海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:AFC

    1:Egg ★ :2017/10/24(火) 19:40:06.91 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は24日、アジアサッカー連盟(AFC)が来年1月に中国で開催されるAFC U-23選手権の組み合わせ抽選会を実施し、日本が北朝鮮、タイ、パレスチナとともにグループBに入ったと発表した。

    2016年1月の前回大会王者である日本は、3大会連続での本戦出場。先日、20年東京五輪代表チームを率いることが決まった森保一監督の下で、アジアの舞台に挑むことになる。

    抽選の結果、グループBに入った日本は来年1月10日にパレスチナとグループリーグ初戦を戦い、13日にタイ、16日に北朝鮮と対戦することが決まった。

    東京五輪を目指すチームの本格的な立ち上げになることが見込まれる大会で、“森保ジャパン”がどのようなメンバーで挑み、成果を得られるのかが注目される。

    グループリーグの組分けは以下の通り。

    ■グループA:中国(開催国)、カタール、ウズベキスタン、オマーン
    ■グループB:日本、北朝鮮、タイ、パレスチナ
    ■グループC:イラク、ヨルダン、サウジアラビア、マレーシア
    ■グループD:韓国、オーストラリア、シリア、ベトナム
    2017-10-24_20h18_51
    10/24(火) 19:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00010017-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/07(月) 08:04:07.14 ID:CAP_USER9.net
    サッカーの日韓関係は最近、旭日旗への難癖や、ピッチ内での暴力事件など、さまざまな不協和音が生じている。

    ところが、中立的な立場で問題の是非をはっきりさせる“裁判官役”であるはずのアジア・サッカー連盟(AFC)の裁定にも首をかしげたくなるものがあり、どうもすっきりとしない状況が続いている。

    旭日旗の川崎、上訴も棄却…質問状を送付

    4月25日に韓国・水原で行われたサッカーアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグ、水原-川崎戦で、川崎サポーターの男性2人が旭日旗を掲げ、反応した水原サポーターが試合後に川崎側の観客席の出口をふさいだ事件は、川崎側の一方的な“敗訴”となり、川崎には1年間の執行猶予付きながらAFC主催大会のホーム戦1試合を無観客で開催する処分と、罰金1万5千ドル(約170万円)が科された。

    川崎は「旭日旗に政治的、差別的な意図はない」と主張。そのうえで、処分の根拠となった調査の中立性や、韓国側の主張を一方的に聞き入れた裁定の合理性を疑問視し、処分を不服としてAFCの上訴委員会に訴えた。

    しかし、その訴えもAFC上訴委員会が棄却。現在、川崎側は棄却の理由や根拠を問う質問状を送付しているという。

    前代未聞の暴行、済州の選手は処分軽減

    一方で、5月31日に埼玉スタジアムで行われたACL決勝トーナメント1回戦第2戦の浦和-済州(韓国)戦で、前代未聞の乱闘騒ぎを起こした済州の選手は、“減刑”に成功した。

    AFCはいったん、(1)試合中に退場となりながら乱闘に加勢した趙容亨(チョ・ヨンヒョン)に6カ月の出場停止処分と罰金(2)阿部勇樹に肘打ちした白棟圭(ペク・ドンギュ)に3カ月と罰金(3)浦和選手を殴った権韓真(クォン・ハンジン)には2試合の出場停止処分と罰金-の厳罰を科し、済州そのものも4万ドル(約440万円)の罰金処分としていた。

    だが、韓国紙中央日報の日本語版(電子版)によると、「済州は正確な真相把握のために選手団やコーチングスタッフを1カ所に集めて調査を実施し、当時の映像や写真、陳述など十分な資料を確保した後、AFCに再審を要請した」のだという。その結果、趙容亨と白棟圭の出場停止処分の期間が短くなり、趙容亨は6カ月から3カ月に、白棟圭も3カ月から2カ月に軽減された。

    同紙は「済州側は『浦和選手の挑発があった。趙容亨の場合、故意性がなく、これまで模範的なキャリアを積んできた点を表明した』とし『再発防止に対する済州選手の誓約とチームメートの嘆願も提出した』と説明した」と報じた。

    なぜ、川崎の訴えは退けられ、済州は処分軽減に成功したのか。当然、事案が異なり、内容も異なるので、比較すること自体に無理があるのは明白だが、どうも釈然としない。

    そもそも、済州選手による浦和選手への襲撃事件では、“被害者”である浦和にも2万ドル(約220万円)の罰金が科されている。

    あまり不可解な裁定が続くようだと、AFCの権威自体が揺らぐようなことになりはしないか。それは、アジアのサッカー界全体にとってもマイナスである。せめて、川崎の質問状には、なぜ旭日旗がいけないのか、その根拠を誠実かつ論理的に答えてほしい。
    2017-08-07_09h01_02
    2017年8月6日 18時2分 産経新聞
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13438796/
    続きを読む

    2017-04-26_21h34_36

    1:にゃーん ★@\(^o^)/:2017/04/26(水) 21:20:40.47 ID:CAP_USER9.net
    蔚山 0-4 鹿島

    得点
    52分 金崎夢生
    54分 ペドロ・ジュニオール
    67分 金崎夢生
    90分 レオ・シルバ

    52分
    相手のミスから土居がペナルティエリア内でシュートを放つ。これはGKのセーブに遭うも、こぼれ球に詰めたのは金崎。ゴールに押し込み、待望の先制点を奪う

    54分
    イ・キジェのミスからペドロ・ジュニオールがボールを拾う。ペドロ・ジュニオールはドリブルでペナルティエリア内に進入し、左足でシュート。これが決まり、すぐさま追加点を挙げる

    67分
    チョン・スンヒョンのバックパスを受けたキム・ヨンデがクリアしようとするも、金崎のプレッシャーに遭い、ジャストミートできず。こぼれ球を拾った金崎がゴール前からシュートを決め、3点目を奪う

    90分
    左からパスをつなぐと、受けたレオシルバがペナルティエリア手前から右足を一せん。強烈なシュートはクロスバーの内側に当たってゴールに吸い込まれる

    https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/042601/livetxt/#livetxt
    続きを読む

    2017-04-25_21h21_46

    1:にゃーん ★@\(^o^)/:2017/04/25(火) 20:52:22.17 ID:CAP_USER9.net
    水原 0-1 川崎

    得点
    奈良 竜樹 48分

    水原
    シン ファヨン
    マシュー ジャーマン
    ク ジャリョン
    ミン サンギ
    イ ヨンレ
    チョ ウォニ
    キム ミヌ
    キム ジョンウ
    コ スンボム
    ヨム ギフン
    パク キドン

    川崎
    チョン ソンリョン
    奈良 竜樹
    車屋 紳太郎
    谷口 彰悟
    田坂 祐介
    阿部 浩之
    三好 康児
    中村 憲剛
    森谷 賢太郎
    小林 悠
    大塚 翔平

    http://www.frontale.co.jp/goto_game/2017/acl/05.html
    続きを読む

    2016-01-27_00h51_13
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 00:27:07.92 ID:CAP_USER*.net
    AFC U-23選手権2016
    1/26アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム
    22:30 KICK OFF ※日本時間

    準決勝

    日本 2-1 イラク

    得点者
    [日]久保裕也(26分)、原川力(90分+3)
    [イ]スアド・ナティク・ナジ(43分)

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2391-2391-lv
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453822027/

     
    続きを読む

    2016-01-23_01h33_58
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 01:03:10.23 ID:CAP_USER*.net
    AFC U-23選手権2016準々決勝
    アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム
    1/22 22:30 KICK OFF ※日本時間

    日本 3 - 0 イラン

    [日]豊川雄太(95分)、中島翔哉2(108分、110分)

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2390-2390-lv

    <出場メンバー>
    [U-23日本代表]
    先発
    GK 1 櫛引政敏
    DF 12 室屋成
    DF 4 岩波拓也
    DF 5 植田直通
    DF 15 亀川諒史
    MF 3 遠藤航
    MF 7 原川力
    MF 10 中島翔哉
    MF 21 矢島慎也
    FW 11 久保裕也
    FW 20 オナイウ阿道

    82分 FW 11 久保裕也 → FW 16 浅野拓磨
    88分 MF 21 矢島慎也 → MF 14 豊川雄太
    112分 MF 3 遠藤航 → MF 8 大島僚太
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453478590/

     
    続きを読む


    2015-04-07_21h49_24

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 21:02:07.97 ID:???*.net
    [4.7 ACLグループリーグ第4節 鹿島2-1広州恒大 カシマ]

         1 - 0 19 遠藤康(PK)  
         1 - 1 74' エウケゾン
         2 - 1 93 高崎寛之

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第4節が各地で行われた。H組の鹿島アントラーズはホームでグループ首位広州恒大(中国)と対戦し、2-1で勝利した。

    鹿島はここまで3連敗。今節の結果次第で敗退が決まる可能性があった。相手は3月18日の敵地戦で3-4と競り負けている中国王者の広州恒大。また、鹿島にとっての大一番に、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督も観戦に訪れた。

    立ち上がりから鹿島が形を作った。前半8分にはMF柴崎岳のCKをMF遠藤康がヘディングで合わせる。このシュートはDFの網に引っかかってしまったが、同19分、鹿島は遠藤のアーリークロスが相手DFのハンドを誘い、PKを獲得。これをこの日、27回目の誕生日を迎えた遠藤自らが沈め、先制に成功した。

    ただ、広州恒大も徐々に盛り返す。しかし、前半28分のFWエウケソンの抜け出しには、GK曽ヶ端準が判断のいい飛び出しで防ぐ。同34分のエウケソンのFKも、曽ヶ端が手に当てると、ポストに救われる幸運があり、同点弾を許さなかった。

    後半、先に決定機を迎えたのは鹿島。6分、MF梅鉢貴秀の横パスを受けた柴崎がコースを突いた右足シュートを放つ。しかし、GKリー・シュアイの好セーブに防がれ、追加点が奪えない。鹿島リードの展開ながら、重苦しい空気が漂い出す。

    すると後半29分に予感が的中。左サイドからFWガオ・リンにクロスを許すと、DF昌子源に競り勝ったエウケソンに左足で押し込まれ、試合を振り出しに戻されてしまう。

    しかし、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。柴崎のFKから途中出場のFW高崎寛之が決めて鹿島が勝ち越し。劇的勝利を飾った鹿島は、グループ最下位のままだが、突破に望みを繋げた。次節は21日、適地でのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州)戦となっている。

    ゲキサカ 4月7日(火)20時55分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00420242-gekisaka-socc

        
    鹿島アントラーズ:
    曽ヶ端準■;西大伍、ファンソッコ■、昌子源■、山本脩斗、柴崎岳、梅鉢貴秀■(82分青木剛)、カイオ、遠藤康(82分中村充孝)、土居聖真(78分高崎寛之)、金崎夢生

    広州恒大:
    李帥;梅方、張琳?、キムヨングォン、馮粛霆(65分鄒正■)、劉健■(65分鄭智■)、黄博文■、趙旭日、リカルド・グラル(89分于漢超)、エウケゾン、?林
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1428408127/

     
    続きを読む

    1: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2014/01/21 03:07:12
    [1.20 AFC U-22選手権準々決勝 日本0-1イラク]
     オマーンで開催中のAFC U-22選手権は20日、準々決勝を行い、U-21日本代表はイラクと対戦し、0-1で敗れた。序盤から劣勢を強いられた日本は粘り強く耐えていたが、後半39分に失点。12年秋のAFC Uー19選手権で敗れ、U-20W杯出場を逃した因縁の相手にまたしても屈し、ベスト8敗退が決まった。

     日本はオーストラリアとのグループリーグ最終戦(4-0)から先発一人を変更。GK杉本大地(京都)がベンチとなり、GK櫛引政敏(清水)が2試合ぶりにゴールを守った。フィー ルド10選手はオーストラリア戦から変わらず、システムも4-1-4-1を継続。4バックは右からDF川口尚紀(新潟)、DF西野貴治(G大阪)、DF植田直通(鹿島)、DF山中亮輔(柏→千葉)と並んだ。中盤はDF吉野恭平(東京V)をアンカーに置き、その前方にMF原川力(京都→愛媛)とMF喜田拓也(横浜FM)。右サイドにMF矢島慎也(浦和)、左サイドにFW中島翔哉(東京V)が入り、FW鈴木武蔵(新潟)が1トップを務めた。


     U-21世代の選手たちにとって、イラクは12年11月のAFC U-19選手権準々決勝で対戦し、1-2で敗れてU-20W杯出場権を逃すことになった因縁の相手だ。この日の先発メンバーで2年前の試合にも先発していたのは櫛引、川口、山中、矢島の4人(植田もベンチ入り)。リオデジャネイロ五輪予選でもライバルとなる相手に借りを返し、ベスト4への切符を手にできるか。リオ五輪を見据え、U-21世代で大会に臨んでいる日本に対し、イラクは22歳以下の選手で構成。昨年のU-20W杯でベスト4まで躍進し、先発11人のうち10人にA代表招集歴がある“黄金世代”のイラクを相手に、序盤から苦しい展開を強いられた。

    つづく
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-01131784-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ