海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:鹿島アントラーズ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/10(日) 05:43:24.98
    いばらきサッカーフェスティバル 鹿島1-0水戸 ( 2019年2月9日 カシマスタジアム )

    鹿島は9日、開幕前恒例の水戸とのプレシーズンマッチ、いばらきサッカーフェスティバル2019を本拠地で行い、1―0で勝利した。MF中村充孝(28)のゴールで先制した後、後半26分に、流通経大柏高から加入したDF関川郁万(18)が途中出場した。

    プロになって初めてプレーするカシマスタジアムで、上々のデビューを飾った気温3度のカシマスタジアムに何度も「関川」のコールが熱く響いた。後半26分から4000人のサポーターの前で本拠地デビュー。高校選手権の活躍で脚光を浴びたルーキーは「15分間くらいでしたけど、自分にとって特別な時間だった。紅白戦や選手権、そういう90分間に値する以上の時間だった」と笑顔で振り返った。

    昨季で引退した小笠原氏も観戦した一戦。町田に代わり左センターバック(CB)に入り、落ち着いた守備を見せた。約20分間で約20回のボールタッチ。終了間際にはサイドを高速で駆け上がる相手に並走してボールを奪いきる好プレーもあった。「あんまり緊張しなかった。(得意な)ヘディングはなかったけど、最後は1対1で勝てていい形で終われた。細かいミスはたくさんあったけど、まず守備面でうまく対応できたのは良かった」とうなずいた。

    及第点以上の内容にも、新主将のDF内田からは早速、課題を突きつけられた。1メートル82はCBとしては小柄で、「背が低い分、頭でプレーしないといけない。いくらジャンプ力があるといっても、(海外には)1メートル90のカメルーン人がいたけど、俺より高く跳んで、速く走る」とピシャリ。成長を見込むからこそ、油断しないための“愛のムチ”。公式戦デビューへ、まい進する18歳は「鹿島の一員として認められるよう、もっとアピールして信頼を得たい」と力を込めた。

    ◆関川 郁万(せきがわ・いくま)2000年(平12)9月13日生まれ、東京都八王子市出身の18歳。狭間FC―FC多摩―流通経大柏。空中戦に強く、高校では1年から主力としてプレー。2年時に全国総体優勝。2、3年時に全国選手権準優勝。好きな選手はスペイン代表DFのセルヒオラモス。1メートル82、72キロ。家族は父、母、兄、姉。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/02/10/kiji/20190209s00002000535000c.html
    2019年2月10日 05:30

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/15(火) 13:12:19.41
    完璧なシナリオだった。前半40分を迎えるまでは……。

    青森山田(青森)と流通経済大柏(千葉)が対戦した第97回全国高校サッカー選手権大会決勝。前年のリベンジへ、流通経済大柏は理想的な立ち上がりを迎えた。

    試合開始直後から青森山田のプレスを掻い潜りアタッキングサードに侵入。サイドを中心にチャンスを作ると32分、コーナーキックから関川郁万がヘディング弾をお見舞いし、待望の先制点を手にした。

    しかし、40分に青森山田・檀崎竜孔のゴールで同点とされると、63分には再び壇崎にゴールを許し逆転された。終了間際の88分には小松慧(青森山田)のダメ押し点で万事休す。流通経済大柏は2大会連続準優勝で大会を終えた。

    お家芸の“堅守”は健在だった。初戦となった2回戦で徳島市立(徳島)に1失点して以降、3試合連続でクリーンシートを記録。瀬戸内(広島)との準決勝は前半から得点を重ねると、5つの交代枠をフルに使って主力を温存。来る決勝戦を万全の状態で迎えた。

    上述の通り、関川のゴールで先制するまでは完璧だった。あとはこれまでと同じように、鉄壁の守備でリードを守り切れば、11年ぶりの選手権制覇が決まる……。しかし、まさかの3失点で敗戦。前年の雪辱は果たせなかった。

    悔しさの連続だった3年間

    「自分が点を決めようが、チームが勝たないと意味がないので。最後までチームを勝たせられなかった3年間でした……」

    表彰式を終え、メディアの取材に応じた関川は、悔しさを噛み締めながら言葉を絞り出した。

    高校入学後すぐにレギュラーに定着した。2016年4月のプレミアリーグイースト、関川の公式戦デビューは青森山田との一戦だった。

    当時の青森山田は廣末陸(レノファ山口)、郷家友太(ヴィッセル神戸)、三國スティビアエブス(順天堂大)など、同年度の高円宮杯チャンピオンシップと選手権の2冠を達成したメンバーが名を連ねていた。

    この試合で1年生ながらスタメン出場した関川だったが、結果は0-3の惨敗だった。

    「振り返れば1年生の最初の公式戦も青森山田だった。最初も最後も青森山田に負けちゃいました」(関川)

    関川にとって、高校3年間の選手権は悔しさの連続だった。1年生のときは県予選決勝で“宿命のライバル”市立船橋に敗北。

    2年生だった2017年は夏のインターハイで優勝すると、選手権出場を果たし、決勝戦まで勝ち進んだ。しかし、前橋育英(群馬)に敗れ準優勝に終わった。最後の選手権を終えても、「(失点は)自分たちの甘さが出た」「自分たちの代で優勝したかった」と、最後の最後まで悔しさが滲み出ていた。

    新たな戦いの場はJリーグ

    それでも、関川は強烈なインパクトを残した。センターバックながら今大会では決勝戦のゴールをはじめ、計3得点を記録。

    その全てが得意のヘディングで叩き込んだものだった。身長180cmと特段大きくはないが、強靭なバネを活かしたジャンプから繰り出すヘディングシュートは破壊力十分。

    高さと滞空時間の長さでは、同世代の選手たちより頭一つ抜けていた。地上戦における対人能力も高く、ロングフィードまで得意としている。

    そんな逸材を、Jクラブが見逃すはずがなかった。関川は高校卒業後、鹿島アントラーズに入団する。昨シーズン、植田直道(サークル・ブルージュ/ベルギー)、昌子源(トゥールーズ/フランス)と鹿島の最終ラインを支えてきたセンターバックがチームを離れた。代わって入団する関川にかかる期待は大きいはずだ。

    最後に、これからの目標を聞かれた関川は「鹿島で試合に出ることです」と静かに話し、会場を後にした。

    選手権で経験した悔しさを拭い切ることはできない。昨年20冠を達成した“常勝鹿島”でレギュラーを獲ることも簡単ではない。

    それでも、全国の舞台で確かな足跡を残した逸材は、悔しさを胸に新たな戦いに挑もうとしていた。

    https://news.nifty.com/article/sports/soccerking/12192-892662/
    2019年01月15日 07時20分 サッカーキング

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=B_CSSdLppao


    第97回全国高校サッカー選手権 清原果耶の高校サッカー魂 決勝ハイライト[SS][字][デ]

    続きを読む

    GettyImages-1035736458-1

    1: Egg ★ 2019/01/04(金) 20:47:10.55 _USER9
    J1鹿島がイタリア1部リーグ(セリエA)、ナポリのスロバキア代表МFマレク・ハムシクに興味を示していることが分かった。イタリアのサッカーサイト、トゥット・メルカート・ウェブが4日までに報じた。

    それによると、ハムシクはナポリとの契約の最終シーズンに入っており、次のクラブを探している。昨夏には中国スーパーリーグの数クラブが獲得に動いたが、合意には至らなかった。今季の契約満了を待って、鹿島はハムシク獲得に動くと見られている。31歳のハムシクは今季、セリエAで12試合に出場し、無得点

    1/4(金) 17:35配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000086-dal-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/12/29(土) 10:31:53.87 _USER9
    12/29(土) 10:23配信
    昌子源、トゥールーズへの完全移籍が決定!「8年間ありがとうございました」

    鹿島アントラーズは29日、DF昌子源がトゥールーズに完全移籍についてクラブ間合意に達し、今後はフランスにてメディカルチェック等を経て正式契約が結ばれる予定と発表した。

    自身初の海外挑戦が決まり、昌子は鹿島のクラブ公式HPでコメントを発表。心境を記した。

    「8年間ありがとうございました!8年で6つのタイトルを取らせて頂き、鹿島では少ないかもしれませんが、皆さんと共にタイトルを取れたこと誇りに思います。W杯後、海外クラブからオファーをもらい、移籍するかとても悩みました。鹿島のタイトルのため、特にACLを取るために一度はこのクラブに残ると決めました。しかし、再びオファーをもらい、海外で自分の力を試したい、サッカー選手としてもっと成長したいと強く思いました。移籍については、色々な方に相談しました。内田選手、遠藤選手には背中を押してもらい、その中でも小笠原キャプテンに相談をした時、「お前が活躍して勝ち取ったオファーだろ!誰になんて言われようと、行きたいなら迷わず行け!!」と言われ、この言葉で勝負しようと決めました。いつか、小笠原キャプテンのように逞しくなるために。鹿島アントラーズに関わるすべての皆さん、これからもどこにいてもファミリーだと思ってます!本当にありがとうございました!」

    昌子は兵庫県神戸市出身の現在26歳。米子北高校から2011年に鹿島へ加入し、プロキャリアをスタートさせた。プロ4年目の2014年に定位置をつかみ、J1リーグ戦全試合出場を達成。優秀選手賞を受賞した。2016年と2017年にはベストイレブンにも輝いている。今季はケガの影響もあってJ1リーグ戦は16試合出場1得点に終わったが、AFCチャンピオンズリーグでは守備の要としてクラブに初優勝をもたらした。2015年からは日本代表としても活躍を重ね、2018 FIFAワールドカップ ロシアでは4試合中3試合にフル出場。日本の決勝トーナメント進出に大きく貢献した。

    新天地となるトゥールーズは、2014-15シーズン以降低迷が続いている。同シーズンからのリーグ・アンにおける順位は、17位、17位、13位、18位。今シーズンの浮上に向けた切り札として昌子には大きな期待がかかる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00880804-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/27(木) 18:25:54.54 _USER9
    鹿島アントラーズは27日、MF小笠原満男が今季限りで現役を引退することを発表した。

    現役引退にあたり小笠原は「今シーズンをもって、鹿島アントラーズで現役生活を終えるという決断をしました。これまで自分を支えてくれた方々、一緒に頑張ってきた選手達、応援してくれたサポーター、鹿島アントラーズに関わるすべての方々に感謝しています。

    鹿島アントラーズという素晴らしいチームでここまでプレーでき、鹿島アントラーズでサッカー選手として引退できることを、とても嬉しく、そして誇りに思います。本当にありがとうございました!」と感謝の言葉を述べている。

    鹿島は今季、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で初優勝を成し遂げ、クラブ通算20冠目を獲得していた。
    2018-12-27_18h47_48
    12/27(木) 18:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010031-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/25(火) 08:15:58.97 _USER9
    鹿島が横浜のFW伊藤翔(30)を獲得することが24日、決定的となった。

    ポストプレーが得意な1メートル84の長身FW。中京大中京高時代から“和製アンリ”の名で脚光を浴び、今季はJ1で自己最多タイの8得点を挙げている。

    鹿島は金崎が途中移籍した今季、鈴木がエース格に成長したが終盤は離脱。4位に終わったクラブW杯では代わりとなるポストプレーヤーの不在が響き、来季に向けた補強ポイントとなっていた。

    また、近日中にフランス1部トゥールーズ移籍が発表される見込みの昌子ら選手は、この日、UAEから成田空港に帰国した。

    写真
    no title


    2018年12月25日 05:30 スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/25/kiji/20181224s00002179290000c.html

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/21(金) 17:17:10.87 _USER9
    J1鹿島のプリンスに欧州クラブが熱視線を注ぐ。

    クラブW杯3位決定戦(22日、UAE)で鹿島は南米王者リバープレート(アルゼンチン)と対戦する。準決勝では欧州王者レアル・マドリード(スペイン)に1―3と実力の差を見せつけられたが、今大会で評価が急上昇したのが、FW安部裕葵(19)だ。

    北中米カリブ王者グアダラハラ(メキシコ)との準々決勝では、途中出場から豪快なミドルシュートを突き刺し、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が「デルピエロになった」とかつてのイタリア代表エースに形容して絶賛。欧州クラブのスカウトも興味を示し始めた。

    J1クラブ幹部は「海外スカウトは国内にいる20歳前後の若手選手に注目していて、まだJで試合に出始めたような選手でも引き抜かれるかもしれない」と指摘。特にオランダ1部フローニンゲンでプレーするMF堂安律(20)の台頭もあって、さらなる成長が見込める若手をターゲットにしているという

    昨年7月にスペイン1部セビリアとの親善試合で相手選手を翻弄したドリブルで評価を高めたが、クラブW杯のパフォーマンスでさらに株を上げたのは間違いない。すでにスペイン中堅クラブやドイツ1部ドルトムントが関心を寄せる中、今後は欧州クラブが獲得に名乗りを上げる可能性もあり、シ烈な争奪戦が繰り広げられそうだ。

    鹿島では来年1月にDF昌子源(26)がフランス1部トゥールーズへの移籍が濃厚。さらに今大会を欠場したFW鈴木優磨(22)やMF三竿健斗(22)も欧州クラブが調査している。今冬はヤングカシマの動向から目が離せない。 
    2018-12-21_18h51_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000024-tospoweb-socc
    12/21(金) 16:35配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/20(木) 11:58:48.33 _USER9
    20日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜・前8時)でサッカークラブW杯準決勝で鹿島が欧州王者のRマドリードに1―3で敗れた試合を報じた。

    試合は、前半44分にレアルのFWベイルに個人技で先制点を許し、後半立ち上がり早々にミスから2失点でハットトリックを決められた。後半33分にはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でMF土居の得点が認められ1点を返したが、及ばなかった。鹿島は大会3位を目指し、南米王者のリバープレートと対戦する。

    この結果にMCでお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(49)は「しょうがないね。決定力があるし、鹿島も相当頑張ってて、1点返したのは大きいと思いますよ」と話した。さらに「南米も準決勝で負けているから、欧州王者と南米王者と両方とできるわけですよ。これはいい経験になるし、選手も3位決定戦といえどもモチベーション下がらないと思います」とコメントした。
    2018-12-20_17h17_24
    12/20(木) 8:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000035-sph-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ