海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:AFCチャンピオンズリーグ

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 21:51:57.59 ID:CAP_USER*.net
    2016-04-05_22h20_35
    広島、敵地でタイ王者に勝利しACL2連勝…宮吉が移籍後初ゴール
    SOCCER KING 4月5日(火)21時50分配信

     AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が5日に行われ、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)とサンフレッチェ広島が対戦した。

     広島は前節、ブリーラムをホームに迎えて3-0で今季ACL初勝利。公式戦で富士ゼロックス・スーパーカップ2016のガンバ大阪戦以来となる6試合ぶりの白星となった。そこから、2016明治安田生命J1リーグでも2試合続けて勝利を収めて、公式戦3連勝と調子を上げてきた。だが、今節は高温多湿の敵地タイで日本勢が苦しんできたブリーラム・スタジアムでの一戦。また、浅野拓磨は右腸腰筋損傷、佐々木翔も右ひざ前十字じん帯断裂と主力メンバーの離脱が重なっている。

     先発メンバーは、4月1日のJ1ファーストステージ第5節のベガルタ仙台戦から4名を変更。丸谷拓也、清水航平、宮吉拓実らに加え、佐藤寿人が復帰し、4試合ぶりの出場となった。さらに、この日第一子となる長女が誕生した柏好文もスタメンに名を連ねた。

     広島は8分、左サイドの清水がアーリークロスを供給。それに反応した佐藤がペナルティエリア内に抜け出して、左足ボレーで合わせるが、シュートは枠の右に外れた。35分には、清水の落としを受けた塩谷が、エリア手前からダイレクトでミドルシュートを放つが、枠の右に外れた。

     試合は前半終了間際に動いた。広島は45分、佐藤のスルーパスでエリア内左に抜け出した宮吉が、右足シュートをファーサイドのゴール左隅に沈めた。宮吉の移籍後初ゴールで、広島が先制して前半を折り返す。

     後半に入って50分、清水からのクロスに、ニアサイドに飛び出した佐藤が頭ですらすが、シュートは相手GKシワラックにセーブされる。ブリーラムは57分、ゴール前でこぼれ球に反応したスシャオ・ヌットヌムが左足シュート。至近距離だったが、これはGK林卓人が正面でセーブした。

    58分、高い位置でボールを奪った広島は、宮吉が縦パスを入れると、エリア内中央に抜け出した茶島が左足を振り抜くが、シュートはGKシワラックに阻まれた。59分には佐藤を下げて皆川佑介を投入した。77分には、茶島がエリア内でキープし、左足を振り抜くが、これもGKシワラックにキャッチされた。85分にも皆川のポストプレーから、落としを茶島がダイレクトで左足シュートを放つが、枠を捉えられない。

     なかなか追加点を奪えなかった広島だが87分、ついにリードを広げる。丸谷の縦パスを皆川がヒールで流す。それに反応した途中出場の柴崎晃誠が抜け出し、エリア内まで持ち上がって右足シュートでゴールネットを揺らした。90分には青山敏弘を下げて、森崎和幸をピッチに送り出す。

     試合はこのままタイムアップを迎え、広島が敵地で2-0の勝利。2連勝で勝ち点を「6」に伸ばした。一方のブリーラムは4連敗で敗退が決まった。なお、同日に行われたFCソウル(韓国)と山東魯能(中国)の対戦はスコアレスドローで終了。FCソウルが勝ち点「10」、山東魯能が勝ち点「7」となった。

     20日に行われるACL次節で、広島は山東魯能と、ブリーラムはFCソウルとそれぞれアウェーで対戦する。

    【スコア】
    ブリーラム 0-2 サンフレッチェ広島

    【得点者】
    0-1 45分 宮吉拓実(広島)
    0-2 87分 柴崎晃誠(広島)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-00427979-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459860717/

     
    続きを読む


    2016-04-05_21h48_53

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 21:22:47.05 ID:CAP_USER*.net
    4/5 19:30K.O.

    浦和レッズ 1-0 広州恒大

    得点
    52分 武藤雄樹

    浦和レッズ:
    西川周作;槙野智章、遠藤航、森脇良太、宇賀神友弥、梅崎司、柏木陽介、阿部勇樹、関根貴大、武藤雄樹、ズラタン(控え:大谷幸輝、那須大亮、青木拓矢、駒井善成、高木俊幸、李忠成、興梠慎三)
    後半20分 MF梅崎がアウト、FW李がイン
    後半23分 FWズラタンがアウト、FW興梠がイン
    後半42分 MF武藤がアウト、MF青木がイン

    広州恒大:
    曾誠;張琳?、馮粛霆、キムヨングォン、栄昊、パウリーニョ、鄭智、黄博文、于漢超、リカルド・グラル、J・マルティネス
    後半18分 MF鄭智がアウト、FWガオ・リンがイン
    後半29分 MF黄博文がアウト、FWシュー・シンがイン
    後半42分 FW于漢超がアウト、MFジョン・ロンがイン

    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1626771.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459858967/

     
    続きを読む

    GettyImages-515901726-500x333
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 22:24:10.08 ID:CAP_USER*.net
    スポニチアネックス 3月16日(水)22時23分配信

     ◇ACL1次リーグH組 浦和2―2広州恒大(2016年3月16日 広州天河)

     サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は16日、各地で1次リーグ第3節が行われ、H組の浦和は試合序盤に立て続けに失点も、1―2の後半44分に途中出場のFW興梠慎三(29)の得点で追いつき、昨季のACL覇者・広州恒大(中国)に2―2で引き分けた。浦和は通算成績1勝1分け1敗の勝ち点4とした。

     浦和は前半6分にPK、同14分にも失点し、いきなり2点のビハインドを背負った。

     それでも同30分、MF柏木の蹴った右コーナーキックを相手GKがパンチングミス。こぼれ球をFW武藤が右足で押し込み1点を返した。後半44分にはDF槙野からの左クロスをFWズラタンが落としたところにFW興梠が右足を振り抜き、同点とした。

     この日、シドニーFC(オーストラリア)が浦項(韓国)を1―0で下し、勝ち点6でH組首位に浮上。浦和の次戦は4月5日に埼玉スタジアムで広州恒大(中国)と対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160316-00000146-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458134650/

     
    続きを読む


    2016-03-16_21h09_05
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 20:53:19.59 ID:CAP_USER*.net
     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第3節が16日に行われ、サンフレッチェ広島とブリーラム・ユナイテッド(タイ)が対戦した。

     昨季J1王者として2年ぶりにACL参戦の広島は、初戦からまさかの2連敗。グループステージ突破へこれ以上負けは許されない。今節は同じく2連敗のタイリーグ王者ブリーラムをホームに迎えて初勝利を狙う。先発メンバーには青山敏弘、水本裕貴らに加え、浅野拓磨が1トップ、宮吉拓実と野津田岳人が2シャドーに入った。一方でピーター・ウタカ、塩谷司、ミキッチらはベンチスタート。負傷した佐藤寿人はメンバー外となった。

     広島は7分、野津田がペナルティエリア手前中央で左足を振り抜くが、シュートは相手GKがセーブ。こぼれ球に詰めていた浅野が右足で蹴り込むが、枠を捉えられなかった。27分、高い位置でボールを奪った広島は、野津田のパスを受けた浅野が、エリア手前中央で右足を振り抜くが、シュートは枠の左に逸れた。さらに33分、柏好文がエリア内右からクロス。中央の野津田が頭で合わせるが、相手GKの好セーブに阻まれた。

     広島はチャンスを作るものの、なかなか得点を奪えない時間が続く。だが、前半終了間際の42分に均衡を破る。移籍後初先発の宮吉が縦に絶妙なスルーパス。抜け出した浅野がスピードに乗ってエリア内に侵入し、右足でゴール右隅に流し込んだ。浅野は自身ACL初ゴールで、“ジャガーポーズ”を披露して喜んだ。前半は広島の1点リードで折り返す。

     後半に入って55分、広島が追加点を奪う。青山の縦パスを敵陣中央の野津田のダイレクトで後方に流す。それに反応した浅野が一気にスピードに乗って抜け出し、落ち着いて右足でゴール右隅に沈めた。この日2得点の浅野は再び“ジャガーポーズ”で披露した。リードを2点に広げた広島は74分、宮吉を下げて柴崎晃誠を投入。79分には柏に代えてミキッチをピッチに送り出した。

     すると81分、柴崎がエリア内中央でパスを受けて、後方に落とす。そこに走り上がってきた清水航平が、エリア内左で右足を振り抜き、ゴール右隅に決めた。直後の82分、浅野を下げて皆川佑介を投入した。試合はこのまま3-0でタイムアップを迎え、広島がACL初勝利。公式戦6試合ぶりの白星となった。

     広島は、4月5日にアウェーで行われるACLグループステージ第4節で再びブリーラムと対戦する。

    【スコア】
    サンフレッチェ広島 3-0 ブリーラム・ユナイテッド

    【得点者】
    1-0 42分 浅野拓磨(広島)
    2-0 55分 浅野拓磨(広島)
    3-0 81分 清水航平(広島)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160316-00411701-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458129199/

     
    続きを読む


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/17(木) 06:52:58.43 ID:???*.net
    [9.16 ACL準々決勝第2戦 G大阪3-2全北現代 万博]

    そこにいた誰もがまたとない興奮を味わった。万博記念競技場で行われた一戦、ガンバ大阪は敗退濃厚の中で迎えた後半アディショナルタイム3分、DF米倉恒貴が劇的決勝弾を突き刺し、4強への道を手繰り寄せた。

    スタジアムのボルテージは最高潮。喜び勇んだ長谷川健太監督も試合終了を待ちきれずにピッチに足を踏み入れてしまった。審判団は見逃してはくれない。

    冷静な判断によって指揮官には退席処分が言い渡された。これにより、9月30日に敵地で広州恒大(中国)と戦う準決勝第1戦は指揮官不在で行われることが濃厚となった。

    アウェー広州戦についてMF遠藤保仁も「全北現代以上の厳しい戦いになる」と気を引き締める。ただ、指揮官の退席処分については、

    「アジアを制すということを大目標にしていますし、その中で劇的勝利ということで、監督の気持ちはわかる」と擁護。

    「(試合後には)特に何も言っていなかったですけど、一番興奮してたんじゃないですか」と、会見にも出ることが出来なかった監督の思いを代弁した。
    2015-09-17_15h57_32
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150917-01091978-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442440378/

     
    続きを読む


    CPBgPbnUkAEl52I
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:53:41.62 ID:???*.net
    ガンバ大阪 3-2 全北現代

    0-1 レオナルド(前半13分)
    1-1 パトリック(前半14分)
    2-1 倉田秋(後半31分)
    2-2 ウルコ・ベラ(後半43分)
    3-2 米倉恒貴(後半48分)

    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/soccer_jleague/5073

    166: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:55:44.33 ID:???*.net
    >>1
    第1試合0-0、第2試合3-2の2試合合計3-2でガンバ大阪が準決勝進出

    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442404421/

     
    続きを読む


    2015-05-27_21h22_55

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/27(水) 20:51:21.43 ID:???*.net
    ガンバ大阪 3-2 FCソウル

    1-0 パトリック(前半16分)
    2-0 倉田秋(前半45分)
    2-1 ユン・ジュテ(後半13分)
    3-1 リンス(後半41分)
    3-2 ユン・ジュテ(後半47分)

    2試合合計6-3でガンバ大阪がベスト8進出

    ■ガンバ大阪
    GK東口順昭
    DF藤春広輝
    DF丹羽大輝
    DF岩下敬輔
    DF米倉恒貴 → DF金正也(後半9分)
    DF今野泰幸
    MF遠藤保仁
    MF倉田秋
    MF阿部浩之 → MF堂安律(後半43分)
    FWパトリック
    FW宇佐美貴史 → FWリンス(後半23分)

    ■FCソウル
    GKキム・ヨンデ
    DFチャ・ドゥリ
    DFキム・ドンウ
    DFオズマール
    DFキム・チウ
    MFモリナ → FWシム・ジェヒョク(後半8分)
    MFコ・ミョンジン
    MFパク・ヨンウ
    FWエヴェルトン・サントス → MFコ・ヨハン(後半1分)
    FWユン・ジュテ
    FWチョン・ジョグク → FWパク・ヒソン(後半20分)

    http://www.hochi.co.jp/soccer/data/world/acl/20150527-m1541600.html?from=pcScore
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432727481/

     
    続きを読む

    CGAVL8uWIAAEAge


    続きを読む

    2015-05-20_21h31_45
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 21:23:43.99 ID:???*.net
    プロデビュー弾の地で宇佐美がスーパーボレーを含む2G!!G大阪、敵地でFCソウルに先勝
    ゲキサカ 5月20日(水)21時21分配信

    [5.20 ACL決勝トーナメント1回戦第1戦 FCソウル 1-3 G大阪 ソウル]

    3年ぶりのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦うガンバ大阪は、FCソウル(韓国)との決勝トーナメント1回戦に臨んだ。敵地での第1戦を、エースFW宇佐美貴史のスーバーゴールで先制すると、DF米倉恒貴が加点。終盤には宇佐美が2点目を決め、アウェーゴールを3つ重ねる快勝をおさめた。

    16日のJ1第1ステージ第12節・川崎F戦(1-1)と同じ11人が先発に名を連ねたG大阪。プロデビュー、プロ初ゴールの舞台となったソウルワールドカップスタジアムで、宇佐美が6年ぶりにピッチに立つことになった。


    試合は序盤から膠着する。互いに敵陣でのボールロストが続き、チャンスをつくることができない。それでもG大阪はCKを得ると、MF遠藤保仁がショートコーナーを使って宇佐美からのリターンを受けると、ファーサイドへクロス。GKユ・サンフンがハイボールをキャッチできずにこぼしてしまうが、G大阪はつめることができなかった。

    G大阪にもミスが出てしまう。24分、DF丹羽大輝が自陣でコントロールを誤りボールをロストしてしまうが、DF米倉恒貴が素早くカバーに入り事なきを得た。

    ボールは回わるものの、シュートが遠いG大阪。前半35分、DFチャ・ドゥリに左サイドをドリブルで突破され、中央に折り返されるとMFコ・ミョンジンが左足で捉える。シュートはゴールポスト左へと逸れて難を逃れると、スコアレスで前半を終えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150520-00572251-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432124623/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:07:45.63 ID:???*.net
    アジア・チャンピオンズリーグ(F組)
    5月6日@万博記念競技場

    G大阪 2-1 城南一和

    0-1 ファン・ウィジョ(前半15分)
    1-1 宇佐美貴史(後半19分)
    2-1 リンス(後半37分)


    前半15分 G大阪 0-1 城南
    ペナルティエリア手前の中央やや左でMFキム・チョルホのパスを後ろ向きで受けたFWファン・ウィジョがワントラップし豪快に右足を振り抜く。強烈なシュートが決まり先制

    後半19分 G大阪 1-1 城南
    左サイドのFW宇佐美がゴール前へ右足クロス。相手DFとGKの間へ入ったボールにFWパトリックが足を伸ばすが届かず、ボールはそのままゴールに吸い込まれ同点に

    後半37分 G大阪 2-1 城南
    左サイドのMF遠藤がゴール前へクロス。DF岩下が相手DFと競り合いながら頭で落としたボールを、体ごと飛び込んだFWリンスが押し込み逆転


    <G大阪スタメン>
    GK東口順昭
    DF丹羽大輝、金正也、藤春廣輝、今野泰幸
    MF小椋祥平、阿部浩之、遠藤保仁、二川孝広、
    FWパトリック、宇佐美貴史

    後半10分 MF小椋 → DF岩下
    後半13分 MF二川 → FWリンス
    後半30分 DF藤春 → MF倉田
    2015-05-06_21h48_08
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1472274.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430914065/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ