海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:鹿島アントラーズ

    1: Egg ★ 2018/12/16(日) 18:49:10.57 ID:CAP_USER9
    ●マドリー贔屓のスペイン紙もレポート!
     
    2年ぶりの“リベンジ”へ。鹿島アントラーズが北中米カリブ王者を叩きのめした。現地時間12月15日、UAEのハッザーア・ビンザイード・スタジアムでクラブワールドカップの準々決勝第1試合が行なわれ、鹿島が北中米カリブ海王者のグアダラハラに3-2と競り勝った。

    開始3分にカウンターから失点を喫して出鼻を挫かれた鹿島だったが、後半に怒涛の反撃を展開。49分に永木亮太が同点ゴールをねじ込むと、69分には土居がエリア内で倒されて得たPKを、セルジーニョがきっちり決めて逆転に成功する。

    試合終盤の84分に途中出場の安部裕葵が鮮やかなミドルシュートを決めて突き放した鹿島は、試合終了間際のアディショナルタイム4分にPKの流れから2点目を奪われたものの、そのまま逃げ切った。この勝利で準決勝に進出した鹿島は、2016年大会の決勝で敗れたレアル・マドリーとの再戦に臨むことが決定した。

    鹿島の結果を受け、マドリー贔屓のスペイン紙として知られる『Marca』は、「鹿島は復讐を望んでいる」と銘打ったマッチレポートを掲載。鹿島の出来を称えた。「グアダラハラの夢は悪夢に終わった。彼らはクラブワールドカップで番狂わせを起こし、大きな役割を担うことを狙っていた。しかし、鹿島はそのファンタジーからいち早く目覚めて3-2で叩きのめした。
    とくに後半の鹿島はメキシコのチームを驚かせた」

    さらにスペインの有力紙『AS』も、この試合に関して「鹿島が復讐しに来た」と報道。そのマッチサマリーのなかで、圧巻の逆転劇を披露したアジア王者を警戒した。

    「それは不可能なことに対して、わずかな可能性を信じた人たちによる勝利だった。日本のサッカーは今までとは変わっている。今の鹿島はレオ・シルバ、レアンドロ、セルジーニョのブラジル人トリオだけではない。

    彼らは2016年の決勝でマドリーに敗れた時の復讐をする機会を得るために最高のストライカーであるスズキの不在が重要ではなかったことを結束力と素早さで証明した」2年前に苦杯を嘗めさせられたマドリーへのリベンジ、そして世界制覇に向けて好スタートを切った鹿島。果たして、彼らはどこまで躍進するのか? 欧州王者との因縁の一戦は、現地12月19日に幕を開ける。

    12/16(日) 5:30配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00010000-sdigestw-socc

    写真
    no title


    鹿島は「レアルのライバルになる」 2016年以来の再戦にスペイン紙がアジア王者警戒
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00154613-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/16(日) 07:05:51.75 ID:CAP_USER9
    鹿島アントラーズがクラブ・ワールドカップ(CWC)の準々決勝、グアダラハラと対戦し、3-2で勝利した。

    開始3分にグアダラハラが先制。勢いづいた中南米カリブ王者がこのまま勝利するかと思われたが、鹿島に今年のベストヤングプレーヤー賞を受賞した安部裕葵が投入された後半に一挙3ゴールを挙げて勝利。欧州王者のレアル・マドリーが待つCWC準決勝に駒を進めた。

    「あれだけ前半は鹿島を抑え込んでいたのに……」と衝撃の逆転負けを喫した試合に驚いているのは、メキシコのグアダラハラ地元紙『El Informador』だ。

    「前半、先制点を挙げてから前半終了までの間、シヴァス(グアダラハラの愛称)は美しいサッカーを見せた。が、その後チャンスを逃し続けて、後半に3点を与えて逆転を許した。鹿島は攻撃陣が奮起。怪我で中心選手の鈴木優磨、三竿健斗を欠いた鹿島だが、チームの実力は決して揺るがなかった」

    さらに同紙は、試合後のDFホセカルロス・バンランキンのコメントを紹介。彼は「正直にいうと、いったい何が起きたのか分からないんだ」と頭を抱えていたようだ。

    「前半は、僕らの掲げる目標に合うペースで上手くいっていたはずなんだ。チームの雰囲気も最高だった。それなのに、後半には主導権を失った。理由は何度も考えたけれど……今は言葉が出てこない。もう少し落ち着いたら、振り返って分析しなければならないだろう。このトーナメントに残りたかったし、この結果に満足はしていない。勝つことができず、サポーターをがっかりさせてしまったことはとても申し訳なく思っている」

    メキシコメディアの『VIVA Liga MX』は「鹿島アントラーズは、シヴァスのクラブワールドカップ王者の夢を粉砕した」と綴った。

    「スタッツやデータだけを見れば、シヴァスが勝利した試合だと思うかもしれない。特に最初の45分、前半はシヴァスのプラン通りに進んだはずだ。しかし後半になってシヴァスの集中力は途切れ、鹿島の選手が走り込んでくるシーンが増えた。苛立ったメキシコのクラブは数少ないチャンスをものにすることも叶わず、以降はゴールネットを揺らすことができずに敗退したのだ」

    試合後、思わず座り込む選手の姿も見られたグアダラハラ。彼らのCWCはまだ終わりではなく、現地時間12月18日に行なわれる5位決定戦でエスペランスと対戦する。
    2018-12-16_18h23_53
    12/16(日) 7:00 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00051516-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/15(土) 23:55:42.01 _USER9
    FIFAクラブワールドカップは15日に準々決勝が開催。アジア王者の鹿島アントラーズが北中米カリブ王者のグアダラハラと対戦し、3-1の逆転勝利を収めた。準決勝進出を果たした鹿島は19日にヨーロッパ王者のレアル・マドリーと対戦する。

    2大会ぶりの出場となる鹿島は、スタメンに2016年大会を経験した昌子源、遠藤康、土居聖真らが先発。内田篤人やセルジーニョといった面々もスタメン入りを果たした。

    立ち上がりからボールが収まらない鹿島は3分、右サイドからドリブルで突破され、クロスを許すと、中央で待っていたサルディバルにヘッドで叩き込まれ、開始直後に失点した。

    その後もグアダラハラに前から激しいプレスを受け、中盤でボールを保持できない鹿島は、高い位置でボールを奪われピンチを招いてしまう。16分に永木亮太、18分に遠藤がミドルを放ったがいずれも枠には飛ばなかった。32分には土居のミドルシュートのこぼれ球を奪ったグアダラハラがカウンターを発動。最後はブリスエラがシュートを放ったが、チョン・スンヒョンが足を伸ばして間一髪でブロックした。

    さらに鹿島はピンチを迎える。40分、左からのロングスローをPA内でロペスが落とすと、サルディバルが左足で強烈なシュートを放つ。しかし、これをクォン・スンテがスーパーセーブで阻止。グアダラハラに追加点を許さなかった。

    すると鹿島は49分、セルジーニョのスルーパスに抜け出した土居聖真がPAに進入して折り返すと、待っていたのは永木亮太。右足で押し込んで同点に追いついた。

    さらに鹿島は69分、PA内で受けた土居聖真が内田篤人に一旦預けると、遠藤康とのワンツーを経て再び土居へリターン。土居は深い切り返しから相手DFを抜き去ろうとした際に足がかかり、倒されてしまう。主審はすぐさま笛を吹き、ペナルティスポットを指さした。このPKをセルジーニョが落ち着いて左隅に沈めて鹿島が逆転に成功した。

    そして84分、鹿島は安部が左サイドでボールを受けると、オーバラップしてきた安西幸輝にパスを送る。受けた安西は再び安部に戻すと、19歳アタッカーは中へカットインして強烈なミドルシュートを突き刺して勝負あり。

    後半に一挙3ゴールを奪った鹿島がグアダラハラを3-1で下し、準決勝進出を決めた。鹿島は準決勝でヨーロッパ王者のレアル・マドリーと2年ぶりに再戦する。
    2018-12-16_00h09_01
    12/15(土) 23:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00010014-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/15(土) 21:22:47.21 _USER9
    クラブワールドカップの準々決勝、鹿島アントラーズ対グアダラハラは12月15日、UAEのハッザーア・ビンザイード・スタジアムで現地時間17時(日本時間22時)のキックオフで行なわれる。

    キックオフに先立ち、両チームのスターティングメンバーが発表されている。2年前のクラブワールドカップで準優勝の鹿島は、リーグ戦と天皇杯で主力数名が負傷離脱。2トップは、セルジーニョと土居聖真、ボランチはレオ・シルバと永木亮太のコンビになりそうだ。

    鹿島のメンバーは以下の通り。

    GK
    1 クォン・スンテ

    DF
    2 内田篤人
    3 昌子 源
    16 山本脩斗
    35 チョン・スンヒョン

    MF
    4 レオ・シルバ
    6 永木亮太
    8 土居聖真
    11 レアンドロ
    25 遠藤 康

    FW
    18 セルジーニョ
    2018-12-15_21h44_56
    12/15(土) 21:04 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181215-00051493-sdigestw-socc

    続きを読む

    GettyImages-1065894142

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/11(火) 07:16:39.54 _USER9
    南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯決勝第2戦が9日(日本時間10日)、マドリードで行われ、リバープレートがボカ・ジュニアーズとのアルゼンチン勢対決を3-1で制し、2戦合計5-3で3年ぶり4度目の優勝を遂げた。12日にアラブ首長国連邦(UAE)で開幕するクラブW杯に出場するチームが全て出そろった。アジア王者として出場するJ1鹿島は10日、約1時間の調整を行った。11日、UAEへ出発する。

    いざ、雪辱の舞台へ。鹿島の“砦”、DF昌子源(26)が再び世界と対峙(たいじ)する。

    「置いてきたものを取りに行く舞台。自分の持っている力と、鹿島の持っている力を出したい」

    11日、26歳の誕生日を迎える昌子。2年前の誕生日は、開催国枠で出場したクラブW杯準々決勝のアフリカ王者マメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)戦で迎え、相手との接触で前歯を折りながらも奮闘して2-0の勝利を祝杯とした。勢いに乗ったチームは決勝まで進出。欧州王者レアル・マドリードとの熱戦の末に2-4で敗れ、涙をのんだ。

    「ここ数年で普通の選手が経験できないようなことを経験し、自分でも成長しているとは感じている」と自信をのぞかせる。準優勝のクラブW杯や今夏のW杯ロシア大会で世界の一流のプレーを体感し、自身の糧としてきた。「あのレベルに、もう一度立ちたい」。来年1月にフランス1部、トゥールーズへの移籍が濃厚となっている守備の要は、気合十分でUAEへ乗り込む。

    この日、南米代表にリバープレートが決定してクラブW杯の出場チームが全て確定。同チームとは、初戦を突破して準決勝でレアル・マドリードに勝たなければ対戦はないが、「決勝で試合できればいい」。その視線は世界の頂へと向いている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000002-sanspo-socc
    12/11(火) 7:00配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/09(日) 21:22:03.49 _USER9
    J1の鹿島アントラーズは9日、同クラブに所属するFW鈴木優磨が右ハムストリング筋損傷と診断されたとして、治療に約2ヶ月を要するという見通しを発表した。

    鈴木は5日に行われた天皇杯準決勝の浦和レッズ戦で負傷。チームドクターによる検査の結果、右ハムストリングの筋肉損傷が確認されたとのことだ。

    浦和に敗れたことで鹿島は国内での今季全日程を終えた。だが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)王者として参加するクラブワールドカップには鈴木は出場不可能となる。また、日本代表として来年1月のアジアカップに出場することも絶望的となった。

    鈴木は今季のJ1でチーム最多の11ゴールを記録。自身初の二桁得点を達成していた。クラブワールドカップに臨む鹿島にとっては大きな痛手となりそうだ。
    20180725_suzuki_getty
    12/9(日) 17:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00300433-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 23:16:59.89 _USER9
    FIFA(国際サッカー連盟)は6日、公式HP『FIFA.com』にて、FIFAクラブワールドカップ2018 UAEに出場するクラブの大会登録メンバーを発表した。

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制した鹿島アントラーズは、15日の準々決勝で北中米カリブ海王者(CONCACAFチャンピオンズリーグ2017-18王者)のグアダラハラ(メキシコ)と対戦する。

    鹿島のメンバーは以下の通り。6日に負傷が発表された日本代表MF三竿健斗やDF小田逸稀が選外となり、DF昌子源、FW鈴木優磨、MF小笠原満男らがメンバーリストに名を連ねている。

    ▼GK
    1 クォン・スンテ
    21 曽ヶ端準
    29 川俣慎一郎

    ▼DF
    2 内田篤人
    3 昌子源
    5 チョン・スンヒョン
    16 山本脩斗
    22 西大伍
    28 町田浩樹
    32 安西幸輝
    39 犬飼智也

    ▼MF
    4 レオ・シルバ
    6 永木亮太
    8 土居聖真
    11 レアンドロ
    18 セルジーニョ
    25 遠藤康
    26 久保田和音
    40 小笠原満男

    ▼FW
    9 鈴木優磨
    14 金森健志
    19 山口一真
    30 安部裕葵

    12/6(木) 23:03配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00873722-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/06(木) 04:17:09.86 _USER9
    ◆天皇杯▽準決勝 鹿島0―1浦和(5日・カシマスタジアム)

    鹿島のFW鈴木優磨(22)とMF三竿健斗(22)が、ともに負傷のためクラブW杯(15日~・UAE)を欠場する見通しとなった。クラブ幹部が「(UAEには)連れていかない」と明言した。

    鈴木は浦和戦の後半ロスタイムに右太もも裏を負傷。試合後は足を引きずりながら報道エリアに姿を見せ、「まだ診断結果が出ていないので」と前置きした上で「(クラブW杯開催地の)ドバイは無理だと思う。初めての箇所です」と肉離れを示唆した。三竿健も股関節の痛みを訴えており、先発出場した日本代表のキルギス戦(11月20日・豊田ス)を最後に実戦から遠ざかっている。

    クラブW杯では初戦の準々決勝で北中米カリブ海王者のグアダラハラ(メキシコ)と対戦。勝ち進めば準決勝で欧州王者Rマドリード(スペイン)と戦うが、ここまで過密日程の中で奮闘してきた主力2人の離脱は大きな痛手となる。

    試合は前半27分にCKから失点し、最後まで浦和の守備包囲網を崩せず準決勝敗退が決まった。DF内田篤人(30)は「ここまで試合を多くこなしながら頑張ってきた。最後までみんなで戦いたい」と前を向いた。
    2018-12-06_08h31_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000039-sph-socc
    12/6(木) 4:03配信

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/22(木) 11:57:16.10 ID:CAP_USER9.net
    サッカーファンには忙しい一日だった。11月10日、川崎がJリーグ連覇を決め、鹿島がアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で初優勝を決めた。両チームにはおめでとうと言いたい。

    鹿島はペルセポリス(イラン)との決勝第2戦を0-0で引き分け、2戦合計2-0として初のアジア制覇を達成した。第2戦は約10万人の観客が詰めかけた完全アウェー。それでも第1戦で奪った2点のリードが大きかったね。相手は焦りからかどんどんボールをタテに放り込んできて、鹿島にとっては守りやすい展開になった。

    もちろん、鹿島の守備陣の頑張りは褒められるべきだ。ストッパーの昌子とチョン・スンヒョンはクロスをはね返し続け、ボランチのレオ・シルバと三竿は何度もピンチを未然に防いだ。大会MVPに輝いたFW鈴木も前線でボールを追いかけ、時には自陣まで戻って守備をするなど体を張った。守ると決めたら守る。それをチーム全体で徹底できたのが鹿島の勝因だ。

    今季前半の鹿島は波に乗れなかった。でも今夏、ジーコがテクニカルディレクターとしてチームに復帰して以降は強さを取り戻した。主力の金崎、植田が移籍しても、途中加入のセルジーニョ、チョン・スンヒョンが穴を埋め、さらに故障から復帰した昌子が守備に安定感をもたらし、攻撃面では若手の鈴木や安部が勢いを与えた。

    特に今季の鈴木の成長は目を見張るものがある。金崎が移籍して「自分がやらなければ」という気持ちが強くなったのかな。ロシアW杯後、Jリーグの話題がイニエスタとフェルナンド・トーレスばかりだったときも、そのふたりよりも継続していいプレーを見せていた。今やチームの顔。日本代表でもプレーする資格があると思う。

    鹿島は懸念された過密日程もなんとかやりくりして、Jリーグの順位も来季ACL出場圏内に上げてきた。今季の頑張りはしっかり評価すべき。結果を出しながらも着実に世代交代も進めているし、来季以降も期待できるんじゃないかな。

    一方、川崎は2試合を残して早々とJリーグ連覇を決めた。シーズン前半はもたついたけど、チームとしての完成度が高く、W杯後は圧倒的な強さを見せた。広島をはじめとしたライバルチームの自滅も追い風になったね。

    中盤の(中村)憲剛、大島がゲームをコントロールし、家長や阿部がアクセントを加え、エースの小林が決める。両サイドバックのエウシーニョ、車屋の攻め上がりも破壊力がある。しっかりと守ってカウンターを狙うサッカーをするチームが大半のJリーグにあって、あの細かくボールを回す攻撃サッカーは独特で、見ていて面白い。

    川崎といえば昨季までなかなかタイトルを獲れずに苦労していたけど、一回優勝したことで何かをつかんだのかもしれないね。

    来季以降も彼らの攻撃的なサッカーはブレないと思うけど、選手層は決して厚くない。また、前線にベテランが多く、外国人枠も余らせている。当然、オフの補強がポイントになる。即戦力の日本人、将来性のある若手、大物外国人など、昨季と今季のDAZNマネー(優勝賞金)をどう使うのか。今度はアジアでも勝つためのチームづくりが求められる。

    鹿島と切磋琢磨(せっさたくま)してJリーグを牽引(けんいん)するのはもちろん、ぜひACL準決勝で両チームの対戦を実現してほしいね。


    構成/渡辺達也
    2018-11-23_09h15_06
    11/22(木) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-01075860-playboyz-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ