海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:高校サッカー

    1: Egg ★ 2019/01/12(土) 08:11:51.59
    【高校サッカー平成30年間「最強校」独自ランキングはこちら!】
    https://dot.asahi.com/photogallery/archives/2019011000061.html

     多くのJリーガー、ワールドカップ日本代表を生んだ全国高校サッカー選手権大会。平成の30年間(平成期に準決勝、決勝が行われた1988年度から2017年度)で、最強の高校はどこだろうか。優勝に4点、準優勝に3点、ベスト4の2校には2点をつけて集計してみた。

     1位国見高校(長崎)は、通算23回出場6回優勝を誇る。2006年度まで21年連続で出場していた。同校の指揮をとったのは小嶺忠敏氏で、高校サッカー界では名将の名をほしいままにした。国見が全国制覇したときのOBには、大久保嘉人、三浦淳宏(現・淳寛)、平山相太など日本代表経験者がいる。小嶺氏は国見高校校長までつとめた。だが2010年度を最後に、その後全国大会に出場していない。2018年度の今大会、長崎からは長崎総合科学大学附属高校が3年連続6回目の出場をしている。同校を率いるのが、国見を定年退職した小嶺氏だ。

     2位市立船橋高校(千葉)も今大会には出場していない。通算21回出場5回優勝の成績は、公立高校としてはトップクラスだ。優勝はすべて平成期に果たしている(1994、1996、1999、2002、2011年度)。OBの元日本代表・北嶋秀朗は、1994、1996年度の優勝チームのメンバー。1996年度の決勝では中村俊輔がいた桐光学園高校を破っている。北嶋は高校選手権大会通算16得点をあげたが、これは当時の通算最多得点数だった。

    3位鹿児島実業高校(鹿児島)は通算23回出場2回優勝。今大会には出場していない。OBには元日本代表がズラリとそろう。前園真聖、城彰二、平瀬智行、遠藤保仁、松井大輔など。「カジツ」の愛称で親しまれている。平成後期、鹿児島城西高校や神村学園高校に押され、県代表を逃している。

     4位前橋育英高校(群馬)は今大会に出場した。通算で5年連続22回目となる。2014、2016年度に準優勝、2017年度には初めて優勝した。今大会はJリーグ内定者2人の選手を擁して臨んだ。OBに元日本代表の山口素弘、松田直樹などがいる。

     5位東福岡高校(福岡)も今大会に出場し、通算で6年連続20回目だ。優勝はいずれも平成になってからで、3回果たした(1997、1998、2015年度)。現在、300人以上の部員をかかえており、Jリーグ内定選手、U-17とU-16の日本代表がいる。毎年、高校ラグビー、高校バレーボールとアベック、トリプル日本一をねらえる強豪校だ。OBに日本代表の長友佑都がいる。

     6位帝京高校(東京)は、通算で33回出場、高校選手権6回、高校総体3回と合わせて9度、日本一になっており、現在の黄色のユニホームの胸には9つの星が刻まれている。ブラジル代表を思わせる「カナリア軍団」と称され、常勝チームの感があった。しかし、平成の優勝は1991年度(四日市中央工業高校[三重]と両校優勝)の1回だけで、その後、2008年度を最後に全国大会から遠ざかっている。今大会は東京B予選決勝まで進んだが、駒澤大学高校に負けた。OBの元日本代表には田中達也、中田浩二、本田泰人など。「とんねるず」の木梨憲武は同校サッカー部OBだ。

     同じく6位の星稜高校(石川)は今大会で通算2年連続28回目となる。2013年度の決勝戦は星稜高校対富山第一高校(富山)の北陸決戦だったが、延長戦で敗れて準優勝だった。2014年度には前橋育英高校を下して初優勝している。OBには元日本代表の本田圭佑がいる。

     8位青森山田高校(青森)は今大会で22年連続24回目。これまでの出場校のなかで連続出場記録回数はもっとも多い。2016年度に初優勝。今大会ではJリーグ内定の2選手の活躍などによってベスト4に進んだ(1月11日現在)。ロングスローから鮮やかにゴールを決めるのが大きな特徴だ。OBの日本代表、柴崎岳は2009年度準優勝時のメンバーで、2018年ワールドカップでは全試合先発出場を果たしている。

     9位流通経済大柏高校(千葉)も今大会に出場。2年連続6回目となる。2001年に本田裕一郎監督が就任してからめきめき力をつけ、平成期デビューの強豪校となった。初出場は2005年度で、2007年度に優勝している。近年は千葉代表の座をめぐって市立船橋高校と死闘を繰り返している。前回大会は準優勝だったので、今回、全国制覇にかける思いは強い。ベスト4まで進んでいる(1月11日現在)。

     10位滝川第二高校(兵庫)は今回出場していない。通算では20回出場で、2010年度に優勝している。今大会は準決勝で県立西宮高校に敗れた。OBの日本代表経験者には岡崎慎司、加地亮、波戸康広、金崎夢生など。
    2019-01-12_11h26_53
    1/12(土) 7:00配信 アエラ 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00000060-sasahi-socc

    続きを読む

    soc97

    1: 風吹けば名無し 2019/01/03(木) 18:56:49.03
    3回戦

    前橋育英(群馬) 1-2 尚志(福島)
    帝京長岡(新潟) 2-1 長崎総科大附(長崎)
    青森山田(青森) 3-0 大津(熊本)
    立正大淞南(島根) 0-1 矢板中央(栃木)
    瀬戸内(広島) 2-1 岡山学芸館(岡山)
    丸岡(福井) 2-3 日本航空(山梨)
    龍谷(佐賀) 1-1(PK:2-4) 秋田商業(秋田) ←←←
    星稜(石川) 0-1 流通経済大柏(千葉)

    ベスト8入り

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/02(水) 21:00:46.67 _USER9
    <全国高校サッカー選手権:帝京長岡2(17PK16)2旭川実>◇2回戦◇2日◇埼玉・NACK5

    3大会連続7度目出場の北海道代表、旭川実は19人目まで進んだ大会記録となる壮絶なPK戦の末に敗れ、12年度以来の16強入りはならなかった。

    1-2の後半29分、途中出場のFW金野修那(3年)のゴールで同点に追い付きPK戦に突入。11人目のGKでも決着がつかず2周目を回った。最後は19人目の後攻、MF藤本詠稀(3年)が左に蹴りこんだが相手GKに阻まれた。

    イレブンはPK戦の前に「楽しもう」と声を掛け合って入った。そのきっかけを作ったのが藤本だった。

    昨年も主力だった藤本にDF西川知広主将(3年)は「お前がいたからここまで来ることができた」と声をかけた。藤本は「決めてやるという気持ちだった」。涙が止まらず、仲間に支えられて会場を後にした。

    [2019年1月2日18時8分] 日刊スポーツ
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/201901020000254.html

    写真
    2019-01-02_21h45_39

    過去の記録は次の通り。

    ◆選手権のPK戦 帝京長岡-旭川実は19人ずつ蹴り合いスコアは17-16。15人ずつ蹴り合った86年度準々決勝の室蘭大谷(現北海道大谷室蘭)-宇都宮学園の15-14を上回る新記録となった。

    選手権の予選では21-20という記録があり、10年度の福岡県大会決勝で九州国際大付が東福岡と22人ずつ、のべ44人が蹴り、決着は2巡目のGK対決だった。

    ちなみに、98年までPK戦が行われていたJリーグでは、95年3月29日の浦和-名古屋(各14人)の10-9が最多記録。

    1/2(水) 20:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00434754-nksports-socc

    日本テレビ
    http://www.ntv.co.jp/soc/soc97/movie/final/

    続きを読む

    soc97

    1: 風吹けば名無し 2019/01/01(火) 08:30:56.21
    もっと盛り上がってええやろ

    2: 風吹けば名無し 2019/01/01(火) 08:31:55.37
    上手いのはユースやし

    6: 風吹けば名無し 2019/01/01(火) 08:34:07.69
    そりゃユース入れなかった連中の部活だし
    ユースがここまでになる20年くらい前はそこそこ盛り上がってたで

    8: 風吹けば名無し 2019/01/01(火) 08:34:53.60
    でもトップクラスになる選手はユース入れてなかったりするんだよね

    続きを読む

    soc97

    1: 風吹けば名無し 2018/12/31(月) 18:22:58.61
    第97回全国高校サッカー選手権大会
    《出場校部員数》

    ①東福岡 305人
    ②駒澤大高 240人
    ③国士舘 180人
    ④青森山田 171人
    ⑤矢板中央 163人
    ⑥大津 160人
    ⑦長崎総科大付 155人
    ⑧仙台育英 150人
    ⑨富山第一 145人
    ⑩前橋育英 144人

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/30(日) 18:08:57.21 _USER9
    第97回全国高校サッカー選手権が30日に開幕。駒大高(東京B)と那覇西(沖縄)の開幕戦が日本テレビで午後2時から中継されたが、1―1で突入したPK戦の途中で放送が終わる“ハプニング”が起こった。

    試合は前半36分に駒大高が原田のゴールで先制。後半に那覇西が宮国のゴールで同点に追いつき、PK戦へ。駒大高の1人目が失敗、那覇西の3人目が外して迎えた那覇西の5人目の場面で中継が終わった。

    その後は両チーム11人目までもつれ込み、駒大高GK宮崎のシュートを那覇西GK新垣がセーブ。最後は那覇西のGK新垣が決めて10―9で那覇西が勝利を飾った。

    日テレオンデマンドでは開幕戦を最後までライブ配信していたが、盛り上がるPK戦途中での地上波放送終了に、ネットでは「こんないい場面で放送終わるって…」「えー!どっちが勝ったの?」「凄いタイミングで終わって、怒りを通り越して笑ってしまった」などの反響があった。

    12/30(日) 16:25配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000105-spnannex-socc

    写真
    no title


    動画 日テレオンデマンド
    https://vod.ntv.co.jp/f/program/soc/
    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683
    1: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 00:51:26.37
    何年経っても無理

    3: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 00:52:00.17
    振り向くなよやろ

    4: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 00:52:37.97
    全然違うやんけ

    5: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 00:52:41.91
    チームメイトから嫌われてるのかな?

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/22(月) 17:48:20.53 ID:CAP_USER9.net
    第97回全国高校サッカー選手権予選のある試合が、ネット上で話題になっている。

    問題となっている試合は、今月20日に行われた福岡予選第2回戦。高校年代最高峰の「U-18プレミアリーグWEST」に所属する東福岡高校と、飯塚高校の試合。結果はPK戦で東福岡が2-0として勝利した。

    しかし、試合後、あるツイッターユーザーが「これはやばい」として、一本の動画をアップ。その動画には、コーナーで飯塚高校の選手がボールをキープして時間稼ぎしていたところ、東福岡高校の選手がその選手の腕を持って足を踏みつぶし、2人がかりで背中を強く押し転倒させたシーンが映されていた。

    これについて、ネット上からは批判が殺到。「悪質過ぎる」「どう見ても故意に足踏んでる…ひどい」「何やってもいいと思ってるの?サッカーを侮辱してる」という声が続出し、さらには、「日大の殺人タックル思い出した」「日大タックル事件並にひどいな」という、日本大学アメリカンフットボール部騒動を彷彿させるという指摘まで出ている。

    「今年5月に行われたアメフト日大と関西学院大学の定期戦で、日大の選手が関学大の選手に激しくタックルし、全治3週間のけがをしたことに始まった日大アメフト部騒動。

    怪我をさせるためだけのあまりにも悪質な行為だとして大きな問題となり、指導者と選手の歪んだ関係も浮き彫りにしました。

    今回も東福岡の選手が相手選手の足を強く踏みつぶしているように見え、相手の選手生命を脅かしかねないプレーをしていることは明らか。

    強豪校でこのようなプレーが指導されていたとしたら、日大アメフト部問題のようにことが大きくなる可能性も充分あります」(スポーツライター)

    しかし、一方では「高校サッカーじゃこういうプレーは割とあるある」「東福岡を叩いてる人ってサッカーについてあんまり知らないんじゃないの?」

    「確かにモラル違反かもしれないけどこのくらい強引じゃなきゃプロにはなれないよ」というサッカーファンからの擁護の声もあり、ネット上で議論が行われているような状態となっている。

    果たして騒動はここから波紋を広げていくのだろうか。今後も注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1545989/
    2018.10.22 12:25 リアルライブ



    東福岡 足を踏みつける危険なプレー 【サッカー】




    higashifukuoka3

    続きを読む

    pixta_18259448_XL-2

    1:ひかり ★:2018/10/06(土) 01:37:41.46 ID:CAP_USER9.net
    須磨学園高校(神戸市須磨区)は5日、サッカーの公式戦の試合中に、2年の男子部員(16)が対戦相手の神港学園高校(同市中央区)の選手に顔を蹴られ前歯2本を折る重傷を負ったと発表した。須磨学園側は、兵庫県警神戸北署に傷害容疑で被害届を提出し、受理された。神港学園側は「故意ではなかった」と主張している。

    須磨側によると、両校は市サッカー協会主催の試合で9月29日に市内のグラウンドで対戦。けがをした男子部員は、プレー中に神港学園の選手に押し倒され足で顔を蹴られたという。保護者が動画を撮影しており、須磨側は「故意にけがをさせた」としている。

    一方、神港学園の増尾礼二校長は産経新聞の取材に「(神港学園の)生徒は一貫して故意ではないと言っている」と主張。5日に同市内で会見した須磨学園の西和彦学園長は「神港学園の対応はあまりに無責任で被害届もやむを得ない」と強調した。

    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000633-san-soci
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/06(火) 16:17:09.49 ID:CAP_USER9.net
    「日本では義務と趣味のバランスが悪いのかもしれない。この子たちは、練習が休みだと言ったら全員喜ぶよ」

    Jリーグの横浜フリューゲルスや浦和レッズなどの監督を務めたゲルト・エンゲルスの指導の原点は、地方のクラブチームや高体連だった。

    兵庫・滝川二高のコーチに就任すると、いくつかの矛盾点を見つけた。確かに高校はグラウンドがあって、毎日同じ場所で練習が出来る。1990年代初頭、まだサッカー中継が滅多にない日本で、全国高校選手権が生中継され大観衆を集めているのも驚きだった。

    一方で100人近いサッカー部員は、毎日長時間の練習を続けているのに、大多数が公式戦を経験せずに卒業し、そこでサッカーを辞めてしまう。そしてエンゲルスが何より疑問を感じたのは、サッカー部の活動がすべて上意下達で進められていることだった。

    「先生から生徒、上級生から下級生、まるで義務教育で学校へ通うようにサッカーをする。だから卒業すれば義務(サッカー)も終わってしまうんだ」

    エンゲルスが率先して生徒たちに伝えようとしたのは、サッカーを楽しむことだった。全体を小人数ごとにグループ分けをすると、積極的にミニゲームを行い、クラブ内のミニ大会なども実施。集中して楽しめる環境作りに尽力した。

    「たぶん生徒たちは、明日の練習が休みだと言ったら大喜びする。でもドイツの子供たちは、今日はサッカーが出来ないなんて言われたら、みんながっかりして落ち込むよ。もしかすると日本は義務と趣味のバランスが悪いのかもしれない」

    サッカーを義務と感じたら「先生がいなくなった途端に辞めちゃう」

    実際にエンゲルスが、翌日練習がオフだと告げると、生徒たちから一斉に大歓声が沸き上がった。

    「プロになれる選手なんて全体の1%。残りの99%の子供たちにとって、一番大切なのはサッカーを楽しむことじゃないか。僕はみんなに、サッカーを生涯の遊びにして欲しかった。そうすれば彼らの子供たちもサッカーを楽しむ。そういう種を蒔いていかなければ、サッカーは広まっていかない。サッカーを義務だと感じていたんじゃ、先生がいなくなった途端に辞めちゃうよ」

    さらにエンゲルスは熱弁を続けた。

    「トレーニングをして試合に勝つのも結果だけど、サッカーを好きになってもらうのも大切な結果だよ。僕は80人の部員全員を、しっかりと見たかった。プロになれる可能性のある子と同じように他の子も助けたかった」

    結果的にサッカーを楽しんだ滝川二高からはその後、波戸康広(元横浜F・マリノスほか)や加地亮(元ガンバ大阪ほか)、岡崎慎司(レスター)、金崎夢生(鹿島アントラーズ)ら次々にプロの選手も育っていった。

    加部究
    1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭(小学館文庫)など著書多数。

    2/6(火) 15:53配信 ザ・アンサー
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00016911-theanswer-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ