海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    1:Egg ★:2018/11/16(金) 13:02:28.18 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントに所属するMF香川真司にとって、厳しい状況が続いている。今季はルシアン・ファブレ監督の下、システムに合わないとされ、ブンデスリーガ開幕から3試合連続でベンチ外に。第4節、第5節で起用されるも、足首の怪我で戦列を離れると、現地時間10月31日に行われた2部ウニオン・ベルリンとのDFBポカール2回戦で先発出場してから、トップチームで出場のない状況となっている。

    その香川について、ドイツのサッカー専門誌「キッカー」は「唯一の解決策は移籍か」と見出しを打ち、特集している。

    同誌は香川が今週初めに、バルセロナの浜辺でランニングを行っている様子をSNSで配信したことを伝え、「彼の150万人のツイッターフォロワーと、140万人のインスタグラムフォロワーは彼からの報告を喜んだだろう。というのも、この日本人選手の姿をBVBで見ることはなくなっているからだ」と述べた。

    香川は今季トップチームで公式戦4試合にしか出場しておらず、「キッカー」も実戦経験不足を指摘。クラブOBでプロ選手部門の責任者であるセバスティアン・ケール氏は、「彼にとっては厳しい状況だ」と話しているという。

    記事では「カガワはこれまでドルトムントで148試合に出場し、41得点36アシストと、印象的な成績を残しているものの、29歳の彼にはもはや居場所がない。彼の好むトップ下にはマルコ・ロイスが左サイドから位置を移してきており、現在大活躍。マリオ・ゲッツェがその二番手という状況で、カガワは観客席から見つめるしかない。サイドでプレーしようにも、彼にはスピードが欠けている」と、香川の苦境について語られている。

    今夏に移籍を検討も「状況は良くなるどころか…」

    夏に退団の噂があり、セビージャ、マルセイユ、ベジクタシュなどが新天地候補に挙がっていた香川。「キッカー」も、「カガワと代理人のトーマス・クロート氏は夏の移籍市場閉幕間際に移籍について検討していた。それ以降、(行き詰まった)状況は良くなるどころか逆を辿っている」とし、「6年半を過ごしたクラブと別れることが、今冬彼に残された唯一の解決策と考えられるだろう」と述べている。

    代表ウィークに入ったため、国内リーグは一時中断。この機会を利用し、ドルトムントは16日に3部シュポルトフロインデ・ロッテとテストマッチを行う。先頃、セカンドチームにあたるU-23チームで4部リーグの試合に出場し、アシストを連発して5-0勝利に貢献した香川。この試合にも出場し、試合勘を取り戻したことをアピールできるだろうか
    2018-11-16_14h39_20
    11/16(金) 6:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181116-00148010-soccermzw-socc
    続きを読む

    74:U-名無しさん :2018/11/15(木) 22:55:36.04 ID:fseJKJGSd.net
    0356 U-名無しさん 2018/11/15 22:45:21
    香川のインスタにポルディが#kobeってコメしてるぞ!確定だな
    返信 1 ID:hjn7CtEV0
    0357 U-名無しさん 2018/11/15 22:46:51
    >>356
    まじで?w
    ID:M/1OQl2T0(3/4)
    0358 U-名無しさん 2018/11/15 22:49:38
    マジでポルディやってたw

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/15(木) 16:15:34.91 ID:CAP_USER9.net
    絶好調のチームで出場機会を得られない11選手を紹介

    現在ドイツ・ブンデスリーガで首位を快走し、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもグループ首位に立つなど絶好調のドルトムントだが、そのなかで出場機会を得られず苦戦している選手たちもいる。ドイツメディア「sport.de」は「ルシアン・ファブレ監督下での敗者」と銘打って、苦境に陥っている11選手を紹介。そのトップとしてMF香川真司が挙げられた。”

    今季ファブレ監督を迎えたドルトムントは、現在ブンデスリーガで唯一の無敗を誇る。現地時間10日に行われた王者バイエルンとの一戦では、相手に二度リードされる苦しい展開ながら最後は底力を見せ、3-2での逆転勝利を収めた。CLでは6日の試合でアトレチコ・マドリードに0-2と敗れ、勝ち点9でアトレチコに並ばれたものの、得失点差でグループAの首位。グループステージ突破に向けて好ポジションにつけている。

    しかし香川は、この両試合でベンチ入りせず。アトレチコ戦の同日にはセカンドチームにあたるU-23チームで4部リーグの試合に出場し、アシストを連発して5-0の勝利に貢献していた。

    そんな香川について、記事では「観客のお気に入りからリザーブ選手へ」とのタイトルが付けられ、「日本人のゲームメーカーは現在のBVBにおける成功にあって、最も有名な“犠牲者”の一人である。カガワはクラシックな10番タイプでファブレ監督のシステムに合わず、スイス人指揮官の下、わずか4試合の出場にとどまっている」と考察。「さらに、最近の足首の負傷もあった」と、怪我による離脱が痛かったとも指摘され、「冬に退団する可能性も決して除外できない」と締めくくっている。

    プリシッチやヴァイグルら実力者の名前も…

    特集では香川のほかにMFユリアン・ヴァイグル、MFクリスティアン・プリシッチ、DFエメル・トプラク、MFセバスティアン・ローデら実力者の名前も11人の中に挙がっており、現在のドルトムントのレギュラー争いがいかに激しいものかが改めて浮き彫りとなっている。

    クラブで思うように出場機会を得られない香川は、日本代表にもロシア・ワールドカップ以降は招集されていない。冬の移籍市場が開く来年1月はアジアカップの開催時期と重なるなか、日本が誇るアタッカーはどのような未来を選ぶのか。現在の苦境が長引けば、去就に関する報道はさらに過熱しそうだ。
    2018-11-15_17h27_36
    11/15(木) 16:05 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181115-00147928-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 20:42:25.64 ID:CAP_USER9.net
    9月の森保体制発足以降、未招集の香川 怪我から復帰後の11月シリーズも声かからず

    来年1月のアジアカップまで残り2試合(11月16日ベネズエラ、同20日キルギス)のなか、森保一監督が招集した日本代表メンバーにまたもMF香川真司(ドルトムント)の名前は入っていなかった

    ベスト16に進出した今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)明け、“森保ジャパン”の初陣となった9月はそもそもコンセプトからW杯主力の海外組は未招集のため、香川が選ばれないのは当然だった。6人のW杯主力組が復帰した10月シリーズも、香川は足首の怪我で試合に出ておらず、メンバー選考の対象外だったと見られる。

    今回の11月シリーズに関しては、怪我から復帰した香川の状況を考えれば招集されてもおかしくなかったが、それでも未招集となったのは3つの理由が考えられる。1つはクラブで置かれている状況。2つ目は現在のメンバー、特に2列目の攻撃陣の充実した状況。3つ目は指揮官がトップ下に求める役割だ。

    「最初から招集した選手をコアなチームだとは思っていません」。森保一監督が最初にA代表のメンバー発表をした9月にはそう語っていた。最初の時点ではロシアW杯の主力組は招集せず、若い選手を主体にロシアW杯メンバーながらサブだった選手で構成され、MF堂安律(フローニンゲン)、DF冨安建洋(シント=トロイデン)、MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)といった東京五輪世代の選手も名を連ねるなどフレッシュな陣容でスタートした。

    この時は北海道で起きた大地震の影響により、初陣となる予定だったチリ戦が中止となり、大阪でコスタリカ戦(3-0)の1試合しかできなかったが、そこでMF中島翔哉(ポルティモネンセ)、FW南野拓実(ザルツブルク)、堂安の3人が躍動し、”初陣”を飾った。

    そこから10月になり6人の“W杯主力組”が加わる。DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、DF長友佑都(ガラタサライ)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、MF原口元気(ハノーファー)、FW大迫勇也(ブレーメン)だ。

    つづく
    2018-11-14_21h46_07
    11/14(水) 20:20 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00147768-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 05:48:07.63 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントのMF香川真司は代表ウィーク期間中にスペインのバルセロナを訪れ、海岸沿いで自主トレーニングに励む様子をSNSで報告した。
    二枚の写真をアップし、ファンから「気持ちよさそう」「移籍?」など様々な声が上がっている。

    【関連写真】「逆光でもかっこいい」「移籍?」と反響! 香川真司が公開、バルセロナ海岸沿いで“ランニング&逆光”ショット





    香川は足首の負傷により9月29日のブンデスリーガ第6節レバークーゼン戦(4-2)以降は公式戦を欠場。

    10月31日のDFBポカール2回戦ウニオン・ベルリン戦(3-2)で復帰を果たし、6日のU-23チームのレギオナルリーガ(4部相当)第12節ロートヴァイス・エッセン戦に先発出場。

    前半7分、同16分、同28分と得点に絡み、スウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクのハットトリックを演出すると、さらに後半3分にもFWドミニク・ワーナーのゴールをお膳立てし、1試合4アシストとさすがの存在感を示している。

    10日のリーグ第11節バイエルン・ミュンヘン戦で香川はベンチ外となるも、チームは3-2と勝利し、開幕11試合無敗で首位をキープしている。

    そんななか、香川は13日に自身のSNSを更新。その2日前に「旅」と綴り、空港で撮影したと思われる写真をアップしていた。

    そして13日には「太陽」「波」「ランナー」の絵文字を組み合わせ、ハッシュタグで「#barcelona」と発信。バルセロナの海岸沿いと見られる美しい場所でトレーニングしている様子を公開した。

    青々とした海と晴天をバックに“逆光ショット”も併せて投稿している。

    返信欄では「気持ちよさそう」「リフレッシュ出来そう」「海の見える素敵な場所」「満喫して」「絵になりますね」「逆光でもかっこいい」などのコメントが並んだ一方、
    名門バルセロナの本拠地で撮影した写真にファンから「移籍?」という声も上がった。

    11/13(火) 22:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181113-00147645-soccermzw-socc

    写真
    20181113-00147645-soccermzw-000-view
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/11/11(日) 09:43:22.13 ID:CAP_USER9.net
    [ドルトムント(ドイツ) 10日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは10日、各地で試合を行い、香川真司が所属するドルトムントはバイエルン・ミュンヘンを3─2で下した。香川はベンチを外れた。

    ドルトムントは前半26分にバイエルンのロベルト・レバンドフスキに先制ゴールを許したが、後半4分に主将マルコ・ロイスが同点PKに成功。その3分後に再びレバンドフスキに決められたものの、同22分にロイスの2点目で追いつき、6分後にパコ・アルカセルが決勝ゴールを挙げた。

    11試合を終えて、無敗のドルトムントが勝ち点27で首位。バイエルンは同20の暫定3位。

    宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフはヘルタに4─1で快勝。フル出場を果たした宇佐美は後半5分に今季初得点となる先制ゴールを決めた。

    大迫勇也が所属するブレーメンはボルシアMGに1─3で敗戦。大迫は出場しなかった。久保裕也が所属するニュルンベルクはシュツットガルトに0─2で負けた。久保はベンチ入りしなかった。
    2018-11-11_11h21_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000002-reut-spo
    11/11(日) 9:17配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ger/ger-11157782.html
    試合スコア

    MF 香川真司 今季成績

    第1節 ベンチ外
    第2節 ベンチ外
    第3節 ベンチ外
    第4節 後半25分~出場
    第5節 後半17分~出場
    第6節 ベンチ外
    第7節 ベンチ外
    第8節 ベンチ外
    第9節 ベンチ外
    第10節 ベンチ外
    第11節 ベンチ外
    続きを読む

    1:ゴアマガラ ★ :2018/11/08(木) 21:15:56.09 ID:CAP_USER9.net
    復活はあるのか。日本サッカー協会は7日、国際親善試合ベネズエラ戦(16日、大分)とキルギス戦(20日、豊田)に臨む日本代表メンバーを発表し、ロシアW杯で10番を背負ったMF香川真司(29=ドルトムント)はまたも選外となった。クラブで試合に出られず苦境が続くが、日本代表のエースとして期待する森保一監督(50)は来年1月のアジアカップ(UAE)に向けて“特例招集”の可能性を示唆した。

    アジア杯に向けて最後の実戦となる2連戦。森保監督は「今回に関してはこのメンバーがベストだということで決めました」とし、負傷者の出たFWに鈴木優磨(22=鹿島)、DFに山中亮輔(25=横浜M)を初招集しただけで9、10月シリーズから大幅なメンバーの入れ替えはなく、ロシアW杯で活躍した香川も選出しなかった。

    今季の香川はここまでドイツ1部リーグ10試合で出場2(先発1)、欧州CL4試合で出場1(先発なし)と散々な状態。しかも、ほとんどの試合でベンチ入りもままならずに事実上、ルシアン・ファーブル監督(61)の構想外に。6日にはドルトムントU―23のメンバーとして実質4部リーグの試合に出場するなど、苦境に立たされている。

    この現状では「試合に出ていること」という条件をつけた森保監督も代表に選出するのは難しいが、香川の実力と実績は誰もが高く評価する。アジア杯に向けてDF長友佑都(32=ガラタサライ)は「若手だけでは戦えない。経験者は必要」とし、元日本代表MF前園真聖氏(45)も「世界トップでやっている選手ですから、代表に欠かせない戦力。森保監督の構想に入っているのは間違いない」という。

    もともと森保監督は新チームの“エース”として香川に大きな期待を寄せていた。MF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)、MF南野拓実(23=ザルツブルク)、MF堂安律(20=フローニンゲン)の“三羽ガラス”の大躍進はあったものの、アジア制覇を果たすにはやはりチームの核となる大黒柱は不可欠だ。

    そこで指揮官は「これまで招集した選手を中心にアジアカップに臨む考え」と前置きした上で「我々のチームで情報を吸い上げている中でまだ(代表に)招集していない選手がたくさんいます。アジアカップに(未招集の選手が)入ってくることも考えながらやっていきたい」と含みを持たせた。

    もちろんまずは、香川の現状打破を期待しているものの、試合に出ていない状況が続いても強行招集を検討しているのだ。森保ジャパンにとって初の公式戦となるアジア杯で王座を奪還するために、新チームづくりとともに香川の動向が気になるところだ。
    2018-11-08_21h47_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000025-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/07(水) 13:01:15.57 ID:CAP_USER9.net
    レギオナル・リーガ(ブンデスリーガ4部相当)に所属するドルトムントU-23で、MF香川真司が初出場。6日に行われた第12節のロート・ヴァイス・エッセン戦で先発メンバーに名を連ねてフル出場を果たし、4アシストの大活躍を見せた。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

    ドルトムントU-23は19歳のスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクが6分、16分、28分に得点を決め、前半だけでハットトリックを達成。香川は全3得点をアシストした。さらに後半にはチーム5得点目もアシストし、5-0での圧勝に貢献している。

    香川は先月31日に行われたDFBポカール2回戦ウニオン・ベルリン戦で先発メンバーに名を連ね、実戦復帰。78分までプレーした。今月3日のブンデスリーガ第10節ヴォルフスブルク戦、6日のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節アトレティコ・マドリード戦ではベンチ外となったが、再びトップチームで出場機会を掴むべく、U-23チームで存在感を示してみせた。

    ドルトムントの次節は10日、ブンデスリーガ第11節でバイエルンをホームに迎える。

    11/7(水) 10:52配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00859133-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    maxresdefault

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 22:42:12.506 ID:WeKLNCpi0.net
    主力が一気に全員消えた
    3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 22:43:52.653 ID:YtNjm32Kr.net
    もう十分だわ
    ゆっくり休め
    6:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/11/05(月) 22:45:41.717 ID:Ph/MkrhD0.net
    戦力的には問題ない。安定したDFがいればいい
    商業的にはスポンサーやマスコミが適当に作り上げるだろ
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/05(月) 22:25:59.33 ID:CAP_USER9.net
    ボルシア・ドルトムントは現地時間6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第4節でアトレティコ・マドリーと対戦する。ドイツ紙『キッカー』によれば、日本代表MF香川真司はチームに帯同しなかったという。

    ブンデスリーガ、CLグループAのそれぞれ首位を快走するドルトムントはアトレティコとのアウェーマッチに向けて5日にスペインへと出発。ここ数試合で不在だったMFマリオ・ゲッツェやDFウカシュ・ピシュチェクがメンバーに復帰した一方で、香川は遠征メンバーから外れた。

    香川はルシアン・ファーヴル監督の下でこれまで公式戦4試合に出場。10月初旬には足首の負傷により離脱を強いられ、先月31日に行われたDFBポカール2回戦のウニオン・ベルリン戦で約5週間ぶりに出場していたが、続く今月3日のブンデスリーガ第10節ヴォルフスブルク戦ではベンチ入りが見送られていた。

    なおCLの3試合でいずれも無失点で勝ち切っているドルトムントは、アトレティコとの2戦目で引き分け以上の結果を収めれば、グループリーグ突破がほぼ決定的となる。

    11/5(月) 21:52配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000022-goal-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ