海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 22:09:25.78 ID:CAP_USER9.net
    ボルシア・ドルトムントは日本代表MF香川真司との契約を延長することを希望し、この夏の優先事項として交渉に取り組もうとしているようだ。独誌『キッカー』が報じたとして、8日付の地元紙『レヴィア・シュポルト』が伝えた。

    リーガでの3位確保やDFBポカール(ドイツ杯)優勝に貢献した香川。現在の契約は2018年夏までであり、このまま来シーズンの終了を迎えればドルトムントはフリーで香川を失うことになる。

    先日ピーター・ボス新監督の就任を発表したドルトムントは、すでに新シーズンに向けて4人の新戦力獲得を決めている。一方でエースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンの去就などに関して不確定要素もあるが、在籍選手の契約延長にも取りかかろうとしており、香川はその中でも「優先順位のリストのトップ」に位置すると報じられている。

    「香川をより長く我々のクラブに留めることが目標だ」とミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)もコメント。香川との契約延長を望むクラブの姿勢を明確にしている。

    ドイツでのシーズンを終え日本代表に合流した香川だが、7日に行われたシリア代表との親善試合で左肩を脱臼。13日のロシアW杯アジア最終予選イラク戦には出場せずにチームを離れ、来シーズンに向けて療養することになった。
    20170608_kagawa_getty-1
    6/8(木) 20:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00215544-footballc-socc
    続きを読む

    2017-06-07_23h58_32

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 09:42:44.68 ID:CAP_USER9.net
    ◇キリンチャレンジ杯 日本1―1シリア(2017年6月7日 味スタ)

    香川の代役に本田急浮上。日本代表のFW本田圭佑(30)が7日、親善試合シリア戦で途中出場。右FWから右インサイドハーフにポジションを変えると、停滞していた攻撃を活性化させた。負傷交代した香川が13日に行われるW杯アジア最終予選のイラク戦に欠場することが濃厚となり、代わって先発出場する可能性が高くなった。

    凡戦の中でも、光明はあった。後半開始から右FWに入った本田が、18分からハリル体制で初めて右インサイドハーフへとポジションを変えた。ボールを引き出しながら、巧みにキープしてリズムをつくる。積極的に飛び出した29分には、利き足と逆の右足で強烈なシュート。無得点に終わるもチームに落ち着きをもたらした。97年の「ジョホールバルの歓喜」の再現ユニホームで出場した国際Aマッチ89戦目。その数は今野とともに三浦知良(現J2横浜FC)らと並んで歴代9位となった。

    「仮想イラク」と位置づける一戦で引き分け。悔しさからか試合後の取材エリアでは報道陣の問いかけにも無言で通過した。それでも、場内のインタビューでは「僕は左利きなので右サイドに入れば、周りがよく動きだし、パスを出してくれる。FWや逆サイドの選手にも(パスの)準備しておいてくれと伝えた。久々の中盤なので、感覚を取り戻す意味では良かった」と手応えを口にした。

    左肩を負傷した香川の状態次第では“インサイドハーフ本田”が新オプションになる可能性もある。ザッケローニ体制でプレーしたトップ下を「わが家」と自ら形容。ミラノでハリルホジッチ監督と会った際には、中盤でのプレーを直訴していたほどだった。ともにプレーした倉田は「あそこでキープしてくれると周りがやりやすい」と首を縦に振る。イラク戦でコンビを組む可能性もある今野は「頭のいい選手。受けるのがうまい。自分も頭を使って90分、やる必要がある」と連係のイメージを膨らませた。

    「選手全員がこの結果に満足していない。これをポジティブに受け止めてイラク戦に臨みたい。勝つしかない」。右FWでは久保に先発を譲るが“新境地”で輝きを放った。


    6/8(木) 9:40配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000078-spnannex-socc
    続きを読む

    2017-06-08_07h50_02

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 11:09:28.93 ID:CAP_USER9.net
    6/8(木) 11:02配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000039-asahi-spo
    7日のサッカー国際親善試合で左肩を負傷して途中交代した日本代表のMF香川真司が8日、アジア最終予選のイラク戦(13日、イラン・テヘラン)に臨むチームから離脱することになった。左肩の脱臼のため。同日、日本サッカー協会が発表した。

    香川は7日に東京・味の素スタジアムであったシリア戦に先発。序盤にドリブルする相手と競り合った際に左手を打ちながら地面に倒れた。ピッチ外に運ばれ、そのまま前半10分に交代した。香川は日本協会を通じ、「残念かつ申し訳ないが、こればかりは仕方ない。1日でも早く治すことに集中したい。勝利を信じて、戦ってきてほしい」などとコメントした。

    日本は13日にあるアジア最終予選のイラク戦に向けて、8日に日本を出発予定。イラク国内の政情不安の影響で、試合はイラン・テヘランで行われる。
    続きを読む

    1:プーアル ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 00:56:44.80 ID:CAP_USER9.net
    シリア戦で左肩を痛め、前半10分で交代した日本代表MF香川真司(28)=ドルトムント=は
    試合後、都内の病院で検査を受けた結果「左肩関節前方脱臼」と診断された。

    このまま代表を離脱する可能性も出てきた。
    2017-06-08_07h50_02
    http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20170608-OHT1T50028.html
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/06/07(水) 22:21:11.82 ID:CAP_USER9.net
    シリアMFと球際で競り合い、左手をついた際に左肩を負傷
     
    日本代表のナンバー10がいきなりのアクシデントに襲われた。MF香川真司(ドルトムント)が7日の国際親善試合シリア戦で試合開始早々に左肩を痛め、わずか10分での負傷交代となった。負傷の詳細は不透明ながら、脱臼の可能性も浮上している。

    前半7分のことだった。シリアMFマハムード・アルマワスとの球際の競り合いの際、香川はもつれ合ってピッチに倒れ込み、左手をついた際に左肩を痛めて苦悶の表情を浮かべた。ピッチに突っ伏した香川は苦悶の表情を浮かべ、チームスタッフが駆けつけ必死の応急処置を行ったものの、10分にMF倉田秋(ガンバ大阪)と交代となった。

    所属するドルトムントでは終盤戦にレギュラーポジションを奪回した香川だったがまさかの負傷交代。13日のロシアワールドカップアジア最終予選イラク戦に向けても大きな不安要素となった。

    6/7(水) 19:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170607-00010017-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(テトリス):2017/06/06(火) 20:26:25.06 ID:CAP_USER90606.net
    オランダ人指導者ピーター・ボスがドルトムントと正式契約を結び、

    17-18シーズンからドルトムントを指揮をすることが決まった。

    アヤックスとボスの契約は2019年まで残っていたが、

    一部報道によるとアヤックスには契約解除金が支払われることになり、ドルトムントと契約合意に至った模様。

    ボスは今シーズン、アヤックスをヨーロッパリーグファイナルに導いたことでも知られる。

    決勝ではマンチェスター・ユナイテッドに敗れた後、アヤックスでの今後の指導に意気込みを示していたが、

    若い選手が主体のアヤックスでシャルケ、リヨンなどを次々に撃破し、欧州カップ戦のファイナルに導いたその手腕は高く評価されていた。

    なお、ボスは現役時代にジェフ市原(現市原・千葉)でプレーしたことでも知られる。

    ドルトムントで新シーズンからボス監督、香川真司の“Jリーガー師弟コンビ”が実現することとなった。

    GOAL 6/6(火) 20:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000029-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/03(土) 21:14:23.51 ID:CAP_USER9.net
    トーマス・トゥヘル監督が退任したボルシア・ドルトムントの新監督に、アヤックスを率いるピーター・ボス監督が招かれる可能性が浮上しているようだ。2日付の独誌『キッカー』などが伝えた。

    ドルトムントは先月30日に、トゥヘル監督が2016/17シーズン限りで退任することを発表した。ユルゲン・クロップ前監督からチームを引き継いだ指揮官は2シーズンでドルトムントを去ることになった。

    後任候補としては、フランス・リーグアンのニースを率いるルシアン・ファブレ監督が有力とも言われていたが、ニースはファブレ監督の留任を主張。これによりアヤックスのボス監督と、ケルンのペーター・シュテーガー監督がドルトムント新監督の候補に残ったとみられている。

    『キッカー』によれば現時点ではボス監督が最も有力であり、すでに交渉も開始されているという。フェイエノールトを18年ぶりのオランダ・エールディビジ制覇に導いたジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト監督の名前も候補に挙げられていたが、『キッカー』は「根拠のない話」だとしている。

    ボス監督は現役時代に、日本のジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)でもプレー。指導者としてはオランダの複数クラブを率い、今季から就任したアヤックスではリーグ2位、ヨーロッパリーグ(EL)準優勝の成績を残した。
    20170603_bosz_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170603-00214332-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/03(土) 19:57:35.19 ID:CAP_USER9.net
    ニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリに、ドルトムントへの移籍話が浮上している。複数のドイツメディアの報道によると、現在ドルトムント最大の得点源であるガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに今夏の移籍話が浮上しており、オーバメヤンを売却した場合、前線の穴埋め役としてバロテッリの名前が挙がっているようだ。

    バロテッリといえば、インテル、マンチェスター・シティ、ミラン、リヴァプールなどを渡り歩き、現在はリーグ・アンのニースでプレー。強じんなフィジカルと非凡な得点力を持ちながら“問題児”の一面も持ち合わせており、複数のビッグクラブを転々と渡り歩いてきた。

    また、バロテッリの代理人のミノ・ライオラ氏はイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』の取材で「ドルトムントとマルセイユがバロテッリを欲しがっている」と証言している。

    16-17シーズンにリーグ・アンで23試合15ゴールを記録したバロテッリ。だが、リーグ戦でシーズン3度の退場処分を受けるなど相変わらず“悪童”ぶりを見せている状況だが、ニースから異なるチームへ新天地を求めるのだろうか。もしドルトムントに移籍するとなると、香川真司とコンビを組む可能性もあるだけに、その去就から今後も目が離せなくなりそうだ。
    2017-06-03_20h25_37
    6/3(土) 19:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000016-goal-socc
    続きを読む

    2017-06-03_15h16_10

    24:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です :2017/06/03(土) 13:13:02.32 ID:Mv7QLQ720.net
    【日本代表合宿】6/2 デュエルのトレーニング 60秒間1vs1

    本田VS長友
    乾VS香川
    原口VS宇佐美

    本田と長友だけ真剣に守備してて見ごたえある
    あとの二組は攻撃のことに頭行き過ぎで守備が甘い
    25:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です :2017/06/03(土) 13:13:48.92 ID:Mv7QLQ720.net
    【日本代表合宿】6/2 デュエルのトレーニング 60秒間1vs1



    これね
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/03(土) 07:56:13.24 ID:CAP_USER9.net
    7日のキリンチャレンジ杯・シリア戦(味スタ)、13日のW杯アジア最終予選・イラク戦(テヘラン)に向けて合宿中の日本代表は2日、千葉県内で午前と午後の2部練習を行った。この日の午前練習からMF香川真司(ドルトムント)、DF長友佑都(インテル)が合流。合宿6日目で海外組14人がそろい、午後練習ではバックアップメンバーのFW宇佐美貴史を含めた15選手で調整した。

    祝勝気分はドイツに置いてきた。5月27日のDFBポカール(ドイツ国内杯)決勝でフランクフルトを2-1で下し、5年ぶり4度目の優勝を飾ったドルトムント。シーズン最終戦で有終の美を飾り、香川もフル出場で自身2度目のポカール優勝に貢献した。

    「決勝は非常にうれしかった。でも、自分の中では切り替わっている。あの話は忘れて、次に向かって進みたい」。日本の背番号10は優勝の余韻に浸ることなく、「次はまったくの別物」とイラク戦を見据える。

    ドルトムントはポカール優勝の3日後、トーマス・トゥヘル監督の解任を発表。2シーズンをともに過ごした指揮官の退任について「自分の口から総括するのは難しい。チームが決めたこと」と慎重に言葉を選びながらも、「監督から学ぶこともたくさんあったし、悔しい部分もたくさんあった。そういうのを与えてくれたことはいい経験になったし、いい2年間だった」と振り返った。

    何よりも視線は前を向いている。中立地のテヘランで開催されるイラク戦に向け、「ピッチも悪いし、暑さもある」と警戒する一方、アウェーで行われた3月23日のUAE戦(2-0)を引き合いに「苦しい中、戦って勝ち切った。そこを自信に、この試合も乗り越えたい」と意気込んだ。

    今回のメンバー発表ではMF清武弘嗣、DF森重真人、GK西川周作ら常連組が外れるサプライズもあった。「どの選手にも入れ替わりがあるということ」。そう表情を引き締める香川は「今回はキヨ(清武)やモリゲ(森重)という形だったけど、みんなが危機感を持ってやらないといけない。それが監督がみんなに届けたいメッセージだと思う」と、ハリルホジッチ監督の意図をくみ取った。
    2017-06-03_09h44_36
    6/2(金) 21:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-01640468-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ