海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:鹿島アントラーズ

    1:Egg ★:2018/05/26(土) 08:19:51.78 ID:CAP_USER9.net
    鹿島アントラーズのFW金崎夢生が、ポルトガル1部リーグのポルティモネンセへ復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『ア・ボラ』が伝えている。

    金崎は2013年から2015年にかけてポルティモネンセに所属。54試合に出場して18ゴールを決めた。

    その後日本に戻った金崎だが、再びポルティモネンセへ行くことを希望しているという。ポルティモネンセ幹部が日本を訪れていることも、この移籍を後押しするとみられている。

    2017/18シーズンに中島翔哉が大活躍したポルティモネンセは、再び日本人選手の飛躍の舞台になるかもしれない。

    ただし、この移籍が実現すれば、鹿島にとって大きな損失となることは確実だ。同選手は今季J1リーグでここまで日本人選手トップの7得点を挙げている。

    5/26(土) 7:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180526-00271158-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    2018-05-16_23h14_52

    1:プーアル ★ :2018/05/16(水) 22:58:59.86 ID:CAP_USER9.net
    【上海上港 2-1 鹿島アントラーズ ACL決勝トーナメント1回戦2ndレグ】

    7分 1-0 フッキ(上海上港)
    42分 1-1 土居聖真(鹿島)
    81分 2-1 フッキ(上海上港)

    https://www.footballchannel.jp/2018/05/16/post269711/
    続きを読む

    1:fallen leaf ★:2018/05/11(金) 16:01:51.31 ID:CAP_USER9.net
    鹿島OBで元日本代表監督のジーコ氏(65)が11日、古巣のクラブハウスをサプライズ訪問した。

    前日10日夕方に成田空港着の航空機で来日を果たしたジーコ氏。この日は午前の練習が行われている中でクラブハウスを訪れた。練習場に同氏が姿を見せると、選手たちは一様に緊張の表情を見せ、母国の“レジェンド”(伝説)を前に、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)は背筋をピンと伸ばし硬直状態だった。

    かつての教え子、主将MF小笠原満男(39)らと握手をかわしたジーコ氏は、「頑張れ。1日1日を無駄にするな。後悔しないように。サッカーはいいときも悪いときもある。常に笑顔でいること。そうすればいいことが巡ってくるから」と激励した。

    同氏は1991年に鹿島の前身の住友金属に入団し、94年までプレー。プロ化するチームに勝利の哲学を植え付け、常勝軍団の礎を築いた。
    2018-05-11_18h47_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000535-sanspo-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/05/09(水) 20:52:44.09 ID:CAP_USER9.net
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが9日に行われ、鹿島アントラーズ(日本)が上海上港(中国)と対戦した。

    鹿島はアウェイの上海に先にチャンスを作られた。9分、自陣右サイド大きく空いたスペースでリュ・ウェンジュンがボールを持つとペナルティエリア内へ侵入。グラウンダーのクロスは昌子源がなんとかクリアするが、ペナルティエリア内でこぼれ球を拾ったオスカルにフリーでシュートを放たれる。しかし、これはクォン・スンテがファインセーブを見せ先制点を与えない。

    今度は鹿島にチャンスが訪れた。21分、金崎夢生のスルーパスに反応した西大伍が右サイドに空いたスペースへ抜け出し、早めにペナルティエリア内へクロスを送る。鈴木優磨が中央で待っていたものの、寸前でDFにクリアされてしまい、シュートまでたどり着けなかった。

    そして43分、鹿島がスコアボードを動かした。左CKから中央にボールが上がると、昌子が頭で合わせる。ゴールラインを割ったかに思われたボールをGKに掻き出されたが、詰めていた鈴木が右足で押し込んで貴重なゴールを奪った。

    後半に入ると、鹿島がさらに突き放す。49分、今度は右CKからボールがニアサイドに上がった。待っていた西が体にボールに当てると、目の前に転がったボールを蹴り込んで、点差を2点に広げた。

    さらに75分、敵陣左サイドを切り崩し中央にクロスを上げると、競り合いに行った鈴木が相手DFのオウンゴールを誘い、決定的となるチーム3点目を奪った。

    その後1点を返されるも、最後まで体を張り続けたディフェンスを徹底し、ホームで先勝を収めた。次戦、セカンドレグは上海上港のホームで12日に行われる。

    【スコア】
    鹿島アントラーズ - 上海上港

    【得点者】
    1-0 43分 鈴木優磨(鹿島)
    2-0 49分 西大伍(鹿島)
    3-0 75分 ユー・ハイ(オウンゴール)(鹿島)
    3-1 76分 エウケソン(上海)
    2018-05-09_21h24_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00755340-soccerk-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/05/05(土) 18:54:29.05 ID:CAP_USER9.net
    鹿島 1-0 浦和
    [得点者]
    25' 金崎 夢生(鹿島)PK

    スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
    入場者数:33,647人

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    17:久太郎 ★:2018/05/05(土) 18:56:08.18 ID:CAP_USER9.net
    >>1
    鹿島、因縁の対決を制す!浦和はPKに泣き連勝ならず/J1第13節

    ■J1第13節 鹿島 1-0 浦和

    鹿島:金崎(25分)
    浦和:なし

    明治安田生命J1リーグ第13節が5日に行われ、県立カシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと浦和レッズが対戦した。互いにリーグ戦では苦戦を強いられており、試合前時点での勝ち点はともに15。鹿島が13位、浦和が11位と、下位に低迷中だ。

    それでも前節、鹿島はDF内田篤人のアシストやFW金崎夢生・FW鈴木優磨の“アベック弾”で4戦ぶりに白星を挙げており、浦和もオズワルド・オリヴェイラ新体制での初勝利を遂げた。オリヴェイラ監督およびFW興梠慎三にとって古巣対決となる今節は、リーグの今後を占う重要な一戦となる。

    鹿島のゴールマウスを守るのは、前節に引き続きGK曽ヶ端準。鈴木はベンチスタート、MF永木亮太が6試合ぶりに先発した。対する浦和は負傷のFWアンドリュー・ナバウトがベンチ外となっており、FW武藤雄樹が先発復帰している。

    ゲーム序盤は、双方ともに縦への速いボールを多用。攻守の切り替えが激しい展開となった。21分に鹿島が絶好の位置でFKを獲得すると、ボール際には永木とMF遠藤康が立つ。遠藤のフェイントを経て永木が右足で直接狙うも、GK西川周作のセーブに遭った。

    すると24分、永木がペナルティエリア内で倒されて鹿島にPKのチャンス。キッカーの金崎が鋭いシュートを左サイドネットへ突き刺し、ホームの鹿島が先制した。金崎は今季7得点目。

    36分、鹿島ゴール前でDF昌子源からボールを奪ったMF橋岡大樹がすかさず左足を振り抜くも、曽ヶ端にセーブされた。前半終了間際には興梠の落としからMF長澤和輝がミドルシュートを放つも、これはGK正面へ。

    後半開始早々にも浦和が再三チャンスを作るが、得点には至らない。鹿島はブロックを形成して堅く守り、浦和にボールを持たせる戦術を採った。これに対し、浦和は速いパス回しで崩しにかかるも、なかなかその壁をこじ開けることができない。

    78分には逆に鹿島がカウンターからチャンスを演出し、DF安西幸輝が左足でコースを狙ったシュートを放った。これは西川が片手1本でなんとか防ぐ。

    浦和はいい形を作るものの、それを生かし切れない。試合はそのまま終了し、1-0で鹿島が勝利を収めた。オリヴェイラ監督は、慣れ親しんだピッチで浦和の2勝目を飾ることはできなかった。

    鹿島の次戦は、9日に行われるAFCチャンピオンズリーグのラウンド16・第1戦。上海上港(中国)とホームで対戦する。浦和は同日、JリーグYBCルヴァンカップ第5節で名古屋グランパスとのホームゲームに臨む。
    2018-05-05_19h18_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00010015-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/28(土) 23:12:15.09 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグを代表する強豪クラブであり、昨季も最終節まで優勝を争った鹿島アントラーズが苦戦を強いられている。今季J1の11試合を終えた時点での成績は、クラブ史上ワーストに近いものだ。

    28日に行われたJ1第11節の試合では、鹿島はアウェイで横浜F・マリノスと対戦。ともに下位に低迷している「オリジナル10」同士の激突となったが、横浜FMが3-0で6試合ぶりの白星を挙げた。

    この結果、鹿島は順位でも横浜FMに抜かれて15位に後退。11試合を終えて3勝3分け5敗での勝ち点12という成績にとどまっている。

    1シーズン制の11試合を終えた時点で鹿島がこれを下回る成績だったことはリーグ史上わずか1回のみ。3勝2分け6敗の勝ち点11だった2012年が唯一の例だ。順位は同じく15位だった。この年は最終的に、クラブ史上唯一の二桁順位である11位でシーズンを終えている。

    低調な成績の一因は深刻な得点力不足にある。11試合を終えてわずか8得点という数字は今季の全チーム中最少。ワースト成績の2012年でさえも11試合で11ゴールを記録していた。次節は5月2日、ホームで昇格組のV・ファーレン長崎と対戦。“常勝軍団”はその力を取り戻すことができるだろうか。

    4/28(土) 21:30配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00267374-footballc-socc

    写真


    順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    動画 公式】ハイライト:横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第11節 2018/4/28

    続きを読む

    6e197a16edbad14280ccb991c23df683

    1:豆次郎 ★:2018/04/20(金) 04:26:44.65 ID:CAP_USER9.net
    4/20(金) 4:00配信
    茨城新聞クロスアイ

    J1鹿島は19日、カシマスタジアムで14日に行われたJ1第8節名古屋戦で違反行為が認められた鹿島サポーター1名を、クラブのホームゲームおよびアウェーゲームへの無期限入場禁止処分にすることを発表した。

    鹿島によると、試合終了後、鹿島の選手たちがゴール裏のサポーターズシートへあいさつに向かった際、観客席から氷が投げ込まれ、選手の足元に落下した。同行為は観戦ルールの違反行為「フィールドへの物品の投げ込み」に該当する。

    試合終了から約2時間後、会員制交流サイト(SNS)に投稿された動画を通じてクラブが同行為を確認。17日に該当者を特定した。本人へ事情聴取を行い、違反行為を認めたため、処分を下した。

    茨城新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000004-ibaraki-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/04/17(火) 20:53:38.02 ID:CAP_USER9.net
    すでに突破決定の鹿島、H組首位通過とはならず…ホームで水原に完封負け
    4/17(火) 20:49配信 SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00744124-soccerk-socc

    ダムヤノビッチに得点を奪われた [写真]=Getty Images


    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第6節が17日に行われ、鹿島アントラーズ(日本)と水原三星(韓国)が対戦した。

    すでにグループステージ突破を決めている鹿島は、14日に行なわれた明治安田生命J1リーグ第8節・名古屋グランパス戦からスタメンを6名変更。鈴木優磨とルーキーの山口一真の2トップで臨む。

    31分、ゴール手前で相手にセットプレーを与えると、ヴァギニーニョのFKからデヤン・ダムヤノビッチに詰められ、水原に先制を許してしまう。前半は鹿島の1点ビハインドで折り返す。

    後半は球際の攻防が激しくなる中、鹿島がボールを保持しチャンスを作る。金崎夢生らを投入して打開を図ったが、最後まで得点は奪えず。

    試合は0-1で終了。この結果、鹿島は2勝3分け1敗の勝ち点9でグループHを2位で通過した。

    【スコア】
    鹿島アントラーズ 0-1 水原三星

    【得点者】
    0-1 31分 デヤン・ダムヤノビッチ(水原三星)
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/14(土) 18:22:53.27 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグ第8節が14日に行われ、鹿島アントラーズは名古屋グランパスと対戦。鹿島に所属する内田篤人が試合後インタビューに応じた。

    2連敗で今節を迎えた鹿島は、金崎夢生の2ゴールでリーグ戦4試合ぶりの白星を挙げた。開幕以来のスタメン復帰となった内田は自身のパフォーマンスを振り返り「そんなよくはなかったけど、勝ってディフェンスは評価される」とチームの勝利が重要だと語った。

    続けて、試合感覚については「練習でもやれてるし、紅白戦も出れてる」と問題がないことを強調。さらに、77分で途中交代した内田だが、交代は試合前から決まってたわけではなく、自ら要求していたことを明かした。「全然そんなことはない。別にケガしたとか、体力がないからではなく、交代する一個前のプレーで、カウンターを止めようと思ったけどイエローをもらってたから辞めた。そこで自分から言った。今日は戦術的な感じ」

    また、この時期に日本代表監督が変わったことで選手に与える影響について聞かれると「どうだろうね。呼ばれてたわけではないから。協会の人の判断だし、俺がどうこう言える話ではない」と名言は避けた。

    一方で、自身が代表選出される可能性については「あるでしょ」と断言したが、他の選手とは違う立場であることを強調した。「俺はどっちかっていうと試合に出ないと話にならない。みんなとは違う。見てくれてやれるってことが分かれば、気にはなってくれると思う」

    4/14(土) 17:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00743070-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    2018-04-07_21h11_29

    1:久太郎 ★:2018/04/07(土) 20:58:06.26 ID:CAP_USER9.net
    湘南 2-1 鹿島
    [得点者]
    5' オウンゴール (湘南)
    7' 鈴木 優磨  (鹿島)
    90+4' 山根 視来 (湘南)
    スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
    入場者数:13,947人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/040705/live/#livetxt

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ