海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ACミラン

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/10(火) 12:17:58.25 _USER9
    ファン・バステンは黄金時代のシンボル

    【番記者選定のミラン最強ストライカー番付TOP10(1990年以降)】
    1位:マルコ・ファン・バステン(元オランダ代表)
    2位:アンドリー・シェフチェンコ(元ウクライナ代表)
    3位:デヤン・サビチェビッチ(元ユーゴスラビア代表)
    4位:ジョージ・ウェア(元リベリア代表)
    5位:ズラタン・イブラヒモビッチ(元スウェーデン代表)
    6位:カカ(元ブラジル代表)
    7位:フィリッポ・インザーギ(元イタリア代表)
    8位:ルート・フリット(元オランダ代表)
    9位:ダニエレ・マッサーロ(元イタリア代表)
    10位:ロナウジーニョ(元ブラジル代表)

    この30年のミランは、偉大なストライカーを実に多く擁してきた。トップ10から怪物ロナウドやR・バッジョ、ビアホフ、パパンらを外したのは、ロッソネーロでの活躍期間が短かったから。同じ話はロナウジーニョにも当てはまるものの、少なくないスペクタクルなゴールを決めたゆえ、10位に滑り込ませた。

    そのブラジル産ファンタジスタを含めて、トップ10でバロンドール受賞者は実に6人。中でも1位は、最も完成度が高く最もテクニカルなCFだったファン・バステンだ。80年代後半から90年代前半における黄金時代のシンボルであり、クラブ史にとっての重要性はどんなストライカーよりも大きい。

    その「聖なるマルコ」を含めてトップ5はいずれも圧倒的なクオリティーを備えた、サッカー史上に残る偉大なアタッカーだ。タレントには甲乙つけがたいものがあるものの、今回はもたらした勝利、そしてとりわけサポーターからの愛情に基づいて順位を決めた。シェフチェンコ、サビチェビッチ、ウェア、そして現在における希望の源であるイブラヒモビッチは、それぞれの輝かしい時代を象徴する絶対的な存在だ。

    カカはトップ下/セカンドトップとして、鋭いドリブル突破からのフィニッシュで大き
    な違いに。「ゴールに愛された男」であるインザーギ、そしてシェフチェンコとともに、アンチェロッティに率いられた2000年代の黄金期に攻撃陣を牽引した。

    8位のフリットは、ファン・バステンと同じ時代に輝いた往年の名手。テクニックとフィジカルが融合しており、仕掛けからフィニッシュで圧倒的な存在感を放ったものだ。

    9位のマッサーロはMF出身で、ゆえに組織的なメカニズムの中で機能し、勝利にとって実質的な貢献を果たす術を備えた稀有なストライカーだった。

    クオリティーだけを見れば上回る選手たちを差し置いて、トップ10に名を連ねた最大の理由もそこにある。ミランにとって史上最もシンボリックな勝利、すなわちクライフ率いるドリームチーム時代のバルサを4-0で粉砕した94年CL決勝では2ゴール。歴史に名を刻んでいる。

    2010年代のパット、バロテッリ、ロビーニョ、エル・シャーラウィ、カッサーノらは、一流のタレントを武器に重要なゴールを何度か決めた。ただ、浮き沈みが激しく、いわゆるレジェンドにはなりきれなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e9e6f817899630907647b69054da57e1c75ed9
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/19(月) 18:51:23.61 _USER9
    ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、らしさ全開の投稿を行った。

    イブラヒモビッチは、17日、セリエA第4節でインテルvsミランの“ミラノ・ダービー”に先発出場。新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことから、開幕戦以来の出場となった。


    そのインテル戦では、11分に自身のPKのこぼれ球を押し込むと、16分にもゴールを決めてリードを広げ、2-1で勝利。5年ぶりのダービー勝利を呼び込んだ。

    試合後、「彼らは今も俺を止められやしない」と自身を止める全てはないとイブラ節を披露していたが、インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクの発言にもイブラ節を炸裂させた。

    ルカクは、今年2月に行われた“ミラノ・ダービー”で4-2と勝利した後自身のツイッターを更新。「この街には新しい王がいる」と綴っていた。

    しかし、今回自身の2ゴールでミランが勝利したことを受けてイブラヒモビッチがインスタグラムを更新。「ミラノに王はいなかった。そこには神がいる」とし、自身が上回っていることを主張した。

    まさにイブラ節炸裂といったところ。マンチェスター・ユナイテッド時代のチームメイトに強烈な一言をぶちかました。
    2020-10-19_23h03_28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af732992f3754b8e122a361dea736c577df2260e

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/10/03(土) 17:12:29.12 _USER9
    日本代表DF冨安健洋(21)の獲得を目指しているとされていた、移籍金の問題でターゲットを切り替えたようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。

    今夏の移籍市場も期限が10月5日までとなっており、残すところ数日となっている状況。各クラブが駆け込みで最後の補強に動いている。


    ミランは、ケガ人などの問題もありセンターバックの補強が急務に。様々な候補が挙がる中、冨安は2番手に挙がっていると報じられてきた。

    ミランのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏も「我々は常にチームを改善したいと思っている。優先順位は補えたが、ケガのためにセンターバックに問題がある」とし、ポジションとして補強が必要であることは明言していた。

    サンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)をファーストターゲットとしていたが、レスター・シティへの移籍が決定。そのため、冨安にターゲットが変更されたが、移籍金が問題となったようだ。

    『カルチョ・メルカート』によると、ミランはボローニャに冨安獲得のオファーを出したとのこと。しかし、2500万ユーロ(約30億8500万円)を要求され、高すぎるとして断念したようだ。

    ボローニャ側は「我々にとって重要な存在であり、ミランが提案してきたよりも高い評価が得られると信じている。だから、我々はオファーを拒否した」と、今回の経緯について説明している。

    フォファナ、冨安と候補が消えたミランだが、チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(27)にターゲットを変更したとのことだ。

    ミランは、リュディガーをレンタル移籍で獲得しようとしており、チェルシー側とコンタクトを取っているとのことだ。

    10/3(土) 15:10配信
    2020-10-03_20h00_33
    https://news.yahoo.co.jp/articles/65d7eb6f48e8380d8e8da04fe266f17ab7b7fb54

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/07/08(水) 10:04:25.06
    なんやこれ・・・
    no title

    no title

    続きを読む

    51ky8CUWYFL._AC_SY355_

    1: 風吹けば名無し 2020/06/18(木) 18:36:17.32
    だれかたすけて

    2: 風吹けば名無し 2020/06/18(木) 18:36:35.82
    終わりやね

    3: 風吹けば名無し 2020/06/18(木) 18:37:17.86
    ガットゥーゾのままで良かったのにな

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/13(土) 06:35:49.98
    ACミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、今季終了後に1年間の契約延長オプションを行使するか判断する契約となっていたが、

    フロント含めた新体制となったクラブと双方が求めていない状況にあり、退団が確定的となっているようだ。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

    ミランは今冬の移籍市場で、米MLSロサンゼルス・ギャラクシーと昨年12月で契約が満了したイブラヒモビッチを獲得した。半年契約に双方が合意した場合の1年間契約延長オプションが付帯しているとされている。

    しかしながら、ミランは来季の監督人事を巡り経営権を持つ米ファンド「エリオット・マネジメント」とアーセナルからやってきたイヴァン・ガジディスCEO(最高経営責任者)のタッグが、

    イブラヒモビッチ獲得に尽力した元クロアチア代表ズボニミール・ボバン氏と元イタリア代表パオロ・マルディーニ氏のOBコンビと対立。結果的にボバン氏が解任され、来季には経営サイドが推したラルフ・ラングニック氏が監督就任すると見られている。

    こうした一連の流れを目の当たりにしたイブラヒモビッチは2012年夏にクラブを離れて以来の復帰だったが、「もはや自分の知るミランではない」と、来季プレーする意思はないという。
    一方でミラン側も、あまりにも存在感の強いカリスマFWは、スター不在でも強いチームを作れるという方向性で推し進める来季構想において不必要と考えているようだ。

    求めるものが全く違うことで、両者は別の道を歩むことが確実になったとされる。パリ・サンジェルマン(PSG)などでプレーしている時期もミランに対する特別な感情を表現したことがあるイブラヒモビッチだったが、7年半ぶりに戻ったミランでのキャリアは半年で終わることになりそうだ。
    2020-06-13_10h44_20
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3f9d2943a6a20e8bb362fd10e53c1c83851fbaf
    6/12(金) 6:15配信

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/06/06(土) 14:54:52.81
    もうオワコンになってから七年くらいたつんじゃないか?

    2: 風吹けば名無し 2020/06/06(土) 14:55:00.40
    現在のスタメン

    no title
    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/06/02(火) 09:42:35.51
    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英にイタリアの名門ACミランへの移籍話が浮上した。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」でミラン番記者を務めるアンドレア・ラマゾッティ氏は、日本人アタッカーの現地での知名度について触れつつ、移籍の実現性について持論を展開している。

    久保は2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードに完全移籍。シーズン開幕直後にマジョルカへ1年間のレンタル移籍が決まり、今季はここまでリーグ戦24試合で3ゴール2アシストの活躍を見せている。

    久保の去就を巡って様々な候補地が挙がり、スペインのレアル・ソシエダとベティス、フランスの名門パリ・サンジェルマン(PSG)に加えてミランが浮上した。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」のラマゾッティ氏は、久保のミラン移籍について「そんなに確率は高くないと思う」と指摘。さらに「確実にレギュラーとして獲得はしない」と断言している。

    ラマゾッティ氏にとって、印象深い日本人プレーヤーは元日本代表MF中田英寿氏だという。「たくさんの選手がセリエAでプレーし活躍したが、中田英寿はとても優秀だった」と称賛。偉大な先人に続く存在として期待される久保だが、イタリアでの知名度は「大半が知らない」レベルだという。

    「ミランのようなチームが18歳の選手を獲得するのは、補強ということではない。久保に敬意は払うが、まだそんなに評価されてはいないと思う」

    6月11日からシーズンが再開し、マジョルカはバルセロナと対戦する。欧州でキャリアを積み始めたばかりの久保は鮮烈なインパクトを残し、自らの評価をさらに高めることができるだろうか。

    6/2(火) 6:35 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/74fed576a045f5355891475297f5b104a3f588e3

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/30(土) 05:09:10.75
    イタリアの名門ミランが、日本代表MF久保建英の獲得に興味を持っているという。現地時間29日、イタリア『トゥットメルカートウェブ』が『TF20』の報道をもとに伝えている。

    レアル・マドリードからマジョルカにレンタルで加入している久保は、来季の所属クラブが不透明な状況。レアル・マドリードから再びレンタルに出される可能性も伝えられている。

    そこで、ミランが日本の若き才能に注目しているのかもしれない。レアル・マドリードにレンタルでの獲得を打診したとされている。

    ミランは現在、ラルフ・ラングニック氏の監督就任が濃厚で、新体制でチームの若返りを目指すと言われている。そのため、多くの若手有望株が補強リストに挙がっているのではないかと噂されているところだ。

    ミランは昨年夏にレアル・マドリードから獲得したDFテオ・エルナンデスが大当たりだったこともあり、“白い巨人”からの補強に良いイメージを持っているかもしれない。

    2014年から17年にかけて本田圭佑が所属したミラン。再び日本のスターを迎えることになるのだろうか。
    20200202_kubo_getty-560x373
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c405ccf4792c72818c351fd73923afd3b1b13901
    5/30(土) 4:51配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/26(火) 00:33:53.67
    ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチに負傷の可能性が浮上しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

    現在セリエAは新型コロナウイルスの影響で中断中。6月の再開に向けて徐々にクラブは休止中のトレーニングを再始動しはじめている。

    ミランも例外ではなく、スタッフ・選手に実施した検査が全員陰性だったことから練習を再開している。これに参加したイブラヒモヴィッチに負傷の可能性が浮上しているようだ。イブラヒモヴィッチはアキレス腱のあたりに痛みを感じ検査を受けているという。同クラブは検査結果次第では今シーズンの離脱もあり得ると考えているようだ。

    同選手は昨年12月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーから古巣であるミランに加入。得点のみならず様々な面でミランを牽引している。同選手とクラブとの契約は今年6月まで。1年のオプションが付帯しているが、“神”は今後どのような道をたどるのだろうか。
    2020-05-26_02h22_31
    https://news.yahoo.co.jp/articles/61d38127c85e80335aa06c57a9577e19d251aecc
    5/25(月) 23:43配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ