが行われることはない。ディレイニーとダフートは、ゲームを作るインサイドハーフではなくて、前後の切り替えに長けた8番タイプとして起用されていた。

    ●求められるのは創造性ではなく…

    ライプツィヒは、ボールを奪えば縦に縦に繋ぎ、ゴールを最短で狙ってくる。まずは縦に繋いでくる速攻を避けるために、ディレイニーとダフートは、相手のダブル・ボランチにフタをする役目を担っていた。

    また、ディレイニーとヴィツェルの正確なショートパスは、不用意なボールロストを避け、敵のカウンターを未然に防ぐことに繋がったと言えるだろう。

    ボールを奪えば、すぐにマルコ・ロイスやクリスティアン・プリシッチに素早くパスを送るなど、攻撃面でも素早い切り替えが求められている。そこで必要とされているのは、創造性というよりは、素早く前に攻撃を展開できる技術だった。

    このように、例えばトーマス・トゥヘル監督やピーター・ボス、ペーター・シュテーガー監督時代に採用された[4-3-3]と、見てくれは一緒かもしれないが、中身がまるで違う。中盤は守備に比重を置きながら、57分の場面のように、ボールを奪えば複数の選手がトップスピードに乗って敵のゴールに迫った。

    悪く言えば攻め方に緩急がないが、良く言えば相手の陣形が整わない内に攻め立てることができる。試合終了間際には、ダフートが敵のCBコナテからボールを奪い、そこからカウンターに出て、ジェイドン・サンチョとロイスの2人でダメ押し弾を決めた。

    ●香川は残留でも出場機会は先に?

    ファブレ監督は、香川のポジションを「9.5番、10番として考えている」と語った。だが、そもそもライプツィヒ戦で採用した[4-3-3]に、「10番」のポジションは存在しなかった。「9.5番」は、ワントップに入ったロイスがこなしている。ワントップのポジションを香川がこなすことは難しい。

    また、決して香川が切り替えが遅く、守備意識が低いということではないが、そうしたディフェンシブな持ち味については、先発の3人の方が上回ってしまう、ということだろう。

    こうした理由で、対ライプツィヒ戦でファブレ監督が採用した[4-3-3]の布陣においては、香川が居場所を確保するのは難しかったと言えるのではないか。

    ファブレ監督は、戦術のバリエーションを広げることも示唆している。それが「10番」を活用するものであり、また、ワントップではなく違った形で「9.5番」を活用するものであれば、香川にもチャンスが巡ってくるはずだが・・・ただ、チームが戦術の幅を広げるには時間が掛かる。
    香川が8月中に他のクラブに移籍しなかったとしても、試合でプレーの機会が巡ってくるのは、しばらく先のことになってしまうかもしれない。
    180826_kagawa_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00010001-footballc-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/08/27(月) 11:13:35.54 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガは26日に第1節が行われ、ドルトムントはライプツィヒと対戦。ホームで4-1と快勝スタートを決めた。

    先日のDFBポカールでは、2部相手に大苦戦の末、延長戦でなんとか勝ち上がりを決めたドルトムント。リーグ開幕戦で大きな修正を求められていたが、開始1分で早速オーギュスタンのゴールを許し、不安なスタートとなる。

    しかし、21分にダフードが決めて追いつくと、40分にはオウンゴールで同点に。すると、43分には新加入ヴィッツェルがバイシクルシュートを叩き込み、前半だけで3点を奪う。

    その後は相手のゴールを許さず、後半アディショナルタイムには主将ロイスがダメ押しの4点目。ジグナル・イドゥナ・パルクの大観衆の前で勝ち点3を獲得した。

    なお、香川真司はDFBポカールに続きこの試合でもメンバー外に。2試合続けてのベンチ外となり、移籍の可能性が高まっている。(Goal.com)
    2018-08-27_12h14_36
    https://www.sanspo.com/soccer/news/20180827/bun18082707010002-n1.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/27(月) 06:20:41.18 ID:CAP_USER9.net
    現地時間26日に行われるブンデスリーガ第1節のライプツィヒ戦に向け、ドルトムントがスターティングメンバーとサブメンバーを発表した。しかし、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司の名前はなく、開幕戦でベンチ外となっている

    現在、香川には移籍の可能性が浮上していた。トルコ1部のベシクタシュやリーガエスパニョーラのセビージャなどが興味を示している。欧州リーグの多くは8月31日で移籍期間の締め切りとなるが、他クラブに移ることになるのだろうか。

    8/27(月) 0:40 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00286835-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/26(日) 12:16:30.77 ID:CAP_USER9.net
    8/26(日) 11:46配信
    香川真司、ブンデス開幕戦はベンチ濃厚…ドルトムント、リーグ公式とも予想スタメン発表

    26日にブンデスリーガ開幕戦を迎えるドルトムント。しかし、MF香川真司はベンチスタートが濃厚なのかもしれない。

    2018-19シーズン、ブンデスリーガ開幕戦で、いきなり強豪ライプツィヒと激突するドルトムント。前週のDFBポカールでは2部のグロイター・フュルト相手になんとか延長戦に持ち込み勝利したが、多くの課題が浮き彫りに。2012年ぶりの優勝へ向け、開幕戦では多くの改善が求められる。

    しかし、この一戦で香川はスタートから起用されることはないのかもしれない。ドルトムント公式が発表した予想スタメンに、29歳日本代表MFの名前はなかった。

    4-2-3-1のフォーメーションの中、香川がプレーする可能性が高い三角形の中盤3枚は、マフムド・ダフード、トーマス・ディレイニー、マリオ・ゲッツェが入るとし、香川はベンチスタートになると予想している。

    また、ブンデスリーガ公式の予想スタメンにも香川の名前はなし。同じフォーメーションを予想しており、中盤はダフードの代わりにアクセル・ヴィッツェルが入るとしている。

    なお、両メディアともGKロマン・ビュルキ、4バックはウカシュ・ピシュチェク、マヌエル・アカンジ、アブドゥ・ディアロ、マルセル・シュメルツァー、サイドMFはクリスチャン・プリシッチとマルコ・ロイス、トップにはマキシミリアン・フィリップが入ると予想した。

    ルシアン・ファーブル新監督のもと、ラルフ・ラングニック新監督を迎えたライプツィヒと激突するドルトムント。移籍も噂される香川の出場はあるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000003-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/26(日) 06:32:02.10 ID:CAP_USER9.net
    DFBカップ1回戦では、ドルトムントのトップチームに帯同しなかった香川真司。トルコのベジクタシュへの移籍がさかんに取り沙汰されていたが、このたび新たな移籍先が浮上した。リーガ・エスパニョーラのセビージャだ。スペインの地元紙『eldesmarque』が報じている。

    「セビージャはまだ、攻撃の司令塔を探している。その候補リストには、ドルトムントの29歳、日本人選手の香川真司の名前がある。セビージャは香川にとても興味を持っており、自分たちの現状と彼が移籍することの重要性について伝えたいと考えているようだ」

    しかし、まだオファーには達しておらず、それはセビージャが他選手にも興味を持っているからだとしている。

    「セビージャはリストアップした選手のうち、パリ・サンジェルマンに所属するユリアン・ドラクスラーの獲得に動いているとも考えられる。香川に対しては、オファーこそ出していないが、すでにコンタクトは取ったようだ」

    ちなみに同記事中では、「マルセイユも、香川に興味を持っているクラブのひとつ。しかし、香川はスペインでプレーしたいと考えているようだ」とも報じている。

    様々な可能性が挙げられているが、香川の移籍については、ドルトムントサポーターの間でも賛否両論のようだ。

    同チームのコミュニティー内では、「カガワにとってはいい移籍じゃないか」「彼はとてもいい選手だけど、活躍できる場所を選んでほしい」といった、移籍を容認する声が上がっている。

    しかし、それと同数以上の「カガワの移籍は間違いだろ」「シンジの放出は、チームの弱体化に他ならない。ロイスがまた負傷したら? 今の前線で攻撃が組み立てられるとでも?」といった反対の声も。

    香川自身はロシア・ワールドカップ後に再三、「僕自身がもっとレベルアップするためにも、個人の力を見つめ直したい」と発言していた。その目標を叶えるために、果たして、ブンデスリーガ、プレミアリーグを渡り歩いた29歳は、どの地を選ぶのだろうか。

    8/26(日) 6:15配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180826-00046247-sdigestw-socc

    写真
    pcimage
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/25(土) 04:47:58.84 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントからの退団がうわさされているMF香川真司。同選手にはベジクタシュが関心を寄せていたが、スペインとフランスの名門も興味を示しているようだ。

    スペイン『eldesmarque』は「セビージャは香川獲得のプランを検討している」との見出しで「セビージャは去就が不透明となっている日本の司令塔獲得を検討しているようだ。29歳の攻撃的MFは退団の可能性が高いのかどうか、見極めようとしている」と伝えている。

    また、記事では「さらにはセビージャのほかに、リーグ・アンのマルセイユも関心を示している。このクラブは以前から日本人選手獲得に乗り出しているが、香川本人は以前からラ・リーガに憧れているという話もある」と伝え、酒井宏樹と同僚になる可能性もあると触れている。

    移籍市場終盤になり、セビージャを率いるホアキン・カパロス監督はユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)やニコラス・ぺぺ(リール)の獲得を検討していると報じられていたが、ここにきて香川真司も獲得候補となっているようだ。

    セビージャと言えば2016年夏に香川の盟友、MF清武弘嗣がハノーファーから新天地を求めたチームでもある。また、今夏は同胞の乾貴士がエイバルからベティスへ移籍したこともあり、もし香川がセビージャに在籍することになれば、“世界一白熱するダービー”とも称されるアンダルシア・ダービーは、日本人対決の場となる可能性も。

    シーズン開幕時期になり、ルシアン・ファーヴレ体制のドルトムントでは主軸になるかどうか不明の香川真司。移籍市場閉幕を前に、香川がスペイン、もしくはフランスの名門に活躍の場を移すというシナリオは、十分に現実味を帯びつつあるようだ。
    2018-08-25_08h13_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000032-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/24(金) 23:12:39.25 ID:CAP_USER9.net
    8/24(金) 22:58配信
    香川真司の現状は?ドルトムント指揮官が初めて言及「難しい決断が求められることもある」

    ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファーヴル監督は、日本代表MF香川真司を構想外と見ていないようだ。24日、ブンデスリーガ開幕節に向けた記者会見で初めて「23番」の現状について話した。

    ワールドカップ後の特別休暇を与えられたため、合流が遅れた香川。プレシーズン最後のテストマッチ(12日)ではベンチ入りを果たすも、最後まで出番が訪れなかった。さらに、20日に行われたDFBポカール1回戦グロイター・フュルトとのアウェーマッチへの招集は見送られることに。

    それにより、新体制の下では構想外となる可能性が盛んに報じられ、主にトルコメディアによるベシクタシュ行き報道が過熱。そして、開幕節のRBライプツィヒ戦(26日)に向けた会見でも「シンジ・カガワはあなたが選ぶシステムの中でどのような役割を担うことになる? 彼が置かれている状況についてはどう考える?」との質問が飛ぶと、スイス人指揮官は次のように返した。

    「チームにはたくさんのMFがいる。選択をしなければならないので最初は難しい決断が求められることもある。彼をメンバーに選ばなかった。だが、彼のクオリティー、何をできるかについては把握している」

    「非常に長いシーズンを過ごすことになる。これからはクリスマスまでほとんど週2のペースが続くことになる。だから、選手たちは全員必要となる」

    なお、香川のポジションについて「8番(インサイドハーフ)と見るか、それとも10番(トップ下)と見るか」とも問われたファーヴル監督は「9.5番(セカンドストライカー)、10番と考える」と返答。この先、アタッカーの位置で起用する可能性を示唆した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000031-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ