海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:Jリーグ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/20(土) 21:04:33.83 ID:CAP_USER9.net
    ◆ガンバ大阪 3-0 サガン鳥栖 [吹田サッカースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052007/livetxt/#live

    [G]長沢駿(33分)
    [G]倉田秋(37分)
    [G]長沢駿(90分+3)

    ◆ヴィッセル神戸 1-1 FC東京 [ノエビアスタジアム神戸]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052008/livetxt/#live

    [F]永井謙佑(14分)
    [神]渡邉千真(63分)

    ◆G大阪3発快勝で今季初の首位浮上!好調倉田は日本代表でも期待

    ガンバ大阪がホームでサガン鳥栖に3-0で快勝した。2連勝、負けなしを6戦に伸ばして勝ち点を25としたG大阪が今季初の首位に立った。敵地戦を苦手とする鳥栖は、またも勝利を掴むことは出来なかった。

    試合への入りが良かったのは鳥栖だった。ただ前半28分のFW小野裕二の右クロスをFW趙東建がヘディングで合わせた場面では、シュートがクロスバーをかすめて外れるなど、決定力を欠いてしまう。

    すると流れはG大阪に傾きだす。そして前半33分にはMF倉田秋が高い位置でボールを奪うと、右サイドに展開。オーバーラップしたDF三浦弦太がクロスを上げると、FW長沢駿がヘディングで合わせて先制点を決める。

    さらに前半37分には右サイドで粘って残したボールをDFオ・ジェソクがゴール前に入れると、ワンバウンドしたボールを倉田がボレーで合わせて、一気にリードを広げた。

    後半に入ってもG大阪の戦いは安定していた。後半16分に接触プレーで倉田が右足を痛めて担架で運ばれる場面はあり、状態が心配されたが、治療後にすぐに復帰。DFキム・ミンヒョクとの激しく競り合うなど、最後まで気持ちの入ったプレーを見せた。6月にW杯予選などを戦う日本代表は25日に発表。3月の代表戦では“サプライズ選出”だった倉田だが、今回は好調をキープし、堂々と代表メンバーに合流できそうだ。

    G大阪は後半アディショナルタイムにMF井手口陽介のクロスを長沢が頭で合わせてダメを押す。直後には怪我で長期離脱していたFW呉屋大翔を出場させるなど、内容の濃いゲームを演じた。残念ながらAFCチャンピオンズリーグの戦いはグループリーグ敗退という結果に終わってしまったが、リーグ戦の戦いは首位に立つ意地を見せている。
    2017-05-20_21h40_02
    ゲキサカ 5/20(土) 20:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-01639905-gekisaka-socc

    ◆FC東京、永井謙佑の初ゴールで先制も…神戸が渡邉千真の2戦連続弾で追い付く
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00590179-soccerk-socc

    ◇順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◇DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    ◇DAZN for docomo
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/20(土) 16:03:11.22 ID:CAP_USER9.net
    ◆浦和レッズ 3-3 清水エスパルス [埼玉]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052001/livetxt/#live

    [浦]興梠慎三(24分)
    [浦]興梠慎三(57分)
    [清]鄭大世(64分)
    [清]鄭大世(69分)
    [清]チアゴ・アウベス(71分)
    [浦]興梠慎三(74分)


    ◆横浜Fマリノス 1-1 ベガルタ仙台 [日産ス]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052002/livetxt/#live

    [横]前田直輝(45分+1)
    [仙]大岩一貴(77分)


    ◆ヴァンフォーレ甲府 1-2 サンフレッチェ広島 [中銀スタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052003/livetxt/#live

    [甲]小椋祥平(19分)
    [広]柴崎晃誠(41分)
    [広]水本裕貴(50分)


    ◆アルビレックス新潟 1-0 *北海道コンサドーレ札幌 [デンカS]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052004/livetxt/#ticket

    [新]ホニ(66分)


    ◆ジュビロ磐田 0-2 柏レイソル [ヤマハ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052005/livetxt/#live

    [柏]クリスティアーノ(44分)
    [柏]中川寛斗(74分)

    ◆新潟が札幌を撃破! ホーム初白星で呂比須ワグナー監督の初陣飾る

    2017明治安田生命J1リーグ第12節が20日に行われ、アルビレックス新潟と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

    呂比須ワグナー新監督の初陣となった新潟は、MFホニやFW鈴木武蔵らが先発。対する札幌はMF兵藤慎剛やFW都倉賢がスターティングメンバーに名を連ねている。

    最初にチャンスを作ったのは札幌。4分、FKから福森晃斗がエリア内にボールを送ると、都倉が頭で合わせたが、ボールは惜しくも枠を外れた。一方の新潟は6分、左サイドで裏に抜け出した山崎亮平が中央へラストパス。しかし、鈴木が放ったシュートは枠をとらえることができず。両チームとも立ち上がりからチャンスを生み出す。

    ペースを掴みつつある札幌は21分、エリア手前でパスを受けた早坂良太がループシュートを放つが、ここは相手GKがゴールを許さない。すると、新潟は足の痛みを訴えた山崎に代えて、森俊介を投入する。

    両チーム惜しい場面はあったものの、スコアが動かないまま前半を終える。

    後半に入り57分、新潟はロメロ・フランクがダイレクトでミドルシュートを放つが、ボールはわずかに枠を外れる。すると66分、ロメロ・フランクのスルーパスで裏に抜け出したホニが得点を挙げ、ホームの新潟が先制に成功した。

    1点を追う札幌は荒野拓馬に代えて、小野伸二を投入する。85分には新潟の鈴木がGKとの1対1からゴールを狙ったが、ここは相手GKの好セーブに見舞われた。その後、札幌は都倉や途中出場の小野を中心に攻勢をかけるが、なかなかゴールに結び付けることができない。

    試合はそのまま終了。新潟が札幌を1-0で下し、呂比須監督の初陣を飾った。次節、新潟は28日にベガルタ仙台と、札幌は27日にサガン鳥栖と対戦する。
    2017-05-20_16h17_28
    SOCCER KING 5/20(土) 15:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00590035-soccerk-socc

    ◇順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◇DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    ◇DAZN for docomo
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

    【サッカー】<J1/第12節>川崎フロンターレ、3発完封で鹿島アントラーズを撃破!2連勝で暫定3位浮上…鹿島は今季ホーム5敗目
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495195182/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 17:39:06.69 ID:CAP_USER9.net
    オランダ・エールディビジのADOデン・ハーグに所属する元日本代表FWハーフナー・マイクが、近い将来にJリーグへ復帰することを示唆している。蘭メディア『omroepwest』のインタビューに対して語った。

    Jリーグ時代は横浜F・マリノス、アビスパ福岡、サガン鳥栖、ヴァンフォーレ甲府でプレーしたハーフナーは、2015/16シーズンにデン・ハーグへ加入。今季は28試合に出場して9得点を記録している。

    ハーフナーは同メディアに対して「もし満足しているのであれば、残ることになるだろう。これからどうなるかは本当にわからない」と語り、去就が不透明であることを明かした。

    さらに、「31歳まではヨーロッパに残るつもりだった。日本は僕のルーツで、多くの友達がいる。キャリアを終えたらそこで暮らしたいと思っている」と述べた。

    今月20日で30歳になるハーフナーはクラブとの契約をあと1年残しており、契約満了と同時期に31歳を迎えることになる。

    ハーフナーは昨年4月にも地元メディアに対して「ヨーロッパであと2~3年プレーして、その後は日本に戻りたい」という発言をしていることから、将来的な日本復帰への意思は固いのかもしれない。
    20170517_havenaar_getty-560x373
    フットボールチャンネル 5/17(水) 16:57
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170517-00010022-footballc-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 11:44:25.79 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグがスペインリーグと提携を結ぶことが16日、分かった。

    バルセロナとレアル・マドリードという世界屈指のクラブを擁す最高峰リーグとはもともと友好関係で「戦略的連携協定(仮称)」としてタッグを組む見込みとなった。

    内容は調整中だが、人的交流から指導者、育成部門など幅広くスペインの知見を生かすことができそう。

    スペイン通の原博実副チェアマン(58)が、4月にはスペインリーグに招かれレアルとバルサの伝統のクラシコを視察。帰国後に「今後、どういう協力ができるか」と話していた。
    2017-05-17_17h58_12
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1824645.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/16(火) 18:37:27.92 ID:CAP_USER9.net
    今季の欧州主要リーグのシーズンも残りわずかとなり、“W杯イヤー”となる来シーズンに向けた移籍市場の話題も増え始めている。そこで気になるのはJリーグでプレーする選手から今夏に欧州へ渡る選手が現れるのかということ。ご存知の通り、春秋制のJリーグは夏場にちょうどシーズンの折り返しを迎える。

    このタイミングでの主力選手の移籍は移籍金が発生しようとしまいと、クラブにとって戦力の低下につながるリスクがあることは間違いない。それを承知で、選手のポテンシャルや現時点の情報、本人のコメントなどから欧州移籍の可能性を展望する。欧州クラブやスカウトが重視するのは選手の能力に加えて年齢の様だ。

    なぜならば、日本の選手は欧州に初めて渡った段階でフィジカル面の課題を抱えているケースが多く、ある程度の年齢で初挑戦となると、そこが課題ではなく弱点になってしまいやすい。これはJリーグのレベルが低いということではなく、チームとしての組織ありきで戦う傾向が強いことと、レフェリングがデリケートであること、さらに言えば芝が欧州より軽く、踏み込みが浅くてもプレーできる恵まれた環境にあるというところに原因がある。

    欧州でプレーする代表選手によく話を聞く情報を総合すると、挑戦した当初から全く違和感なくプレーできることはほとんどないが、そこから新しい環境に適応していく力と意識が高いほど海外で成功しやすい。言葉の問題も含めて、若い選手であれば適応のための時間も見越して獲得できるというメリットがあり、そこで活躍すれば高額な移籍金でより大きなクラブに売りやすい。

    ビッグクラブであれば若い選手を獲得した上で下部リーグやつながりのある他国のクラブにレンタルし、様子を見て戻すというプランも出てくる。昨夏にサンフレッチェ広島からイングランドの強豪アーセナルに移籍した浅野拓磨の場合は、英国での労働ビザが下りずにドイツ2部のシュトゥットガルトにレンタルされたが、いきなり主要リーグのビッグクラブから声がかかる場合はそういうケースを想定する必要があるということだ。

    つづく
    2017-05-16_19h30_05
    dot. 5/16(火) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00000045-sasahi-socc&p=3
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/15(月) 13:17:30.69
    ◆今のJリーグにはタレントがいない。

    1993年の5月15日に開幕したJリーグは、25シーズン目に突入した。その歴史のなかでいろんな出来事があった。当初の参加は“オリジナル10”と呼ばれる10チームのみだったが、1999年にはJ2が開幕し、2014年にはJ3が新設された。クラブ数は年々、増加している。今年もJ3にはアスルクラロ沼津が新規参入した。
     
    さらにレギュレーションも目まぐるしく変わったね。一時は2ステージ制から1シーズン制に変更され、2015年に2ステージ制に戻ったかと思ったら、今年から再び1シーズン制が導入された。さらにJ1・J2の入れ替え戦やチャンピオンシップが開催されたり……、これだけ多岐に渡って変化するリーグも珍しいんじゃないかな。
     
    こうした試行錯誤を経たJリーグだけど、正直、年を重ねるごとに魅力を失っているのが現実だ。今、お金を払ってでもスタジアムで観たい選手ってどれだけいるのか。かつてはジーコ、ジョルジーニョ、レオナルド、ドゥンガら、スーパ―スターがピッチで活躍していた。でも、それは遠い昔の話だ。
     
    今夏にはヴィッセルにポドルスキが加入するけど、ドイツ代表などで見せていたワールドクラスのプレーを、日本でも披露できるかは未知数だよ。現に2014年にセレッソに加入したフォルランは、実力の半分も示せないまま日本を去った。それに、ヴィッセルに続いて、「じゃあ、うちも大物選手を獲得しよう」という意気軒高なクラブが存在しないのも寂しい。これでは、タレントの質はますます落ちていくだけだよ。


    ◆クラブ数の増加より選手の育成に力を入れるべき。

    僕は以前からクラブ数を増やしたことが、リーグ発展の足枷になっていると感じていた。各地にプロクラブが誕生すれば、地元の人たちは喜ぶのかもしれない。でも、経営に苦しんでいるクラブが多いのが実情だよね。
     
    つい最近の話では、J2のV・ファーレン長崎が約3億円の累積赤字を抱えていることが発覚した。地元企業のジャパネットホールディングスの創業者である髙田氏が新社長に就任し、再建に乗り出すようだけど、こういった資金面で問題を抱えるクラブは過去にいくつもあった。
     
    チーム数が増えれば、自ずと観客の数は分散される。するとクラブの収入は減少する。Jリーグは多くのクラブを誕生させてきたけど、その後のフォローはあまり考えていないようだ。そこはプロクラブだから自分たちの手で生き残っていくしかないのかもしれない。でも、それではなかなかクラブは育たないよ。
     
    だからこそ、Jリーグはクラブ数を増やす前に、選手の育成面に力を入れてもらいたい。最近のJリーグが魅力をなくしているのは、さっきも話した通り、ファンやサポーターがスタジアムで「観たい!」と思える選手が減っているからなんだ。ただ、選手の移籍金が高騰している今のサッカー界では、ヨーロッパからトッププレーヤーを引っ張ってくるのは簡単なことではない。では、どうすればいいか。ひとつの案として、優れた才能を持った日本人選手を自国で育てるしかないんだ。

    つづく
    2017-05-15_14h04_20
    SOCCER DIGEST Web 5/15(月) 6:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00025494-sdigestw-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/14(日) 17:03:32.78
    ◆ジュビロ磐田 0-2 川崎フロンターレ [ヤマハスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/051406/livetxt/#live

    [川]阿部浩之(51分)
    [川]長谷川竜也(90分+1)


    ◆セレッソ大阪 5-2 サンフレッチェ広島[金鳥スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/051407/livetxt/#live

    [広]アンデルソン・ロペス(13分)
    [C]杉本健勇(29分)
    [C]清武弘嗣(33分)
    [C]マテイ・ヨニッチ(43分)
    [広]ミキッチ(56分)
    [C]杉本健勇(58分)
    [C]マテイ・ヨニッチ(76分)


    ◆FC東京 1-2 柏レイソル [味の素スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/051405/livetxt/#live

    [柏]手塚康平(33分)
    [柏]伊東純也(46分)
    [F]田邉草民(90分+3)

    ◆C大阪、杉本健勇2発など5得点で広島撃破…ホーム戦無敗をキープ

    2017明治安田生命J1リーグ第11節が14日に行われ、セレッソ大阪とサンフレッチェ広島が対戦した。

    先制したのはアウェイの広島。13分、スルーパスでペナルティエリア左に抜け出した柴崎晃誠が左足で折り返したボールをアンデルソン・ロペスが流し込んだ。

    1点を追うC大阪は29分、右サイドから山村和也がグラウンダーのクロスを供給。中央の杉本健勇が右足ダイレクトで合わせると、DFに当たってコースが変わったボールがゴール右下に決まり、同点に追いついた。さらに33分、スルーパスでエリア内左へ抜け出した柿谷曜一朗が左足で狙うと、ここは左ポストに阻まれたが、こぼれ球を清武弘嗣が押し込み、逆転に成功した。

    前半終了間際の43分には右CKにマテイ・ヨニッチが頭で合わせ、C大阪が2点のリードを奪ってハーフタイムを迎えた。

    後半に入り56分、広島は左からのクロスがこぼれたところにミキッチが反応。右足ハーフボレーをゴール左上に突き刺し、1点差に詰め寄る。しかし直後の58分、C大阪は自陣からドリブルで持ち上がった杉本がそのままミドルシュートをゴール左に決め、再びリードを広げた。

    貴重な追加点を挙げたC大阪は76分に右CKからヨニッチがこの日2点目をマークし、勝負あり。このまま5-2でタイムアップを迎え、C大阪がホーム無敗をキープした。一方、敗れた広島は5試合白星なしとなった。

    次節、C大阪は20日に大宮アルディージャと、広島は同日にヴァンフォーレ甲府と、それぞれアウェイで対戦する。
    2017-05-14_17h29_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00587284-soccerk-socc

    川崎、アウェイの地で磐田を下す…途中交代の太田が負傷
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00587294-soccerk-socc


    連勝対決は柏に軍配! 手塚のロングシュート&伊東の電光石火弾でFC東京を撃破
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00587276-soccerk-socc


    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for docomo
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/14(日) 16:03:59.53
    ◆鹿島アントラーズ 1-2 ヴィッセル神戸[カシマサッカースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/051402/livetxt/#live

    [神]オウンゴール(10分)
    [神]渡邉千真(14分)
    [鹿]レアンドロ(89分)

    ◆アルビレックス新潟 1-6 浦和レッズ [
    デンカビッグスワンスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/051404/livetxt/#live

    [新]鈴木武蔵(2分)
    [浦]武藤雄樹(6分)
    [浦]興梠慎三(20分)
    [浦]槙野智章(31分)
    [浦]オウンゴール(43分)
    [浦]関根貴大(45分+1)
    [浦]遠藤航(47分)


    ◆横浜Fマリノス 1-0 ヴァンフォーレ甲府 [ニッパツ三ツ沢球技場]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/051403/livetxt/#live

    [横]金井貢史(45分+1)

    ◆浦和、大量6発のゴールラッシュで連敗脱出! 守備崩壊の新潟は4連敗

    2017明治安田生命J1リーグ第11節が14日に行われ、アルビレックス新潟と浦和レッズが対戦した。

    試合は早い時間に動く。まずは3分、右サイドからのクロスを鈴木武蔵がヘディングでゴール右に流し込み、新潟が先制に成功した。

    だが、浦和もすぐに追い付く。6分、ペナルティエリア内右に抜け出したラファエル・シルバのシュート性のクロスに武藤雄樹が合わせ、同点ゴールを奪った。さらに20分、右サイド高い位置に抜け出した宇賀神友弥が右足で折り返すと、ファーサイドに走り込んだ興梠慎三が左足ダイレクトで合わせ、浦和が試合をひっくり返した。

    逆転した浦和は31分、エリア手前右で得たFKを柏木陽介がゴール前に蹴り込むと、槙野智章がGKの手前で合わせ、追加点をマーク。43分にはCKから相手のオウンゴールでさらにリードを広げると、後半アディショナルタイム1分には関根貴大が右足のシュートをゴール左に決め、スコアは5-1となった。

    4点リードで後半を迎えた浦和は47分、右CKに合わせた遠藤航がこぼれ球を自ら押し込み、さらに1点を追加。その後はゴールを奪うことはできなかったが、新潟にも反撃を許さず、このままタイムアップ。6-1の大勝を収めた浦和が連敗を2で止めた一方、新潟は4連敗となった。

    次節、新潟は20日に北海道コンサドーレ札幌と、浦和は同日に清水エスパルスと、それぞれホームで対戦する。
    2017-05-14_16h20_20
    SOCCER KING 5/14(日) 15:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00587285-soccerk-socc

    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆DAZN公式サイト
    http://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for docomo
    http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    2017-04-28_17h34_05

    1:@Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/09(火) 11:31:31.13
    今季限りで退団が確実な日本代表FW本田圭佑(30=ACミラン)の獲得に乗り出しているJ1クラブ幹部は7日までに、国内一流企業とチームスポンサー契約を締結する方針を明かした。この資金を使ってキング・カズことFW三浦知良(50=J2横浜FC)が全盛期に記録したJクラブ所属日本人の最高額となる年俸2億4000万円超を本田サイドに提示するという。

    今季限りでイタリア1部リーグのACミラン退団が決定的な本田は、契約満了で移籍金が発生しないため、国内外のクラブで争奪戦に発展することが確実な情勢。すでに複数の欧州クラブとJ1クラブが今夏の獲得に向けて動きだした。

    そんな中、本田サイドと接触したJ1クラブ幹部は、獲得実現に向け“H資金”を確保したという。「本田の獲得が決まれば、○○(某有名メーカー)さんがチームスポンサーに付いてくれる予定。(シーズン中で)資金がないから、そこはスポンサーにお願いするしかない。裏付けがないと(獲得に)動けないわけだし、ちゃんと考えている」と明かした。

    移籍金がかからないとはいえ、本田は税抜きで推定年俸250万ユーロ(約3億円)、実質6億円のサラリーを受け取っている。しかし再契約に向けては現在のパフォーマンスが低迷していることや一般的に加速的な成長が見込めなくなる30歳を超えたため、大幅な年俸ダウンは避けられない見通しだ。

    ただ、欧州ビッグクラブで10番を背負った“日本のエース”を迎えるには、それにふさわしい金額が必要になる。同幹部は「条件面? 本田サイドにはまだ提示していない。いま(適正価格などを)欧州に人を派遣して調査しているところ」と検討段階として明言を避けたものの「2億円以上? それなりの金額になるだろう」と話した。

    これまでJクラブ所属の日本人選手の最高年俸は1998年までV川崎(現J2東京V)でプレーしたカズこと元日本代表FW三浦知良の推定2億4000万円。本田の実績を考慮すれば、カズ以上となる過去最高額のサラリーを準備するのは当然と言えるだろう。

    一方、今後の見通しについて、同幹部は「中国には行かないようだけど、欧州クラブとの争奪戦になるかもしれない」と予測。今後も獲得レースに参戦するクラブが増えるのは確実で、他クラブとの交渉次第では年俸が高騰する可能性もあって「資金力のあるクラブが出てくるとやっかいだな」とこぼした。

    欧州はまだシーズン中のため、本田の最終的な決断はオフになる見込み。同幹部は「今は待ちの状態。ここからどうなっていくのか。しっかりと見極めていきたい」と語り、ビッグネーム獲得に並々ならぬ意欲を示していた。

    東スポWeb 5/9(火) 11:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000004-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/07(日) 16:03:37.49
    ◆ベガルタ仙台 0-2 FC東京[ユアテックスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/050701/livetxt/#live

    [F]大久保嘉人(21分)
    [F]大久保嘉人(57分)

    ◆ヴァンフォーレ甲府 0-0 ジュビ磐田[山梨中銀スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/050702/livetxt/#live

    2017明治安田生命J1リーグ第10節が7日に行われ、ベガルタ仙台とFC東京が対戦した。

    リーグ戦2連勝を狙うホームの仙台は、前節の清水エスパルス戦からスタメンの変更はなし。石原直樹とクリスランが2トップを組む。対するFC東京も前節のサンフレッチェ広島戦と同じ11名で臨んだ。

    21分、FC東京は太田宏介のCKから、クリアボールを拾った大久保嘉人が右足を振り抜く。このシュートが決まり、アウェイのFC東京が先制する。後半に入り57分には、太田のFKがこぼれたところを大久保が詰めて追加点。

    試合は0-2で終了。FC東京はリーグ戦3試合連続完封で3連勝を達成した。

    次戦は10日、2017JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第5節で仙台は柏レイソルと、FC東京は大宮アルディージャと、それぞれホームで対戦する。
    2017-05-07_17h30_17
    SOCCER KING 5/7(日) 15:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00584369-soccerk-socc

    宮崎退場の磐田、最後まで粘り勝ち点1…甲府はウイルソン投入も得点奪えず
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00584372-soccerk-socc


    ◆DAZN
    https://www.dazn.com

    ◆DAZN for docomo
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ