海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:W杯

    1: Egg ★ 2019/04/28(日) 09:50:12.37
    フオーメーション図
    2019-04-28_11h28_49


    日本サッカーが飛躍的な進化を遂げた平成の30年間。Jリーグがシーズンを重ねるごとに発展と拡張を繰り返し、日本代表は果敢に世界の壁に挑み続けた。昭和の時代にははるか遠い舞台だったワールドカップには目下6大会連続出場中で、隔世の感がある。

    長くサムライブルーを取材してきた識者の方々が独断と偏見で選ぶ「平成の日本代表ベスト11」。すっかり好評を博しているが、今回はサッカーダイジェスト編集部がワールドカップ本大会での活躍度や実績、さらには本誌平均採点などから総合的に判断して、代表ベスト11を選出してみた。

    まずは、6大会の戦績&スタッツをまとめておこう。

    日本代表はワールドカップ本大会で21試合を戦い、5勝6分け10敗の成績(2010年大会ベスト16でPK戦負けのパラグアイ戦は引き分け扱い)。20得点を挙げ、28失点を喫している。すべてのゲーム、ゴール、失点がすぐさま想起できるほど、強く印象づけられている。

    世界最高峰のピッチに立った日の丸戦士は、総勢74名。このなかからセレクトしていこう。フォーメーションは3-5-2だ。

    まずはGK。ワールドカップで正守護神を務めたのは川口能活、楢崎正剛、川島永嗣の3人のみ。それぞれが数多の見せ場でビッグセーブを披露し、日本の躍進を支えた名手たちだ。なかでも特筆すべきは、1998年大会から4大会連続でエントリーを果たした楢崎の貢献度だろう。第1GKとなったのは2002年の日韓大会だけだが、常にGK陣のリーダーとして川口と川島を盛り立て、とりわけ10年大会は縁の下でチームのベスト16進出を支えた。

    続いては3バックだ。10年大会で世界のストライカーを向こうに回して、高さと強さで圧倒した中澤佑二、田中マルクス闘莉王のCBセットが確定。ここに代表での本職ではないが、過去3大会でキャプテンを務めた精神的支柱、長谷部誠をリベロに据えたい。闘莉王はサッカーダイジェスト編集部によるワールドカップ平均採点ランキング(270分間以上の出場選手が対象)で全選手トップの「6.62」を叩き出している。

    2019年04月28日 サッカーダイジェスト
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=57764

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/11(木) 19:02:59.23
    平成はサッカーの時代だった。

    ……と大上段に書き出したのは、もちろん改元が迫っているからだ。

    史上最高値に沸き立つ東証の手締めの映像、「私らが悪いんであって、社員は悪くありませんから」と涙ながらに叫ぶ社長の記者会見。そんな平成を象徴するシーンをテレビで目にするたびに、その認識は強くなる。

    「バブル」とその「崩壊」から始まった時代だった。「失われた20年」を過ごした30年間だった。

    そんな時代にあって、数少ないサクセスストーリーを演じたのが、サッカーだった。

    「もし1年遅かったらJリーグは……」

    日経平均株価が3万8915円の史上最高値を記録したのは平成元年(1989年)の大納会である。世界の企業ランキング(時価総額)トップ20社のうち14社を日本企業が占め、三菱地所がロックフェラーセンターを、ソニーがコロンビア映画を買収。(いさかかヒンシュクを買いながらではあったが)ジャパン・マネーはまさしく世界を席巻していた。

    平成の幕開け、日本は紛れもなく絶頂にいたのだった。

    このときJリーグはまだ存在していない。しかし、(以前にも書いたが)日本リーグ活性化委員会で「スペシャルリーグ」構想が立案されたのがこの平成元年。まだアマチュアリズムが強かった当時、「プロ」という言葉を巧みに伏せながら、それでもプロリーグ設立へと動き始めたのは、小渕恵三官房長官が「平成」の額を掲げた2カ月後のことである。

    このタイミングで踏み出すことができた背景にあったのは、もちろん活況な日本経済だ。活性化委員会の委員長を務めた小倉純二(後にサッカー協会会長)が「もし1年遅かったらJリーグは誕生しなかったかもしれない」と語ったことがあるが、企業の業績がよく、自治体の税収も豊かだったこの時期だったからこそ、プロ化というギャンブルに打って出ることができた。

    バブル期だからできたW杯招致。

    プロリーグだけではない。この平成元年、日本サッカーはもう一つ、大胆な挑戦を始めている。「ワールドカップ招致」である。

    この時点ではサッカー協会内のごく一部による小さな招致活動。それでもFIFAに乗り込み、立候補の意思表示をしたのだ。

    言うまでもなく、このとき日本代表はまだワールドカップに出場したことがない。それどころか川淵三郎(当時日本リーグ総務主事)が「競技力ない、人気ない、スタジアムない」と自虐的な表現でしばしば振り返っていた通り、「出場」はおろか、「開催」など夢のまた夢という立場である。

    にもかかわらず、そんな無謀な意思表示をFIFAは極めて好意的に受け止めた。なぜなら当時、大会スポンサーの半数近くを日本企業が占めていたからだ。

    付け加えれば、国内でも愛知県の刈谷市をはじめ20都市が開催都市となることに前向きな姿勢を示している。スタジアム建設が必要にもかかわらず、だ。

    やはりバブル期だったからこそである。

    4/11(木) 17:01配信 ナンバー
    2019-04-11_20h40_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00838937-number-socc

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/13(水) 19:54:33.66 ID:CAP_USER9.net
    モロッコは5回目のチャレンジも…

    6月13日、ロシア・モスクワのEXPOセンターで第68回のFIFA総会が行なわれ、2026年開催予定の第23回ワールドカップが、アメリカ、メキシコ、カナダによる共同開催となることが決定した。
     
    出場国が48か国で行なわれる最初の大会ということで注目される26年の開催国争いは、北中米3か国とアフリカのモロッコによる一騎打ちとなったが、立候補国を除く各国サッカー協会による投票の結果、前者に軍配が上がった。

    アメリカは1994年に「サッカー不毛の地」といわれながら大会を成功させた実績があり、メキシコも70、86年(コロンビアの代替)と2度の記憶に残る大会を開催。カナダは女子W杯を2015年に、2007年にはU-20W杯などのコンペティションで開催能力があることを証明した。
     
    開催に適したスタジアムがすでにあり、インフラ等でも信頼に足るものがあることが、高く評価されたようだ。アメリカとメキシコといえば、ドナルド・トランプ大統領が就任時に国境の壁建設を宣言したことで関係が悪化したが、W杯開催については両国で協力の約束が交わされている。
     
    一方のモロッコは、94、98、2006、10年と過去に4度、開催地として誘致を行なってきたが、どの大会でも開催の大義名分という点で、ライバル国と比べて弱さが否めず、またしても涙を飲むことに……。アメリカには94年大会に続いて2度、敗れることとなった。
     
    W杯では初の3か国共催となる26年大会、誘致段階での予定ではアメリカで60試合、メキシコ、カナダでそれぞれ10試合が行なわれ、準々決勝以降はアメリカで全試合が開催されるとされてきたが、こちらは今後の交渉次第で変更がありうる。
     
    北中米カリブでの大会となると、過去、欧州でのテレビ放映に合わせ、試合開始時間が炎天下の昼に設定されたことで、選手を消耗・疲弊させたことが問題となったが、FIFAが今後、これにどう対処するのかも注目される。
     
    ちなみに各大陸の出場枠は、欧州が16(か国)、南米が6、アフリカが8、アジアが8、北中米カリブが6、オセアニアが1と定められ、これに欧州以外の5大陸からの各1か国ずつに、さらに開催国が属する連盟から1か国を加えた計6か国によるプレーオフを勝ち抜いた2か国が加わる。
    2018-06-13_20h21_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00042056-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:ラッコ ★ :2018/06/09(土) 21:40:28.33 ID:CAP_USER9.net
    西野監督、2戦2敗も「危機感まったく感じてない」

    <国際親善試合:日本0-2スイス>◇8日◇スイス・ルガノ

    ワールドカップ・ロシア大会に出場する日本は、FIFAランク6位のスイスに0-2で完敗した。

    就任から2戦2敗となった西野朗監督(63)はそれでも前向きだった。

    選手たちのプレーが求める水準に達しているのか? と聞かれると「非常にいいと思います。選手たちのコンディションは躍動感がありますし、連動して攻守に高い水準のパフォーマンス。

    グループとしてのパフォーマンスが若干取れていない。フィニッシュのところの課題は残しましたけど、守備から攻撃のスイッチ、攻撃から守備の連動性は、求めているところまできている」と評価した。

    W杯まで時間がなく、残る国際親善試合は12日パラグアイ戦(インスブルック)の1試合だけ。危機感は?と問われると「毎試合、毎試合選手とトライして、チーム、私自身もマイナスのイメージはまったくもっていませんし、いいチャレンジをしていると思います。
    チャレンジしていく、前向きにとらえられる状況。チームとして危機感というところは、まったく感じてはいません」と断言した。

    日刊スポーツ 2018年6月9日8時4分
    2018-06-09_22h58_27
    https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806090000048.html

    強気?居直り?西野監督、就任後2連敗も「なぜネガティブにならないといけないのか」

    悲観的な様子はまったく見せなかった。2試合連続の0-2で就任後2連敗を喫した日本代表の西野朗監督は「チームとして危機感というのはまったく感じていない」と居直るように言った。
     
    PKとカウンターで簡単に2失点を喫し、攻撃でも単調なミドルシュートやクロスボールに終始するなど2試合連続で無得点に終わった。試合後の記者会見では「監督自身、チームに危機感を感じているか」というストレートな質問も出たが、「なぜネガティブにならなければいけないんでしょうか」と反論した。

    「結果だけを捉えればそういうことになると思うが、チームも私自身もマイナスのイメージはまったく持っていないし、良いチャレンジをしていると思う」。今はW杯本大会までの過程にあり、本番に向けてチャレンジをしている段階という考えが指揮官の頭にはある。

    5月30日のガーナ戦(0-2)で3バックを採用したのも、「現実的にW杯のゲームに入っていく中で、どうしてもディフェンスという意識を全体に持たせながらの入りになる」という守備の意識付けを図るため。

    この日の狙いも「奪ったところからのイメージの共有」をテーマとし、「奪ったあとの全体のリアクションを高めていこうという中で、ディフェンスに関しては連動して戦えていた。守備から攻撃に対するリアクションも良かったと思う」と評価した。

    「選手たちのコンディションをみなさんがどう捉えているかだが、非常に躍動感があるし、連動して攻守に高い水準でできている」。

    ここまで順調に来ているとの認識を示す西野監督は「最終的にペナルティーを攻略できない状況に関しては、迫力、変化が少し足りなかったかなと感じる」と、最後の精度に課題があることを認めながらも、「そこまでの流れ、動き、アプローチは決して悪くなかったと思う」と強調した。

    「最終的なフィニッシュのところでの課題は残したが、今、取り組んでいるディフェンスから攻撃へのスイッチ、あるいは攻撃から守備への全体的な連動性については、求めているところに来ていると思う」。5月21日の始動から3週間足らず。限られた時間でチームづくりは着実に進んでいるとの見解を口にし、「この短期間で詰めるというか、チャレンジしていくことを前向きに捉えられる状況だと思うので、チームとして危機感というのはまったく感じてはいない」とあくまでも強気だった。

    ゲキサカ 18/6/9 12:02
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?246691-246691-fl
    続きを読む

    2710557_full-lnd

    1:Egg ★:2018/05/16(水) 12:19:16.40 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)は15日、ワールドカップ(W杯)の出場チーム数拡大を2026年大会から22年カタール大会に前倒しすることが可能か検討する案を、6月13日にモスクワで開く総会で話し合うと発表した。W杯の出場チーム数は現行の32チームを、26年大会で48チームにすることが決まっている。

    22年大会の出場枠拡大は、南米連盟が要望を提出した。モスクワの総会では26年大会の開催地も決定する。

    時事通信 5/16(水) 11:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000047-jij-spo
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/27(金) 19:18:19.45 ID:CAP_USER9.net
    2026年のW杯本大会の開催国決定を前に、北米3か国共催に名乗りを上げているアメリカのドナルド・トランプ大統領が26日、自身の公式ツイッター(@realDonaldTrump)を更新し、ライバル国やそれを支援する国々を真っ向から牽制した。

    2026年のW杯開催国投票は6月13日、ロシアW杯開幕戦前日の国際サッカー連盟(FIFA)総会で行われる予定。アメリカはカナダ、メキシコとともに3か国共催案を提示している他、モロッコが単独で初開催を目指している。今回のツイートはその相手側陣営を意識したものとみられる。

    投稿があったのは現地時間午後4時半ごろ、東アジアでは南北首脳会談のため、軍事境界線付近で両国トップが握手を交わしていたくらいの時間帯だ。「アメリカは2026年のW杯に向けて、カナダ、メキシコと共に強力な提案書を作り上げた」。そう高らかに宣言したトランプ大統領は、強い言葉を続けた。

    「われわれが常に支援をしている国々が、われわれの提案に反するようなロビー活動をしているのであれば、それは恥ずべきことだ。国連でのことも含めて、われわれを支援してくれない国々に対して、どうしてわれわれが支援しなければならないんだ」。外交的な要素もちらつかせつつ、ライバル国側に牽制球を投じた。

    FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長はすでに、2026年大会から参加国を現状の32チームから48チームに増やすことを明言しており、新たな制度で行われる最初の大会となる。2022年カタールW杯の開催国投票に敗れたアメリカとしては、是が非でも主催者の立場を獲得したいようだ。

    4/27(金) 19:00配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-01653146-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    E383ADE382B7E382A2WE69DAFEFBC91

    1:風吹けば名無し:2018/03/14(水) 10:51:58.06 ID:gGekKYPF0.net
    それともサッカーCLなん?
    3:風吹けば名無し:2018/03/14(水) 10:52:17.48 ID:WZJ7kwGU0.net
    オリンピック
    4:風吹けば名無し:2018/03/14(水) 10:52:17.71 ID:Dm7spOaSa.net
    ライスボウルや
    続きを読む

    1277421377_photo

    1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/10/20(金) 13:04:54.115 ID:+PqWkZ800.net
    みんなニワカやなあって思う
    3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/10/20(金) 13:05:33.687 ID:08mJsg3c0.net
    そのにわかがいないと成り立たないんやで
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/07/04(火) 18:37:49.82 ID:CAP_USER9.net
    7/4(火) 17:32配信 theWORLD(ザ・ワールド)
    日本代表がまさかの9位! “惨めな10ヶ国のサポーター”に選出「02年には韓国の快進撃を傍観」

    日本、不名誉なランクイン

    勝者が存在する以上、その陰にはいつも悔しさを噛み締める敗者も存在する。アメリカのサッカー専門メディアが、サッカー日本代表を支援する熱きサムライ応援団を、最高に“哀れなサポーター”としてカテゴライズした。

    「世界で最も惨めな10ヶ国のサッカーファン」。キャッチーであると同時に挑発的でもあるこのヘッドラインを掲げ、各国の代表サポーターを敵に回したのが米のフットボールメディア『THE 18.com』だ。「サッカー史上最も代表チームに泣かされたのはどの国のサポーターだろうか?」などと打ち出し、非常に興味深いランク付けを展開した同メディアは“栄えある”首位にサッカー大国オランダを選出。「いつも脇役で、決して主役にはならない」と一蹴し、長きに渡る歴史において幾人ものスーパースターを輩出しながら、それに見合った結果を残していないと酷評している。

    そして我らが日本代表は米国に次ぐ9位にランクイン。現キャプテンである長谷部誠の写真を掲載し、“世界で9番目に惨めな理由”を次のように説明した。

    「1990年代以降、日本代表はアジアのサッカー界を征服しているものの、ひとたびW杯の舞台に立つとブルーサムライの存在は非常に薄い。2002年と2010年のW杯大会において共にベスト16進出を達成したが、日本はスポーツ狂の国家だ。同大会でたった4勝しか挙げていない成績にファンは不満を抱いている」

    同メディアの“辛口な指摘”は続く。

    「さらに最悪なことに、2002年の日韓W杯では共催の韓国代表が準決勝に進出するのをただただ傍観するしかなかったのだ」

    「日本には遠藤保仁のように欧州移籍をしないスター選手も多いが、ドルトムントの香川真司やレスターの岡崎慎司のように著名なスーパースターも抱えている。だが、彼らは皆、日本代表チームの危機を救うレベルには至っていないのが現状である」

    なお、ストレートな分析を繰り広げた同メディアによる“哀れな代表サポーター”のトップ10は、次の通りとなっている。

    10:スペイン
    9:日本
    8:アメリカ
    7:カメルーン
    6:スコットランド
    5:スウェーデン
    4:ハンガリー
    3:中国
    2:イングランド
    1:オランダ
    2017-07-04_19h16_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00010016-theworld-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ