海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:齋藤学

    15624911_1870490196560439_3535990546948423680_n
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/12(木) 12:06:40.56 ID:CAP_USER9.net
    名門クラブの“雪崩現象”が止まりそうにない。J1横浜Mの象徴的存在で10番を背負った元日本代表MF中村俊輔(38)がチーム戦略への不満からJ1磐田へ移籍を決断するなど、主力選手の流出が相次いでいる。激震が続く中、さらにエース格の日本代表FW斎藤学(26)の退団も確実視されており、来季に向けチーム力の大幅ダウンは避けられない状況だ。

    俊輔は資本提携先である英シティーグループの方針に不信感を拭い去れず、苦悩の末に磐田移籍を決断したが、ほかの主力イレブンも思いは同じだった。すでに2011年に加入してから不動の右サイドバックとして活躍したDF小林祐三(31)がJ1鳥栖を新天地に選び、下部組織からマリノス一筋だったGK榎本哲也(33)はJ1浦和へ。10日には生え抜きのMF兵藤慎剛(31)のJ1札幌移籍も発表された。

    近年の横浜Mを支えてきた選手たちが次々とチームを去る異常事態。これに加え、日本代表FW斎藤も残留の意思はない。昨年末の時点で「まだ何も決めていない」と話していたが、出身地のクラブであるJ1川崎か欧州移籍に絞っており、現状では海外に新天地を求める方向に傾きかけているという。

    あとはオファーの中身次第。現時点では満足できる内容ではない模様で、名前が浮上しているベルギー1部のアンデルレヒト、ドイツ2部のボーフムといったクラスで納得できるかどうかでまだ揺れているようだ。

    斎藤は得意のドリブルで左サイドを切り裂くプレーで、昨季の攻撃をほぼ一人で支えてきた。そんなアタッカーの流出は、俊輔の移籍に勝るとも劣らないショック。昨シーズンに俊輔が「ウチの戦術は“斎藤学”だから」と語っていたほど依存度は高く、不在の穴を簡単に埋められるはずもない。得点力不足が課題になっているチームには大きな損失だ。

    一時は大減俸を提示された元日本代表DF中沢佑二(38)が残留の見通しなのは数少ない救いだろうが、主力流出で全く別のチームに生まれ変わるリスクは小さくない。

    東スポWeb 1/12(木) 11:02配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000006-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/25(日) 08:17:57.15 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ2部ボーフムが、横浜の日本代表MF斎藤学(26)の獲得に動いていることが24日、分かった。今季の斎藤は自身初の2桁得点を記録、ベストイレブンにも選出された。

    現在11位のボーフムは今冬の移籍市場で即戦力FWの補強が急務。今季、さらなる進化を見せるハマのメッシに白羽の矢を立てた。

    ボーフムは1848年創立の歴史あるクラブだが、1部と2部の昇降格を繰り返し、10~11年シーズン以降は2部が続く。08~10年には小野伸二(現札幌)、11~12年には乾(現エイバル)ら日本人選手も所属した。現在はオランダ人のフェルべーク氏(56)が監督を務めている。

    斎藤は天皇杯G大阪戦でも後半18分、自ら獲得したPKで先制点を決めるなど活躍。「マリノスでは初のPK。緊張はなかった」と笑顔を見せた。約1カ月半ぶりの実戦となったが、その間もシュート練習に力を注いできた。若手選手に気の緩みが見えた時は厳しい言動で鼓舞するなど、チームリーダーぶりも発揮していた。

    今季限りで横浜との契約が満了する斎藤には、ボーフムの他にも国内外で複数クラブがリストアップしているという。

    スポニチアネックス 12/25(日) 8:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000078-spnannex-socc

    写真



    プロフィール
    http://www.f-marinos.com/club/player/top/2016/11

    VFLボーフム
    http://www.vfl-bochum.de/

    ブンデスリーガ公式 2部順位表
    http://www.bundesliga.com/jp/stats/table/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 19:01:14.19 ID:CAP_USER9.net
    国内外の日本人選手の個人スキルにフォーカスし、ランク付けを行う『Goal25マニアックスキルアワード』。「2016年最もパスが上手かった選手」について、かつてアトレティコ・マドリーのユースチームでもプレーしたテクニシャン、玉乃淳氏にセレクトしてもらった。

    独自の視点でサッカーを評価する解説者として知られる玉乃氏は「『パスが上手い』というのは、究極『止めて・蹴る』が上手いということです」と断言する。理想的な位置にボールを置いて、正確に蹴り出す。基本中の基本であるが、高いレベルでそれを実践できる選手はそう多くない。そんな視点から、国内外の日本人選手を分析してもらった。

    3位 齋藤学(横浜FM)

    「彼の長所は、完全に仕掛けの上手さにある。タイミングがいい。ドリブルしながら味方を使うという部分で言えば、上位の二選手には及ばないけれど、ポテンシャルで言えば、日本人最高水準。欧州に行くことで、もう一伸びあるかもしれません。いまの彼はまだ“槍”になってしまっている部分が大きい。極上の槍ではあるんですが、これだと日本代表でもジョーカー的な使い方しか難しいと思います」(玉乃氏)

    2位 乾貴士(エイバル)

    「トップスピードでドリブルしても精度の落ちない稀有な選手ですね。普通の選手は速度を上げようとすると自然とミスが増えるのですが、彼はナチュラルにスピードを出せますよね。そのおかげで、ドリブルでのビルドアップでも速さを活かせるのが大きいです。J2のC大阪時代の2シャドーでやっていたときも凄かったですよ。代表でもエイバルでも左サイドに張らされていますが、ポテンシャルを出し切れていないとも感じるくらいです」(玉乃氏)

    1位 香川真司(ドルトムント)

    「本当に上手い選手です。自分の前のスペースだけじゃなく、自分の後ろのスペースを使える唯一の日本人と言っていいでしょう。ちょっとイニエスタっぽいところがある。ドリブルで少しだけ後ろに下がって時間を作れる。C大阪でボランチをやっているときに初めて観て、本当に驚きました。サイドチェンジでも他の選手よりタッチが一つ少ないのでプレッシャーがあっても取れないような感覚がある。思わず握手しに行ったくらい(笑)。ドリブルのスキルは彼が一番です」(玉乃氏)

    「香川と乾に共通するのは、顔を上げながらドリブルし、チームの流れ、試合の様子を観ながら、スピードを自在に変えられる選手であること」(玉乃氏)。ドリブル一辺倒の選手は本当の意味での“上手いドリブラー”ではないという考え方だ。「試合の中で“ドリブルを使える”選手が、本当の良い選手なんですよ」と力説する。

    今回の選考では「原口元気や武藤嘉紀のような走力を使って抜いていくタイプの選手は入れていません」と言う玉乃氏は「もちろん“走り”はサッカーにおいて大事な要素ではあるけれど、ドリブルの“上手さ”という意味ではタイプが違うかなと思っています」と続けた。そして同時にこうも言う。

    「世界の真に一流と言われる選手たちは、しかし“上手さ”と“走り”の両方を兼ね備えているのも確かな事実なんです。先日のクラシコであらためて思いましたが、クリロナもメッシもネイマールもゴツいし、速い。そのうえで上手いんです。そして90分にわたってキレが落ちないという持続性もある。90分の中で計算できないドリブラーは、本当のトップレベルでは使っても貰えませんよ」(玉乃氏)

    現在のところ、「日本人で両方を兼ね備えた選手はまだいません」(玉乃氏)というが、これからはどうか。「将来的には、そういう選手が出てきてほしい」と願うのは玉乃氏ばかりではないだろう。
    img2730_1gerkd4oblq3c1uum2ow4ob3h0
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000017-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/01(土) 22:55:35.97 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は1日、日本代表に招集されていたFW宇佐美貴史(アウクスブルク)とFW武藤嘉紀(マインツ)がケガのため不参加となり、代わってFW齋藤学(横浜FM)を追加招集すると発表した。

    武藤は9月29日に行われたELガバラ戦で右膝を負傷。宇佐美は練習中に負傷し、同30日のライプツィヒ戦を欠場していた。齋藤は今回同様、故障者が出たことで追加招集された3月29日のW杯アジア2次予選・シリア戦以来、約半年ぶりの代表復帰となった。

    代表チームは明日2日に埼玉県内に集合。6日のW杯アジア最終予選・イラク戦(埼玉)、11日の同オーストラリア戦(メルボルン)に向けて合宿をスタートさせる。
    2016-10-02_00h54_47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-01631772-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/28(水) 16:00:08.43 ID:CAP_USER9.net
    「彼には爆発的なスピードがある」(ハリルホジッチ監督)。
     
    縦に抜くのも、カットインするのも、自由自在だ。その突破を止めようと相手が出してきた足を軽やかにかわし、ゴールに向かって突き進む。Jリーグで今、横浜の齋藤学ほど、キレまくっているドリブラーは、おそらくいないだろう。
     
    2-3と死闘を演じた先日の川崎戦でも、持ち前の突破力は随所に発揮されていた。ロスタイムには、相手のパスミスをかっさらい、ペナルティエリア内に侵入。細かいステップで迫りくるDFとGKの態勢を崩し、最後は伊藤の同点弾をアシストしてみせた。
     
    今年の3月シリーズ(ロシアワールドカップ・アジア2次予選)では、24日のアフガニスタン戦で負傷した小林の離脱に伴い、追加招集された。ハリルホジッチ監督は「FWとして真ん中もできるし、サイドもできると思っている。彼には爆発的なスピードがある。身長は小さいが、テクニックに関しても問題はない」と評価。しかし、29日のシリア戦にベンチ入りしたものの、出場はなかった。
     
    代表でポジションを争うとすれば、4-3-3の左ウイングだろう。原口、宇佐美、清武らがライバルとなり、とりわけ原口はヘルタ・ベルリンでレギュラーの座を掴み、充実のシーズンを送っているだけに“強敵”だ。
     
    原口もドリブル突破を武器としており、いわば齋藤と同タイプである。ただ、原口も齋藤も、左だけでなく右も遜色なくこなすことができる。ハリルジャパンの右ウイングは本田の“指定席”だが、その本田は今季、ミランで思うように出場機会を得られていない。
     
    それは宇佐美にしても同様で、試合勘で言えば、本田や宇佐美より、齋藤のほうがはるかにある。右ウイングでは小林の存在も無視できないが、それでも齋藤につけ入る隙は十分にあるはずだ。
     
    原口と齋藤。突破力のあるふたりが左右のウイングに名を連ね、両サイドから果敢に仕掛けて、攻撃をリードする。特に、大柄な選手が揃うオーストラリア相手には、彼らのスピードと打開力は脅威になるはずで、バイタルエリアでファウルをもらえれば、セットプレーのチャンスも広がる。
     
    遅々として進まない日本代表の世代交代を考えても、原口や清武らロンドン五輪世代のさらなる台頭は必須。26歳の齋藤にかかる期待は、決して小さくない。
     
    取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

    SOCCER DIGEST Web 9月28日(水)12時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00019153-sdigestw-socc

    写真

    動画 スカパー!ハイライト 2016/9/25 J1 2nd第13節 川崎F vs 横浜FM
    http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/video/player/128086
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/30(火) 13:12:19.48 ID:CAP_USER9.net
    W杯アジア最終予選開幕を目前に控え、日本代表の動向が盛んに報じられている現在、なぜこの選手がその場にいないのか、不思議で仕方がない。それほどに、彼がJ1で見せるプレーぶりが“キレッキレ”なのだ。

    横浜F・マリノスの背番号11、MF齋藤学のことである。

    8月27日に行なわれたJ1セカンドステージ第10節、鹿島アントラーズ戦。最終予選開催にともなうリーグ戦中断直前のこの試合、齋藤はピッチ上で誰よりも強い存在感を示し、スタンドの視線を独り占めにした。

    これまで所属クラブになぞらえて、「ハマのメッシ」や「愛媛のメッシ」の異名を取ってきた齋藤だが、この日の齋藤はまさに本家メッシばりの活躍だった。

    身長169cmと小柄な背番号11は、ボールを持って前を向きさえすれば、芝の上を滑るように加速。瞬時にトップスピードに達すると、鋭いドリブルで次々とDFを抜き去り、何度もチャンスを作り出した。

    それでも高速ドリブルだけなら、おそらく鹿島も対応のしようがあったはずだ。きっと脅威は半減していたに違いない。ところが、齋藤はピッチ上を疾駆しながら、止めにくるDFを引きつけたうえで、相手の裏をかくように効果的なスルーパスを何度も通した。

    これには、ファーストステージ王者もお手上げ状態。日本代表でもある鹿島DFの昌子源は「こっちの目線で言えば、やられすぎだけど」と付け加えたうえで、「学くんがスゴかった」と舌を巻いた。

    昌子が脱帽するのも無理はない。2-2で引き分けたこの試合、鹿島の2失点はいずれも齋藤にしてやられたものだった。

    1点目は左サイドでボールを持った齋藤にドリブルで中央にカットインされ、狙いすまして打たれたシュートをゴール前のFW伊藤翔にコースを変えられたもの。そして2点目は、ハーフウェーライン付近でボールを奪われ、齋藤にドリブルで独走されて決められたもの。いずれも齋藤絡みで失点を喫している。

    齋藤は1ゴール1アシスト。試合結果は引き分けでも、齋藤vs鹿島ディフェンスの勝負に限れば、結果は齋藤の完勝だった。昌子は呆れたように苦笑いを浮かべ、こう語った。

    「そんなにやられるかっていうくらい、やられた」

    だが、昌子がそこまで言うのは、齋藤ひとりにすべてをやられたというより、「学くんを意識してやられすぎた」という思いがあるからだ。昌子が続ける。
     
    つづく
    2016-08-30_13h49_23
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00010001-sportiva-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/24(水) 10:41:34.56 ID:CAP_USER9.net
    9月からはじまる2018ロシアW杯アジア最終予選。日本は9月1日にUAEと、9月6日にタイと対戦する。この2試合に向けた日本代表メンバーは8月25日に発表されるが、新戦力の台頭はあるだろうか。今回は、キリンカップで招集されていない選手のなかから、日本代表に推薦したい5選手をピックアップする。

    ◆久保裕也(ヤングボーイズ:スイス)

    ペナルティ内で存在感を発揮するストライカー。ゴールを見据えるその眼光の鋭さは、まさにハンター。U-23日本代表の得点源としてリオデジャネイロ五輪での活躍が期待されていたが、所属するスイスのヤングボーイズが招集に応じなかったため、桧舞台への出場は叶わなかった。

    とはいえ、クラブ側が久保を手放したくなかったという事実は、彼への信頼の大きさゆえのこと。手倉森ジャパンにとっては痛手だったが、ストライカーが欧州のクラブで重宝されていることは日本サッカーにとってもプラスだろう。

    ◆齋藤学(横浜F・マリノス)

    ドリブルは間違いなくJリーグ屈指。加えてゴールへ向かっていく姿勢も素晴らしい。今季の横浜F・マリノスは前線の個人能力を活かす戦い方をしており、齋藤もその力を誇示し続けている。2014年のブラジルW杯メンバーにも名を連ねているように、彼の突破力は国際レベルでも十分通用するはず。

    アジア最終予選では2次予選までとは比較にならない相手との戦いが待っている。常に強気の姿勢で勝負を挑むことのできるこのアタッカーの存在は、日本代表にとって大きな助けとなる。

    ◆植田直通(鹿島アントラーズ)

    高校時代から大きな注目を集め、鹿島アントラーズでその能力をさらに高めている武闘派CB。高さとスピードを兼ね備え、さらに後方からのフィードも正確な植田。日本サッカーにおける懸案事項だった、世界と互角に渡り合えるCBになれる可能性を秘めている。

    A代表への招集経験はすでにあり、今回のメンバーに選ばれても何ら不思議はない。リオデジャネイロ五輪では守備の要として奮闘したが、チームはグループステージ敗退。不完全燃焼に終わった悔しさを、今後の成長の糧としたいところだ。

    ◆室屋成(FC東京)

    明治大学在学中にFC東京とプロ契約を結んだサイドバック。思い切りの良いオーバーラップで攻撃に厚みをもたらすことができる存在である。リオデジャネイロ五輪では主に右SBで活躍。守備時に不安定な動きを見せることもあったが、攻撃における貢献度は高かった。

    大舞台で自分の特徴を出せた点も評価に値する。ハリルジャパンの右SBは内田篤人が負傷中とあり、絶対的な存在はいない。経験値はまだまだ不足しているが、A代表で起用する価値は十分あるのではないだろうか。

    ◆ハーフナー・マイク(デン・ハーグ)

    身長194cmと日本人では規格外の高さを備えるストライカー。昨シーズン加入したオランダのデン・ハーグではリーグ戦16ゴールを記録。これまでの日本人記録はマインツ時代の岡崎慎司が挙げた15得点。オランダリーグは決して世界最高峰ではないが、ヨーロッパの舞台で結果を出したハーフナーは称賛に値する。

    そして今シーズンの開幕戦でも2ゴールを奪うなど、幸先の良いスタートを切った。アジア最終予選を突破しW杯に駒を進める上で、彼の高さは大きな武器となるはずだ。
    201608231_kubo_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160824-00010003-footballc-socc&p=2
    続きを読む


    2014-04-15_22h01_56
    [4.15 ACLグループリーグ第5節 横浜FM2-1全北現代 日産]

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は15日、グループリーグ第5節を行い、G組の横浜F・マリノスはホームで全北現代(韓国)と対戦し、2-1で勝 利した。前半7分に先制された横浜FMだったが、後半18分と20分にMF齋藤学が立て続けにゴールを奪い逆転に成功。その後は体を張った守備で全北の反 撃をしのぎ切り、勝ち点3を獲得した。

     ここまで1勝1分2敗で最下位に沈む横浜FMは、引き分け以下に終われば他会場の結果次第でグループリーグ敗退が決まる状況に追い込まれていた。自力で最終節に望みをつなぐには、もはや勝利しか残されていなかった。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00134452-gekisaka-socc
    続きを読む

    66c3e64beb7de4a0592dd5a255ff6b97

    1: こてこて鍋φ ★ 2013/12/08 09:36:32
     横浜FW斎藤学(23)にウォルフスブルクから獲得オファーが届いていることが7日、分かった。7月の東アジア杯を皮切りに日本代表に4度選ばれたドリブラーは海外挑戦の希望を持つ。移籍市場が再開する来年1月1日以降に移籍が実現することになりそうだ。

     10月下旬には元ドイツ代表で、現在ウォルフスブルクのコーチ兼スカウトのピエール・リトバルスキー氏(53)が横浜市内の練習場を訪問していた。斎藤との契約は来季まで残るが、横浜幹部は「日本代表に選ばれているし、成長を目指す上で1つの選択肢になる」と移籍を容認する構え。今年1月には本人の意思を尊重してFW小野裕二(20)のベルギー・スタンダールへの移籍も認めている。

     ウォルフスブルクは日本代表MF長谷部(ニュルンベルク)がいた09年にリーグ制覇も、その後は優勝争いから遠ざかっている。今季は現在6位で首位Bミュンヘンとは勝ち点15差。斎藤と重なる左MFはクロアチア代表MFペリシッチが起用されているが、今季は1得点。現地報道によると、司令塔MFジエゴのAマドリード移籍が浮上する中、U-21ベルギー代表のMFレスティエンヌの獲得も目指すなど若返りを図っている模様だ。

     斎藤はこの日の川崎F戦にフル出場したが無得点。「天皇杯へ切り替えることが大事」と話した。まずは残された目の前の戦いに集中する。


    http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20131208-1228595.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ