海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:鹿島アントラーズ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/11(月) 07:40:18.25
    1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。
    活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、
    鹿島アントラーズで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入時、成績は札幌在籍時のもの。

    モーゼル(ブラジル代表)
    生年月日:1960年9月19日(34歳)
    在籍期間:1995年7月~96年
    Jリーグ成績:17試合出場0得点

    ジーコとともに1981年のリベルタドーレスカップでフラメンゴを初優勝に導いたモーゼルは、リバプールとのトヨタカップを制して世界一に輝いた。その後はポルトガルのベンフィカやフランスのマルセイユでリーグ優勝に貢献するなど、輝かしい経歴を持っている。ブラジル代表にも長年に渡って名を連ねてきたモーゼルは34歳のとき、鹿島アントラーズのテクニカルアドバイザーに就任したジーコに誘われて日本にやってきた。

    1年目は半年で15試合に出場したが、9月30日のベルマーレ平塚戦では7分間で立て続けに2枚のイエローカードをもらうなど、退場処分となることが多く、35歳となったモーゼルのパフォーマンスは全盛期とは程遠かった。翌96年は2試合に出場したのち、ケガを理由に現役を引退している。


    ●1995年の基本先発メンバー

    ▽GK
    佐藤洋平

    ▽DF
    内藤就行
    秋田豊
    奥野僚右
    相馬直樹

    ▽MF
    ジョルジーニョ
    本田泰人
    サントス
    レオナルド

    ▽FW
    長谷川祥之
    黒崎比差支
    0511kashima1995-560x373
    https://news.yahoo.co.jp/articles/659115f47850908aa7849c31dc47f5dad44030eb
    5/11(月) 7:22配信

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/03/21(土) 13:45:11.23
    鹿島がリードを奪う展開も、最後はジェイのゴールで札幌が勝ち切る
    Jリーグは新型コロナウイルスの影響で中断となっているなか、21日にJ1の鹿島アントラーズと北海道コンサドーレ札幌が練習試合を実施。その様子はJリーグを全試合中継するDAZNでも中継され、白熱した試合は札幌が4-2の勝利を収めている。

    札幌はDF田中駿汰(←大阪体育大)とMF高嶺朋樹(←筑波大)、鹿島はMF荒木遼太郎(←東福岡高)とルーキーも多くスタメンに名を連ねた。特に鹿島は荒木に加え、DF広瀬陸斗(←横浜F・マリノス)、DF永戸勝也(←ベガルタ仙台)、MF和泉竜司(←名古屋グランパス)、FWファン・アラーノ(←コリチーバ)、FWエヴェラウド(←シャペコエンセ)と6人の新戦力が先発している。

    試合は互いに後ろからボールをつなぐスタイルを貫き、相手のハイプレスと真っ向からぶつかり合う形となる。鹿島は前半10分、アラーノが高い位置でボールを奪ってカウンター。ペナルティーエリア内の荒木にスルーパスを通したが、シュートはDFにブロックされた。一方の札幌も同23分には右サイドのFKから日本代表FW鈴木武蔵がヘディングシュートを放ったものの、枠を捉えられなかった。

    その後も同31分には鹿島のエヴェラウド、同36分には札幌の鈴木がそれぞれ決定的なシュートを放っているが、いずれも枠の外。同45分に札幌MF荒野拓馬が負傷退場するアクシデントも発生するなか、前半を0-0のまま終えた。

    後半は早い時間帯に鹿島が先制点を奪う。同4分、日本代表MF三竿健斗がインターセプトから縦パスを送ると、これを受けたアラーノがペナルティーエリア内で仕掛けてシュート。これがゴール右隅に決まった。

    ここから試合は動きが活発になり、札幌も同18分、MF白井康介のクロスに鈴木がファーサイドで合わせて同点弾を記録。1-1となったのも束の間、2分後には右CKからDF町田浩樹のヘディングシュートが決まり、鹿島が2-1と再びリードを奪っている。

    試合終盤はゴール前でのシーンが多くなり、互いにヒートアップする展開に。そのなかで後半34分、札幌はゴール前で直接FKを獲得。キッカーを務めた鈴木のキックは鹿島MF遠藤康の頭に当たってそのままゴールインし、札幌が2-2の同点に追い付いた(記録はオウンゴール)。さらに同43分、札幌は途中出場の元イングランド代表FWジェイがヘディングシュートを叩き込み、最後に逆転に成功。試合終了間際にもジェイが決めて4-2とした。

    練習試合とは練習試合とは思えないほど白熱したシーソーゲームは、札幌が4-2で勝利を収めている。
    2020-03-21_15h42_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200321-00252747-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/03/05(木) 09:12:51.83
    静岡学園高の卒業式が3日、同校で行われ、J1鹿島入りしたMF松村優太(18)が出席した。選手権を制したサッカー部の仲間とつかの間の再会を楽しみ、「振り返ればあっと言う間でした。一生の仲間に出会えて、感謝しています」と笑顔を見せた。歓喜の全国Vから2か月たっても人気は絶大で、サインや写真撮影を求める女子生徒の大行列ができた。

    先月16日のルヴァン杯・名古屋戦で後半36分から公式戦デビュー。だが相手との交錯で一発退場となり、ほろ苦い初陣となってしまった。「反省して今後あのようなことがないようにしたい」。4日から鹿島の練習に合流。新型コロナウイルスの影響で公式戦は中断しているが「再開に向けていい準備をしていく。1日も早く結果を出していきたい」ときっぱり言い切った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-03050042-sph-socc
    3/5(木) 9:04配信
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/02/28(金) 12:58:02.88
    直近4シーズンのAFC主催大会が対象
    no title


    AFC(アジア・サッカー連盟)がマレーシア時間の2月26日、2020年シーズンとなって初の「AFCカントリー・ランキング」を発表。日本が堂々の首位に躍り出た。

    同ランキングは、過去4シーズンにおけるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)とAFCカップ(ランク15位~28位の国のクラブが参加)の各国代表クラブの結果をポイント化。2019年シーズン終了時点では1位・中国、2位・カタールの後塵を拝して3位に甘んじていた日本だが、今季に入って2016年シーズン分が対象外となり、代わって直近のACL第2節までの結果が反映され、首位奪取に至ったのである。

    今季ACLにはJリーグから横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京(鹿島アントラーズはプレーオフ敗退)が参戦し、3チーム合計でここまで5勝1分けの負けなし。2017年シーズンに浦和レッズが、2018年シーズンに鹿島がアジア王者に輝き、2019年シーズンは浦和が準優勝に終わった。上位を賑わせてきた日本勢が今回ついに、サウジアラビア、中国、韓国などを抑えてトップに立ったのだ。

    一方でクラブ・ランキングに目を向けると、首位が昨シーズンのACL王者であるアル・ヒラル(サウジアラビア)で、2位には鹿島が食い込んだ。ほかに日本勢では浦和が8位でトップ10にエントリーしており、川崎フロンターレ(14位)とサンフレッチェ広島(20位)も上位に顔を出している。

    AFCの「カントリー」と「クラブ」の両ランキング・トップ10は以下の通りだ。

    【AFCカントリー・ランキング(2月26日更新)】
    1位 日本 63.733ポイント
    2位 サウジアラビア 60.550ポイント
    3位 中国 59.467ポイント
    4位 カタール 53.400ポイント
    5位 イラン 49.450ポイント
    6位 韓国 43.500ポイント
    7位 タイ 37.200ポイント
    8位 ウズベキスタン 30.350ポイント
    9位 UAE 28.933ポイント
    10位 イラク 27.167ポイント

    【AFCクラブ・ランキング(2月26日更新)】
    1位 アル・ヒラル(サウジアラビア) 107.00ポイント
    2位 鹿島アントラーズ(日本) 102.50ポイント
    3位 上海上港(中国) 100.66ポイント
    4位 アル・ドゥハイル(カタール) 93.76ポイント
    5位 アル・アハリ(サウジアラビア) 91.00ポイント
    6位 ペルセポリス(イラン) 88.52ポイント
    7位 広州恒大(中国) 87.66ポイント
    8位 浦和レッズ(日本) 85.00ポイント
    9位 アル・サッド(カタール) 82.76ポイント
    10位 エステグラル(イラン) 80.02ポイント

    2/28(金) 5:25配信サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200228-00010001-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/28(金) 15:48:22.68
    鹿島アントラーズのテクニカル・ディレクターを務めるジーコ氏が、世界に向けて現状を発信した。

    日中韓では試合延期…ヨーロッパにも波及する新型コロナウイルスの影響はどこまで?

    アジアを中心に世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス。その影響もあり、Jリーグは3月15日までの公式戦94試合を延期と発表。その他の大会にも影響が出ると見られている。

    そんな中、ジーコ氏は自身の公式フェイスブックを26日に更新。マスクと着用したセルフィーを投稿するとともに、世界に向けて日本の現状と対策を明かしている。

    「コロナウイルス問題の対策について、ここで多くのメッセージを受け取った。今週、日本の厚生労働省は全ての団体と合意し、3月18日までの全ての試合を中止することとなった」

    「彼らは何が起きているのか、明確な考えを持つために、これらの2週間の重要性について話をした。全ての対策と基本的な予防策は、人々に通知されている」

    「全ての事務所で、全ての従業員が、マスクを着用し、手を洗うためのアルコール消毒をし、サインや写真、人混みを避けている。全てパニックに陥ることはないが、世界中で起きていることの重要性を認識している」

    この投稿には、ジーコ氏を心配するコメントの他、ブラジルやフランス、オランダなど世界各国のファンからコメントが投稿され、それぞれの現状が報告されている。

    2/28(金) 11:11 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-00370880-usoccer-socc

    no title

    続きを読む


    1: Egg ★ 2020/02/23(日) 19:11:10.68
    1_thumbnail

    <明治安田生命J1:広島3-0鹿島>◇第1節◇23日◇Eスタ

    鹿島アントラーズがサンフレッチェ広島との開幕戦に0-3で敗れた。今季はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ、ルヴァン杯も含め、公式戦3連敗と散々のスタート。

    ザーゴ新監督と11人の新加入選手で、新たに船出した常勝鹿島が、生みの苦しみに直面している。

       ◇   ◇   ◇

    常勝軍団が3戦連続完封負けと苦しんでいる。広島に0-3で大敗し、クラブ史上初めて、リーグ最下位からのスタートを切った。過密日程による準備期間の不足など考慮すべき事情はあるが、結果という現実を突きつけられている。

    “らしくない”ミスが目立った。1失点目はMF三竿が、3失点目は途中出場のMF名古が奪われたところからカウンターで食らった。どんなに劣勢でも、一瞬の隙を突いて1-0で勝ちきるのが“常勝鹿島”だったはず。今季就任したザーゴ監督は「ゾーンによってしてはいけないミスがある。1点目と3点目は、自分たちでコントロールしながらの判断ミス、動作ミス」と厳しく追及した。

    不運もあった。前半3分にMFファン・アラーノが狙ったシュートは、右ポストに当たって跳ね返った。こぼれてきたところをMF和泉が狙ったが、今度は左ポストに阻まれた。勢いをもって試合に入ることはできたが、あと数センチの精度が足りなかった。

    攻撃の組み立ては、徐々に形になりつつある。ボール保持率を上げ優位に立ち、失ったら連動したプレスで、高い位置で奪い返す。チームの方向性は見えているだけに、MF三竿は「やっていることは間違っていない」と唇をかんだ。

    一方で、今季名古屋から加入したMF和泉は「結果という部分には、もっと厳しい目をもってやるべき」とも言った。すぐに結果が出るものでもないが、既にリーグが開幕したことも、忘れてはいけない。【杉山理紗】

    2/23(日) 18:50配信日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-22230666-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/02/17(月) 09:30:53.93
    no title


    名古屋グランパスのGKランゲラック(31)が16日、この日のルヴァン杯鹿島戦(パロマ瑞穂)で自身と交錯して一発退場となった鹿島のルーキーMF松村優太(18)に対してツイッターでメッセージを送った。

    グランパスが1―0で勝利した試合では、後半45分にボールをキャッチしようとしたランゲラックに松村がスライディング。この日がプロデビュー戦だった松村に出場わずか9分でレッドカードが提示された。

    松村は試合後にツイッターで「危険なプレーでした。ランゲラック選手をはじめ、名古屋グランパスの皆様、ファン・サポーターの皆様には申し訳なく思っております。」と謝罪した。

    no title


    この約3時間後にランゲラックは「Everything is fine! Please don’t worry mate!(大丈夫だよ!心配しないでください)」と返信。苦いデビューとなった18歳を気遣った。

    2/16(日) 22:54配信 中日スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00010067-chuspo-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/02/16(日) 20:21:24.32
    [2.16 ルヴァン杯グループA第1節 名古屋1-0鹿島 パロ瑞穂]

    鹿島アントラーズのMF松村優太(←静岡学園高)が公式戦デビューからわずか9分で一発退場を命じられてしまった。

    今冬の全国高校サッカー選手権で静岡学園高の優勝に貢献し、2020年シーズンから鹿島でプロ生活をスタートさせた松村。16日に敵地で行われたルヴァン杯グループA第1節・名古屋戦(●0-1)の後半36分にピッチへ送られ、公式戦デビューを果たした。

    しかし、1点を追いかける後半45分にドリブルでPA内に進入し、流れたボールに滑りながら右足を伸ばした際、先にキャッチした名古屋GKランゲラックと交錯してしまう。足裏を向けられて接触したこともあってランゲラックが激昂し、両チームの選手たちが止めに入る中、主審に呼び出された松村はレッドカードを提示された。

    数的不利に陥った鹿島はそのまま敗戦。松村にとってはホロ苦いデビュー戦となった。
    no title
    2/16(日) 16:19配信ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-43478237-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/04(火) 16:40:58.86
    プレシーズンマッチで負傷交代
    鹿島アントラーズは4日、DF内田篤人が右下腿三頭筋損傷で約4週間の治療を要することを発表した。

    内田は、1日に行われたいばらきサッカーフェスティバル2020の水戸ホーリーホック戦で負傷。内田は65分、杉岡大暉と交代していた。検査の結果、右下腿三頭筋損傷と診断され、治療期間は約4週間となっている。

    2018年にJリーグ復帰を果たした内田は昨シーズン、負傷もあってリーグ戦の出場は10試合にとどまった。今季初戦のAFCチャンピオンズリーグ2020・プレーオフのメルボルン・ビクトリー戦(0-1で鹿島が敗戦)ではベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

    鹿島はこの後、16日に2020 JリーグYBCルヴァンカップのAグループ第1節で名古屋グランパスと対戦し、その後23日には明治安田生命J1リーグの開幕節でサンフレッチェ広島と相まみえる。内田は、いずれも試合も欠場する見込みとなった。
    2020-02-04_17h07_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00010016-goal-socc
    2/4(火) 15:25配信

    続きを読む

    news_296825_1

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/29(水) 07:25:45.82
    ブーイングを覚悟しながら、鹿島アントラーズの選手たちは試合後の挨拶へ向かった。4つのタイトルすべてを獲得する目標を掲げて船出した2020シーズン。最初の公式戦でまさかの黒星を喫し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)本大会への出場権を逃した直後の光景だった。

    冷たい雨が間断なく降り続く県立カシマサッカースタジアムへ駆けつけた、サポーターから降り注いできたのはブーイングではなく拍手だった。今シーズンから新たにキャプテンを拝命した、日本代表経験もある23歳のボランチ三竿健斗は、拍手に対して深々と頭を下げた。

    「ブーイングされて当然の試合内容だったのに、そのように(サポーターへ)気を使わせてしまったことが本当に申し訳なくて」

    一発勝負の形で28日に行われたACLプレーオフ。勝者が北京国安(中国)、FCソウル(韓国)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)が待つグループEに入る一戦で、アントラーズは昨年5月まで本田圭佑が在籍したメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で苦杯をなめさせられた。

    放ったシュートは相手の約3倍となる17本。先発陣のなかで最古参となる27歳のMF土居聖真、新加入のMF和泉竜司(前名古屋グランパス)の一撃は相手キーパーに防がれ、逆に昨シーズンまで浦和レッズでプレーしたFWアンドリュー・ナバウトが後半9分に放ったそれは、ブロックに飛び込んだ新加入のDF奈良竜樹(前川崎フロンターレ)の足に当たってゴールネットを揺らした。

    「典型的なサッカーの負け方というか、自分たちでまいた種ですね。あれだけボールを支配して、決定機を作っても決められないのは」

    フル出場して攻撃陣をけん引した土居が悔しさを露にする。今シーズンから指揮を執る、ブラジル人のザーゴ監督が先発として送り出した11人のなかには、オフに加入した新戦力が6人も名前を連ねていた。準備期間が短かったのではないか、と問われた三竿はおもむろに首を横に振っている。

    「それでも勝たなければいけないし、(準備期間の短さを)言い訳にするつもりもない」

    もっとも、1996年から強化の最高責任者を務める、鈴木満取締役フットボールダイレクターの目には「昨シーズンの後半戦よりはよかった」と映っていた。4冠独占の可能性を残しながら勝負の秋になって大きく失速し、最終的には無冠に終わったのが昨シーズンだった。

    「ただ、メンタルもフィジカルも(選手間で)バラつきがある点が、チーム全体の集中力というところにつながっていかない」

    無冠に終わった昨シーズンからの捲土重来を期して、このオフには血の入れ替えを断行した。12人もの選手を放出。新たに獲得した11人のなかでもメルボルン戦で先発した和泉や奈良、DF広瀬陸斗(前横浜F・マリノス)、MF永戸勝也(前ベガルタ仙台)は始動までに1カ月近いオフを取っていた。

    対照的に元日の天皇杯全日本選手権決勝までフル稼働した、三竿や土居をはじめとする主力組が宮崎キャンプに合流したのは今月16日。鈴木ダイレクターが言及したように、既存の選手と新戦力との間で心身のコンディションにバラつきが生じている状況は否定できない。

    原因をさかのぼっていくと、どうしても元日に行き着く。昨シーズンの明治安田生命J1リーグで3位に入り、今シーズンのACLへプレーオフから参戦する権利を獲得していたアントラーズだったが、ヴィッセル神戸との天皇杯決勝を制していれば状況はまったく変わっていた。

    天皇杯覇者にはACL本大会へストレートで出場できる。つまり、極めて稀有なケースとなるが、アントラーズは天皇杯決勝で勝てば比較的ゆっくりとした始動が可能となり、負ければ28日に組まれていたプレーオフへ向けて慌ただしい始動を強いられる状況下に置かれていた。

    実際に0-2でヴィッセルに屈してから中6日で、新加入選手および昨シーズンのプレー時間が短かった選手、あるいはけが明けの選手だけで始動。主力組には選手統一契約書で最低限の期間として定められている、2週間のオフをあえて取らせてから宮崎合宿の終盤に合流させている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00010001-wordleafs-socc
    1/29(水) 6:28配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ