海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    NewImage24


    1:風吹けば名無し:2018/03/30(金) 04:29:07.52 ID:/2KKfOLi0.net
    どんなキャリア築いとったんやろな ワールドクラスの選手になるためのチケットはとれたんやけどな ほんまおしかった
    2:風吹けば名無し:2018/03/30(金) 04:31:44.90 ID:4d0koeML0.net
    マタみたいな感じちゃうんか
    3:風吹けば名無し:2018/03/30(金) 04:32:21.42 ID:1DZqJNzid.net
    移籍当初アザールと比較されてたのは草
    続きを読む

    kagawashinji20161123

    591:名無しに人種はない@実況OK :2018/03/30(金) 00:23:21.34 ID:j4i69HmE0.net
    来シーズン、チームのスカッドを大改編する予定の報道を受けて、現地のドルファンがアンケートを実施、
    yellow wallpadで結果がまとめられる
    http://www.tyw.bundesligalounge.com/the-squad-overhaul-what-are-fans-looking-for/
    いくつかの質問の内の1つ
    ・誰に出て行ってもらいたい?

    アンケート結果
    1, Sebastian Rode (604)
    2, Erik Durm (560)
    3, Roman Weidenfeller (530)
    4, Nuri Sahin (456)
    5, Gonzalo Castro (392)
    6, Andre Schürrle (304)
    7, Sokratis (297)
    8, Andriy Yarmolenko (230)
    9, Jeremy Toljan (188)
    10, Dominik Reimann (167)
    11, Marcel Schmelzer (161)
    12, Michy Batshuayi (103)
    13, Mario Götze (72)
    14, Alexander Isak (61)
    15, Ömer Toprak (53)
    16, Dan-Axel Zagadou (46)
    17, Roman Bürki (37)
    18, Raphaël Guerreiro (37)
    19, Sergio Gómez (37)
    20, Julian Weigl (30)
    21, Shinji Kagawa (23)
    22, Lukasz Piczczek (18)
    23, Jadon Sancho (10)
    24, Manuel Akanji (9)
    25, Mahmoud Dahoud (8)
    26, Christian Pulisic (8)
    27, Maximilian Philipp (4)
    28, Marco Reus (2)

    流石です、ロイス様
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/03/29(木) 11:15:59.89 ID:CAP_USER9.net
    3/29(木) 10:22配信
    香川真司にガラタサライ移籍の可能性浮上。長友佑都と共演も? 現地紙が報じる

    日本代表DF長友佑都も所属するトルコ1部のガラタサライが、ドルトムントに所属する29歳の日本代表MF香川真司に興味を示しているようだ。28日にトルコ紙『milligazete』が報じている。

    同紙によると、ガラタサライが夏の移籍市場で香川の獲得を検討しているという。チームを率いるファティ・テリム監督は中盤の複数のポジションでプレーできる香川を戦力として考えているが、日本市場に向けた広告塔としての効果もあると考えているようだ。

    冬の移籍市場でインテルからガラタサライに期限付き移籍した長友はフル出場を続けており、すでに主力に定着している。そのため、ガラタサライで日本人選手に対する評価が高まっているのだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00263087-footballc-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/28(水) 17:10:50.97 ID:CAP_USER9.net
    サッカーロシアW杯を3か月後に控え、各国が本番へ向けた準備となる親善試合2試合を終えた。日本代表はマリと1-1でドロー、ウクライナには1-2で敗れ、不安を増幅させる結果となった。日本と同じグループHの各国は、どんなステップをこなしたのか――。海外メディアが特集している。

    日本はベルギーに遠征しての2試合。メンバー選考までの最後のテストマッチだったが、結果、内容ともに振るわず、印象を残した選手はMF中島翔哉(ポルティモネンセ)ら少数にとどまった。

    では日本と1次リーグで激突する、コロンビア、ポーランド、セネガルの各国はこの2戦をどう戦ったのだろうか。オーストラリア情報メディア「The Advertiser」が特集している。

    まずは初戦を戦うFIFAランク13位のコロンビアだ。

    「フランス戦での3-2勝利は、世界で行なわれている各試合の中で、最も巨大な旋風を巻き起こした。しかし、それで有頂天になってしまったのが見て取れ、オーストラリア戦では何度も決定的なビッグチャンスをフイにし続け、スコアレスドローに終わるフラストレーションも残した」

    本番でもV候補の一角に挙げられるフランスに3-2で勝利。しかし続くオーストラリア戦は0-0に終わった。度重なる決定機を逃し続けたと指摘している。

    コロンビアはV候補フランス相手に番狂わせ、ポーランドは格下ナイジェリアに敗戦

    そして第2戦の相手、FIFAランク6位のポーランド。

    「ポーランドは、52位ナイジェリアに0-1で敗戦したことに納得していることはないだろう。韓国戦でも、2-0とリードした時点で試合を半ば放棄しベストを出し尽くすのをためらった。結果的に追い詰められたが、ピオトル・ジエリンスキが失態から救い出した」

    格下のナイジェリアに敗戦。続く韓国戦でも2点リードを追いつかれたが、後半アディショナルタイムにナポリのMFジエリンスキのゴールで辛くも勝ち切った。しかしこのままドローで終わっていれば“失態”だとしている。

    運命の第3戦で激突するセネガルは同ランク27位。こう言及している。

    「ウズベキスタン戦に続き、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦の淡白な2試合連続引き分けは、ロシアW杯へ突き進むという期待の兆候を示すことはなかった。それでも、リバプールのスター、サディオ・マネは彼らによる最大のビッグネーム。ボスニア戦のみでプレーし、その試合でインパクトを残すには至らなかったが」

    ウズベキスタン戦は1-1、そしてボスニア・ヘルツェゴビナ戦は0-0に終わった。ボスニア戦については、セネガル最大のタレント、FWマネを中心にチャンスを作ったが、得点は奪えなかったとしている。

    日本に希望はあるのか?「彼らに残された希望は、シンジ・カガワだ」

    そして最後に日本についてだ。

    「マリ戦のドロー、ウクライナ戦の敗戦。W杯が間近に迫る上で、どちらの試合も自信が一切みなぎっていなかった。彼らに残された希望は、これらの試合に出場していない、シンジ・カガワだ」

    こうバッサリと評価を下し、本番へ向けては今回けがのため招集されていない香川に託すしかない状況だと、厳しい視線を送っている。

    各国ともに課題は決して少なくなかったこの2試合。6月の本番までに、どう仕上げ、またどう立て直すのか――。残された時間は多くはない。

    3/28(水) 16:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00020822-theanswer-socc

    写真

    続きを読む

    15d85522-s


    1:Egg ★:2018/03/28(水) 00:19:43.09 ID:CAP_USER9.net
    昨年11月の欧州遠征も2試合観戦 計4試合連続で現地へ
     
    バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、ベルギーのリエージュでウクライナと国際親善試合を実施。2017年10月を最後に、代表から遠ざかっているMF香川真司(ドルトムント)が23日のマリ戦(1-1)に続いて現地で観戦した。

    香川は2月のリーグ戦で足首を負傷して長期離脱中。3月シリーズの招集メンバーからも落選した。5カ月以上代表から離れるなか、23日のマリ戦に続き、ウクライナ戦の会場にも姿を現した。

    香川は昨年の11月シリーズ(ブラジル戦、ベルギー戦)でも、ドルトムントからフランスのリール(約350キロ)、ベルギーのブルージュ(約270キロ)へ現地観戦。欧州遠征は4試合連続で会場を訪れたことになる。

    3/27(火) 22:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00010024-soccermzw-socc

    続きを読む

    2018-03-26_21h23_15
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/03/26(月) 13:00:46.24 ID:CAP_USER9.net
    3/26(月) 12:20配信
    香川真司の名前も…仏メディアが「過去5年間のマンチェスター・U最悪の8選手」を特集

    フランスメディア『EUROSPORT』が、「過去5年間のマンチェスター・ユナイテッド最悪の8選手」を特集。2シーズンに渡ってプレーした香川真司も、不名誉な特集に選出されている。

    マンチェスター・Uは、過去5年間を通じて選手獲得におよそ6億1200万ポンド(約908億円)を費やしてきた。しかし、その間プレミアリーグでの順位は7位、4位、5位、6位、そして今季は首位のマンチェスター・シティに16ポイント差をつけられての2位と、タイトルレースに参加できていない。

    さらに、ここ数シーズンは高額な移籍金で獲得した選手をすぐに放出する悪循環にも陥っており、2016年にクラブ史上最高額の8900万ポンドで獲得したMFポール・ポグバも今季終了後にクラブを離れるのではないかと噂されている。

    そんな中『EUROSPORT』は、「過去5年間のマンチェスター・U最悪の8選手」を選出。2012-13シーズンに加入した香川は、2013-14シーズンに指揮を取ったデイヴィッド・モイーズ監督の「犠牲者」になったとしている。

    「恐らく、カガワはモイーズとエド・ウッドワード(CEO)の最初の犠牲者だろう。アレックス・ファーガソンは、カガワとロビン・ファン・ペルシーを、(ウェイン)ルーニーの代わりに据えようとした」

    「唯一の問題は、カガワのケガがスムーズに溶け込むのを妨げ、ゴールが奪えなかったことだった。それでも、彼はファーガソンがルーニーを移籍させるのには十分な可能性を示していたが、モイーズとウッドワードが元イングランド代表FWをクラブに留める決断を下した」

    その他、2014年に7500万ユーロと言われる移籍金で加入した現パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアや、現在も所属するMFマルアン・フェライニらが不名誉な特集に選出されている。

    以下、『EUROSPORT』が選出した「過去5年間のマンチェスター・U最悪の8選手」と現在の所属クラブ。

    マルアン・フェライニ(マンチェスター・U)
    香川真司(ドルトムント)
    ラダメル・ファルカオ(モナコ)
    アンヘル・ディ・マリア(PSG)
    バスティアン・シュバインシュタイガー(シカゴ・ファイヤー)
    ウェイン・ルーニー(エヴァートン)
    ヘンリフ・ムヒタリャン(アーセナル)
    ルーク・ショー(マンチェスター・U)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000006-goal-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/03/24(土) 07:31:18.57 ID:CAP_USER9.net
    2018.3.24 05:01
    後半、試合を観戦する香川真司 =スタッド・モーリス・デュフラン(撮影・中井誠)  国際親善試合(23日、日本1-1マリ、ベルギー・リエージュ)けがでメンバー入りを逃したMF香川(ドルトムント)がスタンドで観戦した。ハリルホジッチ監督も「シンジ(香川)にいて欲しかった」と悔やんでいただけに、その目で日本の現状を知りたかったようだ。指揮官は試合後、フランス-コロンビア視察のため、陸路パリへと移動した。

    http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20180324/jpn18032405010012-s.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ