海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:FC東京

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/11(月) 08:02:13.72 ID:CAP_USER9.net
    FC東京は10日、篠田善之監督(46)を解任し、安間貴義コーチ(48)が新監督に就任すると発表した。安間新監督は16日の仙台戦から今季のリーグ残り9試合を指揮する。また、スカウティング部の宮沢正史氏がコーチに就任する。立石敬之GM(48)は「直近2試合で次につながる戦い方が見られなかった」と解任理由を説明。来季については「(新指揮官の)人選を進めている」と明言した。
    2017-09-11_10h42_49
    【写真】フェリックス・マガト氏

    関係者によると、クラブリーグ優勝経験者に候補を絞っており、10月末までに交渉をまとめる考え。フェリックス・マガト氏(08-09季にウォルフスブルクでドイツ1部優勝)や崔龍洙氏(12年にFCソウルで韓国1部優勝)らが今後、候補として浮上してくる可能性もある。

    今季はFW大久保嘉、MF高萩ら大型補強で戦力を整えたが、タイトルは絶望的。2年続けて監督がシーズン途中で解任され、サポーターからは任命責任を問う声もあがるが、大金直樹社長(50)は「ピッチで東京らしさをお見せできるように努めていくことが第一」と話すにとどめた。

    ◆今季J1の監督交代 今回の東京で7チーム目。シーズン中の監督交代が7チーム以上は、過去最多だった06年の8チーム以来、11年ぶり。06年は磐田、広島、横浜、東京、千葉、C大阪、福岡、京都が監督を交代。ただ、千葉はオシム監督が日本代表監督に就任しアマル・オシム監督と交代。成績不振というわけではなかった。

    9/11(月) 7:35日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-01886066-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/10(日) 12:47:52.48 ID:CAP_USER9.net
    FC東京は10日、篠田善之監督(46)の退任を発表した。篠田監督は16年7月にコーチから昇格。大型補強した今季はリーグ10位と低迷し、天皇杯、ルヴァン杯も敗退。直近の公式戦5連敗とタイトル獲得が絶望的となり、成績不振の責任を取る形となった。

    篠田監督はクラブを通じ「日頃より温かいご声援をいただき、本当にありがとうございました。期待に沿えるような成績を残すことができず、ファン・サポーターやすべてのFC東京に関わるみなさまに大変申し訳なく思っております。2012年から5年半FC東京でサッカーと向き合い、また多くの方々と出会えたことに、心から感謝しています。これからの東京のさらなる発展のために、選手、クラブを今後もサポートしていただければと思います」とコメントした。

    9/10(日) 12:36配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000101-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/10(日) 05:03:45.12 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1リーグ・第25節 FC東京1―4C大阪(2017年9月9日 味スタ)

    リーグ10位に低迷しているFC東京が、来季の新監督候補を前広島監督の森保一氏(49)に一本化したことが9日、分かった。篠田善之監督(46)は解任する方針を固め、早ければ10日にも通告する。今季のリーグ残り9試合は安間貴義コーチ(48)が指揮を執ることが濃厚で、立石敬之ゼネラルマネジャー(48)が代行監督を務める可能性もある。

    森保氏は広島を3度のリーグ優勝に導くなど優れた手腕に加えて、若手育成にも定評がある。20年東京五輪に向けて来年1月に始動するU―21日本代表監督の有力候補にも挙がっており、FC東京は日本協会による同代表監督の人選を待った上で結論を出すことになる。

    今季はFW大久保嘉、日本代表MF高萩ら大型補強を推し進めたが、天皇杯、ルヴァン杯は既に敗退。この日はホームでC大阪に1―4の大敗を喫し、リーグ戦3連敗、ルヴァン杯を含めると5連敗となった。これでリーグ戦は9勝6分け10敗と負け越し、目標に掲げていたACL出場圏の上位3位入りも絶望的な状況のため、名将に立て直しを託す意向だ。
    2017-09-10_07h49_40
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000000-spnannex-socc
    9/10(日) 5:00配信
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/04(月) 01:11:13.08 ID:CAP_USER9.net
    [9.3 ルヴァン杯準々決勝第2戦 FC東京1-5川崎F 味スタ]

    目も当てられない惨劇だった。「恥ずかしい」。FC東京FW大久保嘉人は取材陣の前に姿を見せると、開口一番にそう言い放った。

    8月30日の準々決勝第1戦に0-2で敗れ、逆転突破を目指した第2戦。まずは3点が必要だった状況にも関わらず、チームは消極的だった。「3点取るには前からいかないと。中途半端だった。前からいって5点取られるなら分かるけど、DFが残ってる中でチンチンにされて5点取られた。恥ずかしいよね」。

    結果以前に、チームの消極的な姿勢への不満があふれ出した。「一人ひとりに自信がないからボールを受けたがらない。サポートの位置が悪い。隠れちゃってるんだよね」。ピッチ上でチームメイトに厳しい表情で要求する姿もあった大久保。攻めるしかなかったはずの前半は中盤からパスが入らず、ボールに触る回数も限られた。「前で何回駆け引きをしても裏に(パスが)出てこない」。しびれを切らした後半はボールを受けるために中盤に下がって組み立てに参加。ゴールへの姿勢を示し、後半アディショナルタイムには意地の1点を返した。

    「今年の補強はそういう(戦い方をする)メンツじゃないんだから。これだとこれまでのFC東京と一緒。何年かでチームを変えようと思って来た選手も(このままでは)一年ですぐ出ちゃう。変えようとしてるのに変わってくれない。そこは受け止めたほうがいいと思う」

    辛辣な言葉でチームに苦言を呈した大久保は「せっかくFC東京にいるんだから、いる間はうるさいと思われても言ってあげたい」と仲間を想う。その悲痛な叫びは届くのか。リーグ戦は残り10試合。「伝えていきたいですね。一人ひとりの意識だから、やり続けるしかない」。嫌われ役も厭わず、チーム変革のために声を上げ続ける。
    2017-09-04_07h40_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-01643696-gekisaka-socc
    9/4(月) 1:02配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/jcup/score/2017/2017090304.html
    試合スコア
    続きを読む

    text-image-1


    1:たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/08/23(水) 10:02:29.68 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-01876304-nksports-socc
    日刊スポーツ

    FC東京は23日、MF中島翔哉(23)がポルトガル1部ポルティモネンセに期限付き移籍することが決まったと発表した。今月上旬に正式オファーが届いてから条件を精査してきたが、この日朝までに合意。期間は27日から来年6月30日まで。

    クラブは貴重な戦力として慰留に努めてきたが、本人の海外志向が強い上に契約解除条項をほぼ満たす金額提示を受けていたため、中島の意思を尊重することになった。

    この日が23歳の誕生日。節目で夢の海外移籍を発表した中島は「このたび、ポルトガルのポルティモネンセに移籍することが決まりました。FC東京では、うまくいくことばかりではありませんでしたが、素晴らしいチームメートとスタッフに囲まれ、とても貴重な経験をすることができました。そして、不器用な自分をどんな時も応援してくれたファン・サポーターの皆さまには本当に感謝しています。FC東京で得た経験をポルティモネンセでもしっかりと生かせるように頑張ります。そして、引き続きサッカーを楽しんでいきたいと思います! これからも、中島翔哉をよろしくお願いいたします」とコメントした。

    また、かねて交際していた一般女性と今月6日に婚姻届を提出したことも合わせて発表した。

    26日のアウェー横浜戦(日産ス)が最後の試合となる。その後、合流するポルティモネンセは今季からポルトガルリーグの1部に昇格。過去にFW金崎夢生(鹿島)らが所属していた。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/19(土) 21:56:46.74 ID:CAP_USER9.net
    ■浦和レッズ 2-1FC東京 [埼玉スタジアム2002]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081908/live/live/#live

    ※雷雨のため、20時開始に変更

    [浦]興梠慎三(17分)
    [F]橋本拳人(22分)
    [浦]興梠慎三(30分)

    2017明治安田生命J1リーグ第23節が19日に行われ、浦和レッズとFC東京が対戦した。

    雷雨の影響で予定より約1時間遅れてのキックオフとなったこの一戦。先制したのはホームの浦和だった。17分、右サイドから駒井善成が入れたクロスを中央の武藤雄樹が落とし、最後は興梠慎三が右足ボレーでゴール右に決めた。

    だがFC東京もすぐさま反撃に出る。22分、大久保嘉人の浮き球のパスでペナルティエリア右に抜け出した室屋成が右足ダイレクトで折り返すと、フリーでファーサイドに走り込んだ橋本拳人が難なく押し込んだ。

    追い付かれた浦和は30分、右に流れた李忠成が中央へパスを供給。武藤がヒールで流すと、興梠が右足で合わせる。シュートはジャストミートしなかったが、ボールはゴール右隅に転がり込み、浦和が勝ち越しに成功した。

    後半は1点を追いかけるFC東京がやや押し気味に試合を進めたが、高萩洋次郎のミドルがクロスバー、中島翔哉のシュートがポストに嫌われるなど、追い付くことはできず、このまま2-1でタイムアップを迎えた。競り勝った浦和は2連勝を達成し、FC東京は6試合ぶりの黒星となった。

    次節、浦和は27日にアウェイで清水エスパルスと、FC東京は26日にアウェイで横浜F・マリノスと対戦する。
    2017-08-19_22h29_39
    8/19(土) 21:53配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629784-soccerk-socc

    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j2

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    no title

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/08/16(水) 06:11:16.20 ID:CAP_USER9.net
    FC東京のMF中島が、今週中にもポルトガル1部ポルティモネンセへの期限付き移籍が実現する可能性が出てきた。既に正式オファーが届いており、クラブ幹部が早ければ今週中に決断を下すことを明かした。

    海外志向の強い22歳のドリブラーにとって、個の打開力が求められるポルトガルは成長が見込める魅力的なリーグの一つ。7季ぶりに1部昇格を果たしたクラブからのラブコールに、中島も「行きたいです」と熱望した。リオ五輪では日本代表の背番号10をつけ、今季はリーグ19試合に出場。クラブ側は重要な戦力として慰留しており、成立には条件面での合意が必要となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000036-spnannex-socc
    8/16(水) 6:00配信
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/15(火) 06:47:58.93 ID:CAP_USER9.net
    8/15(火) 6:45配信
    スポニチアネックス

    FC東京MF中島 ポルトガル1部からオファー!条件次第で期限付き移籍へ

    FC東京のリオデジャネイロ五輪代表MF中島翔哉

    ポルトガル1部ポルティモネンセがFC東京のリオデジャネイロ五輪代表MF中島翔哉(22)に期限付き移籍での獲得を正式オファーしたことが14日、分かった。複数の関係者が明かした。中島も海外志向が強く、条件面での交渉が順調に進めば、新天地へ踏み出すことになりそうだ。

    FC東京が誇るドリブラー、中島が念願の欧州移籍に大きく近づいた。1部昇格を果たしたポルティモネンセは今夏の戦力補強に積極的で、22歳MFに対して期限付き移籍での獲得を正式にオファー。関係者によれば、「目玉的存在として最上位にリストアップしている」という。

    ポルティモネンセは1914年創立。ポルティモンを本拠地とし、昨季は25勝8分け9敗で2部優勝を飾った。かつて浦和で活躍したポンテ氏がテクニカルダイレクター(TD)を務め日本サッカーにも精通。早くから中島のプレーをチェックしていたという。2部時代の13~15年にはFW金崎夢生(現鹿島)も在籍するなど日本人の獲得に積極的だ。

    今季の中島はFC東京で19戦出場し、鋭いドリブルを武器に2得点をマーク。J2東京V時代の12年10月の栃木戦では史上最年少ハットトリックを記録している。昨年はリオ五輪代表で10番を背負い1次リーグ全3戦に出場、コロンビア戦ではループ弾を決めた。当然、日本代表、W杯出場は目標、さらなる成長を求め、海外志向は強くなった。

    ただし、現在は、FC東京でも攻撃をけん引する存在。期限付き移籍での成立には条件面で合意できるかが、焦点となる。

    ◆中島 翔哉(なかじま・しょうや)1994年(平6)8月23日、東京都八王子市生まれの22歳。04年から東京Vの下部組織に加入。12年からトップ登録され、14年はFC東京からJ2富山に期限付き移籍、同8月にFC東京に復帰した。各世代で日本代表に選出され、昨年はリオ五輪代表にも選出された。J1通算49戦6得点。利き足は右。1メートル64、64キロ。

    ▽ポルティモネンセ 1914年創設。本拠地はポルトガル南部ポルティマン。昨季ポルトガル2部で優勝し7季ぶりに1部昇格。日本人選手は元浦和のMF中村祐人(09~10年)、現鹿島のFW金崎夢生(13~15年)、東京Vユース出身のMF亀倉龍希(13年~)らが在籍。ホームスタジアムはムニシパル・デ・ポルティマン(9544人収容)。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000062-spnannex-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/30(日) 21:00:13.53 ID:CAP_USER9.net
    ■FC東京 1-1 アルビレックス新潟 [味スタ]
    https://www.jleague.jp/match/j1/2017/073003/livetxt/#live

    [新]チアゴ・ガリャルド(12分)
    [F]ピーター・ウタカ(66分)


    J1リーグは30日に第19節2日目を開催し、味の素スタジアムではここ4戦未勝利(1分3敗)のFC東京と6連敗中のアルビレックス新潟が対戦。前半11分にMFチアゴ・ガリャルドの得点で新潟が先制するが、後半21分にFWピーター・ウタカがネットを揺らしてFC東京が同点に追い付き、試合は1-1のドローに終わった。

    ホームのFC東京は26日に行われたルヴァン杯プレーオフステージ第2戦広島戦(○1-0)から先発2人を入れ替え、FWピーター・ウタカ、MF米本拓司、今季リーグ戦初出場のDF小川諒也、リーグ戦デビューとなる大卒ルーキーのDF山田将之らを先発起用し、システムは中断期間中に新たに取り組んだ3-5-2を採用。

    一方、アウェーの新潟は9日のJ1第18節浦和戦(●1-2)から先発5人を入れ替え、MFホニ、MFロメロ・フランク、今季初先発となるFW平松宗、そして中断期間中に補強したMF磯村亮太、DF大武峻らがスターティングメンバーに名を連ねた。

    前半11分に試合を動かしたのはアウェーの新潟だった。ホニが蹴り出したFKに反応したMFチアゴ・ガリャルドが体を投げ出してヘディングで合わせると、シュートはネットに突き刺さってスコアを1-0とした。1点を先行されたFC東京は同14分にゴールを脅かすが、左サイドからドリブルで運んだMF中島翔哉が放った左足のミドルシュートはポストに弾かれてしまう。

    その後もFC東京が攻勢を掛けると、同35分には中島のパスをMF橋本拳人が巧みなワンタッチで前線に送ったボールからFWピーター・ウタカがGK守田達弥との1対1を迎え、さらに同37分にはDF室屋成とのパス交換から中島がループで狙ったものの、ともに守田にストップされる。同45分には新潟がフィニッシュまで持ち込んだが、ガリャルドとのワンツーからPA内に進入したMF小泉慶のシュートはGK林彰洋に阻まれてしまった。

    1-0と新潟がリードしたまま後半を迎えると、同5分にFC東京が決定機を創出。左サイドを駆け上がった小川のグラウンダーのクロスがファーサイドまで抜けると、フリーになった室屋が狙った左足シュートはクロスバーに当たって落下したが、ボールはゴールラインを完全には越えずに同点ゴールとはならない。

    さらに後半11分にはウタカのスルーパスからPA内に進入した中島が鋭い切り返しでDFソン・ジュフンを翻ろう。守田との1対1を迎えたものの、左足で狙ったシュートは距離を詰めた守田に阻まれてしまう。だが同21分、米本の縦パスをPA外左で受けたウタカが数人に囲まれながらも中央に切れ込んで右足のシュートを放つと、ボールは相手選手に当たってコースが変わりながらもゴールマウスに吸い込まれ、FC東京が試合を振り出しに戻した。

    すると同点に追い付かれた新潟は後半26分に平松に代えてリーグ戦デビューとなるFW河田篤秀をピッチへと送り込む。FC東京ベンチも同30分に動き、米本に代えてMFユ・インスを投入。その後も両ベンチが動いて同32分に新潟がMF端山豪、FC東京は同34分にFW前田遼一、同39分にFW永井謙佑を送り込んで勝ち越しゴールを奪いに行く。だが両チームともに最後までゴールを目指したものの、勝ち越し点は生まれずに1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。
    2017-07-30_21h43_29
    7/30(日) 20:57配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-01642293-gekisaka-socc


    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/jp-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/07/28(金) 12:56:37.37 ID:CAP_USER9.net
    左腓骨筋腱脱臼により全治4カ月

    FC東京は28日、DF森重真人が手術を行ったと発表。全治まで4カ月を要する見込みだ。

    森重は2日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節・セレッソ大阪戦に先発出場するも、負傷により前半アディショナルタイムに交代。その後、経過観察となったが、チームドクターの診察を受け、25日に埼玉県内の病院で手術。診断結果は左腓骨筋腱脱臼となっている。


    森重は第16節までフル出場を果たすなど、主将としてチームをけん引。後半戦で巻き返しを図る10位のFC東京にとって、痛い離脱となった。(Goal.com)

    http://www.sanspo.com/soccer/amp/20170728/jle17072811510010-a.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ