海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ACミラン

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 19:13:51.33 ID:CAP_USER9.net
    ミランに所属するイタリア代表のGKジャンルイジ・ドンナルンマが19日、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応じ、ミラン残留を希望していることを改めて強調した。

    18歳の天才GKにはこれまで、ユヴェントスのほかマンチェスター・シティやバルセロナなど各国の強豪クラブが獲得に興味を示していると報じられてきた。

    ドンナルンマとミランの契約は2018年6月末に満了を迎える。当初はプロ契約が解禁となるドンナルンマの18歳の誕生日(2月25日)を目安に、契約の更新を行うはずだった。

    ところがミランの譲渡をめぐって、新オーナーとなるシノ・ヨーロッパ・スポーツ(SES)からシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長の家族が運営するフィニンヴェストへの契約金の支払いが遅れている。このため12月に予定されていた手続き完了が現在も実現しておらず、ミランは選手の契約更新へ踏み切ることができないままだ。

    契約更新となれば、高額な移籍金を設定し、他クラブからのオファーをけん制することができるものの、現在はドンナルンマ本人のミランへの忠誠心のみが流出を阻む最後の砦となっている。

    移籍が噂されているユヴェントスとの一戦(2-1でユヴェントスが勝利)では、ユニフォームのミランロゴにキスをして、ユヴェントスのサポーターの前でミラン愛をアピールしていた。

    19日には、イタリア代表合宿の行われているフィレンツェでインタビューを受けた。

    「僕はミラニスタだから残りたいと思っている。だけど、契約更新については僕の代理人(ミーノ・ライオラ)が担当することになっている」

    改めてミラン残留を希望していることを明かしたものの、契約更新についての詳しい発言は避けた。
    2017-03-20_20h11_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000015-goal-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 17:27:23.13 ID:CAP_USER9.net
    トッテナムが今夏の移籍市場で日本代表MF本田圭佑の所属するミランからスペイン人FWスソの引き抜きを狙っているという。イギリス紙『デイリーミラー』が19日付で伝えている。

    今シーズンよりジェノアから復帰したスソは、ヴィンチェンツィオ・モンテッラ監督の下で右ウイングのレギュラーに定着。ここまでのリーグ戦29試合中27試合に出場し、6ゴール7アシストを記録している。

    トッテナムは来シーズンに向けて中盤の強化を目指しており、レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコやエヴァートンのイングランド代表MFロス・バークリーの獲得を検討。同紙によると、これらの選手の獲得に失敗した場合、セカンドチョイスとしてスソ獲得に動くという。

    同選手はかつてリヴァプールに在籍しており、プレミアリーグでのプレー経験を持っていることも獲得候補に挙がった一因のようだ。ミランで定位置をつかんだばかりのスソだが、果たして再びイングランドでのプレーを選択するのだろうか。
    2017-03-20_19h34_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00565062-soccerk-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 11:28:32.36 ID:CAP_USER9.net
    Football ZONE web?3/19(日) 11:09配信
    2017-03-19_13h47_18
    ジェノア戦も出番なしに終えた本田【写真:Getty Images】

    主力7人欠場に加え、ベルトラッチが開始早々に負傷交代も声かからず

    ACミランの日本代表FW本田圭佑は、現地時間18日の本拠地ジェノア戦で出番なしに終わった。チームは1-0で勝利したが、公式戦22試合連続でスタメン落ちの本田は主力8人欠場というチームの危機的状況にも、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督から声がかからず。戦力外状態の背番号10は23日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選UAE戦と28日のタイ戦に向けて、“試合勘ゼロ”の状態で代表合流することになった。

    主力7人を故障と出場停止により欠いていたミランは、開始3分でMFアンドレア・ベルトラッチが足を痛めて交代を余儀なくされ、MFマヌエル・ロカテッリが投入された。前半のうちにMFマティ・フェルナンデスのシュートで先制すると、後半に入って残り2人の交代枠が使用されたが、そこに本田の名前はなかった。

    試合前には本田が起用される可能性が現地メディアでも報じられたが、風邪で練習を離脱する羽目になった。「運がないね」と前日会見で語っていたモンテッラ監督の、本田に対する信頼の低さを改めて示す格好となった。

    今季のリーグ戦でプレータイムが100分未満、2017年に入ってからは1月25日のイタリア杯準々決勝ユベントス戦の後半45分からの途中出場のみで、リーグ戦では一度もピッチに立っていない本田は、主力離脱で危機的状況にあったこの日も出番はなかった。イタリアメディアから命名された「パンキナーロ(ベンチ要員)」という有り難くない異名通りの苦境のまま、バヒド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表に合流し、W杯アジア最終予選の戦いに挑むことになる。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170319-00010006-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/03/18(土) 02:30:33.13 ID:CAP_USER9.net
    本田に先発のチャンス!“新システム”のキーマン!!伊メディア「運命決める」

    ゲキサカ 3/17(金) 22:38配信

    ミランの日本代表FW本田圭佑に絶好のチャンスが巡ってくるようだ。

    今季のこれまでのリーグ戦の出場は、わずかに5試合で95分間にとどまっている本田は、12試合出場から遠ざかっている。しかし怪我人の続出により、18日のジェノア戦の先発出場が検討されているという。クラブはインフルエンザと発表したが、問題ないようだ。

    『カルチョメルカート』は「ジェノア戦は本田の運命を決める一戦」になるとして記事を掲載。右FWのスソとMFジャコモ・ボナベントゥーラが負傷欠場。CFWのカルロス・バッカが出場停止。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などではFWジャンルカ・ラパドゥーラの先発が予想されているが、『カルチョメルカート』はラパドゥーラが筋肉系のトラブルがあると報じている。

    そこで本田が起用されるという訳だ。FWジェラール・デウロフェウ、MFルーカス・オカンポスとの3トップが予想されるが、3人ともストライカーではないため、ゼロトップになる見込み。本田が“新システム”のキーマンになるはずだ。

    本田が先発すれば、昨年10月25日のジェノア戦以来で、5か月ぶり。今季2度目となるであろうチャンスを生かすことができれば、W杯アジア最終予選を戦う日本代表にも弾みがつくはずだ。
    2017-03-18_08h54_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-01637850-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/17(金) 18:33:25.75 ID:CAP_USER9.net
    ミランFWスソ(23)に、ユヴェントス(以上イタリア)とチェルシー(イングランド)が関心を寄せているようだ。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間16日に伝えている。

    スソは今季ミランで大ブレイク。今シーズンのセリエAの攻撃的プレーヤーで、最も優れた選手の1人と評価されている。

    インテルとのダービーマッチでの2ゴールを含め、今季はここまで6ゴール、7アシストをマークするなど、ミランのキーマンとなっている。

    ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督からの評価も高く、昨夏に売却の可能性があったスソをチームに残すよう要請したのは、ほかならぬモンテッラ監督だった。

    『calciomercato.com』によれば、最近チェルシーからスソの代理人にコンタクトがあったとのこと。アントニオ・コンテ監督が同選手を非常に気に入っており、今夏の補強リストに加えたという。

    また、攻撃的なウインガーの補強を希望しているユーヴェも、スソとフィオレンティーナ(イタリア)FWフェデリコ・ベルナルデスキに関心を寄せているという。
    2017-03-17_23h27_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000016-ism-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/16(木) 00:47:41.10 ID:CAP_USER9.net
    日刊スポーツ 3/16(木) 0:43配信

    ACミランのFW本田圭佑(30)が15日、チームの練習をインフルエンザで休んだ。クラブが公式ホームページで発表した。

    16日にはW杯ロシア大会の世界最終予選のUAE戦(23日、アルアイン)とタイ戦(28日、埼玉)に臨む日本代表が発表される。直前での発症ということもあり、招集に影響がでる可能性もある。
    2017-03-16_09h13_54
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-01792798-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/15(水) 19:51:47.68 ID:CAP_USER9.net
    状況はいまだ好転せず

    なぜ本田は常にベンチ? 伊メディアも疑問「監督はホンダのお世辞は言うが、試合には出さない」

    いよいよ現地メディアも、ほぼ出場機会が与えられない本田圭佑の扱いに関し、違和感を覚え始めているのかもしれない。

    今季のセリエAでわずか5試合の出場に留まる日本代表MFの現況について、伊『Pianeta Milan』は「指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラのレーダーから消えてしまっている」と伝え、

    「監督は記者会見の席では本田に関するお世辞を言うが、いざ彼を戦力として試合に出すことはしないのが現状だ」と綴る。また、これまで本田を指導してきた同クラブ指揮官(フィリッポ・インザーギやシニシャ・ミハイロビッチ)を引き合いに出し、当初はベンチに置かれていたが、後にその練習態度や献身性から評価を勝ち取った経緯があると説明。

    一向に本田への扱いが変わらない現政権はこれまでと異なる方向性に進んでいることを示唆した。

    昨季はジェノア戦で目の覚めるようなミドルシュートを叩き込み、自身の背中に纏う“10番”を指差して見せた本田。わずかな出場時間でも効果的な仕事をこなす能力が備わっているだけに、モンテッラ監督には是非とも彼の扱いを再考してもらえるよう期待したいところだ。
    2017-03-15_21h23_01
    theWORLD(ザ・ワールド) 3/15(水) 18:30
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00010017-theworld-socc
    続きを読む

    2017-03-14_22h39_07

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/15(水) 12:16:51.89 ID:CAP_USER9.net
    ロシアW杯からの「逆算」 本田圭佑はなぜ移籍しなかったのか
    3/15(水) 8:00 配信

    移籍は現状を打破する大きなチャンスだ。

    この冬、清武弘嗣は出番を求めてスペインのセビージャからJリーグのセレッソ大阪へ移籍し、久保裕也はより高いレベルを欲してスイスのヤングボーイズからベルギーのヘントへ活躍の場を移した。前者はケガによって初出場が第3節にずれ込んだが、後者は早くも5ゴールを決めてさらなる成長を遂げつつある。

    だが、苦しい状況にもかかわらず、移籍をしなかった日本代表選手がいる。ACミランの10番、本田圭佑だ。

    これほどミランで出番がないのは、初めてのことだ。今季、新監督に就任したモンテッラは元スペインU-21代表のスソを右FWに重用し、同ポジションの本田はリーグ戦で5試合、カップ戦で1試合しか出場できていない。日本代表のハリルホジッチ監督から試合感が鈍っていると判断され、ついに昨年11月のW杯予選のサウジアラビア戦で先発から外されてしまった。

    普通の感覚であれば代表での立場を守るために、何よりも移籍を優先させてもおかしくない。なのに、本田は依然としてミランに残り続けている。(スポーツライター・木崎伸也/Yahoo!ニュース編集部)

    (撮影:木崎伸也)

    https://news.yahoo.co.jp/feature/551
    続きを読む

    no title
    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 06:04:25.18 ID:CAP_USER9.net
    本田に代表招集レター!ミランで出場激減でも選出の可能性

    スポニチアネックス 3/12(日) 5:55配信

    ACミランのFW本田圭佑(30)に対し、日本協会から、今月のW杯アジア最終予選2試合(23日、UAE戦、28日、タイ戦)に向けた招集レターが届いていることが分かった。ミラン関係者は「クラブにはレターが届いている」と明かした。

    あくまでも招集の可能性を伝えるレターだが本田は今季、所属クラブで出場機会が激減。リーグ戦では昨年12月12日以来12試合出番がなく、今年も1月25日のイタリア杯準々決勝のユベントス戦で後半ロスタイムに出場したのみ。

    10日のユベントス戦は8日の練習で負った腰の打撲の影響で今季2度目となるメンバー外。最後の代表戦となった昨年11月のサウジアラビア戦で先発を外れたが、代表ではトップの9得点。よほどのことがない限り、メンバーに名前を連ねそうだ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000009-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/11(土) 08:36:21.97 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ユヴェントス 2-1 ミラン

    【得点者】
    1-0 30分 メディ・ベナティア(ユヴェントス)
    1-1 43分 カルロス・バッカ(ミラン)
    2-1 90+7分 パウロ・ディバラ(PK)(ユヴェントス)

    スポナビ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10931435

    セリエA第28節が10日に行われ、ユヴェントスと日本代表MF本田圭佑所属のミランが対戦した。本田は負傷の影響でベンチ入りメンバーから外れた。

    ホームゲーム30連勝中と圧倒的な強さを見せるユヴェントスがミランを迎えての名門対決。ユヴェントスはFWゴンサロ・イグアインやFWパウロ・ディバラ、ミランはFWカルロス・バッカやFWジェラール・デウロフェウらが先発起用された。

    先制したのはユヴェントス。30分、ペナルティエリア手前右でパスを受けたダニエウ・アウヴェスがダイレクトでディフェンスラインの裏に浮き球のパスを送ると、抜け出したメディ・ベナティアが胸トラップから豪快に右足で蹴り込み、ゴールネットを揺らした。

    1点を追いかけるミランは43分、カウンターを仕掛け、デウロフェウが左サイドを突破。エリア内にスルーパスを通すと、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したバッカがGKジャンルイジ・ブッフォンの股下を抜くシュートを決め、前半のうちにスコアをタイに戻した。

    後半は得点が生まれないまま時間が経過し、アディショナルタイムにイグアインが迎えたシュートチャンスはGKジャンルイジ・ドンナルンマの好セーブに阻まれた。

    それでも後半アディショナルタイム5分、最後の攻撃を仕掛けたユヴェントスは、エリア内右でこぼれ球を拾ったシュテファン・リヒトシュタイナーが右足でクロス。このボールがDFマッティア・デ・シリオの手に当たり、主審はPKの判定を下した。後半アディショナル7分、このPKをディバラがゴール左隅にきっちり決めて、土壇場でユヴェントスが勝ち越しに成功した。

    試合はこのままタイムアップを迎え、ユヴェントスが2-1で勝利。ホーム連勝記録を「31」に伸ばした。

    次節、ユヴェントスは19日に敵地でサンプドリアと、ミランは18日にホームでジェノアと対戦する。
    2017-03-11_09h21_05
    SOCCER KING 3/11(土) 7:36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00561448-soccerk-socc

    順位表 スカパー
    https://soccer.skyperfectv.co.jp/s/league_data/serie/standings/

    dazn
    https://www.dazn.com/jp-JP
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ