海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:C・ロナウド

    1: Egg ★ 2018/12/11(火) 06:22:22.15 _USER9
    ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューの中で、バルセロナに所属するライバルFWリオネル・メッシについて言及した。

    レアル・マドリーを退団し、今シーズンからユヴェントスに加入したC・ロナウドはすでに新天地に馴染み、公式戦で11ゴール7アシストを記録するなど活躍を見せる。ポルトガル人のスーパースターは、セリエAでの新たな冒険に満足している。

    「ここにいられて非常に幸せだ。(トリノは)とても素敵な街だし、サポーターも非常に親切だ。ユヴェントスは驚くほどの組織を持ち、最高のクラブだよ。選手たちは謙虚だし、非常にトレーニングに打ち込んでいる。今のところ、本当に好印象を抱いているよ。マドリードでも選手たちは謙虚だったが、
    ここの選手たちはさらに謙虚に見える。ここはマドリードとはかなり違った印象で、より家族的な感じだね」

    C・ロナウドは9年間にわたってスペインで戦い、バルセロナのメッシとは様々なタイトルを懸けて競い合ってきた。イタリアでは長年のライバルとの対決がないことから、「寂しさを感じるか」と問われると否定した。

    「いや、むしろ彼の方が寂しがっているかもね。僕はイギリス、スペイン、イタリア、ポルトガル、それに代表でもプレーしてきた。一方で彼はずっとスペインだからね。もしかしたら、彼の方が僕を必要としているかもね…僕にとって人生は挑戦さ。それに僕は皆を幸せにすることが好きなんだ」

    「彼がいつかイタリアへ来てくれたら僕も嬉しいよ。僕と同じように挑戦を受けて欲しい。だがもしあそこ(バルセロナ)で幸せならば、リスペクトするつもりだ。彼は最高の選手だし、素晴らしい青年だ。だが僕はここで何も不自由していないし、これが僕の新たな人生なんだ。幸せだよ」

    12/11(火) 6:11配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000040-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/21(水) 19:56:25.02 ID:CAP_USER9.net
    ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるバロンドール賞の最終候補から、イタリア1部リーグ・ユベントスのクリスティアノ・ロナウドとスペイン1部リーグ・バルセロナのメッシがもれていることがわかった。

    21日付のガゼッタ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

    それによると、候補として残っているのはスペイン1部リーグ、レアル・マドリッドのクロアチア代表モドリッチ、フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのフランス代表МFエムバッペ、そしてレアル・マドリードの若手フランス人DFラファエル・ヴァランだという。

    これまでに、ロナウドとメッシは同賞を5回ずつ受賞していた。

    11/21(水) 17:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000110-dal-socc

    写真
    20181121-00000110-dal-000-view
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/11/12(月) 09:18:26.44 ID:CAP_USER9.net
    現地時間11日、イタリア・セリエAは第12節が行われ、ミランとユヴェントスが対戦した。

    毎年、大型補強を繰り返しながらもチャンピオンズリーグ復帰が遠いミランと、すでにスクデット獲得は最低ノルマと化し、チャンピオンズリーグ優勝に心血を注いでいるユヴェントス。そのチャンピオンズリーグで公式戦初黒星を喫したが、公式戦連敗だけは避けたいところ。

    ミランとしては0-0の時間帯を少しでも長く続けたいところだったが、立ち上がりに失点を許してしまう。

    8分、左サイドのアレックス・サンドロが入れたアーリークロスを、ファーサイドのマリオ・マンジュキッチが頭で叩きつける。

    リカルド・ロドリゲスとのギャップを狙われた打点の高いヘディングはGKジャンルイジ・ドンナルンマも成す術なく、ユヴェントスがあっさりと先制した。

    11分には、クリスティアーノ・ロナウドの左クロスに再びマンジュキッチが飛び込むも、今度はアレッシオ・ロマニョーリが競り勝ってCKへと逃れる。

    その後も両サイドから厚みのある攻撃を仕掛け、ミランゴールへと迫るユヴェントス。反撃に出たいミランだが、ユヴェントスの素早い攻守の切り替えと高い位置からのプレッシングによってミスが多く、古巣対決に燃えるゴンサロ・イグアインまでほとんどボールを運ぶことができない。

    それでも38分、右サイドをドリブルで持ち上がったスソのパスを、ゴール前で受けたのはイグアイン。ここは対峙したメディ・ベナティアがブロックしたかに見えたが、イグアインが手で防がれたと猛抗議すると、VARの結果、ミランにPKが与えられる。これをイグアインがゴール左へと狙うが、GKヴォイチェフ・シュチェスニーがかろうじて触り、左のポストを叩いて外れる。

    同点に追いつく絶好機を逸したミランが1点ビハインドのまま迎えた後半、立ち上がりから積極的な入り方を見せたミランに対し、ユヴェントスは焦らずどっしりと構えてこれを受け切り、前半同様に自分たちのペースに持ち込んでいく。

    流れを変えたいミランは62分、サムエル・カスティジェホに代えてパトリック・クトローネを投入。66分にはカウンターからイグアインがチャンスを得るも、折り返しはベナティアがブロック。

    72分にも、高い位置でボールを奪ってミランがチャンスを得るも、イグアインのトラップ際をベナティアが狙ってボール奪取し、ピンチの芽を摘み取る。

    追加点を奪いに行くか、このまま逃げ切るか。判断を迫られる時間帯を迎え、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は74分、ミラレム・ピャニッチを下げてサミ・ケディラを投入する。

    同時に、ミランはハカン・チャルハノール、イニャツィオ・アバーテに代えてディエゴ・ラクサールとファビオ・ボリーニを投入し、交代枠を使い切る。

    ユヴェントスは79分にパウロ・ディバラを下げてドウグラス・コスタを投入。追加点を奪いに行く姿勢を見せる。

    すると迎えた81分、ラクサールのクリアを拾ったジョアン・カンセロがドリブルで切り込みペナルティーエリア内右からシュート。

    これはGKドンナルンマがはじいたものの、こぼれ球をC・ロナウドが押し込んで待望の追加点をゲットする。

    これで苦しくなったミランだが、84分にさらに追い打ちをかけるような出来事が起こる。
    ベナティアとの競り合いでファールを取られてイエローカードを提示されたイグアインが、フラストレーションを爆発させて主審に対し猛抗議。

    すかさず2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を受けてしまう。C・ロナウドをはじめとしたかつてのチームメイトにも怒りを抑えられず、最後は目を潤ませてピッチを後にした。

    エースを失い、10人となったミランにユヴェントスからゴールを奪う力は残されておらず、時間を使って試合を終わらせたユヴェントスが勝ち点3を手にした。

    ■試合結果

    ミラン 0-2 ユヴェントス

    ■得点者

    ユヴェントス:マンジュキッチ(8分)、C・ロナウド(81分)
    2018-11-12_10h39_08

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000031-goal-socc
    11/12(月) 6:26配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163365.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking
    得点ランキング

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表





    Ronaldo Scores Juventus 100th Goal At San Siro | Milan 0-2 Juventus | Top Moment | Serie A
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/06(火) 06:43:19.77 ID:CAP_USER9.net
    写真



    今夏の移籍市場を最も賑わせたのは、約9年間に渡って蜜月関係を築いたレアル・マドリーとの別れを決断し、ユベントスへ電撃移籍したC・ロナウドに違いない。33歳ながら移籍金1億1700万ユーロ(約153億円)、推定年俸3000万ユーロ(約39億円)と、超破格の待遇で迎え入れられたのである。

    しかし、その待遇に見合うだけの活躍を目に見える形で残すのが、稀代のスーパースターたる所以だ。

    初のイタリア挑戦とあってか、開幕から3試合は今ひとつの出来に終わっていたが、4試合目のサッスオーロ戦(セリエA4節)で初ゴールを決めると、そこからは7試合で5ゴール・5アシストと荒稼ぎ。ここまで早くも計7点をマークしている。

    そんなカルチョでも異彩を放つC・ロナウドは、この度、英国でサッカー選手に焦点を当てたドキュメンタリーを制作しているメディア『Goal hanger』が公開した動画に登場。そこでマンチェスター・ユナイテッド時代の盟友であるウェイン・ルーニーとの再会を口にした。

    ユナイテッドでは自身の2年先輩にあたるルーニーについてC・ロナウドは、「彼は本当に素晴らしい選手だ」と話し、さらに当時の思い出を回想した。

    「彼は決して止まらず、常に走って、ゴールを決めてチームを助けてくれた。ボールを失ったときは力強く奪い返していたことは忘れられないよ。本当にタフだったから、僕らはみんなで『ピットブル(闘犬)』なんて呼んでいたよ」

    結局、二人はC・ロナウドがマドリーへ移籍する2009年6月までの約6年間に渡ってユナイテッドの最前線で奮闘し、ユナイテッドで黄金期を築いたわけだが、そのキャリアにおいて、一時期、“不仲説”が囁かれた時もあった。

    発端となったのは、両雄が激突した2006年のドイツ・ワールドカップ準々決勝での一幕だ。この試合にイングランド代表のエースとして臨んでいたルーニーは、62分に相手DFのリカルド・カルバーリョの股間付近を踏みつけてしまったことで一発退場を命じられてしまう。問題はここからだった。

    ルーニーがファウルを犯した際にC・ロナウドが主審に詰め寄り、カルバーリョが蹴られたことを猛アピール。さらにその後、C・ロナウドがベンチへウインクする姿がカメラに捉えられ、「意図的に退場させようとしたのでは?」と話題を呼んだのだ。

    つづく

    11/6(火) 5:42 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00049875-sdigestw-socc
    続きを読む

    df279587-e73a-1985-fbbe-ff4885b0151e

    1:風吹けば名無し:2018/10/31(水) 00:11:16.57 ID:APGwcQv20.net
    歴史上で1番可哀想なやつらやろ
    2:風吹けば名無し:2018/10/31(水) 00:11:26.34 ID:HexvNt3f0.net
    しゃーない
    3:風吹けば名無し:2018/10/31(水) 00:11:34.76 ID:YcspyQr60.net
    イニエスタ
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/30(火) 12:31:19.55 ID:CAP_USER9.net
    ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、次のバロンドールに関して、「僕は値する」と話した。

    過去10年のバロンドールとリオネル・メッシと共に5度ずつわけあっているC・ロナウド。
    同選手は昨シーズン、レアル・マドリーのチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に大きく貢献した。
    だが、今夏に開催されたロシア・ワールドカップでクロアチア代表を準優勝に導いており、レアル・マドリーでも主力のルカ・モドリッチが最有力とみられている。

    ほかにもフランス代表のキリアン・ムバッペやアントワーヌ・グリーズマンが候補に挙がる中、C・ロナウドはバロンドールについて、『フランス・フットボール』で以下のように話した。

    「何度も言っているけど、6度目のバロンドールを受賞することに関して、僕自身への強迫観念のようなものはないよ」

    「僕がフットボール史上最高の選手の一人だということは、僕自身わかっている。もちろん、6度目のバロンドールを受賞したいね。この逆を話すことは嘘になる。そのために仕事に取組み続けるよ。
    ゴールを挙げて、チームを勝利に導けるようにね。もちろん、僕はバロンドールに値すると思っている」
    2018-10-30_13h19_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00010001-goal-socc
    10/30(火) 12:26配信
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/29(月) 23:58:18.56 ID:CAP_USER9.net
    FWクリスティアーノ・ロナウドが、古巣レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長に対する思いを激白した。

    今夏にレアル・マドリーからユヴェントスへの移籍したC・ロナウドだが、その要因の一つにはペレス会長との関係不和が挙げられていた。契約延長交渉の破断や、脱税問題が世間を賑わせていた当時にバックアップを受けられなかったなど、C・ロナウドはレアル・マドリーからの扱われ方に不満を持っていたとされる。

    そして『フランス・フットボール』とのインタビューに応じたC・ロナウドは、レアル・マドリー退団後、一切言及してこなかったペレス会長について、ついに口を開いた。レアル・マドリーで438試合450得点を記録してクラブ史上最多得点者となり、4回のチャンピオンズリーグ優勝にも多大な貢献を果たした同選手は、次のような意見を述べている。

    「フロレンティーノは、ビジネスの関係上でしか僕のことを見てくれなかった。彼が心から何かを言ったことはなかったなんだ」

    「クラブ内部、特に会長は、僕のことを根本的な存在と考えていなかった。会長は、僕のことを代えの利かない存在として見ていなかったんだよ。だからマドリーを後にして、トリノのユヴェントスに加わることを考えた」

    「マドリーでは多くの素晴らしいことを成し遂げたし、忘れることのできない様々な瞬間を経験した。価値あるチームメートたちのことを忘れたりはしない。ファンのことも忘れはしないよ。でもあそこで9年を過ごして、居場所を変えるべきときが訪れたんだ」

    C・ロナウドはまた、自身が今年のバロンドールを受賞するにふさわしい選手であることを主張している。

    「バロンドールは執着する対象じゃない。僕はもう、史上最高の選手の一人なんだから。でも思うに、僕は今年のバロンドールにも値する」

    『フランスフットボール』が主催するバロンドールをこれまで5回受賞してきたC・ロナウドは、ペレス会長がそうした自身の価値を認めなかったと考えているようだ。

    2018-10-30_00h45_57

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00010011-goal-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/10/24(水) 08:38:51.39 ID:CAP_USER9.net
    レアルからユベントスに移籍した身として古巣言及は回避「適切な時期ではない」

    ユベントスは現地時間23日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの大一番、敵地でのマンチェスター・ユナイテッド戦を迎える。古巣との対決となるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは前日会見に出席。

    不調のレアル・マドリードについても言及し、元同僚のスペイン代表MFイスコの発言に同意しながらも「レアル・マドリードについて話すのは僕じゃない」と返答した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

    事の発端となったのは、レアルのイスコが23日のCLグループステージ第3節プルゼニ戦の前日会見で発した言葉だった。公式戦5試合勝利なし(1分4敗)という泥沼に陥り、フレン・ロペテギ監督の解任説が浮上しているなか、イスコは選手たちにも責任はあると主張。

    さらに「過去のことについて涙を流す必要はない。レアルはここにいたくない誰かのために涙を流すことはできない」とC・ロナウドを暗に揶揄するような発言をしていた。

    これについて問われたC・ロナウドは「いいね、いいね。泣くことはできないよ」と同調。一方で、この質問をレアルからユベントスへと移籍したばかりの自分に聞くべきではないという考えを明かした。

    「レアルについて尋ねるのは本当に適切な時期ではない。レアルについて話すのは僕じゃないんだ。(イスコの発言に関しては)僕はそれでいいと思っているよ」

    レアルはC・ロナウドの退団で得点力低下が大きな課題となっている。もういない元エースのことは忘れて、今在籍している選手たちで新たなステップを踏めるだろうか。
    20181023_IscoCristianoRonaldo
    https://www.football-zone.net/archives/143295

    関連記事
    イスコ「C・ロナウド?レアルにいたくなかった誰かのことで泣いてもしょうがない」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000019-goal-socc
    クリスティアーノ「イスコは正しい。彼らに泣いている暇はないよ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00010000-mdjp-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/10/21(日) 17:49:47.09 ID:CAP_USER9.net
    10/21(日) 17:18配信 スポニチアネックス
    ◇セリエA第9節 ユベントス1―1ジェノア(2018年10月20日)

    ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド(33)が新たな金字塔を打ち立てた。

    20日、ジェノア戦に開幕9試合連続でフル出場し、2試合連続ゴール。前半18分にDFカンセロのシュートのこぼれ球を右足で押し込み、今季リーグ5点目となる先制点をきめた。

    このゴールで、欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)で史上初となるリーグ通算400点(497試合)に到達。内訳は2003~09年にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで84得点(196試合)、2009~18年にスペイン1部のレアル・マドリードで311点(292試合)、セリエAのユベントスで5点(9試合)。5大リーグ以外では、プロ1年目の2002~03年にポルトガル1部のスポルティングで3点(25試合)を挙げている。2位はバルセロナFWメッシの390点(427試合)。

    試合は後半に追いつかれて1―1で引き分け、開幕からの連勝は7でストップ。

    また、ジェノアのポーランド代表FWピョンテクは、開幕からの連続試合得点が7で止まった。
    2018-10-21_22h35_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000160-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ