海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:C・ロナウド

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 22:12:25.47 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、2017年に入ってから急激に調子を落としていると騒がれている。

    21日のリーガエスパニョーラ第19節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのマラガ戦(2-1)では、前半にGKイドリス・カメニとの1対1の場面でシュートを決められず、後半にはポストにゴールを阻まれたC・ロナウド。22日付のスペイン『マルカ』は、「失望」との見出しでC・ロナウドの不調を報じた。

    同紙は「C・ロナウドはセルタ戦で1トップを務めたが機能せず、昨日(マラガ戦)は普段通り左サイドでプレーしたものの、それでもゴールと再会する手助けにはならなかった。決定機を決め切れないばかりか、そのプレーレベルも疲れ知らずの、飽くことのないあの選手とは程遠い。ベルナベウは彼を待ち続けている」と記している。

    『マルカ』はさらに、C・ロナウドの得点率についても記載している。ポルトガル代表FWはレアル・マドリーの選手として、371試合に出場して382得点を記録。1試合あたりの得点率は1.03となっている。しかしながら2017年には4試合で2得点と、得点率は0.5と激減している。
    2017-01-22_23h26_46
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000018-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/20(金) 21:24:57.64 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーは18日のコパ・デル・レイ準々決勝ファーストレグでセルタに1-2と敗れた。それにより、サポーターが怒りを爆発させている。

    昨年4月4日から40戦連続無敗記録を続けてきたレアルだが、15日のリーガエスパニョーラ第18節セビージャ戦(1-2)でその記録が途絶えた。そこから立て直すことができず、本拠地サンティアゴ・ベルナベウのセルタ戦でもまさかの敗戦を喫している。

    批判の矛先は、真っ先にセルタ戦で無得点に終わったFWクリスティアーノ・ロナウドに向けられている。サポーターはスペイン『アス』の取材に対してポルトガル代表FWに痛烈な言葉を浴びせた。

    「もし中国の億万長者から1億ユーロのオファーが届いたら、クリスティアーノはすぐに移籍すべきだ」

    「クリスティアーノはリラックスし過ぎている。彼は中国に行くべきだね。そのお金でレアルは新しい選手を獲得すればいい。そうだね、(ロベルト)レヴァンドフスキなんかいいんじゃないかな」

    「クリスティアーノは新しい恋人ができて、(サッカー以外のことを)いろいろ考えているんじゃないかしら。ちょっと集中力が欠けているように見えるわ」

    また、ジネディーヌ・ジダン監督の采配にも疑問が投げかけられている。

    「9番の位置はクリスティアーノのポジションじゃない。今シーズンの彼はスピードを失っているけど、それでもサイドでプレーして18ゴールを挙げているんだ」

    「クリスティアーノは衰え始めている。そろそろ彼の出場機会を調整することを考えなければいけない。出番が来た時に、トップフォームでプレーするためにね」
    2017-01-21_08h17_19
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000001-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 19:05:13.97 ID:CAP_USER9.net
    数字の他、過去の実績、ピッチ外の活動も考慮した結果は!?クリスチアーノ・ロナウドとリオネル・メッシは、どちらが優れた選手か?
     
    サッカー界最大の論争テーマであり、世界中で多くの人々が意見をぶつけ合っているが、イタリアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は先日、独自の見解をもって、このテーマに対する現時点での答を導き出した。
     
    イタリア最大のスポーツ新聞が選んだのはC・ロナウド。昨年、レアル・マドリーではチャンピオンズ・リーグ、クラブワールドカップ、ポルトガル代表ではEURO2016を制した他、個人ではUEFA最優秀選手賞、バロンドール、FIFA最優秀選手賞を獲得しただけに、至極妥当な判断だろう。
     
    ただ、同紙は獲得タイトルだけでなく、様々な視点から2人を比較。数字はもちろん、過去の実績、さらにはピッチ外での行動なども含めた上で、ポルトガル人アタッカーの方に軍配を上げている。
     
    その10の理由は以下の通りだ。
     
    1)試合における完成度が上。
     
    2)両足はもちろん、ヘディング(空中戦)でも高い確率でゴールが奪える。
     
    3)完璧なフィジカルと、それを維持するためのストイックなまでのケア(トレーニング)ぶり。
     
    4)イングランド、スペインのクラブでメジャータイトルを獲得。バルセロナひと筋のメッシとは違い、異なる環境でも活躍できることを証明している。
     
    5)メッシがブラジル・ワールドカップ、コパ・アメリカで2度、決勝戦で敗れてタイトルを逃したのに対し、昨夏のEURO2016で優勝を果たし、母国に初のメジャータイトルをもたらした。
     
    6)昨シーズン終了時点でのチャンピオンズ・リーグ(CL)での通算ゴール数は93。これはメッシを10上回っている。
     
    7)アメリカの経済誌『フォーブス』によると、2016年の収入は8800万ユーロ(約94億円)とされている。メッシは8140万ユーロ(約87億円)。
     
    8)慈善活動により積極的。シャペコエンセの遺族やパレスチナの孤児たちに対する寄付や慰問などのニュースが頻繁に伝えられている。
     
    9)欧州各国リーグで最も多くのゴールを挙げた選手に贈られる「ヨーロッパ・ゴールデンシュー」を4度受賞している。メッシは3回。
     
    10)CLにおいて、1試合2得点を25回も記録。ハットトリックは昨シーズン、3度達成した。リーガ・エスパニョーラでは、過去6シーズン連続で30得点以上を挙げている。
     
    もちろん、メッシの方が上回っている項目も多々ある。得点数においても、今シーズンはメッシがリーガで14点とランキングの首位であり(C・ロナウドは12点)、CLにいたってはC・ロナウドが2点止まりなのに対し、メッシは10ゴールと大きくリードしている。
     
    視点によって評価の結果は全く変わってくるだけに、この先も両者の比較は多くの論争や興味の種を人々に提供していくことだろう。

    SOCCER DIGEST Web 1/17(火) 18:59配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00021932-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 16:01:55.48 ID:CAP_USER9.net
    幾多の美女と浮名を流してきたC・ロナウド。

    現地時間1月9日、スイスのチューリヒで開催されたFIFAの2016年表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」。年間最優秀選手には大方の予想通り、クリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル代表)が選出された。
     
    そのC・ロナウドは同表彰式に息子クリスチアーノ・ロナウド・ジュニア、母親、姉2人、そして新恋人と噂されていたジョージナ・ロドリゲスを連れ立って出席した。
     
    サッカー界でも屈指の色男として知られるC・ロナウドは、ロシア出身の世界的スーパーモデルであるイリーナ・シェイク(2014年1月の同アウォーズに出席)と2015年初頭に破局後、様々な美女とデートする姿が目撃されてきたが、いずれも公の場に連れてくるほど深い関係には至らなかった。
     
    しかし、ジョージナはどうやら違うようだ。昨年9月にマドリードで開催された『ドルチェ&ガッバーナ』のパーティーで知り合ったという2人は、C・ロナウドが欠場した12月10日のデポルティボ戦をともにスタンド観戦し、ショッピングやディナーをはじめ、ジャスティン・ビーバーのライブやパリ・ユーロディズニーでデートする姿をパパラッチされたことも。そして、選手たちが家族やパートナーを連れてくる今回のアウォーズで、正式に公の場で初お披露目された格好だ。
     
    ジョージナはスペイン出身の21歳。ロンドンで英語を学び、スペインに戻って以降はモデルをしながら『グッチ』のショップ店員をしているというファッショニスタだ。
     
    ちなみに、C・ロナウドの恋人ながらサッカーにはあまり興味がない模様。件のデポルティボ戦では試合終了間際にマドリーが決勝ゴールを決めた際、C・ロナウドと息子が大興奮しているのをよそに、ジョージナは椅子に座ったまま無表情……。地元のメディアとサポーターからはバッシングを食らっていた。
     
    いずれにしても、スーパースターであるC・ロナウドの「正式」な恋人として世界中に知れ渡っただけに、今後はジョージナの一挙手一投足が大きな注目を集めそうだ。
    2017-01-10_16h46_36
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00021796-sdigestw-socc
    続きを読む

    2017-01-10_13h52_24
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 13:12:31.29 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表の中田英寿氏が年間ベストイレブンのプレゼンターとして登壇した。黒いスーツ姿の中田氏は、GKノイアー(バイエルン・ミュンヘン)やロナルドらに銀色のトロフィーを手渡した。

    中田氏からトロフィーを受け取ったモドリッチ(レアル・マドリード)は「素晴らしい選手たちと一緒にこの場に立つことができて誇らしい」と喜びを語った。(共同)

    http://www.sankei.com/sports/news/170110/spo1701100008-n1.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 06:58:02.94 ID:CAP_USER9.net
    2017-01-10_08h30_58
    FIFA(国際サッカー連盟)は9日(日本時間10日)、スイスのチューリヒで「ザ・ベストFIFAフットボールアウォーズ2016」を開催し、男子の年間最優秀選手に、ポルトガル代表でレアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウド(31)が選出された。

    2年ぶり4度目の受賞となり、歴代最多の5度選ばれているアルゼンチン代表でバルセロナのFWリオネル・メッシ(29)に迫る記録となった。

    同賞は2010年から昨年まで「フランス・フットボール」主催のバロンドールと統合されたいたが、今回から再びFIFA単独での表彰となった。投票内訳は、各代表チームの主将と監督、選抜されたジャーナリスト、そしてオンラインでのユーザー投票によって決定される。

    同賞の最終候補にはC・ロナウドのほか、メッシとフランス代表でアトレティコ・マドリードのFWアントワーヌ・グリーズマン(25)が残っていたが、大差での受賞となった。

    C・ロナウドは2016年のUEFA(欧州サッカー連盟)の欧州最優秀選手賞とバロンドールも受賞しており、今回の選出で個人“3冠”を達成。ポルトガル代表でEURO2016を制し、レアル・マドリードではチャンピオンズリーグ優勝、日本で開催されたクラブW杯でも鹿島に対してハットトリックを記録しタイトルに導くなど、終始C・ロナウドの活躍するニュースが先行した1年となった。

    女子の年間最優秀監督賞にはリオ五輪で金メダルを獲得したドイツ代表を率いたシルビア・ネイド監督(52・8月に退任)が3年ぶり3度目の受賞、男子の年間最優秀監督賞には、昨季イングランド・プレミアリーグでレスターを優勝に導いたクラウディオ・ラニエリ監督(65)が初受賞した。

    女子の最優秀選手賞では、米国代表MFカーリー・ロイド(34)が2年連続の受賞。最も優れたゴール賞(プスカシュ賞)には、2月にマレーシアで行われたペナンFAのMFモード・ファイズ・スブリ(29)の決めた“予測不可能なFK”が受賞。これはアジア初の同賞受賞となった。

    スポニチアネックス 1/10(火) 4:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000139-spnannex-socc

    ◆ベスト11

    FIFA(国際サッカー連盟)は9日、スイス・チューリヒで年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」を開催し、FIFPro(国際プロフットボール選手協会)と共同主催の2016年FIFA/FIFProワールドベストイレブンを発表した。

    ベストイレブンは2万5000人以上のプロサッカー選手による投票でGK1名、DF4名、MF3名、FW3名が選出。メンバーには2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ覇者レアル・マドリードから、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやスペイン代表DFセルヒオ・ラモスら5選手が名を連ねた。

    また、バルセロナからもアルゼンチン代表FWリオネル・メッシら現チームから4名が選ばれ、2015-16シーズンまで在籍したブラジル代表DFダニエウ・アウヴェス(現ユヴェントス)も加えて5選手がメンバーに入った。

    レアル・マドリードとバルセロナから計10名選出とほぼ独占しているが、バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが唯一スペイン勢以外から選ばれている。

    ■2016年FIFA/FIFProワールドベストイレブン(カッコ内は国籍/所属クラブ)
    ▼GK
    マヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)

    ▼DF
    ダニエウ・アウヴェス(ブラジル/バルセロナ→ユヴェントス)
    ジェラール・ピケ(スペイン/バルセロナ)
    セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリード)
    マルセロ(ブラジル/レアル・マドリード)

    ▼MF
    ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
    トニ・クロース(ドイツ/レアル・マドリード)
    アンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)

    ▼FW
    リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
    ルイス・スアレス(ウルグアイ/バルセロナ)
    クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)

    SOCCER KING 1/10(火) 3:15配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00539412-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 20:46:39.08 ID:CAP_USER9.net
    4日、コパ・デル・レイのベスト16でセビージャと対戦したレアル・マドリー。

    マドリーにとってセビージャはUEFAスーパーカップで苦戦を強いられた相手であったが、ホームでの1stレグを3-0で勝利している。

    このゲームではここまで出番の少なかったハメス・ロドリゲスが全ゴールに絡む大活躍。

    ジネディーヌ・ジダン監督はクリスティアーノ・ロナウドという絶対的エースを温存したままで先勝し、完璧に近い結果を手に入れた。

    そんなマドリーに関するあるデータを、『Opta』が紹介している。


    https://twitter.com/OptaJose/status/816778669255487489/photo/1

    こちらは、ジネディーヌ・ジダン政権下でクリスティアーノ・ロナウドがいなかった際の試合結果。

    その成績は、11戦10勝1分。なんと勝率90.9%!

    なかには4部クルトゥラル・レオネサとの試合も含まれているが、マンチェスター・シティとのCLやセビージャとのUEFAスーパーカップも対象となっており、対戦相手の格に関係することなく結果を残しているようだ。

    http://qoly.jp/2017/01/06/real-madrid-win-ratio-without-cristiano-ronaldo-kwm-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/05(木) 00:34:59.88 ID:CAP_USER9.net
    元スペイン代表監督のクレメンテ氏 「メッシが一番。全く違うことを成し遂げている」
     
    元スペイン代表監督のハビエル・クレメンテ氏が、世界ナンバーワン選手をバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと断言。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがメッシよりも上回っている部分を「腹筋」と指摘し、「2番であることを誇るべし」と提言している。スペイン地元ラジオ「ラジオ・バルセロナ」が報じている。

    スペイン代表に加え、スペインで12クラブの監督を歴任したクレメンテ氏にとって、誰が世界ナンバーワン選手なのかという議論の結論は明白なようだ。

    「メッシが一番だ。彼は全く違うことを成し遂げている。そういったものの集積が彼を一番に押し上げている。だからといって、他の選手が優秀ではないと言うつもりもない。なぜ、そのこと(メッシがナンバーワン)で怒る人間がいるが理解できない」

    クレメンテ氏は持論を展開し、メッシが一番と認めない人たちが抱く負の感情について疑問符を付けていた。

    「商業的な戦いが存在する。クリスティアーノを巡るマドリードとバルサの戦争だ。誰がナンバー2だってくらいだろう。その人間より優れた人間が1人存在することはコントロールできない問題だ。クリスティアーノは世界ナンバーツーであることを喜び、誇るべきなんだよ」

    ロナウドは「背も高い。ヘディングも上」

    ロナウドは昨季、UEFAチャンピオンズリーグ優勝と欧州選手権優勝を経験し、2016年シーズンに自身4度目のバロンドールに輝いた。「ナンバーワン」を自負するロナウドには二番手であることに誇りを持つべし、とクレメンテ氏は説いている。

    “世界2位”のロナウドにも、メッシを凌駕する部分はあるという。「ロナウドは腹筋では上だ。彼は背も高い。ヘディングも上だ。そういう部分ではクリスティアーノが上だ。だが、メッシはテクニック、能力、視野で彼を打ち負かす。そういうことなんだよ」と、腹筋と高さではロナウドの優位性を指摘している。

    メッシとロナウドは現代サッカー界の双璧だが、クレメンテ氏にとって2人のスーパースターを巡る議論の答えは揺るぎないようだ。

    Football ZONE web 1/4(水) 21:42配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170104-00010024-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 18:33:19.88 ID:CAP_USER9.net
    イブラヒモビッチがスター3選手に言及。C・ロナウドについては努力で違いを生み出す選手になったと語っている。


    マンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWズラタン・イブラヒモビッチが最高の選手と感じているのはブラジルのスター2人だという。『ESPN』が報じた。

    イタリア、フランス、そしてイングランドでも成功を収めようとするイブラヒモビッチ。そんな最高のスター選手の一人であるイブラヒモビッチでさえ、元ブラジル代表FWロナウドには特別な敬意を払っているようだ。

    「ロナウドは怪物で、最高の選手だったと思う。僕にとって彼はまさにフットボールの一例だった。彼がやること全て人々を興奮させた。ドリブルやそのスピードとかね。ロナウドは生まれついての才能を持っているね。練習で身についたものじゃない。作られた選手ではなく、生まれついて彼は特別な選手だったんだ」

    また、2000年代初頭にロナウドとともにフットボール界に彩りを加えたトリックスター、ロナウジーニョについても言及している。

    「僕らはミランで一緒にプレーした。以前のようにベストではなかったが、僕は彼のドリブルや髪を揺らしながら仕掛けていく姿が大好きだった。周りを子供のようにさせていたね」

    一方で、2016年のバロンドールに輝いたクリスティアーノ・ロナウドについては「一緒にプレーしたことはないけど」と前置きしながら「彼はハードトレーニングによって違いを作り出した選手だ。生まれついての才能ではない」とロナウドやロナウジーニョとは異なるとしている。
    123
    http://www.goal.com/jp/news/23582/1/2016/12/30/30982932/1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 13:22:17.87 ID:CAP_USER9.net
    現地時間29日、レアル・マドリー(スペイン)のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、中国のクラブから届いた破格のオファーを断っていたようだ。代理人が伊『スカイスポーツ』の独占インタビューで明かし、複数の海外メディアがこれを報じている。

    それによると、C・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏は「中国から、レアルへ移籍金3億ユーロ(約368億円)、選手には年俸1億ユーロ(約122億円)以上のオファーがあった」とコメント。移籍金・サラリーともに破格のオファーがあったと明かした。

    メンデス氏はその上で「しかし、金がすべてではない。レアル・マドリーは彼の人生そのものだ。クリスティアーノはレアルで幸せに過ごしているし、中国に行く可能性はない」「中国マーケットは新たな市場だ。彼らは多くの選手を買うことができる。しかし、繰り返して言うが、クリスティアーノが行くことはない。彼は世界最高かつ史上最高の選手。そのようなオファーが届くのは普通のことだ」と、同選手の中国移籍はあり得ないと断言した。
    2016-12-30_13h57_25
    ISM 12/30(金) 11:15配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000013-ism-socc

    C・ロナウドに中国から100億超の年俸という条件でオファーが…代理人が明かす
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000004-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ