海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:C・ロナウド

    1:Egg ★ :2017/10/20(金) 06:01:11.41 ID:CAP_USER9.net
    『フランス・フットボール』誌が先ごろ発表した2017年のバロンドール候補者30人は、言わずと知れたトッププレーヤーたち。当然ながら人気も高く、世界中に熱狂的なファンがいる。
     
    そんな彼らのインスタグラムのフォロワー数は、いかほどか。年末に控えるバロンドールの発表を前に、番外編としてフォロワー数のランキングを作成した。
     
    栄えある1位に輝いたのは、唯一「1億超え」を果たしたクリスチアーノ・ロナウド。バロンドール受賞の本命に挙がるポルトガル代表FWが、並み居るライバルを抑えてトップに。過去にファッション誌の表紙を飾ったこともあるサッカー界きっての伊達男が、貫録を見せつけた。
     
    2位はリオネル・メッシを僅差で抑えたネイマール。本当のバロンドールにおいてもそう遠くない未来に、両者の序列が覆る日が来るだろう。
     
    ちなみに30位はアトレティコ・マドリーのGKヤン・オブラクで、フォロワー数は55万7509人だった。

    なお、30位までのランキングは、以下の通り。

     
    【バロンドール候補30人のフォロワー数ランキング】

    1位 クリスチアーノ・ロナウド(FW/レアル・マドリー/ポルトガル代表)
    フォロワー数:1億1313万9097人

    2位 ネイマール(FW/パリSG/ブラジル代表)
    フォロワー数:8270万3285人
     
    3位 リオネル・メッシ(FW/バルセロナ/アルゼンチン代表)
    フォロワー数:8164万9890人
     
    4位 ルイス・スアレス(FW/バルセロナ/ウルグアイ代表)
    フォロワー数:2492万2647人
     
    5位 マルセロ(DF/レアル・マドリー/ブラジル代表)
    フォロワー数:2111万2823人
     
    6位 カリム・ベンゼマ(FW/レアル・マドリー/元フランス代表)
    フォロワー数:2069万3557人
     
    7位 セルヒオ・ラモス(DF/レアル・マドリー/スペイン代表)
    フォロワー数:1994万1920人
     
    8位 トニ・クロース(MF/レアル・マドリー/ドイツ代表)
    フォロワー数:1423万6403人
     
    9位 アントワーヌ・グリエーズマン(FW/アトレティコ・マドリー/フランス代表)
    フォロワー数:1336万2057人
     
    10位 パウロ・ディバラ(FW/ユベントス/アルゼンチン代表)
    フォロワー数:1129万197人
     

    ※フォロワーの数字は2017年10月15日現在

    10/16(月) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171016-00031168-sdigestw-socc

    写真
    no title
    続きを読む

    1:みつを ★:2017/10/10(火) 05:31:47.34 ID:CAP_USER9.net
    http://japan.techinsight.jp/2017/10/yokote201710071455.html

    2010年に誕生した長男クリスティアーノ・ロナウド・Jr.君はもう7歳にもなった。そして今年6月には代理母のアメリカ人女性が産んだとされる男女の双子、マテオ君とエバちゃんのパパになった。さらに交際中の恋人のお腹はすでにかなりの大きさである。現在進行形で“子だくさんファミリー”のパパと化しているレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド選手。幸せな家族団らんの午後のひとときを捉えた1枚の写真をインスタグラムにアップしている。

    現在32歳のクリスティアーノ・ロナウドにとって、代理母による双子出産は彼の人生設計通りの大きなイベントであったもよう。メディアの取材やSNSにも「ものすごくハッピー」を繰り返してきたことでもよくわかる。だが双子の面倒をよく見てくれていた交際中のモデルの恋人ジョルジーナ・ロドリゲスさん(22)も彼の子を身ごもり、数か月もなく出産の予定だ。

    公園の一角で夕方の柔らかな日差しを受けながら、長男のクリスティアーノ・ロナウド・Jr.君がページをめくっているのは教科書か。双子を両太ももに抱っこしたジョルジーナさんが横から勉強を教えてあげているような雰囲気だ。あるインタビューで「私はなかなか家庭的な女。子供が大好き」と語っていたジョルジーナさんだが、双子の乳児に加え自分の新生児が相手では手に負えるわけがない。ナニーを雇った上に、両家の実家の女性陣も戦力に加わるかもしれない。来年のロナウドは子だくさんファミリーならではのてんやわんやに追われることであろう。

    ジョルジーナさんとは赤ちゃんの誕生後に挙式ということなのか、ロナウドが婚約指輪を購入したとの情報も出回っている。一方でジョルジーナさんとの交際は1年近くになるとはいえ、双子の誕生にわいた直後に恋人の妊娠を発表という事実には“ロナウドの誤算か”といった意地の悪い報道もある。だがこの素敵な家族写真にロナウドが添えた言葉は「Picture of the day」。ハートマークを5つも添えているところをみると、メディアのインタビューに「4人の子に恵まれる僕は本当に幸せ。子供たちはとても大切だし愛している」という答えは彼の本心からのものであることが感じられる。

    画像は『Cristiano Ronaldo 2017年10月6日付Instagram「Picture of the day」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 Joy横手)
    2017-10-10_07h39_12
    2017.10.08 12:38
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/10/10(火) 02:47:19.30 ID:CAP_USER9.net
    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は9日、2017年のバロンドール候補選手30名を発表した。

    候補には、昨年4度目の受賞を果たしたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや、歴代最多5度の受賞を誇るバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、今夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールらが選出された。

    また、昨年から17名が入れ替えとなった。レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル、バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、マンチェスター・Uのフランス代表MFポール・ポグバらが落選。

    代わりに、レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコ、フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ブラジル代表DFマルセロや、モナコからパリ・サンジェルマンに移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペ、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールとフランス代表MFエンゴロ・カンテなどが名を連ねた。

    “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年から、FIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めたが、契約満了に伴い、昨年からルールを改正。候補者は30名(旧制度では23名)で、最終候補者の発表は廃止され、受賞者、最終順位は年末に発表される。投票はジャーナリストのみによって行われ、授賞式は2018年はじめに実施される予定。

    >>2に続く
    best30
    https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20161025/507383.html
    続きを読む

    1:pathos ★ :2017/10/07(土) 18:54:21.09 ID:CAP_USER9.net
    メッシ、C・ロナウドがW杯に出場できない? ポルトガルも油断できない状況

    プレイオフでは何が起きても不思議はない

    南米ではアルゼンチン代表がロシアワールドカップ出場圏外に落ちたことが大きな話題となっており、リオネル・メッシを本大会で見ることができないのではと不安の声が広がっている。

    しかし、心配すべきはメッシだけではない。メッシと同じく世界最高の選手の1人に数えられるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも油断ならない状況にある。ポルトガルは欧州予選のグループBに所属しているが、ここではスイス代表が8戦全勝で首位に立っている。ポルトガルは開幕節で唯一スイスに敗れ、ここまで7勝1敗の2位だ。欧州予選で2位になった場合はプレイオフに回る必要があり、プレイオフでは何が起こるか分からない。

    米『ESPN』はメッシと同じくロナウドもロシア行きを逃す危険性があると伝えており、欧州王者ポルトガルとて安心はできない。そのポルトガルは7日にアンドラ代表と対戦し、10日に最終節でスイスとホームで対戦することになっている。

    まずはアンドラをしっかり叩き、そしてホームでスイスを撃破したいところ。何が起こるか分からないプレイオフ行きはなるべく避けたいところで、ポルトガルはストレートインを果たすためにも2連勝が求められている。
    GettyImages-842300292-min
    http://www.theworldmagazine.jp/
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/05(木) 13:04:42.93 ID:CAP_USER9.net
    元サッカー選手、ロマーリオ・ジ・ソウザが著書『片目はボールに、もう片方は書斎に-ブラジルサッカー界の組織的犯罪』のプロモーションの場で、現役時代の功績をレオ・メッシとクリスティアーノ・ロナウドのそれと比較した。

    現在政治家として活動するロマーリオは現役サッカー時代のゴール数をメッシやロナウドと比較し、「ゴールにおいては彼らを上回っているだろう。2倍以上。彼らは確かに選手時代の私と異なる性質を有している」と語った。

    またロマーリオはネイマールに関して次のコメントをしている。「ネイマールも彼らと同様に世界最高の選手の一人だ。彼は多くのタイトルを獲得したが、謙虚さをどこかに置き忘れている。もし彼がバロンドールを獲得しても、ピッチにおいては現役時代の私の方が優れている」と語った。

    現役時代に1003ゴールという記録を樹立したロマーリオは「30歳を過ぎると(ゴールは)さらに難しくなる」とコメントした。
    2017-10-05_14h22_59
    10/5(木) 12:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00010008-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/10/01(日) 23:00:16.04 ID:CAP_USER9.net
    現在ジュビロ磐田で活躍する元日本代表MF中村俊輔は、今でもセルティックの英雄だ。中村の左足にセルティックのサポーターは何度も興奮し、タイトル獲得やチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出などの喜びを味わってきた。

    その左足を地元紙『Daily Record』が再び振り返っている。そのきっかけは最新のサッカーゲームである「FIFA18」のフリーキックランキングで中村が9位に入っているからだ。同メディアは「クリスティアーノ・ロナウドよりナカムラの方が上だ」と取り上げており、中村のフリーキックがゲームの世界でも高い評価を受けていることに注目している。

    そのフリーキックの精度と威力はセルティックのサポーターもよく理解している。国内リーグはもちろん、チャンピオンズリーグではあのマンチェスター・ユナイテッドから2発も決めている。同メディアは「ナカムラはあらゆるフリーキックを決めてきた。誰がオールド・トラフォードで決めた一撃、セルティック・パークでユナイテッドを沈めたフリーキックを忘れることができるだろうか?」と伝えており、エドウィン・ファン・デル・サールから決めた衝撃の2ゴールを振り返っている。

    もちろん日本のサッカーファンにとっても中村のフリーキックが今でも高い評価を受けているのは嬉しいニュースだが、セルティックにとっても中村のフリーキックが特別視されることは嬉しい話題のようだ。
    2017-10-02_07h51_05
    10/1(日) 18:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00010015-theworld-socc
    続きを読む

    2017-09-29_23h51_23

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/29(金) 22:31:00.81 ID:CAP_USER9.net
    サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナウド(32)のスーパーカーコレクションがさらに充実。およそ250万ユーロ(約3億3000万円)する世界最速のスポーツカーとされる、ブガッティ・シロンを手に入れた。

    ロナウドが自身のソーシャルサイトで明らかにした。スペインのマルカ紙によると、シロンは1500馬力で、最高速度は時速420キロ。世界で500台しかされない貴重な車だという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000083-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/28(木) 06:13:05.20 ID:CAP_USER9.net
    ベイルとの不仲説に「まだそんなことを言ってるのかい?」。
     
    試合後のミッスクゾーンは、一瞬にしてビッグスターの独壇場となった。
     
    火曜日のチャンピオンズ・リーグ1節、ボルシア・ドルトムントとレアル・マドリーの一戦はアウェーの後者が3-1で快勝。主役を張ったのは2得点を奪ったクリスチアーノ・ロナウドだ。
     
    普段はほとんどミッスクゾーンで報道陣に対応しないロナウドだが、よほど腹に据えかねていたのだろう。さまざまな疑問に対して時に怒りを露にし、時に皮肉を交えて反論し相次ぐ批判や契約延長問題、さらにはガレス・ベイルとの不仲説に至るまで──。
     
    まずは、今夏に大騒動に発展したマドリー退団発言についてだ。およそ18億円の脱税疑惑をかけられ、8月に裁判所へ出廷。その際、法廷で「もうスペインを離れてイングランドに戻りたい」と吐露したとされ、世界規模で波紋を広げ確かにカメラ映像にも収められていたが……。本人は「まったく、僕の口から直接聞いたわけじゃないだろ!」とまくし立て、こう続けた。
     
    「人びとはクリスチアーノを話題にする。世界中でだ。どこかにクリスチアーノの名前があれば、ワールドニュースになる。偉大な人間になれば、大衆は彼をいつも話題にするんだ。じゃあ僕は、なんでもかんでも答えなければいけないのか? 僕はメディアのために生きてるんじゃない、フットボールのために生きてるんだ」
     
    リーガ・エスパニョーラにおけるマドリーは開幕6試合を戦い、3勝2分け1敗と物足りないスタートを切っロナウドは出場停止が明けた5節ベティス戦、6節アラベス戦で合計18本のシュートを放つも無得点。さっそく槍玉に上がった。
     
    「毎試合、毎試合、自分がどれだけのものなのかを証明しなきゃいけないみたいだな。人びとの意見は僕を驚かせるよ。何度も言うが、どこもかしこもそんな話ばかりだ。プロフェッショナルだから批判されるのは宿命だし、心の準備はできている。でも、最近は日を追うごとに酷くなっていく。

    なんにせよ今日(ドルトムント戦)は、マドリーでの400試合出場を果たせてハッピーだよ。何点取って来たかはよく分からないけど(411得点)、いまの僕が僕であるのは、日々の鍛錬とチームメイトのおかげだ」
     
    最後に、ベイルとの不仲説についても口を割った。
     
    「まだそんなことを言ってるのかい? 僕たちはともにたくさんのゴールを決め、たくさんのトロフィーを獲得してきた。フットボールではよくこんなデマが出回る。そのたびに、『そんなのは間違っている』と言わなきゃならないのかい?」

    9/28(木) 6:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170928-00030461-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/10(日) 08:12:04.11 ID:CAP_USER9.net
    ワールドカップは世界最強のナショナルチームを決める場ではあるものの、そこに世界トップレベルの選手たち全員が出場できるわけではない。大陸によっては厳しすぎる予選の壁に阻まれて本大会出場を逃す選手もいる。特に今回の2018ロシアワールドカップ予選は荒れ気味だ。各大陸で強豪国が苦戦しており、期待していたスター選手が本大会出場を逃す危険性もある。

    そこで英『sky SPORTS』は、「ワールドカップ本大会で見ることができないかもしれない11人」をポジション別に紹介している。まだ可能性の段階だが、彼ら11人が本大会に出場できないケースも考えられるのだ。

    まずGKでは、イタリア代表ジャンルイジ・ブッフォンだ。イタリアは欧州予選グループGに所属しているが、ここにはスペイン代表がいる。現在2位のイタリアはプレイオフに回る可能性が高いが、欧州予選のプレイオフでは何が起こるか分からない。イタリアと言えども潰されてしまう可能性もある。

    最終ラインでは南米予選8位と苦戦しているエクアドル代表からアントニオ・バレンシア、欧州予選グループAで3位と苦しむオランダ代表からフィルジル・ファン・ダイク、昨季ファイナリストでありながら南米予選で5位とギリギリの位置にいるアルゼンチン代表からハビエル・マスチェラーノ、そして欧州予選グループDで4位に沈むオーストリア代表からダビド・アラバだ。

    4位までが出場権を獲得し、5位はプレイオフに回る南米予選において現在8位のエクアドル、欧州予選グループDで4位のオーストリアはかなり厳しい立場だ。オランダもプレイオフ出場権を掴めるか際どいラインで、ファン・ダイク、バレンシア、アラバの3人は本大会に出場できない可能性が高い。

    MFの選手ではチリ代表アルトゥーロ・ビダルだ。チリは南米王者であり、コンフェデレーションズカップ2017のファイナリストだ。しかし現在は南米予選で6位と大苦戦で、このままでは出場権を失ってしまう。ビダルに限らず近年国際大会で結果を出してきたチリが本大会に出場できないのはショッキングな出来事だ。

    FWの選手はかなり多い。欧州王者ながら欧州予選グループB2位のポルトガル代表からクリスティアーノ・ロナウド、グループD2位のウェールズ代表からガレス・ベイル、マスチェラーノと同じくアルゼンチンのリオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、そしてアフリカからグループCで首位コートジボワールと勝ち点差2で何とか踏ん張るガボン代表からピエール・エメリク・オバメヤンが選出されている。

    欧州予選の場合、ベイルのウェールズ、ロナウドのポルトガル、ブッフォンのイタリアなどプレイオフで潰し合う可能性もある。これが最も恐ろしいシナリオだ。アフリカの場合グループの首位しか本大会には出場できないため、オバメヤンをワールドカップで見るにはガボンにコートジボワールを上回ってもらうしかない。これはかなりハードルの高いミッションだ。

    世界最高の選手の座を争うようなスーパースターたちが本大会に出場できない可能性も大いに考えられるのがワールドカップで、予選は大陸ごとに行われるので仕方がないと諦める部分も必要だ。できれば同メディアの挙げた11人全員に出場してほしいが、このうち何人が本大会に進めるのか。

    9/9(土) 23:50配信 theworld
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00010019-theworld-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 08:08:01.34 ID:CAP_USER9.net
    ■ロナウドがマークに来たハンガリーのDFフィオラを蹴飛ばす“報復行為”

    ロシア・ワールドカップ(W杯)予選はアジアのみならず、ヨーロッパでも熱戦が繰り広げられているが、9月3日に行われたハンガリー対ポルトガルの一戦で飛び出したクリスティアーノ・ロナウドの“怒りの足蹴り”が物議を醸している。

    問題のシーンは、試合終了間際の後半44分。ロナウドは味方のパスをヒールでダイレクトにリターンし、ワンツーを狙った。しかし、パスをさせまいと猛チャージをかけたハンガリーのDFアティラ・フィオラが、勢い余ってロナウドの左足を蹴ってしまった。すると、ロナウドはフィオラの左足を蹴飛ばす“報復行為”に出て、両者は一触即発の睨み合いとなった。

    ダニー・マッケリー主審はロナウドとフィオラにイエローカードを提示。ただ、前半30分にはハンガリーのFWタマシュ・プリシュキンが競り合った際にポルトガルのDFペペの顔面に肘が入ったプレーを一発退場とされ、数的劣勢を強いられていただけに、ロナウドの行動とマッケリー主審の判定はメディアでもすぐさま議論の的となった。

    米ポータルサイト「ヤフースポーツ」英国版は、公式ツイッターに「クリスティアーノ・ロナウドがハンガリー戦で怒りのキックを放つ」と動画付きで投稿。ロナウドが所属するレアル・マドリードの永遠のライバルであるバルサ贔屓のスペイン紙「スポルト」が、「クリスティアーノ・ロナウドの信じられないプレーが許された」と伝えれば、英サッカーメディア「90min」やアメリカで伝統のある専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」も大々的に取り上げており、“怒りの報復キック”の波紋は世界中に広がっている。

    9/6(水) 12:33配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00010022-soccermzw-socc

    写真


    動画
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ