海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:DAZN

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 13:07:45.27 ID:CAP_USER9.net
    4668202_herol

    GOAL 3/28(火) 10:50配信
    http://news.yahoo.co.jp/zasshi?c=socc&p=2

    スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』が、リーガ・エスパニョーラの放映を4月1日から開始することが分かった。

    2019−20シーズンまで、毎節最大5試合の注目マッチをライブ放映する。バルセロナやレアル・マドリー、アトレティコ・マドリーといった世界屈指の強豪クラブの試合が放映されていく見込み。

    DAZNはドイツのブンデスリーガやイタリアのセリエA、フランスのリーグ・アンといった欧州のトップリーグの放映を行っている。今後、リーガも加わり、より一層ラインナップが充実することに。

    また、日本においては2017年シーズンから10年間にわたりJリーグの放映権を取得。今シーズンから明治安田生命J1・J2・J3のリーグ戦を全試合ライブ放映を行っている。国内・海外ともに豊富なコンテンツをそろえていることで、日中~夜はJリーグ、夜からは欧州のトップリーグと、サッカーざんまいの一日を送ることも可能だ。

    ■リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)とは?

    スペインのリーガ・エスパニョーラは世界最高峰のリーグとして知られている。リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの“MSN”をはじめとするスタープレーヤーが集うバルセロナと、クリスティアーノ・ロナウドやカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルといった強力アタッカーを擁するレアル・マドリー、そしてアントワーヌ・グリエスマンを中心に魅力的なフットボールを展開するアトレティコ・マドリーが覇権を争う。

    その他にもヨーロッパリーグ3連覇を成し遂げたセビージャ、古豪ビジャレアルやバレンシアなどが在籍。また、日本代表歴もあるMF乾貴士がエイバルに所属している。世界で最も厳しい環境の一つで、日本人アタッカーがどのようなプレーを繰り広げるかも注目される。

    ■リーガ第29節の放送予定

    4月1日に行われるリーガ第29節から放映がスタートする。スケジュールは以下の通り。

    4月1日(土) 20:00 ~
    ビジャレアル対エイバル ※日本語実況・解説

    4月1日(土)27:45 ~
    マラガ対アトレティコ・マドリー ※日本語実況・解説

    4月2日(日) 19:00 ~
    セビージャ対スポルティング・ヒホン ※日本語実況

    4月2日(日)23:15 ~
    レアル・マドリー対アラベス ※日本語実況・解説+DAZN独自のリプレイ映像有り

    4月2日(日)27:45 ~
    グラナダ対バルセロナ ※日本語実況・解説
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:12:21.28 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグ放映の独占権を持つ「DAZN(ダ ・ゾーン)」がドコモと提携して話題となっている。

    果たして日本でも普及するのだろうか? 『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、前編記事に続き、DAZNの可能性を論じる。

    * * *


    ホリ ドコモと組んだことが大きいよね。ドコモユーザーだったら月額980円で利用できるらしいから普及に拍車がかかると思う。

    ひろ 携帯電話キャリアって窓口で営業できるので、販売網としてはかなり強力ですよね。今、Huluとかネットフリックスがはやってますけど、それと違ってドコモの場合、契約させるときに「一緒にDAZNはどうですか?」「31日間無料なので」とか言えるのは強い。

    ホリ それにスマホで視聴できる手軽さも強いと思う。これまでJリーグを放送してたのってスカパー!だけど、CSとかってアンテナが必要だったりするし、めんどくさい。

    ひろ 若い人たちの間ではテレビを持っていない人も増えているみたいですからね。それに加えて、いまさら衛星放送のアンテナを買う20代が多くいるとは考えづらい。DAZNならスマホで見られますから、やっぱり有利。

    ホリ あとは、アマゾンの「Fire TV」や「Apple TV」みたいなテレビにつなげるタイプのセットトップボックスがあれば大画面で見ることもできる。

    ネットとかだと「日本の会社がやってほしかった」みたいなコメントがあったけど、この手のサービスって資金力次第なんだよね。

    ひろ そうですね。なので現状では海外の会社が有利と。

    ホリ あと、日本の会社はグローバルな視点がないからだと思う。メディア関連で日本の企業が世界規模で動いたのって、日本経済新聞社がイギリスの新聞社「フィナンシャル・タイムズ・グループ」を買収したくらいでしょ。

    あとは広告代理店の電通がイギリスの広告大手「イージス・グループ」を買収したとか。

    ひろ 日本の企業が大きな決断をできないのって、決定権を持つ50~60代の人たちの影響が大きいと思います。この世代の人たちは、自分が無難に定年まで逃げ切れたらいいと思ってそうですし。

    ホリ 逃げ切りたいってのもあるかもしれないけど、単にグローバルな視点がないだけと思う。あとは判断材料が乏しくて決断できないとか。

    ひろ まあ、自分で何か起こすタイプは、そもそも大企業に就職しないでしょうし、実力による給料の差があんまりないので、自分でガツガツやるタイプの人は大企業ではあんまり得しないですよね。

    「高学歴から大企業」という世間の評価で物事を決める人は、レールが敷かれてない場所に行ったり、前例のないことをやるのはめっちゃ恐怖だと思いますよ。

    ホリ それで失敗しなかった人の最高峰が社長だったりするわけだから、ある意味で仕方ないか。でも、そんなことしてるとめちゃめちゃデカい失敗するんだけどね。

    ひろ 渦中の東芝みたいなケースもありますしね……。
    2017-03-20_22h23_29
    http://news.livedoor.com/article/detail/12821520/
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/17(金) 01:40:42.74 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-17_08h12_00
    3月初め、ルーカス・ポドルスキ(31歳・ガラタサライ)のヴィッセル神戸入りが決まった。
    加入時期は今夏になる模様だが、久しぶりの大物助っ人の到来に、サッカーファンの期待は膨らんでいる。

    さらに3月15日には、サガン鳥栖がクラブHPにおいて、コロンビア代表のビクトル・イバルボ(26歳・カリアリ)を期限付き移籍で獲得したことを発表。2014年のブラジルW杯で3試合に出場した188cmの大型FWの加入で、鳥栖のエース・豊田陽平との強力ツインタワーが実現することになる。

    DAZNとの放映権契約で財政的に潤い始めたJリーグ。資金の使い道については様々な意見があるものの、やっぱり「世界」を感じさせてくれる選手を生で観たい。もちろん育成も大切だが、ビッグネームの存在はリーグ発展の起爆剤になりうるものだ。

    昨秋以降、ポドルスキ以外にもジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)やロビン・ファンペルシー(フェネルバフチェ)、パオロ・ゲレーロ(フラメンゴ)らの名前がメディアを賑わせてきたが、現
    時点でそれらの線はいずれも立ち消えになっている。

    そこで今後、日本に来る可能性がありそうな「狙い目」のビッグネームをリストアップ。移籍が実現すれば、Jリーグをさらに盛り上げてくれること間違いない5人の選手を今からチェックしておこう。

    ラサナ・ディアラ(32歳)
    元フランス代表

    チェルシーやアーセナル、レアル・マドリードでプレーしてきた32歳のセントラルMFは、2月中旬にマルセイユとの契約を解除した。現地報道によると、中国の山東魯能からのオファーを受けるために練習をボイコットしていたため、クラブ側も引き止めることをやめたという。ところが、この移籍は実現せず、現在はフリーの状態が続いている。

    無尽蔵のスタミナと抜群のボール奪取力を備え、かつて「クロード・マケレレ2世」とも呼ばれた実力者だ。ただし、これまでに所属したクラブのほとんどで監督やフロントと問題を起こしており、適切なモチベーションを与えられなければ、本来の力を発揮できないだろう。

    2014年にディアラ側が一方的に契約を破棄したロシアのロコモティフ・モスクワからは、1000万ユーロ(約11億2000万円)の違約金を求められており、スポーツ仲裁裁判所で敗訴したディアラには支払い義務がある。それを肩代わりしてくれるクラブへの移籍を希望していることを考慮すると、リスクは高いかもしれない。

    ロビー・キーン(36歳)
    元アイルランド代表

    2002年、日韓W杯・ドイツ戦での試合終了間際にゴールを挙げ、側転からの前転というパフォーマンスで日本のサッカーファンの心を掴んだキーンも、次なる移籍先を探すひとりだ。

    アイルランド代表史上最多となる146試合68得点を記録した真のレジェンドは、2011年から活躍の場をアメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)に移し(2012年には短期でアストンビラにローン)、LAギャラクシーの一員として3度のリーグ優勝を達成した後、今年1月に契約が満了した。しかし、36歳となった今も現役続行の意向を持っており、最近は母国のシャムロック・ローバーズでトレーニングを積むなど、フィットネスの維持に努めている。

    高いフィジカルが求められるMLSでも能力を遺憾なく発揮し、5年連続2桁得点をマークしてきた。まだまだサビついていない非凡な決定力と、あの熱いパフォーマンスは、間違いなくJリーグを次なるレベルに引き上げてくれるだろう。

    オレグ・グセフ(33歳)
    元ウクライナ代表

    ウクライナ代表98キャップを誇る33歳のサイドアタッカーは、今年1月に13年半を過ごしたディナモ・キエフを離れた。引退も噂されていたが、先ごろ、代理人が本人に現役続行の意思があることを現地メディアに明かし、新天地を探しているという。

    本人が最も望んでいる移籍先は、MLSのクラブだというものの、欧州とアジアも選択肢には入っている。大一番での勝負強さとリーダーシップを備え、左右のウイングだけでなく右SBもこなす汎用性も魅力のベテランが、キャリア最後の舞台に極東行きを考慮してくれるといいのだが。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 21:08:44.66 ID:CAP_USER9.net
    インターネット動画ストリーミングサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)で、8日午後8時ごろから一部の契約者に「【退会手続きが完了しました】DAZNからご連絡」とのタイトルのメールが届いたとネット上に報告が上がっている。

    メールが届いた人は退会手続きをしていないのにも関わらず、「退会完了」とのメールが届いたとして、Jリーグのサポーターを中心に困惑しているが広がっている。

    「DAZN」の公式ツイッターアカウントはこの現象について「現在一部のお客様に退会完了メールが届いた、またマイアカウント上で退会表記がされる状況が発生しています。これは先日の視聴期間延長の設定での一時的な現象です。数日後には通常の表示に戻りますので【利用を再開する】をクリックせずに現状のまま、今しばらくお待ちください」「動画のご視聴は現在の状態でも引き続き行っていただく事が可能です。なお実際には退会とはならず、2週間の視聴期間延長が反映される予定ですが、万が一退会となってご視聴ができなくなったなどの不具合がございましたら、大変お手数ですがカスタマーサービスまでご連絡下さい」と説明している。

    Jリーグのリーグ戦などを配信しているDAZNでは、開幕戦で配信できないトラブルが発生し、お詫びとして当日に視聴を試みようとしたユーザーに2週間の無料視聴期間を付与するとしていた。

    スポーツ報知 3/8(水) 20:58
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000205-sph-socc

    写真
    16:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 21:15:57.71 ID:CAP_USER9.net
    https://my.dazn.com/help/JP-ja/cancellation-email

    退会に関するメールが届いたお客様へ
    この度はお客様ご自身で退会のお手続きを行っていないにも関わらず、退会のお手続きが完了した等のメールが届いた、またDAZNマイアカウント上に表記されているとの事で、大変申し訳ございません。

    現在、2週間の視聴期間延長の設定を行っている中で、一時的に退会の表示がなされております。数日後には通常の表示に戻りますので、マイアカウント上の【利用を再開する】をクリックせずに現状のまま、今しばらくお待ちくださいませ。
    ※動画のご視聴は現在の状態でも引き続き行っていただく事が可能です。


    なお実際には退会とはならず、2週間の視聴期間延長が反映される予定ですが、万が一退会となってご視聴ができなくなったなどの不具合がございましたら、大変お手数ですがカスタマーサービスまでご連絡下さい。


    この度はご混乱を招いてしまい、大変申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。

    その他にご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。


    DAZN(ダ・ゾーン)カスタマーサービス
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/06(月) 20:25:26.49 ID:CAP_USER9.net
    GettyImages-647779642
    DAZNは6日、明治安田生命J1リーグ第2節のベスト5ゴールをTwitter上で発表した。

    横浜F・マリノスに所属するダビド・バブンスキーの強烈ボレー弾や、柏レイソル戦で2得点を決めたガンバ大阪の長沢駿の得点などが選出されている。

    ベスト5ゴールに選出された選手は、以下の通り。

    MF高橋義希(サガン鳥栖)
    FW武藤雄樹(浦和レッズ)
    FW長沢駿(ガンバ大阪)
    MFダビド・バブンスキー(横浜F・マリノス)
    MF小林祐介(柏レイソル)

    DAZN公式ツイッター:動画


    https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170306/559662.html?cx_top=newarrival
    続きを読む

    ダウンロード

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/06(月) 00:03:29.29 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは5日、開幕戦で視聴トラブルが続いた「DAZN(ダ・ゾーン)」の中継、配信で、今節のJ1、J2全試合において不具合などは生じなかったと発表した。
    ライブ中継だけでなく見逃し配信やダイジェスト版も異常はなかった。

    http://www.sankei.com/sports/news/170305/spo1703050010-n1.html


    Jリーグ公式サイト:日程・結果
    http://www.jleague.jp/match/

    DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    NTTドコモ公式サイト:DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)2/15開始
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

    DAZN「For You ~J.LEAGUEを、共に高みへ。~」

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/04(土) 22:16:09.17 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは4日、開幕節で視聴トラブルが起きていた有料配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」による中継配信について、この日の全試合のライブ配信や見逃し配信で視聴不具合は発生しなかったと発表した。

    DAZNは今季からJリーグと10年約2100億円で放映権を獲得したが、開幕節のG大阪―甲府が当初案内されたチャンネルで視聴できないなどトラブルが起き、Jリーグ、DAZNの幹部が謝罪。再発防止に全力を注ぐと語っていた。
    2017-03-04_22h49_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000197-sph-socc


    Jリーグ公式サイト:日程・結果
    http://www.jleague.jp/match/

    DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    NTTドコモ公式サイト:DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)2/15開始
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

    DAZN「For You ~J.LEAGUEを、共に高みへ。~」

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/02(木) 14:37:53.30 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグなどのスポーツストリーミングサービスを展開する「DAZN」は、2月25、26日のJリーグ中継のライブ配信が視聴不能になった問題について、経緯の説明と今後の対応を発表した。ユーザーへの対応として、「25日から26日にコンテンツ視聴操作を行なったユーザー」に、無料体験中の場合は2週間体験期間を延長、すでに月額料金を支払っている場合は利用期間を無料で2週間延長する。また、DAZN for domoco契約者には、NTTドコモからdポイントを500ポイント進呈する。

    DAZNは、2017シーズン以降のJリーグを独占配信する映像配信プラットフォーム。25日にJリーグが開幕し、DAZNでの配信もスタートしたが、翌26日の愛媛 FC vs ツエーゲン金沢戦においては16時47分から、ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府戦については16時50分から、「画面上がバッファリング状態になり試合が視聴できない状態」となり、試合が視聴できなかった。さらに、22時50分以降には、J2リーグ全試合の見逃し配信が視聴できない問題も発覚した。

    原因は、2月26日16時30分ごろに終了した7試合について、ライブ配信終了後に見逃し配信を自動的に起動するコンテンツ制作ツールが複数試合を同時に処理開始したが、システムの一部に不具合があり、データベースの破損やエンコーディングプラットフォーム障害を起こした、というもの。この不具合は、「複数試合によるアクセス集中によるものではない」としている。

    対策として、エンコーディングプラットフォームを正常化したほか、バックアッププラットフォームの構築。アップデート環境の検証などを行なった。ジェームズ・ラシュトンCEOは「トラブルの根本原因は解明しており、完全に解決している」とした。
    2017-03-02_16h40_44
    2017年3月2日 14:18
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1047315.html
    続きを読む

    ee2a1218b010857dd3576f0df6c90a9f

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 09:07:28.19 ID:CAP_USER9.net
    今シーズンからJリーグの全試合放映権を獲得した「DAZN」は、J1とJ2開幕節となった25日、26日に2日連続で配信に不具合が出るアクシデントが起きた。同社のジェームズ・ラシュトンCEOは公式サイトでお詫び文を掲載した一方で、独メディア「ヨーロッパオンラインマガジン」のインタビューで今後への自信を語っている。

    英国を本拠とする「DAZN」は日本だけでなく各国への進出を目論んでおり、ドイツもその筆頭格として放映権市場に殴り込みをかけている。

    ラシュトンCEOはなぜ日本とドイツを選んだのかとの質問に対して「人口の多さ、ネットワーク状況などマクロ経済的な要素です。どちらの市場も有料テレビ局が大きく支配しているが、市場の独占度は決して高いわけではない。それによって望んでいるコンテンツを見られない多くのスポーツファンがいます」と、ネットでの映像配信事業がビジネスチャンスであると見ているようだ。

    同CEOはUEFAチャンピオンズリーグなど各競技の放映権獲得にも意欲を見せているなかで、Jリーグの独占配信についても触れている。10年間で約2100億円もの契約金を結んだことへの懸念に対しても「絶対に心配ありません。我々は非常に多くの資金を持っている」と話しつつ、こう答えている。

    ■Jリーグについて「4~6年のうちに再投資」

    「日本のJリーグの放映権獲得について、数年間で回収できるか? それは目標ではないです。大切なのはDAZNにとってこの魅力あるリーグが注目を集めていることです。我々はサービスがどれだけ優れているか証明することができます。4~6年のうちには商品や放映権に再投資することに自信を持っています」

    とはいえ26日のガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府はキックオフから放映できず、Jリーグが公式YouTubeチャンネルでフルマッチの試合映像を配信するドタバタぶりとなった。同CEOは公式ホームページで「昨日、Jリーグのライブ配信において重大な問題が発生しました。視聴することができなかった全てのファン・サポーターに心よりお詫び申し上げます」とのコメントを残している。

    ネット回線での映像配信はまだ課題山積であることを示した2日間を経て、DAZNの改善は進んでいくのかに注目が集まる。

    Football ZONE web 2/28(火) 8:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010002-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 21:59:39.94 ID:CAP_USER9.net
    2017シーズンから「DAZN」(ダ・ゾーン)がJリーグの全試合をライブ中継するなか、26日のJ1リーグ開幕戦ガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府でキックオフから配信されない事態が発生。DAZN公式ツイッターのアカウントには視聴者から批判の声が殺到し、「DAZN」公式サイトやJリーグ公式サイトでお詫び文が掲載されるなど混乱を招いた。

    この日唯一のJ1開催となるG大阪対甲府戦は、キックオフ予定時刻の17時になってもDAZNから映像が一向に配信されず、視聴者の間で困惑が広がっていた。

    そうしたなか、Jリーグ公式ツイッターでは、「G大阪vs甲府のDAZNでの配信に問題が発生しております。現在、DAZNの『V・プレミアリーグ男子 ファイナル6:東レ vs ジェイテクト』の項目で配信をしております」と対応策をツイート。

    一方、DAZN側でも「G大阪vs甲府のライブ配信に問題の解決に向けて、引き続き復旧作業を続けております」(原文ママ)として、別サイトでの無料配信を行っていた。

    こうした事態を受けて、Jリーグの公式YouTubeチャンネルでは、G大阪対甲府の試合終了後、フルマッチ映像を「公式試合映像(前半)」「公式試合映像(後半)」に分割して無料配信に踏み切っている。

    Jリーグ公式サイトでは、「本日のG大阪vs甲府におけるDAZNでの配信に問題が発生いたしました。ご不便とご迷惑をお掛けいたしましたことを心より深くお詫び申し上げます。現在、Jリーグ公式YouTubeチャンネルにてフルマッチの試合映像をご視聴いただけます」と謝罪し、緊急の対応策も含めて声明を発表した。

    通常、Jリーグ側が当日のフルマッチ映像を配信することはなく、25日から2日続けてDAZN中継にトラブルが起きたなか、すぐさま対応策を打つ形となった。
    2017-02-26_22h28_00
    Football ZONE web 2/26(日) 20:52配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170226-00010019-soccermzw-socc

    Jリーグ公式サイト
    http://www.jleague.jp/sp/

    本日開催した試合におけるDAZNでの配信に問題が発生しました。ご不便とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

    現在、G大阪vs甲府の試合についてはJリーグ公式YouTubeチャンネルにてフルマッチの試合映像をご視聴いただけます。

    ■ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府

    前半



    後半


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ