海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:香川真司

    1:Egg ★:2017/12/22(金) 18:10:13.41 ID:CAP_USER9.net
    現地時間20日にドイツ杯(DFBポカール)3回戦の試合が行われ、ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンと対戦し1-2の敗戦を喫した。この試合でドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はフル出場を果たし、アンドリー・ヤルモレンコの得点をアシストしている。

    9日のブレーメン戦でアシストを記録すると、続くマインツ戦ではゴールを決めた。そしてホッフェンハイム戦では2アシスト。今回のバイエルン戦でもアシストを記録するなど最近4試合で1得点4アシスト。4試合連続で得点に絡む活躍を見せている。

    これに関して香川は「どっちかって言うと個人的には2017年はクラブにおいて非常に充実したものを残せた」と語った。一方で「代表においては、やっぱりまだ物足りなさであったりっていうのは、結果としては感じる」ともコメントし、クラブでは結果を残すものの代表では結果を残せていないとの見解を示している。

    ロシアW杯に向けては「大事なのはW杯。楽観的な状況ではないので、やはり非常に厳しい戦いですし、非常にチームとしても課題っていうのを感じるので。すごく危機感を持たないと。この半年をどう過ごすかっていう意味では、代表の試合も限られているのでね。そこはすごく意識しないと。

    より意識しないといけない。ただやっているようじゃ、たぶん痛い目にあう。厳しい戦いになるので、チームとして明確なものも含めて見出していけるように。もちろん選手はやりますし、協会も含めてやっていかないと厳しくなると思いますね」と語った。

    (取材:本田千尋【ドルトムント】、文・構成:編集部)

    写真



    12/21(木) 9:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00247958-footballc-socc

    香川真司が帰国…「集大成」のロシアW杯出場へ「さらに結果を追い求めていく」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00688105-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/21(木) 06:32:18.78 ID:CAP_USER9.net
    DFBポカール3回戦が現地時間12月20日に行われ、ドルトムントに所属する日本代表MFの香川真司がバイエルン・ミュンヘン戦でアシストを記録した。

    先発出場した香川は、0-2とビハインドで迎えた76分、左のエリア付近でボールを受けると切り返しからふわりとしたクロスをファーサイドに供給。これをヤルモレンコが頭で決めている。

    なお、このアシストは香川にとって大会2つ目となっている。


    12/21(木) 6:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000029-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/17(日) 13:07:11.88 ID:CAP_USER9.net
    日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で韓国代表と対戦し、1-4と屈辱的な敗戦を喫した。同日、ドイツでリーグ戦を戦ったボルシア・ドルトムントのMF香川真司が、代表について語っている

    結果はチェックしたが「映像は見ていない」という香川。1-4という結果については「海外組がいたらっていう問題でもない気がする。国内組にも良い選手が多いので、それを海外組だけで、という問題でもないですし」と語り、メンバーがそろっているかどうかの問題ではないとの見解を示した。

    さらに香川は「チームとしての課題が出ているんじゃないかな」と指摘。「この試合に限らず、ヨーロッパ遠征もそうだし。代表として、選手としてじゃなく、チームとして、選手を代えればいいって話じゃないので。サッカーという意味でもっと構築していかないと。選手うんぬんじゃないかと」と語っている。

    そのうえで、「危機感しかない。このままじゃ厳しい戦いになるのは間違いないので。はい、やるだけだと思います」と改めて気を引き締めた。

    (取材:本田千尋【ドルトムント】、文・構成:編集部)
    20171217_kagawa2_getty-560x373
    12/17(日) 9:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171217-00247314-footballc-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/17(日) 04:31:18.65 ID:CAP_USER9.net
    12/17(日) 4:29配信
    先発フル出場の香川がPKゲット&逆転弾演出! ドルトムント、監督交代後2連勝

    ブンデスリーガ第17節が16日に行われ、ドルトムントとホッフェンハイムが対戦した。

    21分、右サイドを駆け上がったパベル・カデジャーベクが抜け出すと、折り返しをマルク・ウートが押し込んで、アウェイのホッフェンハイムが先制する。前半はホッフェンハイムの1点リードで折り返す。

    後半に入り63分、エリア内で香川真司が倒されて、ドルトムントがPKを獲得する。ピエール・エメリク・オーバメヤンがしっかりと決めて、ドルトムントが同点に追いつく。試合終了間際の89分には香川のスルーパスにクリスティアン・プリシッチが反応。シュートは一度GKに阻まれたが、こぼれ球を自ら押し込んでドルトムントが勝ち越しに成功した。

    試合は2-1で終了し、ドルトムントが監督交代後2連勝を飾った。香川は先発フル出場を果たし、2得点に絡む活躍を見せている。

    【スコア】
    ドルトムント 2-1 ホッフェンハイム

    【得点者】
    0-1 21分 マルク・ウート(ホッフェンハイム)
    1-1 63分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK/ドルトムント)
    2-1 89分 クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00685533-soccerk-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/14(木) 22:50:27.54 ID:CAP_USER9.net
    3人がそれぞれの所属クラブでクオリティーの高さを示す
     
    11月の欧州遠征に臨んだ日本代表から予想外のメンバー落ちを経験した“ビッグ3”のFW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、MF香川真司(ドルトムント)。3人がそれぞれに所属クラブで実力を示し、復権をアピールしている。

    メキシコのパチューカでプレーする本田は、ゴラッソを連発。ここまで国内での公式戦では16試合6得点を決めて中心選手として君臨している。そして、本田擁するパチューカはUAEで開催されているFIFAクラブワールドカップにも出場し、「背番号02」を背負うレフティーはアフリカ王者のウィダード・カサブランカ(モロッコ)と南米王者グレミオ(ブラジル)相手に連続スタメン出場した。

    得点こそ奪えなかったものの、本田自身も「記憶にない」と振り返った中2日での2試合連続延長120分をフル出場。0-1で敗れた現地時間12日の準決勝グレミオ戦でも、FIFA公式サイトで「影響力は輝き続けた」と絶賛されるほどのクオリティーを示した。

    日本代表歴代3位の50得点という記録を持つレスターの岡崎も、点取り屋としての意地を見せた。

    リーグ戦で7試合ゴールから遠ざかっていたストライカーは、現地時間13日のサウサンプトン戦で3試合ぶりのスタメン出場を果たすと、前半32分と後半24分にネットを揺らして2ゴール。クロード・ピュエル監督からも「違いを作り出した」選手として名指しで絶賛された。

    「本来のパフォーマンス」で代表復帰なるか
     
    危機的状況のチームを救うべく結果を出したのが、ドルトムントの香川だ。ペーター・ボス前監督が解任され、ペーター・シュテーガー監督体制の初陣となる現地時間12日のマインツ戦(2-0)で、2試合連続の先発出場。

    FKのキッカーとして先制点の起点になり、試合終了間際の後半44分にはFWピエール=エメリク・オーバメヤンのアシストを受けて9試合ぶりの得点をゲット。8試合連続勝利なし(3分5敗)という泥沼にはまっていたチームに9月30日のアウクスブルク戦(2-1)以来、約2カ月半ぶりとなる勝利をもたらした。

    公式戦4得点目を決めた香川。チームが低迷するなかで香川がゴールを決めれば全勝という記録は継続し、チームに勢いをもたらす存在となっている。

    日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督は、3人をメンバー外とした10月31日の代表発表記者会見で、「挙げた名前の選手たち(本田、岡崎、香川)は、前回の合宿であまり評価をしていない。
    彼ら本来のパフォーマンスを見せるべきだと。他の選手より良いパフォーマンスを見せてくれれば、ここにいるはず」と手厳しい評価を下し、チーム内での競争を促していた。

    渦中の3人は、まさに三者三様で確かな結果を残した。このパフォーマンスを維持し、再び日本代表メンバーに返り咲くことはできるだろうか。

    12/14(木) 22:10配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00010020-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/13(水) 20:03:13.36 ID:CAP_USER9.net
    現地時間12日ブンデスリーガ第16節が行われボルシア・ドルトムントはアウェイでマインツと対戦し2-0で勝利した。

    この試合でドルトムントの日本代表MF香川真司はフル出場を果たし、先制点の起点となるFK及び89分には今季3ゴール目を挙げるなど全得点に絡む活躍を見せた。このパフォーマンスに複数の独メディアが高評価を与えている。

    『ルールナハリヒテン』では香川をチーム最高評価となる「2,5」と採点し「豊富な運動量で常にボールに絡んでいた。78分のシュートは決めなければならなかったが、終了間際のチャンスはしっかり決めた」と寸評している。

    また『sportbuzzer』は評点のみの掲載だがチームトップタイの「2」を香川に与えた。

    『WAZ』は「この日本人は攻撃陣で最も目立った選手だった。チャンスを演出するだけでなく89分には試合を決めるゴールを決めた。79分のシュートチャンスを決める事と味方選手のコンビネーションをもっと深めるなどの改善点はある」とこの日の香川のプレーを分析し平均点の「3」と評価した。

    (ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分けて表され、数字が小さいほど評価が高いことを意味する)

    12/13(水) 9:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00246526-footballc-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/13(水) 06:31:32.01 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第16節が12日に行われ、香川真司が所属するドルトムントはマインツと対戦した。

    先発した香川はFKから1点目の起点になると、89分にピエール・エメリク・オーバメヤンとのコンビネーションから2人で相手守備陣を崩してチーム2点目をゲット。香川のリーグ戦3点目でリードを広げた。

    試合はそのまま2-0で終了。ドルトムントはペーター・シュテーガー監督体制初戦で勝利を飾り、第7節以来の勝ち点3を手にした。

    12/13(水) 6:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00683688-soccerk-socc

    写真
    2017-12-13_07h07_09

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/10(日) 20:36:16.27 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントは10日、ピーター・ボス監督(54)の解任を発表した。後任にケルンの監督を解任されたばかりのペーター・シュテーガー氏が就任する。

    ヨーロッパリーグ(EL)準優勝のアヤックスでの手腕が評価され、今季からドルトムントの指揮官に就任したボス監督。ブンデスリーガでは開幕7戦無敗(6勝1分)で首位につけていたが、第8節ライプツィヒに今季初黒星を喫すると、9日のブレーメン戦も1-2で落とし、泥沼の8戦未勝利(3分5敗)。この結果、首位バイエルンと勝ち点13差となってしまった。

    さらにUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)では、レアル・マドリー(スペイン)、トッテナム(イングランド)という強豪クラブと同居したものの、4敗2分の白星なしでグループリーグ終え、3位でヨーロッパリーグにまわることとなった。

    低迷するドルトムントの再建を任されたのは、今月3日にケルンを解任されたばかりのシュテーガー氏だ。これまでオーストリア・ウィーンなどを指揮し、2013年夏に当時2部だったケルンの監督に就任すると、翌シーズンに1部昇格を成し遂げ、今季でクラブ史上最長となる5季目の指揮を執っていた。

    12/10(日) 20:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-01647437-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:動物園φ ★ :2017/12/10(日) 01:26:19.27 ID:CAP_USER9.net
    2017年12月10日(Sun)1時24分配信
    dort_getty-1-560x373
    ドルトムントに所属する香川真司【写真:Getty Images】

    【ドルトムント 1-2 ブレーメン ブンデスリーガ第15節】

    現地時間9日にブンデスリーガ第15節の試合が行われ、ドルトムントはホームにブレーメンを迎えて対戦。

    ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は先発出場を果たした。試合開始して26分、マックス・クルーゼからパスを受けたマキシミリアン・エッゲシュタインがドリブルで仕掛けて自らシュートを放つ。これがゴールネットに突き刺さりブレーメンが先制した。

    それでも57分、マルセル・シュメルツァーがDF裏に浮き玉のパスを送ると、香川がヘディングでゴール前に折り返してピエール・エメリク・オーバメヤンが体で押し込みドルトムントが同点に追いつく。しかし65分、コーナーキックからテオドル・ゲブレ・セラシェにヘディングシュートを叩き込まれ再び勝ち越しを許してしまう。

    72分には香川に決定機が訪れたが、シュートはゴール前で転んでいたオーバメヤンの背中に当たり得点ならず。結局、ブレーメンに1-2で敗れたドルトムントは泥沼のリーグ8戦未勝利となった。

    【得点者】
    26分 0-1 エッゲシュタイン(ブレーメン)
    57分 1-1 オーバメヤン(ドルトムント)
    65分 1-2 セラシェ(ブレーメン)

    https://www.footballchannel.jp/2017/12/10/post245662/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ