海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:鹿島アントラーズ

    GettyImages-1065894142

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/11(火) 07:16:39.54 _USER9
    南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯決勝第2戦が9日(日本時間10日)、マドリードで行われ、リバープレートがボカ・ジュニアーズとのアルゼンチン勢対決を3-1で制し、2戦合計5-3で3年ぶり4度目の優勝を遂げた。12日にアラブ首長国連邦(UAE)で開幕するクラブW杯に出場するチームが全て出そろった。アジア王者として出場するJ1鹿島は10日、約1時間の調整を行った。11日、UAEへ出発する。

    いざ、雪辱の舞台へ。鹿島の“砦”、DF昌子源(26)が再び世界と対峙(たいじ)する。

    「置いてきたものを取りに行く舞台。自分の持っている力と、鹿島の持っている力を出したい」

    11日、26歳の誕生日を迎える昌子。2年前の誕生日は、開催国枠で出場したクラブW杯準々決勝のアフリカ王者マメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)戦で迎え、相手との接触で前歯を折りながらも奮闘して2-0の勝利を祝杯とした。勢いに乗ったチームは決勝まで進出。欧州王者レアル・マドリードとの熱戦の末に2-4で敗れ、涙をのんだ。

    「ここ数年で普通の選手が経験できないようなことを経験し、自分でも成長しているとは感じている」と自信をのぞかせる。準優勝のクラブW杯や今夏のW杯ロシア大会で世界の一流のプレーを体感し、自身の糧としてきた。「あのレベルに、もう一度立ちたい」。来年1月にフランス1部、トゥールーズへの移籍が濃厚となっている守備の要は、気合十分でUAEへ乗り込む。

    この日、南米代表にリバープレートが決定してクラブW杯の出場チームが全て確定。同チームとは、初戦を突破して準決勝でレアル・マドリードに勝たなければ対戦はないが、「決勝で試合できればいい」。その視線は世界の頂へと向いている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000002-sanspo-socc
    12/11(火) 7:00配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/09(日) 21:22:03.49 _USER9
    J1の鹿島アントラーズは9日、同クラブに所属するFW鈴木優磨が右ハムストリング筋損傷と診断されたとして、治療に約2ヶ月を要するという見通しを発表した。

    鈴木は5日に行われた天皇杯準決勝の浦和レッズ戦で負傷。チームドクターによる検査の結果、右ハムストリングの筋肉損傷が確認されたとのことだ。

    浦和に敗れたことで鹿島は国内での今季全日程を終えた。だが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)王者として参加するクラブワールドカップには鈴木は出場不可能となる。また、日本代表として来年1月のアジアカップに出場することも絶望的となった。

    鈴木は今季のJ1でチーム最多の11ゴールを記録。自身初の二桁得点を達成していた。クラブワールドカップに臨む鹿島にとっては大きな痛手となりそうだ。
    20180725_suzuki_getty
    12/9(日) 17:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00300433-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 23:16:59.89 _USER9
    FIFA(国際サッカー連盟)は6日、公式HP『FIFA.com』にて、FIFAクラブワールドカップ2018 UAEに出場するクラブの大会登録メンバーを発表した。

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制した鹿島アントラーズは、15日の準々決勝で北中米カリブ海王者(CONCACAFチャンピオンズリーグ2017-18王者)のグアダラハラ(メキシコ)と対戦する。

    鹿島のメンバーは以下の通り。6日に負傷が発表された日本代表MF三竿健斗やDF小田逸稀が選外となり、DF昌子源、FW鈴木優磨、MF小笠原満男らがメンバーリストに名を連ねている。

    ▼GK
    1 クォン・スンテ
    21 曽ヶ端準
    29 川俣慎一郎

    ▼DF
    2 内田篤人
    3 昌子源
    5 チョン・スンヒョン
    16 山本脩斗
    22 西大伍
    28 町田浩樹
    32 安西幸輝
    39 犬飼智也

    ▼MF
    4 レオ・シルバ
    6 永木亮太
    8 土居聖真
    11 レアンドロ
    18 セルジーニョ
    25 遠藤康
    26 久保田和音
    40 小笠原満男

    ▼FW
    9 鈴木優磨
    14 金森健志
    19 山口一真
    30 安部裕葵

    12/6(木) 23:03配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00873722-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/06(木) 04:17:09.86 _USER9
    ◆天皇杯▽準決勝 鹿島0―1浦和(5日・カシマスタジアム)

    鹿島のFW鈴木優磨(22)とMF三竿健斗(22)が、ともに負傷のためクラブW杯(15日~・UAE)を欠場する見通しとなった。クラブ幹部が「(UAEには)連れていかない」と明言した。

    鈴木は浦和戦の後半ロスタイムに右太もも裏を負傷。試合後は足を引きずりながら報道エリアに姿を見せ、「まだ診断結果が出ていないので」と前置きした上で「(クラブW杯開催地の)ドバイは無理だと思う。初めての箇所です」と肉離れを示唆した。三竿健も股関節の痛みを訴えており、先発出場した日本代表のキルギス戦(11月20日・豊田ス)を最後に実戦から遠ざかっている。

    クラブW杯では初戦の準々決勝で北中米カリブ海王者のグアダラハラ(メキシコ)と対戦。勝ち進めば準決勝で欧州王者Rマドリード(スペイン)と戦うが、ここまで過密日程の中で奮闘してきた主力2人の離脱は大きな痛手となる。

    試合は前半27分にCKから失点し、最後まで浦和の守備包囲網を崩せず準決勝敗退が決まった。DF内田篤人(30)は「ここまで試合を多くこなしながら頑張ってきた。最後までみんなで戦いたい」と前を向いた。
    2018-12-06_08h31_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000039-sph-socc
    12/6(木) 4:03配信

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/22(木) 11:57:16.10 ID:CAP_USER9.net
    サッカーファンには忙しい一日だった。11月10日、川崎がJリーグ連覇を決め、鹿島がアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で初優勝を決めた。両チームにはおめでとうと言いたい。

    鹿島はペルセポリス(イラン)との決勝第2戦を0-0で引き分け、2戦合計2-0として初のアジア制覇を達成した。第2戦は約10万人の観客が詰めかけた完全アウェー。それでも第1戦で奪った2点のリードが大きかったね。相手は焦りからかどんどんボールをタテに放り込んできて、鹿島にとっては守りやすい展開になった。

    もちろん、鹿島の守備陣の頑張りは褒められるべきだ。ストッパーの昌子とチョン・スンヒョンはクロスをはね返し続け、ボランチのレオ・シルバと三竿は何度もピンチを未然に防いだ。大会MVPに輝いたFW鈴木も前線でボールを追いかけ、時には自陣まで戻って守備をするなど体を張った。守ると決めたら守る。それをチーム全体で徹底できたのが鹿島の勝因だ。

    今季前半の鹿島は波に乗れなかった。でも今夏、ジーコがテクニカルディレクターとしてチームに復帰して以降は強さを取り戻した。主力の金崎、植田が移籍しても、途中加入のセルジーニョ、チョン・スンヒョンが穴を埋め、さらに故障から復帰した昌子が守備に安定感をもたらし、攻撃面では若手の鈴木や安部が勢いを与えた。

    特に今季の鈴木の成長は目を見張るものがある。金崎が移籍して「自分がやらなければ」という気持ちが強くなったのかな。ロシアW杯後、Jリーグの話題がイニエスタとフェルナンド・トーレスばかりだったときも、そのふたりよりも継続していいプレーを見せていた。今やチームの顔。日本代表でもプレーする資格があると思う。

    鹿島は懸念された過密日程もなんとかやりくりして、Jリーグの順位も来季ACL出場圏内に上げてきた。今季の頑張りはしっかり評価すべき。結果を出しながらも着実に世代交代も進めているし、来季以降も期待できるんじゃないかな。

    一方、川崎は2試合を残して早々とJリーグ連覇を決めた。シーズン前半はもたついたけど、チームとしての完成度が高く、W杯後は圧倒的な強さを見せた。広島をはじめとしたライバルチームの自滅も追い風になったね。

    中盤の(中村)憲剛、大島がゲームをコントロールし、家長や阿部がアクセントを加え、エースの小林が決める。両サイドバックのエウシーニョ、車屋の攻め上がりも破壊力がある。しっかりと守ってカウンターを狙うサッカーをするチームが大半のJリーグにあって、あの細かくボールを回す攻撃サッカーは独特で、見ていて面白い。

    川崎といえば昨季までなかなかタイトルを獲れずに苦労していたけど、一回優勝したことで何かをつかんだのかもしれないね。

    来季以降も彼らの攻撃的なサッカーはブレないと思うけど、選手層は決して厚くない。また、前線にベテランが多く、外国人枠も余らせている。当然、オフの補強がポイントになる。即戦力の日本人、将来性のある若手、大物外国人など、昨季と今季のDAZNマネー(優勝賞金)をどう使うのか。今度はアジアでも勝つためのチームづくりが求められる。

    鹿島と切磋琢磨(せっさたくま)してJリーグを牽引(けんいん)するのはもちろん、ぜひACL準決勝で両チームの対戦を実現してほしいね。


    構成/渡辺達也
    2018-11-23_09h15_06
    11/22(木) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-01075860-playboyz-socc
    続きを読む

    YVdDxDsq_400x400

    1:名無し募集中。。。:2018/11/16(金) 13:35:56.13 ID:0.net
    ジーコがいた
    2:名無し募集中。。。:2018/11/16(金) 13:38:20.15 ID:0.net
    オガサワラーっていう日本代表がここの人だった気がする
    3:名無し募集中。。。:2018/11/16(金) 13:38:33.48 ID:0.net
    大岩監督
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/12(月) 19:51:48.14 ID:CAP_USER9.net
    “大会のMVP”に相応しかったのはセルジーニョ



    越後氏はコンスタントにゴールを挙げたセルジーニョをMVPに相応しいとしたが、完全アウェーでの鈴木の堂々とした存在感を絶賛。

    アントラーズが初めてのアジア制覇を果たした。敵地でのACL決勝第2戦をスコアレスドローとして、2戦合計2-0でイランの強豪ペルセポリスを下した。日本サッカーの力を示す意味では、昨年のレッズに引き続き本当に喜ばしい結果になったね。
     
    大きかったのは、やはりホームでの2点目だったと思う。1点だけであれば、向こうももう少し戦略的に攻めてきたかもしれないけど、2点差があったことで最初からちょっと焦りが見えていた感じだった。アントラーズが1点取れば、4点取らなくてはいけない状況もあるから、ペルセポリスも攻めたいんだけどリスクを掛け過ぎずに放り込むような攻撃が多かった。アントラーズにしてみれば守りやすかったんじゃないかな。
     
    アントラーズはダブルボランチとセンターバックの4人の守備がしっかりと機能していた。GKのクォン・スンテも守護神らしい存在感があったね。まあ、MVPは鈴木が取ったけど、決勝2試合を通して無失点に抑えた守備陣は、もっと讃えられてしかるべきじゃないかな。
     
    ただし、大会を通じて最も貢献度が高かったのは、やっぱりセルジーニョだったのではないかな。MVPがどんな基準で選出されているのかは分からないけど、“大会のMVP”というならセルジーニョが相応しかった。準々決勝からの参戦とはいえ、決勝第2戦以外はすべての試合でゴールを決めている。しかも、その多くは勝負の行方を左右する重要なゴールばかりだ。まあ、後半戦しか活躍していないからと言ってしまえばそれまでだけど、選出理由については聞いてみたいところだね。
     
    ただ、だからと言って大会を通じての鈴木の存在感は見過ごせないし、何より金崎が抜けた後の奮闘ぶりは、リーグ戦で巻き返したアントラーズにとっては欠かせないものだった。それに、決勝の第2戦ではゴールこそなかったものの、本当に頼もしいファイティングスピリットを見せていた。あの10万人の入った完全アウェーで悪者になれる度胸は大したものだよ。あれを経験できたのなら、どんなアウェーでも動じることはないんじゃない?
     
    もちろん、鈴木はFWだから今大会で通算2得点という結果には、満足できないだろう。そういう目に見える結果をコンスタントに出していく、というところが今後の課題になるだろうね。

    つづく

    11/12(月) 17:02 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00050159-sdigestw-socc
    続きを読む

    2018-11-12_15h26_31

    1:豆次郎 ★:2018/11/12(月) 05:41:02.79 ID:CAP_USER9.net
    11/12(月) 5:34配信
    スポーツ報知

    ◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦 ペルセポリス0―0鹿島=2戦合計2―0=(10日・テヘラン)

    鹿島・鈴木優磨(22)が日本代表への参加を辞退する可能性が11日、出てきた。

    16日のベネズエラ戦(大分)、20日のキルギス戦(豊田)に向けた日本代表へ初招集されたが、10日のACL決勝、ペルセポリス戦で右足首を負傷。MVPに選出され、表彰に向かう際にも足を引きずるしぐさを見せており、代表への参加を見送る可能性もあるという。この日、千葉県内で取材に応じた森保一監督(50)は、「どうするかは彼が帰国した後に検査をして決めると聞いています」と話し、状態を気にかけている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000030-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/12(月) 08:02:20.22 ID:CAP_USER9.net


    ◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦 ペルセポリス0―0鹿島=2戦合計2―0=(10日・テヘラン)

    【テヘラン(イラン)10日=岡島智哉】鹿島がペルセポリス(イラン)を2戦合計2―0で下し、クラブ史上初のアジア制覇に輝いた。国内主要タイトル19冠を誇る常勝軍団は、節目の20個目の栄冠を悲願のアジアタイトルで飾った。日本勢は昨年のJ1浦和に続き、大会2連覇。大会MVPには全14試合に先発出場したエースFW鈴木優磨(22)が選ばれ、12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるクラブW杯の出場権も手にした。

    大会を通じて奪った得点は2点だけ。だが、全14試合に先発し、チームのために走り回ったエース・鈴木に、ご褒美が待っていた。大会MVP。「体を張ったり、結果だけではない部分を評価してくれたと感じている」。この日、鹿島の戦術は、「迷ったら優磨の頭めがけて蹴る」。持ち前のキープ力や、球際でのバトルを繰り返し、泥臭くVに貢献した。

    7歳から育ててもらった恩を、ACL制覇で返した。今夏、伸び盛りの22歳には、複数の海外クラブから獲得オファーが届いた。関係者によると「片手では数えられないほど」。だが、「男には去り際ってもんがある。(今夏は)リーグ戦の順位も低かったし、何よりACLを勝ち進んでいた。移籍することはできなかったっす」と残留。見事に結果を出し、大岩監督は「彼はエース。日本代表にも選ばれていますし、もっともっと成長できる」と、目を細めた。

    21日の天皇杯準々決勝から再び過密日程が始まるが、クラブW杯で初戦のグアダラハラ(メキシコ)を下せば欧州王者・レアルマドリードとの再戦だ。16年大会は決勝で対戦、準決勝の得点時に“C・ロナポーズ”を披露した鈴木は、「何と言っても相手がレアル。誰もが待ち望んだようなシチュエーション」と胸を高鳴らせた。さらに、「鹿島は一発勝負で尋常じゃない力を発揮するんで。みんなも知っているようにね」。アジア制覇で終わりじゃない。金髪の点取り屋は世界との対戦に向け、牙を研いでいる。

    11/12(月) 5:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000027-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/12(月) 05:39:13.79 ID:CAP_USER9.net
    ◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦 ペルセポリス0―0鹿島=2戦合計2―0=(10日・テヘラン)

    【テヘラン(イラン)10日=岡島智哉】鹿島は敵地での第2戦でペルセポリス(イラン)と0―0で引き分け2戦合計2―0とし、クラブ史上初のアジア制覇達成。
    フル出場で20冠に貢献したが今冬、フランス1部・トゥールーズへの完全移籍が有力になったことが判明した。

    今夏から2度にわたり正式オファーが届いており、移籍金はJクラブからの海外移籍では日本人DF史上最高額とみられる推定約300万ユーロ(約3億8700万円)。アジアを制し、最高の評価を受け世界に挑む。

    熱狂の渦と化した10万人の観衆が、ため息とともに押し黙った。試合終了の笛と同時に訪れた5秒間の静寂。鹿島の選手たちの雄たけびだけがこだました。

    敵地で完封した昌子は守備陣で肩を抱き合うと、力が抜けて動けないGK権を引き起こし、大岩剛監督(46)と涙で顔をぬらしながら抱き合った。「本当に欲しかったタイトル。鹿島に残っている仲間や家族、サポーターのために戦わなくちゃいけなかった」

    2点のリードで迎えた決勝第2戦。相手が前がかりに来るのは分かりきっていた。ひたすらロングボールを放り込まれ、「センターバックが一番しんどい試合ってなかなかない」と苦しい時間を耐えた。

    味方へのコーチングも声援にかき消され、「脩斗くん!(DF山本)って10回言った。(声が伝わらず)見向きもされなかった」。身ぶり手ぶりで守備陣を鼓舞し、体を投げ出して最後までゴールを割らせなかった。

    悲願であるクラブ初のアジア制覇を成し遂げ、いよいよ自らの思いを実行に移す。今夏のロシアW杯で3試合にフル出場し、日本代表の最終ラインで存在感を示すと、
    直後にトゥールーズ、同じくフランス1部のストラスブールから正式オファーが届いた。鹿島での成長を描いていたが、W杯を経験し代表の先輩や同僚から助言を受け、海外へ挑戦する思いが強まった。

    鹿島はW杯後にDF植田直通(24)が同時期にベルギー1部セルクル・ブルージュへ移籍。「お前の代わりを見つけるのは無理だ」と強い慰留を受け、いったんは思いを封印した。
    「夏にオファーを受けた時に鹿島に残った最大の目的が、ACLを取ることだったと思う。みんなの信頼に応えたかった」。負傷で離脱した時期もあったが、すべてを乗り越えてつかんだ20冠だった。

    関係者によると、移籍金は推定約300万ユーロ。DFでは過去最高額となる見通しだ。身体能力やコミュニケーション能力が求められ、日本人に不向きとも言われるセンターバックで最高クラスの評価を得た。

    鹿島は欠かせない戦力として慰留に努める方針だが、フランスリーグの強豪パリSGにはロシアW杯優勝に貢献したフランス代表FWエムバペ、ブラジル代表FWネイマールら世界屈指の攻撃陣が所属。“鹿島魂”を胸に新たな戦いに進んでいく。

    11/12(月) 5:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000034-sph-socc

    写真
    20181112-00000034-sph-000-view
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ