海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:U-23日本代表

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/28(土) 06:44:27.45 ID:CAP_USER9.net
    全試合失点、年下のカテゴリーの相手に3敗

    U-23日本代表のDF植田直通は、0-1で敗れた27日のU-21イングランド代表戦後、「このままではオリンピックでは戦えない」と断言。8月のリオデジャネイロ五輪の前哨戦と位置付けられていたトゥーロン国際大会で1勝3分という言い訳のできない散々な結果に終わったチームにダメ出しした。

    日本は最終ラインに故障者が相次ぐ不運もあったが、このトゥーロンでパラグアイU-21、ポルトガルU-20、そしてイングランドU-21と、手倉森Jよりも下の年代のチームに敗れた。同世代のギニアU-23代表チームには2-1で勝利したが、4試合すべてで失点を喫するなど大きな不安を残す結果となった。

    植田はこのままではオリンピック本大会で戦えないと厳しい言葉を残している。

    「疲労とか言ってられないぐらいの結果なので、練習が必要だと思います。僕はDFとして全試合失点していますし、改善していかないと。こんなんじゃオリンピックでは戦えないと思います。今回のような相手くらいには勝たないとオリンピックでは結果が出ない」

    「自分のチームで思ったことをやる」この世代の代表ではチームの要として力を尽くしてきた。予選からセンターバックでコンビを組んできたDF岩波拓也(神戸)は左ひざ内側側副じん帯を損傷し、全治6週間と診断された。植田は4試合すべてで先発フル出場を果たすなど、猛烈に自身の存在をアピールしようとしたが、結果は出なかった。

    「僕はDFなのでまずは失点しないことはもちろんですし、もっと得点が取れるように決定力を上げていかないといけない」とチーム、個人の両方の課題をしっかりと見つめている。

    「またここで課題も残ったと思うので、しっかり自分のチームに戻って自分が思ったことをやるのが一番だと思います」

    植田は本大会での躍進に向けて山積した課題に目を向けていた。
    2016-05-28_11h04_12
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160528-00010001-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 5月28日(土)6時0分配信
    続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 06:15:26.39 ID:CAP_USER*.net
    2016年2月13日6時0分スポーツ報知

     U―23(23歳以下)日本代表のF東京DF室屋成(21)が、左足首付近を骨折していることが12日、分かった。同日夜に緊急帰京した。全治は未定だが、3月下旬に予定されている同代表の海外遠征には参加できない見込み。今後の復帰時期にもよるが、8月のリオデジャネイロ五輪にも影響が出てくることは必至。主力の右サイドバック(SB)の負傷で、手倉森ジャパンに暗雲が垂れこめた。

     左膝から足首に厚く巻かれた包帯が、負傷の大きさを表していた。大事を取り、車いすに乗って宮崎空港に現れた室屋は無言のまま、羽田空港行きの飛行機へと乗り込んだ。

     F東京の宮崎・都城キャンプ初日となった11日、練習中の接触で左足首をひねるように痛めた。その場で動けなくなるほどではなかったが、練習後に宮崎県内の病院で検査を受けたところ、骨折していることが判明した。城福浩監督(54)は「まだ詳細に検査していないので細かい箇所や全治はこれから」と話しており、13日に都内の病院で精密検査を受けるもようだ。
    2016-02-13_07h03_59
    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20160212-OHT1T50220.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455311726/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 16:49:56.83 ID:CAP_USER*.net
    d7722905-4819-4f5f-9e30-4156ad4440ea

    先日行われたAFC U-23選手権で日本代表の右サイドバックを務め、大会MVP級の活躍を見せた室屋成。招集された23選手のうち唯一の大学生であったが、新シーズンからFC東京でプレーすることをさきほど発表した。

    そんな室屋には、ともに代表チームで戦ったU-23戦士たちからリプライが飛んでいる。見てみよう。



    今大会で室屋とともに最終ラインを組んだヴィッセル神戸DF岩波拓也。なかなか素敵なメッセージだ。岩波と室屋は同じ1994年生まれであり、ともに関西出身。今大会の合宿でも南野拓実を加えた3人で記念写真を撮っており、仲が良いようだ。



    室屋より一学年年下の小屋松知哉は、敬語で先輩にメッセージ。室屋も顔文字付きで、優しく返事を返している。



    予備登録メンバー入りを果たしたものの、“ラスト2枠”での落選となった鎌田大地はちゃきちゃきの若者言葉で室屋に反応。ちなみに鎌田は室屋より2つ年下。あれ…?



    アビスパ福岡FW金森健志だ。

    昨年末に沖縄で開催されたキャンプに参加しながらも、負傷のため離脱を余儀なくされていた金森。室屋とは同じ1994年生まれで誕生日も一日しか違わない(室屋は4月4日生まれ、金森は4月5日生まれ)なのだが、唐突に「帰れ」というメッセージを送っている。これも金森の愛情?

    @chantakexxx おつかれ
    -室屋成 (@muroya111) 2016, 2月 5

    金森のこのリプライに対して、室屋はこう“反撃”。どうやらこの2人はいつもこんな感じらしい。

    ちなみに、U-23代表チームがカタールに到着してからも両者はTwitterでやり取りをしており、この時室屋は金森のことを「たけし」と呼んでいる。で、この「帰れ」ツイートにさらに加わってきた選手もいて…



    それがサンフレッチェ広島MF野津田岳人。
    室屋はこういうキャラだったりする?

    http://qoly.jp/2016/02/05/U-23-member-replies-to-sei-muroya?part=2
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454658596/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 20:44:42.83 ID:CAP_USER*.net
    20160201_sekine_getty-560x373
    関根貴大(浦和レッズ)
    [ポジション]
    MF
    [生年月日]
    1995年4月19日生まれ
    [所属]
    浦和レッズ

    浦和の“赤き翼”は、埼玉スタジアムの熱狂的なサポーターが今最も期待を寄せる逸材だ。物怖じしない性格で勇猛果敢に右サイドをドリブルで駆け抜け、相手DFに困難をもたらす。昨年は6得点8アシストと、若くして浦和の攻撃の中核を担っている。不安を抱えていたスタミナや守備も改善の兆しを見せ、ここ数年で大きな成長を遂げている。

    ファン・ウェルメスケルケン・際(ドルトレヒト)
    [ポジション]
    DF
    [生年月日]
    1994年6月28日生まれ
    [所属]
    FCドルトレヒト(オランダ)

     ヴァンフォーレ甲府ユースから3年前に海を渡り、昨季終盤にエールディビジ(オランダ1部)デビューを果たすと、今季晴れてドルトレヒトとプロ契約を締結。チームは2部降格となったが際はレギュラーとして経験を積み重ねている。

    石毛秀樹(清水エスパルス)
    [ポジション]
    MF
    [生年月日]
    1994年9月21日生まれ
    [所属]
    清水エスパルス

     2012年に清水のトップチームに昇格。ナビスコカップ第2節のアルビレックス新潟戦で公式戦デビューを果たし、元清水の市川大祐が持つ17歳7か月のクラブ公式戦最年少出場記録を塗り替えた。
     
     昨季はJ1リーグで7試合に出場し3得点を記録。J3リーグのJリーグ・アンダー22選抜にも招集され6試合戦った。U-15の時から日本代表に選出され、各世代別代表として経験を積んできた石毛。
     
     しかし、リオデジャネイロ五輪出場権をかけたAFC U-23選手権のメンバーには選ばれなかった。だが、まだチャンスは残されている。今季J2リーグで戦う清水で結果を残し、夏に行われるオリンピックの出場を目指したいところだ。

    中村航輔(柏レイソル)
    [ポジション]
    GK
    [生年月日]
    1995年2月27日生まれ
    [所属]
    柏レイソル

     昨季期限付き移籍していたアビスパ福岡で輝きを放った。J2開幕当初は出番がなかったが、第10節のジュビロ磐田戦で移籍後初出場を果たすと、第24節の大宮アルディージャ戦から正守護神に定着。
    最終節のFC岐阜戦までフル出場を続け、福岡の躍進に貢献した。
     
     最後まで磐田との2位争いが続いたが、最終節が終了した時点で惜しくも3位となり、J1昇格プレーオフにまわることに。準決勝でV・ファーレン長崎を0-1で下すと、決勝戦のセレッソ大阪戦では後半終盤に追いつき劇的な優勝を決めている。いずれも中村はフル出場を果たし、福岡のJ1昇格に貢献していた。
     
     今季は柏に復帰し、J1リーグで戦う。リオデジャネイロ五輪出場権をかけたAFC U-23選手権の最終メンバーにも選ばれていた中村だが、直前になって負傷離脱。本大会では出場を目指したいところだ。
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454413482/

     
    続きを読む

    1: キヨシボンバイエ ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 23:46:17.90 ID:CAP_USER*.net
    U-23日本代表DF室屋成(21=明大)が、大学サッカーとJリーグの間で揺れる胸中を明かした。リオ五輪アジア最終予選では5試合に先発し、攻守両面で存在感を発揮。準々決勝イラン戦(22日)では延長前半にMF豊川雄太(21=岡山)の先制点につながるクロスを上げ、大きく株を上げた。

     メンバー唯一のアマチュア選手は「自分は大学生ということで去年一年は、少し遠慮して自分を出せないところもあって思い通りにいかなかった。でも大会を通じて少しずつ自信を持ってプレーできるようになって自分を出せるようになってきた」と手応えを語った。

     しかし“進路”の話題にはトーンダウン。大学生活を約1年残し、J1FC東京からプロ契約のオファーを受けているが「帰ってゆっくり考えたい。(明大サッカー部の)監督と部長と話し合ってからなので、まだ何も決まってない」と白紙の状態を強調。プロ入りには円満退部の必要があり、個人の一存では決断できないのだ。

     プロ入りして結果を残せば、五輪メンバー入りに大きく前進するものの「大学を選んだのは自分だし、4年間(大学サッカー部で)やりたい気持ちもある」。青森山田高卒業時にJリーグからのオファーを受けながらも明大進学を決意。こうした事情も室屋を悩ませている。

     将来を左右しかねない選択に、右サイドバックはどのような結論を出すのだろうか。
    2016-02-02_12h04_16
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000042-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454337977/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 20:47:24.34 ID:CAP_USER*.net
    U-23日本代表、バイエルン選手と写真を撮ってた!
    2016/02/01 19:00


    AFC U-23選手権の決勝で見事な逆転勝利を演じ、アジア王者に輝いた日本代表。

    今回の合宿中、意外な選手たちと遭遇していたようだ。

    no title
    CaFdN_AUcAAdluH
    こちらは、岩波拓也がツイートした内容だ。


    U-23日本代表たちと一緒に写っているのは、バイエルンのフランク・リベリとティアゴ・アルカンタラである。

    バイエルンはこのウインターブレイク期間中1月6日からカタールでミニキャンプを行っており、直前合宿中に参加していたU-23日本代表と同じホテルに滞在していたようだ。

    岩波が「少年の頃に戻ったみたいに写真をみんなで撮ってもらいました」と記した通り、みんないい笑顔!

    決勝の韓国戦で値千金の同点ゴールを決めた矢島慎也は、「チアゴいい人すぎ!!笑」とその人間性を絶賛していた。

    "93年世代”矢島からのリプライに、”94年世代”の岩波は敬語で反応していた。

    31日に行われた帰国記者会見の様子はこちらから。
    https://www.youtube.com/watch?time_continue=301&v=sp-U7dhflu4


    http://qoly.jp/2016/02/01/u-23-japan-national-team-with-bayern-players
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454327244/

     
    続きを読む

    1: プーアル ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 14:39:32.35 ID:CAP_USER*.net
    厳しいことを言うようだけど、日本が“強かった”わけではないことも、受け止めておくべきだね。90分間をとおして見れば、韓国に圧倒される時間のほうが長かったからね。韓国の足が動いていた前半や後半の序盤は押されていたし、実際に2点を先に取られている。この事実を見過ごしてはいけないよ。

     ヒーローになった浅野も、果たして90分間プレーしたらどうなのか。もちろん、浅野の途中投入は戦術的に有効だけど、個のレベルアップを考えたらスタメンで活躍できる選手にならないといけないよね。所属クラブのサンフレッチェでも、U-23代表でもスーパーサブとして起用されているのは、まだ浅野には「スタメンから使いたい」と思わせる力がないからなんだ。

     同じことは、他の選手にも言えるよね。手倉森監督は毎試合、選手をターンオーバーして使っていた。 短期決戦ではコンディション調整が大きなポイントになるから、その判断は理解できる。でも、ここまで選手を入れ替えるチームは珍しいでしょ? つまりは、絶対的な存在がいなかったから、スタメンを固定できなかったともとれるんだ。

     僕がこの大会のMVPを選ぶとすれば、GKの櫛引かな。唯一、不動のレギュラーと言える存在感を見せたし、彼がコンスタントに活躍したから日本は接戦をものにできた。A代表の仲間に入ってもおかしくないと思うよ。レギュラーを獲れるかは別として、西川や東口、川島たちと競わせるのは悪くない手だよね。

     一方で、攻撃的なポジションに、これといった選手がいないのは寂しいね。浅野がインパクトを残したのは決勝だけだし、南野はノーゴールで大会を終えている。エースと期待された久保も含めて、もう一段レベルアップしないとA代表の主力を脅かす存在にはなれないよ。

     まあ、そのあたりの答えは、ハリルホジッチが出すだろう。3月にはロシア・ワールドカップのアジア2次予選がある。2次予選突破はすでに決まっているから、五輪世代の何人かをテストするかもしれないよね。

     そこで少しでも使ってくれれば、五輪代表の強化にもつながる。仮に呼ばれなかったとしても、8月のリオ五輪で結果を出せば、その後のワールドカップ最終予選でチャンスを与えられるはずだ。
    13894_ext_04_0
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=13894
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454218772/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 12:02:31.23 ID:CAP_USER*.net
    現地時間30日に行なわれた決勝で、日本が韓国に3対2の逆転勝利で優勝し、フェアプレー賞も受賞して幕を下ろしたAFC U-23選手権。準優勝に終わった韓国のシン・テヨン監督は、この日の試合を振り返り、今大会の自チームも分析した。

    試合は韓国が後半途中まで2点のリードを奪う苦しい展開に。手倉森誠監督は60分に大島僚太を下げて浅野拓磨を投入する。

    すると67分、日本は矢島慎也のアシストから浅野が決めて1点差とすると、その直後には矢島がネットを揺らしてあっという間に同点とする。そして最後は81分、浅野がこの日自身2点目を挙げて決勝弾をマーク。日本が2点ビハインドからの逆転劇を披露し、アジア王者の座を勝ち取った。

    シン監督はAFC(アジアサッカー連盟)の公式HPに対し、「日本の選手交代が試合を変えたのは事実だ。その点で、私は日本の監督に敬意を示したい」「彼は試合を一変させる手腕を発揮した」とコメント。采配を的中させた手倉森誠監督を称賛した。

    一方でシン監督は「我々に問題があったとは思わない。このチームには大きなポテンシャルがあると思うし、今よりも上手く、柔軟にプレーすることもできるようになる。世界の舞台でも、同じ戦い方をしていきたい」とリオ五輪を見据えた。

    シン監督はまた「今大会、このチームは非常によく戦ったと思う。我々は退屈なサッカーを一切しなかった。常にパスサッカーを展開し、選手たちは素晴らしいパフォーマンスを見せた」とメンバーを称え、「今日は敗れたが、大会を通じていい仕事ができたと思う。リオ五輪の切符を手にしたので、目標は達成した」とコメント。「チーム全体と技術レベルを向上させなくてはならない。

    今日のような状況は、五輪のような舞台では避ける必要がある。最も大きな課題は、守備の安定性だ」と、解決すべき点を提示した。
    2016-01-31_13h14_28
    ISM 1月31日(日)11時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00000012-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454209351/

     
    続きを読む

    1: アジフライ ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:23:00.11 ID:CAP_USER*.net
    U23中島が大会MVP、イラン戦で2得点

    <リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権:日本3-2韓国>◇決勝◇30日◇ドーハ

    U-23(23歳以下)日本代表が同韓国代表を3-2で下し、アジア王座に輝いた。

    0-2から後半、一気の3連続得点で逆転。歴史ある日韓戦を何とも劇的な展開で制し優勝を飾った。

    大会MVPには日本の10番、準々決勝のイラン戦で2得点したMF中島翔哉(21=東京)が選出された。
    2016-01-31_03h01_13
    ソース
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/u23/news/1598813.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454174580/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:19:55.32 ID:CAP_USER*.net
    ◇U―23アジア選手権決勝 日本3―2韓国(2016年1月30日 カタール・ドーハ)

    U―23代表の“切り札”、FW浅野がついに今大会初ゴール。しかも反撃口火弾、決勝ゴールの2発を決め、試合をひっくり返した。

    2点ビハインドの後半22分、MF矢島のスルーパスに素早く反応して抜け出すと、ダイレクトでゴール右隅へ叩き込み反撃の口火。直後の23分に同点の後半36分にはまた浅野だ。半身の姿勢でMF中島からのパスを受けると、体を反転させ韓国のDFを振り切ると前にはキーパーだけ。左足を振り抜くとゴール右隅に決勝弾が吸い込まれていった。

    今大会6試合中5試合後半から投入されたスピードスター。ここまでの試合もゴールを脅かしながら得点には至らなかったが、決勝でやっと出た。「やっとゴールが取れました。今までゴールがとれなくてチームを苦しめてしまったので、こういう大舞台でゴールを決めて貢献できたのはうれしいなと思います」と満面の笑みを浮かべた。

    「(矢島)慎也くんは自分を見てくれていると信じてました」と1点目のアシストとなるスルーパスを出した矢島への信頼感を口にすると、矢島も「ずっと(浅野)拓磨とああいう形で点取ろうと話していたので、ようやくつながりました」としてやったりの表情を見せた。

    矢島は「勝てない勝てないって言われてきた中で勝負強さを身につけたことはでかかったと思います」と収穫を口にし、「監督胴上げした瞬間に優勝したんだなと思いました」と喜びに浸った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000139-spnannex-socc
    スポニチアネックス 1月31日(日)2時9分配信
    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454174395/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ