海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:FCバルセロナ

    1:久太郎 ★:2018/04/22(日) 15:11:29.51 ID:CAP_USER9.net
    【セビージャ 0-5 バルセロナ スペイン国王杯決勝】

    現地時間21日にコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝が行われ、バルセロナがセビージャに5-0で勝利した。バルセロナはクラブ史上初の4連覇を達成。通算30回目の優勝となった。

    リーグ戦で首位を快走するバルセロナは、カップ戦でも圧倒的な強さを見せた。

    14分、GKシレッセンのロングフィードで裏のスペースをとると、コウチーニョがGKとDFを引きつけて折り返し、ルイス・スアレスが先制点を奪う。

    セビージャのゲームプランを崩したバルセロナはゴールラッシュ。31分、ジョルディ・アルバのパスを受けたメッシが2点目を決めると、40分にはメッシのアシストからルイス・スアレスが決め、3-0で折り返す。

    後半に入ってもバルセロナがセビージャを圧倒。52分にメッシとのワンツーで抜け出したイニエスタがゴールネットを揺らすと、70分にはコウチーニョがPKで加点。試合は5-0でバルセロナが勝利を収めた。

    【得点者】
    14分 0-1 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    31分 0-2 メッシ(バルセロナ)
    40分 0-3 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    52分 0-4 イニエスタ(バルセロナ)
    70分 0-5 コウチーニョ(バルセロナ)
    20180422_barcelona_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180422-00266394-footballc-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/04/15(日) 08:37:13.46 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナMFアンドレス・イニエスタが、自身の去就について「決断はもう下している」と述べた。

    現在33歳のイニエスタは、バルセロナとの事実上の終身契約を結んでおり、自身で残留か退団を決められる。クラブには4月30日までに、その去就について伝えなければならない。

    イニエスタは14日のリーガ・エスパニョーラ第32節、本拠地カンプ・ノウでのバレンシア戦(2?1)後に、来季に何をするのかをすでに決めていることを明かした。

    「決断はもう下している。クラブは僕が意見を言わなければならないときにその決断を知り、皆もそれを知ることになる。とにかく今は、今日の勝利を満足している」

    このバレンシアで先発出場を果たしたイニエスタは、後半にピッチから下がる際、観客からスタンディングオベーションを受けている。

    「ファンは僕のことを支え続けてくれる。それによって僕が決断を変えることはない。が、僕は彼らに感謝をしている。20年以上も見守り続けてくれたし、ここが僕の家なんだ」

    なおイニエスタは、中国のクラブと3年契約を結ぶことが報じられている。その中国のクラブの名は、明かされていない。

    GOAL
    2018-04-15_09h09_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000042-goal-socc
    続きを読む


    バルサ、アトレティコ下して優勝に前進。メッシがキャリア600ゴール達成

    20180305_messi_getty
    https://www.footballchannel.jp/2018/03/05/post259125/


    1:
    風吹けば名無し:2018/03/05(月) 02:07:54.09 ID:zOWJbbR30.net
    強いほうのマドリーも大したことなかったな
    2:風吹けば名無し:2018/03/05(月) 02:08:26.02 ID:temmfoHY0.net
    これは戦術勝ちだな
    3:風吹けば名無し:2018/03/05(月) 02:09:29.03 ID:t+ikyFLl0.net
    安定してる
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/30(火) 23:31:08.04 ID:CAP_USER9.net
    アラベス戦のCKシーン、左足かかとで相手選手の下腹部を蹴った疑惑が浮上

    バルセロナは現地時間28日のリーガ・エスパニョーラ第21節アラベス戦で2-1と逆転勝利を飾り、開幕からの無敗試合をクラブ記録タイの21戦連続に伸ばした。

    後半27分に今季リーグ戦16点目となる同点ゴールを決めるなど、攻撃を牽引したウルグアイ代表FWルイス・スアレスだが、相手選手の下腹部を故意に蹴ったという疑惑が浮上。

    海外メディアが決定的瞬間の映像を公開するとともに「狂気の一面を見せた」などと報じている。

    バルセロナは0-1とアラベスにリードを許して迎えた後半27分、左サイドを崩したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタのクロスに対して、スアレスが右足ダイレクトボレーで仕留めて同点に追いついた。同39分には、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが約20メートルの直接FKを決めて勝ち越したが、その2分後に疑惑のシーンが生まれた。

    バルセロナが右CKを得た場面、スアレスはファーサイドでアラベスDFルベン・ドゥアルテの密着マークをかわそうと動き出したが、相手もスアレスの腰に手をかけるなど必死に食らい付いて止めにかかる。

    すると次の瞬間、ドゥアルテがゴール前で倒れて悶絶。イグナシオ・イグレシアス主審はバルサのファウルとしてアラベスボールを宣告したが、スロー映像を確認すると、ニアサイドに流れようとしたスアレスが小さくジャンプした際、左足のかかとがドゥアルテの下腹部を直撃していた。

    14年W杯で相手に噛み付いた“前科”あり

    故意かどうかは定かではないものの、スアレスは2014年ブラジル・ワールドカップのイタリア戦でDFジョルジョ・キエッリーニに噛み付き行為を行ったとして、
    FIFA(国際サッカー連盟)から9試合の代表戦出場停止、4カ月のサッカー活動の禁止、罰金約1100万円の処分を言い渡された“前科”がある。

    英紙「メトロ」が「ルイス・スアレスが相手の下腹部にキック」と報じると、オランダ紙「テレグラフ」も「スアレスが狂気の一面、ダークな一面を再び見せた」と“再犯”の可能性を指摘した。

     一方、英メディア「GIVE ME SPORT」は「ファンはルイス・スアレスが意図的にオフ・ザ・ボールでアラベスの選手に何をしたのかを見つけた」と題し、SNS上のファンの見解を紹介。「スアレスは少なくとも3試合の出場停止を受けるべき」「アラベスの選手は噛まれなかっただけ幸運だと思う」「レッドカードが相応しい」「ヒールキックは不必要だ」と様々なコメントが挙がっている。

    波紋を呼んでいる“疑惑のヒールキック”に対して、今後どのような決断が下されるのだろうか。


    【動画】偶然? それとも故意? アラベス戦で飛び出したバルサFWスアレス、“疑惑の下腹部ヒールキック”の決定的瞬間
    http://www.football-zone.net/archives/88954/3

    1/30(火) 21:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00010023-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/02(木) 10:54:36.82 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が1日、今シーズン限りでの退任を発表した。クラブ公式ツイッターが伝えた。

    バルセロナは同日、リーガ・エスパニョーラ第25節でスポルティング・ヒホンと対戦し、6-1で勝利。試合終了後にエンリケ監督が退任を発表した。

    スペイン語版ツイッターによると、同監督は「私を信頼してくれたクラブに感謝したい。忘れられない3年間だった」とコメントしている。

    また、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは「彼はまず決断をチームに伝えてくれた。残りの試合を楽しみ、このシーズンを成功で終えたい」と語り、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は「我々はルイス・エンリケの決断を受け入れた。彼は偉大な監督だった。彼の就任期間を最高の形で終えるときだ」と話している。

    エンリケ監督は2014年夏に、現役時代にもプレーしたバルセロナの指揮官に就任。1年目にリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ(CL)の3冠を達成し、昨シーズンはリーガとコパ・デル・レイの国内2冠を成し遂げていた。2015年のCL優勝直後にクラブとの契約を2017年まで延ばしたが、来シーズン以降の契約延長はせず、今シーズンの契約満了をもって退団することとなった。
    2017-03-02_12h07_17
    SOCCER KING 3/2(木) 6:18配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00557710-soccerk-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/07/03(日) 11:14:14.42 ID:CAP_USER9.net
    GOAL 7月3日(日)0時5分配信

    クロアチアを中盤で支えるラキティッチ

    バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、同国の過激ファンの襲撃に遭ったようだ。複数のクロアチアメディアが報じている。

    決勝トーナメント1回戦でポルトガルに敗れ、ユーロ2016を終えたラキティッチ。バケーション中の同選手はスペイン人の妻、娘とともにクロアチアのウグリャン島に滞在していたが、そこで過激ファンの襲撃を受けたという。過激ファンはラキティッチが宿泊する施設に石などを投げ込み、ガラスや扉を破壊したようだ。

    ラキティッチ家族はこの襲撃によって、すぐにウグリャン島から脱出した模様。同選手はその後に『ツイッター』を更新し、笑顔を浮かべる家族の写真を「誰も僕たちから笑顔を奪うことはできない」とのメッセージとともに掲載している。
    2016-07-03_13h27_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000021-goal-socc
    続きを読む

    1:1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/:2016/06/20(月) 20:41:41.41 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスが、昨シーズンまで所属していたバルセロナへの復帰を望んでいることを明かした。スペインのラジオ局『RAC1』にて番組に出演した際のコメントを、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

    現在28歳のペドロは昨年8月にバルセロナからチェルシーへ移籍。加入1年目の今シーズンはプレミアリーグで29試合出場、チーム2位の7ゴールを記録した。ただ、チームは低迷を強いられ、リーグ戦を10位で終えた。

    報道によると、ペドロは「バルセロナに戻りたいと思っているよ。でも難しいだろうし、ほとんど実現不可能であることは理解している。
     
    ただ、もし叶うなら(バルセロナに)戻りたいと思っているんだよ」と、バルセロナへの復帰を望んでいることを明かした。

    ペドロはバルセロナのジョゼップ・マリア・バルメトウ会長と会談の場を設けたことを明かし、「彼と話をしたんだ。僕が復帰する可能性についてだけではなくてね」とコメント。

    昨年夏にチェルシー移籍を決断した理由については「(リオネル)メッシと(ルイス)スアレス、ネイマールの控えであることは難しいんだ。彼らはほとんどローテーションを必要としないからね」と語っている。
    2016-06-20_22h43_19
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00458331-soccerk-socc
    続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 20:16:44.65 ID:CAP_USER*.net
    20160325_Cruijff_getty-560x373
    フットボールチャンネル  3月25日(金)8時10分配信

    伝説的存在であったヨハン・クライフ氏の死に悲しみにくれるサッカー界だが、多大な影響を残したクラブであるバルセロナのファンたちはクライフ氏の名前を永遠に残そうとしている。24日にスペイン紙『アス』が報じた。

    現地時間24日に68歳でこの世を去ったクライフ氏は、バルセロナの監督を退任した後もバルセロナにとどまり続け、同クラブやスペインサッカー界の”ご意見番”として愛された。

    ニュースが流れた後すぐにネット上では、クライフ氏の死に悲しむバルセロナファンたちがその名前を永遠に残そうと、ホームスタジアムであるカンプ・ノウの名前を「エスタディ・ヨハン・クライフ」へ名称変更することを提案している。バルセロナとの関わりが深いだけに、どこかにそのレジェンドの名前を残しておきたいと考えているのだろう。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:Yahoo!ニュース http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160325-00010013-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458904604/

     
    続きを読む

    photo_ucl_pickup_01
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 20:14:03.62 ID:CAP_USER*.net
    準々決勝 

    2016年4月5-6日
    2016年4月12-13日

    ヴォルフスブルグ(ドイツ) vs レアル・マドリード(スペイン)

    バイエルン・ミュンヘン(ドイツ) vs ベンフィカ・リスボン(ポルトガル)

    FCバルセロナ(スペイン) vs アトレチコ・マドリード(スペイン)

    パリ・サンジェルマン(フランス) vs マンチェスター・シティ(イングランド)


    UEFA日本語公式HP
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2016/draws/round=2000636/drawcentre/index.html

    スカパーチャンピオンズリーグHP
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458299643/

     
    続きを読む


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 13:18:30.29 ID:CAP_USER*.net
    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(28)が、14日のセルタ戦で見せたプレーが、インターネット上で議論を巻き起こしている。

    後半36分だった。3-1でリードしていたバルセロナがPKを獲得。メッシがペナルティースポットに立った。メッシはこのPKが決まれば、スペインリーグ通算300点に到達するところだった。

    ところが次の瞬間、だれもが驚いた。メッシはゴールへ向けてシュートを打たず、すぐ右へ緩いパスを出した。するとウルグアイ代表FWルイス・スアレス(29)が走り込み、ゴールへ蹴り込んだ。

    スアレスはこの試合ですでに2得点しており、メッシの「心づかい」によってハットトリックを達成した。

    ルール上は問題ないプレーだが、英テレグラフ紙(電子版)によると、インターネットを中心に「相手を小ばかにするプレーで、侮辱ではないか」と批判の声も上がっているという。

    ファンによるツイッターの書き込みには「メッシとスアレスはとても傲慢(ごうまん)で、相手への敬意を欠く」や「スアレスにハットトリックを取らせたいのであれば、最初からPKをスアレスに蹴らせればいい」などの書き込みが相次いだ。

    テレグラフ紙が行ったネット投票では「必要のないスタンドプレーだった」とする人が日本時間15日午後8時の時点で40%。「真の天才による瞬間だった」とする人が60%。「肯定派」が上回ったが、否定的な意見も多かった。

    事の是非はともかく、バルセロナの元監督で、オランダ代表の伝説的選手でもあるヨハン・クライフ氏(68)の血が、クラブに脈々と流れているのは間違いない。実はメッシが行ったのと同様のPKを、クライフ氏もアヤックス時代に決めているのだ。

    クライフ氏は13日に自身が患っている肺がんの状態について声明を発表。「今現在の気分は前半を2-0でリードし、まだ試合は終わっていない感じ。だが勝利を確信している」とした。

    メッシのPKは、がんと戦うクライフ氏へ向けた激励のメッセージではないか-。そう思うのは、筆者の考えすぎだろうか。
    2016-02-17_18h50_30
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/column/chiba/news/1605063.html

    動画 メッシのトリックPK
    http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/sports/p7b077ea5ce4c08e6ad2a26873b518d3d
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455682710/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ