海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが12日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとモナコが対戦した。香川はトップ下で先発出場となった。

    前日11日にドルトムントのチームバスを襲った爆発事件で1日遅れの開催となった。4年ぶりのベスト4入りを狙うドルトムントは、香川や古巣対決のピエール・エメリク・オーバメヤンを始め、ウスマン・デンベレ、ラファエル・ゲレイロらが先発出場。爆発で負傷したマルク・バルトラは欠場で、代わりにスヴェン・ベンダーが左センターバックに入った。

    一方、13年ぶりの準決勝進出を目指すモナコは、ラダメル・ファルカオやキリアン・ムバペ、ベルナルド・シルヴァらがスタメン入り。ティエムエ・バカヨコは出場停止処分により欠場となった。

    試合はホームの大歓声を受けるドルトムントが立ち上がりから、事件の影響を感じさせないアグレッシブな戦いを見せる。11分、ウカシュ・ピシュチェクからの鋭い縦パスに、オーバメヤンがペナルティエリア内右に抜け出して右足を振り抜くが、シュートはクロスバー上に外れた。

    17分、ソクラティス・パパスタソプーロスが自陣エリア内でムバペを倒してしまいPKを献上したが、キッカーのファビーニョが放ったシュートはわずかに枠の左に外れる。ピンチをしのいだドルトムントだったが、直後の19分にモナコに先制点を決められる。エリア内左に走り上がったトマ・ルマルが、B・シルヴァからのパスをダイレクトで折り返し。これをファーサイドでフリーのムバペが、ひざに当ててゴールネットを揺らした。

    反撃したいドルトムントは31分、敵陣中央の香川が右サイドに展開。ピシュチェクが味方の上がりを待ってグラウンダークロスを入れると、中央へ走り込んだ香川が右足で合わせるが、シュートはわずかに枠の左に外れた。33分にはピシュチェクのパスを受けたデンベレが、エリア内中央でフリーとなるがオフサイドの判定となった。

    攻勢に出ていたドルトムントだが、35分に不運な形で追加点を許す。モナコのカウンターから、左サイドのアンドレア・ラッジのクロスに、中央のベンダーが反応。頭でクリアにいくが、ボールは自陣枠内に飛び、GKロマン・ビュルキも反応したが、無情にもそのままゴールに吸い込まれた。

    2点ビハインドで折り返したドルトムントは、マルセル・シュメルツァーとベンダーを下げて、クリスティアン・プリシッチとヌリ・シャヒンを投入。右MFのマティアス・ギンターがセンターバックに、ゲレイロが右サイドバックに入り、「4-2-3-1」に変更し後半を迎えた。

    猛攻を見せるドルトムントは53分、プリシッチがエリア内右の深い位置まで切り込み、マイナスの折り返しを入れるが、デンベレの右足シュートは相手DFのブロックに阻まれる。56分には右CKからギンターが頭で合わせるが、相手GKにキャッチされた。

    すると直後の57分、ドルトムントの反撃が実る。左サイドのゲレイロからのクロスを、中央のオーバメヤンがアクロバティックなヒールパス。ゴール前に抜け出した香川が、飛び出たGKの目前で触って横パス。これをデンベレが無人のゴールに流し込んで1点を返した。

    攻撃の手を緩めないドルトムントだったが、79分に痛い失点を喫してしまう。最終ラインでのパスをムバペにカットされると、そのままGKとの1対1で冷静にゴール右隅に決められた。

    それでも84分、ドルトムントは香川が再び輝く。シャヒンが右サイドからクロスを供給。これを中央へ走り込んだ香川が受けると、切り返しで相手DFをかわし、左足シュートを沈めた。ドルトムントが再び1点差に迫る。

    その後も最後までゴールを狙うドルトムント。後半アディショナルタイム1分には、右サイドのデンベレからのクロスを、ゴール前のオーバメヤンが頭で合わせるが、シュートはクロスバー上に外れた。試合はこのまま終了し、ドルトムントがホームで2-3の敗戦を喫した。なお、香川はフル出場で1ゴール1アシストの活躍でチームの反撃をけん引した。

    セカンドレグは19日にモナコのホームで行われる。

    【スコア】
    ドルトムント 2-3 モナコ

    【得点者】
    0-1 19分 キリアン・ムバペ(モナコ)
    0-2 35分 オウンゴール(スヴェン・ベンダー)(モナコ)
    1-2 57分 ウスマン・デンベレ(ドルトムント)
    1-3 79分 キリアン・ムバペ(モナコ)
    2-3 84分 香川真司(ドルトムント)
    2017-04-13_03h58_40

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00575470-soccerk-socc
     
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/12(水) 21:45:40.95 ID:CAP_USER9.net
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が12日、ACL川崎-広州桓大戦を視察。欧州CL準々決勝、ドルトムント-モナコ戦が、ドルトムントのバスが爆破襲撃を受けたことで延期されたドイツでの事件についてコメントした。

    「ひどいできごと。世界がおかしくなってきたとしか思えません。なぜ、彼らがこういう攻撃を行うのか。真司(香川)とは連絡をとって、大丈夫と言っていた。(ドルトムントの)試合があるので、私も見たい」
    2017-04-12_22h45_58
    デイリースポーツ 4/12(水) 21:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000136-dal-socc
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/12(水) 17:26:33.89 ID:CAP_USER9.net
    現地時間11日に行われるはずだったチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の1stレグ、モナコ戦の直前にチームバスが原因不明の爆発に巻き込まれたボルシア・ドルトムント。

    幸いにも負傷したのはDFマルク・バルトラのみで済んだが、死傷者を最小限に抑えられたのは選手たちが乗っていたバスのおかげかもしれない。

    英紙『ガーディアン』や『デイリー・スター』が、独紙『ヴェルト』の報道として伝えたところによれば、ドルトムントのチームバスには非常に強固な安全ガラスが採用されているという。

    安全ガラスとは、割れた際に破片が飛び散らないよう特殊な加工を施された強化ガラスのことで、様々な種類がある。

    2枚のガラスの間にフィルムを挟んだものや、割れても破片がとがらないよう加工されているものなどが知られているが、ドルトムントのチームバスにどんなタイプのものが採用されていたかはわかっていない。

    それでも爆発時の衝撃で大きな被害が出なかったのは、安全ガラスの性能の高さが理由だったようだ。事件後のドルトムントのチームバスを撮影した写真でも窓は粉々になっておらず、一部が破損したのみとなっている。

    爆発に巻き込まれはしたものの、バスがドルトムントの選手たちの命を救った。選手たちへの精神的な影響は懸念されるが、試合は改めて12日に開催される予定となっている。

    フットボールチャンネル 4/12(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00010022-footballc-socc

    写真



    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/04/12(水) 07:59:07.58 ID:CAP_USER9.net
    11日に起きた爆発事件は、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのチームバスが攻撃の標的だったと、地元警察が発表した。ドイツメディア『DW』が伝えた。

    ドルトムントは同日に行われる予定だったチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのモナコ戦に向けて、スタジアムへ移動していたところ、チームバス付近で3度の爆発が起こった。警察はこの爆発がチームバスを狙ったものかどうかを捜査していた。

    地元警察は、現地時間23時から記者会見を実施し、実際にチームを標的とした攻撃だったと発表した。さらに事件現場では手紙が発見されており、事件に関与するものか信憑性を検証している模様。翌日12日に開催される試合には警官を大幅に増員させるという。

    また、爆発による窓ガラス破損で負傷し、病院に搬送されていたスペイン代表DFマルク・バルトラは、軽傷と見込まれていたが、より深刻な状態だった。クラブ公式ツイッターによると、診断の結果、右手首を骨折し、さらにガラス片が入り込んでいるため、緊急手術を受けているという。

    延期となった試合は、現地時間で翌12日18:45(日本時間25:45/13日午前1:45)に開催される。
    GettyImages-667333662
    SOCCER KING
    https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20170412/575130.html?cx_top=topix
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/12(水) 03:43:03.82 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、11日に行われる予定だったチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグ・モナコ戦の延期を発表した。

    クラブ公式ツイッターによると、チームが宿泊していたホテルを出発する際、チームバス付近で爆発が起きたとのこと。1人負傷した模様だが、選手らは無事だという。試合は翌12日に開催される。

    SOCCER KING 4/12(水) 3:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00575075-soccerk-socc

    写真


    UEFA公式
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    続きを読む

    664:名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/:2017/04/11(火) 06:57:23.59 ID:AU1MTvt90.net
    2017-04-11_08h40_46
    ■香川ら主力3人がCLモナコ戦復帰へ ドルトムント監督、前日会見で「フィットすると確信している」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170411-00010000-soccermzw-socc


    >トゥヘル監督は「ヴァイグルと香川とピスチェクはフィットすると確信している。タフなチャレンジになるが、すでに明日の準備はできているよ」とコメントした。


    ドルトムントでは他にも長期離脱中のドイツ代表MFマルコ・ロイスが全体練習に戻っている。ただし、指揮官は「マルコは昨日練習し、明日もする。その後に、試合に出られるかどうかを判断する」と27歳の天才アタッカー復帰には慎重な姿勢を示している。

    欧州でも屈指の破壊力を備えるモナコ相手の一戦。この試合で失点することは、相手に貴重なアウェーゴールを許すことになるだけに絶対に避けたいところだ。「モナコの強力さを防ぐための練習をするが、我々は自分たちの力を信じ、できるだけ多く点を取るということに集中する」と必勝を誓った。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/10(月) 12:04:39.76 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第28節に行われた“デア・クラシカー”で、ドルトムントがバイエルンに1-4の大敗を喫した。今季最多となる4失点を喫した守備もさることながら、とにかく噛み合わなかったのが前線だ。

    バイエルンのちょうど半分となる計9本のシュートを放ったものの、ピエール=エメリク・オーバメヤンのスピードやクリスチャン・プリシッチのドリブル突破など個人能力頼みになるケースが多く、最後まで厚みのある攻撃は繰り出せなかった。

    ボール支配率に至っては、まさかの29パーセントだった。

    ほとんど成す術がないまま、王者の軍門に降ったドルトムントにとって痛かったのが、二人のキープレーヤーの負傷欠場だった。一人はボールポゼッションの核として機能する司令塔のユリアン・ヴァイグルで、もう一人はバイエルン戦を迎える直前の4試合で崩しの切り札として躍動していた香川真司だ。

    ポゼッション時におけるパスの預け所としても信頼できる両雄を欠いたチームは、まるで中盤をコントロールできず、とりわけ攻撃の連動性を著しく欠いた。セントラルMFとして先発したゴンサロ・カストロと、ラファエル・ゲレイロが69分までにピッチを去ったのは偶然ではない。カストロは内転筋のトラブルによる交代だが、普段より精彩を欠いていたのは事実だ。

    デア・クラシカーの欠場で改めて浮き彫りになった香川の重要性は、スタッツを見ても明らか。7試合ぶりに先発出場した第24節ヘルタ・ベルリン戦からの4試合で、チームトップとなる12本のキーパスを記録し、こちらも最多の3アシストを決めている。

    第27節のハンブルガーSV戦では数多くのチャンスを作り出しただけでなく、1ゴール・1アシストと目に見える結果も残し、ブンデスリーガ公式サイトの第27節MVPに輝いた。攻撃の文字通り牽引車となり、マルコ・ロイスが負傷離脱した穴を補ってあまりある活躍を披露した香川は今夏の退団候補から一転して、主役の座へと返り咲いている。

    香川が“居場所”を取り戻せた理由の一つが、ロイスが第23節のレヴァークーゼン戦で負傷したことだった。直後のチャンピオンズリーグ・ベンフィカ戦ではスタメンから外れたものの、前述のヘルタ戦で“ポスト・ロイス”を任されると、ホームで圧倒的な強さを誇る首都の雄を相手に躍動。

    センターサークル付近で3人の相手を手玉に取るドリブル突破(あるドルトムントファンはメッシのファーストネームを持ち出し「リオネル・カガワ」とも)を披露すれば、DFライン裏を突く秀逸なラストパスも放ち、第16節のアウクスブルク戦以来となる今季2つ目のアシストを記録したのだ。

    このヘルタ・ベルリン戦でトゥヘル監督からの信頼を取り戻すと、3日後のDFBポカール準々決勝に続き、第25節のインゴルシュタット戦でも先発出場。随所にキレのあるパフォーマンスを披露し、ふたたびゴールに絡む仕事もこなしてみせた。

    ウインターブレイク明けでは初となる公式戦3試合連続スタメン出場だっただけに、本人はインゴルシュタット戦後に「連戦続きでとりあえず疲れた」とブログに綴っている。

    >>2以降につづく
    no title
    GOAL 4/10(月) 11:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/08(土) 10:23:55.04 ID:CAP_USER9.net
    8日に行われるブンデスリーガ第28節でバイエルン・ミュンヘンとのアウェーマッチに臨むボルシア・ドルトムントだが、MF香川真司の欠場が決定した。ドイツ紙『ルールナハリヒテン』は、香川は7日にチームに帯同しなかったことを伝えている。

    トゥヘル監督は前日会見で、チームの状態について「ユーレ(ユリアン・ヴァイグル)、シンジ、ルカシュ・ピシュチェクの状態が微妙なんだ」と明かしていたところ。香川については「シンジは時差や長距離移動の影響を感じている。代表戦も含めてたくさんの試合をプレーしていて、筋肉系の問題を抱えているんだ」と説明していた。

    そしてその後、香川がバイエルン戦を欠場する決断が下された模様。またヴァイグルもメンバーに合流しておらず、“デア・クラシカー”ではここ数試合好調のトップ下とともにドイツ代表の若手MFの不在も決定した。

    ドルトムントは11日のチャンピオンズリーグ準々決勝のファーストレグでモナコをホームに迎える。1日のシャルケ戦や4日のハンブルガーSV戦で結果を残し、チームの攻撃で大きな存在感を発揮していただけに、この一戦に向けて順調に回復できることを願いたいところだ。
    2017-04-07_22h22_06
    GOAL 4/8(土) 10:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000001-goal-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/07(金) 20:36:35.67 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督は、日本代表MFの香川真司が8日に行われるブンデスリーガ第28節のバイエルン・ミュンヘン戦を欠場するかもしれないと語った。前日会見で明かしている。

    香川は4日に行われた第27節のハンブルガーSV戦で1ゴール1アシストを記録。攻撃の中心としてドルトムントをけん引し、3?0の勝利に貢献していた。試合後、現地メディアから「ほぼ全ての攻撃に関与した」(キッカー誌)、「日本人のフットボール魔術師との契約延長を考えるべき」(ルールナハリヒテン紙)などと称賛され、「復活」を印象づけた。

    しかし、バイエルン戦の前日会見でトゥヘル監督はチームの状態について「ユーレ(ユーリアン・ヴァイグル)、シンジ、ルカシュ・ピシュチェクの状態が微妙なんだ。マルク・バルトラも厳しいが、この中ではまだ良い方だ。エリック(ドゥルム)、シュー(アンドレ・シュールレ)、マルコ(ロイス)はまだプレーできない」とコメント。香川のコンディションが良くないと明かした。

    さらに「シンジは時差や長距離移動の影響を感じている。代表戦も含めてたくさんの試合をプレーしていて、筋肉系の問題を抱えているんだ」と説明している。

    バイエルンとドルトムントの“デア・クラシカー”は今週末のブンデスリーガにおける最大の注目カードだ。首位を独走するバイエルンにドルトムントがどのように立ち向かうのか、香川がどのようなプレーを見せるのか、注目されていた。しかし、コンディションの問題により、香川の出場に暗雲が立ち込めているようだ。
    2017-04-07_22h22_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000019-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ