海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:DAZN

    dazn-og

    1:3倍理論 ★:2018/04/20(金) 14:22:27.85 ID:CAP_USER9.net
    音楽や映画の市場に海外から訪れているデジタル配信の大きな波が、スポーツ界にもやってきている。その台風の目といえる存在が、スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」だ。2016年8月に日本でサービスを開始し、2018年4月現在、ドイツ、オーストリア、スイス、カナダでもサービスを提供している。

    日本では月額1750円(税抜)で130以上のコンテンツが年間7500試合以上、テレビやスマートフォン、PC、ゲーム機など、マルチデバイス環境で見放題。明治安田生命Jリーグや、プロ野球をはじめ、MLB、F1?、UFC、Vリーグ、NFL、WTAなど、多くのメジャーなスポーツコンテンツをカバーし、日本における契約数は200万件を目標に日々成長している。

    DAZNを運営するのは、英国を拠点に世界展開するデジタルスポーツコンテンツ&メディアグループのPerform Group。 2007年にプレミアムTV(スポーツ部門でのインターネットとモバイルソリューション事業)とインフォーム・グループ(スポーツのデジタル権利事業)の合併により誕生した。

    今回、DAZNのCEOでPerform GroupのCEOでもあるジェームズ・ラシュトン氏が緊急来日。英国生まれで、学生時代はサッカー選手だったそうだ。好きなチームは「バーミンガム・シティFC」で、前職では同チームのコマーシャルディレクターを務めた。そんなスポーツ通のラシュトン氏に、日本進出を決めた理由、勝ち続けるための戦略を、日経BP総研マーケティング戦略ラボ 上席研究員 品田英雄が聞いた。

    品田英雄(以下、品田):私もDAZNでサッカーや野球を楽しんでいる視聴者ですが、今回は、まだDAZNを知らない読者にも分かりやすいように、少し振り返りながら話を聞かせてください。

    2017年にJリーグとDAZNが10年間、約2100億円という大規模な放映権契約を締結して、「明治安田生命J1、J2、J3の全試合生中継」が始まりました。この年、Jリーグは過去最高の観客動員を記録し、DAZNで全試合を見られるようになった効果も大きいのではないかと話題になりました。先日、Jリーグの村井満チェアマンのお話を聞く機会があったのですが、DAZNの登場で日本のサッカーファンの観戦スタイルが大きく変わったと感じているそうです。CEOの立場からビジネス、マーケティング的な視点で見たときに、これまでの日本での成果、状況をどのように捉えていますか?

    ジェームズ・ラシュトン(以下、ラシュトン):ローンチの当初から、必ず公の場でお伝えするようにしていたのが「ファンファースト」、つまり、ファンのために何ができるかを最優先にしたい、という思いでした。契約数200万突破という目標も、達成が見えてきています。ファンの皆様に評価いただけている成果と、非常にうれしく思っています。

    品田:そもそもDAZNはどのような経緯で始まったのですか?

    ラシュトン:何年か前、日本という市場も視野にDAZNをどうやってローンチするか、を考えていたときのことです。私はゴルフも大好きなんですが、たまたま日本で「マスターズ・トーナメント」をテレビ視聴していました。すると、試合の途中で「2時間のアニメ番組を放送するので中断する」というアナウンスが入ったんです(笑)。非常にフラストレーションがたまりまして、一人のスポーツファンとして、見たいときに見たいものが見られる、ストレスフリーの状況が絶対に必要だと…。その瞬間ですね。「やっぱりDAZNは日本でやるべき」と思ったのは…。あと、現状のいわゆる、ペイTVなどにおいて、スポーツというものの価値が、日本のファンに手ごろな値段で届けられているか、という疑問を抱いたことも、DAZNを立ち上げた理由として、大きいです。それまで、日本におけるスポーツの有料視聴の場合、安くはない料金を支払わなければなりませんでした。私どもは月額1750円(税抜)で提供しています。

    品田:最近驚いたのは、2018年4月5日、中日ドラゴンズの松坂大輔投手が12年ぶりに先発で登板した試合がありました。ファンの注目が高い試合だったのに、東京では中継を見られなかったんです。もしや、と思ってDAZNを見たら、ライブ中継している。これってすごいことですよね。日本のプロ野球11球団のライブ中継が始まったんですね。メジャーリーグで活躍するエンゼルスの大谷翔平選手の試合も見られます。

    ラシュトン:日本においては、やはりプロ野球も非常に重要なコンテンツだと、ローンチの当初から意識していました。そして今回、メジャーリーグのみならず、日本のセントラルリーグ、パシフィックリーグの11球団の試合を放映できるようになったことを、大変誇りに思っています。もう放映局がファンに対し、どのスポーツを見るべきかを決める時代ではないと思うんです。よりたくさんのコンテンツを見られる環境を用意し、ファンが自分で選択できることが、我々が目指すところです。
    続きを読む

    dazn-20180104-rs

    1:風吹けば名無し:2018/03/26(月) 00:03:00.39 ID:NZpA5NIk0.net
    大宮アルディージャってどうなん?
    2:風吹けば名無し:2018/03/26(月) 00:03:35.09 ID:CkoricPh0.net
    シモビッチっていう恵体おるで
    5:風吹けば名無し:2018/03/26(月) 00:04:07.97 ID:NZpA5NIk0.net
    >>2
    今日得点決めてたなカッコE
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/03/25(日) 15:57:45.40 ID:CAP_USER9.net
    最初の放映予定は?

    スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダゾーン)』が、スペイン2部リーグ「ラ・リーガ 1|2|3」の配信開始が決定したことを発表した。

    スペイン2部では、クルトゥラル・レオネサの井手口陽介やヒムナスティック・タラゴナの鈴木大輔がプレーする。また、昨シーズンはテネリフェで日本代表MF柴崎岳が旋風を巻き起こし、ヘタフェへとステップアップを果たしている。

    なお、井手口が所属するレオネサの試合を中心に配信予定で、最初に視聴できるのは31日に行われるサラゴサ戦となる。
    2018-03-25_16h30_22
    http://www.goal.com/jp
    続きを読む

    img_d4d_pc


    1:首しめ坂 ★:2018/03/19(月) 18:19:33.66 ID:CAP_USER9.net
    DAZN for docomo会員数が100万突破。開始から1年1カ月
    3/19(月) 15:49配信
    Impress Watch

    NTTドコモは、スポーツライブストリーミングサービス「DAZN for docomo」の会員数が、2018年3月18日に100万を突破したと発表した。2017年2月の提供開始から、約1年1カ月での100万会員突破となる。

    「DAZN for docomo」は、ドコモの回線契約者であれば月額980円で、DAZNのスポーツ配信を楽しめるサービス。通常のDAZNは月額1,750円で、国内外130以上、年間7,500試合以上のスポーツ映像が見放題となる。

    '17年8月にはDAZNとDAZN for docomoをあわせて100万契約を突破と告知していたが、今回DAZN for docomoだけでも100万契約を超えたことを発表。Jリーグの全試合に加え、3月30日からスタートするプロ野球でも巨人を除く11球団の試合をカバー(一部試合を除く)。また、BリーグやVリーグ、モータースポーツなども提供する。

    DAZN for docomoの100万契約突破とサービス開始一周年を記念して、ドコモショップでのDAZN for docomo新規契約者にスマートフォンクリーナをプレゼントするキャンペーンを開始。さらに、4月13日から5月6日までの期間中にDAZN for docomoのコンテンツを100分以上視聴した人を対象に、dポイント100万ポイントを、山分けして進呈(最大980ポイント)するキャンペーンも実施する。

    AV Watch,臼田勤哉
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000082-impress-ind
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/03/01(木) 22:59:11.29 ID:CAP_USER9.net
    f46242b2-d7e1-d41d-d8a4-5db40905c86a

    Jリーグ配信の2シーズン目を迎える『DAZN』。

    すでに様々なキャンペーンを用意し盛り上げてくれているが、今週末に行われるJ1第2節で驚きのイベントを開催する。

    セレッソ大阪対北海道コンサドーレ札幌戦で、DAZNの加入者は「たこ焼食べ放題」になるという。



    こちらは、「DAZNDAY」の一環である「たこパDAZN」というイベント。

    C大阪のゴールドスポンサーで、スタジアムグルメブースにも出店している「たこ焼道楽わなか」とのコラボレーションで、DAZN加入者はたこ焼きが食べ放題になるという。

    詳細については当日に発表されるというが、これはかなり太っ腹な企画である…。

    この試合は2日(金)に開催されるため、仕事終わりに駆けつけるファンはお腹も減っているはず!

    ちなみにこの「DAZNDAY」、J1開幕節ではFC東京対浦和レッズ戦が行われた味の素スタジアムでも開催に。

    DAZNの会員には先着2000名にドリンクの引換券がプレゼントされるなど、地味に嬉しい内容となっていた。

    http://qoly.jp/2018/03/01/daznday-takoyaki-kwm-1
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/28(水) 17:27:10.65 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ特化型映像配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、2月23日に「フライデーナイトJリーグ Powered by DAZN」として放映したJリーグ開幕戦「サガン鳥栖vsヴィッセル神戸」のライブ視聴者数が、昨年のサガン鳥栖の平均視聴者数の5倍を記録したことなどを発表した。

    試合当日はDAZN会員を対象にスタジアムツアーを行うなど、現地でも様々な施策を展開。金曜夜の開催となった開幕戦だが、この日の入場者数は1万9,633人と、平日開催にも関わらずサガン鳥栖開幕戦史上2番目に多い集客となったという。

    なお、今週末3月2日に行われる「セレッソ大阪vs北海道コンサドーレ札幌」では、DAZN会員限定のたこ焼きが食べ放題企画や、セレッソ大阪の選手サイン入りユニフォームが当たる抽選を実施。DAZNでは、「今後も金曜開催の試合を盛り上げるべく様々な施策を行っていく」としている。
    2018-02-28_18h12_47
    https://www.phileweb.com/news/d-av/201802/27/43394.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/28(水) 06:36:27.97 ID:CAP_USER9.net
    セレッソ大阪は2月27日、3月2日に開催される明治安田生命J1リーグ第2節・北海道コンサドーレ札幌戦で、ゴールのバーにボールを当てられれば100万円がもらえる企画「DAZNチャレンジ」を実施すると発表した。

    「DAZNチャレンジ」は、指定の位置からボールを蹴り、ゴールのバー(上部)に当てれば成功という企画だ。札幌戦のハーフタイム時にキンチョウスタジアムのピッチで「DAZNチャレンジ」を実施。見事成功した方には100万円が贈呈される。

    参加するためには、セレッソ大阪の公式サイトより、事前応募が必要。募集締切は2月28日の23時59分までで、当選者は5名となっている。

    札幌戦はDAZNとのコラボイベント「DAZN DAY」となっており、「たこ焼道楽わなか」とのコラボイベントとして、DAZN加入者限定「たこ焼食べ放題」を実施することなども決定している。

    札幌戦は3月2日の金曜日、キンチョウスタジアムにて19時にキックオフを迎える。

    2/27(火) 20:21配信
    2018-02-28_11h51_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00010001-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/27(火) 23:36:52.23 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグの村井満チェアマンが、27日に行われた理事会後の会見で、先週末に行われた今季J1第1節のDAZN視聴数が記録的だったとを明かした。

    村井チェアマンによると、「昨年1年間でDAZNは1000試合を超える試合を中継したが、去年のベスト10の中に今年の第1節が6試合も入った」のだという。

    要因としては史上初めて平日金曜日の開幕試合が実施されるなど、9試合を3日間の分散開催がされたこと。

    金曜日の鳥栖対神戸のハーフタイムに行われた元東方神起のジェジュンさんによるパフォーマンスなども影響しているとみられる。
     
    2/27(火) 22:01配信
    2018-02-28_07h56_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-01650991-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/23(金) 11:29:50.13 ID:CAP_USER9.net
    2018-02-23_14h21_04
    DAZNの新CMから垣間見える余裕と自信

    今日(2月23日)20時キックオフのサガン鳥栖対ヴィッセル神戸を皮切りに、2018シーズンのJリーグが開幕する。これに合わせて19日より、DAZNが新シーズンに向けたCMをOAさせた。舞台は江戸末期。「Jリーグ観戦を牛耳る将軍」に対して、黒船が開国を要求(艦長をサッカー解説者のセルジオ越後氏が演じている)。これに、三浦知良や内田篤人や槙野智章といった人気Jリーガーが幕末の志士に扮して「話を聞こう!」「ドイツでもDAZNだった!」「夜明けでござる!」と畳み掛け、旧勢力たる将軍や幕臣たちを圧倒する。



    今年が「明治維新150年」ということを意識したのだろうか。個人的に興味深く感じられたのが、DAZNが自らを「黒船」に見立てていたことである。DAZNのサービスを提供するパフォーム・グループが、17年よりJリーグと10年間で総額2100億円もの放映権契約を締結した際、日常的にJリーグを楽しんでいるファンの多くは、彼らを「黒船」と見なしていた。それが2シーズン目を迎えるにあたり、自らを「黒船」に見立てるCMを流すくらい、今のDAZNには余裕と自信のようなものが感じられる(とすると「Jリーグ観戦を牛耳る将軍」というのは……)。

     思えば去年の今ごろ、私を含めて多くのJリーグファンが、Jリーグの独占中継がスカパー!からDAZNに切り替わることに少なからぬ不安を抱いていた。従来の「放送」に慣れきっていた多くのファンにとり、ライブストリーミングサービスによる「通信」への視聴環境の変化は、(あえて今回のCMと重ねるならば)まさに「黒船来航」くらいのインパクトであったのである。ところが、江戸末期の民衆が大政奉還や明治維新をすんなり受け入れたように、Jリーグファンも驚くべき柔軟性をもって、DAZNという新サービスを受け入れて今に至っている(もちろん当初は「仕方がない」という心情もあっただろうが)。

    「日本のファンは、きっとDAZNを受け入れてくれる」──当初よりそう確信していたのが、他ならぬ村井満Jリーグチェアマンである。今年1月にインタビューした際、チェアマンは確信の根拠について、このように述べている。

    「パフォーム・グループは、世界100カ国くらいにスポーツのダイジェスト映像を配信しているので、さまざまなデータを持っているんです。そうした中、日本人は世界的に見てもITリテラシーが高くて、高齢者でもスマートフォンを持っていて、スポーツへの関心が高いということをわかっていた。だからこそ彼らは、日本を選んだのだと思います。実際、彼らの言うとおりでしたよね」
    続きを読む

    1:渋柿の木 ★:2018/02/22(木) 10:59:42.42 ID:CAP_USER9.net
    「当社のプロ野球中継が極めて限定的であるかのような誤解が一部で生じている」「2018年シーズンも例年通り、巨人主催試合を含む全12球団をお届けする予定だ」――。衛星放送「スカパー!」を運営するスカパーJSATから2月20日、報道機関に向けてこんな文書が送られてきた。

    ●文書送付のわけは

    同社に真意を聞いたところ、「とある新聞社が、競合サービス『DAZN』と当社のプロ野球中継を比較し、スカパーの配信対象が一部の試合にとどまっているとの記事を掲載していたため、誤解を解きたかった」(プロモーション部、以下同)と説明する。「現在は各チームと交渉段階で正式発表はまだだが、スカパーでは12球団の全試合を放送する方針だ。プロ野球開幕前のこの時期は、契約者獲得に向けた商機。“当社がDAZNに負けた”といったマイナスの情報が広がることを避けたかった」という。

    ●“DAZNマネー”に屈し、Jリーグ放映権を喪失

    「DAZN」は米Perform Groupのスポーツ中継サービス。スカパーは16年末、07年から10年間にわたって放送してきた主力コンテンツ「Jリーグ」の放映権をDAZNに奪われる形になった。DAZNの契約内容は、10年間で2100億円という巨額。当初は中継品質に苦情が相次いだこともあったが、16年8月の参入からわずか1年で、国内の契約数が100万件を超えるサービスに成長した。一方、外資マネーに破れた形になったスカパーは当時、公式Webサイトに高田真治社長がファン向けに「交渉が決裂し、誠に申し訳ない」とのおわび文を掲載する異例の事態となった。

    キラーコンテンツであるJリーグ中継を失った影響で、業績面でも大きなダメージを受けた。持ち株会社のスカパーJSATホールディングスが2月7日発表した17年4~12月期の連結決算は、売上高が7.3%減の1095億円、営業利益が22.0%減の121億円、純利益は16.2%減の86億円と減収減益だった。

    同社によると、Jリーグ放映権喪失による減収分は49億円に上る。Jリーグファンが解約したあおりで、サッカー以外の視聴料収入も25億円のマイナスとなった。17年4~12月期のスカパー解約数は45万件。新規加入者や再加入者を獲得した影響で純減数は8万件に食い止めたが、契約者数は17年12月末で324万件と、DAZN参入前の16年6月時点(347万件)から1年半で23万件減った。スカパーは対応策として、海外サッカーの一部試合やハイライト、過去の名勝負、有識者の討論などを24時間配信するサッカー専門チャンネル「スカサカ!」を開設しているが、契約減に歯止めがかからない状況だ。

    ●プロ野球中継が頼みの綱

    こうした中、スカパーが頼みの綱としているのがプロ野球中継だ。

    (>>2以降へ続きます)

    2018-02-22_11h53_11
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ