海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:Jリーグ

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/08(月) 02:59:16.48 ID:CAP_USER9.net


    鹿島アントラーズは住友金属工業(現在は新日鐵住金、2019年4月からは日本製鉄)、浦和レッドダイヤモンズは三菱自動車(現在は三菱重工業)といった具合に、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)では、多くのチームの親会社は重厚長大型企業だったが、最近は新興企業の進出が目立つ。

     
    IT大手のサイバーエージェントは10月1日、Jリーグ2部(J2)に所属するFC町田ゼルビアの経営権を取得したと発表した。ゼルビアのクラブ運営会社の第三者割当増資を引き受ける。出資額は11億4800万円で、全株式(議決権ベース)の80%を取得する。

     
    ゼルビアはJリーグのなかでも珍しい、地域・市民がつくり上げたサッカークラブだ。現在J2で3位につける町田は初優勝を狙う。だが、本拠地の町田市立陸上競技場の収容人数や練習施設などがJリーグ1部(J1)の基準を満たしておらず、J1への参加資格「JIライセンス」を取得できていない。仮に今季優勝しても、来季はJ1に昇格できない。

     
    サイバーエージェントの資金で天然芝の練習グランドやクラブハウスの整備に着手し、本拠地の改修計画もある。これによって早期のJ1ライセンス取得を目指す。

     
    サイバーエージェントは2016年4月に開局した、無料で視聴できるインターネットテレビ局「Abema(アベマ)TV」で、大相撲やプロ野球、サッカーなどのスポーツ番組を配信している。
    Jリーグへの参入でコンテンツの充実を図る狙いがある。

     
    サイバーエージェントは06年、東京ヴェルディに出資した。日本テレビ放送網に次ぐ大株主となり、サッカー好きの藤田晋社長がヴェルディの副社長を兼務していたが、わずか2年で撤退した。

     
    この点について藤田氏は、「当時は筆頭株主ではなく、なかなか思うような経営ができなくて撤退した。10年以上前は企業規模的にも支え切れなかった」と振り返る。

     
    一方で「僕がいたころのヴェルディは、選手補強費は断トツだったのに、それでも勝てず、サッカーって不思議だなと思った。決して日本テレビが悪いわけじゃない。誤解のないよう。ただ、限界を感じて撤退した」と、サッカー経営の難しさを感じたという。

     
    その上で「サッカーをやってよくわかったのが、サポータ-、スポンサー、選手、監督の顔色を窺い続けてもダメ。強いリーダーシップがないとサッカークラブは経営できないと学んだ。ですから今回、大多数の株式取得にこだわった」と、8割の株式を取得した意図を説明した。

     
    再挑戦については、「今回改めて、Jリーグの成長性、将来性に非常にポテンシャルが大きいと感じた。(ヴィッセル神戸を運営する楽天の)三木谷(浩史)さんが海外のスター選手(アンドレス・イニエスタ選手)を日本に呼ぶ流れもあるし、町田は東京発、世界に通じるビッグクラブへと成長させたいと考えている。ネットメディアの時代にクラブ経営は価値が大きい」と抱負を語った。



    https://biz-journal.jp/2018/10/post_25018.html
    2018.10.07
    続きを読む

    ダウンロード

    1:久太郎 ★:2018/10/06(土) 21:02:00.59 ID:CAP_USER9.net
    神戸 1-1 長崎
    [得点者]
    22'澤田 崇 (長崎)
    30'三原 雅俊(神戸)
    スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
    入場者数:22,349人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/100609/live/#live



    鳥栖 0-1 湘南
    [得点者]
    62'岡本 拓也(湘南)

    スタジアム:ベストアメニティスタジアム
    入場者数:11,557人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/100610/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    ダウンロード

    1:久太郎 ★:2018/10/06(土) 15:59:53.81 ID:CAP_USER9.net
    C大阪 0-1 G大阪
    [得点者]
    45'アデミウソン(G大阪)
    スタジアム:ヤンマースタジアム長居
    入場者数:34,303人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/100607/live/#live


    広島 0-3 柏
    [得点者]
    23'伊東 純也(柏)
    27'伊東 純也(柏)
    35'オルンガ (柏)
    スタジアム:エディオンスタジアム広島
    入場者数:11,683人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/100608/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/05(金) 23:04:26.30 ID:CAP_USER9.net
    J1リーグ第32節のヴィッセル神戸vsサガン鳥栖戦のチケットが完売したことを神戸のオフィシャルが発表した。

    5日11時より一般販売を開始したスペインのレジェンドが競演するこの一戦のチケットは、発売後1時間20分で全席種が販売予定数に達し、チケット完売。1時間20分での全席種完売は、ヴィッセル神戸のクラブ史上最速になるそうだ。神戸のホーム、ノエビアスタジアム神戸での試合について、8月11日のジュビロ磐田戦からは、7試合連続のチケット完売を記録。

    バルサが生んだ天才、イニエスタへの人気と期待が見受けることが出来る。また、ヴィッセル神戸の情報によると、ホームスタジアムで行われる試合で手に入るチケットは残すところ、12月1日に開催されるベガルタ仙台戦のみ。チケットの争奪戦が予想される。

    10/5(金) 20:13配信 スポルト
    2018-10-06_00h01_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00010014-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/05(金) 22:59:27.76 ID:CAP_USER9.net
    北海道コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督が、横浜F・マリノス戦後のフラッシュインタビューで、チャナティップのゴールがオフサイドで取り消されたことに不満を漏らした。

    札幌は5日の明治安田生命J1リーグ第29節で横浜FMと対戦し、1-2で敗れた。ペトロヴィッチ監督は「前半もチャンスを作れていたし、後半も進藤に2回ほどチャンスがあった。それ以外にもチャンスを多く作れていたと思う。私自身この試合は負けるに値していないゲームだと思う」と、痛恨の逆転負けに悔しさを滲ませた。

    さらに、指揮官は試合を振り返り「日本ではなかなか話すのにタブーなテーマが前半にあった」とコメント。チャナティップのゴールがオフサイドで取り消されたシーンについて、納得がいかない表情を浮かべた。

    前半15分に菅大輝の折り返しを、チャナティップがダイレクトで決めたが、ジェイがオフサイドポジションにいたとしてノーゴールの判定に。指揮官は「そこも含めて試合としてカギになった部分だったと思う」と続けた。

    「今日のゲームのように、引き続き残り6試合も全力で戦っていきたい」と終盤戦への意気込みを口にしたものの、「レフェリーのところは色々言いたいことはありますけど、今後の試合もそういったことを含めて我々に幸運が向いてくれることを信じている」と、最後までレフェリングに対しての不満は隠さなかった。

    札幌は28試合を終えて勝ち点44で暫定4位に位置。次節は20日にアウェイで湘南ベルマーレと対戦する。

    10/5(金) 22:16配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000022-goal-socc

    写真

    続きを読む

    ダウンロード

    1:久太郎 ★:2018/10/05(金) 21:30:15.17 ID:CAP_USER9.net
    横浜FM 2-1 札幌
    [得点者]
    21'ジェイ      (札幌)
    24'仲川 輝人    (横浜FM)
    42'ウーゴ ヴィエイラ(横浜FM)

    スタジアム:日産スタジアム
    入場者数:19,124人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/100501/livetxt/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/05(金) 13:01:27.03 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸は泥沼の連敗脱出へ、ようやくリージョ新体制が始動する。

    就労環境が整い、6日のホームV・ファーレン長崎戦からリージョ監督が正式に指揮を執る。

    4日の練習後、取材に応じた新監督は5連敗中の窮状に「本来持っている力を発揮できるようにしたい」と決意表明。

    一方で「試合はメロンみたいなもの。開いてみないと分からない」と独特の表現も披露した。右足の不安で2戦連続欠場中のMFイニエスタに関して「楽観視している」と話し、長崎戦での復帰が濃厚だ。

    10/5(金) 7:57配信 日刊スポーツ
    2018-10-05_14h25_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00352249-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/05(金) 08:06:10.22 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグ公式
    https://www.jleague.jp/sp/

    前節は、川崎フロンターレが最下位V・ファーレン長崎に勝ち、ガンバ大阪に敗れたサンフレッチェ広島を勝ち点で並び、得失点差で3上回って3月以来の首位に立った。

    一方、FC東京は清水エスパルスに敗れ、未勝利が8に延び5位に転落し、代わって3連勝の鹿島アントラーズが3位、連敗を2で止めた北海道コンサドーレ札幌が4位に浮上した。川崎Fと広島と、鹿島との勝ち点差は11と差がついた一方、鹿島と札幌、札幌と東京の勝ち点差はそれぞれ1と、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権争いは接戦だ。

    残留争いでは、G大阪が4連勝で降格圏を脱出し13位に浮上した一方、名古屋グランパスは2連敗でG大阪と勝ち点2差の15位、鳥栖は札幌に負けて無敗が4で止まり、名古屋と勝ち点1差でプレーオフ圏の16位に後退。柏レイソルも浦和レッズに逆転負けして、サガン鳥栖と勝ち点30で並び得失点差で3下回って降格圏の17位に転落。長崎との勝ち点差も3と接近している。今節は順位が直近同士の対戦やダービーなど“絶対に負けられない戦い”が目立つ。

    <1>鹿島-川崎F

    鹿島は川崎Fと相性が悪く、16年10月29日のホーム戦以降4連敗中、5試合連続未勝利の上、ホーム3連敗中。ただ、最も直近に戦ったルヴァン杯準々決勝では1勝1分け、2戦合計4-2で川崎Fを撃破しており、好感触を持っているはずだ。一方の川崎Fは、中盤の軸の1人、MF家長昭博が出場停止の上、MF中村憲剛もイエローカードを2枚受けているのが気掛かりなところだ。

    <2>ベガルタ仙台-浦和

    3連勝で6位に浮上した浦和と、2連敗で8位に後退した仙台は勝ち点で並んでいるが、得失点差では浦和が16差と大きく上回る。ACL出場圏内3位の鹿島との勝ち点差は4で、両チームともに勝ち点を積み上げたいところだが、リーグ戦は浦和が6連勝、7戦無敗と大きくリードしており、アウェーでも2連勝中だ。

    <3>セレッソ大阪-G大阪

    C大阪がACL圏内の鹿島と勝ち点4差の7位、G大阪が自動降格圏の17位柏、プレーオフ圏内の16位鳥栖と勝ち点3差で迎える“大阪ダービー”は、先を見据えると、どちらも決して負けられない状況だ。リーグ戦ではG大阪が2連勝を含む6戦無敗で、4月21日のホーム戦も1-0で勝つなど優位だ。その中、3戦連発の4ゴールと絶好調で、4月のホーム戦でも決勝弾を決めたFWファン・ウィジョが、累積警告で出場停止なのはG大阪にとってあまりに痛い。

    <4>鳥栖-湘南

    勝ち点30の鳥栖と2差の14位湘南ベルマーレとの、文字どおりの生き残りマッチとなる。湘南がJ1に復帰し、2年ぶりに対戦した7月の試合は1-1のドローで、16年も1勝1分け。負けた方が残留争いで後退するだけに、一歩も引けないところだ。

    <5>広島-柏

    広島は1分け2敗、柏は1分け3敗と不調が続くが、広島は得失点差で首位を奪われた川崎Fからの首位奪還、柏も勝ち点で並ぶ鳥栖をかわしての自動降格圏脱出のためにも、勝ち点3をつかみたいところだ。広島は3戦で1ゴールと決定力不足に陥っているだけに、9月22日のFC東京戦でゴールを決めた、エースのパトリックの2戦ぶりのゴールに期待したい。一方、柏は4戦連発と絶好調のFW瀬川祐輔に期待だ。

    10/4(木) 22:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00352084-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/10/02(火) 21:00:18.73 ID:CAP_USER9.net
    J1の北海道コンサドーレ札幌に所属するFWジェイ(ジェイ・ボスロイド)は、英メディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに答え、自身のキャリアや日英の文化の違いについてコメントしている。

    現在36歳のジェイは、キャリア初期にはイタリアのペルージャでプレーしたほか、イングランドの複数クラブを転々。2010年にはチャンピオンシップ(2部)のカーディフ・シティでの活躍が認められ、イングランドA代表デビューを飾った。

    ジェイは「犯罪と暴力の中で育った」と幼少時の環境を振り返りつつ、「最高レベルでプレーすることがずっと目標だった。プレミアリーグでプレーし、国の代表としてプレーし、できる限り活躍すること。その目標を達成できたと思う」と述べている。

    しかしイングランド代表での出場は1試合のみに終わり、その後プレミアリーグで大きな活躍を見せることもできなかった。「正直に言って、自分のポテンシャルに見合う実績を残せなかったと思う」とジェイは語る。

    その理由については「若かった頃の自分の姿勢のせいだ」と分析。「姿勢が良くなかった。20歳の頃なら何でも他人の失敗のせいにしてしまうが、年齢を重ねればもう少し自分を客観的に見て、そこから学ぶことができる」と続けた。

    一方でジェイは、日本と英国の違いにも言及。「飲酒運転をすればこの国では二度とプレーできない。イングランドでは罰金を受けても週末にはまたプレーしている」「欧米にはタトゥーを入れている人が多いが、ごく小さなものだったとしても、日本ではサウナや温泉やプールには入れない。伝統的に“ヤクザ”の一員だとみなされてしまうからだ」と語っている。
    20180409_bothroyd_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00291528-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ