海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:FIFA

    dims


    1: 豆次郎 ★ 2019/03/30(土) 22:14:41.12
    2019年3月30日 0:18 JST

    国際サッカー連盟(FIFA)が目指す24チームによるトーナメント新設計画で、ソフトバンクグループが出資元から外された。ソフトバンクに分配される利益について複数の有力クラブが懸念を表明したことが理由だと、状況説明を受けた事情に詳しい関係者が明らかにした。

    FIFAは250億ドル(約2兆7700億円)規模で新たな「クラブワールドカップ」を創設し、国際トーナメントを開催する計画を立て、これにソフトバンクが筆頭出資者として国際投資家コンソーシアムとともに参加する予定だった。

    話し合いが非公開だとして匿名を条件に述べた関係者によると、一部のサッカークラブはソフトバンクが同計画を通じて受け取るとみられる利益について懸念を示した。

    クラブから懸念を示されたFIFAは先週、トーナメント新設の改訂計画を発表したが、ここに投資家に関する情報は記載されていなかった。トーナメントはクラブチームだけが対象で、各国の代表チームは外された。

    ソフトバンクが新計画の投資家から除外されたのかとの問いに対して、FIFAの広報担当者はコメントを控えた。ソフトバンクの広報担当者もコメントを拒否した。

    原題:SoftBank Said to Be Sidelined by Soccer Clubs in FIFA’s New Cup(抜粋)

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-29/PP4RGD6S972801

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/11(月) 10:55:15.21
    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長は、来週に米マイアミで開かれる理事会で、新たなフォーマットのクラブW杯(FIFA Club World Cup)の計画を加速させ、コンフェデレーションズカップ(Confederations Cup)の廃止を進めたいと考えている。ドイツ公共放送ZDFが10日に報じた。

    14日と15日に開かれる理事会でインファンティーノ会長は、クラブW杯の参加チーム数を現行の7から欧州の12チームを含む24に拡大する方針について議論を深めたいと考えている。

    またインファンティーノ会長は、W杯ホスト国で大会前年に開催されるコンフェデレーションズカップの廃止を望んでいるという。

    ZDFの報道によると、新たなクラブW杯は2022年W杯カタール大会(2022 World Cup)前年の2021年から開催される見通しだという。これに対して欧州サッカー連盟(UEFA)は、過密日程を理由に2021年からの実施に反対している。

    FIFAの理事を務めるブラジル人のフェルナンド・サルネイ(Fernando Sarney)氏はZDFに対し、「その通りだ。そういう方向になるだろう。われわれは(現行のフォーマットの)クラブW杯に別れを告げたいと思っているし、そういう決定をするつもりだ」とコメントしている。

    一方、インファンティーノ会長は世界規模のネーションズリーグ導入の計画については先送りしたいと考えているという。【翻訳編集】 AFPBB News

    3/11(月) 10:50配信 AFP時事
    2019-03-11_11h29_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000008-jij_afp-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/08(木) 11:46:03.26 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は7日、構想中の欧州スーパーリーグに出場した選手をワールドカップ(W杯)などの大会から除外する可能性があると警告した。

    先週、ドイツメディアによりスペイン1部レアル・マドリードやイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)などが、欧州の強豪16チームによるスーパーリーグを立ち上げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に置き換える構想があるとレポートされた。

    インファンティノ会長は「サッカーを保護し、クラブや世界のサッカー界にとって有益な解決策を考え出すことは、私たちの責任だ」と述べ、24チームへの拡大が検討されているクラブW杯がその回答であると述べた。

    欧州スーパーリーグ構想に含まれているクラブの所属選手には、アルゼンチン代表リオネル・メッシやブラジル代表ネイマール、フランス代表キリアン・エムバペ、ポルトガル代表クリスティアノ・ロナルドら有力選手が含まれている。

    11/8(木) 9:05配信 ロイター通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000024-reut-spo

    写真

    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1:風吹けば名無し:2018/10/28(日) 19:59:35.20 ID:1NEFJ59s0.net
    もちろんライセンスあるところでね
    2:風吹けば名無し:2018/10/28(日) 20:00:03.36 ID:QV8Gpe4M0.net
    リーグアン
    5:風吹けば名無し:2018/10/28(日) 20:00:15.67 ID:1NEFJ59s0.net
    >>2
    絶対無理やん
    3:風吹けば名無し:2018/10/28(日) 20:00:10.96 ID:i17LfXqo0.net
    Kリーグ
    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1:風吹けば名無し:2018/10/14(日) 20:36:50.21 ID:Vf+z1rIOp.net
    ちなみに最後に買ったのはウイイレ2009
    とても面白かった
    2:風吹けば名無し:2018/10/14(日) 20:36:58.94 ID:9N7IpZgk0.net
    FIFA
    4:風吹けば名無し:2018/10/14(日) 20:37:26.49 ID:oJpV7i8y0.net
    ウイイレ
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/09/26(水) 17:04:42.71 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)が、レンタル移籍で他クラブに放出できる選手の数を制限することで合意した。25日に英メディア『BBC』が報じている。

    一つのクラブに若手有望株が集まりすぎるのを防ぐため、FIFAは1シーズンにレンタル移籍させることが出来る選手の人数に制限をかけることを検討していた。同メディアによると、その点に関しては合意に至ったとのこと。ただ、FIFAは6人から8人までに制限することを計画しているが、それぞれのクラブ、各リーグ、選手の代表者を含む試合のステークホルダーと合意する必要があるため、人数に関しては決定していない。

    この制限によって、特にチェルシーは大打撃を受ける可能性がある。今シーズン開幕前に、チェルシーは40人の選手をレンタルで放出していた。このルールが施行されれば、大きな影響を受けることは間違いないだろう。

    また、FIFAは2019年夏から代理人に関する規制も再導入する予定とのこと。FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は「膨大な金がサッカー界から流出している懸念がある」と語り、規制の再導入によって、移籍システムの透明性向上を期待していることを明かした。

    【了】
    20180225_fifa_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/09/26/post290813/
    続きを読む

    2710557_full-lnd

    1:Egg ★:2018/05/16(水) 12:19:16.40 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)は15日、ワールドカップ(W杯)の出場チーム数拡大を2026年大会から22年カタール大会に前倒しすることが可能か検討する案を、6月13日にモスクワで開く総会で話し合うと発表した。W杯の出場チーム数は現行の32チームを、26年大会で48チームにすることが決まっている。

    22年大会の出場枠拡大は、南米連盟が要望を提出した。モスクワの総会では26年大会の開催地も決定する。

    時事通信 5/16(水) 11:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000047-jij-spo
    続きを読む

    2710557_full-lnd

    1:Egg ★:2018/05/01(火) 17:49:30.83 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)は30日、6大陸連盟の代表とスイス・チューリヒのFIFA本部で会合を開き、クラブ・ワールドカップ(W杯)の刷新と各国代表チームによる国別対抗戦の新設について話し合ったと発表した。

    今後、FIFAと6大陸連盟の事務局長による作業部会で議論を深める。

    FIFAは協議内容を明らかにしていないが、4月に英米メディアが報じたところによると、現在、6大陸連盟の王者と開催国代表の7チームで毎年争われているクラブW杯は出場チームを24に拡大、開催は4年に一度にし、2021年からの開催をめざす。国別対抗戦は、「ネーションズリーグ」と呼ばれ、W杯や欧州選手権を避けて隔年で開催されることが検討されているという。

    国際的な試合日程を大きく変える改革で、実現すればクラブや各代表チームに与える影響は大きい。

    世界最高峰の大会として定着する欧州チャンピオンズリーグを毎年主催する欧州連盟、さらに選手を供出するビッグクラブからは反発が必至だ。国別対抗戦は、欧州と北中米カリブ海がすでに今秋から実施を決めていて、調整が必要だ。日本にとっては、強化のために欧州や南米の強豪国と親善試合をする頻度が減る弊害が出そうだ。

    英フィナンシャル・タイムズ紙などによると、この大胆な改革案の火付け役は世界の投資家連合。ソフトバンクをはじめ、米国、中国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)の投資家たちが、250億ドル(約2兆7250億円)という破格の財務保証をFIFAに約束したという。

    投資家連合はFIFAに5月中に結論を出すよう求めているとされ、動きが加速する可能性がある。(ロンドン=稲垣康介)

    2018年5月1日 10時54分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14655143/

    サッカー=FIFA、クラブW杯拡大と大会新設を協議
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000036-reut-spo
    続きを読む

    uefa-fifa

    1:名無し募集中。。。:2018/04/19(木) 21:41:49.22 ID:0.net
    コンフェデ杯廃止→代表の露出が減る
    UEFAネーションズカップ始動→実質欧州鎖国政策により欧州との親善試合のチャンス激減
    クラブW杯が4年に1度に→ACLの存在価値低下、露出大幅減の可能性
    W杯予選枠拡大→最終予選すらヌルゲーで緊迫感が一切ない試合増加
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ