海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:FC東京

    715:U-名無しさん :2017/11/14(火) 19:46:05.70 ID:92DSjLhI0.net




    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/04(土) 23:07:21.21 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1東京は1日、ユース所属のFW久保建英(16)とMF平川怜(17)がトップチームに昇格したと発表した。かつて名門バルセロナの下部組織に所属し実力を認められた久保は、「プロサッカー選手として活動できることをうれしく思います」とコメント。

    最速でアウェーの鳥栖戦(18日)でのデビューが可能になった。

    ちなみにJ1でプロ契約を締結した選手は、450分以上出場すると「A契約」というランクになり、基本報酬は年額460万円以上。初めてA契約を締結したシーズンは、その基本報酬が年額670万円を超えてはならないという規約もある。

    しかし、ボーナスは別で「逸脱しない範囲で設定しなければならない」とされている。

    一方、一向に消えないのが「FC東京に任せて大丈夫か?」と疑問視する声だ。久保は今年、U-20(20歳以下)、U-17の両ワールドカップ(W杯)に出場したが、体力不足を露呈。「FC東京に入ってから“普通の選手”になっちゃった」(日本協会関係者)という評価もある。

    今季の東京は川崎から元日本代表FW大久保、広島からFWウタカを獲得し、優勝候補に挙げる評論家も多かったが、ふたを開けてみれば1日現在11位に低迷。チーム総得点はわずか35。大久保も7ゴールしか挙げていない。

    そもそも東京は選手育成にこれといった実績がない。逆に2004年アテネ五輪当時、高校生としてただひとり代表入りしたFW平山も、鳴かず飛ばずで今季から仙台へ完全移籍した。

    久保に関しては「日本協会が預かって強化育成すべき」との声がJリーグ関係者の中からも挙がっている。東京五輪の「10番」の筆頭候補でもある久保にとっては前途多難のプロデビューだ。

    夕刊フジ / 2017年11月4日 17時6分
    https://news.infoseek.co.jp/article/04fujizak20171104015/

    写真
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2017/11/02(木) 08:30:34.30 ID:CAP_USER9.net
    FC東京はU―18チーム所属のFW久保建英(16)とプロ契約を結んだことを発表した。高校生でのプロ契約はクラブ初の出世となり、20年東京五輪へ向けて成長を早めていく覚悟を示した。同じく高校生でプロ契約を結んだMF平川怜(17)と今週中にもトップチームに合流し、今季中のJ1リーグ戦デビューを目指していく。

    (中略)

    通常は年俸460万円以下のプロC契約からスタートするところ、既にJ3で規定の1350分以上の出場時間を積み上げており、いきなりA契約となった。

    初年度の年俸は460万円以上~670万円以下だが、初任給については「あまり考えていない。両親にはプレーで恩返しできれば」と語った。

    J1でのデビューは最速なら18日のアウェー鳥栖戦。16歳は、まだまだ想像の先を行く。
    2017-11-02_09h18_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000027-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/01(水) 12:44:36.14 ID:CAP_USER9.net
    FC東京は1日、同U-18に所属するFW久保建英とMF平川怜の2選手が2017年11月1日付で新加入すると発表した。これにより、両選手はプロ契約を締結し、トップチームに昇格することとなっている。

    両選手はこの後16時30分より報道陣向けに記者会見を実施。記者会見の様子はFC東京公式フェイスブックおよびツイッターにてライブ配信される。

    久保は2001年6月4日生まれの現在16歳。長らくバルセロナの下部組織でプレーしていたが、同クラブが18歳未満の外国人選手獲得に関する規定に違反したことで久保は公式戦出場が禁止されたため、2015年3月よりFC東京U-15むさしに加入した。

    2016年には中学3年生ながらFC東京U-18に飛び級で昇格。同年8月に行われた第40回日本クラブユースサッカー選手権では5得点を挙げて大会得点王に輝いた。また、U-16日本代表としてAFC U-16選手権に出場し、4得点を記録。

    FIFA U-17ワールドカップの出場権獲得に貢献すると、先月の本大会でもU-17ホンジュラス代表戦で1ゴール1アシストをマークするなど爪痕を残した。5月にはFIFA U-20ワールドカップを戦うU-20日本代表にも飛び級で選出されている。

    一方の平川は2000年4月20日生まれの現在17歳。久保の1学年上に当たる。味の素スタジアムのある東京都調布市出身の同選手は、FC東京U-15むさしからFC東京U-18へ昇格した。前述のAFC U-16選手権にも参加し、大会5試合中4試合に出場。FIFA U-17ワールドカップ出場権獲得に貢献し、本大会でも3試合に先発出場した。

    両選手とも、今後は残り3試合となった2017明治安田生命J1リーグでの試合出場を目指すことになる。FC東京は次節、18日にアウェイでサガン鳥栖と対戦予定だ。

    SOCCER KING 11/1(水) 12:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00663430-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/30(月) 06:14:48.93 ID:CAP_USER9.net
    FC東京が、来季監督候補として正式オファーを出していたガンバ大阪の長谷川健太監督(52)と大筋合意したことが29日、分かった。関係者によると、複数候補から交渉を一本化していたが、清水と0-0で引き分けてJ1残留が確定したこの日までに就任確実となった。

    2年連続で監督を途中解任しているクラブは、育成も含めた長期的視野に立って複数年契約で合意したとみられる。前広島監督の森保一氏とも水面下で接触したが、東京五輪監督への思いを尊重。引き続き、タイトル獲得経験者から人選を進め、14年に国内3冠の長谷川氏に就任を要請していた。今季はFW大久保嘉らを補強したものの現在5戦勝ちなしで11位。上位進出の夢を、現役の日本人監督最多のJ1通算154勝を誇る長谷川氏に託す。

    10/30(月) 4:55配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00040180-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/29(日) 18:59:36.77 ID:CAP_USER9.net
    ■FC東京 0-0 清水エスパルス [味スタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102902/live/#live

    4試合連続ノーゴールで6戦未勝利も…勝ち点1獲得の清水、残留争いで一歩前進

    残留争いを続けている14位清水エスパルスはアウェーで11位FC東京と対戦し、0-0で引き分けた。4試合連続の無得点で6試合勝ちなし(3分3敗)となったが、残留を争う15位甲府、16位広島、17位大宮がそろって敗戦。勝ち点1を上積みし、残り3試合で降格圏との勝ち点差は「4」に広がった。

    FC東京は前節の札幌戦(1-2)から先発2人を変更。出場停止明けのFWピーター・ウタカが2試合ぶりの先発となったほか、DF吉本一謙が3バックの中央で6試合ぶりに先発した。

    清水は前節の仙台戦(0-0)から先発3人を入れ替え、FWチアゴ・アウベス、MF枝村匠馬、DF鎌田翔雅がベンチスタート。MF金子翔太、出場停止明けのDF松原后が2試合ぶりの先発となり、2月25日の今季開幕戦で左アキレス腱断裂の重傷を負い、長期離脱していたMF河井陽介が約8か月ぶりの復帰戦をスタメンで飾った。

    台風22号の影響で激しい雨の中、行われた一戦は両チームともにボールコントロールに苦しんだ。序盤はFC東京がボールポゼッションを高めるもなかなかシュートまで持ち込めない。前半の半ば過ぎからは雨脚もさらに強まり、ピッチの至るところに水たまりができ始め、ボールが滑ったり、急に止まったり、難しいピッチコンディションになった。

    徐々に清水が押し返す中、前半37分には金子の右CKにDF犬飼智也が頭で合わせるが、わずかにゴール上へ。両チーム通じて前半で唯一と言っていい決定機だったが、得点とはならず、前半はスコアレスで折り返した。

    後半立ち上がりは清水が良い入りを見せ、後半1分にFW北川航也がPA手前からミドルシュート。これはGK大久保択生に阻まれ、同7分にはMF竹内涼の浮き球パスから金子が左足でシュートを狙ったが、至近距離で吉本の体を張ったブロックに阻まれた。

    清水は後半9分、金子に代えてチアゴ・アウベスを投入。劣勢だったFC東京も徐々にリズムを取り戻し、後半17分にはFW永井謙佑からパスを受けたピーター・ウタカが右足で強烈なミドルシュートを放つが、GK六反勇治が弾き出す。さらにMF太田宏介の左CKからセカンドボールをPA手前のMF室屋成が右足ミドルで狙ったが、これも六反に阻まれた。

    FC東京は後半26分に最初のカードを切り、FW大久保嘉人に代えてFWユ・インスを投入する。同32分にはこの試合最大のビッグチャンス。MF東慶悟のスルーパスに永井が抜け出し、GKとの1対1から右足を振り抜いたが、左ポストを直撃した。

    その直後に清水も決定機を迎える。後半36分、カウンターからチアゴ・アウベスが吉本を振り切ってPA内に進入。シュートは大久保択に阻まれ、こぼれ球に詰めた北川のシュートもゴールライン上にカバーに入ったDF徳永悠平にクリアされた。互いにチャンスを生かせず、試合は0-0のまま終了。雨中の一戦は勝ち点1ずつを分け合い、FC東京は5試合勝ちなし(3分2敗)、清水は6試合勝ちなし(3分3敗)となった。
    2017-10-29_19h39_46
    ゲキサカ 10/29(日) 18:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-01645665-gekisaka-socc

    順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/29(日) 05:03:37.60 ID:CAP_USER9.net
    FC東京が、ユース所属の高校1年生FW久保建英(16)とのプロ契約締結を検討していることが28日、分かった。関係者によると、15年まで下部組織に在籍したバルセロナ(スペイン)と協議した上で、11月上旬にも結論を出して発表する。

    久保は今年だけでも複数回、バルセロナの同年代カテゴリーの練習に参加しており、18歳になる19年6月に復帰することが濃厚。

    それまでに、フルタイムでトップチームの練習に参加できるようになり、今年の残り3節でのデビューを目指すJ1リーグ戦を今後の主戦場とするため、プロ契約の可能性が探られてきた。

    久保はこの日、1-1で引き分けたJ3東京U-23(23歳以下)のホーム福島戦(味フィ西)にフル出場した。

    16強に終わったU-17W杯インド大会後、初の公式戦。前半32分にFWリッピ・ヴェローゾの同点弾の起点となるパスをMF平川に出すなど、J3では継続して結果を出している。

    代表では、U-17W杯で日本がPK戦の末に敗れたイングランドが決勝まで進出。久保はハイライト映像などでチェックを続けており「悔しかった分、慰めにはなる」と納得しつつ、さらに成長を加速するためプロ契約に前向きだという。

    実現すれば、森本(東京V)や宇佐美(G大阪)ら以来の16歳プロが誕生する。

    10/29(日) 4:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00039464-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 17:58:23.72 ID:CAP_USER9.net
    ■FC東京 1-2 北海道コンサドーレ札幌 [味の素スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102116/live/#live

    [札]ジェイ(47分)
    [札]ジェイ(59分)
    [F]チャン・ヒョンス(65分)

    2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、FC東京と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

    FC東京は大久保嘉人が2試合ぶりに先発復帰。札幌も前節途中出場のチャナティップがスタメンに名を連ねている。

    開始1分、都倉賢がポスト直撃のシュートを放つと、27分には荒野拓馬の強烈なミドルシュート。GK大久保択生が好セーブで防いたが、アウェイの札幌が決定機を作り出す。

    後半に入り47分、福森晃斗のFKを都倉が折り返すと、最後はジェイが右足で決めて札幌が先制する。続く59分には都倉のクロスにジェイが頭で合わせて追加点。対するFC東京は65分、太田宏介のCKをチャン・ヒョンスが頭で押し込み1点差に迫る。

    試合は1-2で終了。FC東京は4試合勝利なし。一方の札幌は今季0勝4分け11敗と苦手としていたアウェイで勝ち点3を掴んだ。

    次節、FC東京は清水エスパルスと、札幌は鹿島アントラーズとそれぞれホームで対戦する。
    2017-10-21_18h44_52
    ゲキサカ 10/21(土) 17:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00658651-soccerk-socc


    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    spo1710180003-p2

    1:豆次郎 ★:2017/10/19(木) 06:15:58.63 ID:CAP_USER9.net
    10/19(木) 5:04配信
    ◆U―17W杯決勝トーナメント1回戦 イングランド0(0-0 0-0 PK5-3)0日本(17日、インド・コルカタ=ソルトレークスタジアム)

    コルカタ(インド)18日=井上信太郎】決勝トーナメント1回戦で敗退したU―17日本代表FW久保建英(16)=F東京U―18=について、F東京が同代表MF平川怜(17)=F東京U―18=と共にトップチーム昇格を検討していることが18日、分かった。W杯ではイングランドにPK戦の末敗れたが、F東京U―23でのJ3のパフォーマンスも含め、トップで通用すると判断。早ければ今季中にもJ1でプレーすることになりそうだ。同代表は19日に帰国する。

    受け入れられなかった。久保は優勝候補のイングランドを相手に何度もゴール前に迫りながらも得点が奪えず、PK戦で敗戦。「全然やれて、むしろ勝てると分かっていたから、余計に悔しい。本当にもったいない。もっと違う、高い景色が見たかった」。世界一を目指した戦いは志半ばで終わったが、強烈な印象を残して大会を去ることになった。

    そんな久保に対してF東京は、1歳上の平川と共に、トップチームへの昇格を検討していることが判明。クラブ関係者は「U―17W杯では2人ともに不完全燃焼だったが、J3では中心選手。トップチームでも戦力になる」と高く評価。まだ高校1年生のため、通学などの問題からプロ契約を結ぶかは今後の話し合い次第だが、これからはトップに帯同する方針で、J1の舞台で戦うことになる。早ければ、残り5試合となった今季中にJ1デビューの可能性もある。

    飛躍の年だった。4月15日のJ3・C大阪U―23戦で、Jリーグの最年少記録を更新する初得点をマーク。5月3日のルヴァン杯・札幌戦ではトップチームデビューを果たした。5月中旬からは飛び級で韓国で行われたU―20W杯に出場。初戦の南アフリカ戦で決勝アシストを記録するなど、貴重な経験を積んだ。そして今月はU―17W杯に出場と、息つく暇もないほど様々な舞台で戦ってきた。

    12月には東京五輪チームとなるU―21日本代表の初陣があり、招集される可能性は十分。2つの世界大会に出場した今年を振り返った久保は、「絶対にプラスになると思う。(日本に)帰ってしっかりやっていきたい」と言い切った。J1でさらなる成長を目指す。

    西野朗技術委員長「U―20W杯もそうだったが、いい戦いはできるが、決勝トーナメント1回戦に壁がある。世界基準に届かない壁がある。育成年代は日本の良さである技術の高さ、組織力をもっと磨いていくべき」

    ◆久保に聞く

    ―大会を終えて。

    「負けちゃったんですけど、内容ではこのチームは十分、トップと互角にやれることは証明できたと思うので、それは良かったです」

    ―世界との個の力の差について。

    「自分たちは個で足りないところをチームで補っていこうと思って、組織で戦ってきた。相手の方が速さや強さを持っていたけど、それに対応できるサッカーを自分たちはできた。ただ自分は個でも戦える選手になりたいと思っています」

    ―(インドメディアから)来年はロシアW杯があるが、出場への意欲は。

    「声がかかれば、断る理由はないと思います」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000018-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/15(日) 16:07:16.39 ID:CAP_USER9.net
    ■ヴァンフォーレ甲府 1-1 FC東京 [山梨中銀スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/101510/live/#live

    [甲]リンス(23分)
    [F]丸山祐市(60分)

    ■鳥栖 17:00 C大阪 [ベアスタ]

    明治安田生命J1リーグ第29節が15日に行われ、山梨中銀スタジアムではヴァンフォーレ甲府とFC東京が対戦。試合は、1-1で引き分けた。

    甲府は、J1第21節・浦和レッズ戦から6試合勝ちなしと苦しんだが、FWドゥドゥの活躍などにより2連勝中。前節終了時16位だが、この試合で勝ち点3を積み上げれば、順位が14位まで上昇する。絶好のチャンスをつかめるか。一方のFC東京は、2試合勝ちなしで11位。いかにしてチームのモチベーションアップを図るか。監督の手腕が問われる。

    甲府はFWドゥドゥとFWリンスの2トップ。FC東京はFWピーター・ウタカが1トップに入り、GK大久保択生がゴールマウスを守る。雨の降る中、試合開始。FC東京がボールを保持し、甲府の守備ブロックが相手の進入を防ぐ構図となる。

    FC東京は12分、甲府の守備が跳ね返したボールにFW永井謙佑が反応してシュートするが、わずかにゴール左へと外れた。甲府は18分、ディフェンスラインからのロングボールでMF松橋優が抜け出そうとする。チャンスにはならなかったが、吉田達磨監督はそのプレーに大きな拍手を送った。

    23分、甲府が先制する。右サイドでFKを獲得すると、DF島川俊郎が精度の高いクロスを供給。競り合いとなるもリンスが頭で合わせてネットを揺らした。

    DF5人、MF3人で二重のラインを作ってスペースを埋める甲府。FC東京は、ピーター・ウタカが常に2人のDFに挟まれる中、永井がボールを受け先となるべく動き回り、チャンスを作る。44分、ピーター・ウタカの腕が甲府の選手の顔に当たると、レフェリーの判定はレッドカード。FC東京は、ハーフタイムでFW前田遼一を投入した。

    次の得点を挙げたのはFC東京。60分、左サイドでFKを獲得すると、MF太田宏介が鋭いクロスを供給。DF丸山祐市のヘディングシュートが決まり、試合を振り出しへ戻した。

    甲府は攻撃に注力するも、パスミスが目立つ。逆に守備を固めたFC東京が、永井の走力を使った素早いカウンターを仕掛ける展開となる。それぞれCKのチャンスを得るも、得点にはつながらない。86分、FC東京が絶好の位置でFKを得る。キッカーを務めるのは太田。左足から放たれたシュートはゴール右隅へ向かうも、甲府GK河田晃兵がファインセーブ。ギリギリのところで枠の外へ弾いた。

    次のゴールは生まれず、試合は1-1の引き分けに終わった。

    10/15(日) 16:03配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000010-goal-socc

    写真



    ・順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

    ・DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ・DAZN for DOCOM
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ