海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ACミラン

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 16:27:25.78 ID:CAP_USER9.net
    アフリカのウガンダで慈善活動を行う本田圭佑の呼びかけに応じて、元ガーナ代表のサリー・ムンタリがウガンダを訪れた。ウガンダでムンタリはアフリカメディア『Kawowo Sports』に対して、元同僚の本田について言及している。

    「ミランで一緒だった時、本田は個人トレーナーを付けて1日4回のトレーニングをきっちり行っていた。彼はスター選手だったけど、桁違いとも言えるプロフェッショナルな姿勢を見せていたね」

    また、ムンタリはミラン時代の本田について、「ミランのようなビッグクラブで10番を背負うことは並大抵のことじゃないし、特別なものが必要となってくる。本田は特別な選手だし、多くの若手選手は彼のことをお手本にすべきだと思う」と語り、元同僚本田のプロ精神を絶賛している。

    ムンタリは今年1月、ペスカーラに半年間の契約で加入したものの契約満了に伴い、来季の所属先はまだ決まっていない。そんな状況下においても「僕はガーナ代表でまだまだプレーしたい」と、代表復帰への意気込みを示している。

    現地時間24日に本田はウガンダの首都カンパラ郊外で、子どもたちとサッカーで交流する予定になっており、ムンタリもこのイベントに参加する見通し。

    6/25(日) 13:26配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000006-goal-socc

    写真
    続きを読む

    no title

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 17:11:14.56 ID:CAP_USER9.net
    ウガンダでの慈善活動を行う予定だった本田圭佑が、元同僚のムンタリに声を掛けたところ、ムンタリもウガンダに渡航。ムンタリについて本田が賛辞の言葉を贈っている。

    日本代表MF本田圭佑がウガンダで、ミランでともにプレーした元ガーナ代表MFサリー・ムンタリと再会し、会見を開いた。

    ミラン時代の同僚ムンタリにウガンダでの慈善活動への参加を呼びかけ、ムンタリもこのオファーに応じてウガンダに渡航。本田とともにイベントに参加し、ウガンダサッカー協会のモーゼス・マゴゴ会長との夕食会に参加した。

    今回のイベントは国連財団の「グローバル・アドボケート・フォー・ユース(青少年の国際支援者)」に本田が任命されたことに伴い、ウガンダでサッカー選手を志す少年たちへのサポート活動を呼びかけるもの。

    アフリカメディア『Kawowo Sports』が報じたところによると、本田は「世界中のすべての子どもたちに夢を持つ機会があるべきだと思うし、ウガンダにサッカースクールを開設したい。ウガンダのサッカーをサポートして、将来的にウガンダがワールドカップでプレーしているところを見たい」と発言。

    また、本田の活動に賛同したムンタリは「人種差別をなくすためには正しい教育を受けることが大切。人種差別がいかに危険なものであるかを伝えていく必要がある」と、人種差別撲滅への呼びかけを行っている。

    本田は現地時間24日に自身のSNSで、「人種差別と戦い続けてるムンタリ。ミラン時代から人として尊敬できる人格者。ウガンダの子供達に会いに行こう!って誘ったら本当に来てくれて。ほんま珍しいアフリカ人やな」と写真付きでコメント。ムンタリに声を掛け、活動に賛同したムンタリがウガンダまで足を運んでくれたことを明かした。

    16-17シーズン、所属するペスカーラでプレー中に人種差別のチャントを受け、抗議活動を行ったムンタリ。盟友ムンタリのサポートについて、本田は感謝の意を示している。

    http://www.goal.com/jp/news/56/1/2017/06/24/36592782/1
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 15:16:34.15 ID:CAP_USER9.net
    ミランの10番をハメスに提示せよ! 本田に失格の烙印…伊メディア「この番号を相応しい選手に」

    ハメス獲得に向けて伊メディアが論説を展開、10番前任者たちに厳しい評価

    ACミランは来季に向けた補強策でレアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得を目指しているが、ミラン専門ニュースサイト「milannews.it」はハメス獲得を推し進めるべきだという論説を展開。そして、日本代表FW本田圭佑が「10番」を背負った3シーズン半に厳しい評価が与えられている。

    記事では、ミランがハメス獲得の交渉を進めている現状を伝えているが、退団を表明している本田が付けていた「10番」をハメスに提示すべきだとしている。

    「この瞬間、ミランは10番が空き番号になっている。アンドレ・シルバのミランでの冒険に与える選択肢もある。この番号は、近年ではボアテングと本田に渡されていた。この番号の威信と輝きを取り戻すためには、相応しい選手に渡さなくてはいけない。だからこそ、ハメスに提示するべきだ」

    本田と前任の元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテングが10番を着用した期間で、威信と輝きが失われていたと厳しい評価を与えられている。ハメスは、その栄光の背番号に相応しい存在だとして、獲得を進めるべきという論調だ。シルバ獲得時に同じ代理人から売り込みか

    ミランはポルトガル代表FWアンドレ・シルバ獲得に至った交渉時に、ハメスと両者の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏からハメスの売り込みを受け、交渉をスタートしていると報じられている。

    契約満了によりフリー選手となる本田は、ミランのラスト2試合で直接FKでのゴールとキャプテンマークを巻いての出場という好印象を残したかに思われたが、トータルで見れば“10番失格”の烙印を押されてしまったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170623-00010018-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/06/18(日) 22:20:39.53 ID:CAP_USER9.net
    6/18(日) 20:24配信
    名門ACミランのレジェンドが26日にデビュー戦、コーチも「才能」を称賛

    サッカーのイタリア・セリエAの名門ACミランの元イタリア代表DFパオロ・マルディーニが49歳にしてプロテニスデビューを果たすことが明らかになった。ESPNが報じた。自身の公式インスタグラムでも「準備万端だ」と意気込みを示し、テニスウェア姿を公開している。

    イタリアのサッカー界のレジェンドが、戦いの場をフィールドからコートに移す。驚きの挑戦を報じたのは、ESPNだ。

    記事によると、ACミラン一筋で1985年から2009年までプレーした伝説的名手は今月、ミラノで行われるATPチャレンジャーツアー「アスプリア・テニスカップ」にワイルドカード(主催者推薦)で参戦することが決定。イタリア人テニス選手でマルディーニのコーチを務めている45歳のステファノ・ランドニオとともにダブルスで参加することになったという。

    49歳の誕生日を迎える26日にプロテニス選手としてデビュー戦を迎える。イタリア誌「テニス・イタリアーノ」によると、ランドニオは「パオロの才能は素晴らしいショットに加え、優秀なサービスにある。彼はボレーも向上している」と称賛している。

    過去、米国ではNBAのマイケル・ジョーダンが野球、デニス・ロッドマンがプロレス、NFLのティム・ティーボウが野球などに挑戦した例があるが、世界的なサッカー界の一流選手が他競技に挑戦するのは超異例だ。

    現在はマイアミのサッカークラブ経営に携わっているマルディーニだが、フィールドの上で示した絶大な才能をテニスコートでも示すことができるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00010004-theanswer-socc
    【画像】赤黒のユニホームからテニス選手に“変身”…インスタグラムで公開したテニスウェアで笑顔のマルディーニ「準備万端だ」
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/18(日) 07:46:19.38 ID:CAP_USER9.net
    ドンナルンマ獲得について、ユーベGMは「獲得を試みる義務がある」と明言

    イタリア王者ユベントスのジュゼッペ・マロッタGMは、契約延長を拒否したACミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマについて「獲得を試みる義務がある」と明言。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」のインタビューに応じた。

    ドンナルンマは18歳にしてイタリア代表に選出され、“イタリアの未来”とも称される期待のGKだ。そのジャンルイジというファーストネームからも、ユベントスとイタリア代表の守護神であり主将のジャンルイジ・ブッフォンの後継者として期待は根強い。そうした状況下で、ミランと残り1年となった契約を延長しないという意志を明らかにしているドンナルンマ獲得に、ユベントスは手を挙げるという。

    「間違いなく言えることは、ユベントスは移籍市場において可能性のあるプレーヤーについて獲得を試みる義務がある」

    その一方で、ドンナルンマが契約延長を拒否した騒動の背後にユベントスがいるのではないかという黒幕説は「このケースにおいて、それはノーである」と完全否定した。あくまでも、ミランとドンナルンマ、その代理人ミノ・ライオラ氏の問題であるとしている。

    イタリア国外のレアル・マドリードやマンチェスター・シティも高額年俸を用意してドンナルンマ獲得を狙っているとされるなか、国内のチャンピオンチームもその争奪戦に参戦するという。一躍、移籍市場の超注目銘柄と化したドンナルンマは、イタリア王者でのプレーを選択するのだろうか。

    2017年6月17日 12時38分 Football ZONE web
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13215335/

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/16(金) 02:02:48.90 ID:CAP_USER9.net
    ACミランが15日(日本時間16日、18歳のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)が契約を延長しないと発表した。

    ACミランとドンナルンマとの契約は18年6月までで、ドンナルンマは退団、移籍が決定的となった。

    ACミランのファッソーネGMは、クラブの公式サイトを通じ「ドンナルンマは契約を更新しない。残念ながら、ACミランは先に進む」とコメントを発表した。

    伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトは、ファッソーネGMとドンナルンマの代理人ミーノ・ライオラ氏が、契約の更新をめぐって話し合いを行うと報じていた。

    ACミランは年俸450万ユーロ(約5億4000万円)+ボーナスの5年契約と、未来のイタリア代表を担うと期待される守護神に、18歳としては破格のオファーを出していた。

    ドンナルンマには、RマドリードやマンチェスターUなど、各国のビッグクラブオファーがあるといい、伊各紙はマンチェスターUが移籍先の有力候補だと報じている。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-01840830-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2017/06/13(火) 12:35:27.59 ID:CAP_USER9.net
    ミランの18歳GKジャンルイジ・ドンナルンマがアメリカ誌『GQ』のイタリア版のインタビューに応じ、自身が「マンモーネ(マザンコン)」であることを明らかにした。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が12日、報じている。

    ナポリ出身のドンナルンマは、地元のクラブ・ナポリに通い始めた当時を回想した。

    「4歳の時から叔父に連れられてサッカークラブに通っていた。残念だが早くに亡くなってしまい、それからママに連れられて行くようになった。実は僕はすごいマザコンなんだ。カテゴリーはどんどん上がっていったけど、結構長い間、ママにゴールの後ろにいて欲しいとせがんでいた。そうならないときは泣いていたよ」

    「僕は小さい時から体が並外れて大きくて、シュートをいくつも止めて相手チームを驚かせていた。その巨体の男の子が、ママがエスプレッソを飲みに席を外しただけで大泣きしていたんだから、異様な光景だったと思う」

    ユヴェントスの39歳GKジャンルイジ・ブッフォンの後継者として期待されているが、ライバル意識はなく、先輩から常に学び取ろうと努力している。

    「ブッフォンは僕の憧れだ。誰からも愛される典型的なタイプだと思う。冗談も好きだし、僕にはいろんなアドバイスをくれた。技術面でも最高の選手だから、一緒に練習するときは、彼の背中を見てGKとしての秘訣を学ぼうとしている」
    gianluigi-donnarumma-milan-serie-a-
    http://www.goal.com/jp/news/1867/1/2017/06/13/36322122/1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/05(月) 18:07:54.65 ID:CAP_USER9.net
    かつてアーセナルで活躍した元オランダ代表天才ストライカーも同様の恐怖症

    ACミランのイタリア代表18歳GKジャンルイジ・ドンナルンマが飛行機恐怖症を告白している。地元誌「7コリエレ・マガジン」のインタビューで語った。

    「僕は飛行機が怖いんだ。普通怖いものだけど、僕は以前怖くなかったんだ。今ではより恐怖を感じる」

    イタリアサッカー界の将来を担うドンナルンマはこう明かしている。かつてアーセナルで活躍した元オランダ代表の天才ストライカー、デニス・ベルカンプは飛行機に乗らず、遠征に船や自動車で移動するほどの飛行機恐怖症だったが、ドンナルンマも最近は同様の恐怖症に陥っていると告白している。

    ブーツ型で縦長の地形をしたイタリアにおいて、北部に位置する強豪ミランは南部のチームとの対戦する時に飛行機移動が不可欠。来季ミランはUEFAヨーロッパリーグに参戦するため海外遠征で飛行機に乗る回数は増えそうなだけに、ドンナルンマの意外な弱点が発覚し、チームにとっては不安材料になりそうだ。

    6/5(月) 17:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170605-00010015-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/31(水) 01:32:45.11 ID:CAP_USER9.net
    ミランは資金力を得て1年越しの交渉をまとめ上がる。

    現地時間5月30日、ミランはビジャレアルからDFマテオ・ムサッキオ獲得したことを発表した。すでに1週間前からメディカルチェクやクラブハウス訪問の模様が伝えられてきたが、16-17シーズン終了を合図にようやく正式リリースされた。
     
    2021年6月まで4年契約で、移籍金は非公表だが現地メディアで1800万ユーロ(約21億6000万円)と報じられている。
     
    現在26歳のムサッキオはアルゼンチンのリーベルの出身で、2009年にスペインのビジャレアルBへ移籍。高さ、スピード、テクニックの三拍子が揃ったCBで、長期離脱する時期もあったがトップチームでの8シーズンで249試合に出場して7得点の成績を残した。
     
    ミランは昨夏もムサッキオを狙っていたが、条件面でビジャレアルと折り合わず破談。しかし、4月13日にシルビオ・ベルルスコーニから中国資本にオーナーシップが移って資金力が増し、1年越しに交渉をまとめ上げた格好だ。
     
    16-17シーズンのミランのCBは、アレッシオ・ロマニョーリこそ好パフォーマンスを見せたが、その相棒はガブリエル・パレッタ、グスタボ・ゴメス、クリスティアン・サパタが揃いも揃って安定感を欠いた。ムサッキオは新レギュラーとして期待される。
     
    中国資本になって最初の補強を完了させたミランは、さらにMFフランク・ケシエ(アタランタ)、DFリカルド・ロドリゲス(ヴォルフスブルク)、FWアルバロ・モラタ(レアル・マドリー)ともすでに個人合意済み。

    ケシエとロドリゲスは近日中にメディカルチェックを受けるとも報じられており、モラタに関するマドリーとの交渉も好感触を得ているようだ。

    SOCCER DIGEST Web 5/30(火) 20:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00026292-sdigestw-socc

    写真
    2017-05-31_07h26_16

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/29(月) 22:27:04.12 ID:CAP_USER9.net
    ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラはカリアリ戦終了後の記者会見で、日本代表のMF本田圭佑がイタリア語で話す所をほとんど見たことがないと明かした。イタリア紙『トゥット・スポルト』が28日、報じている。

    ミランは28日、セリエA最終節でカリアリ(2-1でカリアリが勝利)と対戦した。ミランは前節のボローニャ戦に勝利し、すでに来シーズンのヨーロッパリーグ予選への出場を獲得していたため、モンテッラが今シーズン限りで退団する選手にチャンスを与えることを決断した。

    モンテッラが監督に就任して以来、ミランは18歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマや23歳のスペイン人FWスソらを代表とした若手中心のチームへと移行していった。本田は構想外となりベンチを温める日々が続いたのだが、「プロフェッショナルな姿勢」は常にモンテッラから称賛されていた。

    信頼の証か、モンテッラは「ご褒美」として、本田をカリアリ戦で今シーズン2度目となるスターティングメンバーに起用すると、栄誉あるロッソネーリのキャプテンマークも託した。

    2014年1月にCSKAモスクワから加入し、3年半にわたりミランに在籍した本田だが、モンテッラは自身が指揮した1年間で本田がイタリア語で話しているのをほとんど聞いたことがないと明かしている。

    30秒ほど続いた記者の質問に対し、モンテッラは苦笑いしながら、「今思ったのだが、この1年間、彼のイタリア語での会話は今の君の質問よりも短いね」と述べている。
    2017-05-29_23h26_05
    GOAL 5/29(月) 18:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000023-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ