海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:J1

    1: Egg ★ 2018/12/03(月) 22:39:17.96 _USER9
    ●前半戦と後半戦の順位表から明暗くっきり、前後半でそれぞれ“主役”を担ったのは?
     
    J1リーグは1日にシーズン最終戦の第34節が各地で行われ、最終順位が決定した。川崎フロンターレが連覇を飾り、16位のジュビロ磐田がJ1参入プレーオフに回る一方、17位の柏レイソルと18位のV・ファーレン長崎はJ2自動降格が決まっている。J1全34節を終えたなか、前半戦(1~17節)と後半戦(18~34節)の順位表とともに、前後半戦の成績差から“勢いの落差”をチェック。果たして、どのクラブが最も加速し、最も失速したのか――。

    J1は前半戦と後半戦で明暗が鮮明に分かれた。その差は二つの順位表を見ると明らかで、さらに両順位表から後半戦における好不調クラブが浮き彫りとなっている。

    no title


    【図1】2018 J1リーグ 前半戦「1節~17節」成績【画像:Football ZONE web】
     
    前半戦(1~17節)の主役はサンフレッチェ広島だ(前半戦順位【図1】)。今季から率いる城福浩監督の下、ブラジル人FWパトリックを中心に勝ち点を積み重ね、17節を終えた段階で13勝2分2敗の勝ち点41。2位のFC東京が勝ち点34で追走していたものの、その時点で勝ち点7差がつくなど破竹の勢いを見せた。その一方、18位名古屋グランパス、17位サガン鳥栖、16位ガンバ大阪などが苦戦を強いられていた。とりわけ名古屋は17試合で2勝のみで、最少得点(15)、最多失点(33)と危機的状況に陥っていたのが分かる。

    no title


    【図2】2018 J1リーグ 後半戦「18節~34節」成績【画像:Football ZONE web】

    後半戦(18~34節)の順位表【図2】に目を向けると、連覇を遂げた川崎がコンスタントに結果を残して最多勝ち点を積み重ねた一方、前半戦で低迷していたクラブの巻き返しが際立つ。なかでも第18節にレヴィー・クルピ前監督から宮本恒靖新監督にシフトしたG大阪(前半戦16位)は、第25節から破竹の9連勝。

    最終節こそ柏レイソルに2-4と敗れてクラブ新記録更新は逃したが、後半戦で主役級の存在感を放った。一方、後半戦では長崎が最少勝ち点でJ2降格の憂き目に遭い、前半戦2位のFC東京が一転して後半戦は17位と低迷するなど勢いが衰えた。

    >>2以降につづく

    2018.12.02 フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/151458

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/01(土) 16:07:52.26 _USER9
    明治安田生命J1リーグは1日に最終節が開催。今シーズンの全日程が終了し、最終順位が確定した。

    J1は川崎Fが昨年に続いて優勝を達成。2位に広島、3位に鹿島が入り、この3チームが来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得した。なお、4位の札幌にもACL出場権獲得の可能性があり、天皇杯で鹿島が優勝した場合に繰り上げ出場となる。

    一方でJ2に降格したのは、17位の柏と18位の長崎。柏は9年ぶりの降格となり、長崎は1年でのJ2降格となった。

    そして、J1参入プレーオフに出場する16位には磐田が入った。磐田は12月8日の決定戦で、横浜FCと東京ヴェルディの勝者と対戦。引き分け以上でJ1残留が決まるが、敗れた場合はJ2降格となる。

    2018シーズンのJ1最終順位は以下の通り。

    1位:川崎フロンターレ(69、30)
    2位:サンフレッチェ広島(57、12)
    3位:鹿島アントラーズ(56、11)
    4位:北海道コンサドーレ札幌(55、0)
    5位:浦和レッズ(51、12)
    6位:FC東京(50、5)
    7位:セレッソ大阪(50、1)
    8位:清水エスパルス(49、8)
    9位:ガンバ大阪(48、-5)
    10位:ヴィッセル神戸(45、-7)
    11位:ベガルタ仙台(45、-10)
    12位:横浜F・マリノス(41、0)
    13位:湘南ベルマーレ(41、-5)
    14位:サガン鳥栖(41、-5)
    15位:名古屋グランパス(41、-7)
    16位:ジュビロ磐田(41、-13)
    17位:柏レイソル(39、-7)
    18位:V・ファーレン長崎(30、-20)

    カッコ内は勝ち点、得失点差

    12/1(土) 16:00配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010010-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    ダウンロード

    1:久太郎 ★:2018/11/10(土) 15:59:08.24 ID:CAP_USER9.net
    札幌 1-2 浦和
    [得点者]
    6'武藤 雄樹 (浦和)
    25'進藤 亮佑(札幌)
    35'武藤 雄樹(浦和)

    スタジアム:札幌厚別公園競技場
    入場者数:12,723人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/111001/live/#live


    FC東京 0-0 磐田
    [得点者]
    なし
    スタジアム:味の素スタジアム
    入場者数:24,323人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/111003/live/#live


    清水 2-0 名古屋
    [得点者]
    59'北川 航也(清水)
    65'ドウグラス(清水)

    スタジアム:IAIスタジアム日本平
    入場者数:17,974人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/111004/live/#live


    C大阪 2-1 川崎
    [得点者]
    55'杉本 健勇 (C大阪)
    90'家長 昭博 (川崎)PK
    90+4'山村 和也(C大阪)
    スタジアム:ヤンマースタジアム長居
    入場者数:26,600人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/111006/live/#live


    神戸 0-0 鳥栖
    [得点者]
    なし
    スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
    入場者数:26,603人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/111007/live/#live


    広島 0-1 仙台
    [得点者]
    67'石原 直樹(仙台)

    スタジアム:エディオンスタジアム広島
    入場者数:13,091人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/111008/live/#live


    長崎 0-1 横浜FM
    [得点者]
    74'伊藤 翔(横浜FM)

    スタジアム:トランスコスモススタジアム長崎
    入場者数:13,226人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/111009/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/06(火) 22:04:02.07 ID:CAP_USER9.net
    終盤戦に入っているJ1の2試合が6日、行われた。

    J1残留をかけて戦っている2クラブが登場し、柏はホームで2-3と鹿島に敗戦。名古屋はC大阪に1-0で勝利した。この結果、柏は残り試合が他クラブより1試合少ない状態で自動降格圏内の17位と非常に苦しい状況に追い込まれた。

    柏は瀬川が2得点を挙げ、一時はリードしたものの、後半にカウンターから最後は山口に決められた。名古屋は後半に相馬が挙げたゴールが決勝点となった。

    この日の2試合の結果、J1残留争いにも動きが出た。最下位18位の長崎は勝ち点29で、10日の横浜M戦の結果次第で自動降格圏の17位以下が確定してしまう。しかし、J2でJ1ライセンスを持たない町田が2位以上に入ると、J1からの自動降格が1チームとなるため(18位が降格、17位がプレーオフへ)、J1残留の可能性が残る。

    17位の柏も同様に厳しい。鹿島がACL決勝を控えているため、他クラブと比べて前倒しする形でこの日の試合開催となった。しかし、敗れたため勝ち点33で16位の鳥栖と3差。しかも、残り試合は1試合少ないという崖っぷちに追い込まれたが、長崎と同じくJ2町田の動向に今後が大きく左右されるため、1つでも順位を上げておきたい。

    なお、町田は残り2試合で首位松本に勝ち点差1の3位につけている。

    名古屋はこの日の勝利で降格圏を脱出して15位に浮上した。以下、J1下位の順位表。点差は得失点差。

            勝点 点差

    (13)横浜M 38  1

    (14)湘南  37 -5

    (15)名古屋 37 -6

    (16)鳥栖  36 -6

    (17)柏   33 -12

    (18)長崎  29 -18

    11/6(火) 21:26配信
    2018-11-07_07h52_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000100-dal-socc
    続きを読む

    ダウンロード

    1:久太郎 ★:2018/11/06(火) 21:00:30.48 ID:CAP_USER9.net
    C大阪 0-1 名古屋
    [得点者]
    53'相馬 勇紀(名古屋)

    スタジアム:キンチョウスタジアム
    入場者数:12,027人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/110601/preview/#live

    柏 2-3 鹿島
    [得点者]
    6'金森 健志 (鹿島)
    9'瀬川 祐輔 (柏)
    24'瀬川 祐輔(柏)
    28'町田 浩樹(鹿島)
    61'山口 一真(鹿島)

    スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
    入場者数:9,255人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/110602/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    ダウンロード

    1:久太郎 ★:2018/11/03(土) 16:00:24.71 ID:CAP_USER9.net
    川崎 3-0 柏
    [得点者]
    21'家長 昭博(川崎)
    33'谷口 彰悟(川崎)
    89'阿部 浩之(川崎)

    スタジアム:等々力陸上競技場
    入場者数:24,487人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/110306/preview/#live


    横浜FM 0-1 FC東京
    [得点者]
    15'チャン ヒョンス(FC東京)

    スタジアム:日産スタジアム
    入場者数:27,252人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/110307/live/#live


    磐田 3-2 広島
    [得点者]
    31'ティーラシン(広島)
    59'和田 拓也 (広島)
    65'川又 堅碁 (磐田)
    80'櫻内 渚  (磐田)
    90'+8' 小川航基(磐田) PK

    スタジアム:ヤマハスタジアム(磐田)
    入場者数:14,657人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/110308/live/#live


    名古屋 1-2 神戸
    [得点者]
    10'ルーカス ポドルスキ(神戸)
    46'玉田 圭司     (名古屋)
    85'ルーカス ポドルスキ(神戸)

    スタジアム:豊田スタジアム
    入場者数:41,044人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/110309/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/02(金) 22:19:14.01 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1第31節 清水0―0湘南(2018年11月2日 BMWス)

    清水のヤン・ヨンソン監督が2日の湘南戦(BMWス)でピッチの中に入ってボールを蹴り返し、退席処分となった。

    両チーム無得点で迎えた後半20分、ピッチ中央でボールを受けた清水MF河井に対して湘南MF金子がアフター気味にチャージ。河井はピッチに倒れ込んだが、家本主審は清水のアドバンテージを見てファウルを流し、プレーを続行させた。

    だが、直後にボールは湘南側に。ファウルが流されたことに対してか、ヨンソン監督は身ぶり手ぶりを交えて激怒した。ファウルを受けた河井はピッチ中央で倒れたままだったため、湘南FW小川はボールを外に。するとタッチライン際で怒りをあらわにしていたスーツ姿のヨンソン監督が、ラインをまたいでピッチの中に侵入。革靴でこのボールを蹴り返した。

    家本主審は金子にイエローカードを提示した後、ヨンソン監督に退席を宣告。指揮官がまさかの退席処分となった清水だが、篠田善之コーチが代わって指揮を執り、アウェーで0―0で引き分けた。

    11/2(金) 21:28配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000170-spnannex-socc

    写真
    2018-11-03_01h12_06
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/31(水) 20:55:40.16 ID:CAP_USER9.net
    鹿島 1-0 C大阪
    [得点者]
    52'小田 逸稀(鹿島)


    ※ACL決勝の影響により11/3予定の試合の繰り上げ

    スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
    入場者数:9,233人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/103101/livetxt/#live



    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    12:久太郎 ★:2018/10/31(水) 20:57:52.14 ID:CAP_USER9.net
    >>1
    鹿島、C大阪下して暫定3位浮上!! スタメン9人変更も20歳DFが初ゴール

    [10.31 J1第31節 鹿島1-0C大阪 カシマ]

    J1リーグは31日、第31節1試合を行い、3日後にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦を控える鹿島アントラーズがホームでセレッソ大阪と対戦した。連戦の消耗を避けるべく若手主体のメンバー構成で臨んだが、1-0で勝利。勝ち点49で暫定3位に浮上し、来季のACL出場権争いでも一歩前進した。

    ホームの鹿島は直近の公式戦である24日のACL準決勝第2戦・水原三星戦(△3-3)から、GKクォン・スンテとDF昌子源以外の9人を変更。今季初出場のMF久保田和音、出場3試合目のMF田中稔也、5試合目のDF小田逸稀ら、これまでなかなか出番を得られていなかった若手中心のメンバー構成に踏み切った。

    対するC大阪は今月20日に行われた前節のFC東京戦(○1-0)から1人を変更し、負傷のMF清武弘嗣に代わってMF高木俊幸を起用。現在の順位はACL出場圏内の3位札幌と勝ち点4差につけており、2年連続のアジア進出に向けて勝利が義務付けられるアウェーゲームに臨んだ。

    最初の決定機は鹿島。前半28分、田中がFW金森健志とのワンツーでPA右を抜け出し、角度のない場所から鋭いシュートを放つ。一度はGKキム・ジンヒョンに阻まれたが、跳ね返りに詰めたFW山口一真が右足ダイレクトシュート。これはうまくヒットせず、わずかにポスト右へと外れた。

    対するC大阪は前半41分、MFソウザの縦パスがPA左に通ると、高木がカットインすると見せかけマイナス方向へのクロスを配給。ニアに入ったMF水沼宏太をすり抜け、FW柿谷曜一朗が左足ダイレクトで合わせたが、左ポスト際を突いたシュートはクォン・スンテがブロックした。

    互いにスコアレスで迎えた後半7分、鹿島が先にスコアを動かした。山口の果敢なミドルシュートが相手に当たって左CKを獲得すると、MF永木亮太がニアサイドに蹴り込む。ハイジャンプで合わせたのは小田。鋭くゴールに飛んだボールをキム・ジンヒョンがキャッチし損ねると、こぼれたボールがわずかにゴールラインを割ったという判定が下され、プロ2年目20歳での初ゴールとなった。

    終盤は一進一退の攻防。鹿島は後半30分、久保田のスルーパスに山口が抜け出したが、左足シュートはキム・ジンヒョンがブロック。C大阪は同35分、FW杉本健勇の決定的ヘッドがゴールを襲ったが、クォン・スンテが左手一本でセーブした。同36分にはキム・ジンヒョンにもビッグセーブ。両守護神が数多くの見せ場を作った試合はそのままタイムアップを迎え、鹿島がACL出場権争いをリードした。
    2018-10-31_22h16_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-04022318-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/21(日) 17:56:57.97 ID:CAP_USER9.net
    長崎 0-0 磐田
    [得点者]
    なし
    スタジアム:トランスコスモススタジアム長崎
    入場者数:15,502人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/102116/livetxt/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    7:久太郎 ★:2018/10/21(日) 17:58:24.29 ID:CAP_USER9.net
    >>1
    白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節

    明治安田生命J1リーグ第30節のV・ファーレン長崎対ジュビロ磐田が21日にトランスコスモススタジアム長崎で開催された。

    ここまで8勝4分け17敗で最下位に低迷する長崎(勝ち点28)と、同8勝9分け11敗と試合開始時点で17位と苦しむ磐田(勝ち点33)による残留に向けたシックスポインター。ホームの長崎は、1-1で引き分けた前節のヴィッセル神戸戦から大本、直前に負傷したとみられる徳重に変えて増田と中村慶を起用。対する磐田は、1-5で大敗した清水エスパルス戦から森下、大久保に変えて松浦と山田を起用している。

    試合序盤はホームの長崎が観客の声援を背に積極性を見せる。しかし、これをしっかりと食い止めた磐田は時間の経過とともに反撃に出る。山田とエレンのコンビネーションを活用し、左サイドを中心に長崎守備陣を打開しにかかる。

    ハーフタイムにかけては、ボール保持率を高めながら隙をうかがってサイドから攻める磐田に対して、長崎は縦に速いカウンターで対抗していく。35分には長崎にビッグチャンス。ロングボールから完全に抜け出したファンマだが、右足でのシュートはGKカミンスキにセーブされ、この一対一の絶好機を活かせなかった。

    迎えた後半、立ち上がりに磐田に押し込まれた長崎だが、54分にはセットプレーから決定機を迎える。中村慶がゴール前に入れた鋭い左CKに正面の黒木がヘッド。しかし、これは枠を捉えることができない。

    ゴールレスが続く中、先に動いたのは長崎で、60分に磯村に代わって新里を投入。一方、状況打開を狙う磐田の名波監督は、67分に松浦を下げて大久保を送り出す。大久保は、プロになって初となる地元・長崎での公式戦。敵ながらも地元のスターの帰還にスタジアムは大きく沸いた。

    その後も両者共に粘り強く戦って勝ち点3を目指すも、最後までゴールが生まれずに試合終了。残留に向けた白熱のシックスポインターは痛み分けの結果に終わった。なお、磐田はこれでリーグ6試合未勝利となっている。

    ■試合結果
    V・ファーレン長崎 0-0 ジュビロ磐田
    2018-10-21_18h59_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00010007-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/21(日) 13:57:21.23 ID:CAP_USER9.net
    21日の長崎対磐田戦でさらなる混戦状態も



    J1リーグは10月20日、各地で30節の7試合を開催。残留争いは依然として混迷を極めた状態となっている。

    唯一19日に行なわれた柏対名古屋は、アウェーの名古屋が前田直輝の今季7得点目が決勝点となり、1対0で勝利。勝点を34に伸ばして、降格圏から抜け出し14位に浮上。一方の柏は同33でプレーオフ出場圏の16位に後退した。

    20日に行なわれた残留争いの当該チームの結果では、17位の鳥栖が敵地で7位の仙台と対戦。鳥栖がジョアン・オマリの決勝ゴールで勝点3を積み上げた。鳥栖は勝点33で残留圏の15位に浮上した。

    残留争いでは、ともに上位に位置する12位のG大阪と10位の横浜の対戦は、勝てば残留へ大きく近づくであろう一戦。緊迫した好ゲームは小野瀬康介の移籍後初得点となるゴールが決勝点となり、G大阪がホームで勝ち切った。G大阪は勝点39で10位に浮上。一方の横浜は同38で11位に後退した。

    また13位の湘南は5位の札幌とホームで対戦し、2-2のドロー決着。勝点1を積み上げた湘南は、同36として13位をキープ。自動降格圏の17位とは勝点3差としている。

    敵地で首位の川崎と対戦した11位の神戸は、激しい点の取り合いの末に3-5で敗戦。イニエスタも川崎の攻撃サッカーの前に後半は沈黙を余儀なくされた。神戸は勝点37で12位に後退した。
     
    これで残留争いは、降格圏の17位・磐田(暫定)の勝点33から2勝差となる勝点6差内に8チームがひしめき合う状態に。今節終了時で残り4節となるが、大混戦が依然継続中だ。

    21日には17位の磐田と最下位・長崎による裏天王山ともいうべき大一番が行なわれるが、勝点33の磐田は勝利もしくは引き分けでも降格圏を脱出。一方で柏が自動降格圏の17位に、鳥栖はプレーオフ圏の16位に後退となる。長崎が勝利すれば、最下位から14位の名古屋の間も勝点3差にまで縮まる。混戦にさらに拍車がかかりそうだ。

    ただし、名古屋は順延試合を2つ、磐田は1つ残しており、この結果も残留争いの行方を大きく左右するだろう。

    10/20(土) 21:06配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00049052-sdigestw-socc

    順位表 
    http://www.soccerdigestweb.com/standings_j1/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ