海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:鹿島アントラーズ

    1:数の子 ★:2018/01/10(水) 22:49:29.43 ID:CAP_USER9.net
    1/10(水) 21:08配信 読売新聞

    J1鹿島の新体制発表記者会見が10日、茨城県内で行われ、独2部リーグのウニオン・ベルリンから復帰した元日本代表DF内田は「ドイツは歴史があり、日本と大きな差がある。僕は日本に帰ってきて、プレーで見せ、伝えていくのが大事」と使命感を語った。

    背番号は、2010年夏の渡独までの「2」を再び託された。15年に手術した右膝などの不安は「練習もしている。キャンプもあるし、大丈夫」と否定し、「鹿島は(J1優勝チームに与えられる)シャーレを掲げているのが似合うチーム。みんなで取りにいきたい」と意気込んだ。

    FW金崎の背番号は「33」から「10」に変更され、清水からDF犬飼が加入した。
    2018-01-11_08h30_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00050131-yom-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/06(土) 19:21:30.30 ID:CAP_USER9.net
    ベルギー1部のオイペンは5日、鹿島アントラーズに所属していたMF豊川雄太を獲得したことを発表した。だが、同選手の移籍をめぐってイングランドのメディアやファンの間に少々混乱が生じている模様だ。


    現在23歳の豊川は2013年に鹿島に加入し、2016年と17年はファジアーノ岡山へ期限付き移籍していた。オイペンは、豊川が「イングランド2部のリーズへ移籍し、リーズからオイペンへレンタルされる」と公式サイドで発表を行っている。

    リーズは今月4日に、ガンバ大阪から日本代表MF井手口陽介を獲得することを発表。続いてスペイン2部のクルトゥラル・レオネサが井手口を今季末までの期限付き移籍で獲得することを発表した。井手口も豊川も英国でプレーするために必要な労働ビザを取得することが現時点で不可能なため、同様のルートで他国のクラブへ一旦レンタルされる形となる。

    だが問題は、リーズが井手口の獲得を発表しながらも、豊川の獲得は発表していないことだ。

    オイペンからの獲得発表は行われているが、経由クラブとなるリーズからの発表がないことに対し、不可解だという見方が生じている。なお、鹿島や岡山からも発表は行われていない。

    英メディア『リーズライブ』は、リーズのクラブに近い筋の関係者が「ベルギーからの発表に当惑するリアクションを見せた」「クラブは豊川獲得の憶測をすぐに打ち消した」と伝えている。『BBC』記者のアダム・ポープ氏のものだとされるツイッターアカウントでも、「オイペンはレンタルを発表したが、リーズはFW豊川雄太とサインはしていないと言っている」とツイートされている。

    オイペンからの発表によれば、豊川は7日からチームに合流し、正式に手続きを済ませてプレー可能となる見通しだという。その予定通りにベルギーでのプレーを開始することになるのだろうか。

    1/6(土) 17:32配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00250069-footballc-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/05(金) 19:35:07.07 ID:CAP_USER9.net
    ベルギー1部のオイペンは5日、豊川雄太の加入を発表した。

    大津高校出身の豊川は2013年に鹿島アントラーズに入団。16年と17年は期限付き移籍で加入したファジアーノ岡山でプレーし、昨年12月に契約期間満了が発表されていた。

    オイペンの公式HPによると、豊川は4日に移籍が発表された井手口陽介と同様、イングランド・チャンピオンシップ(英2部)のリーズからのレンタルでオイペンに加入する模様。なお、リーズと鹿島からの移籍発表はされていない。豊川は今月7日からチームに合流する予定となっている。

    1/5(金) 19:06配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00697101-soccerk-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/02(火) 21:45:36.90 ID:CAP_USER9.net
    元サッカー日本代表のDF内田篤人がJ1鹿島に復帰することが2日、所属するウニオン・ベルリンから発表された。

    1/2(火) 21:38配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000094-dal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/26(火) 05:42:35.28 ID:CAP_USER9.net
    鹿島が今冬の獲得へ向け正式オファーを出している元日本代表DF内田篤人(29)について、現所属のドイツ2部ウニオン・ベルリンとクラブ間で大筋合意に至ったことが25日、分かった。鹿島と内田サイドの契約交渉がまとまれば10年6月以来、8シーズンぶりの復帰が決まる。

    関係者によると、鹿島はベルリンに対し内田獲得に必要な違約金(移籍金)として20万ユーロ(約2700万円)を提示。ベルリン側もこの条件に不満はなく、あとは細かなやり取りを残すのみとなったという。来季はリーグ王座奪回、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)初制覇を目指しており、右サイドバックの補強とともにクラブの伝統を受け継げる選手として、内田に白羽の矢を立てた。

    内田は現在、ドイツ2部リーグの中断期間を利用して日本に滞在中。今季のリーグ前半戦は2試合(先発1)の出場にとどまったことなどから、出場機会を求めて今冬の移籍を選択肢に入れていた。鹿島で出場機会を増やせばロシアW杯に出場する日本代表の逆転メンバー入りも十分に可能。10年南ア、14年ブラジルと2大会連続でW杯代表の経験を生かすためにも、鹿島で全力を尽くす。

    12/26(火) 5:05配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000024-sph-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/25(月) 06:29:14.27 ID:CAP_USER9.net
    鹿島がJ1で初めて“鎖骨スポンサー”の獲得に成功した。株式会社メルカリ(本社・東京都港区)と来季以降の新規ユニホームスポンサー契約を締結したことが24日、分かった。近日中に発表される。

    契約期間などの詳細は非公開だが、メディアなどへの露出度が高くなる鎖骨部分は胸スポンサー(推定3億円)に次ぐ金額で、鹿島の場合は1年2億円前後の大型契約になるとみられる。

    Jリーグは来季からユニホームの鎖骨部分にスポンサーをつけることを許可。鹿島は左右の鎖骨部分に「mercari」の文字を入れる。J2大宮が武蔵野銀行との契約を発表しているが、J1では鹿島が先陣を切って契約をまとめた。同社は今年4月から結んだオフィシャルスポンサー契約を継続しながら、新たにユニホーム契約を結んだ。Jリーグの狙い通り、クラブに新たな契約金が舞い込むことになる。

    鹿島で事業部門の責任者を務める鈴木秀樹取締役は「非常に迅速な判断を下していただいたメルカリ社に深く感謝している。ジャッジに至るまでのスピード感と対応力に企業としての特性を感じた。他のクラブスポンサー同様、今後も同社と長期的かつ相互にとって良好な関係を維持していきたいと考えている」とコメントした。

    ◆株式会社メルカリ 2013年2月設立。山田進太郎氏が代表取締役会長兼CEOを務める。資本金は125億5020万円(資本準備金含む)。スマートフォン向けフリマアプリ「メルカリ」の企画、開発、運用が主な事業。同アプリは13年の創業以来、日米で6000万ダウンロードを記録。今年4月から鹿島とオフィシャルスポンサー契約を結んだ。
    2017-12-25_08h36_22
    12/25(月) 5:32配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000288-sph-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/12/19(火) 04:27:33.77 ID:CAP_USER9.net
    12/19(火) 4:03配信
    スポーツ報知

    内田篤人、8シーズンぶり鹿島に復帰へ!2番は空き番 違約金2・7億払う

    鹿島時代に背番号2をつけ活躍した内田

    鹿島が元日本代表DF内田篤人(29)の今冬獲得へ向け、ドイツ2部ウニオン・ベルリンに正式オファーを出したことが18日までに分かった。今後はクラブ間交渉や内田本人との契約交渉を行い、合意に達すればドイツ1部シャルケに移籍した2010年7月以来、約8シーズンぶりの復帰となる。内田には右サイドバックとしてだけでなく、クラブの伝統を継承する役割を期待している。

    ウニオン・ベルリンとの契約は来夏まで残っており、獲得には違約金200万ユーロ(約2億7000万円)がかかるとみられる。15年6月に右膝の手術を受け、復活に時間を要しているが、もともとフィジカルに頼る選手ではないことから、鹿島は出場機会の増加とともに回復すると判断。リーグ3連覇(07~09年)を遂げた主力で、クラブが最も大事にする「勝負に徹する」姿勢を継承できる存在だ。

    内田は今夏にシャルケからウニオン・ベルリンへ完全移籍したが、左太もも裏の肉離れもあり半年間でリーグ戦出場は2試合(先発1)。今月上旬には内田の獲得に尽力したイェンス・ケラー監督も解任され、取り巻く状況は芳しくない。内田にとっても移籍を検討するタイミングで、交渉がスムーズに進む可能性は高い。

    鹿島は退団後の8シーズンは「篤人が戻ってくる時に」(鹿島幹部)備えて、内田が背負った2番を空き番にしてきた。悲願のアジア・チャンピオンズリーグ初制覇、リーグ王座奪回へ向け内田獲得を目指す。

    ◆内田 篤人(うちだ・あつと)1988年3月27日、静岡・函南(かんなみ)町生まれ。29歳。2006年に清水東高から鹿島入りし、右サイドバックとして07~09年のリーグ3連覇に貢献。08年北京五輪代表。19歳でA代表に初選出され、W杯は10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会に選出。10年7月にドイツ1部シャルケへ移籍し、17年7月から同2部ウニオン・ベルリン所属。国際Aマッチ74試合2得点。ドイツ1部104試合1得点。同2部2試合無得点。176センチ、62キロ。家族は妻と1女。
    2017-12-19_08h05_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000028-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/06(水) 18:56:46.52 ID:CAP_USER9.net
    2018年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の組み合わせ抽選会が6日、マレーシア・クアラルンプールで行われ、J1初優勝を果たした川崎は韓国の蔚山現代、メルボルンと同組のF組になった。今季の川崎はACLの準々決勝で優勝した浦和との日本勢対決に敗れた。

    J1で2位の鹿島は、シドニーFC(オーストラリア)、上海申花(中国)などと同じH組。天皇杯勝者は広州恒大(中国)、済州(韓国)、ブリラム(タイ)と強豪揃いのG組となった。

    J1・3位のC大阪は、1月30日に行われる予定のプレーオフで、アントンFC(タイ)とジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシア)の勝者と対戦する。なおC大阪が天皇杯で優勝した場合は、J1・4位の柏が繰り上げでプレーオフに出場する。

    来季のACLはロシアW杯の影響で開幕が前倒しとなり、初戦は2月12日からが予定されている。

     ◆ACL東地区1次リーグ

     ▽E組 全北現代(韓国)、傑志(香港)、プレーオフ4勝者、プレーオフ2勝者

     ▽F組 川崎、蔚山現代(韓国)、メルボルン(豪)、プレーオフ3勝者

     ▽G組 広州恒大(中国)、天皇杯勝者、済州(韓国)、ブリラム(タイ)

     ▽H組 シドニーFC(豪)、上海申花(中国)、鹿島、プレーオフ1勝者

     ▽プレーオフ2 C大阪(天皇杯制覇の場合はJ1・4位の柏)―ムアントンFC(タイ)とジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシア)の勝者
    2017-12-06_20h33_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000097-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/03(日) 07:15:27.47 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ2部ウニオン・ベルリンが鹿島DF植田直通(23)の獲得を検討していることが2日、分かった。同クラブのチーフスカウト担当が10月21日の横浜M戦(日産ス)などを視察。関係者によると今冬の移籍市場で獲得オファーに発展する可能性がある。ウニオン・ベルリンは今季15試合を終えて4位につけている。

    現在の主力センターバックが来夏までに移籍する可能性があり、植田をリストアップした。これを受け、鹿島はリオ五輪代表の神戸DF岩波拓也(23)に獲得オファーを出した。

    12/3(日) 6:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000025-sph-socc

    写真



    ドイツ2部ウニオン・ベルリンの元日本代表DF内田篤人(29)が、古巣の鹿島アントラーズに復帰する可能性があることが2日、分かった

    鹿島クラブ幹部は「まだ何も話はしていない」と前置きした上で「今のチームでは(右サイドバックの)1番手ではないから」と状況は把握。昨季後も「篤人がその気なら、いつでも門戸は開いている。そのために(背番号)2番も空けてある」と獲得を示唆しており、来季に向けて今冬の獲得に動く可能性を否定しなかった。

    内田は15年6月に右膝を手術し、長期のリハビリを経て昨年12月に実戦復帰。日本代表復帰のためにも、国内復帰も視野に入れているという。ウニオン・ベルリンとの契約は来年6月まで残っているが、違約金などの交渉がまとまれば、10年以来となる「鹿島のウッチー」が実現する。

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ