海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:W杯アジア最終予選

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/16(水) 07:34:46.65 ID:CAP_USER9.net
    W杯アジア2次予選のUAE戦では決勝PKで勝利も…この日はPK判定に泣く形にサウジアラビアのファン・マルバイク監督は、シンガポール人レフェリーのイブラヒム・タキ氏によるPK判定に不満を露わにした。15日のロシア・ワールドカップアジア最終予選サウジアラビア戦は、日本が2-1で勝利したが、その先制点は前半終了間際に日本に与えられたPKによってもたらされた。

    緊迫した展開のなか、0-0で推移した前半43分のことだった。大迫のポストプレーから清武、久保とつながり、中央に折り返したボールを清武がシュート。これをブロックした相手MFアブドゥルマレク・アルハイブリのハンドと判定され、日本がPKを獲得。相手選手の抗議もあり嫌な雰囲気に包まれたが、キッカーを自ら務めた清武はPKをゴール左に決め、1-0と先制に成功した。

    しかし、このシーンのスロー映像では、アルハイブリの胸にボールが当たったようにも見え、誤審の疑惑が残る判定となった。アルハイブリが腕を伸ばしながらシュートブロックしたことが、タキ氏の判断を惑わせのかもしれない。このプレーについて、ファン・マルバイク監督は試合後の記者会見で不満を爆発させた。

    「そもそもあれがPKであるか、私は疑いを抱いている。チームとしては苦しい瞬間だった。ハーフタイムにも(映像を)見たが、どうだったのかと思っている」

    サウジアラビアは、タキ氏が担当したW杯アジア2次予選のUAE戦で試合終了間際に与えられたPKで決勝点を決めて勝利していたが、この日は逆にPK判定に泣く形になった。

    リターンマッチは9月5日の最終節
    ファン・マルバイク監督は「我々のグループは、サウジと日本が10ポイントで並んでいる。タイとオーストラリアの結果は分からない(2-2で引き分け)が、最後までもつれ込むのではないかと思っている」とも語った。

    日本とサウジアラビアのリターンマッチは、来年9月5日の最終予選最終節。その予言通りになれば、ワールドカップ行きの切符を懸けた因縁含みの死闘になるかもしれない。

    ■グループB日程
    ▼第6節/17年3月23日
    タイ ‐ サウジアラビア
    イラク ‐ オーストラリア
    UAE ‐ 日本

    ▼第7節/17年3月28日
    日本 ‐ タイ
    オーストラリア ‐ UAE
    サウジアラビア ‐ イラク

    ▼第8節/17年6月8日・13日
    6月8日
    オーストラリア - サウジアラビア
    6月13日
    タイ - UAE
    イラク - 日本

    ▼第9節/17年8月31日
    UAE - サウジアラビア
    日本 - オーストラリア
    タイ ‐ イラク

    ▼第10節/17年9月5日
    イラク - UAE
    オーストラリア - タイ
    サウジアラビア - 日本
    2016-11-16_08h51_06
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161116-00010003-soccermzw-socc
    Football ZONE web 11/16(水) 7:20配信



    【現地映像】日本代表 サウジアラビア戦 清武のPK
    続きを読む

    1:備長炭Z ★@\(^o^)/:2016/11/16(水) 03:11:36.76 ID:CAP_USER9.net
    W杯アジア最終予選・第5節
    2016年11月16日00:20
    ・Mohammed Bin Zayed Stadium, Ab? ?ab? (Abu Dhabi)
    ・主審: I. Tantashev
    ・観客: 14853

    <B組>
    [H]UAE 2-0イラク[A]
    【得点】UAE:アフメド・カリル 26'、イスマイル・マタル 90'+

    Goal.com
    http://www.goal.com/jp/match/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E9%A6%96%E9%95%B7%E5%9B%BD%E9%80%A3%E9%82%A6-vs-%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF/2228552?ICID=LS

    <B組の順位表>
    順 点 勝 分 負 得 失 差
    *1 10 *3 *1 *1 *9 *5 +4 サウジアラビア
    *2 10 *3 *1 *1 *8 *5 +3 日本
    *3 *9 *2 *3 *0 *8 *5 +3 オーストラリア
    *4 *9 *3 *0 *2 *7 *6 +1 UAE
    *5 *3 *1 *0 *4 *6 *8 -2 イラク
    *6 *1 *0 *1 *4 *3 12 -9 タイ
    2016-11-16_07h48_16

    Goal.com
    http://www.goal.com/jp/tables/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E4%BA%88%E9%81%B8/229?ICID=MP_TN_130


    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/11/15(火) 22:58:49.34 ID:CAP_USER9.net
    [11.15 W杯アジア最終予選B組 タイ2-2オーストラリア]

    ロシアW杯最終予選で日本と同じB組を戦うオーストラリア代表は、敵地でタイ代表と対戦し、2-2で引き分けた。2連勝のあと、3戦連続の引き分けとなったオーストラリアは、勝ち点9で3位に後退。ホームでサウジアラビアを下した日本は、サウジアラビアに勝ち点10で並ぶ2位に浮上した。

    オーストラリアとしては冷や汗ものの勝ち点1獲得となった。前半9分にMFミル・ジェディナクのPKで先制したオーストラリアだが、同20分にFWティーラシン・デーンダーに同点弾を浴びる。さらに後半12分にはPKを献上。これもデーンダーに決められ、まさかの逆転を許してしまう。

    しかし後半20分、オーストラリアは再びPKを獲得。これをジェディナクが再び蹴り込み、辛くもドローに持ち込んだ。ただ3戦連続のドローとなったオーストラリアは、日本にかわされて3位に後退した。
    2016-11-15_23h14_57
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-01633373-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/15(火) 21:34:30.53 ID:CAP_USER9.net
    11月15日、日本対サウジアラビアの一戦が行われ2-1で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    清武、大迫が攻撃けん引
    【日本 2-1 サウジアラビア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

    西川周作 5.5 ビルドアップにも関与し、サウジアラビアのプレスをいなした
    酒井宏樹 5.5 右サイド深くまで駆け上がり、シュートチャンスを演出
    吉田麻也 5.5 高さで優位を保ち、セットプレーでも相手を離さなかった
    森重真人 6 素早く間合いを詰め、相手から自由を奪った
    長友佑都 6 後半にギアを上げ、いい攻め上がりで原口のゴール演出
    山口蛍 6 豊富な運動量で広範囲をカバー。前にも顔を出す
    長谷部誠 6 アグレッシブな山口とバランスを取りながら中央を監視した
    清武弘嗣 8 間でボールを受け続け、攻撃操る。PKもとてつもないコースに決めた。足の状態が心配
    久保裕也 6 ボックスへの入り方には可能性を感じさせた。サイドで起点になるシーンも
    原口元気 7.5 この日も速攻で存在感を発揮。最終予選4戦連続ゴール
    大迫勇也 7.5 前線で引き出す上手さが光る。彼にボールが収まるから攻撃が停滞しない。今日も半端なかった

    本田圭佑 5.5 意気込みは感じられたが、不用意なプレーも。チームのテンポには乗れず。左では長友と好連係
    香川真司 5.5 立ち位置を微調整しながら相手のパスコースを消す。守備での貢献はあったか
    岡崎慎司 - 出場時間短く採点不可

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5.5 本田、香川を先発から外したのは進歩も、後半に投入しピッチからリズムが削がれた
    20151115_daihyo_tnk
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161115-00010031-footballc-socc
    フットボールチャンネル 11/15(火) 21:30配信
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/15(火) 21:27:50.75 ID:CAP_USER9.net
    日本 2-1 サウジアラビア

    清武弘嗣(45分)
    原口元気(80分)
    Motaz Hawsawi(90分)

    <出場メンバー>
    [日本代表]
    先発
    GK 12 西川周作
    DF 5 長友佑都
    DF 6 森重真人
    DF 19 酒井宏樹
    DF 22 吉田麻也

    MF 13 清武弘嗣 → MF 10 香川真司(後半20分)
    MF 16 山口蛍
    MF 17 長谷部誠(Cap)

    FW 8 原口元気
    FW 14 久保裕也 → FW 4 本田圭佑(後半1分)
    FW 15 大迫勇也 → FW 9 岡崎慎司(後半46分)
    2016-11-15_21h42_11
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2712-2712-lv
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/15(火) 18:37:34.76 ID:CAP_USER9.net
    Football ZONE web?11/15(火) 18:34配信

    W杯最終予選5試合目で初のベンチスタート

    日本代表は15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選サウジアラビア戦に挑む先発メンバーを発表した。注目の攻撃陣では、長年にわたって代表の主軸としてプレーし続けたFW本田圭佑(ACミラン)が、W杯最終予選で初めてスターティングメンバーから外れた。

    W杯最終予選グループBで勝点3差の首位を走るサウジアラビアとの一戦は、今後の行方を大きく左右する大一番。ホームでの一戦となるだけに、日本は勝利だけが求められる。その決戦を前にバヒド・ハリルホジッチ監督は、AFC(アジアサッカー連盟)公式サイトのインタビューで「新しい選手と2人(久保と大迫)は、この試合で良いクオリティーを示した。サウジアラビア戦で我々が必要としているクオリティーだ」と話し、FW大迫勇也(ケルン)とFW久保裕也(ヤングボーイズ)の先発起用を示唆していた。同時にサウジアラビア戦前日の記者会見では、本田のスタメン落ちも選択肢にあるような発言をした。

    その指揮官の言葉は、現実のものとなった。発表された先発メンバーには本田の名前はなく、本田に代わってFW大迫勇也らが名を連ねた。今季ミランで出場機会に恵まれず、11日のオマーン戦でも本来の出来とは言い難かった“エース外し”の大ナタを振るったハリルホジッチ監督は、退路を断ってサウジアラビアとの決戦に臨む。
    2016-11-15_18h39_41
    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161115-00010015-soccermzw-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/15(火) 18:37:55.82 ID:CAP_USER9.net
    GK西川

    DF長友、森重、吉田、酒井宏

    MF長谷部、清武、山口

    FW大迫、原口、久保
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/15(火) 12:17:30.06 ID:CAP_USER9.net
    AFC公式サイトがタキ主審の名前を公表 2次予選のUAE戦でサウジにPK判定
     
    ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループBの行方を左右する、15日の日本とサウジアラビアの一戦をシンガポールの審判団が担当することが明らかになった。AFC(アジアサッカー連盟)公式サイトで発表されている。

    主審を担当するムハンマド・タキ氏は、今回のW杯アジア予選では昨年10月8日の2次予選サウジアラビア対UAEのゲームを担当。1-1で迎えた試合終了間際にホームのサウジにPKを与え、これを決めたサウジが2-1で勝利している。

    このPKのシーンでは、左サイドで縦パスに反応して抜け出したサウジMFナワフ・アルアビドが、相手DFと競り合いながら体を入れ替えてペナルティーエリア内に侵入。

    これをUAEの背番号10を付けるMFオマル・アブドゥルラフマンがスライディングタックルで止めに行くと、ナワフは宙を跳ぶようにしてピッチにもんどり打って倒れ、タキ主審はサウジにPKを与えた。

    この判定が下された瞬間にUAEの選手たちは激怒し、タキ氏を囲んで猛抗議。

    たしかにスロー映像を見るとスライディングに行ったオマルの足は、ドリブルで侵入を図るナワフの足にかかっていないように見える微妙な判定だった。サウジアラビアにとってみれば、相性の良いレフェリーと言えるのかもしれない。

    ゲーム序盤でジャッジの傾向をつかめるか
     
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督はサウジアラビアを、「彼らの得点の50%はPKかFKだ。かなり気をつけなくてはいけない。彼らはPKを取るスペシャリストだ」と警戒しているが、日本にとっては特に自陣ペナルティーエリア周辺では、守備陣に慎重なプレーが求められると言えそうだ。

    それに加えて日本はDF森重真人(FC東京)とDF吉田麻也(サウサンプトン)の2人がすでにイエローカードを受け、出場停止にリーチがかかっている状態でもある。GK西川周作も「サウジと言えばPKで点を取っている。

    どんな笛が吹かれるか分からない」と話すだけに、試合の立ち上がりにシンガポール人レフェリーによるジャッジの傾向をつかむことも、勝利を引き寄せるために重要な要素になりそうだ。
    2016-11-15_13h59_20
    Football ZONE web 11/14(月) 20:34配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161114-00010017-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/14(月) 21:31:25.23 ID:CAP_USER9.net
    15日のW杯アジア最終予選で日本代表と対戦するサウジアラビア代表は14日、試合会場の埼玉スタジアムで公式練習を行った。練習前にはベルト・ファン・マルバイク監督が公式会見に出席し、「美しく大きなスタジアムで、大観衆の前でプレーするのを楽しみにしている。対戦相手はこのグループの中で最強のチームということで、しっかり準備してきた。私たちにも自信がある」と力強く語った。

    94年アメリカW杯から06年ドイツW杯まで4大会連続でW杯出場を果たしたサウジアラビアだが、過去2大会は予選敗退。昨年8月、10年南アフリカW杯でオランダを準優勝に導いたファン・マルバイク監督が就任し、一時期低迷していたチームを立て直し、最終予選は第4節終了時点で3勝1分の勝ち点10で、堂々の首位に立っている。

    勝ち点3差の日本とのアウェーゲーム。引き分けでも十分という試合だが、準備は万端だ。試合1週間前の8日に来日すると、その夜からトレーニングを開始。時差や気候への順応にも不安はなく、会見に同席した主将のDFオサマ・ハウサウィ(アルヒラル)も「我々は非常にきっちりと準備をしてきたので自信がある」とキッパリ。「日本が強いことは知っている。特に監督は日本がどんなチームかをよく知っている」と、十分に日本対策を練ってきたことも示唆した。

    ファン・マルバイク監督は10年南アフリカW杯のグループリーグ第2戦で日本と対戦し、1-0で勝っている。フェイエノールトの監督時代にはMF小野伸二を指導し、UEFA杯優勝も飾った。日本とは“縁”のある監督だが、それだけに「我々は日本が質の高いチームだということは分かっているが、相手も同じだろう。日本も我々が質の高いチームだということを分かっているはずだ」と話す姿は不敵だ。

    B組首位という状況にも満足はしていない。「常に改善していきたい。今、チームは良い状態にあるが、今日が良いから明日も良いという保証はない」。チームは成長途上にあると語るファン・マルバイク監督は、埼玉スタジアムにも多くのサウジアラビアメディアが押し寄せるなど、期待が高まっていることについても「監督にとっても選手にとってもプレッシャーはいいこと」と動じる様子はなかった。
    2016-11-15_07h59_36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-01633340-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/08(火) 15:45:26.61 ID:CAP_USER9.net
    15日にサッカー日本代表とW杯アジア最終予選を戦うサウジアラビア代表が8日、成田空港に来日した。2010年南アフリカW杯で、オランダ代表を率いて準優勝したベルト・ファンマルバイク監督も姿を見せたが、日本メディアの取材の求めには応じなかった。

    空港では在日サウジアラビア関係者が白い花を持って出迎えた。ファンバルマイク監督は南アフリカW杯の組み合わせ抽選時、当時の岡田武史日本代表監督のことを認識していなかった。帰国した岡田監督が、目の前でファンバルマイク監督に「日本の監督は誰?」と発言されたと振り返り、話題になった。

    チームは試合まで1週間と、余裕を持った日程で準備する。主力選手のナシル・アルシャムラニら、選手たちはリラックスした表情で空港に降り立った。この日は夜に練習を行う。
    2016-11-08_17h51_44
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000055-dal-socc
    続きを読む

    1:胸のときめき ★@\(^o^)/:2016/10/07(金) 14:39:26.79 ID:CAP_USER9.net
    2016年10月6日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選が行われ、グループAの中国はホームでシリアに0?1で敗れた。

    試合はシリアが54分にカウンターから先制すると、その1点を最後まで死守。中国はシリアを「グループ最弱」と見ていたが、ホームでまさかの敗戦を喫した。3試合で1分2敗となった中国は、本大会出場がさらに遠のく結果となった。

    また、試合中にシリアの選手がグラウンドに倒れ込み、時間を稼ぐシーンが見られた。特にGKは何度も倒れ込み、キーパーグローブやスパイクを脱ぎ捨てるシーンも見られた。これらの行為について試合後の会見で指摘を受けたシリアのアルハキーム監督は、「合理的にルールを利用した。選手が倒れれば、試合のリズムを遅らせることができるし、他の選手がポジションを修正する時間が得られる。もちろん、選手にはある程度の古傷があることも確かだ」と述べた。

    中国のファンからは中国代表にいつも厳しい声が飛ぶが、今回も「負け続けて30年。もう解散したら?」「時間稼ぎは言い訳にすぎない。言い訳ばかりで自分のレベルの低さを認めない」といったコメントが寄せられたほか、中国代表が試合後にファンの声援に感謝を発表したことに対しても、「ファンの応援に感謝するのは、勝ったチームがやってこそサマになるんだ」と手厳しい意見が寄せられている。
    2016-10-07_16h53_23
    http://news.biglobe.ne.jp/sports/1007/rec_161007_5091413571.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ