海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ACミラン

    1:Egg ★:2017/12/12(火) 12:38:16.40 ID:CAP_USER9.net
    ミラン上層部は今夏の移籍市場で多くの選手を獲得した事を失敗と捉えているようだ。

    今夏ミランはユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ、ヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲスなど実に11人の新戦力を獲得した。開幕ダッシュには成功したがその後勝ち点を積み重ねる事が出来ず先月にはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を解任した。16節を終えた時点で7位と首位から16ポイント離されている。

    そんな状況の中、ミランでCEOを務めるマルコ・ファッソーネ氏が伊メディア『ラジオ・ウノ』で今季の補強について問われ「我々は沢山の選手を獲得しすぎたのかもしれない」と語り上手くいかなかった事を認めている。一方で同氏は「多くの新戦力が加入してきたのだから最初の数ヶ月はチーム作りの為に時間がかかる」と付け加えている。

    ミランは11人の選手を獲得するために2億ユーロ(260億円)を払っている。その中の一人でトルコ代表MFハカン・チャルハノールには既にトルコの強豪フェネルバフチェへの移籍話も出てくるなど混迷が続いている。

    今月3日に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督がなかなか波に乗れないミランをどのように立て直してくれるか注目される。
    20171212_milan_getty-560x373
    12/12(火) 8:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171212-00246201-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/08(金) 17:41:09.57 ID:CAP_USER9.net
    ミランで背番号10をつける23歳のトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、冬の移籍市場でチームを退団するかもしれない。7日に伊メディア『カルチョメルカート』が報じている。

    チャルハノールは今夏、移籍金2000万ユーロ(約25億7000万円)+ボーナス400万ユーロ(約5億1000万円)でレバークーゼンからミランに加入した。“FKの名手”として知られ、期待されて加入したチャルハノールは2021年6月までの4年契約を結んでいる。そして、本田圭佑が身につけていた背番号10を受け継いだ。

    しかし、今季は公式戦19試合出場で2得点6アシスト。負傷により欠場する試合も多く、フル出場した試合も数えるほどしかない。同メディアによれば、ミランのマルコ・ファッソーネCEOはチャルハノールの活躍に不満を抱いており、市場でミスを犯したと考えているようだ。

    同選手に関してはトルコ1部のフェネルバフチェが獲得に興味を示しており、冬の移籍市場でチームを去ることになるかもしれない。

    12/8(金) 14:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00245494-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/12/03(日) 22:42:54.15 ID:CAP_USER9.net
    2017年12月03日(Sun)22時37分配信
    20171203_gattuso_getty-560x373
    ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督【写真:Getty Images】

    【ベネベント 2-2 ミラン セリエA第15節】

    イタリア・セリエA第15節の試合が現地時間の3日に行われ、ベネベントとミランが対戦した。

    上位争いから引き離されて苦しい戦いが続いていたミランは、前節トリノ戦を終えたあとモンテッラ前監督を解任。下部組織でコーチを務めていたガットゥーゾ氏を新監督に昇格させ、アウェイでの最下位ベネベント戦で初陣を迎えた。

    ここまで開幕から14連敗と記録的な低迷ぶりを見せていたベネベントからなんとしても勝ち点3を獲得して弾みをつけたいミランは、38分に先制点を奪うことに成功。右サイドのスローインからゴール前での混戦となり、最後はボナベントゥーラがダイビングヘッドで新体制初ゴールを押し込んだ。

    だが後半立ち上がりにはベネベントも反撃に転じ、50分に試合を振り出しに戻す。レティツィアの強烈なミドルシュートはミランの守護神ドンナルンマが見事な反応で防いだが、こぼれ球をプスカシュが押し込んでスコアは1-1に。

    その7分後、ミランは再びリードを奪う。CKからの展開で、右サイドの深い位置でボールを持ったボナベントゥーラがクロスを上げると、ファーポストから飛び込んだカリニッチがヘディングで押し込んで2-1とした。

    75分にはロマニョーリが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、数的不利での戦いを強いられたミラン。それでも1点リードを守り抜くかに見えたが、後半アディショナルタイムも終わろうとするところでまさかの展開が待っていた。

    左サイドでFKを獲得したベネベントはカタルディがクロスを上げると、そのボールに飛び込んだのは前線に上がっていたGKブリニョーリ。ヘディングで劇的な同点ゴールを奪い、ミランの新体制白星スタートを阻むとともに、ベネベントの開幕からの連敗を14で止める記念すべき初勝ち点をもたらした。

    【得点者】
    38分 0-1 ボナベントゥーラ(ミラン)
    50分 1-1 プスカシュ(ベネベント)
    57分 1-2 カリニッチ(ミラン)
    90+5分 2-2 ブリニョーリ(ベネベント)

    https://www.footballchannel.jp/2017/12/03/post244501/
    続きを読む

    keisuke-honda-milan-vs-genoa3_1f5agdq3hrrou11nfh2av4yl2b

    1:風吹けば名無し:2017/12/01(金) 02:40:19.73 ID:iQeqL4Cp0.net
    イタリアのメディアにとっても大問題なんですけど
    この試合で誰がいいとか誰が悪いとかいうことを
    話し合う時点でまずナンセンスなんですよね
    3年やってミランは誰がやっても無理っていうのはある程度わかったと思うんです
    大金使うか構造の部分から見直していかないといけない

    選手が気づいていてもこのチームは変わらない。経営陣が気づく、監督が気づく
    選手たちが気づく、それと同時にファンも気づかないといけない。
    僕はファンの拍手のタイミングを見ていても
    勝つことだけに左右されているファンだなとすごく感じているんで。
    内容など見てくれないし、勝てば拍手する

    これでユヴェントスが今、弱くなったら…ユーヴェ自体も危ないでしょ
    本当にイタリア全体が危ないですよ。
    だから、イタリアのメディアに僕がこれを話していたって伝えて下さい
    また散々僕のことを叩くんでしょうけれど
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/29(水) 22:17:30.19 ID:CAP_USER9.net
    「本田はミランに残ることができた」 イタリア人番記者が監督交代劇に見た“もう一つの未来”

    大補強を生かせず、「崩壊寸前」の危機的状況にモンテッラ監督の解任を決断

    ACミランは成績不振から27日にヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を解任し、クラブのレジェンドである“闘犬”ことジェンナーロ・ガットゥーゾ氏を新監督に迎えた。シーズンの折り返しを待たずしての電撃交代となったが、長年ミランを追っている番記者は、「6月にガットゥーゾが来ていたら、本田はミランに残ることができただろう」と見解を示している。

    ミランは昨オフ、名門復活を期して補強に2億ユーロ(約260億円)以上をつぎ込み、11選手という大補強を展開した。しかし、目玉としてユベントスから獲得したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがミスを連発するなど新戦力が期待に応えられず、リーグ戦14試合を終えた時点で首位ナポリと勝ち点差18の7位。シーズン途中で、下部組織の指導者を務めていたガットゥーゾ氏へ監督交代となった。

    「モンテッラは、もうミランの構想に何カ月も前からそぐわなくなっていた。ゲームを構築できないし、戦術さえない。特に、選手たちのアイデンティティーを引き出せなかった。選手たちの精神的な士気は崩壊寸前。そのために、クラブは思い切った選択に至らざるを得なかった」

    イタリアテレビ局「7ゴールドTV」のパオロ・ヴィンチ記者は、このように語る。モンテッラ監督は昨季、スソの局面打開力を前面に押し出すスタイルでUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。しかし、今季は巨大戦力をコントロールできず、その座を追われることになったわけだが、長年にわたってミラン番記者を務めるヴィンチ氏は監督交代が早ければ、今夏にメキシコへ移籍したFW本田圭佑(パチューカ)の“運命”も変わっていたはずだと分析する。

    「本田はポジティブな貢献ができたかも…」

    「このタイミングでガットゥーゾが選ばれたのは、来年6月にアントニオ・コンテ監督を呼ぶため、バトンタッチの過程だと私は分析している。しかし、もしもガットゥーゾが今年6月に来ていたら、本田はミランに残ることができただろう。ミランの選手たちのプレーの多くが、本田より劣ったものだったのだから。本田はミランにポジティブな貢献ができたかもしれない」

    2014年1月の加入以来、本田に対する好意的なレビューを続けてきたイタリアでは稀有な“擁護派”のヴィンチ記者はこのように話す。

    モンテッラ監督の“愛弟子”で、今夏にスペイン代表にも選出されたスソはリーグ戦13試合で5ゴール4アシストと獅子奮迅の働きを見せている。しかし、24歳のレフティーを除くとパフォーマンスが上がらない選手も少なくなく、本田を“ベンチ要員”としたモンテッラ監督の退陣が早ければ、本田残留の可能性はあったかもしれないと見ている。

    「メキシコリーグはイタリアではあまり追われていないが、出場機会があったほうがいい。ミランでプレーできないなら、移籍したのは正解だったと思う」

    多くのイタリア人は、“パチューカ本田”を知らないという。しかし、サッカー選手にとってはピッチでのプレーが最重要――ヴィンチ記者は本田のメキシコ挑戦を支持していた。
    2017-11-29_23h41_31
    11/29(水) 20:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171129-00010017-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/27(月) 19:04:40.20 ID:CAP_USER9.net
    ミランは27日、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任を発表した。クラブの公式ツイッターアカウントで発表した。

    後任を務めるのは、プリマヴェーラの指揮をとっていた、クラブOBのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が就任する。

    今夏大型補強を敢行したミランだが、これまでセリエA14節を終えた段階で、6勝2分6敗で勝ち点は20。順位も7位で、首位のナポリにはすでに「18」ポイント差をつけられていた。

    11/27(月) 18:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000020-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/11/05(日) 17:22:12.88 ID:CAP_USER9.net
    今夏、新オーナーのもと大型補強を敢行したACミラン。だが、期待とは裏腹に低調な戦いぶりを露呈している。

    そんななか、『Calciomercato.com』が気になる情報を伝えていた。

    それによれば、今夏レヴァークーゼンから獲得したトルコ代表MFハカン・チャルハノールの能力について、ミランは疑念を強めているという。

    本田圭佑の10番を引き継いだチャルハノールだが、まだインパクトをもたらすことができていない。

    適応に苦労している彼の獲得について、ミランは早くも後悔の念を強めているようだ。また、チームのシステムにフィットできていない点にも、クラブは不満を感じているそう。

    ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は彼を2トップの下の“10番”として、さらに4-3-3の左WGとして、そして3-5-2のCHとして起用してきた。だが、どのポジションでもうまく機能できていない。

    まだ加入してからほんの数か月だが、早くもクラブ内で「失格」のレッテルを張られそうになっているようだ。そもそものチーム状態が悪いため、気の毒な気もするが…。
    9adb069b-35e5-fbaf-e07e-c272e489f0e9
    http://qoly.jp/2017/11/05/milan-losing-faith-in-calhanoglu-iks-1
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/02(木) 21:16:12.02 ID:CAP_USER9.net
    ミランの前会長であるシルビオ・ベルルスコーニ氏がミランの現状についてコメントした。1日、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

    ベルルスコーニ氏はマウリツィオ・コンスタンゾ氏のテレビ番組に出演。その中のインタビューで「ミランの試合は見ている」と古巣を気にしているものの、「クラブを離れてから一度もスタジアムに行ったことはない」と不満を語り始めた。低調なチームのパフォーマンスについて、「試合はテレビで見ているが、見ていて気分が悪くなる」と皮肉交じりに語っている。

    31年間にわたってミランの会長を務めたベルルスコーニ氏は、今年4月にミランを中国グループに売却。それと同時に幹部の座からも退いた。10月上旬にもメディアに対して現体制の不満を爆発させており、そのときは後日に現CEOのマルコ・ファッソーネ氏へ電話で釈明していた。

    現在ミランは5勝1分5敗の8位。現状の成績はDFレオナルド・ボヌッチらの大型補強に見合っておらず、批判の声は日に日に増している。

    11/2(木) 20:21配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-01645805-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    ser17102907510001-p1

    1:風吹けば名無し:2017/10/29(日) 02:52:04.70 ID:47RNW31d0.net
    終わりやね
    2:風吹けば名無し:2017/10/29(日) 02:52:23.21 ID:j+N4YNab0.net
    雑魚すぎやろ
    3:風吹けば名無し:2017/10/29(日) 02:52:43.97 ID:MFtiXpU+0.net
    ボヌッチとかいうユーベでレジェンドになるよりミランで戦犯になることを選んだ男
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/28(土) 17:56:10.83 ID:CAP_USER9.net
    「前は若すぎて分からなかったけど…」
     
    日本代表MFの本田圭佑のルックスへの強いこだわりは、ファッションの本場イタリアでもインパクトを残していたようだ。今夏にミランを退団してパチューカに新天地を求めたが、かつてのチームメイトの頭には“おしゃれ番長”の記憶があるようだ。
     
    ミランの若き守護神ジャンルイジ・ドンナルンマが、現地時間10月28日付の『スポーツ・ウィーク』で、本田のファッションに賛辞を寄せている。

    ミランのオフィシャルスタイルパートナーでもある『ディーゼル』社の創業者レンツォ・ロッソとの対談で、ドンナルンマは自身のファッションについて「仕事のこともあってほぼいつもスポーティーなファッションだけど、クラシックが大好き」とコメント。ミランでオシャレな先輩たちに影響されたと明かした。
     
    「ミランには(イニャツィオ・)アバーテがいるし、昨シーズンまでは本田もいた。彼はとてもフォーマルな服装だったね。エレガントで完璧。色や組み合わせがピッタリなんだ」
     
    ドンナルンマは弱冠15歳にしてミランのトップチームでベンチ入りし、16歳でプロデビューした怪物GK。「前は若すぎて本田の良さが分かっていなかったけど、今は分かるね」と、18歳になって自身のファッションを見る目が成熟したことを認めた。
     
    10/28(土) 17:18配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171028-00031755-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ