海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:Jリーグ

    1: 梵天丸 ★ 2020/08/03(月) 22:11:03.68 _USER9
    8/3(月) 20:59
    配信
    J-CASTニュース

    観戦ルールは徹底できるのか。新型コロナウイルス感染対策のため人数を制限して観客を動員しているサッカーJリーグで、リーグやクラブが周知しているルールに反するサポーターの行為が見受けられている。新規感染者数が増加傾向にあるだけに、インターネット上で物議を醸している。

    2020年8月1日に開催されたJ1第8節では、横浜FC対サンフレッチェ広島戦(ニッパツ三ツ沢球技場)や、浦和レッズ対清水エスパルス戦(埼玉スタジアム2002)で、一部サポーターの行為が問題視。横浜FC、浦和ともに、7月にも禁止行為があったとしてクラブが声明を出したばかりだった。

    ■「大声を出す行為やアルコールの持ち込み・飲酒行為が報告」

    約4か月の中断を経て再開したJリーグは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各関係者が守るべきガイドラインを策定し公表している。「超厳戒態勢」として、7月10日からは5000人を上限に観客を動員し、当面はアウェーサポーター席を設けない。当初、8月から上限を緩和する方針だったが、日本の感染拡大状況を受け、8月末まで引き続き同じ制限下での観客動員となった。

    Jリーグや各クラブは、来場客に対しても感染防止の協力を呼びかけている。横浜FCも観戦ルールとして「禁止事項」を公式サイト上に掲載しており、飲料について「ビン、カン類の持ち込み禁止」のほか、「アルコール類(ノンアルコール含む)の販売は当面の間はございません。また、スタジアムへのアルコールの持ち込みも禁止となります」としている。

    しかし横浜FCは7月30日、「7月開催のホームゲームにおきまして、禁止行為としているスタジアムで大声を出す行為やアルコールの持ち込み・飲酒行為が報告されました」と発表。「新型コロナウイルス感染のリスクを最大限に防ぎながらJリーグを再開するという内容に反しており、何よりも周りのお客様への迷惑行為となっています」と問題視した。

    8月以降のホームゲームは、入場前のルール周知を強化するとともに、「スタジアム内でのアルコール所持または飲酒行為があった場合は、その場でアルコール飲料を回収(返却不可)させていただきます。※ビン・カン移し替えブースの設置もございません」との対策も発表した。さらに、スタジアムの警備体制と巡回も強化。「横浜FCが定める禁止事項に抵触し、警備スタッフやクラブスタッフの指示に従っていただけない場合は、直ちに退場いただくとともに、今後のホームゲームの入場を禁止させていただくこともございますので予めご了承ください」と厳しく対応する考えだ

    「浦和ブーイングあったよね?」

    そうした中、8月1日のホーム、広島戦で、缶ビールを飲んでいる観客がいたとしてツイッターなどで物議に。「結局、横浜FCなんてなんの対策も打ててないんじゃん。また酒飲んでるのが三ツ沢にいたんだったら」「横浜FCの対策は口ばかりかよ」などとクラブに対しても疑問の声があがった。

    一方、Jリーグがガイドラインで「声を出しての応援」を禁止している中、1日の浦和対清水戦では浦和サポーターから、清水の選手に対するブーイングが複数回見られていた。試合中にツイッター上でも「ブーイングってか声出しええんか?浦和さん」「浦和ブーイングあったよね? しっかり聞こえたよ? 声出すなって言ってるのに」といった声があがり、1日付の日刊スポーツが「一部サポーターから観戦ルールの禁止行為となるブーイングも飛び出していた」と報じるなどしていた。

    浦和は7月15日、12日のホームでの第4節・鹿島アントラーズ戦で、「『Jリーグ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン』内の禁止事項として記載されている行為(指笛、声を出しての応援等)が発生しました。このような行為が起きたことは誠に遺憾であり、改めて、関係者、Jリーグ、サッカーを愛するすべてのみなさまに、ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫びいたします」との声明を出し、改めて観戦ルールの徹底を呼び掛けていた。

    新型コロナウイルスの新規感染者は全国的に増加傾向にあり、JリーグでもJ1・名古屋グランパスやJ2・アビスパ福岡、FC町田ゼルビアといったクラブで、7月下旬から8月上旬にかけて選手・スタッフの新型コロナウイルス陽性が相次ぎ判明。ツイッター上では「そろそろ、無観客に戻すべきタイミングなのかもな」との声も囁かれる。それでも、リーグは「超厳戒態勢」の中で観客を動員して進行しているだけに、「ルールは守りましょうね 選手たちはサッカーするために感染対策をきちんとしているというのに」「まずはリーグ戦をサポ同士協力しあって開催していきたい」とサポーターの協力を呼びかける声もある。
    2020-08-03_23h24_06
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7aec8a889be0c3c94e95a5a563c5294aa1d0dfd7

    続きを読む


    question-marks-2215_640

    1: 風吹けば名無し 2020/08/01(土) 18:25:29.43
    これはストイコビッチ

    2: 風吹けば名無し 2020/08/01(土) 18:25:52.83
    ワシントン

    4: 風吹けば名無し 2020/08/01(土) 18:25:55.86
    アンジョンファン

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/08/02(日) 15:59:32.10 _USER9
    札幌 2-3 神戸
    [得点者]
    29'荒野 拓馬(札幌)
    31'山口 蛍 (神戸)
    45'ドウグラス(神戸)
    48'荒野 拓馬(札幌)
    62'山口 蛍 (神戸)

    スタジアム:札幌ドーム
    入場者数:4,675人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080201/live#live

    ※観客動員数の上限は5000人

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    3: 久太郎 ★ 2020/08/02(日) 16:00:36.14 _USER9
    >>1
    イニエスタが高精度パスで得点演出!神戸とのシーソーゲームに敗れた札幌は再開後初黒星

    明治安田生命J1リーグ第8節が2日に行われ、札幌ドームで北海道コンサドーレ札幌とヴィッセル神戸が対戦した。

    【J1】第8節 その他の試合結果一覧

    リーグ再開後の6試合連続で無敗を維持する札幌は、ディフェンスラインに高嶺朋樹や田中駿汰の若手ら、前線にチャナティップと駒井善成、ゼロトップに荒野拓馬を起用した。対する神戸は、前節のガンバ大阪に敗北したもののそれまでは4戦無敗と好調。トーマス・フェルマーレンやアンドレス・イニエスタ、酒井高徳ら万全の陣容をスタメンに揃えた。

    ゆったりと後方からゲームを作ろうとしている神戸に対し、テンションの高い守備を維持して積極的に前線にボールを運ぶ札幌がチャンスを作る序盤。神戸にアクシデントが発生する。直近5試合3ゴールと好調だった古橋亨梧が足を痛めた様子で小川慶治朗との交代を余儀なくされる。

    15分にも神戸がヒヤリとさせられるシーン。GK飯倉大樹がゴールマウスを離れた位置からボールを出したところ、インターセプトした高嶺がロングシュートを放つ。シュートはわずかに右に逸れたが、札幌にとっては枠に飛んでいれば得点という大きなチャンスとなっていた。

    そして29分、高嶺の左サイドからのアーリークロスを最終ラインのフェルマーレンが頭でクリアしようとするがうまくミートせず。ボックス内フリーでボールを受けた荒野が先制点を決めた。しかし、直後の31分に神戸が反撃。フィジカルを生かして前線左でボールを収めたドウグラスが中央に折り返すと、山口蛍がGK菅野孝憲の逆を突くシュートで試合を振り出しに戻した。

    その後も札幌のペースで試合が続くが、元スペイン代表MFが逆転弾を演出する。低い位置まで降りてリズムを作るイニエスタがディフェンスラインから高精度のロングパスを蹴り込むと、一発でボックス右に西大伍が抜け出す。深い位置から中央への折り返しをドウグラスが札幌DFともつれ合いながらも決め切った。

    ハーフタイム時点で枠内シュートわずか2本で2得点を決めた神戸に対し、6本を放っている札幌は後半開始早々に決定機を迎える。ボックス手前中央のチャナティップが浮き球のパスを供給すると、ボックス右の駒井がダイレクトで中央に折り返す。中央で反応した荒野がこの日2得点目をマークして再び同点に持ち込んだ。

    目まぐるしく攻守が入れ替わる展開となっているこの試合。62分に今度は神戸がショートカウンターを発動する。左サイド高い位置でルーズになったボールを拾った酒井が中央にパスを供給。走り込んでいた山口がゴール左を射抜いて再びリードを奪う。

    試合はこのまま終了し、神戸は3試合ぶりに勝利。一方の札幌はリーグ再開後初の敗北を喫している。

    ■試合結果
    北海道コンサドーレ札幌 2-3 ヴィッセル神戸

    ■得点者
    札幌:荒野拓馬(29分、48分)
    神戸:山口蛍(31分、62分)、ドウグラス(45分)
    2020-08-02_18h19_46
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5d23e4c416d26be11e3dac3ef174a40115d64fe

    続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/08/01(土) 23:21:18.89 _USER9
    共同通信

    FC東京―鳥栖 後半、戦況を見守るFC東京・長谷川監督=味スタ

    1日に東京都調布市の味の素スタジアムで行われたサッカーJ1のFC東京―鳥栖が、試合前に鳥栖に発熱者が確認されたにもかかわらず実施されたことが分かった。FC東京広報によると、1日午後に鳥栖側から連絡を受け、Jリーグに判断を求めた結果、新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づき試合開催に問題ないとの返答を受けたという。

    FC東京の長谷川健太監督は試合後、新型コロナへの懸念から「(試合を)やらないべきだ。(発熱者が)遠征に同行したなら、PCR検査を全員やって陰性なら安心してプレーできる。安心を担保できない中で試合をやらせるのは考えてもらいたい」と訴えた。
    2020-08-02_09h36_34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e22d310762d399ef17ab54379df9d3695f85de8

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/08/01(土) 21:02:34.50 _USER9
    浦和 1-1 清水
    [得点者]
    54'レオナルド(浦和)
    86'ヴァウド (清水)

    スタジアム:埼玉スタジアム2002
    入場者数:4,237人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080104/live#live


    FC東京 2-3 鳥栖
    [得点者]
    30'石井 快征 (鳥栖)
    39'レアンドロ (FC東京)
    43'森下 龍矢 (鳥栖)
    56'趙 東建  (鳥栖)
    86'オウンゴール(FC東京)

    スタジアム:味の素スタジアム
    入場者数:4,760人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080105/live#live


    湘南 0-1 C大阪
    [得点者]
    72'清武 弘嗣(C大阪)PK

    スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
    入場者数:3,494人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080106/live#live


    G大阪 0-1 川崎
    [得点者]
    48'大島 僚太(川崎)

    スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
    入場者数:4,925人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080107/live#live


    大分 1-4 鹿島
    [得点者]
    06'髙澤 優也 (大分)
    15'エヴェラウド(鹿島)
    38'エヴェラウド(鹿島)PK
    55'エヴェラウド(鹿島)
    90+5'伊藤 翔 (鹿島)
    スタジアム:昭和電工ドーム大分
    入場者数:4,225人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080108/live#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    32: 久太郎 ★ 2020/08/01(土) 21:05:45.32 _USER9
    >>1
    首位川崎フロンターレが上位決戦制して7連勝!鹿島はエヴェラウド3発で2勝目【J1第8節まとめ】

    明治安田生命J1リーグ第8節の試合が各地で開催された。2日に予定される北海道コンサドーレ札幌対ヴィッセル神戸戦を除いて8試合が1日に行われている。

    【写真で振り返る】発足して28年目のJリーグ。歴代MVPの功績を辿る

    18時キックオフの試合では、横浜F・マリノスが後半アディショナルタイムの劇的ゴールでベガルタ仙台に1-0の勝利。柏レイソルは好調オルンガの今季9点目となるゴールで名古屋グランパスを下して4連勝を飾り、サンフレッチェ広島は横浜FCに2-0の勝利を収めた。

    浦和レッズ対清水エスパルス戦は0-0で迎えた54分、スローインからのボールを受けたレオナルドがゴール前に持ち込み、切り返しから右足シュートを流し込んで浦和が先制。だが86分にはヴァウドのヘディング弾で清水が同点とし、1-1のドローに終わった。

    FC東京対サガン鳥栖戦は前半30分に石井快征の2試合連続ゴールで鳥栖が先制。FC東京もレアンドロの鮮やかな直接FK弾で追いついたが、43分には森下龍矢が強烈なミドルを突き刺して再び鳥栖がリードを奪う。

    さらに56分、ゴール前にこぼれたボールに反応した趙東建がボレーで突き刺して2点差に。86分にはFC東京がオウンゴールで1点差に詰め寄ったが、今季J1で唯一の未勝利チームだった鳥栖が3-2で待望の初勝利を挙げた。

    湘南ベルマーレ対セレッソ大阪戦は坂元達裕が倒されて獲得したPKを清武弘嗣が決めて72分にC大阪が先制。そのまま1-0でC大阪が勝利を収めている。

    6連勝で首位を走る川崎フロンターレは、4連勝中で暫定2位に位置していたガンバ大阪との上位対決。後半立ち上がりの48分に大島僚太がエリア手前からのダイレクトシュートを突き刺し、この1点で川崎FがJ1でのクラブ新記録となる7連勝を飾った。

    苦しい戦いの続く鹿島アントラーズは大分トリニータと対戦し、前半5分には高澤優也に先制ゴールを許す。だがエヴァラウドがPK1本を含むハットトリックを達成する活躍で逆転。終了間際には伊藤翔が4点目を加え、4-1で今季2勝目を挙げている。

    この結果、川崎Fが2位に5ポイント差をつけて抜け出す展開に。その2位にはG大阪を上回ったC大阪が浮上している。下位では湘南が単独最下位に転落した。

    ▼J1第8節
     仙台 0-1 横浜FM
     横浜FC 0-2 広島
     名古屋 0-1 柏
     浦和 1-1 清水
     FC東京 2-3 鳥栖
     湘南 0-1 C大阪
     G大阪 0-1 川崎F
     大分 1-4 鹿島
     札幌 vs 神戸(2日)
    1580466381861
    https://news.yahoo.co.jp/articles/95b628af2ba6931086865a6efd61276aabe39f4e

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/08/01(土) 20:01:31.85 _USER9
    仙台 0-1 横浜FM
    [得点者]
    90+5'マルコス ジュニオール(横浜FM)

    スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
    入場者数:2,758人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080101/live#live


    横浜FC 0-2 広島
    [得点者]
    22'森島 司       (広島)
    37'ドウグラス ヴィエイラ(広島)

    スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
    入場者数:2,528人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080102/live#live



    名古屋 0-1 柏
    [得点者]
    71'オルンガ(柏)

    スタジアム:豊田スタジアム
    入場者数:4,678人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080103/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/ 

    11: 久太郎 ★ 2020/08/01(土) 20:04:47.89 _USER9
    >>1
    オルンガの4戦連続弾で柏レイソル4連勝。マリノスは後半AT弾で劇的白星

    明治安田生命J1リーグ第8節の試合が1日に各地で開催されている。18時キックオフのカードとしては3試合が行われた。

    【写真で振り返る】発足して28年目のJリーグ。歴代MVPの功績を辿る

    前節時点で11位と調子の上がらない王者横浜F・マリノスはアウェイでベガルタ仙台と対戦。開幕戦以来の復帰を果たしたGK朴一圭の好守もあり無失点には抑えたがゴールも奪えず、スコアレスドローに終わるかと思われた。

    だが後半アディショナルタイムも残りわずかとなった95分、左からのクロスに合わせたマルコス・ジュニオールが値千金の決勝ゴール。昨季得点王の一人が大きな仕事をやり遂げ、横浜FMが1-0の勝利を飾った。

    横浜FC対サンフレッチェ広島戦は前半に広島が2点をリード。まずは前半22分、ゴール前で東俊希からのパスを受け巧みにDFと入れ替わった森島司が冷静に流し込んで先制点を奪う。

    さらに37分、CKを一旦跳ね返されたあとの展開から、青山敏弘のクロスをフリーで受けたドウグラス・ヴィエイラが胸トラップからのシュートを決めて追加点。そのまま後半はスコアが動かず、広島が開幕2連勝以来5試合ぶりとなる白星を挙げた。横浜FCは4連敗。

    広島との前節の試合が選手らの新型コロナウイルス感染の影響で中止された名古屋グランパスは、ホームに柏レイソルを迎えての試合。両チームともに3連勝中と好調同士の激突は、J1でも爆発中のストライカーによる1点で決着した。

    71分、江坂任からの縦パスを受け抜け出したオルンガがGKより先に触ってシュートを流し込む。得点ランキング首位を走るオルンガの今季9点目となる4試合連続弾が決勝点となり、柏が1-0で4連勝を飾った。
    20190817_Jleague_getty
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f5ee3c42663f9869f85d0956739c5c412081183

    続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/07/30(木) 18:55:33.36 _USER9
    制限付きながらスタジアム観戦が可能になったJリーグの観客動員は、現状上限5000人。J1クラブにとって少ない数だが、実際には4000人を下回ったカードも少なくない。

    新型コロナウイルスの不安と向き合いながら、収益と安全の境界でチケット販売の苦闘が透けて見える。

    J1では7月11日の第4節から観客を入れての開催を再開。最多入場者数は22日のC大阪―神戸戦の4981人。満席になった例はない。

    小学生未満の子どもは無料で観戦できるため、売り出すチケット数を5000からあらかじめ数百枚減らし、余裕を持たせる必要があるからだ。

    感染リスクを低減するため、独自の制限を設けるクラブもある。仙台は収容人数約2万人の本拠地ユアテックスタジアム仙台で、観客間の十分な距離を取るため3400人を上限とした。

    熱狂的なサポーターを持つ浦和は、12日の鹿島戦で約4000枚を用意し、3094人の動員にとどまった。長期シーズンチケット保有者に販路を狭めたことも影響したことから、販売対象を見直した。

    チケット購入者が観戦を取りやめるケースもある。湘南ではアンケートしたところ、7割以上が「感染が怖いから」という答えが返ってきた。

    2試合ともに4724人が入った川崎でも、完売まで3、4日を要した。担当者は「正直、一瞬(で完売)と思ったが、このような感染状況で様子を見ているのだろう」とみる。

    新型コロナの新規感染者が増加傾向にあり、ファンの警戒も強まっていそうだ。

    Jリーグは8月1日から予定していた収容50%への引き上げを見合わせた。サッカーのある日常は戻ってきたが、依然として新型コロナの脅威は残ったままだ。
    2020-07-30_21h24_07
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073001073&g=spo


    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/07/26(日) 21:00:57.69 _USER9
    清水 4-2 大分
    [得点者]
    41'ファン ソッコ     (清水)
    57'カルリーニョス ジュニオ(清水)
    70'立田 悠悟       (清水)
    84'ヴァウド        (清水)
    88'知念 慶        (大分)
    88'髙澤 優也       (大分)

    スタジアム:IAIスタジアム日本平
    入場者数:2,697人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/072603/live#live

    ※雷雨の影響で一時中断



    柏 5-1 仙台
    [得点者]
    20'仲間 隼斗(柏)
    40'オルンガ (柏)
    48'西村 拓真(仙台)
    58'オルンガ (柏)
    73'オルンガ (柏)
    86'瀬川 祐輔(柏)

    スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
    入場者数:2,500人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/072606/live#live


    川崎 3-1 湘南
    [得点者]
    57'タリク  (湘南)
    61'山根 視来(川崎)
    78'三笘 薫 (川崎)
    88'田中 碧 (川崎)

    スタジアム:等々力陸上競技場
    入場者数:4,724人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/072607/live#live


    神戸 0-2 G大阪
    [得点者]
    62'小野 裕二 (G大阪)
    86'宇佐美 貴史(G大阪)

    スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
    入場者数:4,746人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/072608/live#live


    鳥栖 1-1 C大阪
    [得点者]
    51'石井 快征(鳥栖)
    75'坂元 達裕(C大阪)

    スタジアム:駅前不動産スタジアム
    入場者数:3,413人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/072609/live#live

    ※観客動員数は上限5000人

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    14: 久太郎 ★ 2020/07/26(日) 21:02:34.44 _USER9
    >>1
    オルンガがハットトリック、江坂が“美しい”2アシスト! 柏が仙台を5-1で下して3連勝!!

    J1リーグの柏レイソル対ベガルタ仙台が7月26日、三協フロンテア柏スタジアムで行なわれ、ホームの柏が5-1で快勝した。

    序盤はテンポの良いパスワークでリズムを掴んだ仙台が敵陣に押し込む。アレクサンドレ・ゲデス、赤﨑秀平、ジャーメイン良の3トップ(左から)がゴール前まで攻め込んだものの、身体を張ってシュートブロックする柏の守備を崩し切れなかった。

    すると20分、反転攻勢に出た柏が鋭い攻撃から先制に成功する。オルンガのポストを受けた江坂任がドリブルで持ち込み、引き付けたふたりのDFの間を抜く浮き球のスルーパスをゴール前に送る。そこに走り込んだのは仲間隼斗が、相手GKとの1対1を冷静に制した。

    35分に柏は、相手DFと接触した神谷優太が倒れ、そのままプレーを続行できず38分に瀬川祐輔と交代。すると、その瀬川がすぐに躍動する。40分、右サイドの裏に抜け出し、ライン際でなんとかクロスを上げる。ギリギリの体勢で上げながらも、ピンポイントのボールをゴール前のオルンガに送り、助っ人FWが難なく頭でネットを揺らした。

    後半に入ると、アウェーの仙台がジャーメインと蜂須賀孝治を下げ、西村拓真と石原崇兆を投入し、反撃に出る。すると采配が奏功し、48分には左サイドからのクロスがゴール前にこぼれ、すかさず途中出場の西村が詰めて1点を返した。

    しかし、前のめりになった仙台の裏を柏は見逃さなかった。58分、江坂のスルーパスに反応したオルンガが左サイドを抜け出し、ブロックにきた相手DFを巧みにかわしてゴール右にシュートを決めたのだ。

    その後は62分にオルンガのPKを小畑裕馬がセーブして仙台は勢いを取り戻すも、柏の守備をこじ開けられず。反面、柏は73分にオルンガが追加点を決めてハットトリックを達成し、86分には瀬川もゴールを決め、試合は5-1でタイムアップ。オルンガがハットトリック、そして江坂が“美しい”2アシストを決め、エースと10番が活躍した柏は仙台に快勝し、3連勝を飾った。
    2020-07-26_22h21_56
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2aea171f4dbc544bf27df660abe8e96738d90c8

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/07/26(日) 20:29:30.13 _USER9
    横浜FC 0-2 浦和
    [得点者]
    52'レオナルド  (浦和)
    90+3'エヴェルトン(浦和)

    スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
    入場者数:2,580人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/072602/live#live



    鹿島 2-2 FC東京
    [得点者]
    34'エヴェラウド(鹿島)
    45'渡辺 剛  (FC東京)
    45+5'森重 真人(FC東京)
    75'土居 聖真 (鹿島)

    スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
    入場者数:3,027人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/072605/live#live

    ※観客動員数は上限5000人


    ※広島×名古屋は、新型コロナウィルスの影響で本日の開催は中止。代替日は未定
    https://www.jleague.jp/news/article/17455/

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    3: 久太郎 ★ 2020/07/26(日) 20:30:10.94 _USER9
    >>1
    レオナルドで先制、エヴェルトンでダメ押し!! 完封勝利の浦和、3試合ぶり白星…横浜FCは3連敗

    [7.26 J1リーグ第7節 横浜FC 0-2 浦和 ニッパツ]

    J1リーグは26日、第7節を開催し、ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FCと浦和レッズが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半7分にFWレオナルドの得点で先制した浦和が、後半アディショナルタイムにMFエヴェルトンがダメ押しゴールを奪い、2-0の完封勝利を収めた。

    ここ3試合未勝利で2連敗中の横浜FCは7月22日の第6節横浜FM戦(●0-4)から先発2人を入れ替え、MF中村俊輔、DF袴田裕太郎らを先発起用。同じく2連敗中の浦和は第6節柏戦(●0-4)から先発5人を入れ替え、FW興梠慎三、MF青木拓矢、MF柏木陽介、DF鈴木大輔、今季初先発となるDF槙野智章らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

    序盤にボールを保持した横浜FCは、MF松尾佑介やFW斉藤光毅のドリブルがアクセントを加えて浦和ゴールに迫ろうとする。前半13分には左サイドから切れ込んだ斉藤が右足シュートを放つが枠外に。一方の浦和は同20分、MFマギーニョのパスミスに走り込んだMF柏木陽介がダイレクトで狙うも、GK南雄太に弾き出されてしまった。同25分には横浜FCがカウンター。ドリブルで運んだ斉藤のスルーパスからMF手塚康平が好機を迎えるも、シュートはゴールマウスを捉え切れなかった。

    前半29分には浦和が一瞬の隙を突くが、DF小林友希のパスミスを奪ったレオナルドが南のポジションを確認して放ったロングシュートは枠上に。同37分にはDF山中亮輔がミドルレンジから強烈な左足シュートを枠に飛ばすが、好反応を見せた南に阻まれてしまった。

    前半をスコアレスで折り返すと、後半7分に浦和が先制に成功。柏木の縦パスを受けたMF関根貴大がスルーパスを送ると、PA内に走り込んだレオナルドが左足ダイレクトで流し込み、スコアを1-0とした。

    1点のビハインドを背負った横浜FCは後半25分に3枚替えを行い、FW草野侑己、MF武田英二郎、DF田代真一をピッチへと送り込んで状況を打開しようと試みる。その後、ボールを保持した横浜FCだったが最後まで同点ゴールは生まれず。後半42分からは5バックを採用した浦和が、後半アディショナルタイムにMFエヴェルトンがダメ押しゴールを奪い2-0の完封勝利で3試合ぶりの白星を獲得した。
    2020-07-26_20h57_11
    https://news.yahoo.co.jp/articles/73063679cdac75c0130961aea20f5742b3a0f3cf

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/07/26(日) 15:04:42.25 _USER9
    札幌 3-1 横浜FM
    [得点者]
    15'天野 純 (横浜FM)
    16'駒井 善成(札幌)
    18'荒野 拓馬(札幌)
    89'金子 拓郎(札幌)

    スタジアム:札幌ドーム
    入場者数:3,305人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/072601/live#live

    ※観客動員数の上限は5000人

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    16: 久太郎 ★ 2020/07/26(日) 15:07:20.05 _USER9
    >>1
    マリノス、移籍前最終戦の遠藤渓太は17分で交代。コンサドーレ札幌に逆転許し黒星

    【北海道コンサドーレ札幌 3-1 横浜F・マリノス J1第7節】

    明治安田生命J1リーグ第7節の北海道コンサドーレ札幌対横浜F・マリノス戦が26日に行われ、ホームの札幌が3-1で勝利を収めた。

    横浜FMにとっては、前日にドイツのウニオン・ベルリンへの移籍合意が発表された遠藤渓太のラストマッチ。具体的な出発日は発表されていなかったが、試合前には「移籍前、最後の試合」とクラブ公式SNSで投稿され、今節を最後にチームを離れることが明言された。

    その遠藤も先発に名を連ねた横浜FMは、前半15分に先制点を奪うことに成功。ペナルティーエリア手前で水沼宏太からのパスを受けた天野純が素早く左足を振り抜き、ゴール右隅への強烈なグラウンダーミドルを突き刺した。

    だが札幌も反撃に転じ、一瞬のうちに試合をひっくり返してしまう。まずは失点のわずか1分後、ルーカス・フェルナンデスからのパスを受けエリア右側に侵入した駒井善成が自身のJ1初ゴールとなるシュートを決めて同点とする。

    さらにその2分後の18分、右サイドの突破からチャンスを迎えた札幌はチャナティップがキープしてGKを釣り出し荒野拓馬へラストパス。カバーに入るDF陣の間を抜くシュートをゴール左に突き刺し、札幌が2-1と逆転した。

    なお、札幌の2得点の間の17分には遠藤がピッチを退き、大津祐樹と交代。ベンチに座らずにドレッシングルームへと下がっており、何らかのアクシデントが起きた可能性も懸念される。

    菅大輝の強烈なシュートがGKの好守に阻まれるなど、その後も優位に試合を進めた札幌は前半を1点リードで折り返す。そのまま終盤を迎えた89分には横浜FM守備陣のミスでボールを奪うと、荒野のヒールパスから金子拓郎がJリーグ初得点となるゴールを流し込み、突き放した札幌が4試合ぶりの白星を飾った。

    【得点者】
    15分 0-1 天野純(横浜FM)
    16分 1-1 駒井善成(札幌)
    18分 2-1 荒野拓馬(札幌)
    89分 3-1 金子拓郎(札幌)
    20200725_endo_tanaka
    https://news.yahoo.co.jp/articles/35460ab02432429acd883f7f238a0d3a15a9a81f

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ