海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:AFCチャンピオンズリーグ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 20:51:22.21 ID:CAP_USER9.net
    会場/鹿島サッカースタジアム

    【スコア】

    鹿島アントラーズ 2-0 蔚山現代(韓国)

    【得点者】

    【鹿】64' 金崎夢生
    【鹿】82' 鈴木優磨

    (鹿島アントラーズ)
    GKクォンスンテ、DF伊東幸敏(86分西大悟)、植田直通、昌子源、山本脩斗、MFレオ・シルバ、永木亮太、レアンドロ(64分遠藤康)、中村充孝(64分土居聖真)、FW金崎夢生、鈴木優磨

    (蔚山現代)
    GKキムヨンデ、DFキムチャンス、カンミンス、キムチゴン、イキジェ、MFチョンジェヨン、ハンスンギュ(76分キム・ヨンジン)、ハンサンウン(68分ペトラトス)、オルシッチ(80分キム・インソン)、FWイジョンホ、コヴァチェツ

    Jリーグ公式サイト
    http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022101/livetxt/#live

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第1節が21日に行われ、鹿島アントラーズと蔚山現代(韓国)が対戦した。

    昨季のJ1リーグを制し、通算タイトル獲得数を「19」に伸ばした鹿島。だが、ACLでは未だに優勝を経験したことがなく、悲願のアジア制覇に挑む。ホームで迎える大事な初戦には、DF昌子源やMFレオ・シルバ、MF永木亮太、FW金崎夢生、FW鈴木優磨らが先発起用された。

    立ち上がりはゲームが落ち着かない時間が続いたが、10分を過ぎると鹿島がボールを保持してチャンスをうかがう展開となる。13分にはペナルティエリア内左で縦パスを受けた中村充孝の落としから金崎が狙ったが、シュートは枠の上。直後の15分には左CKに山本脩斗が頭で合わせたが、ここはGKに阻まれた。

    鹿島が先制のチャンスを逃すと、試合は再び一進一退の攻防となる。33分、蔚山現代は右サイドで得たFKをハン・サンウンがゴール前に蹴り込み、チョン・ジェヨンがヘディングで合わせる。シュートは枠の左下へ飛んだが、GKクォン・スンテが好セーブで凌いだ。このままスコアレスで前半を折り返す。

    後半開始早々の46分、蔚山現代はゴールからやや距離のある位置からハン・スンギュが右足を振り抜くと、無回転のボールが枠の右上へ飛んだが、惜しくもポストを直撃した。

    試合が動いたのは64分。永木が蹴った左CKに中央の金崎が頭で合わせると、このシュートがゴール右上に吸い込まれ、鹿島が先制に成功した。さらに82分、金崎からのパスでエリア内右に抜け出した鈴木が右足のシュートをゴール左に流し込み、リードを2点に広げた。

    試合はこのままタイムアップ。鹿島が2-0で蔚山現代を下して大会白星スタートを切った。

    次節、鹿島は28日に敵地でムアントン・ユナイテッド(タイ)と、蔚山現代は同日にホームでブリスベン・ロアー(オーストラリア)と対戦する。
    kashima
    SOCCER KING 2/21(火) 20:49配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00554298-soccerk-socc

    AFC公式サイト
    http://www.the-afc.com/results

    ゲキサカ 日程 順位表
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 18:50:40.66 ID:CAP_USER9.net
    会場/キャンベルタウン・スポーツスタジアム

    【スコア】

    ウェスタン・シドニー 0-4 浦和レッズ

    【得点者】

    【浦】56' 興梠 慎三
    【浦】58' 李 忠成
    【浦】68' 槙野 智章
    【浦】86' ラファエル シルバ


    (WSW)ヤニェトヴィッチ、クリスビー、ハミル、ネヴィル、ボルダ、ルシュティツァ(後半24分→シャボウ)、ディマス、楠神順平(後半32分コール)、バッカス、N・マルティネス、マジョク(後半21分グリフィス)

    (浦和レッズ)西川周作、森脇良太、遠藤航、槙野智章、関根貴大、阿部勇樹、青木拓矢(後半34分那須大亮)、宇賀神友弥、李忠成、武藤雄樹(後半25分ラファエルシルバ)、興梠慎三(後半40分矢島慎也)

    Jリーグ公式サイト
    http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022102/livetxt/#live


    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は21日、グループリーグ第1節1日目を行い、F組では浦和レッズがウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州)のホームに乗り込んだ。前半をスコアレスで折り返したものの、後半11分にFW興梠慎三、同13分にFW李忠成、同23分にDF槙野智章、同41分にFWラファエル・シルバがゴールを奪い、浦和が4-0で快勝した。白星スタートを切った浦和は、28日に行われる第2節でFCソウル(韓国)とホームで対戦する。

    浦和は18日に行われた富士ゼロックススーパー杯鹿島戦(●2-3)から先発を3人入れ替え、DF槙野智章、MF関根貴大、FW興梠慎三らを先発起用。3-4-2-1のシステムを採用してGKに西川周作、最終ラインは右からDF森脇良太、DF遠藤航、槙野を並べ、ボランチにMF阿部勇樹とMF青木拓矢、アウトサイドは右に関根、左にMF宇賀神友弥を配置し、シャドーに李とFW武藤雄樹、1トップに興梠を据えた。一方のWシドニーのスターティングメンバーには川崎FやC大阪、鳥栖でプレー経験のあるMF楠神順平が名を連ねた。

    試合開始直後に李、前半8分に武藤がシュートを狙うなど、序盤から積極的な姿勢を見せる浦和は同13分、森脇のサイドチェンジを宇賀神がダイレクトで折り返し、走り込んだ武藤が左足で狙うがシュートはGKベドラン・ヤンイェトビッチの守備範囲に飛んでしまう。その後は両チームともに相手守備を崩し切れず、得点が生まれないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

    スコアレスのまま後半を迎えると、後半11分に浦和が先制に成功する。中盤でボールを奪うと、森脇のパスを受けた李がドリブルで前線に運んで相手選手の注意を引きつける。走り込んだ興梠がパスを呼び込んでPA内に進入すると、右足アウトの鮮やかなシュートでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

    勢いに乗った浦和は2分後の後半13分、PA内で仕掛けた関根のドリブルは阻まれたも、こぼれ球を青木が拾い、左サイドの興梠に展開。興梠がダイレクトでゴール前に浮き球のパスを送ると、反応した李が左足のダイレクトボレーでゴールを陥れ、リードを2点差に広げた。

    さらに後半23分には武藤が蹴り出したCKを槙野が右足で押し込み、3点目を奪取する。同25分には武藤に代えてR・シルバ、同33分に青木に代えてDF那須大亮、同40分には興梠に代えてMF矢島慎也を投入。すると同41分、矢島のパスを受けたR・シルバがPA内まで持ち込んで右足シュートを突き刺し、浦和での公式戦デビュー戦でゴールを記録。その後もWシドニーの反撃を許さず、浦和が4-0の完封勝利を収めた。
    2017-02-21_18h58_23
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-01637116-gekisaka-socc

    AFC公式サイト
    http://www.the-afc.com/results

    ゲキサカ 日程 順位表
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 16:02:07.17 ID:CAP_USER9.net
    浦和レッズは21日にAFCチャンピオンズリーグの開幕戦でウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW/オーストラリア)と対戦するが、敵地への一戦に向けたスターティングメンバーが発表された。

    最後方には不動の存在である日本代表GK西川周作が構える。そして、18日に鹿島アントラーズと対戦したゼロックス杯でメンバー外となった日本代表DF槙野智章が満を持してスタメン起用。DF森脇良太、DF遠藤航と3バックを形成する。

    ボランチにはゼロックス杯に続き主将のMF阿部勇樹とMF青木拓矢が並び、両ウイングバックは右にMF関根貴大、左にMF宇賀神友弥が起用された。そして前線は“KLMトリオ”とも呼ばれるFW興梠慎三、FW李忠成、FW武藤雄樹が1トップ2シャドーを構成する。昨季のリーグ戦で3人揃って二桁ゴールを記録した得点力に期待だ。

    今季新加入選手のスタメン出場はなく、アルビレックス新潟から獲得したFWラファエル・シルバはベンチスタート。勝負どころで投入されるか、注目が集まる。

    “死のグループ”突破へ勝ち点3は必須

    浦和は昨季の決勝トーナメント1回戦で敗れたFCソウル(韓国)、冬の移籍市場でチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得して話題の上海上港(中国)を交えた“死のグループ”を戦う。前評判で最も与しやすいと見られるWSWとの一戦は、グループF突破へ向けて重要な一戦になる。

    敵地とはいえ勝ち点3が欲しいゲームで、攻撃的なパスワークを志向する浦和は白星発進を飾ることができるだろうか。

    浦和のスタメンは以下の通り。

    GK
    西川周作
    DF
    森脇良太
    遠藤 航
    槙野智章
    MF
    関根貴大
    青木拓矢
    阿部勇樹
    宇賀神友弥
    FW
    李 忠成
    武藤雄樹
    興梠慎三
    2017-02-21_16h28_25
    Football ZONE web 2/21(火) 15:58配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170221-00010010-soccermzw-socc
    続きを読む

    news_slider_190274_1
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/05/25(水) 22:27:20.49 ID:CAP_USER9.net
    5月25日@ソウルW杯スタジアム

    FCソウル 3-2 浦和

    ダムヤノビッチ(前半29分)
    アドリアーノ(延前4分)
    李忠成(延後7分)
    李忠成(延後10分)
    Yo-Han Go(延後15分)

    PK
    浦和 6-7 FCソウル

    http://www.hochi.co.jp/soccer/data/world/acl/20160525-m1637090.html?from=pcScore
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/05/24(火) 22:27:26.71 ID:CAP_USER9.net
    SOCCER KING 5月24日(火)22時23分配信
    tokyoacl0524

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・決勝トーナメント1回戦セカンドレグが24日に行われ、上海上港(中国)とFC東京が対戦した。

    初のベスト8進出を目指すFC東京はホームでの第1戦を2-1で制した。敵地に乗り込んでの第2戦では引き分け以上で勝ち抜けが決まる状況だ。ファーストレグからメンバーに変更はなく、2得点を挙げて勝利の立役者となったMF水沼宏太や、DF森重真人らが先発に名を連ねた。一方、逆転突破を狙う上海上港はブラジル人FWエウケソンやアルゼンチン人MFダリオ・コンカらを起用。負傷中のガーナ代表FWアサモア・ギャンは引き続きメンバー外となっている。

    序盤は1点が必要な上海上港が敵陣に押し込む展開となるが、FC東京も集中した守備でゴールを割らせない。19分には右サイドからのFKをコンカが左足でゴール前に蹴り込み、キム・ジュヨンがヘディングで合わせたが、GK秋元陽太が好セーブで凌いだ。

    上海上港は28分、前線でボールを持ったウー・ライがエリア内右に浮き球のスルーパスを送り、抜け出したエウケソンが右足ダイレクトで狙ったが、シュートは枠の右に逸れた。直後の30分には左サイドのスン・シアンがクロスを供給し、ゴール前のウー・ライが頭で合わせる。シュートは枠を捉えたが、GK秋元が再び好セーブで弾き出した。

    我慢の時間が続いたFC東京は33分、カウンターを仕掛けるとドリブルでエリア手前右に持ち上がった水沼が切り返しから左足でミドルシュートを狙ったが、ここはGKにキャッチされた。

    その後も上海上港の攻撃が続いたが、結局得点は生まれず0-0のまま前半を折り返す。
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/05/17(火) 21:20:40.21 ID:CAP_USER9.net
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが17日に行われ、FC東京と上海上港(中国)が対戦した。

    元ブラジル代表MFラミレスらを擁する江蘇蘇寧(中国)を抑え、E組2位でグループステージを突破したFC東京。ACL初参戦の2012年以来、2度目の決勝トーナメントで初のベスト8進出を狙う。1回戦ファーストレグは、ガンバ大阪らを破ってグループG首位突破の上海上港をホームに迎えた。

    FC東京は、高橋秀人、東慶悟、水沼宏太、前田遼一らがスタメン入り。出場停止の丸山祐市に代わって吉本一謙が森重真人とセンターバックのコンビを組み、右サイドバックには橋本拳人が入った。一方、上海上港はブラジル人FWエウケソンやアルゼンチン人MFダリオ・コンカらが名を連ねたが、ガーナ代表FWアサモア・ギャンは負傷欠場となった。

    前半はFC東京が主導権を握る。5分、右サイドの橋本からのクロスを、中央の前田遼一が胸で落とす。それに反応した水沼がダイレクトで右足シュートを放つが、相手DFにブロックされた。11分には、右サイドでのパス交換から、羽生直剛がエリア内へラストパス。ファーサイドに走り込んだ米本拓司が合わせるが、相手GKにセーブされた。

    変わらず優勢に出るFC東京は21分、東のバックパスを受けた米本が、エリア内左で右足を振り抜くが、これもGKにキャッチされる。25分には、右サイドからのクロスに中央の前田が頭で合わせるが、シュートはわずかに枠の右に外れた。

    上海上港のチャンスは36分、敵陣中央で得たFKでコンカがエリア内へボールを供給。ゴール前に飛び出したキム・ジュヨンが、右足ボレーで合わせるが、シュートは枠を捉えられなかった。すると前半終了間際の43分、FC東京が先制に成功する。相手のハンドによりエリア手前左でFKを獲得。キッカーを務めた水沼が、強烈なグラウンダーのシュートを放つと、壁の間を抜いてゴールに突き刺さった。

    後半に入って攻勢に出たのは上海上港。すると55分、試合が振り出しに戻る。コンカの絶妙なスルーパスで、ルー・ウェンジュンがエリア内右に抜け出してフリーで左足シュート。これはGK秋元陽太が好セーブで凌いだが、こぼれ球をウー・レイが押し込んで同点とした。

    追いつかれたFC東京は62分、東を下げて阿部拓馬を投入した。直後の63分、徳永悠平からの鋭いパスを受けた羽生が、エリア手前正面で右足を振り抜くが、シュートはクロスバー上に外れた。すると65分、徐々にペースを手繰り寄せていたFC東京が再びリードを奪う。徳永が左サイドからクロスを供給。ファーサイドに走り込んだ水沼が右足ボレーで合わせると、シュートは相手GKの手を弾いてネットを揺らした。

    FC東京は79分、この日2ゴールの水沼を下げて田邉草民をピッチに送り出した。試合はこのままタイムアップを迎え、FC東京がホームで2-1の先勝。クラブ初のACLベスト8進出へ一歩前進した。

    セカンドレグは24日に上海上港のホームで行われる。なお、明日18日には浦和レッズが同ファーストレグで、MF高萩洋次郎の所属するFCソウルをホームに迎える。

    【スコア】
    FC東京 2-1 上海上港

    【得点者】
    1-0 43分 水沼宏太(FC東京)
    1-1 55分 ウー・レイ(上海上港)
    2-1 65分 水沼宏太(FC東京)
    2016-05-17_21h40_45

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00443945-soccerk-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/07(木) 01:38:23.39 ID:CAP_USER*.net
    <ACL:G大阪0-2上海上港>◇1次リーグG組◇6日◇吹田スタ

    試合中のスタンドで乱闘騒ぎが発生した。後半開始すぎ、上海上港と同じ上海に本拠を置く上海申花のファンが「ONLY SHENHUA REP SHANGHAI(上海申花だけが上海の名声)」と横断幕を掲げた。

    これに上海上港ファンが激高し、20~30人ほどの殴り合いに発展。想定外の“上海ダービー”勃発に、10人以上の警備員が急いで仲介に入るも、騒ぎは収まらず。

    上海上港のファンは横断幕を試合中のピッチに投げ捨ててしまった。

    後半21分、27分と上海上港が得点を挙げたことで、徐々にもめ事は落ち着いた。小競り合いを起こした観客には運営側から退場処分が下された。

    処分を受け警備員にスタジアム外へ連れ出される際には、周辺の日本人サポーターに謝罪しながら引き揚げていた。

    2016年4月7日1時25分
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1627784.html

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459960703/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 22:55:25.91 ID:CAP_USER*.net
     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節が6日に行われ、江蘇蘇寧(中国)とFC東京が対戦した。

     FC東京は、3月15日に行われた第3節で江蘇蘇寧とホームで対戦。攻めこむ時間帯が多かったものの、結局最後まで得点を挙げることができず、スコアレスドローに終わった。現在1勝1分け1敗でグループEの3位。対する江蘇蘇寧は、1勝2分けの負けなしで同2位につけており、決勝トーナメント進出に向けて、両チームにとって大事な一戦となった。

     FC東京は、先発メンバーを前節から2名入れ替えて、米本拓司とハ・デソンを器用。対する江蘇蘇寧は、今冬に“爆買い”したブラジル代表MFラミレス、ブラジル人FWアレックス・テイシェイラ、元マンチェスター・Cの同国人FWジョーらが先発メンバー入りを果たした。

     試合序盤はなかなかお互いにシュートまで持ち込めない時間帯が続いたが、16分にFC東京がチャンスを作り出す。右サイドに抜け出した米本が右足でグラウンダーのクロス。ニアサイドに橋本拳人が飛び込んだが、相手DFに阻まれてシュートを枠に飛ばすことはできなかった。

     30分にFC東京が先制に成功する。左CKを小川が左足でクロスを入れる。相手DFのクリアを拾った米本が左足でシュート。再度相手DFに跳ね返されたボールを森重真人が右足で狙うと、ボールはゴール左に突き刺さった。

     直後の34分、江蘇蘇寧が同点のチャンスを迎える。自陣エリア内左でボールを持った橋本からラミレスがボールを奪いに行く。橋本の足に引っかかって倒れるとファールの判定を受け、PKを獲得。キッカーのジョーが左足でゴール左に落ち着いて蹴り込んだ。

     一気に勝ち越しを狙う江蘇蘇寧は39分、スルーパスに抜け出したA・テイシェイラがエリア内左にドリブルで侵入。左足でシュートを打ったが、GK秋元陽太の好セーブに阻止された。一進一退となった前半は1-1で折り返す。

     後半の立ち上がりは江蘇蘇寧が攻勢に出る。52分、A・テイシェイラが左サイドからドリブルで仕掛けて右足で強烈なシュートを打ったが、ゴール左に外れた。60分には、中央で獲得したFKをリー・アンが左足で直接狙ったが、ボールはゴール左に逸れた。

     ペースを握られたFC東京は立て続けに交代カードを切る。64分、ハ・デソンに代えて阿部拓馬、さらに73分にネイサン・バーンズに代えて河野広貴を投入。77分には、前田遼一を下げて平山相太が入った。すると、直後の79分、エリア外中央でボールを持った阿部が右足でミドルシュートを放ったが、わずかにゴール右に外れた。

     徐々に攻めの回数を増やしていたFC東京が勝ち越しに成功する。83分に獲得した右CKを米本が右足でマイナス気味にグラウンダーのクロス。中央でフリーになっていた森重が右足でゴール右に流し込んだ。

     直後の86分には右サイドでボールを受けた水沼に対してリー・アンが危険なスライディング。一発退場を命じられ、江蘇蘇寧は10人で戦うことになった。

     このまま試合は終了。FC東京は2-1で勝利を収め、グループ首位に浮上した。一方の江蘇蘇寧は3位に転落したが、グループEは混戦となり、4チームが勝ち点3の中にひしめき合うことになった。

     4月20日に行われる第5節で、FC東京はホームで全北現代、江蘇蘇寧はビン・ズオンをそれぞれホームに迎える。

    【スコア】
    江蘇蘇寧 1-2  FC東京

    【得点者】
    0-1 30分 森重真人(FC東京)
    1-1 34分 ジョー(PK)(江蘇蘇寧)
    1-2 83分 森重真人(FC東京)
    2016-04-06_23h03_46
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00428346-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459950851/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 20:54:16.20 ID:CAP_USER*.net
    news_186701_1
    G大阪がホームで上海に完敗…予選通過が非常に厳しく
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-01626135-gekisaka-socc
    [4.6 ACLグループG第4節 G大阪-上海上港 吹田S]

    ガンバ大阪が非常に厳しい立場に追い込まれた。6日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のG組第4節をホームで戦ったG大阪は、首位に立つ上海上港(中国)に で完敗。連敗で2敗目を喫した。

    予選突破に向け、勝つしかない一戦だった。しかしホーム戦と言えど、大型補強でチームを強化した上海に前半から攻め込まれてしまう。前半18分のFWエウケソンのFKや同21分の同じくエウケソンの強烈ミドルなどはGK東口順昭がビッグセーブで弾き出し、何とか前半をスコアレスで折り返したが、難しい試合になってしまった。

    後半に入ると5分にFWパトリックがFW宇佐美貴史のパスで裏に抜ける決定機を迎えるが決めきれずにいると、後半21分、ついに均衡を破られてしまう。左サイドからの崩しで細かいパスを通されると、FWルー・ウェンジュンとのワンツーで抜け出したFWウー・レイにゴールネットを揺らされる。

    さらに後半27分にはウー・レイのシュートは東口が防いだが、ミドルレンジにこぼれたボールをルー・ウェンジュンに豪快に蹴り込まれてしまった。

    G大阪はMF藤本淳吾やFW長沢駿を投入して何とか反撃を試みるが、上海ゴールが遠い。0-2で完敗を喫した。勝ち点を9に伸ばした上海を上回ることが出来なくなったG大阪。現在行われている水原三星対メルボルン・ビクトリーの結果次第ではさらに厳しい状況に追い込まれることになる。
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459943656/

     
    続きを読む

    CfEcPoOWsAEtVDy
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 10:01:20.75 ID:CAP_USER*.net
     ◇ACL1次リーグE組 FC東京―江蘇蘇寧(2016年4月6日 中国・南京)

    FC東京は6日、ACLで江蘇蘇寧(中国)と敵地で対戦する。

    1次リーグ突破へ負けられない一戦。相手は0―0に終わった3月15日のホームでの一戦で出場停止だったMFラミレスが復帰予定で、城福監督も前日会見で

    「ラミレスがいることによって、前線の選手の特長が顕著に出てくる。その意味では本当に手ごわい相手」とFWジョー、MFテイシェイラを含めたブラジル人トリオに警戒を強めた。

    一方、江蘇蘇寧のペトレスク監督は、2日のJ1名古屋戦で復活ゴールを決めたFW平山を警戒していることが判明。

    復帰した3月19日の鹿島戦をVTRでチェックし「何だこいつは?」とその存在を初認識。4日に入手した名古屋戦のビデオで改めて脅威を感じたようで、途中出場が見込まれる平山はその評価にたがわぬプレーが期待される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00000008-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459904480/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ