海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:DAZN

    1:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 14:04:10.82 ID:CAP_USER9.net
    スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダゾーン)』を提供するPerform Group(パフォーム・グループ)は16日、2018年放送予定のスポーツコンテンツを発表した。サッカーコンテンツでは、今まで毎節最大5試合となっていたプレミアリーグとラ・リーガのライブ中継が全試合に拡大する。

    先日、ソフトバンク株式会社と『スポナビライブ』で提供するコンテンツを2018年2月9日からDAZNで提供することについて合意していたパフォーム・グループ。具体的なコンテンツは明らかにされていなかったため、発表が注目されていた。

    これまで両リーグを毎節最大5試合ライブ中継していたDAZNだが、今回の提携によって配信試合数が大幅に増加。世界で最も視聴者数の多いリーグであるプレミアリーグのビッグマッチや、バルセロナやレアル・マドリーの試合を欠かさず視聴することが可能となった。

    DAZNはこの2リーグ以外にも、イタリアのセリエAやドイツのブンデスリーガ、フランスのリーグ・アンを配信中。さらに、来シーズンからはUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの中継もすでに決まっている。

    2017シーズンよりJリーグの放映権を取得したことで“黒船”として注目を集めるDAZN。日本におけるサッカーの視聴サービスという点においては、「一強状態」を築きつつあると言えそうだ。

    なお、DAZNはプロ野球の広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの計11球団の中継やプロバスケットボールのB.LEAGUE(Bリーグ)など、国内外130 以上のコンテンツ、年間 7,500 試合以上のスポーツを配信することも同時に発表している。
    2018-02-16_14h22_18
    https://news.goo.ne.jp/article/goal/sports/goal-18kiuak6k5t9e1gxpckmioehzn.html
    続きを読む

    1:ゴアマガラ ★ :2018/02/13(火) 21:47:28.07 ID:CAP_USER9.net
    前年のリーグチャンピオンとカップ(天皇杯)チャンピオンによるJリーグの新シーズン最初の公式戦「スーパーカップ(FUJI XEROX SUPER CUP 2018)」が、2月10日に埼玉スタジアムで行なわれた。

    今回は、川崎フロンターレ(リーグ戦チャンピオン)とセレッソ大阪(天皇杯チャンピオン)が対戦し、3対2でセレッソが勝利。昨季まで9年連続でリーグ戦チャンピオンが勝利しているというデータを見事に覆(くつがえ)し、クラブ初となるスーパーカップのタイトルを手にすることとなった。

    Jリーグが産声を上げた翌年(1994年)にスタートしたこの大会は、今回で25回目を数える由緒正しきタイトルマッチだ。これまではリーグ戦の開幕1週間前に行なわれるのが慣例だったが、2月24日にシーズンが開幕する今年は13日から始まるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ開幕戦前の開催という異例のスケジュールで行なわれた。

    とはいえ、ファンにとっては新シーズンの幕開けを告げる“風物詩”的な大会であることに変わりはない。とりわけ、両チームのサポーターにとってはオフシーズンの間に加わった新戦力の存在が最大の関心事となる。

    彼ら新加入選手たちが額面通りの活躍を見せてくれそうなのか? それによってチームはどのように変化したのか?自分の目でそれを確かめられる最初の機会がこのスーパーカップだけに、勝敗以上にその部分がクローズアップされるのは当然である。

    それは、Jリーグが見習っているヨーロッパサッカー界も同じだ。

    例えば、UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)は毎年8月にUEFAスーパーカップ(チャンピオンズリーグ王者とヨーロッパリーグ王者の対戦)を開催し、イングランドでは開幕1週間前にFAコミュニティ・シールド(かつてのチャリティー・シールド)を、その他スペイン、ドイツ、フランスなど多くの国のリーグで開幕前にスーパーカップを行なうという習慣が根付いている。

    そこで注目されるのも、やはり移籍マーケットで補強した新戦力のプレーぶりだ。特に移籍が激しいヨーロッパでは、毎年数えきれないほど多くの選手たちが新天地のユニフォームに着替えるため、前シーズンとは全く別のチームとして再出発するケースも少なくない。

    もちろん、継続してチームを熟成させることも大事ではあるが、プロサッカークラブは「ファンに夢を与える商売」でもあるため、毎シーズン、目先を変えて彼らを飽きさせないという努力も重要になる。逆に言えば、ビッグクラブを筆頭にそのエンターテインメント性の部分を追求しているからこそ世界規模でマーケットを拡大させることに成功しているともいえる。

    それと比べると、残念ながら日本のスーパーカップはまだエンターテインメント性が低いと言わざるを得ない。
    2018-02-13_23h52_09
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00099662-playboyz-socc

    >>2以降へ続く
    続きを読む

    snl_s

    1:3倍理論 ★:2018/02/07(水) 16:37:35.36 ID:CAP_USER9.net
    携帯大手ソフトバンクが、プロ野球やサッカーなどのスポーツ動画の配信サービス「スポナビライブ」を5月末で終了することが6日、わかった。英動画配信大手のパフォーム・グループが展開する「DAZN(ダ・ゾーン)」に大半のコンテンツを移管する方向

    http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180206-118-OYTPT50441/list_NEWS%255fMAIN%25240207
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/01/29(月) 17:37:33.49 ID:CAP_USER9.net
    J1観戦者の平均年齢が初の若返り、若者の来場増か
    1/29(月) 16:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00111949-nksports-socc



    笑顔で観客の声援に応えるC大阪FW杉本(2017年7月2日撮影)

    Jリーグは29日、東京・文京区のJFAハウスで、昨季スタジアム観戦者調査の報告会を開いた。

    昨季のリーグ戦で、J1、J2全クラブの来場者(11歳以上の男女)を対象にアンケートし、有効回収数は1万7136票。同調査は04年から実施しており、J1では初めて前年より平均年齢が若くなった。16年度の40・8歳から昨季は40・1歳。

    出井宏明Jデジタル専務(52)は「実際に来場者は1歳、年を重ねるので、毎年、平均年齢は上がっていた。0・7歳若くなったと言うことなので、現実的には2歳弱若くなったということ。
    昨季は全体的に来場者が増えているので、中年以上はそのまま維持して、若い方の来場が増えたと、考えられる」と話した。
    続きを読む

    dazn-20170125

    1:Egg ★:2018/01/26(金) 20:30:31.54 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは25日、平日金曜開催の名称を「フライデー・ナイト・Jリーグ」にすると発表した。今季はファン層の拡大を狙い、J1の計11節で金曜に公式戦を実施する。

    村井満チェアマンは昨季からJリーグの独占放送権契約を結ぶ英パフォーム社のスポーツ動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」の事業戦略説明会に出席し「週末は家族や恋人と過ごすが、金曜日ならばサッカーを見に行ける人がいるかもしれない」と期待した。

    また、パフォーム社はDAZNについて(1)動画を一定期間保存できるダウンロード(2)加入者の視聴傾向に合わせて画面を変えるパーソナライゼーション(3)好みの競技やチームの情報を知らせるプッシュ--などの新機能を年内に提供する方針を示した。

    パフォーム・インベストメント・ジャパンのジェームズ・ラシュトン最高経営責任者(CEO)は「ユーザー体験を改善できる。日本で人気のある欧州サッカーを深夜にダウンロードし、朝起きてから見たいという要望は根強い」と語った。

    1/25(木) 20:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000091-mai-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/25(木) 14:30:21.39 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ専門の映像配信サービス「DAZN」は25日、事業戦略説明会を開催。

    ジェームズ・ラシュトンCEOが来場し、2018年に放映予定のJリーグなどのスポーツコンテンツを発表したほか、新たにダウンロード機能などを提供すると発表した。また、'18年の自転車ロードレースの配信ラインナップを発表した。

    写真 ジェームズ・ラシュトンCEO



    ダウンロード視聴対応予定。Jリーグはカメラ12台体制に

    2018年における取り組みの一つとして、放送後に試合映像をダウンロードできる機能を提供予定と発表。欧州サッカーなど時差がある試合も、朝起きた後にスマートフォンにダウンロードして、通勤時などに見られるようにする。

    対象コンテンツ数や視聴期間などは個別の契約によって変わるため明らかにしていないが、「全てとは言えないが、ほとんどのコンテンツはダウンロードできる予定。通常のストリーミング/タイムシフト(1週間)よりは長くキープできるかもしれない」としている。

    写真 ダウンロード機能を提供予定




    そのほか、'18年上期に提供する機能として、ユーザーの好きなスポーツ/リーグに合わせてUIが変わるパーソナライゼーション機能や、好きなチーム/選手のゴールなど最新情報をプッシュ通知するフォロー機能を提供予定としている。

    パーソナライゼーション機能



    フォロー機能/プッシュ通知



    さらに、配信2シーズン目となったJリーグの強化も発表。カメラ台数を12台に増やし、ゴールネットカメラなど視点を増やしてリプレイなどのコンテンツ強化を図る。

    '18年のJリーグ制作方針

    続きを読む

    1:ぶーちゃんφ ★:2017/12/07(木) 23:10:47.18 ID:CAP_USER9.net
    DAZNと10年間の放映権で2100億円という大型契約を結んだJリーグ。各クラブへの固定配分金の他に“理念強化配分金”としてJ1の上位(1位~4位)までに配分金が支給されることになった。1位(優勝)には15億5000万円が3年間に分けて支給され、2位は7億円、3位が3億5000万円、4位には1億8000万円となっている。

    つまり悲願のJ1初優勝を果たした川崎が3億円の優勝賞金、3億5000万円の固定配分金に加えて理念強化配分金の15億5000万円を支給される権利を得るので、合計で22億円となる。ちなみにリーグ2位の鹿島は賞金1億2000万円に固定配分金3億5000万円と理念強化配分金の7億円が加算されて11億7000万円。優勝と2位で、約2倍の差がつくわけだ。

    3位のセレッソ大阪が賞金6000万円、固定配分金3億5000万円、理念強化配分金3億5000万円、ルヴァン杯の優勝賞金1億5000万円で合わせて9億1000万円、4位の柏レイソルは理念強化配分金1億8000万円と固定配分金で5億3000万円となる。優勝と4位では4倍の差となる。無論5位以下との差は例示する必要も無いだろう。

    “理念強化配分金”と銘打っている以上、支給されたお金は審査のもとに、クラブの成長のために使われることが義務付けられる。使い道は必ずしも補強費である必要はない。優勝クラブに22億円が入ったら、そのまま大物外国人選手などの獲得に使われるとは限らないのだ。

    クラブの施設拡充に使われることもあれば、育成年代の強化や普及に投じられるケースもあり、クラブ周りの振興に役立てられても問題ない。ただ、それら全てはクラブが成長するための糧となり、使い方を誤りさえしなければ、雪だるま式にクラブが大きくなっていくわけだ。
    2017-12-08_00h36_08
    AERA:
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00000058-sasahi-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/27(月) 16:02:36.21 ID:CAP_USER9.net
    DAZNは27日、Jリーグのオフ・シーズン特別コンテンツの第2弾として、『EURO SOCCER FREAKS』を実施することを発表した。

    欧州5大リーグをすべて放映する国内唯一のチャンネルであるDAZNは、先日発表された『BEST MATCH 2017』に続くJリーグのオフシーズン企画として、2017年12月9日~2018年1月4日の間に行われる海外サッカー数試合をスペシャルバージョンとして放映する。

    期間中に放送するプレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アンの数試合の解説を、明治安田生命Jリーグに在籍する選手や監督が担当する。試合の担当は、DAZN 公式Twitter アカウントにて随時発表されるようだ。

    対象試合は以下の通り。

    2017年12月9日(土)21時00分~
    ヘタフェ vs エイバル(ラ・リーガ)

    2017年12月10日(日)1時00分~
    パリ・サンジェルマン vs リール(リーグアン)

    2017年12月11日(月)1時30分~
    マンチェスター・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)

    2017年12月16日(土)23時30分~
    シュトゥットガルト vs バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ)

    2017年12月17日(日)2時00分~
    トリノ vs ナポリ(セリエA)

    2017年12月17日(日)23時15分~
    ウェストブロミッチ・アルビオン vs マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ)

    2017年12月23日(土)21時00分~
    レアル・マドリード vs バルセロナ(ラ・リーガ)

    2017年12月26日(火)21時30分~
    トッテナム vs サウサンプトン(プレミアリーグ)

    2018年1月4日(木)4時45分~
    アーセナル vs チェルシー(プレミアリーグ)
    2017-11-27_18h11_50
    GOAL 11/27(月) 15:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000013-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/26(木) 18:13:22.72 ID:CAP_USER9.net
    dazn-20170125

    10月24日、横浜DeNAベイスターズがまさかの下克上を起こし、広島東洋カープから日本シリーズへの出場権をさらった。平日の夜というのに、横浜スタジアムでのパブリックビューイングは入場規制がかかるほどで、ファンの熱気に包まれた。広島と横浜のこの2チームの共通点といえば、こうしたファンの熱量だろう。

    横浜も広島も早くからスタジアム改革でファンを増やす努力に取り組み、観客を楽しませる工夫を続けている。かつてセ・リーグの球団は巨人戦の放映権料に頼る経営をしていたが、そうした時代は遠い昔になりつつある。野球に限らず、スポーツシーン全体が、自律したビジネスになろうと、いま、大きく舵を切っているからだ。

    そして、いち早く日本のスポーツシーンを「ビジネスになる」と目をつけたのが、イギリスのスポーツ総合企業「パフォームグループ」だった。後述するが、同社の社長はこう語っている。

    「世界中を調査しましたが、日本人はヨーロッパやイギリスの人たちと違い、複数のスポーツを観ます。1人の人が、野球もサッカーも相撲もアマチュアスポーツも観るのは珍しく、スポーツに対して情熱的な国なのです」

    パフォームグループは、単なるスポーツ中継の配信会社ではない。例えば、2014年のサッカーW杯で優勝したドイツ代表で「12番目の選手」と呼ばれたのは、データ分析を担ったソフトウェア企業SAPだった。

    SAPに試合中の選手たちの動きをデータとして提供していたのが、パフォームグループである。同グループは、日本でサービスを開始するため、「DAZN(ダ・ゾーン)」を上陸させた。

    以下は、高校野球の駒大苫小牧を描いた『勝ち過ぎた監督』(集英社)で、2017年、講談社ノンフィクション賞を受賞した中村計氏に、日本に乗り込んだDAZNをレポートしてもらった

    ■衝撃的だった。10年で、2100億円─。

    昨年7月、スポーツ有料動画配信を手掛けるDAZNは、Jリーグと10年にわたる独占放映契約を結んだと発表。その契約額が、上記だった。ちなみに、Jリーグが昨年まで契約を結んでいたスカパーなどから得ていた1年間の放映権収入は、約50億円だった。単純に計算すると、その4倍である。

    世界で約1億4000万人の加入者を誇る米ネットフリックスに代表されるように、これまでインターネットの動画配信といえば、映画やドラマが中心だった。しかし近年、その流れはスポーツの生中継にも及んでいる。「ネット中継はスポーツ中継にとってベストな方法」と、今後のさらなる広がりを口にするのは、DAZN日本社長の中村俊だ。

    「ネット中継はチャンネル数の制限がないので、J1からJ3まで、全試合中継できる。視聴者はそこから選べばいい。また、ライブで見逃しても、後から見逃し配信やハイライトで視聴できます」

    DAZNとは、世界最大級の英国のスポーツ総合企業「パフォームグループ」のいちサービスの名称だ。由来は、アスリートが集中状態に入ったことを意味する「イン・ザ・ゾーン」。

    パフォームは、生中継やインタビュー番組を制作・配信するだけでなく、英国ブックメイカー向けの動画「ウォッチ&ベット」を手掛けたり、チームや放送局にスポーツデータを提供することもあるという。それらの業務は互いに関連し合っていて、日本では想像できない規模のスポーツコンテンツ企業だ。

    DAZNは2016年8月、ドイツ、スイス、オーストリアに次いで、日本でも配信事業を開始。DAZN CEOのジェームズ・ラシュトンは、その理由をこう語る。

    「日本は、スポーツに情熱的な国。イギリスだとサッカーファンはサッカーしか観ない傾向があるが、日本のファンはいろいろなスポーツを観る。

    ただ、日本でさまざまなスポーツの生中継を観ようとすると、ケーブルテレビや衛星中継など、いくつものサービスに加入しなければならない。そうすると、月額も高くなる。

    その点、OTT(インターネットを介して大容量のコンテンツやサービスを提供すること)なら、アクセスは簡単だし、良心的な価格で提供できるので、チャンスがあると思った」

    DAZNは、Jリーグ以外にも、プレミアリーグやブンデスリーガなど欧州サッカー5大リーグ、日本プロ野球の広島とDeNA、日本バレーボールリーグのVリーグ、さらにはダーツ、釣り、乗馬といったマイナースポーツの放映権も有している。

    月額1750円で、それら130を超える競技の、年間7500試合にもなるというコンテンツが見放題だ。

    ドコモ加入者の場合は月額980円で「DAZN for docomo」に加入することもできる。


    つづく

    10/26(木) 17:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171026-00018249-forbes-bus_all
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ