海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:U-23韓国代表

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 12:02:31.23 ID:CAP_USER*.net
    現地時間30日に行なわれた決勝で、日本が韓国に3対2の逆転勝利で優勝し、フェアプレー賞も受賞して幕を下ろしたAFC U-23選手権。準優勝に終わった韓国のシン・テヨン監督は、この日の試合を振り返り、今大会の自チームも分析した。

    試合は韓国が後半途中まで2点のリードを奪う苦しい展開に。手倉森誠監督は60分に大島僚太を下げて浅野拓磨を投入する。

    すると67分、日本は矢島慎也のアシストから浅野が決めて1点差とすると、その直後には矢島がネットを揺らしてあっという間に同点とする。そして最後は81分、浅野がこの日自身2点目を挙げて決勝弾をマーク。日本が2点ビハインドからの逆転劇を披露し、アジア王者の座を勝ち取った。

    シン監督はAFC(アジアサッカー連盟)の公式HPに対し、「日本の選手交代が試合を変えたのは事実だ。その点で、私は日本の監督に敬意を示したい」「彼は試合を一変させる手腕を発揮した」とコメント。采配を的中させた手倉森誠監督を称賛した。

    一方でシン監督は「我々に問題があったとは思わない。このチームには大きなポテンシャルがあると思うし、今よりも上手く、柔軟にプレーすることもできるようになる。世界の舞台でも、同じ戦い方をしていきたい」とリオ五輪を見据えた。

    シン監督はまた「今大会、このチームは非常によく戦ったと思う。我々は退屈なサッカーを一切しなかった。常にパスサッカーを展開し、選手たちは素晴らしいパフォーマンスを見せた」とメンバーを称え、「今日は敗れたが、大会を通じていい仕事ができたと思う。リオ五輪の切符を手にしたので、目標は達成した」とコメント。「チーム全体と技術レベルを向上させなくてはならない。

    今日のような状況は、五輪のような舞台では避ける必要がある。最も大きな課題は、守備の安定性だ」と、解決すべき点を提示した。
    2016-01-31_13h14_28
    ISM 1月31日(日)11時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00000012-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454209351/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 01:54:25.83 ID:CAP_USER*.net
    ◇U―23アジア選手権決勝 日本―韓国(2016年1月30日 カタール・ドーハ)

    後半に2点差をはね返しての劇的な逆転勝ち。しかも相手は宿敵・韓国だ。U―23日本代表の手倉森誠監督(48)は試合後、喜びに沸く選手の手によって3度胴上げされた。

    「スリリングで見ごたえのある試合。開き直って仕掛けるしかない展開だったが、勝つことになっていたのかな。そんな気持ちです」。意外にも、努めて冷静に試合を振り返った。

    0―2の後半22分、途中出場のスーパーサブFW浅野がスルーパスに反応。飛び出した相手GKの上を抜く技ありの右足シュートで1点差に。直後の同23分にはDF山中の左サイドからのクロスをMF矢島が頭で押し込み同点に追いついた。そして同36分には再び浅野が最終ライン裏に抜け出すと、GKとの1対1で左足でゴール右隅に流し込んだ。2点差をはね返し、わずか14分間でつかんだ大逆転劇だった。

    「2点取られて目が覚めた。2―0で勝つつもりだったから」

    どうしても勝ちたかった。宿敵・韓国との決勝。関塚体制の12年ロンドン五輪では3位決定戦で0―2で敗れ、メダルを逃した。バトンを受けた手倉森ジャパンでも14年仁川アジア大会の準々決勝で0―1敗戦と苦杯をなめた。すでにリオ五輪出場は決めているものの、絶対に負けられない戦いだった。

    34戦無敗を誇った韓国を下してのアジアの頂点。「そう簡単には勝てない相手にも勝てるようになった。2点取られてムカついてた。これからも世界に届くところまで育てていきたい」と手倉森監督。後半ロスタイムにリオ五輪出場を決めた準決勝イラク戦に続くドーハの歓喜。8月の本番に向けて大きな収穫を手にした。
    2016-01-31_02h15_20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000138-spnannex-socc
    スポニチアネックス 1月31日(日)1時52分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454172865/

     
    続きを読む

    2016-01-31_01h49_08
    1: 韓国は日本の優勝自販機@動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 01:37:00.22 ID:CAP_USER*.net
    韓国 2-3 日本

    1-0 クォン・チャンフン(前半20分)
    2-0 チン・ソンウ(後半2分)
    2-1 浅野拓磨(後半22分)
    2-2 矢島慎也(後半23分)
    2-3 浅野拓磨(後半36分)

    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/soccer_japan/5670
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454171820/

     
    続きを読む

    2016-01-27_04h05_12
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 03:26:22.05 ID:CAP_USER*.net
     AFC U-23選手権カタール2016グループC準決勝の第2試合が26日に行われ、U-23カタール代表とU-23韓国代表が対戦した。

     リオデジャネイロ・オリンピックのアジア最終予選も兼ねている同大会は、16チームが4つのグループに振り分けられ、1回戦総当りの試合を行う。各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出し、上位3チームにリオ大会の出場権が与えられる。

     地元の声援を背に受けるカタールに対し、韓国はロングボール主体の攻撃を仕掛けていった。ただ、前半は互いに手堅い展開に終始し、決定機が生まれることはなかった。スコアレスのまま、ハーフタイムを迎えた。

     0-0で迎えた後半、立ち上がりにスコアが動いた。48分、韓国が自陣からのロングボールで最終ラインの背後を取ると、ペナルティーエリアの外へ飛び出してきた相手GKより先にパスに追いついたリュ・スンウが右足シュート。カタールDFがカバーに戻ってクリアを試みたが、無人のゴールへとボールが転がり込んだ。後半開始早々、韓国が均衡を破った。

     1点をリードした韓国は、追加点を狙って攻勢をかける。69分にはキム・ヒョンがミドルシュートで枠を捉えるなど、ゴールを脅かした。しかし2点目は生まれず、試合は後半ラスト15分へ突入した。

     すると79分、カタールが同点ゴールを決める。右サイドからのクロスにアラディンが右足ダイレクトで合わせると、強烈なシュートが相手GKの手を弾き、ゴールへ転がり込んだ。

     残り10分強で同点となり、延長戦突入も視野に入り始めたが、試合終盤に劇的な決着が待っていた。89分、韓国が右サイド深くまで進入すると、グラウンダーのクロスにクォン・チャンフンが合わせ、ゴールネットを揺らした。土壇場で韓国が勝ち越しに成功。さらに5分と表示されたアディショナルタイムには、ムン・チャンジンが左足シュートを決めて突き放した。韓国が終盤の2ゴールでカタールに競り勝ち、決勝進出を決めた。

     以上の結果、日本は30日に行われる決勝で韓国と対戦することとなった。なお、敗れたカタールは29日の3位決定戦でイラクと対戦。残り1枠となったオリンピック出場権を懸けて激突する。

    【スコア】
    U-23カタール代表 1-3 U-23韓国代表

    【得点者】
    0-1 48分 リュ・スンウ(U-23韓国代表)
    1-1 79分 アラディン(U-23カタール代表)
    1-2 89分 クォン・チャンフン(U-23韓国代表)
    1-3 90+6分 ムン・チャンジン(U-23韓国代表)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00395661-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453832782/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ