海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:MOM

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 16:01:16.10 ID:CAP_USER*.net
    マインツFW武藤嘉紀が、再びブンデスリーガ公式サイトのマン・オブ・ザ・マッチに選出された。同選手は28日、第14節フランクフルト戦で1ゴールを挙げて、2-1の勝利に貢献している。

    武藤は開始5分、デ・ブラシスのクロスに合わせて先制点を決めると、数的優位になったことも手伝って、 2-1で勝利。長谷部誠が先発したフランクフルトを下した。

    ブンデスリーガ公式サイトは、「この試合最初のシュートを放ち、今季のマインツ最速ゴールを記録。機敏なマインツFWは、この試合最多となる4本のシュートを打った」と、武藤のプレーに触れている。

    武藤は今季7点目。ブンデスリーガ公式サイトのマン・オブ・ザ・マッチは3度目だ。
    2015-11-30_17h57_17
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00000028-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448866876/

     
    続きを読む


    2015-08-29_23h11_49
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 01:05:54.06 ID:???*.net
    ◇ブンデスリーガ マインツ3―0ハノーバー(2015年8月29日)

    マインツの日本代表FW武藤嘉紀(23)が29日、ホームのハノーバー戦で2ゴールを決めた。前半15分にブンデスリーガ初ゴールを決めると、同29分にはヘッドで2点目も決め、3点目の起点にもなる活躍。後半42分に退くまで、チームの全得点に絡んだ。

    武藤にとってマインツでの公式戦4試合目、リーグ3戦目で生まれたゴール。文句なしの活躍に、ブンデスリーガの公式サイトではマンオブザマッチに選出。「岡崎の代わり、という以上の活躍を見せた。技術があり、献身的なプレーを見せ、ハノーバーの守備を破る活躍で2ゴールを挙げた」と絶賛。

    また、ドイツ紙「ビルト」電子版でも「初の武藤ショー」と称し、ただ一人、チームで最高得点の1点(6段階で1が最高)を付けた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150829-00000145-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440864354/

     
    続きを読む



    169: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/01/20(火) 20:10:31.84 ID:f9NFqTBV0.net
    no title
    kagawa MOM

    パス成功率wwwww
    散らしまくりwww やばいな
    アギーレ解雇断固阻止!!!!


    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1421751991/

     
    続きを読む


    2014-10-26_17h59_56
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 17:02:15.67 ID:???0.net
    ハノーファーMF清武弘嗣は25日、ブンデスリーガ第9節ボルシア・ドルトムント戦で、直接FKから移籍後初ゴールを記録し、1-0の勝利へとチームを導いた。ブンデスリーガ公式ウェブサイトは、清武をマン・オブ・ザ・マッチに選出している。

    ともに3連敗と不振の両チームの対戦で勝負を決めたのは、清武の一発だった。MFレオナルド・ビッテンコートが得たFKを、清武が右足で沈める。これが決勝点となり、ハノーファーは4試合ぶりの白星。順位を7位に上げている。

    ブンデスリーガの公式ウェブサイトは、清武をマン・オブ・ザ・マッチに選出し、寸評で次のように評価している。

    「直接決めたFKでハノーファー移籍後初ゴールを決め、それがこの日の『ゴールデンゴール』(決勝点)となった。そのためには、たったの2本のシュートしか必要としなかった」

    また、チームメートのFWホセルは、次のようにコメントしている。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

    「ドルトムントはいつも難しい相手だけど、清武が決めた素晴らしいFKで勝ち点3を獲得した。
    彼には『キヨ、トレーニングのときみたいに決めてくれ』と言っていたんだ。スーパーゴールだったね。今日は、プレーもチームもスーパーだった」

    「僕らにはこの勝ち点3が必要だった。特に、自信のためにね。この勝利は来週に向けて、特に火曜の(DFB)ポカールの試合に向けて良い白星だ」

    10月26日(日)9時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141026-00000002-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414310535/


    続きを読む


    tumblr_ncsafmSYhz1qjdqo2o1_500
    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 21:50:52.41 ID:???0.net
    1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第2節、アンデルレヒト対ドルトムントは、 アウェーのドルトムントが3-0と快勝を収めた。

    ドイツ『キッカー』は、ドルトムントMF香川真司をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出している。

     ドルトムント全ゴールに絡んだ香川。3分にはFWチーロ・インモービレによる先制弾をアシストすると、69分には右を駆け上がるDFルカシュ・ピシュチェクにボールをさばき、そのアーリークロスをFWアドリアン・ラモスが決めて2-0に。その10分後には左を突破するFWピエール=エメリク・オーバメヤンにスルーパスを送り、同選手がペナルティーエリア中央に切り返したボールをA・ラモスが流し込んで3-0とした。

     『キッカー』(チーム平均点2.5)は、2ゴールを決めたA・ラモスとともに香川に1.5とチーム最高タイの採点をつけ、香川をマン・オブ・ザ・マッチにも選んでいる。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

     同メディアのマッチレポートでは、「香川は幾度も巧みなパスでアンデルレヒトの不安定な守備ラインを切り裂いた」と記され、寸評では次のような絶賛の言葉も記載している。

    「古巣復帰の香川真司の攻撃の起点となるプレーは、目の保養にもなる。試合を通して、封じられることはなかった」

     一方、DFソクラティス・パパスタソプロス、MFケヴィン・グロスクロイツは2が与えられ、GKロマン・ヴァイデンフェラー、MFセバスティアン・ケール、インモービレが2.5と並んだ。MFスヴェン・ベンダーとオーバメヤンは3と及第点、DFマルセル・シュメルツァー、ネヴェン・スボティッチは3.5とチーム最低タイの採点がつけられている。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20141002/int14100220570033-n1.html
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20141002/int14100220570033-n2.html
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1412254252/

    続きを読む

    2014-06-15_13h23_38
    [6.14 ブラジルW杯C組 日本1-2コートジボワール レシフェ]

     コートジボワール代表は14日(日本時間15日)、日本代表とのブラジルW杯初戦に臨み、2-1で勝利した。

     1点ビハインドの後半17分にベンチスタートとなっていたエースFWディディエ・ドログバを投入すると、流れが一瞬で変化。2分後の同19分にDFセル ジュ・オーリエのクロスをFWウィルフリード・ボニーが頭で合わせて同点。そのまた2分後の同21分には再びオーリエの右クロスにニアに飛び込んだFW ジェルビーニョが逆転ゴールを突き刺した。

     試合後にFIFA公式サイトで発表されたマン・オブ・ザ・マッチには、怪我で出場が心配されたもののフル出場を果たしたMFヤヤ・トゥレを選出。マッチレポートでは「象(コートジボワールの愛称)が日本を踏みつぶした」と見出しを付けて速報を出している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140615-00136404-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ